[115]困ったニブ子(KちゃんSide)

スポンサーリンク

K)あーーー
  また飲みすぎたーーーー

同期との部屋飲みから帰ってくると
もうベッドでスヤスヤ眠ってる♡がいた。

K)……幸せそうな顔してる…

あの後、どうなったんだろう
ハルくんと。

♡)…えへへぇ……
K)ん?

寝言か??

♡)ハル…くん……♡
K)!!!

おい!
今なんつった!??

K)……

あんた…
そんな寝言、臣広の前では
死んでも言うなよ?

…ったく。

K)あーあ、シャワー入ろ。

服をパパッと脱ぎ捨てて
熱めのお湯を、頭から浴びて。

どうも気になる、♡のこと。

昨日♡が生理痛と貧血で倒れた時
助けてくれたのがハルくんとその恋人で…

ハルくんは昼休みの間
ずっと♡を膝枕してくれてたって聞いて
どんだけ優男だよ!!ってびっくりしたけど…

それより何より…

こんな場所で二人が再会したことに
あたしはびっくりで。

だってここ、福岡だぞ?
すごくないか?
七夕マジックかよ。

4月に駅で再会した二人を見た時も
なんかドラマみたいで運命みたいとか
思っちゃったけど…

七夕にこんな場所でまた再会するとか
ほんと運命かよ。

K)……

♡は…
ハルくんには彼女がいて
それがあの美人さんだって思い込んでるけど

果たしてそうなんだろうか。

だって…
さっき階段から降りてきて
♡を見つけたハルくんは

美人さんを残してなんの迷いもなく
♡のところまで走ってきた。

彼女だったら…
置き去りにしなくない?

それに…
さっきはちょっとしか見なかったけど
4月に会った時、

泣きそうな顔で♡を抱きしめたハルくんは
どっからどう見ても、♡のことを好きだった。

こらえきれない愛情があふれてる感じで…

見てるあたしまで
胸が少し締め付けられた。

だからって
「ハルくん絶対あんたのこと好きじゃん!」
なんてアホなことは死んでも言わんけど。

K)……ふぅ。

シャワーから戻っても、
相変わらず幸せそうな顔で寝てる。

ハルくんの話は明日聞いてみるか。

……

♡)Kちゃん起きてーーーっ♡
  朝ごはん行くよぉーー!♪
K)…ぬぉ……

朝から元気だな、オイ。

♡)また二日酔いなのぉ?
  ほら、起きてーー♡
K)……

朝から可愛いな、オイ。

起きてすぐにこんな天使の笑顔があったら
そりゃ臣広もメロメロになるわ。

それから仕方なく用意して
二人で朝のバイキングに向かった。

♡)今日も美味しそう〜〜♡
K)……

全然食欲ねーし…

K)あたしこれだけでいいや。

海苔と味噌汁。

♡)ええっ!

♡のプレートはなんだかインスタ映えしそうな
バランスの良い感じ。

♡)大丈夫?Kちゃん。
K)うん。

今日は東京に戻るだけだからって
飲みすぎちゃったな、失敗。

K)で?
♡)え?
K)……ん?
♡)ん?

ちょっと待て、なんだそのネックレス。

K)それ…、どうしたの…?
♡)あ、これ?
K)うん。

来る時つけてなかったじゃん、そんなの。

♡)これね、昨日ハルくんがくれたのー♡♡
K)はい!??

何がどうなってそんな展開になる!?
どゆこっちゃ!!!

♡)あ、あのね、あの後…
  二人でバーで飲んだんだけど…
K)……

バーで…二人で…アルコール。

それはもう、デートみたいなもんじゃないの?

K)臣広には言ったの?
♡)うん!LINEしたよー!
K)……

絶対あんたのその無邪気さとは
かけ離れたリアクションしてると思うよ、
海の向こうで。

K)で?
♡)えっと、それでね、
  これは…6年生の時のバレンタインの
  お返しだって…///
K)……
♡)いつ会えるかわからないのに
  いつも鞄に入れて
  持ち歩いてくれてたみたいなの…
K)……
♡)だから昨日お部屋まで取りに行って
  そしたらハルくんがね、
  これ、首につけてくれたの♡
  えへへ……///
K)……

ええと…

大丈夫か?コレ。

なんだ?あたしは彼氏の話を聞いてるのか?
違うよな??

なんでそんなほにょにょ〜〜〜んって
幸せそうに…
まるで臣広の話する時みたいに
照れたりもじもじしたり…

あんた、完全にハルくんに恋してんじゃん!!

事件だぞ、コレ……

♡)すっごく可愛いでしょ?
K)ああ、うん。

ネックレスは普通に可愛いけど…
問題はそこじゃなくて…

♡)宝物にするんだぁ…♡
K)……

た、た、宝物…?

