[102]暴露された真相

スポンサーリンク

京セラから帰ってきて、もう一週間。

結局俺はまだ、♡を抱けずにいる。

あの夜、♡が俺に歌ってくれた歌は
本当に嬉しかったし

♡が俺を好きだって思ってくれてる気持ちも
嘘じゃないってわかってる。

でも…
もしかしたら♡も自分で気付いてないだけで
♡の心の中では
俺よりハルくんの存在が
大きくなってるんじゃないかって…

いくら隣で笑ってくれてても
本当はハルくんが好きなんじゃないかって…

そんな不安を拭い去れない俺は
ヘタレすぎて
自分で自分が嫌になる。

「初めてのキスは…
 ハルくんとが良かったなって…」

LAでそう呟いた♡が
ふと頭をよぎったりして…

だったら俺が今キスしても
今♡を抱いても…

心のどっかで
ハルくんがいいとか
思われんじゃないかって…

臣)……はぁ。

マジで俺、ヘタレすぎね?

こんな自分、ほんとに嫌だ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◇『…っていう流れで、
  最後に♡ちゃんの家に向かうね!』
♡『うんっ!♡』
◇『臣さんにはバレてない?
  なんか臣さんって勘良さそうだからw』
♡『臣くんは全然知らないと思う!
  大丈夫だよー!』
◇『ひっひっひ♡
  じゃああとでねーー♪』
♡『うん、待ってるね♡楽しみー♡』

ピッ。

早朝の撮影から帰ってきて
臣くんを起こさないように
自分の部屋のお掃除をしてたら

丁度◇ちゃんから電話が来た。

今日は土曜日。
三代目が生放送の歌番組に出演する日。

◇ちゃんと岩ちゃんは
もう一緒にいるみたいで

マネージャーさんが迎えに来たら
そのままうちまで来て、
私も拾ってくれるみたい。

わくわく♡
楽しみだなーーー♡

♡)……わぁっ!!!

臣)……

後ろを振り向くと、
部屋の入り口に臣くんが立ってて…

♡)……汗

まさか、電話…聞かれてた?!

♡)ど、ど、どうしたの?
  おはよう…っ!汗

びっくりした……

♡)もう…起きてたの…?
臣)…うん、おはよ。
♡)おはよう…
臣)おかえり。
♡)ただいま…
臣)……
♡)……

なんか…気まずい…

臣)…今日、何かあんの?
♡)…っ

やっぱり聞かれてた?!

どうしよう!バレちゃう!

♡)な、何もないよっ!
臣)……
♡)今日は…撮影で疲れちゃったし
  家でのんびりしてよっかな〜〜
臣)……
♡)……
臣)どっか出かけるんじゃないの…?
♡)!!!

わわわっ!大ピンチ!!

♡)な、内緒っっ!!!

誤魔化しきれなくて
思わずそう言っちゃった。

臣)内緒…?
♡)臣くんには内緒っ!!//
臣)……っ

またサプライズ失敗したら
さすがに岩ちゃんに呆れられちゃうもんっ

臣)俺に言えないような相手に会うの?
♡)そうだよっ!内緒っ!

だって、臣くんに会いに行くんだもん。

♡)もうこの話は終わりっ!!
臣)……っ

……バタン。

♡)…っ

あれ…?

臣くんがドアを閉めていなくなっちゃった。

♡)……臣くん…?

慌ててドアを開けても、臣くんはいなくて。

寝室をそっと覗くと
布団にくるまってる臣くん。

♡)臣くん、起きないの…?
臣)……
♡)もうすぐお仕事でしょ?
臣)……
♡)……

丸くなった布団は、ピクリとも動かない。

もしかして…怒っちゃったのかな?

♡)臣くん、あのね…、えっと…

どうしよう。

♡)ごめんね、あの…
臣)なんで謝んの。
♡)…っ

だって…
怒ってるのかなって…

臣)謝るようなことならすんなよっ
♡)……っ

怒ってるんじゃ…ない?

臣くんの声は…
どこか寂しそうで…

♡)違うの、あのね…っ
臣)もう聞きたくない。
♡)…っ

なんで…
そんなこと言うの…?

♡)臣くん……
臣)もういいからあっち行って。
♡)…っ

胸がズキッて、音を立てた。

臣くんにこんな風に拒絶されたこと、
今まで一度もない。

♡)…っ

どうしよう、泣きそう……。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「臣くんは全然知らないと思う!
 大丈夫だよー!」

「うん、待ってるね♡楽しみー♡」

さっきの♡の電話。

すげぇ楽しそうに話してて…

相手は誰?

