[257]縛られた両手

スポンサーリンク

臣)ん〜〜〜可愛い♡
♡)えへへ♡
  あ、くすぐったいよぉ///
臣)へへへw
 
 
今日は浴衣パーティー!
 
臣くんと二人で浴衣に着替えて
もう準備万端♪
 
 
♡)◇ちゃんたちもうすぐかなーー
臣)ん〜〜〜♡
♡)だからくすぐったいってばぁ///
臣)いーじゃん♡
 
 
臣くんはさっきから私のうなじを
はむはむしてくる。
 
 
臣)浴衣ちょーいい。
♡)ありがと♡
  臣くんもカッコいいよー♡
臣)ありがと♡
 
 
…って、またはむはむしてるー!
 
 
♡)もうっ!臣くーん!
臣)だって美味そうなんだもん。
♡)……
臣)Hするー?
♡)しません!
臣)まだ来なそうじゃない?あの二人。
♡)来るよ!
臣)Hして待ってる?
♡)そんなわけないでしょ!///
臣)あはははw
 
 
もう、臣くんってば。
 
 
臣)案外あの二人も今頃…
♡)え。
臣)浴衣着た◇ちゃんに欲情した岩ちゃんが…
♡)岩ちゃんが…?
臣)遅刻してもいいからHしようぜ〜
  なんつって。
  襲ってるかもよ。
♡)……
臣)今ちょっとありえるかもとか思ったろ。
♡)だって…///
 
 
最近岩ちゃんがすごいって
臣くんが言ってたから…
 
 
♡)大丈夫かな?◇ちゃん…//
 
 
ピンポーン!
 
 
♡)あ!来たー!!
 
 
良かった!無事だった◇ちゃん!!
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
予想に反して時間通り来た二人は
浴衣に身を包んで、なんだかすげぇお似合い。
 
浴衣の色まで相性いいし。
 
 
引っ越してからうちに来るのは初めてだから
二人とも家の中を探索して
ピアノすげーってマジマジ眺めて。
 
 
◇)お酒買って来たよー♪
♡)あ、私たちも買っておいたんだよー!
◇)うそ。じゃあ酒だらけだw
♡)あはは、いっぱい飲んじゃおうw
 
 
浴衣女子が二人並ぶとすげぇ華やか。
 
 
臣)可愛いよね。
岩)うん。
臣)エロいよね。
岩)うん。
臣)浴衣っていいわ〜〜
岩)最高。早くクルクルしたい。
臣)ぶっw
 
 
帯を引っ張るような動きをする岩ちゃんに
思わず笑った。
 
 
岩)地味に鉄壁だよね、あれ。
臣)そう!
岩)着たままなんかしようと思ってもさ、
臣)全然触れなくない?
岩)そう!
  なんか崩れちゃいそうだし。
 
 
って、お前…
やっぱりここに来る前に触ろうとしたな…?
 
 
岩)でもその鉄壁さが余計に
  興奮を煽るというか…
臣)そうそう。
岩)だからめいっぱい目で楽しんで
  最後に思いっきり脱がしたい。
臣)それが一番。
  脱げかけの浴衣とかちょーエロいよ。
岩)あ〜〜〜〜絶対最高だ〜〜それ。
 
 
とか二人でコソコソ話してたら…
 
なんだかキッチンの方から視線を感じて。
 
 
臣岩)ん…?
 
♡◇)……///
 
 
なんかぽ〜〜っと見られてる。
 
 
岩)なに?
◇)なんか…///
臣)なんだよw
♡)なんか、ね///
◇)浴衣男子が二人揃うと
  カッコいいね〜って///
♡)うん///
臣)……
岩)……
 
 
俺たちがどんなアホ話してたかも知らずに
そんなこと言ってくれちゃう可愛い二人。
 
 
岩)カッコいい?色気ある?
◇)……それ、根に持ってるでしょ///
岩)別にぃ〜〜
♡)よし、じゃあテラス行こっか♪
臣)おう。
 
 
花火大会はないけど
マンションのテラスで
花火しようって話になり。
 
 
臣)やっぱり浴衣といえば花火だよな〜
◇)あとは、お祭り!
岩)お祭りいいね〜〜
♡)お祭り行きたーい!
◇)ディズニーも行きたい。
臣)それもう浴衣関係ないじゃん!w
◇)あ、そっかw
岩)ディズニーいいねーー
♡)今度行こうよ〜〜♪
岩)4人で?
♡)うんっ!
◇)行きたいっ!
臣)いいね〜〜行こ行こ♪
  がっつり変装して。
◇)変装必要ないのはあたしだけかw
♡)えっ!私もするの?!
◇)だって♡ちゃんそろそろ有名人よ?
岩)うん、変装しよ。
臣)ははははw
 
