【78】指輪のサイズ

スポンサーリンク

今日はリハ前に隆二と一緒に
HIROさんに時間を作ってもらった。


H)あ、ごめん!待った?

臣隆)いえ!!!

H)まぁ座って座って。

臣隆)はい。

臣)お忙しいのに
  お時間いただいてすみません。
  ありがとうございます。
H)全然だよw
  30分くらいなら大丈夫。
隆)ありがとうございます。
H)で、どうしたの?
  二人揃ってw
臣)あの…
H)俺たち付き合ってるんです!
  とかじゃないよね?
臣)何でですか!!w
  違います!!ww
H)あっはははw
  よかったーww
隆)あはははww
臣)あの、これ。
  見て頂きたくて。
H)何これ、企画書?
  え!!すげぇ!!!
  何これ!!!

臣隆)……

H)二人で作ったの??

臣隆)…はい。

H)いや、内容より
  このクオリティに驚いてるよ、俺は。
臣)いや、内容見てください!!w
H)はいはいw
  えーと…


HIROさんが真剣に読み始めた。


臣隆)……

H)面白いね、いんじゃない?

臣隆)え!?

H)やってみたら?

臣隆)え!!!!

H)え?
隆)そんなあっさりいいんすか?
H)え?ダメなの?w
隆)いや!!
  やりたいんすけど。
H)すげぇわかりやすかったし
  これファンの人も絶対
  喜んでくれるでしょ。
隆)そう思います!!!
H)じゃあ話通しとくから
  これから揉んでって。
臣)はいっ!!!

臣隆)ありがとうございます!!

H)話これだけ?

臣隆)はい。

H)あははw
  じゃあ俺行くね。

臣隆)はい!

H)あ、でさ、最後に…
  これ、誰作ったの?w

臣隆)あ…


やっぱりバレた。


臣)♡です。
H)マジで?すごいね!!w
  うちで働かないかなーw
臣)え!!!!
H)あはははw
  じゃあね。
臣)あ、はい!
  お疲れさまです。
隆)お疲れさまです。

バタン。


隆)臣、やったー!!!
臣)よっしゃー!!!
隆)やっべぇ超楽しみ!!
臣)テンション上がんなー!!
隆)よっしゃ、じゃあとりあえず
  リハ行こ!!w
臣)だなw


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


♡)あ、Kちゃんお帰りー!
K)戻りましたー!
♡)はい、USB。
K)あ!ありがとねー!!
♡)アポすぐ?
K)ううん、夕方。
♡)じゃあランチ行けるー?
K)うん。行こ。
M)私もー!!
K)はいはいw
♡)あ、△さんと◇さんは
  今日いないんだ。
M)じゃあ三人で行きましょ♡
T)あ!いた!!ランチでしょ!!
  俺も行くー!!!
♡)やだ!!
M)えっ!!!
T)えっ!!!!!!
♡)……
T)ちょ、待ってよ!
M)先輩待って~~


エレベーターの方に向かうと
Tくんが慌てたように聞いてきた。


T)え、なんか怒ってる?
♡)怒ってるよ!
T)え!なんで!!
M)Tさん何したんですかぁ?
♡)もう電話してこないで。
K)え、あんた昨日、ほんとにかけたの?
T)電話くらいいいじゃん!
♡)よくないー!何あの電話ー!!
  あ、そうだ!!
T)え?
♡)えっと…なんだったっけ…
  今度かけてきたら
  俺が出るからな!!!
  って言ってたよ。
T)え!!!
K)え、臣広??
♡)うん。
K)あはははww
M)え、電話してる時
  登坂さんいたんですか?
♡)いたよー!
  だってお家だもん。
T)くそー…
  電話ぐらいいいだろ!!
  出るなら出やがれ!!
  って言っといて。
K)あんたバカじゃないの?
M)あはははww


エレベーターを降りると
営業の男の人たちが何人かいた。


男)あ、Tじゃん。お疲れ。
T)お疲れ。
男)何お前、ハーレムかよw
T)そ。
K)「そ。」じゃねーよ!!

