[79]三日ぶりの×××

スポンサーリンク

ぎゅむーーーーー

♡)////

朝起きると、臣くんの腕の中だった。

♡)臣くん…?
臣)……

名前を呼んでも、聞こえるのは寝息だけ。

なのに…

ぎゅむーーーーー

♡)……///

どうしてこんなに
ぎゅってされてるのかな…?

嬉しいんだけど、動けない…///

今日は月曜日。

臣くんは土日の名古屋公演を終えて
昨日の夜、新幹線で帰ってきた。

起きて待ってようと思ったけど
急な仕事が入ったから0時過ぎそうって
LINEが来て。

置き手紙だけ残して、先に寝たんだけど…

ぎゅむーーーーー

起きたらこんなことに///

♡)…っ

携帯取りたいけど、やっぱり動けない。

今何時なんだろ…?
もうすぐアラーム鳴るんじゃ…

ピピピピッ!ピピピピッ!

♡)わっ…

やっぱり!

♡)んん…っ

臣くんを起こしちゃうから
慌てて止めようとするけど

やっぱりぎゅーが強くて動けない。

ピピピピッ!ピピピピッ!

臣)ん〜〜〜〜

あっ…
臣くんが動いた。

臣)…う…っせ……

パシッ

臣くんは左腕で私を抱え込んだまま
右手を伸ばしてアラームを止めた。

臣)……あ。
♡)ん…?
臣)……へへ…
♡)??

どうしたんだろ?

もぞもぞと腕の中をよじ登ると…

臣)…あ、……おはよ…w
♡)おはよ…♡
臣)見て見てぇ…おそろい…w
♡)え…?

臣くんはかすれた声で
自分の携帯にも手を伸ばして…

私の前に並んだ二つのスマホは…

♡)同じ待ち受けだ!!
臣)うん…w
♡)うそーーー//
臣)すごくない?w
♡)…あんないっぱい…撮ったのに…

LAで撮った二人のツーショット。

まさか臣くんもこれを待ち受けにしてるなんて
思わなかった。

私は…
この臣くんの笑顔が大好きだから…

臣)おそろいー♡
♡)……///

嬉しそうに言う臣くんに
胸がきゅんってした。

♡)おそろい〜〜っ///

ぎゅむーーっ!!

臣)うおおっ、激しいなw
♡)ううう〜〜///

臣くんにめいっぱいすり寄ると
ちゃんと受け止めてくれる両腕。

♡)おかえりなさい♡
臣)ただいま♡

♡)おかえりなさい♡
臣)たーだいま♡

♡)えへへぇ♡おかえりなさぁい♡
臣)なんだよ〜〜ただいまっ♡

♡)うわーーんっ♡
臣)わははは♡

三日ぶりに会えた臣くんに
好きが溢れてきた。

♡)すきすきだいすーき♡
臣)……

♡)臣くん、だいすーき♡
臣)……///

♡)だいだいだいすーき♡
臣)あのさぁ///

ん?

臣)朝からそんな可愛いと、襲うぞ?
♡)えっ

腕の中から、そっと見上げると…

コツンとぶつかったおでこ。

耳たぶに優しく触れる、臣くんの指先。

臣)……
♡)……

ドキン…ドキン…

♡)…臣くん…大好き……///
臣)……///

私の手のひらが…臣くんのほっぺに触れると…

そのままゆっくり降りてきた、優しい唇。

静かに重なれば…

臣くんの右手は、耳たぶからうなじにまわって…
私の左手は、臣くんのほっぺから首にまわって…

キスを深めて、たくさん触れて。

♡)は…ぁ…、っ

臣くんは身体を起こすと
私を優しく見下ろして…

臣)お前に早く触れたかった……

目を細めて切なそうに言うから…

♡)////

私の中のキュンキュンが、切なく鳴いた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

♡)臣くん…そろそろ…起きないと…
臣)やーだーー
♡)……///
臣)まだだめーー
♡)でも…
臣)Hの後にすぐいなくなるなんて
  ヤリ捨てかよぉーーー
♡)なんてこと言うのっ!//
臣)こーゆー余韻も大事だろーー
♡)そう…だけど…///

