【256】同じ夢

スポンサーリンク

♡)臣くん、綺麗だねっ!!♡♡
臣)ほんとだ!夜景もすごい!!
♡)キラキラしてるよぉーー!!
臣)なっ!!


♡が俺の腕にくっつきながら
外の夜景に目を輝かせてる。


♡)連れてきてくれてありがとう!
  すっごく嬉しい♡♡
臣)うん……


俺は…
お前がこうして笑ってくれるだけで

それだけですごく嬉しい。


♡)えへへ♡楽しいな♡嬉しいな♡
臣)なにがw
♡)臣くんとデート♡
臣)はいはいw
♡)ふふーーっ♡


ここは…そうだ、スカイツリー。


臣)ここの床、透明なんだよ。
♡)わぁ!ほんとだぁっ!!


♡がぴょんぴょん飛び跳ねてる。


♡)すごいねっ!!
臣)あはははw


そのまま俺にぎゅっと抱きついてきた。


♡)ね、臣くん♡
臣)んー?
♡)大好きだよ♡
臣)…っ
♡)臣くんのことがだいすき♡♡
臣)……


幸せそうな…笑顔…

俺の隣で…笑ってくれてる…


♡)臣くん…泣かないで?
臣)え…?
♡)臣くんが泣いてたら…
  私も悲しいよ?
臣)え…?…泣いて…なんか…っ


気付かないうちに
頬を伝ってた涙。


♡)もう臣くんは泣き虫だなぁ。
臣)泣いてない!!


もう…泣いたりしない。
うじうじすんのはやめたんだ。


臣)俺っ、ちゃんと…前を見るから!
♡)……
臣)ちゃんと…お前が好きでいてくれる
  男でいるから!!
♡)臣くんのことなんて
  好きじゃないよ…?
臣)…っ
♡)もう好きじゃないもん。
臣)…それでも…いいっ!!
♡)……
臣)また…好きになってもらえるように
  何度でも…頑張るから…


俺は…お前だけは…
絶対に諦めない。

何度だって…絶対に。



ーー



臣)はぁっ…


目が覚めると頬が少し濡れてた。


でも、
気持ちは穏やかだった。


今日も隣に♡はいない。

でもいい。

夢で会えただけでも幸せだ。

あいつの笑顔が…見られたから。


臣)……


手紙なんて滅多に書かないから
どうなることかと思ったけど

ダメにした便箋は一枚で済んだ。

書き損じたわけじゃなく
涙で滲んでしまったから。


♡は
あの手紙を

読んでくれただろうか。


俺の気持ちは
♡に

届いただろうか。


臣)♡……


俺は待ってるから。
お前が帰ってくるって信じて

待ってる。


臣)よしっ!!!!


今日も仕事頑張るぞ!!!!!!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


♡)臣くん、綺麗だねっ!!♡♡
臣)ほんとだ!夜景もすごい!!
♡)キラキラしてるよぉーー!!
臣)なっ!!


どこかわからないけど
すごく高いビルにいる。

私は臣くんの腕につかまりながら
その夜景を眺めてる。


♡)連れてきてくれてありがとう!
  すっごく嬉しい♡♡
臣)うん……


臣くんの顔を見上げると
すごく優しい顔で笑ってくれた。

私の大好きな臣くんの笑顔。


♡)えへへ♡楽しいな♡嬉しいな♡
臣)なにがw
♡)臣くんとデート♡
臣)はいはいw
♡)ふふーーっ♡


少し歩くと
臣くんが床を指差した。


臣)ここの床、透明なんだよ。
♡)わぁ!ほんとだぁっ!!


覗いてみると地上が見える。


♡)すごいねっ!!
臣)あはははw


私は楽しくて嬉しくて
臣くんにぎゅっと抱きついた。


♡)ね、臣くん♡
臣)んー?
♡)大好きだよ♡
臣)…っ
♡)臣くんのことがだいすき♡♡
臣)……


そう伝えると
臣くんは何も言わずに涙をこぼした。

どうして…?