俺が知らないから大丈夫って、なに?

共有のスケジュールを見ても
♡は今日は何も入ってなかった。

♡はプライベートの予定も
全部スケジュールに入れてるけど
今日は早朝の撮影だけで…

土日は必ず何か仕事が入ってるのに
なんでだろうって思ってたら…

俺に言えない誰かと、会うんだ。

ハルくんに…会うのかよ…

「ごめん」って、なに。

なんで謝んの。

やっぱりハルくんが好きってこと?

臣)……っ

ダメだ、もう…
心がグチャグチャしすぎて…

臣)はぁ…っ

バフッと布団から出ると、

臣)…っ

そこには目を潤ませた♡が
泣きそうな顔で立ってて…

♡)臣くん…ごめんなさい…、あのね…
臣)…っ

その続きは、なんて言う気なんだよ…

聞きたくない。

臣)ごめん、シャワー行ってくる。

俺はそのまま♡を素通りして
バスルームに向かった。

♡の顔が見れない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

岩◇)おはよ〜〜〜!♪
♡)おはよう。
岩)あれ、元気なくない?
◇)どうしたの?
♡)……

迎えに来てくれた車に乗り込むと
見たことないマネージャーさん。

♡)あの…初めまして…
M)どうもどうも!
  君が噂の臣の彼女ね!♡
♡)え…?噂…?
M)20万の…
岩)だーーーーっ!!!!
M)ん?
岩)ほら、いいから!
  もう出発してよ!!
M)はいよ〜〜〜〜
♡)???

20万って…なぁに??

岩ちゃんと◇ちゃんは
一番奥に仲良く座ってて
私はその前に荷物を降ろした。

岩)ね、ね、臣さん先に行ったんでしょ?
  バレなかった?w
♡)……

臣くんは…
さっきSさんが迎えに来て
先に会場に向かったけど…

玄関でお見送りした時も
私とは目を合わせてくれなかった。

♡)……

どう…して…

◇)え、ちょ…っ、
  ♡ちゃん、泣きそうじゃん!
  どうした?!
♡)…っ

だって…
わかんないんだもん…っ

岩)臣さんとケンカでもしたの?!
♡)……(ふるふるっ)
◇)なんか…あった…?
♡)……っ

私がさっきのやりとりを話すと
二人は困ったように顔を見合わせた。

岩)それ…完全に勘違いしてんなァ…w
◇)ちょ、ヤバイじゃん!
  剛典がサプライズにしようなんて
  言うから!ばかっ!
岩)お前だってノリノリだったじゃん!w
◇)そう…だけど…でも…
♡)あんな臣くん…初めてで…
岩)だーいじょーぶだよ、心配しなくて。
♡)え…?

岩ちゃんがにっこり笑った。

岩)なんか勘違いしてるだけだろうから
  現場で♡ちゃん見たら
  一瞬で機嫌も直るから♡
◇)そんな単純なもん?!
岩)うん、大丈夫大丈夫♡
♡)……本当に…?
岩)うん!
♡)だって私…あんな臣くん、初めてで…
岩)ええ?うっそーー?
♡)え…っ
岩)俺らの前じゃいっつもだよ?
♡)えっ…!
岩)普通に機嫌も悪くなるし
  ふてくされたりするし。
♡)そう…なの…?
岩)♡ちゃんから返事来ない時とかは
  いっつもこんな顔してるし。
◇)ぶっww
♡)……

ほっぺを膨らませて眉を寄せる岩ちゃん。

◇)♡ちゃんがそんな臣さん見たことないなら
  きっと臣さんは♡ちゃんの前では
  カッコつけてるんだよ。
♡)……っ
岩)男はカッコつけたい生き物なのーーw
◇)それ臣さんも言ってたw
岩)あ、ほんと?w
♡)……

私…、臣くんのこと
まだ全然知らないのかな…

臣くんは私の前ではいつも優しくて…

♡)私から…返事ない時って…なに?

私…、臣くんからのLINEや電話は…
すぐ返してると思うんだけど…

岩)ああ、たまーにね。
  ほら、この間とか。
♡)この間…?
岩)俺ら京セラ行ってる時、
  丸一日以上連絡取れない時なかった?
♡)……あっ…、、

あの日は…
ハルくんのことで…いっぱいいっぱいで…

岩)もうね、臣さんずーーーーっと
  スマホ気にしてて。
  ずっと♡ちゃんの心配してたよ。
♡)…っ

そう…だったの…?