 
そんな話をしながら花火を開封。
 
 
◇)こんなテラスあるなんてさすがだねーー
  部屋も素敵だったし。
岩)いいマンションだよねーー
臣)カラオケルームもあるよ。予約制だけど。
岩)タダで歌えんの?
臣)うん。
◇)カラオケはいいや…
 
 
あれ?
◇ちゃんが渋い顔になった。
 
 
岩)◇ってジャイアンらしくて。
臣)え!音痴ってこと?!
◇)……ハイ。
臣)それ逆に聞いてみたいw
岩)だよね!
  俺も聞いてみたいんだけどさー
  絶対歌ってくんない。
◇)剛典はまだしも
  超絶歌が上手いこの二人には
  死んでも聞かせられない…
臣)なんで!w
♡)岩ちゃんも歌上手なんだよーー
◇)え、うそっ!
岩)いやいや、上手ではないw
  好きだけど。
 
 
バチバチバチバチ!
 
 
臣)うおいっ!いきなり点けんなよ!w
♡)へっへへーー♪
 
 
♡が初っ端から花火を二本持ちして
楽しそうにクルクルしてる。
 
 
◇)火が点かない〜〜〜
♡)おすそ分けしてあげるーー♡
◇)あ、ありがと〜!♪
岩)俺にも分けて分けてw
◇)ほいっ
 
 
みんな手持ち花火から攻めてるけど
俺は……
 
 
♡)あー!
  またいいやつ一人占めしようとしてるー!
臣)あ、バレた…w
◇)臣さん早速それいくのー?!
岩)ずるいずるい!w
 
 
結構たくさんあった花火は
あっという間に消えていって…
 
 
♡)もうなくなっちゃった…
臣)お前が早すぎんだよ!w
岩)ドラゴンもっとやりたかったなー
◇)あとは線香花火だけか…
 
 
◇ちゃんがみんなに配ってくれて…
俺と♡は目を合わせてクスッと笑った。
 
 
♡)線香花火は罰ゲーム付きだよ!
臣)ははははw
 
 
♡のいきなりの発言に
二人ともきょとんとしてる。
 
 
岩)罰ゲーム?
  ◇に歌、歌わせるとか?
◇)はぁ?!死んでもやだよ!!w
臣)あはははw
♡)第一回戦!
  罰ゲーム何にしよっかーー
臣)一番長持ちした人のリクエスト曲を歌う。
◇)ちょっと!それあたしにしか
  罰ゲームじゃないじゃん!
岩)あはははw
◇)……いいもん。絶対勝ってやる。
 
 
◇ちゃんはその言葉の通り
根性で最後まで生き残って…
 
一番最初に消えたのは、やっぱり♡w
 
 
♡)ううう…
臣)ほんとお前、激ヨワ…w
♡)むぅぅ!
岩)ほら、何リクエストすんの。
◇)♡ちゃんが歌っても
  罰ゲームじゃないじゃん!w
  ……でも聞きたいからいいか。
臣)じゃあモノマネしながら歌う、とかは?
♡)ちょっとー!
  いきなりハードル上げないでよー!
◇)じゃあ…
  モノマネはなんでもいいから
  三代目の花火ー!
岩)おおっ
♡)……よし、わかった。
 
 
♡はキリッと眉を寄せた。
 
 
♡)モノマネはドラえもんです!
 
 
出たーーー!!ww
 
 
岩)ドラえもんが歌う花火?!
  やべぇww
 
 
岩ちゃんがもうツボって笑ってるけど…
お前はまだドラえもんの威力を知らないな…?
 
 
◇)よし、じゃあお願いします!
♡)いきます!
 
 
目を閉じた岩ちゃんと◇ちゃんの隣で
俺は笑いをこらえるのに必死。
 
 
♡)〜♪パッと咲いて シュンと散って♪〜
 
岩◇)ぶっwww
 
 
ワンフレーズしか歌ってないのに
即行で吹き出した二人。
 
 
岩)すげぇ!ハンパねぇ!ww
◇)ドラえもんだよね?!ww
♡)そうだよ!!
 
