(13)TくんStory ②

スポンサーリンク

出逢ったばかりの頃の♡には彼氏がいた。

でも入社して3ヶ月くらいで
すぐに別れて…

仕事が忙しくて会う時間が減ると、
仕事を変えられないのかとか
言ってきたらしい。

♡がどれだけ毎日
仕事を頑張ってるかわかってたら
絶対そんなこと言えないはずなのに。

そんな男は別れて正解だ。

♡がフリーになって
社内の男共が喜んだのも束の間。
♡にはまたすぐに彼氏が出来た。

ボランティアをやってる男で
「心が優しい人なんだと思う」
とか言って付き合い始めた。

でもその男は♡を好きになりすぎたみたいで
束縛がエスカレートして…

夜中まで仕事する俺たちが
会社から出てくるのを
毎日のように会社の前で待つようになった。

そのうち携帯まで
チェックされるようになった♡は
すぐにその男と別れた。

♡は知らないだろうけど…
その男はその後も♡のことをつけまわしてて
俺がヤキを入れたらもう姿を現さなくなった。

あと一歩でストーカーだったぞあれ。
ほんと危ねぇな…もう。

もう変な男に引っかかるなよ…

ってゆーか
俺のこと好きになれよ!!

とか思ってる間に
また♡には彼氏が出来た。

猛アタックされたみたいで
押しに負けて付き合い始めた
いつもと同じパターン。

でも…
3ヶ月くらいすると
その男が少しずつだらしなくなったらしく
「努力しない人は嫌!」
と言って、あっさりフッた。

どうだらしなくなったのか聞いたら
「寝癖を直さないまま仕事に行く」
とか
「デートの時に洗ってない
 しわしわの服を着てきた」
とか…

え?そんなことかよ?
って思うくらい♡は厳しかった。

要は…
付き合いたての時と同じだけの努力を
ずっと続けてほしいらしい。

確かに慣れてくると、努力しなくなったり
女子力が下がっていく女もいるから
その考え方はすごくわかる。

俺だったら…
絶対ずっと頑張るのに…

♡が隣で笑っててくれんなら
いくらでもどんなことでも
頑張れる気がする。

だから…もう簡単に付き合うな…

変な男に引っかかるな…

いい加減…

俺の気持ちに気付けよ…

ピピピピピ!!ピピピピピ!!

T)うわ!!

目覚ましの音で俺は飛び起きた。

T)…あ…、まだ7時か…
  びっくりした…

なんか今日は
すげぇ懐かしい夢を見た気がする…
なんだっけ…

って、それどころじゃない!!
今日は♡とデートだ!!

シャツどれにしよう…

俺が浮き足立って出社すると
エレベーターで♡に会った。

T)おはよ。
♡)おはよー!
T)今日さ…、何食いたい?
♡)何でもいーよー♪
T)何時に終わる?
♡)19時には上がれると思う。
T)じゃあそっち迎えに行くわ。
♡)うん。待ってるねー。

そして約束通り19時に
♡の部署まで迎えに行くと、
♡はまだ仕事をしてて…

T)終わりそ?
♡)あと3分待って~~
T)はいよw
M)え?二人でどこか行くんですか?
T)うん。飯。
M)へ~~~~
T)なに…//
K)ニヤけすぎ。
T)だって嬉しいもん。
K)素直か!w
M)あははw 可愛いw
♡)ごめんね!お待たせー!
T)おう。
♡)じゃあ行こっか!
  お先に失礼しまーす!!
K)お疲れさまー
M)お疲れさまでーす♡
T)お先でーす。

オフィスを出て
エレベーターが来るのを待ってると
♡が可愛く俺を見上げてきた。

♡)お腹空いたねー♡
T)うん…//
♡)何食べよっか…
T)何食いたい?
♡)うーん…

チーン。

エレベーターが開くと
社長とJさんが乗ってた。

♡T)お疲れさまです!!
社)おやおや、お疲れさま♪
J)お疲れさまー
♡)あ!社長!
  昨日はアイスありがとうございました♡
社)いえいえw
J)二人はデートにでも行くの?w
♡)違います。
T)え!違うの?!

即答する♡に、思わずつっこんだ。

♡)え?デートじゃないでしょ?
T)えっ!!じゃあ何?!
♡)何って…ただのご飯。
T)えーー!!

