[49]待ち受けのツーショット(隆二Side)

スポンサーリンク

その夜は全然眠れなかった。


♧とのデートが楽しすぎたからなのか

最後に見た待ち受けが
ショックすぎたからなのか

もう自分でもよくわからない。


♧と過ごした数時間の間の出来事を
何度も思い返して…


♧との会話や

♧の話し方、笑い方

その全てが脳内で再生されて…


隆)……


可愛いタレ目でふにゃんと笑う笑顔。

幸せそうに笑う、アヒル口。

たまに髪をかきあげる大人っぽい仕草。

語尾が少し伸びる独特のクセ。

ふふって笑う、綿あめみたいな雰囲気。


どれを思い出しても
ああ、やっぱり好きだなぁって…


胸がとくん、とくん、と
音を立てる。



いつも落ち着いてて、大人っぽくて
穏やかな彼女が

たまに俺の意地悪に
慌てたように赤くなるのが
すごく可愛くて…


でも、最後に見せたあの表情は
初めて見る顔だった。


「好きな人なんです///」


いっぱいいっぱいの彼女の表情が
その想いの深さを物語ってるみたいで…


彼女にあんな風に想われてる
幸せな男は

一体どんな奴なんだろう。


考えたくない。


考えると…
胸がすごく苦しくなって

ああ、恋ってこんな痛いんだっけ
…って

そんな感情を思い出す。



天に舞い上がるほど喜んだのに
地の底に突き落とされたようにショックで

そんな嬉しさも悲しさも
恋にはつきもの。


俺にしてくれたキスは…
一体何だったんだろう。


ふわふわ柔らかくて甘そうな綿あめは

一口食べるとほんのり苦くて、
切ない味だった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


岩)あ!そっか!!
  今日から臣さんいないんだっけ!
健)せやで〜〜
  ♡ちゃんとラブラブLAやから。
岩)なーんだーーー
  じゃあやっぱ上手くいってるな、きっと。
健)んー?
岩)なんでもない。
隆)……


そっか。
今日から臣、いないんだっけ。


岩隆)はぁ……


ん??


岩ちゃんとため息が重なった。


直)どうしたの、二人してw
隆)……
岩)いや…別に…。
  隆二さんは?
隆)…いや、別に……。
岩)……
健)何やねん!むずがゆいわっ!!w
直)あはははw
  岩ちゃんどうしたの?
岩)いや〜〜〜


岩ちゃんはまたふぅっとため息をついた。


岩)なんか…俺たちのこと
  好き好きって言ってくれる女の子なんて
  いっぱいいるじゃん?
隆)うん。
健)俺はお前らの半分くらいな。
直)俺はその半分くらい。
岩)いやいや、
  健二郎さんだって直己さんだって
  腐るほどいるでしょw
健)おん。それで?
岩)でも…
  そーゆーバカな女ばっか相手にしてたら
  いざって時、スキルが足んねぇなって
  思って。
隆)……


スキル…?


直)…うわてな彼女なんだ?


直己さんが笑うと
岩ちゃんは小さく頷いた。


岩)釘刺されたってゆーか…
  上手く手のひらで転がされたってゆーか…
  うーん、ちょっと違うな、なんだろ。
直)敵わない、って…思わされた?
岩)……それですね。
直)ははっw
隆)……


岩ちゃんの新しい彼女…
どんな子なんだろう。


岩)なんか…そのへんにいるような
  バカな女と全然違うから…
健)バカな女って?
  簡単に脚開くような女?
岩)そう。
健)まぁ確かにそんな女ばっかりやもんなーー
岩)だからさ、それに若干
  慣れちゃってたっていうか…
  女なんて適当に優しくしてれば
  それで良いと思ってたけど…
直)そうじゃないって気付かせてくれる彼女で
  良かったね。
岩)いやーーーー
  だから自分のスキルのなさが露呈して
  結構焦るっつーか…
直)はははw
  いいじゃん、そんな岩ちゃんも。
岩)えー?
直)女遊びしてる余裕な岩ちゃんより
  なんか必死に頑張ってる岩ちゃんも
  悪くないと思うけど、俺。
岩)……///
隆)……


