【43】新人賞

スポンサーリンク

♡)臣くんおはよ~起きて~♡
臣)ん~~~
♡)朝ご飯できたよー♡
臣)あーい。
♡)……
臣)……
♡)って、起きる気ないでしょ!w
臣)あるある…起きてる…
♡)もう~~
  チューしちゃうぞー
臣)はい、喜んで。
♡)もうっ!起きてっ!!w
臣)え?チューは?
♡)えっ
臣)してくれんじゃないの?
♡)…も~~、はい//


チュッ


臣)よっしゃ起きるか~~♡
♡)ばか…//


私が朝ご飯を並べてると
顔を洗った臣くんがキッチンに来た。


臣)なんか手伝う?
♡)ううん、大丈夫だよ?
臣)あ…
♡)え?
臣)つーか…、ごめん。
♡)え?
臣)これ…ちょっと見えるかも…
♡)??


臣くんが私の首元を
ゴシゴシしてきた。


臣)消えるわけねーか。
♡)え!!


まさか…


洗面所にダッシュすると


♡)!!!


ついてるー!!


♡)えーーっ!///


さっき顔洗った時は気付かなかった。

どうしよう…
首元だから…

シャツとか着れば、見えないかな??


私がキッチンに戻ると
臣くんがギュってしてきた。


臣)ごめんなさい。


えっ!!
何この素直な臣くん…///


臣)怒ってる?
♡)怒ってないよ?w
臣)見えないとこに
  したつもりだったんだけど…
  昨日夢中だったから…
♡)え……


む、夢中って…
恥ずかしいよ~~~///


何なのこの臣くん…

まだ眠いのかな…??
シュンとした声がなんか可愛くて…

甘えモード…


♡)ご、ごはん食べよ?
臣)うん。


二人でテーブルに座った。


♡)いただきます。
臣)いただきます。


ご飯を食べ始めると
スープを飲んだ臣くんの表情が変わった。


臣)げほっごほっ!!!
♡)どしたのっ?!!
臣)こ、これめっちゃ辛い!!!
♡)え???か、辛い?!


そんなはずは…と思って
私も一口、飲んでみると


♡)うっ…


ほんっとうに辛くて涙が出た。


♡)な、何これぇ!!!
臣)知らねぇよ!!w
  俺が聞きたいわ!!
♡)やっちゃった…
臣)久々に出たな、魔界飯…
♡)ごめんなさい……
臣)いや、いいけどw
  一気に目ぇ覚めたわ。
♡)え~~
  何をどうしたら
  こうなっちゃうのー??


全然意味わかんないよぉ!!
もう~!!


臣)スープ以外は美味しいです。
♡)えっ
臣)いっつもありがと。
♡)は、はい…


そう言うと臣くんは結局
スープも全部飲んで、完食してくれた。

はぁ…申し訳ない…


♡)臣くん、今日は遅いの?
臣)あ~~多分ね。
  今日授賞式だから。
♡)あっ!そっか!!今日だ!!!
臣)うん。
♡)テレビでやるんだよね??
  わぁ!!楽しみ~!!
  絶対帰って来なくっちゃ♡
臣)そんな映んねぇと思うけど。
♡)いいのー!!♡♡
臣)あっそw
  じゃあ俺そろそろ出るわ。
♡)うん♡行ってらっしゃい♡
臣)行ってきます。


臣くんを見送って
私もすぐ会社に行った。


昨日はパーティーで
早く会社出ちゃったから
今日は大忙し!!