なんだよそれ!!

J)ぷくくくw

Jさんも社長も笑ってるし…

T)もういいよ!
♡)え?
T)お前と一緒にいれんなら
  別にデートでもデートじゃなくても
  何でもいい。
♡)え???
  どういう意味??

チーン。

T)じゃあお先です。
♡)お先に失礼します。
J)はーい♪お疲れーw
社)そうか…あの二人は同期でしたねw
J)はい。
社)仲がいいですねぇw
J)そうですねw

俺がこんな楽しみにしてたのに
♡は全然意識してくれてなくて…
軽くショックだったけど

でも二人でいれんのが嬉しいからもういい。

俺たちは結局、和食の店に入った。

T)じゃあ乾杯。
♡)かんぱーい♪
T)あーうめ~~
♡)美味しい~♡
T)ありがと。
  付き合ってくれて。
♡)ううん!仕事の話ってなぁに?
T)あ、そうだ。

俺は持ってきた資料を出した。

T)ここのクライアントのさ、
  こういう資料作ってほしいんだけど…
♡)うん。えーと…
  この部分はプレゼン用?
T)あ、うん、そう。
♡)こことここは繋げた方がいいよね?
T)そうだなー…うん!
♡)わかったよー♪
T)ありがと!助かる!
♡)それが私の仕事だもーん♪
T)お前が作ってくれる資料さ、
  すげぇ見やすくて解りやすいって
  いつも評判いいんだ。
♡)ほんとー?
T)うん。
♡)わぁ♡すごく嬉しい♡
  頑張るー!!!
T)…っ

わ……
すげぇ嬉しそうに笑った。

あ~~もう…可愛い…///

T)ここの会社は…
  ずっと断られてるけど
  絶対諦めたくないから…
♡)うん。
T)もうひと勝負してくるわ。
♡)うん!!頑張って♡
T)うん…///

そんな可愛く応援されたら
俺、100倍くらい頑張れそう…///

はぁ…ダメだ俺…
好きすぎる…。

♡)Tくんは本当に一生懸命だよね♡
T)え?
♡)いっつも。仕事でも何でも。
T)そうか…?
♡)うん!!
  絶対諦めたりしないし、
  何でも全力だし…
T)……
♡)私、Tくんのそういう一生懸命なところ
  大好きだよ♡♡
T)え…っ
♡)一生懸命頑張ってるTくん見てると
  私も頑張ろうって思えるんだー♡♡
T)え…俺も!!!
♡)え?
T)お前がいつもすげぇ頑張ってるから
  そーゆーの見てると
  すげぇ自分もやる気湧いてくる!!
♡)あはは♡ほんとー?
T)うん!!
♡)やっぱり…

うん。やっぱり愛の力ってすげぇよな!!

♡)同期っていいね♡
T)え??
♡)仲間っていいなーって♡
T)仲間…
♡)うん♡
T)えーと…

でも…
さっき俺のこと大好きって
言ってくれたし…

T)俺…、ほんとお前のこと好き。
♡)私もTくん好きだよー♡
T)え!!///
♡)これからも一緒に頑張ろうね!!

って、そっちかよー!!!
だからそうじゃねぇよ…もう…///

でも…

すげぇ可愛く笑うから…
もういいや…///

この会社に入って…

仕事は大変だけどすげぇやり甲斐あって
やっぱ楽しいし…

何より♡に出逢えたから
本当に良かったって…
いつもそう思ってるけど…

逆に「同期」って出逢い方したから
こんなに俺のこと男として
見てくれねぇのかな…

違う出逢い方してた方が
恋愛対象として見てくれたのか…

♡)お料理美味しいね♡
T)あ!うん…美味い。
♡)幸せ~♡
T)俺も幸せ。

お前といれる時間が。

T)お前さ…
♡)ん??
T)どういう時ドキドキすんの?
♡)え??ドキドキ??
T)うん。
♡)どんなドキドキ?
T)恋愛のドキドキ。
♡)えっ!!///

え?
なんでいきなり赤くなる!

