【44】月刊EXILE

スポンサーリンク

臣)ただいまー
♡)おかえりなさーい!♡
臣)今日は寝たフリしてねんだw
♡)してないよっw
  あ、お風呂あるよー♡
臣)はいよ~


俺が洗面所で服を脱いでると
いきなりドアが開いた。


ガラッ


♡)きゃあ!!!!
臣)きゃあってなんだよ!!w
♡)ま、間違えた!////
臣)どんな間違いだよw
♡)あの…っ
  ピアス忘れちゃって…
臣)ああ、これ? はい。
♡)あ、ありがと///
臣)つーかまだ上しか脱いでねぇけど。
♡)えっ
臣)ってか散々見てんだろ?w
  何で今更照れてんの?
♡)何言ってんの!
  何回見たって恥ずかしいもん!
  ばかっ!///
臣)なんで覗かれた俺が怒られてんのw
♡)の、覗いたんじゃないってば!!
  もう知らないっ!///


ピシャン。


♡はドアを閉めて戻っていった。

おもしれ~~w



俺が風呂から上がると
リビングに♡の姿はなくて…


あれ?どこいった?


ソファーに座って髪を拭いてると


臣)あ…


俺の部屋から音が聞こえてくる。

キーボード弾いてんのかな。


様子を見に行くと
部屋のドアを開けても気付かずに
弾き続けてる。


臣)わっ!!!
♡)きゃあ!!!
臣)ぶくくくww
♡)もうっ!//
  びっくりさせないでよぉ!!
臣)だって全然気付かねんだもん。
♡)お風呂早かったね?
臣)そ?結構長く入ったけど…
♡)わ!ほんとだ!
  もうこんな時間だ!!
臣)ずっと弾いてたの?
♡)うん♪ 弾きたくなっちゃって。
臣)じゃあなんか歌ってよ。
♡)え、やだ!///
臣)やだって…w
  ケチだなーーー
♡)ぷんっ


そう言って♡は
リビングに逃げてった。


俺も後を追うと
今度は本を読み始めた。


臣)今日何してたの?
♡)え?
臣)休みだったんでしょ?
♡)そだよ♡
  今日はKちゃんとお買い物♡
臣)ふーん。ほんと仲良いなw
♡)らぶらぶー♡
臣)はいはいw
  あれ、これどうした?


♡が読んでたのは月刊EXILE。


♡)買ったー♡
臣)だ~から
  言ったら持って来るって!
♡)いいの!!
  今日読みたかったの!!
臣)昨日出たやつ?
♡)そ!!♡
臣)お買い上げ
  ありがとうございまーす…
♡)あはは♡
  私すごく貢献してるでしょ♡♡
臣)うん。
♡)今回臣くん載ってるー?
臣)載ってるよ。
♡)どこだどこだ~~♪


そう言いながらページをめくって…


♡)きゃあっ!!


パタン!!!


いきなり閉じた。


臣)どうした。
♡)臣くんいた…
臣)なんで閉じるし。
♡)エッチ!////
臣)は??
♡)啓司さん見てたら
  いきなり出てきたから
  びっくりした!!!
臣)お前…人をおばけみたいに…w
♡)だ、だって!!
  なんかエッチだったもん!!
  エッチな臣くんが
  こっち見てたもん!///
臣)はー?
♡)どうしよう…
  見れない…ドキドキ……
臣)ばかじゃねーの?w
♡)えーえーえーー///