うん、俺もそう思う。


岩)そりゃ必死になりますよーーー
  俺がちょっと変なことしたら
  ほんとに捨てられそう。
健)あはははっw
  ええなー!それw
岩)何が!w
健)ええ男でおらな捨てられんねやろ?
  気ぃ抜けへんっちゅーか…
  男に磨きかかるやんw
岩)……まぁね。


岩ちゃんが口を突き出してそう言った。


健)ええ女なんちゃう?彼女。
岩)……
健)今度会わせてや。
岩)いいけど…
健)けど…?
岩)健二郎さんに会わせたら…
  あいつ関西弁に戻りそう…w
健)え!関西の子なん?!
岩)うん。奈良。
健)おわ〜〜〜それ絶対ええ子やわ♡
直)出た、健二郎の関西贔屓w
岩)あはははw
隆)……


そっか。

俺たちって…女が寄ってくるのに慣れてるから
実際にはスキル不足なのかな?

いざ自分が好きになった時に
本気の相手が出来た時に

普通の男よりも、不利なのか?


直)で、隆二は?
隆)…っ


いきなり俺に来た。


直)何のため息だったの?
隆)……


強面のくせに、優しい微笑み。
……お母さん。


直)なんだよw
隆)……
健)お前の恋路はその後どうなん。
隆)……


まだ時間もあるし…
話そうかな。

いつもみたいにうるさく
冷やかされそうな雰囲気でもないし…
 

隆)いいなって…思ってた子がいて…
健)うん。
隆)結婚して子供がいる人だって思って…
健)やっぱりか!!
隆)すげぇショックだったんだけど…
岩)うんうん。
隆)旦那はいないって言うから
  シングルマザーだって思ってて…
健)そう言うてたもんな!
隆)うん。
  でも、それすら俺の勘違いで
  子供もいなくて彼氏もいなくて
  普通にフリーの女の人だった。
健)ズコーーーッ!!
  何やねんそれ!w
  勘違い多すぎやろ!!w
隆)……だよね。
岩)フリーだったんなら喜ぶとこじゃん。
隆)うん、…それで…
  昨日デートしたんだけど…
直)うん。
隆)……


俺は昨日のデートの内容を
3人に話した。


岩)なるほどなるほど。
  好きな人がいたパターンか。
健)えーーでもさぁ、
  隆二にキスしたんやろ?
  好きな奴おるのにするかー?
岩)確かに。
直)その好きな人はこの世にいるの?
隆)えっ!!!
岩)もう亡くなってるってことですか?
直)うん。昔の恋人で、今はもういないとか…
隆)…っ


そんなこと、考えてもみなかった!!


健)それか、そのおじさんなんちゃう?
隆)え?
健)憧れのおじさん。
  とのツーショット。
隆)……


よく見えなかったけど…
おじさんだったのかな?


岩)まぁその可能性もあるよね。
直)うん。
健)大体、好きな奴おる言うても
  お前とデートしてんねんからさーー
岩)そうだよ。
直)うーん…でもそれは…
  初めてできた男友達だって
  喜んでたなら…
  ほっぺにキスしてきたのも
  男友達との距離感がわからないって
  可能性も…
岩)距離感わからないからって
  チューしますー??
健)あれちゃう?
  保母さんなんやったら
  子供にする感覚で、チューって。
隆)え!!俺、子供!??


ガーン!!!


直)いや、まぁ…事実はわかんないけど…w
隆)……はぁ。


やっぱり凹む。


岩)てゆーか隆二さんは何を凹んでんの?
隆)はい??


今の流れ、聞いてた?
どう考えても凹むでしょ!!