だって…夜電話した時は…

『昨日…返事できなくて…ごめんね…?』

『ああうん、全然いいよそんなん…』

ああ言ってたけど…
本当はそんなに心配…してたの…?

♡)どうしよう……

臣くん…ごめんなさい…
私……

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

E)臣ぃ〜〜〜
  ちょっと食堂行かない?
臣)は?なんで?弁当あんじゃん。
E)俺どうっしてもラーメン食いたいの。
臣)はー?
E)ね、行こっ!!
臣)俺はいいよ。
E)やだ!行こっ!臣に相談したいの!
臣)へ?
E)だから行こっ!!
臣)……

ちょっと意味不明に
強引に連れ出されて

俺は今、ELLYと食堂にいる。

E)ふぅ。

のんきにポカリ飲んでるELLY。

臣)ラーメン食わねぇのかよ!w
E)え?ああ、うん、いいのいいのw
臣)じゃあ何しに来たんだよ!w

どこまでマイペースなんだよw

E)俺ら夜の部だけだから暇だよねーー
臣)ああ、うん、まぁ。
E)臣、元気ー?
臣)……なに、唐突に。
E)なんとなく。
臣)……

もしかして…
俺に相談あるとかじゃなくて…
俺のこと、心配してくれてた…?

E)京セラから戻ってきてから…
  あんまり覇気ないから。
臣)……
E)どうしたのかなーって。
臣)……

どうしたのかなって…
俺が俺に聞きたいくらい。

臣)はぁぁぁ………

こぼれたため息と一緒に
テーブルに突っ伏した。

臣)……なんかさ…、
E)うん。
臣)話せば長いんだけど…
E)いいよ?
臣)……まぁ簡単に言うと…
E)話さないの!w
臣)なんつーか…
E)うん。
臣)……

簡単に言うと、なんなんだろ?

臣)ELLYさ、彼女に他に好きな男いたら
  どうする?
E)ええ?!何それ、俺フラれんの?w
臣)まだフラれてはないけど…
E)好きな男って…俺と付き合ってんのに?
臣)うん。好きな男っつーか…
  気になってる男。
E)それって、心変わりってこと?
  恋愛感情で?
臣)……

わかんない。

臣)なんつーか、ELLYの他にも
  ELLYくらい大事な人がいたら!
E)ああ、それなら全然いいけど…
臣)全然いいの?!
E)え、だってそんなん普通にいるでしょ。
臣)ええ?!
E)家族とか友達とかさっ。
臣)……
E)そんなの俺だってそうだし、
  そこは比べられないってゆーか…
臣)ELLYが一番じゃなくていいの?
E)俺も一番!みんなも一番!
  それでOK!w
臣)……

そっか、確かに…
大事な人はたくさんいるけど…

E)♡ちゃんが臣の他にも大事な人がいてさ、
  それで臣への愛情が10あったのが
  5、5とかになっちゃうとかなら…
  臣は嫌だろうけど…
臣)……
E)もし他に大事な人がいても
  臣のことも10、その人のことも10、
  愛せるような女の子じゃない?
  ♡ちゃんって。
臣)…っ

確かに…
俺への愛情が減ってるなんて
そんな風には思ってないけど…

E)それとも臣はさ、
  自分が10で他の人が11になるのを
  恐れてるの?
  それとも…
  他の人に10の愛情を注ぐなら
  その分も自分に注いで
  20にして欲しいとか?
臣)……

それって俺、強欲すぎない…?

でも…
そうなのかな。

俺のことだけ見ててほしいって思うのは
他に向いてる♡の愛情を
全部独り占めしたいってことなのかな。

E)もし独り占めしたいって思ってるなら
  それは無理だよw
臣)えっ……
E)だって♡ちゃんは太陽なんでしょ?
  臣、言ってたじゃん。
臣)…っ
E)太陽の光って、こう…
  万物を照らすでしょ。
臣)……
E)月が自分だけを
  照らしてほしいって思ったって
  太陽の光は地球にも他の星にも注がれる。
臣)……
E)どんなに願ったって
  それはどうしようもないもん。
臣)……

太陽の光は…万物を…

E)太陽みたいな♡ちゃんを好きになったなら
  それはもう臣の宿命だよw
臣)……
E)♡ちゃんの愛情は太陽の光みたいに
  いろんな人に注がれちゃうんだと思う。
臣)……