♡)えっと…//
  あ、違った!そうだ!友達だった!!
T)え?何が??
♡)何でもないっ!!
T)なんだよ…
♡)……
T)……
♡)ねぇ…
T)え?
♡)ちょっと話変わるけど…
T)なに?
♡)声が聞きたいって思う時って
  …どんな時?
T)は?誰の??
♡)え!!誰の…だろう…
  えっと…女の子の。
T)女の声?なんだそれ…
♡)えっと…

♡の声だったら
いつでも聞きたいと思うけど…

T)好きな女ってこと?
♡)えっ!!///
  え、え、わかんない…
  違うと思う!!友達!!
T)は?友達?
♡)うん…
T)友達の声が聞きたい時…
  うーん…人それぞれだと思うけど
  なんかツラいことあった時とか
  一人じゃ寂しい時とか?
♡)……なるほど。
T)……

何がなるほどなんだ??

♡)そっか、わかった!!
  ありがとう!!
T)なんなの?それ。
♡)…なんでも…ないよ…//
T)お前の声なら
  いつでも聞きたいけど。
♡)え?誰が?
T)俺が!
  他に誰がいんだよw
♡)え?なんで?
T)なんでって…好きだから。
♡)え?私の声好きなの??
T)ってそうじゃなくて…
♡)え!!もしかして
  そういうことだったのかな?!
T)は?何が?
♡)あ…ごめん…、何でもない…
T)お前はさっきからなんなんだよ!w
♡)ごめんなさい…//

いきなりよくわかんねぇこと聞いてきて
赤くなったりハッとしたり…
変な奴…。

俺の「好き」を何回スルーする気だ。

♡)なぁに?
T)え?
♡)じっと見てるから…
T)……

お前の鈍さに呆れてるんだけど…

♡)足りなかった?
T)何が?
♡)お刺身…
T)は?
♡)見ててもあげないもん。
  これ私の分だもん。
T)ちげーし!w
  別にいらんわ!w
♡)そ?変なTくん~

変なのはお前だっつーの!w
…ったく。

♡)へへっ♡
T)…っ///

俺が見てると
今度はニコッと笑ってきた。

もう…ほんと好きだぁぁ!!!///

T)今度…どっか出かけない?
♡)え??どっかってどこ??
T)どこでもいいけど…
♡)??
T)二人で。
♡)え?二人?なんで?
T)なんでって…

なんでもかんでも
なんで攻撃してくんなよー!!
お前は3歳児か!!

二人って言ってんだから
デートに決まってんだろ!///

T)出かけたいから。
♡)二人より皆の方が楽しくない?
T)え…っ
♡)また同期のみんなで
  遊びに行きたいなー♡
T)……
♡)お花見したのが最後だもんね♡
T)そうだなーー…

もういいや…

♡といれんなら二人じゃなくても。

T)じゃあまたなんか企画すっか。
♡)うん!!♡
T)今時期だったら…、海とか?
♡)あ…海かぁ…
T)え、ダメ?
♡)あ、ううん!いいけど…
T)今年もう行った?
♡)まだー。でも今度行く予定。
T)そうなんだ。

水着…着てくのかな…
めっちゃ見たいんですけど…

T)やっぱり海にしよ!!
♡)え?いいけど…
T)よし!!
  あとで同期のグループLINEに
  送っとくわ!!
♡)うん♪

♡と一緒にいる時間は
本当にあっという間で…

2時間なんて一瞬で過ぎた。

♡)ここ、デザートもすっごく美味しい♡
T)うん。美味い。
♡)プリンも美味しい?
T)うん。食う?
♡)いいのー?食べるー♡

あ…、普通に俺のスプーンで食った。

間接キスじゃん…//

……って俺は中学生か!!
あ~っ、あほくさ!もうっ///

♡)ありがとー♡
T)ん。
♡)私のはあげないからー♡
T)ぷっw はいはいw
♡)ん~~♡美味しい~~♡
T)お前は…
♡)んー?
T)本当に美味そうに食うよなw
♡)だって美味しいもん♡
T)てゆーか…
  ほんとお前っていっつも笑ってるよな。
♡)…そうかな?
T)うん。なんで?
♡)え…なんでって…
  笑顔でいる方が幸せじゃない?
T)え?
♡)それに…
T)……
♡)私の大事な人が…
  大好きな人が…
  私の笑顔が大好きって
  言ってくれたから…
T)え…?
♡)だからいつも笑顔でいたいの。
T)……

誰だよそれ…

T)好きな男?
♡)え!!違うよ!!
T)……
♡)もうずっと前の話だけど…
T)そうなんだ…
♡)うん。

昔の男かな…
引きずってる男でもいんのかな…

T)大事な人?
♡)うん。すっごく大事な人。
T)忘れられない男?
♡)え??あはははww
  違うよ~~
  …あ、でも違わないかな…
  うん、そんなカンジ…
T)え??
♡)えへへ//

えへへってなんだよ!!
めっちゃ気になんだけど!!