他の男からもらったアクセサリーを、
タカラモノ!!?

ダメだ。
二日酔いの頭には、刺激が強すぎる。
ちょっと落ち着こう。

てゆーかさっき、部屋まで取りに行ったって
言わなかった?

ハルくんの部屋に入ったの?
夜に?

それ、大丈夫なの???

K)ええと…
  昨日は二人で何を話したの?

必死に冷静を装って、聞いてみた。

♡)昨日はね、いっぱいお話したよ♡
  ハルくんがアメリカにいた時のこととか…
  今のお仕事の話とか…
  ハルくんのお話ね、
  すっごくおもしろいの♡
K)へ、へぇ……
♡)あとね、臣くんのことも話したよー♡
K)えっ!!

なんだと?!

♡)ハルくんね、優しい人だねって言ってた。
  えへへへ♡
K)……

ハルくんは
あんたが好きなんだよ…?

それ…残酷じゃないの?大丈夫…?

♡)あと、アキさんのことも聞いたの。
K)なんて言ってた!?

絶対彼女じゃねーだろ!

♡)ハルくんね、アキさんのこと
  本当に大好きみたいで…
  アキさんが笑ってるだけで
  幸せなんだって。
K)……それ、アキさんのことって
  間違いなくハルくんが言ったの?
♡)え?えっと…うん。
  好きな人のことって言ってたから。
K)……
♡)アキさんが幸せでいてくれることが
  自分の幸せって言ってたよ?
K)……

絶対あんたのことじゃん、それ。

大体さ、あんたから聞いてる限り
ハルくんって紳士的でイイ男なのに
そんな男が彼女がいる立場で
他の女にネックレスプレゼントするかよ。

他の女を夜中に部屋に入れるかよ。

なんでそこに気付かないかな。

多分、昨日の雰囲気からして
あのアキさんっていう美女は
ハルくんの仕事のパートナーか
なんかでしょ。

で、ハルくんが好きなのは
間違いなくあんた。

この鈍チンが!!!!!

♡)アキさんってすごく優しいし
  大人っぽくて素敵だよね♡
K)……
♡)最初はなんか寂しい気持ちも
  少しだけあったんだけど…
  ハルくんがアキさんといて
  幸せだって、笑ってたから…
  それなら私も嬉しいなって思えたんだ…♡
K)……

ハルくんがアキさんとの関係を
否定しなかったのは…

♡が誤解してくれてた方が都合がいいから。

♡)あとねっ、あとねっ、
  ハルくん、私に英語教えてくれるって♡
K)……
♡)あとね、ハルくんがデザインした
  イタリアンのお店に
  今度一緒に行こうねって♡
K)……
♡)楽しみなんだぁ♡
K)……

ハルくんは…
自分の気持ちを隠すのに
必死だろうなぁ…

♡からこんなにハートマークが飛んでちゃ
戸惑いもするだろうし…

♡)私ね…、
K)……
♡)ハルくんとまた会えて、
  約束してた通り、友達になれて…
  すごく嬉しいの♡
K)……
♡)ハルくんは私にとっては
  友達っていうより、家族みたいな
  そんな存在だけど…
K)……
♡)形はなんでもいいんだっ。
  ハルくんと一緒にいられるなら
  なんでもいい。
K)……

どんだけ好きなの、ハルくんのこと。

K)うーん……、

わかってるよ。
あんたが長い間ずっと…
ずっとハルくんを想い続けてきたのは
あたしが一番知ってる。

でも…

K)あんたとハルくんが良くても
  アキさんも臣広もいるでしょ?
♡)うん…?
K)あんたがハルくんと仲良くしすぎたら
  そりゃー臣広も良い気はしないだろうし…
♡)それはねっ!
  臣くんが帰ってきたら
  ちゃんと話すからだいじょーぶ♡
K)…っ

大丈夫って…何が??

K)いや、臣広がよくても、アキさん!
  アキさんが嫌だよきっと!
♡)え…っ

ああ……
そんなショック受けた顔しないでよ…
良心痛むじゃん…

K)アキさんはハルくんの恋人なんだから。
♡)…っ
K)あんたが周りでチョロチョロしてたら
  不安になったりするかもしれないでしょ。
♡)……

ああああ……
だからそんなしょんぼりしないでよ……

♡)友達でも…ダメなの…?
K)…っ

そんな泣きそうな顔すんな!
もぉ〜〜〜!!

K)ダメ!友達でもダメ。
  ちゃんと線引きしな。
♡)…っ
K)……
♡)わかった……。
K)……

はぁ…。

ごめんね、♡。
騙して。

でも…
アキさんを理由にでもしないと
あんたのハルくん好き好きモードが
暴走しちゃいそうだったから…

少し歯止めかけたかっただけ。

K)てゆーかそんな落ち込むなし。
♡)…っ
K)ハルくんと縁切れって言ってるわけじゃ
  ないんだから。
♡)……そっか。

ちょっと…言い過ぎたかな…?

