【23】思わぬ女子会

スポンサーリンク

♡)臣く~ん…
臣)ん?
♡)あのね…


困ったような顔をして
♡が少し甘えてきた。


♡)送別会の練習、始まったんだけどね…
臣)ああ、AKBね?w
♡)うん。
臣)どうした?
♡)後輩がね…練習用の会議室、
  予約間違えてて一年ずれてたの…
臣)ぶはっ!一年て…w
♡)でね、気付いて取り直そうとした時には
  もうどこも空いてなくて…
臣)え!そんなに埋まるもんなの?!
♡)うん。だって他のチームも
  みんな練習してるんだもん。
臣)ははっ!ほんと変な会社~w
♡)それで…
  練習する場所がなくなっちゃって…
  あの…


まさか…


臣)なに?
♡)うちでやっちゃだめ…?


やっぱりー!!!!


臣)いやいや、無理だろ!
♡)臣くんが帰り遅い日にするから~
臣)いや、そうじゃなくて
  うちに20人も入んねぇだろ!
♡)えっ?あっ!!
  違う違う!!あははっw
  5人だよ!
臣)え?20人でやるって言ってなかった?
♡)うん。で、今回は人数多いから
  4チームに分かれて5人ずつ練習するの。
臣)なんだよびびった~~w
  5人なら全然いいじゃん?
  うちでやれば?
♡)今週の金曜日とか…
臣)いーよ。
  金曜…は確か俺、夜中まで
  かかりそうなの入ってるわ。
♡)そうなんだ。
臣)普通に呼んでいーよ?
♡)わかった。
  じゃあみんなに言っとくね!
  ありがとう!
臣)一回で大丈夫なん?
♡)あ、うん!みんなの家で
  順番に練習する予定なんだ。
臣)ほ~。頑張れよ~


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーそして金曜日ー


20時過ぎ。
仕事が終わるとマネージャーのSさんが
家まで送ってくれた。


S)いや~臣、ほんとごめんね?
臣)全然いいよ。
S)ほんとは今日から撮影
  入れるはずだったんだけど…
臣)明日の朝からで全然大丈夫。
S)悪い。じゃあ明日、
  7時に迎えに来るから。
臣)早起きがんばるわw
S)お疲れさま。
臣)お疲れっしたー!


車を降りてマンションに入る。


明日は朝7時から撮影で…
昼からレコーディングと夜は7人で収録…
結構びっしりだなー


とか考えながら
家の玄関を開けると

ずらっと並ぶ、女物の靴。


え?


リビングからは
賑やかな声が聞こえてくる。


臣)……!!


やっべ!
そうだ!今日会社の人来てんだっけ?
忘れてた~!!


臣)どーしよ……


悩んだものの…
帰ってきちゃったもんは
しゃーねーし…


あ~でも…俺だってバレるかな…
やべぇかな…
Kにしか話してねぇって言ってたし…


いや、でもみんな意外に
三代目知らなかったり!
とかは…ねーか…

でも…

あいつの同僚なら黙っててくれんだろ。
もーいーや。行っちゃえ!


俺はとりあえず苦し紛れに
胸ポケットにかけてたメガネをかけて

思い切って
リビングのドアを開けた。


臣)ただいまー……
♡)えっ!!!!臣くんっ!!!!


♡が目をまんまるにしてびっくりしてる。
…だよな~?
ごめん…


♡)ど、ど、どーしたの?!!
臣)いや…夜の仕事、明日になっちゃった。
♡)えっ!えっ!!!!!
K)マジ?お疲れ~
  お邪魔してまーす。


恐る恐る女子たちの方を見ると
Kがいて…

知ってる顔を見つけただけで
ちょっとほっとする。


臣)ええと…じゃ!


そのままとっとと自分の部屋に
逃げようとしたけど

そうはいかなくて…


M)え~!!先輩の彼氏さんですかぁ??


俺の苦手そうな
ぶりっ子系の子が言った。


♡)う、うん…
臣)どうも…


一応ぺこりと頭を下げる。

さ、逃げなきゃ…っ


M)え~超カッコイイ!!
先)なんか見たことある…
先)うーん…なんかあの人に似てない?


