[42]何度でも抱かせて

スポンサーリンク

臣)♡…、起きて……
♡)……ん…ぅ……


もう…朝…?


臣)Hしよ♡
♡)…え…っち…?


あれ…?

これ…夢かな…?


臣)起きないんならいいよ。
  勝手に襲うから。
♡)……


ん…?

あれ…?
夢だよね?


だって…Hは…
昨日したもん…


♡)ん…っ//


あれ?!


♡)あんっ、///


夢じゃない?!!


♡)お、臣くん!?///
臣)あ、やっと起きたーー♡
♡)え、え、ちょっと…っ
臣)なーに逃げてんの。
♡)やんっ///


腰に腕を回されて、引き戻された。


臣)Hしよって♡
♡)え、えっ、待って、やんっ///
臣)ああ〜〜朝から可愛い///
♡)ちょっと待って、あんっ
臣)ヤバい…///
♡)え、え、だめ…っ、やぁんっ///
臣)なーにっ!
♡)…っ


臣くんに両手を押さえられた。


臣)そんな可愛い声出しといて
  何がダメなんだよ!
♡)////


だって…


♡)今…何時?
臣)何時でもいいだろっ
♡)だって…旅行…
臣)昼からだろ。
  まだ全然時間あるから。
♡)でも…//
臣)なに。


じっと見つめられて
なんだか恥ずかしくて、顔を逸らした。


♡)昨日…したよ?///
臣)うん。
  覚えてんの?
♡)覚えてるに決まってるでしょ!//
臣)だってすぐ寝ちゃったじゃん。
♡)えっ…
臣)終わったと同時くらいに
  もう俺の腕の中でスヤスヤスヤ…
♡)えっ…///
臣)話しかけても反応なし。
♡)////


だって…


臣)可愛かったからいいけど♡
♡)あ、んんっ、/// やんっ
臣)だからなーに!w
♡)朝だよ?///
臣)朝すんの初めてじゃないじゃん。
♡)そうだけど…っ


昨日2回もしたのに…///


臣)俺のこと、好きだろ?
♡)えっ!??


むにっ


顔を正面に向けられて…


臣)好きだろ?
♡)……ハイ///


え、え、何これ…


臣)俺とHしたいだろ?
♡)?!!


な、何を…っ///


臣)俺はしたい!!
♡)…っ///


臣くんが…なんか変…///


臣)思ってることは我慢しないで
  言っていいんでしょ?
♡)…っ///


そうだけど…


臣)俺はしたい♡
♡)////

臣)お前も俺としたいはず♡
♡)なんでそうなるのっ!///

臣)お前が自信持てって言ったんじゃん。
♡)!!!


言ったけど…っ!///


臣)俺としたい…?♡
♡)////


ご機嫌な臣くんが
私の唇を指でなぞる。


臣)俺に触りたくて、
  死んじゃいそうだったんだもんな?♡
♡)…っ///

臣)俺のこと好きすぎて、
  泣いちゃうんだもんな?♡
♡)////


な、何も言い返せない…


臣)「臣くんといっぱいHする」んだもんな?♡
♡)////


確かに…言ったけど…


♡)足りなかったの…?//
臣)違うって。


臣くんがニヤッと口角を上げた。


臣)…昨日、教えたじゃん。
♡)え…?
臣)「足りない」んじゃなくて…?
♡)……あっ、
臣)……
♡)…「もっと欲しい」…?///
臣)正解♡
♡)////


チュッ


♡)あっ、…んっ、だめ…っ///
臣)ん…♡
♡)や、んっ…、/// あ…っ


抵抗する暇もないくらいに

あっという間に動けなくなる。


♡)はぁっ、臣くん…っ///
臣)ん、可愛い…♡
♡)////


甘い熱は
簡単に身体中に広がって…


私をふわふわと雲の上まで
連れていってしまう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ダメって言いながらも
簡単に俺に溶かされちゃう♡。

可愛すぎて、どうにかなりそう。


俺はもう…
昨日♡と復活Hをしてから
絶好調で…


♡が好きで好きでたまんない。

♡が可愛くて可愛くてたまんない。


臣)はぁ…///


もう、ほんと幸せ。


♡)……ん…にゃ……///
臣)……


ふにゃふにゃになっちゃった♡を
ベッドに残して

俺は風呂の用意をした。


散々抱いちゃったし…
朝風呂入って
二人でスッキリして、旅行出発!