岩)だって最初はさ、
  旦那も子供もいると思ってたわけでしょ?
隆)うん。
岩)それでショック受けてて…
  「旦那と子供」が「好きな人」に
  変わっただけじゃん。
隆)…っ
健)せやんな。
  むしろハードル下がってるやん。
岩)そうだよ。
  何も法に触れないわけだし。
隆)……


あれ…?

ほんとだ。


岩)ちょっとデートでいい感じになって
  付き合えるかもーとか
  すげぇ喜んじゃった後だから
  ショックなのはわかるけど、
隆)そこまで思ってないもん!
岩)いや、でも、期待したでしょ?
隆)……///


そりゃするよ!!!


岩)だからその直後で
  ショックも大きかったと思うけど
  最初の立ち位置に戻ってみたら
  まだ全然頑張れるでしょ。
隆)…っ
健)せやんな。
  最初に比べたら
  「彼氏がいました」とかでも
  まだマシやんな。
岩)そうだよ。
  それが「彼氏」じゃなくて
  ただの「好きな人」だよ?
隆)……
岩)いくらでもチャンスあるじゃん。
健)あるな。
直)あるね。
隆)……///


あれ。

俺、なんで弱気になってたんだろ。


ほんとだ。

皆に言われたらそんな気がしてきた。


健)まずはその「好きな人」をリサーチして
  そこからやな!
岩)だね!!
隆)……ドキドキしてきた///
直)頑張れ、隆二!!!
隆)////


俺、頑張るっっ!!!!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


その夜。

家に帰る途中、俺は♧にLINEをした。


本当は今朝、昨日のお礼のLINEが来てたのに
心がぐちゃぐちゃの俺は
返事を打てなくて…


『今日、川にいる?』


そう送ったら、すぐ既読になって


『いますよ😊来ますか?』


そう返事が来た。


隆)////


俺にはこの「来ますか?」が
「来てください」に見える。

すげぇ都合のいい頭。


いいんだ!

俺は今日、皆に勇気をもらってきたから
すげぇポジティブ!!


1分1秒でも早く会いたいけど
たまには何か差し入れしようかな
なんて思って

途中のコンビニで
ゼリーとヨーグルトを買った。

それを手に、いつもの場所へと走れば
聞こえてくる、♧の歌声。



隆)お待たせ…っ
♧)ふふっ、こんばんはー
隆)////


ああ、胸がドキドキする。

走ってきたからじゃない。

♧の笑顔に。


♧)あ、何か買ってるーー
隆)一緒に食べない?
♧)えっ
隆)ゼリーとヨーグルト。
  どっちがいい?


俺が袋から中身を出して並べると
♧の小さな手が可愛くゼリーに触れた。


♧)こっち…♡
隆)////


え、めっちゃ可愛い。
何これ///


♧)いいんですか?
隆)う、うんっ///


俺はそのまま、♧の隣に座った。


♧)いただきまーす♡
隆)……//


買ってきて良かった。
俺、ぐっじょぶ!


隆)……今日は、何作ってたの?
♧)今日はリコーダー入れです。
隆)ふーーん…
♧)ふふっ、美味しーー♡
隆)……//


可愛いなーって…
横顔を盗み見てると

♧がふいに、こっちを向いた。


♧)昨日もごちそうさまでした。
隆)あ!ああ、うん。
  返事返さなくてごめんね。
♧)いいえ。
隆)えっと……
♧)……


早速本題に入っていいのかな。


隆)昨日の待ち受け、もっかい見せて。
♧)!!!!!


カシャンッ


俺の言葉に
♧はスプーンを落として…


♧)あっ、大変…っ


慌ててそれを拾うと
バッグの中からティッシュを出して

スプーンについた葉っぱを拭き取った。


♧)ふぅ…///


そして何事もなかったかのように
またゼリーを一口。


隆)……
♧)……


あれ?


