【30】4日ぶりの再会

スポンサーリンク

家に帰ってきて
ごはん作って
ごはん食べて
お風呂入って
TV見て…


臣くん帰ってこないな~


今週忙しかったから疲れたなぁ…
眠くなってきちゃったけど
絶対臣くん待ってたいから…
寝ない…もん…


カクン…ッ


…は!!ダメだ!!
寝ちゃう!!


♡)ううう…


よし!!
ストレッチしながら
三代目のLIVE DVD観よう!!

これなら眠くならないっ!


でも…

三代目を見てると
臣くんに会いたくて仕方なくなっちゃう。


やっぱり歌を聴こう…


私はDVDを止めて
イヤフォンをつけた。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


臣)ただいまー


シーン。


臣)あれ?


電気、点いてんのに…


臣)ただいまー?


リビングのドアを開けると
♡は俺のパーカーを着て
ソファーに座ってた。


臣)え、寝てんの??


♡の顔を覗き込むと
スヤスヤ寝てる。

寝てんのに…泣いてる?

なんで?


俺は♡の涙の跡を拭いて
隣に座った。


臣)……


なんで…泣いてんだよ…


イヤフォン、つけたままだし…


左耳のイヤフォンをそっと外して
自分の耳に当ててみると

流れたのは俺の歌の
最後の部分。


アルバム聴いてたのかな…?

ってかなんでイヤフォンで
聴いてんだろ。


そのまま少し聴いてると
終わったのにまたリピートして
Linkが流れた。


臣)え…??


こいつ…
俺の歌、リピートにしてんの…?

そんで泣いてるとか…
なんでだよ。


横から♡の頭を抱き寄せると
♡がゆっくり目を覚ました。


♡)ん…、
  あれ…?臣くんだ…
臣)ただいま。
♡)臣くんだぁ…♡
  むにゃむにゃ…
臣)って、寝んのかよ!!w
  ただいまっ!!
♡)…え?
  わ、わぁっ!本物だ!!
臣)ただいま。
♡)わ、わ、お帰り!!
  え、え!寝ちゃってた!!
臣)うん。寝てたね。
♡)わぁ!私のばかっ!!
  お帰り!!お帰りなさい!!
臣)何回ただいま言わせんだよw
♡)わ!そっか…、わー……


俺のほっぺたを
ペタペタ触ってくる。


臣)なにw
♡)ほ、本物だぁって。
臣)なんだよそれw
♡)だって…
臣)……
♡)……
臣)で?
♡)え?
臣)お前はなんで泣いてたの?
♡)えっ?!
臣)泣いてたろ。
♡)あっ!!泣いてた!!
  ち、違うのこれは…
臣)寂しかった?
♡)ううん。
臣)寂しかった?
♡)ううん!!
臣)寂しかった?
♡)寂しくないよ!!
臣)あのなぁ!そこまで頑に
  寂しくないって言われたら
  逆に俺が寂しいわ!w
♡)えっ!あ!ごめん!!
臣)謝られても……
♡)あ、違うの!!
  えっと…あのね、
  寂しくはないけど…
臣)……
♡)すっごく会いたかったよ…?
臣)……


あ、ずるい…その、上目遣い…


♡)臣くんの声、聞きたくなって
  臣くんに…、触りたくなって…
  会いたくなって…
臣)……
♡)それってやっぱり
  …寂しかったのかな…?


そう言うと俺の服をつかんで
照れたように俺を見てくる。


臣)俺も会いたかった//
♡)へへ…//
  一緒だね♡
臣)ん…
♡)あ、でも泣いてたのは
  ほんとに違う!!
臣)え?
♡)寂しくて泣いてたんじゃないの!


慌てたように
俺の腕を掴んできた。


♡)あのね!大変なの!!
臣)え??
♡)こ、これ!Linkが大変なの!!
臣)はい??どゆこと??
♡)だから、Linkが昼顔なの~!!


♡が興奮しながら
iPhoneをブンブン振り回す。


臣)ちょ、落ち着け、
  意味わかんねぇw
♡)あのね!!
  今までLinkはなんとなく、
  ホットロードのイメージだなぁって思って
  聴いてたの!
臣)…うん。
♡)でもね、さっき気付いたの!!
  昼顔なの!!
臣)は…??
♡)昼顔の歌なのー!!
  ちょっと歌詞見て!!ほら!!