あ〜〜!最高!!♡



臣)♡ーーー
♡)…んぅ……?
臣)風呂ためたから一緒に入ろ♡
♡)んん……
臣)ははっw


ああ〜〜ほんと可愛い。

♡の前髪を指で流して
頬を撫でる。


臣)シャワー浴びたいしょ?
♡)……(こくん)
臣)ほら、おいで。
♡)……
臣)……ん?
♡)…動け…ないもん…///
臣)……///


3回もシたせいですか?///


臣)ん、じゃあつかまれ。
♡)…ひゃぁっ///


♡を抱き上げて
風呂場まで連れていった。


♡)や、やっ、恥ずかしい///
臣)見えないようにしてんだろ。
♡)////


♡は俺をグイッと押し返して
そのままよたっと洗面台に手をついた。


臣)なに、立てないの?
♡)……立てるもん//
臣)……


足、フラフラじゃん。


臣)じゃあ最初っから一緒に入る♡
♡)なんで?!
臣)風呂だけじゃなくて
  俺が洗ってやるから♡
♡)いいいいらないっ!
臣)いいから♡
♡)やだーーーっ!!///


力が入らない♡を抱き上げて
一緒に中に入った。

俺のパンツもポイッ。


♡)裸だよ!///
臣)そりゃそーだろw
  シャワー浴びんだから。
♡)やぁっ!///
臣)いいからおとなしくしてろ。
♡)…っ///


蛇口をひねってシャワーを出して
♡を膝の上に座らせた。


♡)やんっ、くすぐったい///
臣)暴れんなよー?
♡)え、え、やだっ!///


俺が泡のついた手で♡の身体に触れると
♡が腰をひねって、身をよじる。


臣)暴れんなって!
♡)やだ!エッチ!!///
臣)エッチなことしてねぇだろ!
♡)…っ///
臣)……


あ、やっとおとなしくなった。


臣)ほんとにもう…
♡)やっ、ん、くすぐったい///
臣)ああ、ごめん…
♡)……
臣)……
♡)やん…っ、んっ
臣)……///


普通に洗ってやってんのに…


♡)あ…んっ
臣)だーーー!!!///
  変な声を出すな!
♡)変な声なんか出してないもん!
  くすぐったいんだもん!///
臣)エロいんだよ!///
♡)何がーー!!///


むむむ…っ


♡)あ、やんっ
臣)ほら!また出した!!
♡)だって…///
臣)変な気してくるからやめて。
♡)……ハイ、気をつけます///
臣)…ったく。


まぁ…
洗ってやるのも
若干の下心は確かにあるけど。

さすがにもう襲ったらかわいそうだし…


♡)あ…っ、…んぅ///
臣)////


俺が声を出すなって言ったから
今度は声を我慢してて…


臣)あのーー
♡)…なぁ…に?
臣)余計エロいんですけど///
♡)なんでー!!
臣)////


その…声を我慢してる感じが…


♡)……ん、っ、///
臣)////


ああ〜〜〜
もう無理!!!


♡)わっ!臣くんおっきい!///
臣)……ハッキリ言うな。
♡)だって…
臣)誰のせいだと思ってんだよ!///
♡)私のせいなの?!
臣)どう考えてもそうだろ!
♡)だって…っ
臣)////
♡)////