俺の知らない女子3人が
俺をまじまじ見ながら話してる。


や、やべぇかな…

早く立ち去ろう!!!


臣)…っ


背を向けた俺の前に立ちはだかって
顔を覗き込んでくるぶりっ子。


M)……
臣)…っ


めっちゃ見られてるんですけど…!!


M)えっ!!うそ…!!


な、なんすか?!


M)J Soulの歌ってる人だ!!


ぎゃ!!!!
バレた!!!!


先)あ~!そうそう!その人!
先)ほんとだー!左の人に似てる~!
M)ち、違います!!
  この人、似てるとかじゃなくて…
  本物ですよぉ!!
先)本物って…
先)んなわけないじゃん。
先)え…


しーん。


臣)……


これは…
逃げ切れないよな?

はぁ…


俺が観念して、メガネを外した瞬間…


M)キャー!!ほらぁ~!!!♡♡


と、ぶりっ子が叫んだ。


♡)しーっ!!しーっ!!!
M)え!!ヤバい!!!
  どゆことですかぁ?!!
先)え?ほんとに本物なの?
先)は?彼氏…?
先)芸能人と付き合ってるってこと??


現実を理解できないような顔で
ぽかーんとしてる二人と
キャッキャキャッキャはしゃぐぶりっ子…


♡)あ、えっと…臣くん、
  こちらが先輩の◇さんと△さん。
  あと後輩のMちゃん。
臣)すいません。
  いつも♡がお世話になってます。


諦めて、今度はちゃんとご挨拶。

俺が頭を下げると
♡がしどろもどろ言った。


♡)あ、あの…、か、彼氏です。


目を丸くする二人。


先)え~すごい。
先)ほんとに?
  びっくりなんだけど…


驚いてはいるけど先輩だという二人は
そんなに騒ぎはしなくて…

問題はこのぶりっ子。


M)え~!!
  先輩に彼氏が出来たってだけで
  大事件だったのにそれがまさか
  芸能人だったなんてぇ~!!
  どうしよぉぉぉ~!!!
K)大事件にしたのはお前だろ…w
M)だってあの時はほんとに
  びっくりしたんですもーん!!
  えー!でもすごーい!!キャー!!♡
K)わかったから!もううるさいっ!
M)だって~!!
  本物の芸能人ですよぉ~!!!
K)お前はミーハーかっ!!
M)そうなんですっ!!
  私ミーハーなんです~~♡♡


そうか…
大声で叫んだって言ってたのは
この子か。


俺が黙ってると
♡が袖を引っ張ってきた。


♡(ご、ごめんね?)
臣(いや、俺こそなんかごめん…)

M)えっと、登坂さん?ですよね??♡
  一緒に飲みましょうよぉ!!!

♡臣)えっ!!


俺たちは思わずハモった。


臣)いや、女子会邪魔しちゃ悪いんで…
M)別に女子会とかじゃないです~♡


いやいや、見るからに
女子しかいねーだろ!


M)ほらほら、座って下さい♡
臣)いや、俺ほんとに…


背中を押すぶりっ子に抵抗してると…


先)え~折角だから
  少し一緒に飲みませんか?
先)ね!♡ちゃんの彼氏さんなんだし。
先)お邪魔してる私たちが
  言うのもなんですけど…
先)たしかに…!ww


先輩にまでそう言われて…


臣)え…っと、じゃあ俺…
  酒取って来ます。


逃げるようにキッチンへ向かうと
♡がついてきた。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


♡)臣くん!!!ごめんね?
臣)いや、いいよw
♡)あのね、あの子ね、
  悪い子じゃないの!
臣)え?あの子って…あのぶりっ子?
♡)ぶりっ子って…!!あははっw
  ぶりっ子っていうか
  ちょっとあんなカンジだけど…
  でも悪い子じゃないの。
  ちょっと…変なだけなの!!
臣)ぶはっ!!w 変なの?
♡)うん。変なの。
  私のことだけ先輩って
  呼んでくるんだけどね…?
  なんか…私の信者みたいな子なの…
臣)信者?!!
  何だよそれ!ww


