【88】素直になれた夜

スポンサーリンク

私がベッドの上に座って
ふかふかクッションを抱っこしてると

臣くんも隣に座ってきた。


♡)はい♡
臣)え?
♡)臣くんにも、ふかふかあげる♡
臣)ありがと。
  ってほんとにふかふかだな!w
♡)気持ちいいよね♡
臣)うん…
♡)……?


臣くんがじっと私の顔を見てきた…


臣)ほんとに…、ケガ大丈夫?
♡)うん。
臣)お前さ…、
  いっつもあんなことされてんの?
♡)されてない!!
臣)ほんとに?
♡)うん!!大丈夫!!


臣くんに心配かけたくないっ


臣)…あいつは?
♡)え?
臣)L。
  なんか言われた?
♡)え?Lさん??
  なんか…痛くない立ち方と歩き方、
  教えてくれたけど…
臣)え??
  …いや、そうじゃなくて…
♡)??
臣)なんか嫌なこと、言われたりしなかった?
♡)嫌なこと??
  ……あっ!


もしかして…
臣くんとどーのこーのみたいなこと
言ってきた時のことかな…


臣)……
♡)言われてない。
臣)え?
♡)何も言われてないよ?
臣)……
♡)……
臣)お~ま~え~は~~


臣くんにほっぺをむにってされた。


♡)いたいーー
臣)……


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


臣)なんでそうなの?
♡)え?
臣)なんで俺に何も言わないの?
♡)え……
臣)俺…、いっつも知らない間に
  お前なんかされてて
  全然守ってやれねぇじゃん…
♡)え!!!!
  私…、臣くんに守ってほしいとか
  何かしてほしいとか
  そんな風に思ってないよ!!
臣)え??


……あ、またこの目だ。


♡が…
強い目で

真っ直ぐに俺を見てきた。


♡)だって…
  私がちゃんと自分で闘えないと
  意味ないもん!!
臣)……
♡)臣くんに言っても、どうしようもないし…
  だから…心配しないで!!
臣)心配しないでって…
  そんなんするに決まってんじゃん…


つーか…


臣)……心配くらいさせろよ。
♡)え…っ


俺…
お前の「彼氏」じゃないの?


臣)ってか「心配しないで」とか言って
  あんな酒飲まされてたの、誰だよ!
♡)あっ…
臣)俺いなかったら
  どうなってたか、わかんねぇんだぞ!
♡)……
臣)……
♡)ごめんなさい…


♡がしょんぼり俯いた。


臣)俺は…
  ほんとに心配なんだよ…、もう…
♡)……
臣)俺が知らないとこで
  お前が嫌な思いしてたり
  危ない目に遭ってたり
  そーゆーのが…ほんとに…
♡)ごめんなさい…
臣)え?
♡)危ない目には…
  遭わないようにちゃんと気をつける!!
  嫌な思いは…
  いくらしたって負けないから!!
臣)……
♡)だから…
臣)……
♡)臣くんに心配かけないように
  ちゃんと強くなるから…
臣)いや…


そうじゃなくて…


臣)俺は別に…お前に
  強くなってほしいんじゃなくて…
♡)え?
臣)無理しないでほしいっつーか…
  もっと頼ってほしいっつーか…
♡)……


心配かけたくないっていう
お前の性格もわかるけど…


俺はもっと…
「彼氏」の俺に、甘えてほしい。


臣)お前ってなんでも
  ポジティブにがむしゃらに頑張んじゃん?
♡)……
臣)何でも一人で頑張ろうとするから…
  俺がいることも忘れんなよって。
♡)え…?


……ぽんっ…


♡の頭に手を置いた。


臣)頑張んのはいいんだけどさ、
  たまに無理したり…我慢したりしてない?
♡)……
臣)そーゆーの…
  ちゃんと言ってほしい。
♡)……


♡は少し考えるように俯いた。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


♡)私…、臣くんのことが大好きだから
  ちゃんと隣にいられるように
  頑張りたいの。
臣)うん。
♡)負けたくないの。
臣)うん。
♡)だから…
  無理も我慢も…してない…
臣)……
♡)してないけど…
臣)…けど?
♡)……


心にあるモヤモヤが
喉まで出かかるけど…


♡)なんでもない。
臣)なんでもなくねーだろ。
♡)…だって…、私の我儘なんだもん!
臣)何が?
♡)…何でもない。
臣)なんだよ。
♡)……
臣)ちゃんと言えって!