抱いた後も一向に離そうとしない俺に
困った様子の♡。

だってさ。

Hは死ぬほど気持ち良かったけど
それでも全然足りないんだもん。

ずっとこうして抱きしめてたい。

♡)朝ごはん作らないとーー//
臣)いらないーー
♡)ダーメ!1日の活力の源なんだから。
臣)こっちの方が活力になるーー
♡)もう〜〜〜//
臣)ほんとだもん。

ちゅーーっ

♡)甘えんぼ臣くん…//
臣)別に甘えんぼじゃねーし。

ちゅーーっ

♡)だっていっぱいチューしてくるもん//
臣)だって…
  俺に会えなくて寂しかったしょ?
♡)え…?
臣)お前が寂しかっただろーなーって思って
  いっぱいチューしてんの♡

ちゅーーっ

♡)もう…///

♡は困ったように俺を見上げるけど…

♡)寂しかったよ…?
  いっぱいチューしたかったもん///

そんな可愛いこと言って、
可愛い上目遣いで。

今度は自分から俺に
チューしてくれちゃうから…

臣)……///

またムラッとする。

臣)んーーー……
  そろそろ行っていいよ……
♡)え…?
臣)またムラムラしてきたから…
♡)!!!

俺の言葉に♡は飛び起きて。

♡)あ、あさ…ごはん…っ
  作ってきます!///

そう言って、逃げてった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

臣くんが帰ってきたのが嬉しくて
また朝からHしちゃった…///

急いでご飯作らなくっちゃ!

って言っても、
昨日作っておいたから温めるだけ。

コンロに火をかけて。

その隙にシャワーで軽く身体を流して
顔を洗って。

♡)ん、いい匂い♡

大根を絞ったお味噌汁と
はちみつと生姜の煮物。

デザートは梨のゼリー。

臣)おはよーーー
♡)わっ

臣くんが後ろからのしかかってきた。

♡)おはよーはさっきしたよ//
臣)なんかいい匂いするーー
♡)うん♡
  今日も喉にいいやつだよー♡
臣)なんで?
♡)だって…二日間も酷使したのに
  今日もレコーディングでしょ?
臣)……スケジュール見てくれたの?
♡)うん。
臣)……すき。
♡)……///

後ろからほっぺにチュッてされて
臣くんはそのまま洗面所へ。

ご飯をテーブルに並べて
レコーダーをつけた。

昨日のMJ、もっかい見よーっと♡

臣)あれ…?
  またMUSIC JAPAN?
♡)あ、おかえりー♡
  これは昨日の分だよ!
臣)あ…そっか…
  二週分撮ったんだった。
♡)へへへ♡
  じゃあ食べよっ♪
臣)ん。いただきまーす。
♡)いただきます。

臣くんはご飯を食べながら
Summer Madness を真剣に見てる。

臣)うーん…
♡)どしたの…?
臣)俺、ここ動かない方がいいな。
♡)ん?
臣)パフォーマーのソロ殺してる。
♡)……

よくわかんないけど、
一人で納得してる臣くん。

臣)明日もこの曲やるんだーー
♡)えっと…音楽の日だっけ?
臣)そうそう。
  京セラとかぶるから事前収録だけど。
  これとR.Y.U.S.E.I.。
♡)二曲もやるんだー!楽しみっ♡
臣)あ!そういえば、あれは?
  さくちゃんの結婚式のDVD!
♡)あ!あるよー!見る?
臣)見るっ!
♡)ちょっと待ってね♡

MJを止めてディスクを差し込んだ。

♡)あ!ちゃんとチャプター編集されてる!
臣)ほんとだーすげぇー
  俺たちの見よっ♪
♡)はーい♪

「余興③」を再生して…
二人でドキドキしながら、画面を見つめる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

♡と歌った『あなたと』は、
我ながら素晴らしい。

臣)いよっ!♪

歌が終わって拍手すると
♡が照れたように俺を見た。

♡)はぁ、ドキドキしちゃった///
臣)このお二人、本当に素敵ですわねぇ〜
♡)えっ
臣)歌も素晴らしいし、ほら。
  こんなにお似合いで〜〜
♡)……
臣)まるでこの二人が結婚するみたい。
  ほほほほ〜〜
♡)臣くん、誰w

丁度映像も客席に切り替わって
俺たちの歌に涙してる
さくちゃんのおばあちゃんが映った。

♡)あ!そーだ!
臣)ん?
♡)今週の土曜日ね、行ってくるよー♡
  さくちゃんのおばあちゃんの所!
臣)おお!今週か!
♡)うんっ♡
臣)場所どのへんなの?
♡)あのね、実家の近くなの!
  だから帰りに実家寄って
  ママと瞬にLAのお土産も
  渡してくるーー♪
臣)あーー
  それ俺も行きたかったなーー
♡)え?
臣)てゆーか俺も母ちゃんたちに
  お土産渡さなきゃ。