臣くんが爆笑してる。
上手く説明できない…困ったな。


臣)お前いつから宗教はじめたの…w
♡)もうっ!w
  とにかく、変なだけで
  悪い子じゃないから、気にしないでね?
臣)それも難しいけど…w
  わかったわ。
♡)ほんとに一緒に飲んでくれるの…?
臣)ああ、うん。
  折角だし少しだけ…
  ってか今日ダンスの練習じゃねーの?
♡)練習はもう終わって、
  今日金曜日だし飲もー!
  的な流れに…
臣)はいはいw なるほどね。


臣くんは缶ビールを冷蔵庫から出すと
私の頭をポンポンしてくれて…


それから二人でみんなの所に戻った。


先)いや~でもほんと驚いたわ。
先)え、Kは知ってたってことだよね?
K)はい。
先)そっかぁ…あんた達、親友だもんねぇ。
先)あ、そーだ!
  レコ大おめでとうございます。
臣)えっ!!
  ああ!ありがとうございます!
先)私も観てましたよー!
先)カッコ良かったよね~
臣)うわ…嬉しいです。
  ありがとうございます。


臣くんが少し照れてそう答えると
隣からMちゃんが
私に抱きついてきた。


M)J Soulの人と付き合ってるなんて
  どうして私には
  教えてくれなかったんですかぁ!
♡)え…
M)Kさんは知ってたのに
  ずるいですっ!
K)なんでお前に言うんだよ…
M)だって!!
K)それにあんた口軽そうじゃん!
M)ひっどい!
  私絶対言いませんよ!!
  私、先輩のこと大好きなんだから、
  先輩が困るような事は
  絶対しませんっ!!


Mちゃんがムキになって反論した。


♡)あの…本当に
  内緒にしておいて下さい。


私が頭を下げると


先)わかってるよー!
  言わない…ってか言えないよねw
先)言っても信じて
  もらえなさそうだしw


って笑ってくれる先輩たち。


先)でも芸能人って…大変でしょ?
先)ね…すごいよねぇ?
臣)いえ、全然すごくないです。
先)すごいよぉ!
  なんかスターってカンジだし!!
臣)僕たちは…たまたま職業が
  アーティストなだけであって
  企業で勤めてる方々と
  何も変わりないですよ。


『アーティストは何も特別じゃない。』


それは臣くんが
いつも言ってる事だった。


先)ほわぁ…そ、そっか…
先)なんか芸能人なのに…謙虚だねぇ。
先)ね!もっとドヤ感あるのかと
  思ったら…
先)好青年~!!♡
臣)すみません…やめてください//
K)あははw
  照れてやんのーw


先輩にからかわれて、臣くんが照れてる。

なんか…すごく不思議。

いつも一緒に働いてる先輩たちと
…臣くんが普通に話してるなんて。


なんか嬉しい♡


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


M)は~あ♡
  でも本当に先輩はすごいなぁ~♡
♡)え?
M)先輩はもう本当に私の憧れなんです♡
K)げ、はじまった…
M)だって先輩って
  ほんっとうに可愛いし~
  スタイルもいいし~
  お肌ツヤツヤだし~
  いっつもイイ匂いするし~♡
  それにお化粧だって~
  薄めでナチュラルなのに全然キレイだし、
  女子力も高くって…
♡)ちょ、ちょっと…もうやめて!//


信者だというぶりっ子が
嬉しそうに♡を讃え始めた。


M)上の人たちにだって
  すごく可愛がられてるし
  彼氏いたってモテモテだし…
K)もうわかったっつーの!w
  あ~もうあんたなんで
  このチームきたのー?うざい。
M)そんなの先輩がいるからに
  決まってるじゃないですかぁ!
  先輩と一緒じゃなきゃやだもんっ!
K)はぁ…めんどくせ…