げしっ

T)いてぇっ!!
男)あははw
  一人でずりーじゃん!
男)お前最近、昼飯ん時いないと思ったら
  こんなキレイどころと食ってたわけー?
T)そーだよっ
男)俺たちも一緒にいいっすかー?
M)もちろんですー♡♡
♡)え!!
K)ごちそうになりまーす。
男)え!!
男)あはははw
  いいけどさww


なんか流れで
営業の人が3人増えて
7人でランチすることになっちゃった…


ランチを注文すると
Mちゃんが言った。


M)みなさん彼女は
  いないんですかぁ~?
男)いないいない。
男)募集中!
男)女性陣は?
K)いる。
♡)います。
M)いません♡♡
男)そっかぁ!フリーなのは
  Mちゃんだけなんだぁ!
M)はい♡
K)つーかなんだこの
  合コンみたいな会話は。
男)あはははw
  まぁいいじゃない♪
男)姫が彼氏いるのは
  知ってたしね。
男)まぁ関係ないけどね。
T)は??
男)なんだよ。
T)♡はダメだかんな。
男)なにが。
T)接近禁止。
男)なんでだよ!w
  お前彼氏じゃねーだろ!w
T)そうだけど
  ダメなもんはダメ!
男)いや、「関係ない」って
  そういう意味じゃなくてさw
T)え?
男)姫って高嶺の花ってイメージだったから
  一緒に飯食えるだけで幸せだわ、俺w
男)わかるw
  近くで見てもめちゃめちゃ可愛いし!
♡)え…っ
T)見んなーーーー!
男)見るくらいいいだろ!w
K)つーかあんたは
  ♡のなんなんだっつーの!
男)そうだよ!
M)そっかぁ~
  先輩は高嶺の花なんだぁ。
男)うん。
♡)やめてください~~
男)高嶺の花なんだけど
  普通に笑顔で挨拶してくれんのが
  俺たちの癒しなんだよね~~
男)わかる!!
  ほんと癒される♡♡
男)こんな可愛い姫の彼氏は
  どんな奴なの?
男)そういえばこの間
  噂んなってなかった?
男)あ、そーだ!
  医務室に迎えに来ただかなんだかで!
T)ただのムカつく男だよ。
♡)ちょっと!!
男)なんでお前知ってんの?
T)別に。
男)嫌な奴なの?
T)すっげ~~嫌な奴!
♡)ちょっと!!!
  臣…っ、彼のこと
  悪く言わないでよ!!!
  Tくんなんかもう嫌い!!
  ばかっ!!!!!
男)あはははww
  めっちゃ姫キレてんじゃん!
男)怒ってても可愛いけどw
M)てゆーかTさん放心してる…
男)嫌いって言われて
  魂抜けてるわ…
K)ほんっとバカ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ー夜ー


臣)♡ー!!!
  ただいまー!!!
♡)??
  おかえりなさい。
臣)あれ、通った!!
♡)え?
臣)企画書!
♡)え!!うそ!!
  ほんと???
臣)うん!!サンキュー!!
♡)あはは♡♡
  やったぁ!!♡♡


俺は嬉しくて
♡を抱き上げた。


♡)わっわっ!//
臣)いや~~
  ほんとありがとな!!
♡)うん♡良かったぁぁ♡
臣)HIROさんが
  お前LDHで働かないかなぁって
  言ってたぞw
♡)え!!!
  てゆーか私が作ったって
  バレちゃったの??
臣)うん。バレバレだったから
  普通に言ったw
♡)そっかw
  LDHで働きたーいw
臣)あははw
♡)お風呂あるよ♡
臣)あ、じゃあ入ってくるわ。
♡)うん♡


ーーーーーーー


俺は風呂から上がると

自分が持ってる指輪をテーブルに並べた。


この作戦、うまくいくかなー…


♡)何してるの?
臣)んー?たまには磨こうかなって。
♡)そっか。私もやるー♡
臣)え?
♡)私も持ってくるー!


お、お!いいぞー!
思いがけずいい方向に…


♡)って言っても
  あんまりなかった…


♡は自分のアクセサリーBOXを
部屋から持ってきた。


臣)じゃあ俺の一緒に磨いてよw
♡)いーよー♡
臣)つーか、お前の指輪、ちっさ!
♡)だってこれピンキーだもん。
臣)そうなんだ。
  これは?
♡)これは中指につけるのが多いかな。
臣)ふーん。


そっか、しまった!

