【33】お買い物デート

スポンサーリンク

♡)臣くーん…
臣)……
♡)臣くん、まだ寝てるー?
臣)……


部屋の入口から呼びかけても
全然起きる気配のない臣くん。


ベッドまで近付いてみると
まだぐっすり寝てる…


♡)臣くん、今日仕事何時からー?
臣)……
♡)臣くーん?
臣)……


だめだ…どうしよっかな…

昨日聞いておけば良かった。


一応朝ご飯作ったんだけど
食べれるかな?


♡)臣くん…


ぐっすり眠ってる臣くんのほっぺに
そっと触れると…


いきなり手を掴まれた。


♡)きゃあ!!!!
臣)あっはははww
♡)ちょ、ちょっと!!
  起きてたの?!!
  びっくりしたぁ!!!
臣)ははは!お前の顔!w
♡)もう!ばかっ!!//
臣)めちゃめちゃ
  びっくりしてやんのーw
♡)も~~!!
  心臓止まるかと思った!!


子供みたいに
イタズラな顔して笑ってる。


♡)そうやってたまに寝たフリして
  驚かすんだから!きらいっ!
臣)なんつった?
♡)え…きらい…
臣)え?なに??
♡)きらいっ
臣)あ~聞こえね~~
♡)もう!好きっ!//
  ばかっ!!!
臣)ははっw
  よ~しよしよしよしw


臣くんが私を抱き寄せて
頭をわっしゃわしゃしてくる。


♡)ちょっとぉ!
  なに人をわんこみたいに~!
臣)え?わんこじゃないの?
♡)ちがう~!!
臣)だって髪とかふわっふわだし。
  よ~しゃしゃしゃ~w
♡)もうっ!!やめてよ~!
臣)あっはは!w なんか
  トイプードルみてぇになったw
♡)も~!ぐちゃぐちゃ~!
臣)かわいーじゃんw
♡)わんこじゃないもんっ
  直して~!
臣)はいはいw


臣くんは私の髪を手ぐしでとかして
おでこにチューしてくれた。


♡)///
臣)おはよ。
♡)おはよ///
  朝ご飯、食べれる?
臣)作ってくれたの?
♡)うん。
臣)食う!
♡)仕事何時から?
臣)昼から。
♡)え!そうなの?!
臣)うん。
♡)……
臣)なんでそんなニヤニヤしてんの。
♡)ニヤニヤしてない!//
臣)ニコニコ?
♡)ニコニコ♡
臣)ふはっw
  俺といれんのが
  そんな嬉しいのー?


とか言って臣くんが
ぎゅーってしてきた。


♡)そうだよ♡♡
臣)お、素直w
♡)嬉しいもーん♡♡
臣)おっ!懐いてきた。
♡)懐いてきたってなに!w
  わんこじゃないってば!w
臣)くっついてきたからw
♡)も~!
臣)じゃあ飯食うか。
♡)うん♡食べよー!
臣)ん。顔洗ってくるわ。
♡)うん。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


俺が洗面所に行くと
♡がついてきた。


臣)なんでついてくんの?
♡)え?あ!なんでだろ!
  ついてきちゃった!
臣)やっぱりわんこじゃん!w
♡)あれ…
臣)ばーかw
♡)ご飯の用意してくるー!


そう言ってキッチンに走って行った。
ほんと面白い奴…w



リビングに戻ると
テーブルに並ぶ、美味しそうな朝飯。


臣)いただきまーす♪
♡)どうぞー♡
臣)お前今日何してんの?
♡)今日はお買い物行こうかなーって
  思ってた。
臣)買い物?
♡)うん。今週ね、
  仕事でパーティーがあるのと、
  来月友達の結婚式もあるから
  新しいドレス買おうかなーって思って。
臣)あ、そうなんだ。
  俺も行こっかな、それ。
♡)え?臣くんも何か買うの?
臣)いや、買わねーけど。
  お前の買い物
  付き合おっかなって。
♡)え!!え!!!
臣)なに。
♡)臣くんと
  お買い物デートってこと?!
臣)ぶっw
  デートっつーか…まぁ、うん。
♡)えー!えー!!♡♡


めっちゃ嬉しそうに喜んでる。


臣)行く店決まってんの?
♡)ううん!全然!
臣)じゃあ適当に連れてってい?
♡)え!うん!!
  えー!えー!!
  …臣くん、バレないかな?
臣)買い物ぐらいいつも行ってるし。
  サングラスかけてりゃ大丈夫。
♡)で、でも私と一緒にいたら…
臣)もしバレたら犬のフリでもしてろw
♡)何それ!!w