朝からマッハで仕事をやっつける。


K)♡、ランチ行けるー?
♡)え?もうこんな時間?!
  行くー!!
M)私もー!!!♡♡
K)出た。
M)連れてってください♡
K)はいはい…w


下に向かうエレベーターに乗ると
先に社長が乗ってた。


♡)お疲れさまです!!
社)やぁやぁ、お疲れさま。
M)社長もこれからランチですかぁ?
社)うんうん。
  何かオススメあるかね?
M)え~~♡
  じゃあ一緒に行きましょうよぉ♡
社)おやおや、こんな若い子たちと
  ご一緒していいのかね?
M)もちろんです~♡♡
社)じゃあお言葉に甘えようかな♪


Mちゃんが強引に誘って
4人でイタリアンのお店に入った。


社)昨日のパーティーはどうでしたか?
K)めっちゃ美味しかったです!
M)お料理の感想ですかぁ?
K)うん。
♡)あはは♡
M)社長!!
  私もパーティー行きたいです!!
社)おやおや。
M)イベント系とかって
  いっつも先輩とKさんばっかり~
  ずるいです~~
社)じゃあ今度はMくんに
  お願いしようかね?
M)え!!いいんですかぁ?!
  やったぁ♡♡♡
K)すげぇ。言ったもん勝ちだw
♡)あははは♡


パスタを注文すると
サラダとスープが先に運ばれて来た。

ああ…このスープは美味しい…泣


♡)あの…社長…
社)なんですか?
♡)えっと…あの…
  私が何か雑誌とかに、もし載ったりしたら
  まずいですか…?
社)雑誌??
♡)はい…
社)それは兼業ってことかな?
♡)あ!全然わからないんですけど…
  もしもの話です。
社)全然いいですよ?
  ちょっと載るくらいなら
  何も問題ないですし
  もし本格的に始めるなら
  兼業届けさえ出してもらえればね。
♡)わかりました。
K)あ、そっか。
  あんた佐伯さん?だっけ?
  に、口説かれてんだもんね。
M)え!!佐伯さんて…
  こないだの編集長ですよね??
♡)え…!


すごい…
Mちゃん、ちゃんと名刺見てたんだ…
編集長だって知ってた。


M)え、先輩、モデルやるって事ですかぁ??
  え、え、どうしよう!!♡♡
K)なんであんたが
  どうしようなんだよ。
M)だってだって~
  そしたら撮影とか
  見学に行けちゃうかも
  しれないじゃないですかぁ~♡♡
K)出た、ミーハー。
社)おや、さっちゃんの雑誌なんですか?


え??


♡)さっちゃん???
社)佐伯のさっちゃんです。
♡)え…■■の佐伯さんですけど…
社)ああやっぱりw
  さっちゃんなら安心ですね♪


え?え?


♡)あ…!!


そういえば佐伯さんも
「勝山さん」って言ってたっけ!!


♡)お知り合いなんですか?
社)あはははw お友達です♪
K)す、すげぇ…社長はかりしれん…
♡)そうだったんだぁ……


社長のお友達だってわかって
なんだか佐伯さんに親近感♡



みんなパスタを食べ終わって
食後のコーヒーを飲み終わると
社長が言った。


社)ではそろそろ行きますか…
♡)はい。
社)あ、いいですよ、ここは私が。
M)え~~ごちそうして
  くれるんですかぁ??
  嬉しい~~♡♡
K)最初っからわかってたくせにw
M)社長ごちそうさまです~~♡♡
♡)ありがとうございます!
社)いえいえ、楽しかったですよ~


ビルに戻ってエレベーターを待ってると
Mちゃんがくっついてきた。


M)先輩、今日何時上がりですかぁ?
♡)え??わかんないけど
  早く帰ろうと奮闘中…
M)え、なんかあるんですかぁ?
♡)ケーキ焼こうかなって。
K)え?なんかあんの?
♡)今日ね、臣くん授賞式なの♡
K)え??
♡)アカデミー賞の…
K)あ!そうなんだ!!
M)え、そのお祝いってことですかぁ?
♡)お祝いっていうか…
社)臣くん…
♡)えっ!!あ!!


ポーーン♪


M)あ、着いた♡
  じゃあ社長、失礼します♡
  ごちそうさまでした♡
社)はい。


私たちは先にエレベーターを降りた。


今の…


♡)社長に聞こえちゃったかな…
K)社長、三代目絶対知らないっしょ!
  大丈夫だってww
M)逆に知ってたら
  びっくりしちゃいますね♡
  社長って何歳なんでしたっけ?
K)たしか…
  60過ぎだと思うけど。
♡)そうなんだ!
M)じゃあ絶対知らないですよ♡



それから午後も仕事をマッハで終わらせて
19時半に会社を出た。


家に帰ってきて
テレビを見ながらケーキ作り。

授賞式は21時からだから…
ってゆーか何時までなんだろ?


