[85]クラス会

スポンサーリンク

サングラスとマスクをして
駐車場から出た。

毎度のフル装備。

外に出たらもうキス出来ねぇなって思って…
最後に軽くするつもりだったのに…

なんで俺はすぐに
♡が欲しくなるんだろう。

俺を見る目がなんかウルウルしてて
いちいち可愛くて…

一回抱いたせいで
なんか色気が残りまくってるし…

我慢出来なくなった。

あのまま駐車場で二人だったら…

俺…また、止まんなかったかも…

臣)……

赤信号で止まって
助手席に目をやれば…

手鏡を見ながらリップを塗り直してる。

俺がほとんど取っちゃったから。

こんな色気を纏わせたまま
他の男のところに連れて行くなんて
心配で仕方ない。

とっとと消せって言ったのに
俺をチラチラ盗み見しては
もじもじしてるし。

臣)……//

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

平日だからかな?

道は割と空いてて
あっという間に辿り着いた新宿。

臣)このへんでいいか?
♡)うん…っ
臣)……

なんか、車を降りるのが寂しいな…

♡)……

もっかいだけ…ちゅーしたい…//

臣)…だから……

ん…?

臣)そんな顔すんなっつーの。
♡)えっ…

そんな顔って…

臣)チューしたそうな顔!//
♡)…っ///

私、顔に出てるの?!
恥ずかしいっ///

臣)外じゃ出来ねぇから
  さっきいっぱいしたんだろ。
♡)は…っ

そういうことだったのか!

♡)欲張りで…ごめんなさい…//

しょぼんと俯くと
臣くんの手が優しくほっぺを撫でてくれて…

臣)家帰ったらいっぱいしてやるから。

そんな甘い言葉に顔を上げると

サングラスの奥に見える
臣くんの表情も

負けないくらい、甘くて優しかった。

♡)////

だいすき。

♡)じゃあ…行ってきます♡
臣)ん、気をつけろよ。
♡)はーい♡

__バタン。

そのまま車から降りて、
臣くんが見えなくなるまで見送った。

時間を見ると…

♡)あれっ!

もうこんな時間??

臣くんとHしたり
いっぱいチューしたりしてたら

こんなに時間が経ってたみたい///

お買い物は中止にして、
もうお店に向かおう。

修)おーい!♡〜〜〜!!
♡)あ!修ちゃんだーー!♡

向かいから荷物を抱えて
走ってくる姿が見えて。

修)悪かったな、手伝い頼んで。
♡)ううん、全然だよー♡
修)……
♡)ん…?どうしたの…?
修)なんかお前…色っぽくなったな。
♡)えっ!?

突然の言葉に、動揺する。

♡)な、な、なんで?///
修)いや、俺が知るかよw
  なんか今日大人っぽいなって。
♡)そ、そうかな?///

さっきまで臣くんとエッチなことしてたの
バレちゃったかと思った。
あわわわ///

修)セロテープ持ってきた?
♡)うん!ジャジャーン♪
修)おお!さんきゅーー!

そのまま二人で一緒に
お店の中に入った。

修)すみません、開店前なのに。
店)いいですよ〜今日は貸切ですから!
  好きに使ってください。
♡)ありがとうございますっ♡♡
店)あれ……
♡)ん…?
店)姫さんじゃないですか?
♡)えっ!
店)やっぱり!ご本人ですよね?
♡)えっと…、はい//
店)うわ〜〜〜!!
  もし良かったらあとでサインください!
♡)はい!

…って答えたけど、しまった。
私、サインなんて書いたことないや…
どうしよう…汗

修)さすが売れっ子モデルやな〜〜w

修ちゃんがからかうように
肘でツンツンしてきて。

♡)やめてよぅ…//
修)あはははw

今日は貸切の店内。

荷物を置いて、修ちゃんが袋から出したのは…

♡)わぁぁぁ!!
  この写真懐かしい〜〜!w
修)覚えてる?
♡)覚えてるよぉ!!