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


どうしよう、どうしよう♡♡

お昼まで一緒にいられるだけでも
嬉しかったのに…

一緒にお出かけ~!!♡♡


嬉しくて顔がニヤけちゃう…


臣)あ、そーだ、話変わるけど…
♡)ん?
臣)NAOTOさんと直己さんが
  お前に会いたいんだって。
  あ、あとELLYも。
♡)えっ!!
  私に?!どして??
臣)付き合ってるからじゃん。
♡)えっ!!
臣)HIROさんも…
  会わせてって言ってた。
♡)ええええ!!!
  ひ、HIROさん!!!
臣)うん。
♡)すごーい!すごーい!!
  嬉しい!♡♡楽しみ~♡♡
臣)え?
♡)え?
臣)楽しみなの?
♡)え…うん。え、嘘なの?
臣)いや、嘘じゃねぇけど!w
  何が楽しみなの?
♡)だって…!
  私も会ってみたいもん♡♡
臣)そうなの…?
  緊張とかしねぇの?
♡)どうして?
  え…!ほんとはすごく怖い人とか?
臣)いやw
  めっちゃいい人たちだけど…
♡)そうでしょ?♡♡
  臣くんが大好きなのも知ってるし
  私も大好きだもん♡♡
臣)そか…
♡)うん♡♡


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


なんか意外な反応だった。


NAOTOさんや直己さんはまだしも
HIROさんの名前出してもケロッとしてる。

俺でも話す時、緊張すんのに。


臣)お前肝据わってんなー
♡)え??
  あ!!でも!!
  …どうしよう。
臣)なにが
♡)ELLYって何て呼んだらいいの…?
臣)気にすんのそこかよ!w
♡)だ、だって…
  いつも勝手にELLYって呼んでるけど
  いきなり呼び捨て、失礼じゃない?
臣)いいじゃんそのまんまでw
♡)えーえー
  でもELLYくんとかELLYさんも
  なんか変だし。
臣)うん。気持ち悪ぃ。
♡)あはは!ひどいw


それからご飯も食べ終わって
服も着替えて

♡の用意が終わるのを
リビングで待ってるけど…

全然出てこねぇ。


臣)おい!
♡)はいっ!!
臣)開けんぞ!
♡)え!!わ!!
臣)まだ?
♡)だって…
  ちょっと待って~~
臣)おま…服出し過ぎ!w
♡)だってだって…
  どれにしようか迷っちゃって…
臣)服買いに行く服を
  そんな迷ってどうすんだよw
♡)だってだって…
  せっかく臣くんとお出かけなのに…
臣)時間なくなんぞ。早くしろ。
♡)えー!待って~!!
  えっとえっと…
  これとこれだったらどっちがいい?
臣)今日、髪型それ?
♡)うん。
臣)決まり?
♡)うん。
臣)じゃあ服はこれとこれ。
  あと上はそれ着ろ。
♡)は、はい!!
臣)3分以内に出てこなかったら
  置いてくかんな。
♡)えー!!!!


バタン。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ど、どうしよう!!
急いで着替えなくっちゃ!!

なんであんな一瞬で選べちゃうの?!
これと…これと…


♡)あ……


着てみて鏡で見てみると
服もピッタリだし髪型とも合ってるし
びっくりした。


臣くんすごい…


♡)お待たせ!!
臣)ん。行くぞ。
♡)可愛い?
臣)は?
♡)これ♡♡
臣)俺が選んだんだから当たり前。
♡)へへー♡♡


臣くんはサングラスにハットスタイル。

こんな変装?で
大丈夫なのかな?


どこからどう見ても
臣くんなんだけど…



タクシーに乗ると臣くんは
マネージャーさんに電話をかけた。


臣)Sさんごめん。
  今日買い物行くから
  スタジオ直接行くわ。
  13時?了解。
  じゃああとで。はーい。


電話を切るとそのまま
臣くんが手を繋いでくれた。


ドキドキするー♡♡


臣)なに
♡)え?
臣)さっきからあほな顔してるw
♡)あほってなに!ひどい!w
臣)はははっw


嬉しくて顔に出ちゃってるのかな…

でもほんとに嬉しいんだもんっ♡


臣)あ、そこ右に曲がって下さい。
  そこの車の前で。


タクシーを降りると
来たことないお店の前。


あの…

なんか高そうなんだけど…
どうしよう。


先に階段を上った臣くんが
振り返って私の顔を見た。


臣)何してんの。ん。


差し出してくれた手を掴んで
一緒に階段を上った。


ドアを開けると綺麗な店内に
可愛い服がたくさん並んでて…


♡)臣くん、どうしよう!!
  全部可愛い~~♡♡
臣)ははっw
  って言うと思った。
  お前好きそうなテイストでしょ?
♡)好き!♡ときめく!♡
  キャ~!!♡♡
臣)目がハートになってる…w