♡)あ~美味しかった♡
T)……
♡)そろそろ行くー?
T)あ…うん。
♡)すみませーん!
T)あ、いい!
♡)え?
T)もう終わってる。
♡)え??
T)会計でしょ?
♡)うん。
  え??終わってるって?
T)行こ。
♡)え!奢ってくれるの??
T)うん。
♡)え!どうして??
T)俺から誘ったし。
♡)え!いいよ!半分出すよ!!
T)いいって。
  デートで女に出させるかバーカ。
♡)え…っ
T)あ、デートじゃないんだっけ?
  まぁいいや…
♡)えーーー
  ありがとう…
T)うん。
♡)ほんとにいいの?
T)うん。
♡)ありがとう♡
T)……///

だからその笑顔、反則なんだって…///

あ~もうっ
こいつが笑ってくれんなら
いくらでも美味いもん食わせたい!

俺って…絶対貢ぐタイプだ…
今気付いた…。

♡)ごちそうさまでしたー♡
T)ごちそうさまでした!
  美味かったです!
店)ありがとうございます♡
  またお待ちしております♡
T)また来ます♪

店を出てエレベーターに乗ると
♡がふらっとよろめいた。

T)大丈夫?
♡)わ、ごめんね?

俺につかまった♡は
少しだけ赤い顔をしてる。

T)酔った?
♡)ううん。全然大丈夫。
T)そっか…
♡)??
T)……
♡)大丈夫だよ?
T)……
♡)離して?
T)……

離したくない…
まだ…帰したくない…

♡)Tくん??
T)…っ

俺はそのまま♡を抱き寄せた。

♡)えっ…ちょっと…
T)……
♡)やっ!

俺から離れようとする♡の腕を掴んで
ほっぺたにキスをすると、
♡が硬直した。

♡)な、な、何するのー!!///
T)何って…
♡)なんでいきなりチューするの!!
  信じらんないっ!!//
T)ごめん…なんか、身体が勝手に…
♡)はぁ?!何それ!!//
  なんでTくんって
  いっつもそうなのー?!

だって…
気付いたらチューしてたんだもん。

♡)いきなりくっついてきたり
  触ってきたり!!

♡はほっぺを押さえながら大抗議。

T)いきなり…か…確かに。
  なんか衝動おさえらんねぇんだもん。
♡)やだっ!チャラい!エッチ!
T)え!!チャラくねぇし!!
♡)チャラいもん!!//
T)誰にでもしてるわけじゃねぇっつーの!!
♡)やだぁ!!

俺を叩いてくる♡の手を、両手で掴んだ。

♡)なにっ!!離して!!
T)やだやだって…
  別に口にしたわけじゃねぇだろ!
♡)え!!何が??
T)キス。
♡)な…っ、当たり前でしょー!!///
T)だから別にいいだろ!
♡)全然良くないもんっ!!

ほんとは…
今すぐキスしたいのを
必死で抑えてんのに…

T)ごめん。
♡)やだ!//
T)…ごめん。
♡)…っ
T)でも…したい。
♡)え?

好きなんだ。
もう我慢できない…。

T)……

♡の腕を掴んだまま
キスをしようと顔を近付けると…

♡はぎゅっと目を瞑って、しゃがみこんだ。

T)え…っ
♡)やぁ…ぐすっ//
T)えっ!!!

ヤバい!!!
泣かした!!!

T)わ、わ、ごめん!!
♡)嫌いっ!!!
T)え!!!
♡)もうTくんと二人でご飯なんか
  絶対行かないからぁ!!
T)え!!ちょ、待って!!
  ほんとにごめん!!
♡)ばかっ!!!

♡はそう言うと
半泣きで走って逃げていった…。

ヤバい…

俺何してんだよ…

T)…っ

あ~~~もう!!!

バカだ俺…。

ーendー

スポンサーリンク

コメントを残す