 
相変わらずドヤってる♡は
やっぱりどうしてか自信がある様子。
全く理解できんw
 
 
♡)どうだった?
臣)……それ、聞く?w
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
結局、罰ゲームはモノマネ合戦になって
線香花火もあっという間にやり終えた私たちは
部屋に戻って来た。
 
 
◇)あ〜〜楽しかったw
岩)まだ酒入ってないのに
  みんなテンション高すぎw
臣)いや〜〜笑ったわ〜〜w
♡)よーし、じゃあ乾杯しよー♪
 
 
おつまみも並べて、
みんなでグラスを合わせた。
 
 
♡)ねぇねぇ、EXILEのLIVE
  どうだったのー?
◇)あのねぇ、ATSUSHIさんが
  教祖様みたいだった!
♡)えーー!
  臣くんと同じこと言ってるー!
臣)ははははw
♡)岩ちゃんはどうだった?
◇)んーー?別に普通…。
岩)はぁ?!
  「カッコ良かったよー♡」とか言って
  抱きついてきたじゃん!
◇)…っ///
 
 
バシッ!!
 
 
岩)いてぇ!!
◇)もう酔ってんのかな?ん?
岩)酔ってねぇし!
◇)この口塞ごうか?ん?
岩)え、キスで?
◇)んなわけないでしょ!
 
 
バシッ!!
 
 
岩)いてぇ!!暴力反対!!
◇)ふんっ!///
臣)ぶくくく、ツンデレ出た…w
  そーかそーか、二人の時には
  カッコ良かったよー♡とか言って
  抱きつくのか、そーかそーかw
◇)♡ちゃん…
  臣さんの口も塞いでちょうだい。
♡)ええっw
臣)え?キスで?
  いいよいいよ、どーぞ♡
岩)ほら◇も。いつでもどーぞ♡
 
 
二人揃ってニッコリ笑って
唇を突き出してきて…
 
 
◇)酔ってるね、この二人。
♡)うん、もうほっとこう。
◇)そうしよう。
♡)ね、そういえばね、
  ♧さんが今度はジャム作りしようって!
◇)えーーするするーー♡
 
臣岩)構えよ!!w
 
 
おばかな二人を無視してたら
すっかり拗ねちゃった。
 
 
臣)もう岩ちゃんとチューしちゃうからなー
岩)しちゃうからなー
◇)は?どうぞどうぞ!逆に見てみたいわw
♡)あはははw
 
 
…って、最初はほろ酔いだった二人も
どんどんお酒が進んで、
結構な酔っ払いになってきて…
 
 
◇)むふふふ、おかわり〜〜♡
♡)私もおかわりしちゃおーっと♡
 
 
私たち二人も、割と酔っ払い。
 
 
臣)やっぱり獺祭だな〜〜w
岩)美味いよねぇ〜〜w
♡)◇ちゃん赤くなってきてる〜〜w
◇)うそぉーーあはははw
 
 
みんな陽気モードで
すっかり楽しくなっちゃって。
 
 
岩)あれーー◇どこ行ったーーー
臣)隣におるがなw
岩)ああ、小さくて見えなかったw
◇)そんなに小さくないわ!w
岩)ごめんごめん〜〜♡
◇)重い〜〜〜!のしかかるな〜〜〜!
臣)あれーー俺の彼女はどこ行ったーーー
♡)ここにいるでしょ!w
臣)んーー見えないなーー
  俺の膝の上に来ないと見えないなーー
♡)もぉ!浴衣だから無理だよぉー
臣)えーー抱っこしたかったのにーー
♡)わーん!重い〜〜〜!
 
