【102】鵠沼海岸公園

スポンサーリンク
スポンサーリンク

それからまた二人で
少しだけ自転車に乗った。


♡)面白い子たちだったねーw
臣)なんか憎めないヤツらだったなw
♡)あはははw
臣)お、あそこあそこ。
♡)え?
臣)曲がるぞーー
♡)はーい!!
  …わ、わ、砂で漕ぎにくいー!!
臣)頑張れ!w
♡)わぁぁっ

th_IMG_9237

自転車を停めて空を仰ぐと
青空が気持ち良かった。

th_IMG_9234

♡)わーい!!海もキラキラしてるー!!
臣)な!!
♡)気持ちいいよぉ〜!!
臣)あ、わり、電話だ。
♡)え?
臣)ちょっと出てるから
  そのへん歩いてていいよ。
♡)はーい♡


お仕事の電話かな??

私はそのまま海岸線を一人でゆっくり歩いた。

th_IMG_9232

サーファーがたくさんいる。
水冷たくないのかなぁ。

でも今日は天気もいいし
あったかいのかな♪


春山と和希が歩いてたのは
このへんかなぁ?


男)お姉さん♪
男)ちょっとちょっと、シカト?w

♡)え??


私???


振り向くとサーファーの男の人が
二人立ってて…


♡)あの…?
男)こんなとこで何してんのー?
♡)あ、あの…、えっと…
  海を…見に?
男)海好きなの?
♡)大好きです♡
男)ははっ、かーわいw
男)一人ぃー?
♡)あ、いえ、彼氏と来ました。
男)彼氏ーー??


男の人がキョロキョロ周りを見た。


男)いないじゃん。
♡)あ、今電話に…
男)ほんとは一人で来たんでしょ?
♡)え、ちが…っ
男)サーフィンとか興味ないの?
♡)え、あのっ…
男)一緒にやってみるー?w
♡)私泳げないんで無理です!!
男)あっはははw
  カナヅチーー??
♡)はい……
男)かーわい〜〜〜ww
男)大丈夫、俺絶対助けてあげる♡
男)俺も俺もw
♡)あの…
男)ってゆーか連絡先教えて?
男)お前それ直球すぎ!w
男)あ、だめ?w
♡)…っ


これは…ナンパなのだろうか…
どうしよう…

えいっ!!!

走って逃げちゃえ!!!


男)え、ちょっと!!!
男)待ってよ、ねぇ!!!

ぼすっ


♡)いたぁい!!


砂で足がもつれて転んじゃった。


男)大丈夫??
♡)うう…
男)いきなり走り出すから…
男)俺たち別に怖いお兄さんじゃないから
  そんな逃げないでよw
♡)ごめんなさい…
男)ほら、立てる?
♡)あ、ありが…

ぐいっ

♡)わっ


手を借りようとしたら
後ろから腕を掴まれて…


臣)おーまえは…何してんの。

♡)……っ


臣くんが私を立たせてくれて
砂を払ってくれた。


臣)何。こけたの?
♡)はい…//
臣)どんくさw
♡)うう〜〜!
臣)痛くない?大丈夫?
♡)うん…
臣)ばーかw


頭をポンポンされた。


臣)で?


臣くんが男の人たちを睨んだ。


♡)あ、違うの、私が転んで
  助けてくれようとして…
臣)ふーーん?
♡)……
男)じゃあ、デート楽しんでねw
男)うん、それじゃ!w


男の人たちは逃げるように
海に向かっていった。


臣)ナンパだろ。
♡)違うよ!!
臣)油断も隙もねぇな。
♡)あ、臣くん、電話は?
臣)え?
♡)仕事?大丈夫?
臣)ああ、全然大丈夫。
♡)そっか。
臣)ん。
♡)じゃあお散歩しよー♡
臣)おうw
♡)あっ


臣くんの手を
握ったままだったのに気付いて

私は慌てて離した。


臣)え?
♡)ううん!!


誰かに見られたら大変だもんね。
危ない危ない。


それから少し二人で歩いて
コンクリートに腰掛けた。


臣)波の音がいいね。
♡)うん!なんか癒されるー!
臣)なーー


陽の光が水面にキラキラ反射して
すっごくキレイ。


臣)……
♡)……


しばらく二人で海を眺めながら…
聞こえる波の音が心地良くて。


時々髪を優しくさらう潮風も
なんだか気持ち良い…



ふと隣を見ると

眩しそうに目を細めて
海を見つめる、

臣くんの綺麗な横顔。


臣)……
♡)……


臣くんが私の視線に気付いて
ふと私に笑いかけた。


臣)どうした?
♡)……
臣)……
♡)臣くん……
臣)んー?