臣くんはそう言うと
また私の頭をポンと、優しくたたいた。


♡)…っ


こんな気持ち…

言ってもいいのかな…


♡)私…
臣)……
♡)私…、ね?
  私が何かされたり何か言われたりするのは
  全然いいの。
臣)……
♡)私に来てくれるならいくらでも闘えるし…
臣)うん…
♡)……


いつだって闘うし
負けたりなんかしない。


♡)でも…
臣)……
♡)私じゃなくて…臣くんにいっちゃうと
  …私はどうしようもないから…
臣)……
♡)こんな気持ち…、言いたくないけど…
臣)……


やっぱり…


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


♡)言いたくない…
臣)言えって!


♡は目に涙をためながら…


♡)臣くんが…
  他の女の子に触られてるのとか
  ほんとにやだぁ…っ


そう言って俺の腕を掴んで
ぽろぽろ涙をこぼした。


臣)…っ
♡)臣くんがいっぱい
  誘惑されてるのは知ってたけど
  実際自分の目で見たら…っ
  すごく嫌だった……
臣)……
♡)なんか…自分で気持ち、止められなくて…
  ぐちゃぐちゃになって…


大きな瞳からぽろぽろとこぼれていく
綺麗な涙。


♡)臣くんが悪いわけじゃないのに
  我儘言って、ごめんね?
臣)……
♡)でも…ほんとに嫌だったの…
臣)……
♡)臣くんのこと好きすぎて
  …ごめんなさい…っ


拭いても拭いても
♡が涙を流すから

俺はそのまま、♡を抱きしめた。


臣)…っ


不安に…させてたのかな。


だから…あんなに俺のこと、
求めてきたのかな…


臣)……


守って欲しいわけじゃないって、
自分で闘いたいって…、

強い表情を見せたかと思えば


俺のことが好きだって言って
こんな風に泣いたりする。


こいつの心の中って
どうなってんだろ…



こんな純粋な気持ちを
ストレートにぶつけられたら…


おっぱいに一瞬でも気が緩んだ自分が
愚かしく思えてくんだけど…

ほんとしょーもねぇな、俺…


♡)あのね…?
臣)ん?
♡)私…
  こんな勝手な、独占欲みたいなの…
  初めてだから…
  どうしていいのか、わかんなくて…
臣)え?
♡)臣くんに触らないで!って思ったり…
臣)え?今まで思ってくれてなかったの?
♡)え???
臣)俺なんかいっつも思ってるけど。
♡)え!!
臣)そんなん、無理だってわかってっけど…
  お前が俺だけのもんだったら
  いいのにとか…
♡)……
臣)お前に寄ってくる男なんか
  全員ぶっ飛ばしてやりてぇとか
♡)えっ!
臣)いつも思ってっけど。
♡)え!!!


そんな独占欲って…


臣)好きなんだから…
  当たり前じゃねーの?
♡)え?
臣)別に我儘でも勝手でも、ないと思うけど…
♡)ほんと…?
臣)うん。
♡)……


だって…


臣)好きだからヤキモチ妬くし…
  好きだから不安になるし…
  好きだから一人占めしたく
  なんじゃねーの?
♡)……
臣)……
♡)じゃあ…臣くんのこと…
  一人占めしたいって…思ってもいいの?
臣)え?
♡)嫌いにならない…?
臣)なんで嫌いになんだよ!w


めちゃくちゃ嬉しいっつーの!//


臣)むしろそーゆー気持ち、
  我慢しないでぶつけてほしいけど。
♡)え!!ほ、ほんと?
臣)うん。
♡)いいの?
臣)いいよ?
♡)わーーん!!!!!
臣)…おわぁっ!


♡が思いきり抱きついてきて
俺は後ろに押し倒された。


♡)臣くん、好き!!!
臣)あいよ。
♡)誰も臣くんに触んないでー!!!
臣)ぶはっww
♡)臣くんも誰にも触んないでー!!!
臣)はいはいw
♡)おっぱいも見ちゃダメー!!!
臣)…ごめんなさい。
♡)臣くんはずっと私だけ見ててー!!!
臣)……


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


勢いで全部吐き出して
臣くんに抱きついた。


♡)言っちゃった…
臣)……
♡)なんで頭なでなで?
臣)だめ?w


臣くんの手が…優しくて…


♡)なんか…やっぱり…
  我儘な気がしてきた…
臣)いいんだっつーの!w


臣くんはそう言うと、私を抱き起こした。


臣)我儘じゃないから。
♡)……


優しくほっぺをなでなでしてくれてる。


♡)……臣くんは?
臣)え?
♡)なんか我慢してないの?
臣)え…
♡)言って!!!
臣)はい?
♡)どーんと受け止めるから!!


