【8】めざましテレビ

スポンサーリンク

しばらくして

♡が戻って来た音が聞こえて、
俺もリビングに出た。


俺のトレーナーを着たまま
ソファーでなんか飲んでる。


臣)何それー
♡)ホットミルクだよー♡
臣)ふーん
♡)飲みたい?
臣)んーん。
  俺もワックス落としたいし
  シャワー行ってくる。
♡)うん、行ってらっしゃい♡


♡は俺の服の
長い袖を少しつまんで
手をふってきた。

はぁ…萌え袖ずりー…//




俺がシャワーを浴びて戻ってくると
めざましTVに夢中な♡。


臣)は?また観てんの?
♡)またってなに~1日目のしか
  まだ観てなかったんだもん。
  だから今、二日分合わせて
  もっかい観てるのー。
臣)ふーん。
♡)へへー♡♡
  ぜいたく~~♡♡


ソファーにもたれて
床に座ってる♡の横に
俺も座った。




8-5

♡)ね、このアナウンサーさん面白いね!w
臣)いやーその人さ、
  ほんと終始テンション高ぇの!w
  なんかお前に似ててめちゃ笑ったわ。
♡)え?私に似てる?
臣)うん w
♡)きゃあ!

8-7

サバイバルの映像を観て
♡が顔を隠した。


臣)なんだよ!w
♡)これ何回観ても
  恥ずかしいんだもん…//
臣)みんな脱いでっからねー
♡)筋肉すごすぎるー!
  きゃー臣くん!
  かっこいい~~//
臣)これさw、サバイバルの前、
  この演出あるから
  みんなしてめっちゃ鍛えたもんw
♡)そうなの??
臣)うん。いつものツアーより
  みんな気合い入ってたw
♡)あっははw 面白ーい♡


8-6

♡)…ってゆーかほんと
  岩ちゃんと仲良しだねぇ♡♡
臣)うちの末っ子ね~
♡)ほんとに兄弟みたい♡あははw
 

8-1

♡)……。
  うん!そう!
  私もそう思う!

8-2

岩ちゃんが
俺と隆二の歌が変わったって言うと
♡が激しく共感した。


♡)そうなんだよね…うん!うん!
  あ!またソロ流れた…!
  わぁ…こうやって比べると
  ほんとにそうだね…
臣)……

8-3

♡)どっちの歌も好きだけど
  私はやっぱり
  臣くんの声が好きー♡♡
臣)……


俺が黙ってると
♡が振り向いてじっと見てきた。


臣)なんだよっ
♡)照れてるー♡♡
臣)やーめろ!//
♡)へへー♡♡
  だってほんとに
  臣くんの声好きだもん♡
  …あ!終わっちゃった…。
臣)まさか…もっかい観ないよな?
♡)あははw 観ないよw
臣)よかった。


♡がレコーダーを止めた。


♡)でも臣くんは
  『S.A.K.U.R.A.』のMVが
  一番好きなんだねー
  知らなかった。
臣)いや、あれマジで楽しかったもん。
  初体験だったし。
♡)臣くんの刀捌き
  カッコ良かったもんねー♡
臣)またあーゆーの撮りてーなー
  …ってかお前は?
♡)え?
臣)どのMV好きなの?
♡)私~?え~…全部好きだけど…
  今までの一番は
  『花火』だったんだけどね?
臣)うん。
♡)今は『Eeny, meeny, miny, moe!』が
  いっちばん好き~♡♡


そう言うと
持ってたクッションに顔をうずめて
ジタバタしだした。


臣)え、あれ一番なの?
♡)だってすっっごく
  カッコイイ曲だもん!
臣)いや、俺もあの曲
  すげぇ好きだけどさ…
♡)そしてあのMVの臣くんが
  一番好きー♡♡
臣)でも…お前、あの俺
  エロいって言ってたじゃん。
♡)えっ…、うん…//
臣)なのにあれ一番なの?
♡)う…ん…
臣)じゃあエロい俺が
  好きってことー?♪


ガバッと♡に抱きついた。


♡)ちーがーうー!//
臣)なんだよっ、そーだろ~!
♡)ちがうもんっ
臣)素直に認めろ~
♡)やぁっ!//


その声やべぇし…//


…って、俺が油断してる隙に

♡は俺の腕からスルッと逃げて
TVの方に身体を伸ばした。


♡)めざまし終わったから
  違うの観るー♪♪
臣)は?
♡)どれにしよっかなー♡


つーか待て。
その体勢ヤバい。


膝をついて前かがみで
DVD漁ってるけど…

俺のトレーナーが少し上がってて
後ろ…マジでギリギリだし。

こいつは誘ってんのかよ~~
もう!!///


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


臣)おいっ
♡)んー?
臣)んー?じゃねーよばーか!
♡)え、なにー??
臣)こっち来いっ


お腹に腕が回ってきて
一気に腰を抱き寄せられた。


♡)わっ!な、何?びっくりした…
臣)TV禁止~
  もうベッド行こ?
♡)え~〜もう?
臣)他にすることあるもん。
♡)え?
臣)もっと大事なことー


チュッ…


♡)えっ…//
臣)なんだよ…
♡)……//


おでこに触れた、やさしいキス。


♡)な、なんか恥ずかしい…
臣)はぁ?なんで!w
♡)だって…今のチュー…


すごく優しかったんだもん///


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


長い袖から少しだけ出した手で
自分の顔を隠して…

チラッと俺を覗く♡。


あ~もうほんと何なんだよ~!///


臣)だからお前それずるいって//
♡)え?
臣)萌え袖~!
♡)あ…だって…これ大きいから
  こうなっちゃうんだもん。
臣)はぁ…ほんともう…
♡)臣くんだってよくやってるよ?
臣)なにが?
♡)萌え袖…
臣)は?やってねーし!何で俺が…
♡)やってるよー!
  気付いてないのー?w
臣)うそ?やってねって!
♡)やってるもん!
  だって私それ好きだし♡
臣)え、まじ?ほんとにやってる?
♡)うんww
臣)完全無意識だったー…
♡)可愛いんだよー♡
臣)今はお前だっつーの!//
♡)やだっ きゃはははw


♡の身体をぎゅっと閉じ込めた。

甘い香りと
柔らかい感触。


臣)はぁ~なんかやべぇわ…
♡)え?
臣)なんか…
♡)…??


♡の首筋に顔を埋めた。


……すげぇ…癒される。


臣)……好き。
♡)えっ!何それ…///
臣)わかんねぇ。
♡)……
臣)……


わかんねぇけど…
好きなんだもん。


♡)なんか恥ずかしい…//
臣)お前恥ずかしがってばっかじゃんw
♡)だって…


顔を上げると
目を潤ませて俺を見つめる瞳。


頬を撫でると
ぴくん、と…目を閉じた。


臣)ベッド行く…?
♡)……
臣)いい…?
♡)うん……//




ーendー

スポンサーリンク

コメントを残す