優しく響く、臣くんの声。


♡)……「彼女」って…
臣)……
♡)言って…いいの?
臣)え?
♡)……


だって…


♡)今日、何回も…
  「彼女」って言ってるから…
臣)ダメなの?w
♡)えっ…
臣)またイトコって言った方が良かった?
♡)え?……あっ…
臣)もう付き合ってんのに?
♡)……


そっか…
あの時は…
まだ付き合ってなかったんだっけ…


私が慌てて咄嗟に
イトコって言っちゃって…


♡)……
臣)これから一緒にいたらさ、
♡)…うん?
臣)まぁ、いつかわかんないけど
  いつかは絶対バレる時が
  来るわけじゃん?
♡)え…?
臣)結婚する時とか…
  まぁ…いつか…?
♡)……//
臣)そうなった時にさ…
 「彼女いないって言ってたくせに嘘つき!」
 「あの時、嘘つかれたんだ!」
  って思うより
 「あの時本当のこと言ってくれたんだ。」
  って方が…
  俺がファンだったら嬉しいから…
♡)……だから…
  「ファンに嘘つきたくない」…?
臣)そう。
♡)……


臣くんが優しく笑った。  


臣)大体さ、悪い事してるわけでもねぇのに
  隠したり嘘ついたりする意味が
  全然わかんねぇ。
  とか、最近思ったり。
♡)はわわ…
臣)恋愛だって普通にするし…
♡)……
臣)それが仕事に活きたりだって
  してんだからさ…
♡)……
臣)恋愛も全部ひっくるめて「俺」だから。
♡)……
臣)……お前のことが好きで
  お前と一緒に過ごしてきて…
  それで今の俺があるんだし…


サラッとそう言ってくれたのが
すごく嬉しくて…


♡)……///


臣くんの言う通り、私も…


臣くんのことを好きっていう気持ちが
もしなかったら…

臣くんと過ごしてきた時間が
もしなかったら…


今の私はいないんだ。


♡)……


なんだか…すごく不思議だな…


そして…
もっともっと大事にしたいって
改めて思う。


臣)どうした?
♡)んーー……
臣)??
♡)臣くん大好きだなぁって♡
臣)は?
♡)大好き♡
臣)……///
♡)大好き♡
臣)…わかったって//
♡)えへへ♡
臣)……///


手…繋ぎたいなぁ…
…って思ってたら


臣くんが咄嗟に私の頭を引き寄せて
おでこにチュッてキスをした。


♡)え…?
臣)……
♡)え…?///
臣)……
♡)な、な…んで…//
臣)……
♡)見られ…ちゃうよ//
臣)誰も見てないってw
♡)でも…//
臣)いいじゃん♡
♡)……//


嬉しいけど…


臣)よっし、次行くかー
♡)…うん//


臣くんに手を引かれて立ち上がった。


臣)あ、お前写真は?
♡)あ!!撮ってない!忘れてた!
臣)ははははw
♡)ね、ね、映画の最後に
  二人が歩いてたの、このへん?
臣)いや、もっと入り口側。
♡)え!!
臣)戻るか。
♡)うん!!


入り口付近まで戻ってくると

この辺だよって臣くんが教えて場所を
パシャパシャいっぱい撮影♡


♡)へへーー♡
臣)満足ですかw
♡)うんっ♡
臣)よし、じゃあ戻るぞー
♡)はーい!
  ……あれ…、ん?
臣)どうした?
♡)自転車が…重いよぉ…っ
臣)下、砂だからな。頑張れ。
♡)動かないよぉっ
臣)なんでw
♡)んんんっっ!!!
臣)つーかお前、これw
♡)え??
臣)電源入ってないw
♡)あ!!!忘れてた!!!
臣)ぶくくくw
  そりゃ重いわ、ほんとあほw
♡)もう!!ばかにして!!//
臣)はーいはいw
  ほら行くぞーーーー
♡)むぅぅ…




ー続ー

コメントを残す

スポンサーリンク
スポンサーリンク