クラスのみんなの懐かしい写真がたくさん。

♡)これ、壁に貼るんだよね?
修)うん!そうすりゃ
  話のネタにでもなるかなってw
♡)わぁ〜!すごい!楽しい♡
修)だろー?
♡)うんっ♡

それから二人で早速、壁の装飾を始めた。

♡)修ちゃんこんなに印刷するの
  大変だったでしょ。ありがとう。
修)ぜーんぜん、楽しかったわw
♡)あはは♡

……あ。

これは…ハルくんの写真だ。

修)ハルキさぁ〜
  昔からモテてたけど
  あのまま大きくなって今もイケメンとか
  ずりーよな〜〜〜
♡)……
修)天は二物どころか何物も
  ハルキに与えすぎだなっ。
♡)……
修)…って、いきなり黙んなよw
♡)ごめん…

あ、これは…
3年生の時の写真だ。

ハルくんが包帯をしてる。

あの時…ハルくんは……

修)知ってるかー?
♡)え?
修)あいつ、3年生以降…
  お前以外からのチョコ、
  一切受け取らなくなったのw
♡)……

知らない。
ハルくんからは…聞いたことないし…

修)2年生の時に、
  ハルキがチョコもらいまくりで
  お前泣いたんだろ?w
♡)あ…っ

思い出した。

♡)そういえば…泣いたかも…
修)それであいつ、
  ♡を泣かせたくないから
  もう誰からも貰わない、って。
♡)……っ
修)デキた男だよなー?w

そう言ってニカッと笑う修ちゃん。

修)お前もハルキ以外には
  一切あげてなかったの?
♡)うん。
修)ふーーーんw
♡)6年間…毎年…ハルくんだけだよ。
修)ん?6年生の時は…
  ハルキいなかったじゃん。
♡)うん…。

でも…
どうしても会いたくて…

♡)いないのわかってるのに…
  ハルくんの家まで届けちゃったの。
修)……
♡)バカだよね、へへっ…//

ハルくんに届くはずのないチョコレート。

修)なんか…お前らって…
  見ててもどかしい。
♡)え…?
修)普通に今からでも付き合えばいいのに。
♡)何…言ってるの…?
修)遅くねーだろ、今からでも。
♡)……

だって…

♡)私、彼氏が…
修)だから何?
♡)…っ
修)彼氏がいたら、
  絶対他の男好きにならないの?
♡)……ならな…
修)絶対なんてねーよ。
♡)…っ
修)お前がずっとハルキのこと
  忘れられなかったのに…
  今は違う男と付き合ってるように…
  逆だってありえるだろ。
♡)…逆……?
修)今はお前に彼氏がいても
  ハルキに会ったら…
  またハルキのこと好きになるかも
  しれねーじゃん。
♡)…それは…な…っ
修)何があるかわかんねーだろ!
  人生なんて。
♡)……
修)別にお前が今から
  ハルキを好きになったって
  何も悪いことじゃねーよ?
♡)……っ

諭すような優しい目で
修ちゃんは話してくれるけど…

修)まぁ別に…彼氏と別れろとか
  言ってるんじゃなくてさ?
♡)……
修)ハナっから「絶対ない」って
  自分の気持ちを決めつけたり
  すんなって話。
♡)……うん。

ありがとう、修ちゃん。

でも…

でもね?

「心変わり、絶対禁止ーー」

「カッコイイとか思うの、禁止ーー」

「俺の側から…離れるの禁止ーー」


私、いっぱい禁止されてるんだよ?


「……お前は…、俺の。」


あの日、臣くんがそう言ってくれて
すごく嬉しかったの。


「ずっとずっと…、俺の。」

あの日だけじゃない。

今日、身体中に残してくれた印だって
臣くんの気持ちだもん。

私は臣くんが大好き。

臣くんが私を想ってくれる気持ちも
大事にしたいし

自分のこの気持ちも大事にしたい。

だから……

修)よーしっ!完成!!
  時間も丁度いいな!
  そろそろみんな来るんじゃね?
♡)そうだね!!

道具を片付けて、
荷物置き場を作って。

♡)ねぇねぇ。
修)んー?
♡)修ちゃんは小学校の頃
  誰が好きだったの?
修)は?!何いきなり//
♡)聞いたことなかったなって思って。
修)……///
♡)ねぇねぇ、だれーー?
修)だーー、もうっ!
  先生だよ!!
♡)ええええ!!!!

びっくりして、思わず大きな声が出ちゃった。

♡)先生って…
修)保健の…先生。
♡)あ!ちさと先生だ!
修)よく覚えてんな…
♡)だっていつもお世話になってたし…
修)ぶっww
  そうだよな、お前人一倍鈍臭いからww
♡)もう!バカにして!
修)あはははw

保健の先生は確か二人いたけど
ちさと先生は若くて綺麗な先生だった。

まさか修ちゃんの初恋の相手が
先生だったなんて。

男)うわっ!何これ!すっげぇ!!!
女)わ〜〜〜〜!!すごーーーい!!

そうこうしてるうちに
続々とクラスメイトが集まってきて…

みんな飾り付けに大喜びで
写真を撮ったり、昔話に花を咲かせたり。

修)よっし、そろそろ時間だから始めっかー
男)うーーい♪

みんなグラスを手に立ち上がるけど…

ハルくんは、まだ来てない。

修)じゃあ、カンパーイ!!
皆)カンパーイ!!