隆)あのさ、聞こえてた?
  待ち受け…
♧)…っ///


♧がぴくっと反応して
俺から少し、距離を取った。


隆)え?
♧)////


何この反応。


隆)……見せてくんないの?
♧)…恥ずかしいです///
隆)……


そんな反応に、少し胸が痛くなる。

でも負けない。


隆)いいじゃん!見せてよ!!
♧)なんでですか!///
隆)見たいから!!!
♧)昨日見たじゃないですか…///
隆)一瞬だったもん!ちゃんと見たい!!
♧)…っ///
隆)……


ライバルがどんなんか
ちゃんと知っておかなきゃ

戦えないだろ!!


♧)……もう…///


俺のしつこさに観念したのか
♧がポケットから携帯を取り出した。


♧)片思いですからね!///
隆)……


そうなんだ。


♧)私の勝手な片思いですから!
  でも…待ち受けとかにしてて…
  気持ち悪い女なんです!///
隆)いや、そんなこと思ってないよ。
♧)でもストーカーとかじゃないですから!
隆)だからそんなこと思ってないってw
♧)ううう…///
隆)……


いつも落ち着いてて穏やかな彼女が
こんなにテンパるくらい
その男が好きなのかって思うと

だんだんショックってより
ムカムカしてきた。

くそーーーー


まぁ話を聞く限りでは
直己さんの説はないな。

♧の好きな人は、生きてる。


それがおじさんなのか何なのか
この目で確かめねば。


隆)いいから早く見せてよ。
♧)……


♧の手から携帯を取ろうとすると
抵抗する様子もないから
そのまま奪い取った。


少しドキドキしながら
ホームボタンを押す。


隆)……


おじさんじゃ、ない。


♧)わーーー恥ずかしいっ///
隆)……


待ち受けにしてるくらいなんだから
散々毎日見てるくせに
何が恥ずかしいんだよ。


♧)もういいですか?///
隆)……
♧)まだ見るんですか?もういいですよね?
隆)……
♧)今市さん、
隆)うるさいなぁ、ほっといて!
♧)!???


気が済むまで目に焼き付けてんだから!!


昨夜一瞬しか見えなかったその写真は
よく見ると
別にラブラブ写真とかでもなくて

ただ一緒に写ってる
普通のツーショット。


男は…普通にイケメン。ムカつくけど。

なんか少し…
そうだ、亜嵐に似てる。

だからイケメン。ムカつくけど。


でももっとムカつくのは
この男がイケメンってことより

♧がこの男の隣で
すごく恥ずかしそうに照れた様子で
幸せそうな顔して笑ってること。

なんか悔しい。


隆)誰なのこの男。
♧)だから私の好きな人ですって!///
  もう返してくださいっ!
隆)……


奪い返された携帯。

いいよ、もう顔覚えたし。


♧)はぁ…もう…心臓に悪い…///
隆)……


そう言って♧は携帯を大切そうに
ポケットにしまった。


隆)どんな人なのか教えてよ。
♧)…っ


♧は、じーーっと俺を見て、


♧)や、です/// ……秘密。


そう言った。


そんな♧も可愛くて…

それを可愛いと思う自分も
なんかムカついて


隆)教えてよ。
♧)……
隆)ゼリー食べたじゃん。
♧)……はい??
隆)お代!
♧)!!!


むちゃくちゃなのはわかってるけど
俺がそう言うと
♧は呆れたように笑ってくれた。


♧)なんですかそれーーw
隆)早く。お代。
♧)……もうっ
  私の話なんて…何も面白くないですよ?
隆)いいよ?
♧)……
隆)片思いなんでしょ?
  相談に乗ってあげる。
♧)……なるほど…
隆)……


何がなるほどだよ!
ほんとに乗るわけないじゃん!


♧)私、男友達に相談したことないです…
隆)すげぇいいアドバイスするよ?
♧)……今市さん、大好きです…♡
隆)////


もうっっ!!!



ー続ー

スポンサーリンク

コメントを残す