私が両手を広げると
臣くんが笑い出した。


臣)なんだよそれっww
  あははは!!
♡)え…なんで笑うのぉ…
臣)だって…ww
♡)私も言ったんだから
  臣くんも言ってよぅ…//
臣)いーの?
♡)え?


臣くんが私の頭に手を置いた。


臣)絶対俺の方が独占欲強いけど。
♡)えっ…
臣)……
♡)いいよ?言ってください!!!
臣)……


ぎゅっ…


♡)わっ!!!


臣くんに力強く、抱きしめられた。


♡)お、臣くん??
臣)他の男の前で笑顔とか見せんな!
♡)え!
臣)つーか話もすんな!
♡)え!
臣)すぐ惚れられんだから、近寄んな!
♡)え!


ぎゅって抱きしめる力強い腕と
初めて聞く、臣くんの本音。


臣)俺だけ見てろ!
♡)……
臣)他の男なんか見んな!
♡)……
臣)いつも隣にいろ!
♡)……//
臣)ほんとは離したくねぇ…
♡)////
臣)ずっと…俺の腕ん中にいろ…



耳元に響く
臣くんの独占欲は…

私の胸をドキドキさせて


きゅぅって締め付けるみたいに
嬉しくさせる。


♡)////


ドキン、ドキン…


心臓の音が
臣くんに聞こえちゃいそう…


こんなの…ずるい…///



臣)ってくらい俺は、独占欲強いけど。
♡)…っ
臣)ってお前、顔真っ赤…
♡)だって…//
臣)お前が言えって言ったんじゃん。
♡)うん…//
臣)……
♡)……
臣)黙んなよw
♡)……//


だって…


臣)なんかすげぇ恥ずかしくなってきた…
♡)え?
臣)勢いに乗って言ってみたけど…
  俺、すげぇ子供みたいじゃん!//
♡)えっ
臣)うわ…//
  言わなきゃ良かった…


そんなことない!!


♡)嬉しかったもんっ!!
臣)え…?
♡)臣くんが言ってくれたの…
  全部嬉しかったよ?
臣)……
♡)……


ほんとは離したくないって、
俺の腕の中にいろって、言ってくれた。


♡)ずっと…
  ここにいたいもん♡


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


♡は俺の腕にもぐりこんでくると
可愛くキスをしてきた。


♡)chu♡
臣)……//
♡)えへへ♡臣くん大好き♡chu♡
臣)何このチュー攻撃w
♡)だめ?
臣)ダメじゃないけど…


上目遣いで聞くなっつーの//


なんか…
この流れはアレだよな?

Hだよな…?


したいけど…
またかよとか思われっかな…

結局お前それかよー!!
とか思われんのもやだし…


でもシたい。

どうしよ…


♡)Hしたい♡
臣)は?!!
♡)って、顔に書いてある♡
臣)え!!うそ!!//
♡)あははw  なんちゃって♡
臣)…お前なぁ!
♡)そう思ったのは私だった♡
臣)え??//
♡)なんちゃって♡えへへ///
臣)もうどっちだよ!w


あ~~もう俺、完全に転がされてる…


臣)はぁ…//


ぎゅっ……


♡を抱きしめた。


臣)……
♡)……
臣)シたい……
♡)……(コクン)///
臣)////


腕の中で可愛く頷く♡に
愛しさがまた膨らむ。


臣)いいの…?


額をコツンと合わせると…


♡)…いいよ?//


♡が小さく、返事をした。


臣)……//


ああ…もう…


臣)言っとくけどなぁ…
  俺は別にHがしたいんじゃねーぞ!
♡)え?
臣)お前だからしたいんだかんな!
♡)////


そう言い放って、恥ずかしくなって
♡の肩に顔を埋めると…


臣)……//
♡)臣くん?
臣)んー
♡)大好き♡♡
臣)////




ーendー

スポンサーリンク

コメントを残す