今度は雑誌をそーっと開いて
目を細めて見始めた。


臣)お前は袋とじを見ようとしてる
  男子か!!ww

パシッ

♡)いたっ!!
臣)普通に見ろ!!ほらw


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


臣くんが私から奪って、本を開いた。


♡)あ!!
  この臣くん可愛い!!!
臣)え??
♡)この赤いの!!♡♡
  えーえー可愛い~~♡♡

44-1



♡)はっ!!出た!!
  エッチな臣くん!!
  うわー…うわー…
  なんでこんなアンニュイなの??
臣)なんでって…

44-2



♡)わっ!////
  この最後のページ…
  こんな目で見られたら死んじゃう…///
臣)ふはっw
♡)でもたまにこの目で見てくる…
臣)え?
♡)……

44-3

臣)どんな時?
♡)わ、私にエッチなチューしてくる…前…///
臣)何それ、してほしいって
  言ってんのー?w
♡)違いますー!!
臣)じゃあいいよ♡
  してやるから、もうベッド行こ♡
♡)違うってばー!///
臣)なんだよ~~
♡)だって私、
  NAOTOさんの見たいんだもん!


毎月楽しみにしてる、
NAOTOさんの連載。


♡)あ!あった!!
  臣くんもう見た?
臣)まだ。俺も見たい。


臣くんと二人で顔をくっつけて
NAOTOさんのほの字組を読んでたら…


♡)こ、これ…ww
臣)あははははっ!wwww
♡)おっかしー!!ww
臣)や、やっべぇこれ!!www


二人して笑いが止まらなくなった。


♡)た、たまぐし…www
臣)お前泣いてんじゃんww
♡)だって面白すぎるんだもん!!!
  笑いすぎてお腹痛い~~www
臣)マジNAOTOさん最高!ww

44-4


♡)ってゆーか…
  大樹くんかわいそうすぎる…ww
臣)あはははっww
♡)このオリメンが振り向いた時の
  背筋が凍るような思い、
  なんか想像できる…ww
臣)やべーなww
♡)臣くんもいたんでしょ?
臣)いたけど…w
  あとから笑ったけど…w
  こう改めてNAOTOさんの文章で
  読むとヤバいww
♡)NAOTOさん毎回毎回
  ほんと天才だよねww
  ほの字組の本出してほしいな~~
臣)それ、TAKAHIROさんも言ってたわw
♡)やっぱり?!
  絶対私買うのに~!!
臣)あ~~笑った~~www
♡)ね!ww
  は~~ほんとにお腹痛いw
臣)じゃあそろそろ寝っかw
♡)うん♡


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


俺がベッドでコロコロ転がってると
♡はドレッサーの前で

せっせとボディクリームを塗ってる。


臣)まだー?
♡)え?待って~
  …よし、終わったー!
臣)あれ?何この匂い。
♡)今日買ってきた
  新しいボディクリーム♡
臣)なんか甘い匂いする。
♡)いい匂いでしょ~♡
臣)うん。
♡)へへー♡えいっ!!


♡が俺の腕に飛び込んで来た。


♡)あったかーい♡
臣)……
♡)おやすみなさい…
臣)おい!w
♡)え…?
臣)寝んの?
♡)寝ないの?


って、なんかもう眠そうだし!


♡)臣くんにくっついてたら…
  あったかくて気持ち良くて…
臣)寝ーるーなー
♡)ん~~
  じゃあなんか歌って~??
臣)はい、歌います。


即答。


♡)何それぇw


だってお前、寝ちゃうもん。


臣)何がいいですか。
♡)え~~
  えっとえっと…
  眠気が覚めるようなやつ…
  B’z!
臣)え!!
  いきなりハードだな…
  B’zの何?
♡)いつかのメリークリスマス♡
臣)眠気覚めねぇじゃん!w
♡)だって…B’zといえば…
臣)そんなバラード歌ったら…
  お前寝んだろ!w
♡)え~~
  じゃあGLAY!!口唇!!
臣)おわ…パンチきいてんな。
♡)早く歌ってー♡
臣)つーかこんなたっけーの
  寝ながら出ねぇわ。
♡)じゃあ起きて♡
臣)やだよw
♡)じゃあスローで♡
臣)お前無茶ばっか言うな?w
  口唇スローでってどんなんだよ…
♡)やってみて~~♡