K)もうさよならすることはないんだから
  いいじゃん。
♡)…っ
K)再会できて…良かったね。
♡)……うんっ…♡
  ありがとう、Kちゃん♡
K)……

ああ…
あたしは♡の笑顔に弱い。

……

♡)私、会社に寄ってから帰るねー♡
K)へ??なんで??
♡)明太子渡したいから。
K)んなもん明日でいいじゃん!
♡)少しでも早い方が課長喜ぶかなって。
K)……

あんたってほんとイイ奴だよね…。

福岡から飛行機で帰ってきて
あたしはそのまま駅で♡と別れた。

目指すはポールの家。
あたしもお土産渡しに行くんだ。

ポ)K〜〜〜〜!!♡
K)えっ…

電車を降りると、
笑顔で走ってくるポールが見えて。

K)どうしたの??
ポ)待ちきれなくて迎えに来ちゃった♡
K)待ちきれなくてって…
  家すぐそこじゃん…//
ポ)でも少しでも早くKの顔が見たくて♡
K)……バカ//

ポールは嬉しそうにあたしの手を取って
歩き始めた。

K)お土産いっぱい買ってきたんだよー
ポ)へへへ、嬉しい♡
K)でしょっ
ポ)ううん、お土産も嬉しいけど
  Kが帰ってきたのが嬉しい♡
K)……///

そんな幸せそうに笑うなし///

ポールの家についたら
ポールが晩ご飯を用意してくれてて…

一緒にワインを開けながら
あたしは福岡での出来事をいろいろ話した。

もちろん、♡のことも。

ポ)……なるほど。

ポールは少し困ったように空を仰いだ。

あたしは…
どうしてもハルくんのことを話してた
♡の顔が、頭から離れなくて。

恋してる女の子の顔。
でも♡は自覚してない。

だからあたしからなんて死んでも言わないし
できればそのまま、気付かないでいて。

だって…気付いたら…

あんたは絶対苦しむでしょ…?

臣広のことが好きなのに
ハルくんのことも好きで、

しかも二人とも自分のことが好きなんて
贅沢なようで、地獄。

♡が泣くところなんて
あたしは見たくないから

♡にはこのまま気付かずにいてほしい。

♡が罪悪感も何も感じずに
無邪気にハルくんの話が出来ている間は
大丈夫だから。

でも…
臣広に言えないようなことが出てきたり
臣広に少しでも罪悪感を感じたら
そこでもう終わりだと思う。

あの性格だから、死ぬほど苦しむ。
ヘタしたら
臣広と別れるとか言い出すかもしれないし。

ダメダメ!!
絶対ダメ!!

K)はっ!!

てゆーか!!
あのネックレス、臣広が見たらどうするんだ?

「ハルくんにもらったのー♡」
とか、臣広にまで無邪気に言ったら
どうしよう!

さすがにそれは…

K)あ!

あたしがあげたことにしようかな!

♡の誕生日も近いし…

あたしがあげたネックレス、
♡喜んでくれたよー

とか、臣広にLINEする?
すげぇ不自然じゃね!?汗

しかもそれって
「それKからもらったんだって?」
「え、違うよ、ハルくんだよー」
とか言われたら一瞬で終わりだし…

K)……

どうしよう。

どうか臣広が気付きませんように!

そして、アホな♡が
ネックレスのことは忘れて
臣広にわざわざ報告したりしませんように!!

K)……はぁ。

……疲れる。

なんで♡はあんなにニブ子なんだろう。

ニブ子選手権があったら
ぶっちぎりで優勝だろ。

でも…
あんなニブ子であんなアホなのに
無邪気すぎて憎めないっていう……

K)問題児すぎるわ…。
ポ)クスクスww
K)ん?
ポ)さっきから、百面相。
K)…だって…//
ポ)Kは優しいから…
  ♡のことだけじゃなくて
  臣広のことも心配なんでしょ。
K)…っ

なんでわかるの。

K)だって…

臣広ってば素直じゃないしカッコつけだし
すぐ強がるし
なのに♡のことはほんと大好きで
なんか不器用だなって…

K)あたしに…似てるから…。
ポ)……

だからたまに…
自分と重ねて考えちゃう。

K)だって…あたしは…
  ポールにそんな女の子がいたら
  絶対にやだ。
ポ)え…?
K)♡にとってのハルくんみたいな…
  そんな大事な存在の女の子が
  ポールにもしいたら…