買ってきたまま、部屋で眠ってるし。

臣)お前にも会いたがってたから
  今度一緒に行こうか、実家。
♡)えっ!臣くんの実家?
臣)うん。
♡)行きたーいっ♡
  楽しみ〜〜!♡
臣)ふははw

こういう時に「緊張するー」とかじゃなくて
「楽しみー」って言うところが♡らしいよな。

臣)じゃあ母ちゃんに連絡しとくわー
♡)うんっ♡

とか言いながら、
俺はまた「余興③」をリピート。

♡)土曜日ね、谷本さんも来るって言ってたし
  さくちゃんもさくちゃんのお母さんも
  来るって言ってたー♡
臣)谷本さんも来んの?w
♡)うん、わざわざ来てくれるんだって。
臣)あの人さ、普通にお前のファンだよね?w
♡)あははは♡嬉しい♡

俺も見たかったなーー

♡)またこんな風に臣くんと一緒に
  歌いたいなーー♡

リピートした画面を見ながら
♡が可愛く呟いた。

俺だって歌いたいよ。
すげー楽しかったもん。

臣)またこんな機会あるかなーー
♡)うーーん…、あっ!
  次は賢司くんと凪ちゃんの結婚式!
臣)お!そっか!10月だっけ!
♡)そうだよーー!
臣)依頼してきてくれるといいけど…
♡)そうだね…
臣)もし頼まれたら何歌うー?
♡)えーーどうしよう♪
臣)俺、地味にこれ
  かなり気に入ってんだよねー
♡)『あなたと』?
臣)うん。
♡)私もーーー♡
臣)他になんか良い歌あるかなーー
♡)臣くんと歌いたーい♪

♡と声を重ねるのは
本当に気持ちいいから

もっと他にも色々やってみたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

♡)おはようございまーすっ!!
課)お、来たな元気娘w
♡)あ、課長!おはようございます♡
課)お前はほんと毎朝元気だなw
♡)えっへへ♡
課)そういうCM出たらどうだ?
♡)そういうCM??
課)爽やかな朝っぽいやつ!w
  缶コーヒーとか。
先)あ、それいい〜〜〜!♪
先)ウィダーインゼリーとか!
先)スポーツドリンクとか!
先)いいねいいね〜〜!
♡)CMなんか来ないですよー//
課)わからんぞー?
  いつどんなチャンスが舞い込んでくるか。
先)そうだよ〜〜♪
♡)……

CMかぁ。
最近臣くんいっぱい出てるよね。

そんな大きな仕事、
私には夢のまた夢だなぁ……

とりあえず私は
今自分の目の前にあることを
精一杯やらなくっちゃ!!

海)♡さぁん……
♡)ん?!どうしたの!?

デスクに座ると
眉を下げた海璃ちゃんが
資料を抱えて私のところまで来た。

海)相談してもいいですか…?
♡)うん!
海)今年の運動会、
  何作ったらいいと思いますか…?
♡)あ、そっか!海璃ちゃん、
  今年のイベント委員なんだっけ!
海)はい…

去年は私もやったイベントの実行委員。

当日はもちろん、準備も含めて
結構忙しいんだよね…

♡)今年も何か作るの?

去年はチームごとに
色違いのTシャツを作ったっけ。

海)去年それでチーム感が出て
  すごく良かったから
  今年も作った方がいいんじゃないかって…
  でもTシャツだと去年と一緒だし…
  っていう話し合いで時間切れになって
  戻ってきました。
♡)そうなんだぁ…
  またTシャツでも全然いいと思うけど…
  去年候補にあったのは、
  リストバンドとかバンダナとか…
海)わわわ!ちょっと待ってください!
  メモしてもいいですか?
♡)うん♡
海)リストバンド…と、バンダナ…と…
♡)あとはスポーツタオル!
海)わぁ!すごい!いいかも!//
♡)社内メールでアンケート取れるから
  それで決めてもいいかも♡
海)なるほど!!
  わぁ〜〜ありがとうございます!!
  相談して良かったぁ♡
♡)忙しくなると思うけど
  手伝えることあったらなんでも言ってね♡
海)わーんっ…
  ありがとうございます!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