薬指につけてんのが
どれかわかんねぇと

サイズわかんねぇ!


どうしよ…


♡)臣くんのリングはどれも大きいねー
臣)!!


よし来た!これだ!!


臣)つけてみれば?
♡)えー!!
  …わ、ブカブカだ。
臣)それ、俺が親指につけてるやつだもん。
♡)そっかー
臣)これは?


俺がいつも小指につけてる
リングを渡すと
♡は自分の小指から順に
つけていった。


♡)どれにも合わないー
臣)え…
♡)中指が一番近いかなぁ?
臣)ふーん…


って、全然ダメじゃーん!

お前の薬指のサイズを
教えてくれーーっ


♡)臣くんいっぱい持ってるんだねー
臣)そ?
♡)アクセサリー王だねw
臣)あはは、なんだよそれw
♡)はい、こっち全部終わったよ♡
臣)ありがとうございます…


無駄に磨かせて終わった…
♡、ごめん。


臣)あ、そーだ。
♡)ん?
臣)予約しといたよ、宿。
♡)あ!!ほんと??
  やったぁぁ♡ありがとー♡♡
臣)うん。
♡)楽しみだな~~♡♡
臣)だなーw
♡)うんっ!!♡♡


♡が嬉しそうにちょこまか動いて
髪からイイ匂いがした。


臣)また違う匂いする。
♡)え?
臣)髪。
♡)違うトリートメントだもん♡
臣)おいでー
♡)……//


俺が呼んだら
♡がちょこんと隣に座った。


臣)ぎゅーーー
♡)甘えんぼ??
臣)ちげーし。
♡)……//
臣)回復中なだけだし。
♡)え??
臣)こうしてっと癒されっから。
♡)ぎゅーしてると癒されるの?
臣)ぎゅーしてるとっつーか
  お前といると。


それだけで…


臣)癒されんなー。
♡)……


はぁ……


♡)やだっ。
臣)え??


やだ!??


♡)「癒される」だけじゃなくて…
臣)?
♡)臣くんには…
  「癒される」だけじゃなくて
  ドキドキしてほしいもんっ!
臣)はい?


♡がふくれた顔をして
俺の膝の上に座ってきた。


臣)何それw
♡)ちゃんとドキドキも
  してくんなきゃやだ///
臣)いや、してっけど…
  何だよそれ…可愛いなw
♡)え?//
臣)なーにもう~
  シたいのー?♡
♡)えっ!!
臣)シたいならシたいって
  素直に言えよ~♡
♡)ち、違うっ!///
臣)こんな上に乗ってきといて?
♡)わ、わ、違うもん!//
臣)あ、逃げんなこの。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


慌てたように俺の膝から降りた♡の腰を
後ろから掴んで

またそのまま、座らせた。


♡)んっ…//


♡の髪を右に寄せて
うなじにキス。


♡)や…ぁっ//

臣)何が?
♡)え…?//

臣)何がやなの?
♡)えっ//…ちょっ

臣)シたいんでしょ?
♡)違うってば…//

臣)んー
♡)やぁっ//


うなじから首筋へ
何度もキスを落とす。


臣)シたい?
♡)~~~っ//


わざと耳元で囁くと…


臣)シたい?
♡)も~~~!!!
  ずるいっ//


♡が怒った顔で振り向いた。


臣)なんだよ。
♡)そんなつもりじゃなかったもん!!//


あーあ…
怒ってる顔も可愛いなーー


♡)なかったのに…
  そんないっぱい…チューされたら…
臣)……
♡)////


ああ…ヤバい…
ほんと可愛い。


臣)はーいはいw
  俺が悪いのねー?
♡)ひゃぁっ//
臣)俺が悪くていいから
  こっち来いよ。


♡を抱き上げて、ソファに押し倒した。


♡)……//
臣)……


うるうるした目で
俺のこと見てる。


はぁ…//


♡)ここで…するの?//
臣)…いいじゃん、たまには♡
♡)////




ーendー

スポンサーリンク

コメントを残す