 
臣くんまで私にのしかかってきた。
 
 
臣)ねぇねぇ。浴衣可愛い。
♡)あ…りがとう。
臣)すげぇ可愛い。
♡)……///
臣)チューする?
♡)しないよ!///
  重たいからよけて!
臣)やーだ。
♡)帯が潰れちゃうよぉーー
 
 
のしかかられたまま
ソファーに押し倒されてる私。
 
 
臣)もうそろそろ脱げばいいんじゃない?
♡)どうして!w
臣)脱がしてやろっか?
♡)脱がないよ!
臣)ちえーーっ
♡)もぉ。
 
 
って、やっと起き上がったら
向かいでは◇ちゃんが岩ちゃんに
押し倒されてた。
 
 
◇)のけろ、酔っ払い!///
岩)酔っ払ってないよ〜〜んw
◇)酔ってるやん!!
岩)酔ってない酔ってない♡
◇)もうどっちでもいいから離して!
岩)やだ。
◇)浴衣崩れちゃうでしょ!
岩)浴衣とは崩れるものである。
◇)誰だよ!w
岩)いてっ!!
 
 
◇ちゃんにチョップされた岩ちゃんは
しぶしぶ起き上がった。
 
 
岩)と、見せかけて〜〜!
  えーいっ♡
◇)ふわぁっ!
 
 
あ、また押し倒されちゃった。
 
 
♡)岩ちゃん、酔っ払いだね…
臣)困った奴だな…
♡)でも私も今日は飲みすぎちゃったかも…
 
 
なんだかフワフワするなぁ…
 
明日も会社だしこのへんにしとこう。
 
 
臣)ほら、お前も飲め♡
♡)私はもういいやー
臣)なんで。
♡)なんかね、フワフワしてて。
 
 
ソファーに横向きで頭を乗せると
なんだか眠くなってきた。
 
 
♡)はふ……
 
 
……あ、なんだかラクになったかも…
 
あれ……?
 
 
………ん?!
 
 
♡)ちょっと!!!///
臣)ん?
 
 
帯が解かれてる!!
 
 
♡)何してるの!!
臣)ラクにしてやろうかと…
 
 
確かにラクにはなったけど!
 
 
◇)ちょっと!いい加減にして!///
  やだ、あっ、ちょっと!剛典…っ!///
 
 
解けた帯を結び直そうと起き上がったら
◇ちゃんの慌てた声が聞こえて。
 
 
臣♡)あ…。
 
 
岩ちゃんがもう◇ちゃんに跨ってて
なんだかとんでもない光景が
目に飛び込んで来た。
 
 
岩)◇……、
◇)酔っ払いすぎ!離して!///
岩)◇……、
 
 
とろんとした目で
◇ちゃんの名前を繰り返し呼ぶ岩ちゃんは
なんだか…そう、すごくエッチな雰囲気。
 
 
♡)大変だよ臣くん!///
臣)いけいけ〜〜!w
♡)こら!!
 
 
臣くんは面白がって応援し始めちゃって…
 
 
岩)はぁ……すげぇ可愛いんだけど…///
◇)////
岩)脱がして…いい?///
◇)いいわけないでしょ!!///
岩)……好き///
◇)////
 
 
岩ちゃんが◇ちゃんの首元に
ぽすんと顔を埋めちゃって…
 
見てる私まで
なんだか恥ずかしくなっちゃった///
 
 
♡)えっと……
臣)岩ちゃーーん。
 
岩)……
 
臣)そっちの客間使っていいよ。
  よいしょっ。
♡)きゃあっ!
臣)じゃーね。
 
◇)ちょっ///
 
♡)臣くん!おろして!!///
  臣く…っ
 
 
言葉を封じるように、
キスで唇を塞がれて…
 
私はそのまま寝室につれていかれた。
 
 
……バタン。
 
 
♡)んんっ!んんっ///
 
 
ドサッ…
 
 
♡)…っ
 
 
私を見下ろす臣くんは
いつの間にかスイッチオンしてる。
 
 
♡)ちょっと、臣く…っ
臣)いいから。
♡)んっ、待って…あの二人…っ
臣)もう止まんないって。
♡)え?
臣)岩ちゃん。
  部屋貸してあげたからだいじょーぶ♡
♡)えっ…
臣)だから俺らも、な?♡
♡)あ、っ…んんっ///
 