♡)臣くん…泣かないで?
臣)え…?
♡)臣くんが泣いてたら…
  私も悲しいよ?
臣)え…?…泣いて…なんか…っ


ぽたぽたと臣くんの頬を伝っていく涙。


♡)ふぇぇ…っ


私まで悲しくなって、涙が溢れる。


♡)泣かないでぇっっ
臣)♡……
♡)ごめんなさいっ…
  …ごめんなさ…っ、ごめんなさい…っ
臣)♡……
♡)うわぁぁんっっ
  臣くんが泣いたらやだよぉぉっっ
臣)♡……
♡)ふぇぇっ、うぇぇっ


臣くんが私の名前を呼んでる。
遠くで臣くんの声がする。


でも私はただ子供みたいに泣くだけで

そんな自分が嫌になる。


すぐ泣く自分も弱い自分も
臣くんに悲しい顔をさせる自分も

全部全部嫌で

また涙が溢れてくる。



ーー



♡)はぁ…っ


目が覚めると
私の顔はびちょびちょだった。


♡)…っ


顔を拭いて起き上がる。

トリちゃんはまだ寝てる。


私はもう一度昨日の手紙を取り出した。


♡)……


昨日と同じように
深く息を吐いて、もう一度開く。


そしてまた…
昨日と同じように
ティッシュの山が出来上がる。


♡)はぁ……っ


しばらくボーッと目を閉じる。


臣くん…
どんな気持ちでこの手紙を
書いてくれたのかな…


レターセットなんて
持ってたのかな…

自分の部屋で…あそこに座って
書いたのかな…


臣くんは今も
一人であの部屋にいるのかな。

今頃一人で、あのベッドで…
目を覚ましてるのかな。


♡)……


顔を洗って出社の準備をして
家を出る前に

臣くんにメールを送ってから
私は会社に向かった。


会社に着くと携帯が揺れて
画面にはTくんからのメッセージ。


『俺、昨日の夜から出張で
 今日いないんだ。
 ちゃんと昼飯食えよ!🍝』


♡)……


また私の心配してる…
Tくんはいつもそう。


私は電話をかけた。


プルルルル、プルルッ

T『どわっ!はいっ!!』
♡『もしもし?おはよう。今大丈夫?』
T『えっ、わっ!え?!
  ちょ、ちょっと待って!!』
♡『……』
T『大丈夫!!どうした?!!』
♡『……』
T『お前から電話とか…
  びっくりしすぎて慌てて車停めた!!』
♡『……』
T『……』
♡『メールありがとう。
  ちゃんと食べるから心配しないでね。』
T『……ん。』
♡『ありがとう。』
T『…うん。』
♡『……』
T『……』
♡『今日…何時に戻ってくるの?』
T『え?!今日は…18時過ぎだから
  直帰するつもり。』
♡『えっ、そうなんだ…』


どうしよう…


T『どうした??』
♡『えっと…』
T『……』
♡『話がしたかったんだけど…
  少し…会えないかな?』
T『は、話?!えっ、あっ、いいけど…
  じゃあ俺が迎えに行く!!!』
♡『え…?』
T『車で会社まで行くから、待ってて!!』
♡『……わかった。
  わざわざごめんね?』
T『全然いいよ!!
  言ったじゃん!飛んでくって!!』
♡『…っ』
T『じゃあ夜な?』
♡『うん。』
T『それじゃ。』

ピッ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


S)これ、今度の月刊の一問一答!
  書いたらちょうだいねーー。
E)はーーい。
N)一問一答、前にもやったじゃん。
直)とか言って答えるの好きですよね?w
N)あ、バレた?w
隆)えーーー俺これ苦手なんだよなーーw
岩)苦手?
隆)答えに悩んじゃってさーー
直)ああ、隆二はそんな感じw