調べてみると23時までだった。


え~~
じゃあ臣くん今日ほんとに遅いんだ。


明日はお休みだし
起きて待ってたいけど
寝ちゃいそう…


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


臣)ただいまー


家に着いたのは0時過ぎだった。


臣)あれ?寝てんのかな…


リビングのドアを開けると
♡はソファーで寝てた。


臣)やっぱり寝てた。
  おーい、起きろー。
♡)……
臣)こんなとこで風邪ひくぞ。
  起きろ。
♡)……
臣)…って、全然起きねぇし。


俺がかがんで♡に近付くと


♡)おかえりっ!!♡♡


いきなり抱きついてきた。


臣)おわぁっ!!!
  びっくりした!!!!
♡)へへー♡
  いつもの仕返しだよー♡♡


このやろーーーw


♡)えへへ♡


抱きついたまま離れねぇし…w


臣)ただいま。
♡)お帰りなさーい♡
  びっくりした?びっくりした?
臣)うん。寝てると思った。
♡)やーい♡♡


満足そうに笑ってる。


♡)ちゃんと起きて
  アカデミー賞、観てたんだからぁ~
臣)あ、ほんと?
♡)もちろんです♡♡
  ってゆーか…なんか観てるだけで
  私まで緊張しちゃったんだけど…
臣)え?
♡)何あの会場の荘厳な雰囲気!
臣)な!!
  ほんっと緊張したわ~~~
  マジやべぇ。
♡)臣くんも緊張してたの??
臣)するよ!!
  あんな雰囲気だし
  すげぇ人たちばっかりだしさ。
♡)でも臣くんカッコ良かったよ♡
  さすがだな~♡
  なんか凛々しかったもん!!
臣)いや、本当に緊張してたってw

43


♡)そーだ!!
  ちょっと待っててね♡


♡はキッチンにパタパタ走っていくと
小さなケーキを運んできた。


臣)何これ?
♡)お祝い♡♡♡


え??


♡)改めまして…
  新人賞、おめでとうございます♡♡


え!!


臣)マジで?!!
♡)うん♡
臣)何このケーキ…
  めっちゃ可愛いじゃん。
♡)ほんとー?♡
  作って良かったぁぁ♡
臣)え!!!作ったの?!!
♡)そだよー♡
臣)え!!
  買ってきたみてぇじゃん!!
♡)そうかな…へへ♡


相変わらずの腕前に
感動しかない。


臣)ほんとすげぇ…
  今食う!!
♡)え、明日でもいいよ?
臣)ううん。食う。
  っつーかまず写真撮る!
♡)え…、恥ずかしいんだけど…//
臣)すげーなお前。天才じゃない?
♡)えーー!!
臣)こないだのチョコもすごかったし。
  マジで…
♡)良かった♡
  じゃあ今朝のスープは忘れてね♡
臣)あっはははw
  わかった、忘れるわw


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


臣くんは写メを撮ると
何回も感動しながら
ケーキを食べてくれた。


作って良かったぁぁ♡


臣)あ!っつーか一人で食っちゃった。
  食いたかった?
♡)ううん、臣くんのだもん♡
臣)…美味かったわ。
♡)へへ♡
臣)っつーかこんなん作ってくれたのが
  すげー嬉しいんだけど。


そう言って臣くんは
優しく笑った。


臣)なんか照れんな…//
♡)……//


照れてる臣くんが可愛くて…


♡)ん~~~っ♡


私は思わず抱きついた。


♡)すきっ♡♡
臣)……//
♡)だいすき♡♡
臣)…ありがとw




ーendー

スポンサーリンク

コメント

  1. なな より:

    いつもキュンキュンしながら読んでます☺

コメントを残す