きっと嫉妬で死ぬ。

ポ)あはははw
K)何がおかしいの…//
ポ)可愛いなと思って。
K)〜〜〜//
ポ)僕にはそんな女の子はいないから
  安心して。
  それに…
K)……
ポ)もしいたとしても、だからって
  Kを愛してる気持ちは
  何も変わらないよ?
K)……っ
ポ)♡も同じじゃないのかな?
K)……
ポ)ハルくんのことが好きでも
  臣広への愛情が減ったりはしないよ。
  今までと同じように
  臣広のことも愛してる。
K)……

そうじゃないの、ポール。
ポールにはわからない。

たまにいる、ポールや♡みたいに
いつも笑顔でみんなから愛されて…
無意識に人を惹きつけるような
太陽みたいな人たちにはわかんないの。

その眩しい光に憧れて
どうしようもなく惹かれて、焦がれて…

その愛情を独り占めしたくなる
照らされる側の人間の気持ちなんて

きっとわからない。

ポ)愛には限りはないから。
K)……

その限りがない愛さえ、
独り占めしたいって思うんだよ。

それくらい好きなの。

他の人に注がれる愛情すら
自分に注いで欲しいって
願ってしまうほどに。

こんなに眩しい人が
本当に自分をずっと好きでいてくれるの?
…って、

不安になったりするんだよ。

K)あたし、そろそろ帰るね。

食事を終えて
まったりした時間もあっという間。

あたしが帰り支度を始めると
ポールが後ろから抱きしめてきた。

ポ)はぁ……早く結婚したい。
K)急に…どうしたの…?
ポ)急じゃないよ、毎日思ってる。
K)……///

あたしだって…思ってるし。

ポ)そしたら朝までKと一緒にいられるのに…
K)……
ポ)ほんとは…帰したくないって…
  いつも思ってる。
K)……っ
ポ)まだ…一緒にいたいよ…
K)////

そんなの…
あたしだって…同じだもん…

でも…
ほんとは…結婚前の男女は
こうして二人きりの時間を過ごすのも
あまり良くないの。

だってこんな風に
好きな気持ちが溢れて、暴走しかねないから。

ポ)キスして…いい?
K)……ダメ…///
ポ)……
K)……

キスしたら、もっと離れがたくなるから。

ポ)駅まで…送るよ。
K)ありがとう。

あたし達は、もどかしい気持ちを
繋いだ手に込めて、駅までの道を歩いた。

ほんとはずっと繋いでいたい、
ポールの大きな手。

K)ねぇポール……
ポ)ん…?
K)……大好き。
ポ)……
K)……
ポ)////

ポールが返事してくれないから
斜め隣を見上げると…

ポ)なんで今…そーゆーこと言うの///
K)え……
ポ)もう…///

ぎゅ……っっ

K)ちょ、ちょっと!人いる!!///
ポ)いいよ、そんなの。
K)////

道端でいきなり抱きしめられて…

K)恥ずかしいよ!!///
ポ)僕だけ見てればいいよ。
K)////

強引なポール。
でもどんなポールも嫌いじゃない。
あたしは…

K)……大好き///

ポールの腕の中にいると
素直になれる気がするから。

ポ)僕も大好き、愛してる。
K)……//
ポ)早くKと結ばれたい。
K)ストレートに言わないで…///
ポ)だって本音だよ。
K)わかってるから…//

それはあたしもだってば。

ポ)気をつけてね。
K)うん。送ってくれてありがとう。
ポ)愛してるよ、おやすみ。
K)おやすみ…なさい…//

いつも大きな愛情で包んでくれる人。

たとえその愛情を
独り占めできなくても…

その愛情に触れられるだけで
こんなにあったかくて幸せな気持ちになれる。

そしてやっぱり思うんだ。

どうしようもなく好きで、
どうやったって、敵わないなぁって。

何度もその繰り返し。

ねぇポール。

あたしは素直じゃないし可愛くないし
いつもこんなんだけど…

ポールのこと好きな気持ちは
誰にも負けないから…

だから…

これからもずっと、
そばにいさせてね…。

ーendー

スポンサーリンク

コメント

  1. のんちゃん より:

    本当にKちゃん好きだわぁ!共感する!ニブ子って最高(>_<)寝言で、臣くんじゃなくて、ハル君呼ぶって・・・!(◎_◎;)♡ちゃんビックリだわ!臣くん心配でまたLAから飛んで帰ってくるわ(≧∇≦)♡ちゃん、臣くんに、ハル君からのプレゼント話すのかなぁ〜本当に心配!Kちゃんになった気分だよ!♡ちゃんなら、へへへってあの笑顔で臣くんに話しそうだよなぁ〜更新が待ち遠しい

    • マイコ より:

      Kちゃんもっとビシバシつっこんでくれても良かったんだけど彼女臣くんと一緒で♡ちゃんの笑顔に弱いから……(❁´ω`❁)笑

コメントを残す