 
もう帯を解かれてるから
あっという間にはだけてしまう浴衣。
 
 
臣)はぁ…、すっげぇエロい…///
♡)ダメだよ臣くん!
臣)ダメじゃないって♡
♡)あっ、ん…っ、んん、っ///
 
 
ダメって言っても思っても
お酒でフワフワの身体じゃ
ちゃんと抵抗できなくて…
 
 
♡)…っ、あ…っ…
 
 
臣くんのキスで、指先で、
その熱はどんどん上がってしまう。
 
 
臣)すげぇ感じてんね、///
♡)や、…だ…め、っ///
 
 
抵抗するようにうつ伏せになっても
今度は背中に熱をうつされてしまって…
 
 
♡)は、ぁ…っ///
 
 
シーツを掴んで身を捩ると
臣くんの手が前にまわってきた。
 
 
臣)はぁ、すげぇ気持ちぃ…///
♡)////
 
 
耳元でそんなエッチな声、ずるい…
 
 
♡)あっ…
 
 
脱げかけてる浴衣を
肩からグイッとおろされて…
 
力強い腕に、仰向けにされた。
 
 
♡)や!……んんんっ///
 
 
手の甲で唇を塞いだら、
聞こえないから大丈夫だよって
優しく剥がされて…
 
 
♡)…っ!///
 
 
思わず腰が浮き上がると…
臣くんが優しく笑って、私の頬を撫でた。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
ダメって言いながら
どんどんとろけていくこの身体。
 
 
酒が入ってるせいかな?
 
♡の目が熱っぽく潤んで俺を誘ってる。
 
 
言葉とは裏腹に
気持ち良くなっちゃってる姿が
ほんと可愛くて…
 
なのにそれが恥ずかしいのか
恥じらう姿が、たまんない。
 
 
臣)もっと……、
 
 
全部俺に見せて欲しい。
もっと…もっと…
 
 
♡)……だ…、め…っ///
 
 
息も切れ切れに…
か弱い力でまだ僅かに抵抗をみせるから…
 
俺は解いた浴衣の紐で、♡の両手を縛った。
 
 
♡)えっ…
 
 
その両手を頭の上で押さえて見下ろせば…
可愛い瞳が戸惑いに揺れている。
 
 
♡)何…するの…?///
臣)何…されると思う…?
♡)////
 
 
♡は俺をじっと見つめて…
ほどいて、って小さな声で呟いたけど…
 
 
臣)俺に集中しろよ…。
♡)////
 
 
そんなの、聞いてやるわけないじゃん。
 
 
♡)あっ…、や…、っ///
 
 
動きを封じられたせいか
さっきよりも敏感に反応する身体。
 
 
♡の可愛い声をたっぷり堪能したら
そろそろ限界。
 
早く繋がりたくて。
 
 
抱きしめるように肌と肌を合わせたら、
そう思ってるのは俺だけじゃないってわかって
なんだか意地悪したくなった。
 
 
♡)……はぁ、///
 
 
♡も欲しくなってる、俺のこと。
 
 
♡)臣…くん…?///
 
 
ああ…
俺…絶対止まんねぇな、コレ。
 
身体が早く早くって急かすように
興奮を高めてる。
 
 
♡)ね、臣くん……///
臣)……ん?
 
 
身体に急かされてるのは俺だけじゃなくて
♡が泣きそうな可愛い顔で
ねだるように俺を見つめる。
 
……ああ、たまんないこの顔。
 
 
俺がじっと見つめ返すと、
お願い、って瞳で言うように
俺の腕をぎゅっと握ってきて…
 
 
臣)…………ッ///
 
 
一気に繋がった身体は、一瞬で…
甘い熱に侵される。
 
言葉にならないくらい、強く、深く。
 
 
止まらなそうって自分で予感してた通り、
もうどうやったら止められるのか
全くわからない。
 
 
無我夢中で、溶け合って。
 
もう♡しか見えない。
 
 
臣)…は、っ…ぁ、は…ぁっ///
 
 
どうにかなりそうで
必死に意識を保ってるのに…
 
その甘い肌を甘噛みしたら。
 
 
♡)………もっと……噛んで…?///
 
 
俺に縛られたままの♡が
とろけるような声で、呟いた。
 
 
臣)////
 
 
もうそこから、どうなったのか覚えてない。
 
 
覚えてられないほど、
甘い甘い海の底に沈んでしまったことだけは
事実。
 
 
 
 
 
 
ーendー

スポンサーリンク

コメント

  1. あいころ より:

    これ見た瞬間に、私これ経験ある、、って同じ気持ちになりながらめっちゃSTORYに入ってしまいました臣くんも剛典も、狼になっちゃった////うわぁぁぁぁぁん!!!
    死ぬーーーー!!!って普通に叫びました

コメントを残す