なるほど…

ぶりっ子は相当♡に懐いてんだなー…

確かに悪い子ではなさそうだけど…
Kの言う通りめんどくさそーだな…

なんて思いながら眺めてると


ぶりっ子が♡の腕に抱きついたまま
♡越しに俺に話しかけてきた。


M)登坂さんはぁ~!
  こんっなに可愛い先輩と付き合ってて
  不安にならないんですかぁ?
臣)えっ?
♡)ちょ、ちょっとMちゃんやめてよっ
M)だって~登坂さんもモテそうですけどぉ
  先輩はうちのアイドルなんですからねっ!
臣)へっ?


ア、アイドル??


M)うちの会社には
  先輩のファンクラブが
  あるんだからぁ!
臣)ファ、ファンクラブ?!!
♡)いや、ないからそんなの!!
M)ありますよぉ~~
  先輩は他部署からもモッテモテで
  特にもう営業部の人たちなんて
  全員ファンですよぉ~~
先)確かにね~~w
先)まぁあのへんは
  ファンクラブ的っちゃーそうだね~w
M)JさんとかTさんなんて
  ガチだしぃ~~
先)まぁ♡ちゃんのこと狙ってるの
  みえみえだよねw


先輩たちまで同意しだして…


営業部?
Jさん?Tくん??

この間のチョコレートの奴らか?


ってか…

♡って…ほんとにモテんだな…


M)先輩はぁ~
  こんなにカッコイイ彼氏がいるから
  あの人達には興味ないんですかぁ?
♡)いや、ちょっと、
  Mちゃん…酔ってる?
M)酔ってません♡先輩すきー♡
K)いや、完全に酔ってんだろ。


ぶりっ子は♡にしがみついて離れない。


M)だってぇ…Jさんなんて
  女子社員の憧れの的なんですよぉ♡
先)たしかに人気あるよね~
先)背高いしイケメンだしね~
M)それに実家が
  超お金持ちなんですよぉ♡
  狙ってる女子、いっぱいいるんだからぁ!
K)げ、マジ?
  あたしあの人好きじゃない。
M)なんでですかぁ!
K)なんか自信満々すぎて
  俺様オーラ全開じゃん。
M)それがいいんですよぉ♡
  最近肉食男子少ないんだからー!
♡)そ、そうなんだ…
M)なのに先輩っ!
  あのJさんをフるなんて~!
♡)ちょ、ちょっと!!
先)え、Jくんに告白されたの?!
先)うそー!いつ?!


おいおい…
完全に女子会モードなんだけど…


♡)ち、違うんです!!!
M)違わないですぅ!
  私だってあんなイケメンに
  壁ドンされたい~♡♡
皆)か、壁ドン~~~?!!!


女子たちが一斉にハモった。


臣)え、お前そんなことされたの…?
♡)えっ…いや…えっと…


マジかよ、おい。

聞き捨てならねぇんだけど…


K)はぁ?何あの人!
  マジでナルシスト!
  きもいっ!!
先)そ、それでどうしたの?!
先)か、壁ドンのあとは…?
M)どうもこうもないですよ~
  先輩、Jさんのこと
  思いっきり突き飛ばして
  走って逃げたんですよぉ!
皆)えっ!!!!


また女子一同がハモった。


臣)ぶっ!!


俺は思わず吹き出した。


突き飛ばして逃げたって…!!


K)あはははは!!
  うっけるwww
臣)はははっww
K)ざまーみろだわw
  いやーあんたやっぱり最高ww
臣)おもしれぇ~ww


大笑いする俺とKに
♡はオロオロしてる。


K)ってかなんであんたは
  んなこと知ってんの?
M)だって私~
  お茶淹れようと思って給湯室に行ったら~
  まさに壁ドンの
  真っ最中だったんですもん♡
♡)ち、違うのっ
  あの…大分前にお断りしてたんだけど…
  また誘われて…
  断って逃げようとしたら、道…塞がれて…


大分前に断ったって…

もしかしてそいつが
薔薇男か!?