男)このへんの街並みで
  夜撮るのもいいですよね。
臣)ああ、いいなぁ〜〜〜w
男)街灯が普通にオブジェになる。
臣)ですね。

今日は午前中はエッセイの打ち合わせ。

俺のワガママが叶って
二週間後にはまたLA。

どういうところで撮りたいか、
どんな写真が撮りたいか、

挙げてもらった候補を確認して。

この間♡と行った時に
少しくらいロケハンして来れば
良かったんだけど…

あれは純粋にプライベートとして
楽しんじゃったからなー。

ーーーーー

昼飯の後はメンバー会議。

とりあえず名古屋公演お疲れさまでしたー
から始まって。

来月の頭には『Summer Madness』の
リリースを控えてるから、

これから増えてく夏の歌特番とかで
ガンガンかましてくぞ、って話と。

個人活動も忙しい。

NAOTOさんはほの字組の書籍化が発表されて
お渡し会の準備に追われてるし。

直己さんはたたら侍で大忙し。
「ご縁の国しまね」のイメージキャラクターに
抜擢されたとか…なんかすげーし。

健ちゃんはこの間、
ドラマをクランクアップしたばかりだけど
ラジオも毎週頑張ってるし。

ELLYは10月に映画公開を控えながら
今はいろんな人と絡んで
CRAZYBOYの楽曲をせっせと制作中。

岩ちゃんは植物図鑑クランクインしたばっかで
今日も撮影だったらしい。
ハイローの撮影も控えてるし…。

隆二はソロLIVEの準備に加えて
DANCE EARTH PARTYにも
ゲスト参加することが決まって。

三代目ってすごいよねーー
一人一人がこんないろいろ頑張ってて。

俺なんてまたのんきにLA行って撮影とか…
いいのか?

いや、それも仕事だけどさ。

H)来月の『Unfair World』のMVは
  紀里谷監督も楽しみにしてるそうだから
  みんなよろしく。
N)うお〜〜〜w
  緊張するーーw
E)久保監督じゃないの、変な感じ。
直)きっとまた新しい三代目を
  引き出してくれるよ。
臣)……

どんな感じになるんだろ。
俺もちょっと緊張。
  

そんな『Unfair World』は…
今日の夜、隆二とレコーディングなんだけど。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

♡)ん…?

なんか右肩に気配を感じて…

くるっと横を向くと、

パシャッ

♡)あああ!!

パシャッ

♡)ちょ、ちょっとーー!//
M)ふふふ…♡
  今日は先輩のどアップ写真〜♪
♡)やだやだーー!
M)可愛いから大丈夫です♡
K)…って、めちゃめちゃどアップじゃんw
♡)そんなに?

見せてもらうと、
目のどアップと、もう一枚は顔の半分しか
写ってない。

M)これくらい近付いて
  先輩の顔を見てみたい〜〜
  っていうファンの要望に応えて♡
♡)そんなファンいないよー!//
M)いますよ!
K)いるね。
♡)……

こんなどアップで見てどうするんだろう…

海)♡さんの写真増えてきましたね♪
  見てて楽しい〜〜♡
M)閲覧ありがとうございますw
K)あはははw
M)◇さん達が動画も載せれるように
  してくれたから…
  週一ペースで動画も載せますよ〜
♡)えーー!また盗撮する気?!
  やだ!恥ずかしい!//
海)でもコメントでは大好評でしたよ!

ピロリロリロ♪ピロリロリロ♪

♡)あ、ごめん!電話出てくるね!
K)あいよーーー

着信は松浦社長から。
こんなお昼にどうしたんだろ?

♡『はい!♡です!』
浦『あのさー、お前と撮った写真
  載せていいー?』
♡『え…っ』

いきなり本題。

♡『写真って…』
浦『この間撮ったやつーー!』
♡『はい、どうぞ…』
浦『それだけ。じゃーな♪』
♡『あ、はい。』

電話はあっさり切れて。

……あ、載せるってどこに載せるんだろう?
聞きそびれちゃった。

ま、いっか。

♡)ただいまーー♪
K)お、戻って来た。
M)早速アップしましたよーー
  さっきの写真♡
♡)むむむ……
海)ほら、今日も好評ですよ!