♡が歌詞カードを渡してきた。

いやいや…俺が書いたんだし
覚えてるけど…


一応俺は渡された歌詞を
もう一回読んでみた。


臣)…
♡)…
臣)…え。
♡)……
臣)…昼顔だ。
♡)でしょー?!!!
臣)おわ、何これ!!
♡)そうなの!びっくりなの!!
臣)すげぇ!めっちゃあのドラマだ!
♡)でしょ~!!
臣)え~~~~~~
♡)もうね、昼顔にピッタリって思ったら
  なんかもう切なくなっちゃって
  それで泣いちゃった。
臣)へ?
♡)へへ…//
臣)いや、へへじゃねーし!
  昼顔思い出して泣いてただけ?
♡)うん…
臣)お~ま~え~は~!!
  紛らわしいんだっつーの!!
♡)きゃははっw
  ごめん~!!いたい~!!w
臣)ったく、なんなんだよもうw


めっちゃ心配したじゃん!


♡)だって…
  昼顔切ないんだもん!!
臣)うん。
♡)あの終わり方、納得できないし!
臣)また言ってる…
♡)だって!!
  彩ちゃんは本当に先生の事が好きで
  先生だって彩ちゃんに
  本気だったのに!!
臣)うん。
♡)あんなのおかしい~!
臣)でも不倫だからな…?
♡)不倫だけど…でも…
  あれはもう浮気じゃなくて本気だもん!
  本気ならノリコは身をひくべきだもん!
臣)うん…
♡)先生だってなんであそこで
  ひいちゃうのー!!
  本気なら駆け落ちしちゃえばいいのに!!
臣)駆け落ち…
♡)彩ちゃんだけ可哀想だもん!
臣)彩ちゃんじゃなくて
  「紗和」な?
  彩ちゃん彩ちゃんて連呼されたら
  なんかHIROさんの顔
  思い浮かぶからやめてw
♡)えっ
臣)なんかHIROさんが
  不倫されたみたいな気になってくる…w
♡)あ、そっか!
  「紗和」ね!「紗和」!
臣)はい。
♡)だってあんなに想い合ってたのに
  引き裂かれちゃうなんて…
臣)うん。
♡)もし自分だったらって思ったら
  すっごく悲しくなったの。
臣)自分だったらって?
♡)臣くんのことが
  好きで好きで仕方ないのに
  もし離ればなれにならなきゃ
  いけないとしたらって…
臣)……
♡)……
臣)なんで涙目なんだよ!w
♡)想像したら悲しい~~
臣)お前は…なんでも感情移入しすぎ!
  ばか!w


俺が頭をわしゃわしゃすると
♡がその手を掴んできた。


♡)だって…
臣)ってゆーか…LIVEでLink歌う時
  お前のせいで絶対
  昼顔思い出しちゃうんだけど…
♡)え……
臣)どうしてくれんだよw
  このやろー!
♡)あはははw
臣)っとに…
♡)でも……
  同じ言葉でも受け取る人によって
  捉え方が全然違ったり
  色んな物語に当てはまったり…
  一つの歌なのになんかすごいよね♡
臣)うん。そうな。
♡)うん…


色んな…物語か…
…この歌詞は…俺は…


臣)ってかお前、なんでわざわざ
  イヤフォンで聴いてたの?
♡)え?
臣)つけてたじゃん。
♡)あ…うん、えっと…
臣)?
♡)臣くんの声、聴きたくなって…
臣)……
♡)…イヤフォンで聴いたら
  臣くんが…耳元で
  歌ってくれてるみたいだから…//


もじもじ言いながら
クッションで顔を隠した。

はぁ、もうっ//


臣)ん!


俺はソファーから立ち上がって
♡が持ってたクッションをよけた。



♡)え?
臣)ん!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


臣くんが両手を広げてる。


臣)そんなん(服)じゃなくて、
  本物、帰ってきたけど?
♡)…!!


私が立ち上がろうとすると
グイッと引き上げられて…

優しくぎゅ~~って
抱きしめられた。


臣)は~~~~~~
♡)……//
臣)癒される…
♡)うん…//


なんだか…
すごく…


♡)気持ちいい…
臣)え?
♡)こうやって
  ぎゅーってくっついてるの
  気持ちいい♡♡
臣)うん。
♡)安心する…
臣)な…


私たちはお互いを確かめ合うように
何回もぎゅ~~っと抱きしめ合った。


♡)あ…
臣)え?
♡)ぎゅーってしすぎて服ずれた…
臣)ほんとだ。
  ってかお前これ
  めっちゃブカブカじゃんw
  肩落ちてるしw
♡)うん、今落ちちゃった。


臣くんの大きなパーカー。


落ちた肩を戻そうとした私の手は
臣くんの手に掴まれて…


♡)え…?