なんでだろう。
すごくしっくり来た。

♡は太陽で…
じゃあ俺は…月なのかな…

E)もし、そうじゃなくて…
  太陽の光が自分に当たらなくなることを
  恐れてるんだとしたら…
臣)……
E)そんなの考えたってしょうがないよ!
臣)え…?
E)なんていうかさ、今あるものを
  失ったらどうしようって思う不安って
  誰もがあるのかもしれないけど…
  考えても仕方なくない?
臣)……

仕方なくても…
考えちゃうんだよ。

♡が俺から離れていったらどうしよう、って。
ハルくんのところに行ったら
どうしよう、って。

こうしてる今だって…
♡はハルくんに会いに行ってるのかも
しれなくて…

E)そういう不安って…
  事故に遭って歩けなくなったら
  どうしようって…
  毎日ビクビクしてるようなもんでしょ?
臣)……
E)そんな起こるかもわからないことに
  怯えて暮らすより…
  元気に歩ける今に感謝して
  楽しく過ごした方が何倍も良くない?
臣)……

なんか…目からウロコ。

E)だから臣もさ、
  もし不安があるんだとしても…
  今♡ちゃんが隣にいて臣を愛してくれてて
  ♡ちゃんの笑顔が隣にあることに感謝して
  今ある幸せを大事にした方が
  ずっといいと思うよ!
臣)……

幸せを失う不安に怯えるより
今ある幸せに感謝して過ごす。

それはきっと恋愛だけじゃなくて
全てにおいて言えることで…

臣)……うん。

ELLYって天然のくせに
たまにハッとさせられるようなことを
サラッと言ってくれたりする。

臣)……ありがとう。
E)へへっ…//

ELLYの言う通りだ。
なんかすげぇスッキリした。

ああ…なんだろう。
今すごく、♡に会いたい。

あの笑顔に会いたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◇)初めまして、◇です。
N)えーー!可愛い!
健)めっちゃ可愛えやん!
  話と全然ちゃうやん!
直)うん。
◇)え…?
健)なんか鬼みたいなんかと思ってたわ!
  わはははは!w
岩)ちょ、健二郎さん!!汗
◇)鬼…?
岩)いや、あの…その…w
◇)あんたどんな前情報出してたの!!怒
岩)違うんだって〜〜!!
♡隆)あはははw

◇ちゃんは
臣くん以外のメンバーとご対面するのは
今日が初めてみたいで、

健)なんや、むっちゃ小さいなぁ、自分。
◇)むむむ…
健)関西の子なんやろ?
◇)はい。
健)親近感わくわ〜〜w
  よろしくな♡

健二郎くんは嬉しそうに
◇ちゃんの頭をわしゃわしゃしてる。

直)なんか俺と並ぶとすごく小さくない?
◇)うわっ、おっきぃ!
N)すげぇ!同じ哺乳類とは思えない!
隆)あははは!w

直己さんが◇ちゃんの隣に立つと
身長差が30cmくらい。

◇)すごいなぁ……
直)おんなじ人間ですよ〜〜〜
♡)あはははっw
N)直己が人さらいみたいに見えるわw
直)簡単に担げそうだな…
岩)◇!危ないからこっち来い!w

岩ちゃんが両手を広げると
健二郎くんがすかさず頭を叩いた。

健)何こんなとこで
  イチャつこうとしてんねん!
岩)そんなんじゃないし!w
N)◇ちゃん、気をつけなよ〜〜?
  あいつは可愛い子犬の顔して
  中身は狼だからねっ!
◇)あははっw
岩)そんなこと言うなら◇だってそうだし!
健)へ?
岩)見た目は可愛い子犬だけど
  中身は鬼だし。
◇)誰が鬼やねん、コラ。
健)わはははは!ww
隆)でも確かに◇ちゃんって子犬っぽい!
直)小動物っぽくて可愛いよねw

◇ちゃんの頭を撫でてる直己さんが
なんだかお父さんみたい。

岩)で、臣さんは??
直)ELLYが連れてったよw
岩)ELLY?!w
N)いや、誰が上手く連れ出すー?って
  話してて…
  ELLYが元気良く立候補するから…
岩)めっちゃ不安!w
直)じゃあ♡ちゃんも到着したし
  もう戻ってきていいよってLINEするわ。
隆)帰ってきて♡ちゃんいたら
  びっくりするだろうな〜〜w
健)わはははw
♡)……

臣くん…

S)あ、♡ちゃんだーー!
♡)あ、Sさん!お疲れさまです!
M)今日は俺が乗せてきたんだよんw
S)そっかそっかーー
  あ、♡ちゃん、こっちはね
  同じマネージャーのMとKね。
♡)初めましてっ!