健)アカン…今から眠い。
臣)えー?まだ昼だよ?w
健)なんか今日はむっちゃ眠いねん〜〜
臣)しかも今日ANNの日じゃん。
  どうすんのw
健)今から寝とくしか…
E)俺代わりに出るよ〜〜〜w
N)あはははっw
  「ELLYのオールナイトニッポーン!」
  つって?w
隆)ELLY一人とか心配すぎるw
E)いやいや、俺KODだって
  最後一人でやったよ〜?
臣)あ、そうだったw
E)意外に楽しんでたよー?w
N)マジか。ELLYの一人ラジオとか
  クレイジーでしかないわ。
岩)あはははw
臣)って言って健ちゃん寝てるし!!w
健)んーーーむにゃむにゃ……
直)今日ゲスト誰なんだろ?
隆)あ、ケイちゃんって言ってましたよ。
N)おおっ!ケイちゃんなら
  ELLYでいいんじゃない?w
岩)その心は?w
N)バイブス合いそう!
E)Yeah〜〜〜♪
臣)あはははw


明後日からはもう福岡でのセット組が始まる。
ツアーを目前に控えて
俺らはテンションが上がってた。


昼飯を食べながら
携帯を開くと


臣)!!!!


ガタンッッ


N)どうした!!
直)臣が椅子から落ちた!!
E)大丈夫?!

臣)…っ


俺は画面を見つめたまま
椅子に座り直した。


届いてたのは…♡からの返事。


『臣くん、お手紙ありがとう。
 明日、お家に帰ります。』


臣)明日!!!!!!


俺は意味もわからず周りをキョロキョロ。


隆)どうしたの臣!
岩)落ち着いて!!w
臣)明日!!!
N)明日がどうした!w
臣)明日!明日…って…!!!


慌ててスケジュールを開く。

朝から仕事で…家に帰れるのは…
早くても21時!!!


臣)21時!!明日っ!!!


E)臣がパニックだ…
N)壊れてる…
隆)明日の21時に何かあんの?
臣)…っ


心臓がうるさくて
俺はもう一度LINEを開いた。


『臣くん、お手紙ありがとう。
 明日、お家に帰ります。』


間違いない。

明日って…明日だよな?!


臣)…っ



俺は少し震えてる手で
慌てて文字を打った。


『手紙、読んでくれてありがとう。
 明日、待ってる。ありがとう。
 俺が家に帰れるのは21時過ぎだけど
 なるべく急いで帰るから。』


そう返事を打つと


『私、明日の夜はLIVEがあるから
 帰れるのは22時過ぎだと思う。
 でも帰るから。待っててね。』


臣)…っ


ヤバい…嬉しくて泣きそう…

待ってるよ…
そんなん…何時まででも待ってる!!


隆)臣……?
岩)え、泣いて…ないよね?
E)臣??

臣)…っ


泣かないって決めたのに
ほんとカッコ悪い。


臣)♡…、明日…帰ってくるって。


涙をごまかすように袖で拭って
そう伝えると

みんなは顔を見合わせて立ち上がった。


E)やった〜〜!!!!
隆)やっと帰ってくる!♡ちゃん!!!
岩)っしゃーーー!!
直)良かったな、臣!!!!
N)ほんと良かった!!!!

健)ん……なんや…?

隆)健ちゃん、寝てる場合じゃないよ!!
  ♡ちゃん帰ってくるって!明日!!
健)………!!!


健ちゃんもガバッと起き上がった。


健)ほんまに?!!
臣)うん!
健)…っ


そのまま俺に抱きついてきた。


健)うわ〜〜〜!!!
  ほんまに良かった!!
E)臣、良かったね!!!
臣)うん…っ
N)福岡行く前に帰ってきてくれるとは…
  ほんと良かった。
隆)♡ちゃーーーーーんっっ!!
直)何そのおたけびw
E)俺も!♡ちゃーーーーーんっっ!!!
直)みんな壊れたw
臣)あはははっw


本当に嬉しい。

早く…

早く♡に会いたい。




ー続ー

スポンサーリンク

コメントを残す