そのまま右肩に…触れる唇。


チュッ…


♡)えっ、ちょ、ちょっと//
臣)ん~?
♡)何してるの?
臣)チュー
♡)それは…わかるけど!
臣)だって…こんなんエロい。
♡)えっ
臣)なんか…
  …久しぶりだから
  話したいこともあるし
  お前の顔も見てたいんだけど…
♡)…っ
臣)それより何より、シたい。
♡)えっ…!////


右肩からずり落ちてたパーカーは
臣くんに引っ張られて…

あらわになった鎖骨に
また触れる、柔らかい感触。


♡)ちょ、ちょっと…っ//


臣くんの肩を掴むと…


臣)もう脱がしてい?
♡)え…っ!

臣)服、邪魔。
♡)え?

臣)触りたい。
♡)え…、ちょ…っ//

臣)こんなん着なくても
  俺が抱っこしてやるし。
♡)え、え、

臣)俺に抱っこして
  ほしかったんでしょー?
♡)…っ

臣)俺の声、耳元で
  聞きたかったんでしょー?
♡)////


耳元まで顔を寄せてきて
臣くんが囁くようにそう言った。


臣)ここでなんて言ってほしいの…?
♡)ちょ、ちょっとぉ!!!//
臣)ははっww
♡)み、耳元でそんな
  エッチな声出さないでっ//
臣)エッチな声ってなんだよ!w
♡)今の…っ!!//
臣)聞きたいって言ったのお前じゃん…
♡)そ、そうだけど…//
  もう…こんなのずるい…っ///
臣)よいしょっ
♡)え、ちょ、ちょっと!!


臣くんは私をお姫様抱っこすると
ほっぺやまぶたに
いっぱいキスしてきた。


♡)~~~っ///
臣)なんだよその顔。
  怒ってんの?w
♡)だって!!//
臣)お前が言ってたお願い
  全部叶えてやったのに
  ワガママだな~?
♡)…っ
臣)あ、そっか、まだあった。


私をベッドにおろして
ニヤッと笑う臣くん。


上の服をバサッと脱ぎ捨てて
上半身裸になった。


♡)ちょ、ちょっとぉ!!///
臣)はい、どーぞ♡
♡)え??
臣)俺に触りたかったんでしょ?
  どーぞ♡
♡)ど、どーぞって何~!!
  違うもんっ!!
臣)何が?
♡)触りたいって…
  そんなやらしい意味じゃ
  ないもんっ!//
臣)ふーん…
  じゃあいらない?
♡)え?
臣)俺、いらないの?
♡)…っ


目を細めながら
悪戯に見つめる瞳。

ずるい…///


もう…この色気、どうにかしてっ!!
ドキドキして死んじゃう///


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


恥ずかしそうに俯いてた♡は

俺が頬に触れると
目を潤ませて

ゆっくり俺の顔を見上げた。


♡)い、いらなくない…


俺の手をキュッと握って
小さな声で…


臣)ふっw
  欲しいってこと?
♡)うん…//
臣)シたいってこと?
♡)…うん…、…シたい//
臣)ちょ、なんでいきなり
  素直なんだよ///


それはそれで照れるわ!


臣)さっきまで…嫌がってたのに…
♡)私…今日、一回も嫌だなんて
  言ってないよ…?
臣)えっ?!


あ…、確かに……


♡)だって…シたいもん…//
臣)////


ちょ、可愛すぎるから…//


♡)臣くんにずっと会いたくてね、
  臣くんが足りなかったの。
  …だから…いっぱい触って?
臣)は?!//
♡)臣くんでいっぱいにしてほしい♡♡
臣)……っ
♡)臣く…
臣)だぁ!それ以上喋んな、鼻血出る。
♡)何それっ!//
臣)エロいことばっか言うな!///
♡)エロくないもん!
  なんで~!ばかぁ!//
臣)////


はぁ…、
こいつほんと全然わかってねぇ。

素直にストレートに
言ってんのかもしんねぇけど…
それがエロいんだっつーの!

あ~もう!!//


臣)…お前が珍しく……
  そんな素直に欲しがってくれんなら、
  俺また、いなくなろっかな。
♡)やだっ!!
  なんでそんな意地悪言うの…?


目を潤ませて♡が頬を膨らませた。

ヤバい、可愛すぎる…//


臣)あ~もうっ


ぎゅっ…


臣)今日…一回じゃ足んねぇわ。
♡)…うん、いいよ♡
臣)え?
♡)何回でもシたい♡
臣)////


こいつは〜〜〜〜!!


♡)…臣くん…好き♡♡
臣)言ったな?
  後悔すんなよ?


もう…
絶対朝まで離してやんねぇ。




ーendー

スポンサーリンク

コメント

  1. 鈴木莉音 より:

    臣イケメン
    彼氏にしたい❣️
    こっちが鼻血でる☀️

コメントを残す