全部可愛くて
見てるだけで幸せ~♡
何このお店~!♡♡


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


臣)どんなんがいいの?
♡)え?
臣)パーティーに着てくんだろ?
♡)あ、そうだった!
臣)おいw
♡)どうしよっかな…
  どんなのがいいかな…
  ……あ、これすごい好き♡


♡が手に取ったドレスは
キレイな桜色のワンピースドレス。

似合うじゃん…
と思って見てたら
値札を見た♡がすげぇ顔になった。


臣)ぶはっw どうしたw
♡)お、臣くん…
  ここ…私がいつも買ってる服の
  軽く2~3倍はするんだけど…
臣)いいじゃん別にw
♡)よくないよ~!
臣)好きなの選べば?
♡)え?
臣)買ってやるって言ってんの。
♡)えー!!!!
  ど、ど、どうして?!!


どうして…って言われても…


♡)いいよ、こんな高いの!
臣)いいって。
♡)だめー!
臣)あ、じゃあホワイトデーの
  お返しってことでどう?
  ちょっと早いけど。
♡)え!!
臣)だったらいいっしょ?
♡)……
臣)いいだろ!w
  早く好きなん選べ!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ホワイトデーのお返しって言ったって
これじゃあ…何倍返しになっちゃうの??


高いけど…
やっぱり自分で頑張って買おう!!


♡)臣くん!やっぱり…
  あれ??いない…


臣くんの姿を探すと
向こう側のメンズコーナーに
大好きな後ろ姿。


臣くんも何か買うのかな…


よし!私も選ぶぞー!!

でも…本当に全部可愛くて
迷っちゃうよ~~~
どうしよう~~~


……



臣)おい
♡)わっっ!!!!
臣)決まった?
♡)えっと…
  これとこれと…
  あれとあれと…
  あとそれも気になってて…
臣)気になり過ぎだろ!w
♡)だって…
  全部可愛いんだもん…//
臣)優柔不断だな~
  ほんと隆二みてぇw
♡)え?
  あ、でも本当に迷ってるのはこの3つ!
臣)ふーん、これね~
  お前自分に似合う色は
  わかってんじゃん。
♡)え?ほんと?
臣)うん。
  とりあえず全部試着すれば?
♡)えっ!!


臣くんに背中を押されて
フィッティングルームの前に。


臣)この色なら
  こっちの形の方がいいわ。
  お前、脚綺麗だからこっちの方が
  シルエットが綺麗。
♡)はい?
臣)あと、こっちはもっとラインが
  細いやつの方がいい。これとか。
♡)これ背中がいっぱい開いてるけど…
臣)いいじゃん。
  お前背中綺麗なんだから出せば?
♡)え??
臣)あとこっちも。
  ここがドレープになってる方が
  ウエストのライン出る。
♡)え??え??
  出してどうするの??
臣)ウエスト細いんだからいいじゃん。
  綺麗なもんは出せ。
♡)えっ、えっ、
臣)すいません、試着いいですか?


すぐ側にいた店員さんが
ドレスをハンガーから取ってくれた。


♡)こ、これ…
  どうやって着たらいいんですか…?
店)ふふっw お手伝いしますよ♡


店員さんが一緒に
フィッティングルームに入ってくれた。


♡)えっ!


フィッティングルームも広っ!!
何ここ~!!


♡)ほわわ…


なんだか怒濤のごとく
褒めていただいた気がして

嬉しいやらびっくりやらで
私が放心していると

くすくす笑う、店員さん。


店)彼氏さん、すごいですね~♡
♡)えっ
店)アドバイスが的確だし
  すごくセンスいいですよ~♡
♡)あ…ほんとですか?
店)はい~♡
  そして…愛されてますね♡
  聞いてて照れちゃいましたけどw
♡)えっ…私も恥ずかしすぎて
  死にそうです…///
店)あははは♡
  じゃあファスナーあげますね?
♡)はい!お願いします…


フィッティングルームの
カーテンを開けると

臣くんがニッと笑った。


臣)いいじゃん。
♡)ほ、ほんと…?
臣)ほんと。はい次。
♡)えっ


2着目を試着すると


臣)うん。似合う。
  じゃあ次。
♡)は、はい!


最後の3着目を試着すると


臣)うん。よし。
♡)よ、よし?
  どれが一番いい?
臣)お前はどれがいいの?
♡)え~~
  どれも可愛かった…
  全部好き…迷う~~
店)彼女さん、本当にスタイルがいいんで
  どれもとってもお似合いですよ~♡
♡)えっ!!//
  あ、ありがとうございます。


とりあえず元の服に着替えて
フィッティングルームを出ると
臣くんがいなかった。


あれ??