マネージャーさんっていっぱいいるんだなぁ…

K)この子が♡ちゃんかぁ!w
M)そうそう、噂のねw
K)臣が溺愛してる愛しの彼女ねw
S)あはははw
健)溺愛…、間違いないわw
隆)あはははw
N)この間のアレなんてマジで伝説だからねw
健)伝説伝説!w
N)名付けて20万タクシー事件!w
健)わはははw
岩)ちょ…っ!
N)俺今から帰る!!
健)ちょ、待て!
  いくらかかると思ってんねん!
N)いいよ!自腹で帰るから!!
♡)…っ

健二郎くんとNAOTOさんが
変なコントを始めて…

岩)言わなくていいって!汗
健)臣!ここ大阪やで!
N)わかってるよ!
健)20万はかかんで!
N)いくらかかってもいい!!
  1分でも早く帰りたいんだよ!!
  …なんつってねーーw
健)ほんまに帰ったっていうw
♡)……っ

それって…

岩)ああ…もう……
  なんでみんな言っちゃうの。
健)へ?
岩)本人が言ってないのに…
健)言うてへんて…なんで…
N)お前が泣いてるから
  タクシーぶっ飛ばして帰ってきたぜ!
  って…、言ってないの?
岩)言ってないですよ!
N健)え……
♡)……

私が…泣いてる…から…って……

♡)…Sさん……
S)……
♡)あの日は…臣くん……
  急ぎの仕事が…あったんですよね…?
S)……
♡)……
S)…三日連続の公演明けに
  タクシー飛ばして帰らないと
  間に合わないような急な仕事入れるほど
  俺たち鬼じゃないよ…w

Sさんは苦笑いしながら
私の背中を優しく叩いた。

♡)…っ

じゃあ…あの日…、臣くんは……

♡)…っ

一気に胸がいっぱいになって
涙があふれてきた。

N)どええ?!!ちょ、ちょっと!!
健)なんで泣くん!!汗
S)ちょ、♡ちゃん…っ
♡)ふぇぇ……っ

私…何も知らなかった。

臣くんは…
LIVEで疲れてるのに
私のために帰ってきてくれたんだ。

健)あかんて!!泣き止んで!!
隆)臣もう戻ってくるよ!!
N)こんなとこ見られたら
  俺らぶっ殺されんじゃん!!汗
健)俺らが泣かしたと思われるわ!!汗
岩)まぁあながちそうじゃないとも
  言い切れないけど…
健)♡ちゃんが知らんなんて思わんやん!
N)そうだよ!
健)あいつどこまでカッコつけやねん!
  ほんまにもう…
♡)……ぐす…っ

臣くん…

臣くんに会いたい。

ー続ー

スポンサーリンク

コメント

  1. yoscoo より:

    こんばんわ☆
    やぱ連れ出すのめっちゃ下手やけど、
    さすがELLY♡いい事言う(*♥д♥*)
    ありがとうございますヾ(´∀`♡)ノ♬♪
    タクシー20万事件の真相バラされちゃった笑笑
    OMIくん、岩ちゃん、りゅーじの各ストーリーどれもキュンキュン♡楽しく読ませてもらってます♡更新頑張ってください(*^^*)

    • マイコ より:

      エリたん下手なのにすぐ立候補するから。゚(゚^∀^゚)゚。笑
      岩ちゃんと隆二もどんどん話進んでいきますので待っていてください〜(❁´ω`❁)♪

  2. NATSUKI より:

    エリーが連れ出すの不安ですな~☀笑笑
    続きめっちゃ気になります‼
    次どうなるんだろうな~‼

  3. さゆがん より:

    久々の臣ストーリー◌♡
    まさかのエリちゃんいい仕事しますね(笑)
    あーどうなるんだろにゃんにゃんな日々もどってこーい‼︎

  4. のんちゃん より:

    あらら、20万タクシーバレちゃったね〜(>_<)その前の♡ちゃん、臣くんに拒否られてびっくりだよね〜!(◎_◎;)今まであんなに自分勝手に抱いてたくせに!臣くん本当に♡ちゃんの事で、不安なんだね〜可愛いね〜臣くん(*^_^*)でも、♡ちゃんに20万タクシーバレちゃったし、これで♡ちゃんも臣くんの気持ち気付いてまたまたラブラブになっちゃうの(≧∇≦)デレ臣くんが目に浮かぶ(笑)

    • マイコ より:

      ほんとに。゚(゚´ω`゚)゚。あっち行ってだなんてびっくり。゚(゚´ω`゚)゚。
      でもどうせすぐラブラブになるから笑

コメントを残す