海璃ちゃんがコメント欄を見せてくれて…

『姫のどアップ可愛い!!😍😍』
『目とかほとんどメイクしてないじゃん!😳
 それでこんだけ可愛いの?!💦』
『パッチリ二重うらやまし〜〜😂💗』
『肌とかほんと綺麗すぎ✨✨』

載せたばっかりなのに
コメントがたくさん来てる。

海)私もよく見てるんですけど、
  ♡さんのファンの間では
  Mさんが敏腕マネージャーだって
  人気なんですよ。
♡)え!そうなの?
海)はい!
  ファンが欲しいショットをわかってる〜
  姫撮るの上手〜〜って。
M)ふふふんっ♪

あ、Mちゃんがドヤドヤしてる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メンバー会議を終えて
スタジオに向かう。

N)俺らEXILE側先行ってくるわーー
臣)はーい。

NAOTOさんと直己さんと岩ちゃんは
隣のスタジオへ。

残された俺ら4人は
適当にフリ確認。

リハって言っても
もう何回もやってる曲だし。

隆)あ、今日の♡ちゃんはどアップ写真だ。
臣)え?!

慌ててスマホを開いた。

臣)……なんだこれw

目のどアップと、半顔写真。

『姫にキスするならこの距離ってこと?😍』
「肌キレイすぎ!頰ずりしたい💗💗』

臣)……

どんな写真でも喜ぶ、ファンの皆さん。

健)あーーー!!
臣)ん?

今度はなんだ?
健ちゃんがスマホを見ながら叫んでる。

隆)どしたの健ちゃん。
健)松浦さんが…!!
臣)ん?!
E)松浦さんどうしたの?
健)755!見てみ!

そう言われて、
松浦さんの755を開くと…

臣)どええ?!!

♡とのツーショット。

これ、この間のクラブで撮ったやつじゃん!

『姫の弾き語り💯
 俺の手を叩く奴なんて姫くらい(笑)』

この時、松浦さんが馴れ馴れしく
♡の肩を抱いて
♡はすかさずその手をペシッと叩いてたっけ。

むぅっと口を尖らせて
松浦さんを叩いてる瞬間の写真が
載せられてて…

健)反響すごいで。
臣)コメントめっちゃ来てる…

『松浦さん!姫と仲良いの?😳』
『仲良いよーー✌️』

『姫って結局芸名姫に決まりですか?』
『決まりでいいんじゃない?笑』

『松浦さん叩かれてんじゃん!😂』
『姫は俺にツンデレ』

『姫の可愛い写真お願いします!😍』
『はいよーー』

松浦さんが載せ直した2枚目の写真は
ちゃんと♡が笑ってるツーショット。

健)むっちゃ気に入られてるやん…
臣)……うん。
隆)結局♡ちゃん、デビューするの?
E)avexから?
臣)うーん……

そのへんのその後、聞いてないんだよな。
どうなってんだろ。

でもこんな風に載せられたら
松浦さんの秘蔵っ子みたいになってるし…

♡、見てるかな?

健)なんでこのタイミングなんやろな。
臣)確かに……

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

M)ちょっとぉぉぉ!!!
  松浦さん、何勝手なことしてくれてんの!
♡)ご、ごめんっ
  私がいいって言っちゃった…汗
M)まったくもぉ〜〜!

松浦さんの755を見て
お怒り気味のMちゃん。

M)芸名だってまだ募集中なのに…
K)まぁでもダントツで「姫」じゃん。
  もう決まりでいいんじゃない?
M)土日の方が反響あるから
  今週の日曜日に発表しようと
  思ってたんですよ!
K)おお…そこまで考えてたのか。
M)当然です!
海)もう57万票も集まってるんですね…
M)そう。そこは松浦さんに
  感謝なんだけどね。
♡)……

Mちゃんの最終目標、
本当にクリアしちゃった。

57万人も投票してくれたなんて…
なんか感動だなぁ…

M)仕方ない。
  芸名決定広報は今日にしますか。
♡)あ、あのね、それなんだけど…
M)ん?
♡)芸名はそれでいいんだけど…
  自分で自己紹介とかで名乗る時は
  普通に「♡です」って言ってもいいかな?
K)はははw
  自分で「姫です」は抵抗ある?
♡)うん…//
M)いいんじゃないですか?
  雑誌とかそういうメディアのクレジットは
  「姫」にしてもらいましょ♪
♡)ありがとう。
K)にしても…このおっさん
  なんでいきなり♡の写真載せたんだろ。
♡)ちょ、おっさんって…!w
M)確かに…。
  なんか怪しいですね…
♡)え…っ

そう言われると、確かに。
どうしていきなり私の写真なんか…

海)松浦さん、いつもLDHの面々の写真で
  ファンからちやほやされてますよね。
♡)うん。

でも私の写真なんか
載せても何の効果もなさそうなのに…

M)土曜日に谷本さんに会ったら
  ちょっとリサーチしてみよっと。
K)土曜日?
M)はい。先輩が施設で歌を歌うんです。
K)あ、さくちゃんの?
♡)うん!
海)いいなぁ……
  私も見に行きたい…
♡)来る?
海)えっ!いいんですか?!
♡)うん、大丈夫だと思うよ♡
海)行きたいですっ!!
  ♡さんの生歌…聞きたいっっ///
K)歓迎会以来だね、生歌w
海)はいっ♡♡