女)ちょっと、♡久しぶり〜〜!!
♡)うんっ♡
女)元気だったー?
女)モデルやってるんでしょ?すごーい!
♡)えへへ…//

ハルくん…どうしたのかな…

男)♡、お前変わんないなーー
♡)えー!大人になったでしょ?
男)いや…なんか…ダントツ若いぞw
男)うん。ほんとに同い年か?
♡)ひどーーい!
男)いや、褒めてんだってw
男)うんうん。
♡)じゃあいいや♡

ハルくん…
今日は来れなくなったのかな…?

先)♡!元気そうだな!
♡)先生っ!お久しぶりです♡
先)雑誌見てるぞーー!
♡)わぁっ!ほんとですか?//
先)頑張ってるみたいだな!
♡)はいっ!♡

ハルくん…
今日は…会えないの…?

修)どうした?そわそわして。
♡)あっ…えっと……
修)ハルキなら仕事で遅れるってよ。
♡)そうなんだ……

じゃあ、来るんだよね…?

修)早く会いたい?
♡)……

うん、会いたい。

修)ちゃんと来るから安心しろ。

修ちゃんはそう言って
私の頭をポンポンしてくれた。

ありがとう。

女)あ、♡ってば薬指にリングしてるー!
女)ほんとだー!!
  え、結婚したの?!
♡)してないよ!
女)なんだ〜!びっくりした〜〜!
  じゃあ彼氏?
♡)うん…♡
女)いいなぁ〜〜〜
  あたしも彼氏からアクセ欲しいぃぃ〜〜
女)彼氏くれないの?
女)すっごくケチだから何も買ってくれない。
男)それほんとに付き合ってんの?
女)おい。
男)あはははw
女)あんたのそれは結婚指輪?
男)おう。去年な。
♡)わー!おめでとう!!
男)ありがとうw

結婚指輪をしてる子もチラホラいて…
もうそんな年齢なんだなぁって…しみじみ。

女)♡の彼氏ってどんな人なの?
男)あ、それ気になるー!
女)この指輪くれた彼氏ーー♡
♡)え…っ//
男)写真とかねーの?
女)見たい見たい!!
♡)えっと…写真はなくって……
女)うっそ!なんで?撮らないの?
♡)携帯に入れてないんだ。
女)え〜〜〜!見たかった〜〜〜!
女)イケメン?イケメン?♪
♡)えっと…うん、カッコイイよ//
女)いいなぁ〜〜〜!!♡
男)♡の彼氏なら
  ほんとにイケメンなんだろなーー
♡)えへへ…♡

臣くんは世界一カッコイイもんっ♡

男)♡の相手がハルキじゃないのって
  なんか不思議。
♡)…っ
女)わかるーー!
女)なんか二人はもうセットって感じだもん!
男)そうそう。
  ほんと結婚すんだろうなぁって
  みんな思ってたよ。
女)お似合いだったもんね!
♡)……

そんな話をしてたら…

女)あーー!ハルくんだーー!
男)ハルキー!おせーよ!w
♡)…っ

ドクンッ……

後ろから聞こえた声に
心臓が、跳ねた気がした。

男)あ、噂をすればじゃん!
女)ハルくんだーー!
♡)…っ

みんながこっちのテーブルに
ハルくんを呼びそうだったから

私は思わず席を立った。

修)来たぞ、ハルキ。
♡)う…、うん……

なんか…緊張して…振り向けない。

修)入り口で囲まれてるわw
  お前も行ってくれば?
♡)……うん、私は…あとでいいや…
修)あ、おいっ…

女)♡こっちおいでよーー!♪
♡)うんっ

私はそのまま一番奥のテーブルに移動した。

ドキン…ドキン…

会いたかったのに…
なぜか緊張して、胸が痛い。

ー続ー

スポンサーリンク

コメント

  1. のんちゃん より:

    マイコさん、同窓会始まってしまったよ〜(>_<)♡ちゃん大丈夫だよね〜臣くんが言ってたからトキめいたり、気持ち揺らめいたりしないよね〜。ハルキ君お願いします。臣くんに、またまた暗黒期あたえないで(ー ー;)でも、独占欲強くてドS的で最近、我がまま臣くんには少し刺激的で良いかなぁ〜( ^ω^ )ハルキ君に出会ってどうする♡ちゃん(≧∇≦)続きが待ち通しい(*^_^*)

    • マイコ より:

      ハルくんとくっついちゃったらごめ〜〜〜ん(((о´∀`о)ノ♡ヽ(о´∀`о)))笑
      (軽すぎる作者)

コメントを残す