もう…
なんだよこれ。


臣)……
♡)…え、え、…っ、臣くん??
臣)ん……、、
♡)やんっ、えっ…ちょっと///
臣)ごめん、我慢できなそう…
♡)え?!////


もう手が勝手に
♡の身体を滑っていく。


♡)やっ、ダメだよ…っ!
臣)うん…
♡)うんじゃなくて!///
臣)もう無理…。
♡)だめっ!私…ほんとに
  ふにゃふにゃになっちゃうもん!///
臣)そしたら俺がLAまで連れてくから。
♡)歩けなくなっちゃう!///
臣)だからそしたら俺が担いでくって。
♡)も〜〜〜っ!!///
臣)ん……、、


だってもう…
欲しくて無理だ。


俺だって
自分の身体どうなってんだよって思うけど…

♡が欲しくて…仕方なくて…


♡)あっ、あっ…んっ、あんっ///
臣)はぁっ…///


ああ…もう…
ほんと可愛い////


♡)臣くん…っ
臣)うん…、///


力の入らない♡の身体を支えながら…


♡)やぁっ、あんっ、ぁ…んっ///
臣)はぁ…///


タガが外れたように、止まらない俺。


♡)も…っ、壊れちゃうよぅ…っ///
臣)大丈夫…っ

♡)はぁっ、…あぁっ
臣)そしたら俺が連れてくから。

♡)も…う、そればっか…り…///
臣)ほんとだもん…///


お前が壊れたら…
ちゃんと責任取るから…

だから…


__何度でも抱かせて。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ぶくぶくぶく……


臣)♡ちゃーーーん…
♡)……


ぶくぶくぶく…


臣)可愛い♡ちゃーーん…w
♡)……


ぶくぶくぶく…


臣)まだ怒ってるのかなー?
♡)……


だって…

だってだって…!


臣)ごめーんて!w
♡)////


壊れちゃうって…言ったのに…


臣)俺がちゃんと担いで
  連れてってやるって!
♡)担がれるなんてやだもんっ
臣)しょーがねーなーー
  じゃあちゃんとお姫様抱っこ
  してやるから。な?♡
♡)むぅぅ…///
臣)怒ーんないの♡
♡)////


後ろから抱きしめられて
ツンツン攻撃されてる。


♡)ずっとお姫様抱っこしてくれるの?
臣)そーだよ?
♡)空港着いてからも?
  出国手続きの時も?
臣)もちろん♡
♡)怒られるよ?
臣)大丈夫♡
♡)何が大丈夫なのっ
臣)この子、俺とのHで
  気持ち良すぎてとろけちゃって
  歩けなくなったんです♡
  って言うから!w
♡)!!!!!


バシャンッ


♡)ばかばかっ!!///
臣)ぶはははっw
♡)そんな嘘ついちゃダメなんだから!
臣)嘘じゃねぇじゃんw
♡)…っ
臣)あれ?嘘だった?
  とろけちゃってないの?
♡)……///
臣)気持ち良くなかった?
♡)////


ぶくぶくぶく……


臣)ぶはっw
♡)……ばか///


ぶくぶくぶく……


臣)あーあ、可愛いなーー♡
♡)何がっ///
臣)んー?
  俺にメロメロにされちゃってるお前♡
♡)////


悔しいのに…
ほんとにメロメロにされちゃってるから
何も言い返せない…


♡)ううう…
臣)なーに。
♡)ほんとは…私が…
  メロメロにしたかったのに…
臣)何それw
♡)ううう…
臣)俺なんてとっくにメロメロじゃん。
♡)……え?
臣)お前にどんだけメロメロか
  まだわかってないの?
♡)え…っ///
臣)わかってないんなら、
  わからせた方がいい?
♡)ダメーーーーっ!!!//////
臣)ぷっw
  さすがに冗談だっつーのww
♡)////


もうっ!!!


……でも…

今の、ほんとかな?//


ほんとに…臣くん……


♡)……メロメロ…?
臣)ん…?
♡)私に…メロメロ?///
臣)……///


少し振り返ってそう聞いたけど
返事してくれないから

臣くんの唇をぷにぷにした。


♡)メロメロ…?
臣)〜〜〜///


チュッ!!!


臣)メロメロだっつーの!///
♡)////


……嬉しい♡♡




ー続ー

スポンサーリンク

コメントを残す