結婚式で臣くんと歌った『あなたと』。

今度は一人だから
一人で歌えるように練習しなくっちゃ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

臣)だぁ〜〜〜ッッ
  くっそむずい……
隆)そのフレーズ、俺じゃなくて良かった〜〜
臣)おいw
隆)だって絶対むずいもん!w
臣)……

俺が苦戦してるのは1番のBメロ。

ピロピロ♪ピロピロ♪

臣)あ。小竹さんからだ。

丁度LINEが来た。

隆)うそー。なんて?
臣)調子どう?って。
隆)あはははw

すぐに返事を返すと、
小竹さんから来た返事は…

『そこだけは歌詞を変えたくないんで、
 踏ん張って歌ってください(笑)』

臣)えーーーーー!w

ほんの少し期待したのに、
変えてくれないのね…とほほ…

隆)そんだけ思い入れのある
  ワードなんじゃない?
臣)マジか……
隆)なんかアンフェアっぽいしね!
  航空障害灯って。
臣)……
隆)頑張れ臣!♪
臣)ひとごとかよーーー

それからなんとかそのややこしい譜割は

クリアしたものの…

デ)うーん…
  なんかもう少し……

俺たちの歌い方に
しっくり来てない感じのディレクター。

デ)もう少し切なく千切れそうな感じで。
  優しく柔らかく流れるように。
  歌える?

隆)……
臣)……

歌詞に合わせて感情的に歌い上げたいのに
それだとイメージと違うらしくて。

歌い方はあくまで柔らかく。
でもそこに、切ない感情を込める。

臣)はぁ……。

難しい。

デ)なんていうのかなー
  二人はまだ距離が近いんだよね。
臣)へ?
デ)主人公の女の子との距離が近い。
隆)ん…?
デ)もう2〜3歩後ろ下がって。

そう言われて、ブースの中で
本当に後ろに下がる隆二。

デ)そうじゃなくて!w
臣)ぶはははw
隆)え……//

ほんとあいつは天然だな。

デ)二人の今の感じだと
  もう主人公抱きしめちゃってる感じなの。
  そうじゃなくて、
  抱きしめたいけど、手が届かない。
  もっと距離を引いて
  不条理な世の中を
  遠くから静かに眺めてる感じ。
臣)……

仙人みたいな感じで
歌えばいいんだろか。

その後ディレクターがOKを出した
隆二のテイクは
なんかもう亡霊みたいで。

臣)消え入りそうだったね。
隆)こんな死にかけみたいな感じでいいの?
臣)いいんじゃない?w

それから俺もなんとか無事に録り終えて

スタジオを出た頃には
空には朧月が浮かんでた。

遅くなったけど今から帰るぞーって
♡に電話しようと思ったら…

♡『おみぐん…っ、ぐすっ…』

電話の第一声。一体どうした。

臣『これから…帰るけど…』
♡『うん…っ、ぐすんっ…』
臣『なんかあった?』
♡『オリメンが…引退しちゃうって…ぐすっ』
臣『ん…?』

あれってそういえば
今日発表だったっけ。

臣『急いで帰るから良い子にして待ってろ。』
♡『あい…っ』

ったく、しょーがない奴w

あっという間に家について
リビングのドアを開ければ…

ソファーの上で眠る♡の目尻に、涙の跡。

ラグの上にはEXILEのDVDがズラリと並んでて
画面の中では
丁度USAさんがソロを踊ってるところだった。

臣)泣くほど寂しいのかよ…w

♡の目元を親指で優しく撫でても
♡は起きなくて。

仕方ないからそのまま抱き上げて
ベッドへ連れていった。

なんか俺…最近…
♡運ぶ係みたいになってね?w

まぁいいけどさ。

臣)ん。

可愛い寝顔にそっとキスをして。

いつか三代目が解散する日が来ても
こうしてファンに
惜しんでもらえたらいいなって…

惜しんでもらえるような
グループになりたいなって…

そう思った。

ーendー

スポンサーリンク

コメント

  1. 桃子 より:

    こんにちわ。更新ありがとうございます!!!
    陰ながら応援しています!!

コメントを残す