振り返ると
バッグに付けてたヘアクリップが外れて
カランコロン、転がっていった。


♡)あわわっ


慌てて追いかけると
メンズ側にいたお客さんが
拾ってくれた。


♡)ごめんなさい!!
  ありがとうございます!!
女)あら…?あなた…
♡)え…? …あ!!


昨日名刺をくれた
ファッション雑誌■■の女の人!!


すっごく美人な人で
カッコイイショートヘアが
印象的だったから覚えてる。

もらった名刺…、確か…
「佐伯さん」だっけ??


佐)すごい偶然!良かった!
  あの後も私どうしても
  あなたにもう一度
  会いたいと思ってたの!!
♡)えっ…
佐)ねぇ、本当にモデルやってみない?
♡)えっと…、ごめんなさい。
佐)何か出来ない理由とか…あるの?
♡)そういうわけじゃないんですけど…
佐)あら?登坂くん?

臣)えっ!?


後ろから来た臣くんが
びっくりしてる。


え?!知り合い?


臣)佐伯さん!
佐)久しぶりね!
臣)はい、ご無沙汰です。


私がきょとんとしてると


臣)前に撮影でお世話になった佐伯さん。


知り合いだったんだ…!
びっくり…!!!


佐)もしかして…
  登坂くんの…彼女?
臣)ああ、はい。
佐)え、本当に?!!
  すごい偶然!!♡♡
臣)え?
佐)なんだ~~!!もう~~!!
  じゃあ話早いじゃない♡♡
♡)え…
佐)今ね、彼女口説いてたの♡
  モデルやってみないかって。
  登坂くんからも言ってよ~
臣)え??モデルですか!?
佐)そう!
  昨日街で偶然見かけて
  思わず車から降りて声かけたんだけど
  あっさりフラれちゃって。


え!!
スカウトの人じゃなかったの?!

わざわざ車から降りて
声かけてくれたなんて…
知らなかった。


佐)でも今日また会えたし
  登坂くんの彼女だって言うし
  これはもう運命だと思うのよね~♡
臣)はぁ…


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


色んなモデルを見てきてる佐伯さんが
そこまで言うなんてすげーな…


佐)これから売り出せるような
  若い子探してたのよ~♡
臣)えっ!!
佐)え?
臣)こいつ…そんな若くないですけどw
佐)え?ハタチくらいでしょ?
臣)ぶはっw
♡)ち、違います~~
  もう社会人です!!
佐)え~~!??
  学生さんだと思ってた!!
臣)また学生に間違われてやんのw
♡)ちょっと臣くん!
臣)ぶははw
佐)え~!!
  だってこんなにお肌だって…
  十代って言っても全然いけるくらい…
臣)それ言い過ぎっすよ、佐伯さん!w
佐)いやいや、本当に!


プルルルル


臣)あ、やべ、Sさんだ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


臣くんが電話に出ていなくなった。


佐)ね、とにかく一度話だけでも!
♡)私、ハタチじゃないです!
佐)そんなのいいの!
  この世界じゃ実年齢なんかより
  見た目が全てなんだから!
♡)え…でも…

臣)♡、わり、俺もう行くな?

♡)え?あ!もうこんな時間だ。

臣)はい、これ。

♡)え??


渡されたのは、大きな紙袋。


♡)え?え??これ…
臣)お前のドレス。
♡)え!!
臣)重いと思うからタクシーで帰れよ。
♡)え…、あ…っ
臣)あ、佐伯さん、じゃあまた!!
佐)はい。行ってらっしゃい♡
臣)失礼します。


臣くんが走って行っちゃうと
佐伯さんも腕時計を見て、


佐)あ、私も行かなくちゃ。
  じゃあ、ええと、名前教えて?
♡)♡です。
佐)じゃあ♡ちゃん、考えておいてね?!
  また登坂くんにでも連絡するわ!
  それじゃ!
♡)は、はい。


嵐のように去って行った。


♡)……はぁ…


知り合いだったんだぁ…
すごいなぁ…

スカウトって全部怪しいと思ってたけど…



ってゆーかこの紙袋!!


臣くん、買ってくれたの…??
どうしよう~~
自分で買おうと思ってたのに…


そしてなぜか…すごく重い。

臣くん、自分の服も買ったのかな?


地下鉄で帰るには
荷物が大きくて重かったから

私は言われた通り、タクシーで帰った。




ー続ー

スポンサーリンク

コメントを残す