あ~あ、完全に甘えモードだし…


臣)はいはい…
♡)わーい♡


臣)〜♪口唇に奪われた 
  あの愛の蜃気楼の中で 乱れていた
  この胸 心どうでもイイと
  悪魔のささやきに 
  今オマエの手まねきに揺れてる
  破裂しそう 
  触れ合う口唇 焼ける様に熱くなる♪〜


♡)わぁぁぁ!!♡♡
  何これ!!!
臣)え?
♡)ゆっくり歌うとなんか切ない!!
臣)な、思った。
♡)そしてなんかちょっとエッチ…
臣)え??
♡)なんでもなーい♡♡
臣)はい、お前の番。
♡)え!!
臣)歌って~♡
♡)ちょっと!真似しないでよ//
臣)早く~♡
♡)似てないー!!w
臣)なんで。
  めっちゃ似てんじゃんw
♡)もぉ~~~!
  …何がいいの?
臣)何でもいいよ?
♡)じゃあ昼顔でいい?
臣)は?


昼顔って…


♡)激しく燃える♪
臣)おい!それ俺の歌だろ!w
♡)いたっ!違うもん!
  昼顔だもん!w
臣)ちげーわ!w
♡)あははは♡
臣)…でも…、歌って?
♡)え?
臣)それ。
♡)Link…?
臣)うん。歌える?
♡)何回も聴いてますからねー♡


そう言って♡は深く息を吸った。


♡)〜♪激しく燃える 二つの炎
    永遠に消えることなく
    一つになって 時を止められるなら
    もう全て失ってもいい
    どんなに苦しくても離れられない♪〜


俺は目を閉じて、静かに耳を澄ませた。


♡)……Link、好きだよ♡
臣)キー高い?
♡)#2くらい。
臣)だよな?俺より高かった。
  おんなじとこ
  ファルセットにしたしょ。
♡)真似~♡♡
臣)ほんとによく聴いてんな。
♡)えらいー?えらいー?♡♡
臣)えらいっつーか…
  お前の声で歌うと
  こんなカンジになるんだ…


なんか…すげーな…


臣)世界観は変わんねぇけど…
  なんか切なさが深い…
♡)男性ヴォーカルと
  女性ヴォーカルだと
  違うってこと??
臣)うん…それもあるけど…


けど…

いや、わかってる。

俺がこいつの声が好きなだけ。


なんか…ひきこまれんだよな…


♡)はい♡じゃあ次、臣くん♡
臣)え!!
♡)いつかのメリークリスマス♡♡
臣)お前、しつこいな?w
  それ好きなの?
♡)名曲でしょ♡♡
臣)まぁな。
♡)はい、登坂広臣さんで
  『いつかのメリークリスマス』~!!


臣)〜♪いつまでも 手をつないで
    いられるような気がしていた
    何もかもがきらめいて
    がむしゃらに夢を追いかけた♪〜


♡)わ~~♡
  やっぱいいな~~♡♡
  臣くんの声で歌うと全然違う♡♡
臣)そうか?
♡)うん♡♡
  臣くんの声好き!!
  サビ以外もちゃんと歌ってー♡
臣)え…、お前…寝ない…?
♡)寝ない♡♡
臣)はいはい…


甘えてくる♡に、
仕方なく冒頭から歌う。


臣)〜♪ゆっくりと12月の
     あかりが灯りはじめ
  慌ただしく踊る街を 
     誰もが好きになる♪〜


臣)あれ…
  この後の歌詞なんだっけ…
♡)……


あれ?


臣)…って、寝てるし!!
  やっぱ寝たじゃん!ばかやろーー


なんかめっちゃ幸せそうな顔して
寝てんだけど…

襲おうと思ってたのに~~~



ふわふわの髪をそっと撫でると

♡はむにゃむにゃ笑って
また、そのまま眠った。


こんな顔して寝られたら
もう起こせねーし…


臣)はぁ……


ま、いっか…
寝顔が可愛いから許してやろ。


でも絶対明日襲ってやる。


___ぎゅっ




ーendー

スポンサーリンク

コメントを残す