K)ふーん。しつけー男。
M)逃げられて可哀想だったから
  私言ったんです。
  しつこくすると
  嫌われちゃいますよ?♡
  って。


ドヤ顔で話すぶりっ子。


M)そしたら、これくらいの方が
  燃えるからいい!
  って言ってましたぁ♡
K)はぁ?マジうざいし!
M)え~私うらやましいです~♡


これくらいの方が燃えるだぁ?!
んにゃろーーーー


あ。


さっきから♡がオロオロして
俺を気にしてる…


先)でもさ、あれだよね。
  ♡ちゃんてガードめっちゃ固いけど
  逆にそれが肉食男子に
  火をつけるんだろうねぇ
先)うん。わかる気するー。
先)絶対落としたくなる!みたいな~?
M)そうですよぉ。
  先輩に彼氏いるって言っても
  諦めない人たちってみんなそう!


諦めねぇ奴、そんなにいんのかよ…


ちらっと♡を見ると
もうぐったり下を向いてるし…


M)登坂さん、ちゃんと捕まえておかないと
  先輩取られちゃいますよ♡


イタズラな顔をして
ウインクしてきた。


臣)はいはいw 気をつけます。
M)なんか余裕だし~~


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


臣くんの前で変な話しないでよぉ!!
もうMちゃんのばかぁ~!!泣


はぁ…
もうどうしよう。

臣くん…引いてないかな…

私が好きなのは臣くんだけなのに…
もうやだ…



余計な事ばっかり言うMちゃんに
ぐったりしていると

テーブルの下でそっと触れた手。


♡)…っ


みんなにわからないように
臣くんが片手を握ってくれた。


大丈夫だよって…意味かな…?


そんな臣くんの優しさに
少しほっとして…

チラッと横顔を見上げると


視線だけこっちに向けて
ニコッて笑ってくれた。


♡)……//


臣くん…
大好き。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


M)先輩♡
  今日お泊まりしてもいいですかぁ♡
K)なんでだよ!帰れっ!!
M)Kさんには聞いてないもーん。
K)めんどくせー…
臣)ははっww
K)なに
臣)いや、お前ほんと面白ぇw
K)なんだそれw


今日は終始Kが
俺の心の声とハモってくるw


なんでもズバズバ言うし
すげーサバサバしてるし
♡の親友がKで良かった。

こんなぶりっ子とかだったら…
ちょっと辛い。


M)先輩といっぱい
  お喋りしたいんです~~
♡)うーん…また今度ね?
M)え~~~やだぁぁぁっ


相変わらず♡にべったりで
離れようとしない。

ほんとに懐かれてんな…w


臣)俺、ちょっと…


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


臣くんがトイレにいなくなると
私にしがみついてたMちゃんが

今度は真剣な顔で
私の顔を覗きこんできた。


M)せんぱいっ!!!
♡)な、なに??
M)聞いてもいいですかぁ?♡
♡)??


その甘えた視線は何かな??


M)登坂さんて…
♡)……
M)上手ですか?♡
♡)はぁ?!


そ、それって…


M)どうなんですかぁ~?♡
先)それ…ちょっと気になる…//
先)確かに…w
♡)上手って…何が…
M)もうっ、決まってるじゃないですかぁ♡
♡)……//
先)どうなのどうなの?♡
♡)ちょっと、先輩たちまで…//
M)私、見たらわかるんですよねぇ♡
  絶対登坂さんは上手です♡♡
♡)何言ってるのもう!やめてよ~!
  な、なんで見ただけでわかるのっ//
M)だって私色~んな人
  見てきてますもん♡
先)うわー出たーーー
先)出たね、100人斬りのM。
♡)えっ!!?? ひゃ、100人?!!!
M)へへー♡


私が驚いてると
得意げに笑うMちゃん。


♡)知らなかった!


100人って……


M)だから上手いかどうかって
  なんとなくわかっちゃうんですよね~♡
  あ!先輩ひいてる…!
♡)……
M)ひかないでください~!
♡)……
M)で…
  やっぱり登坂さん、上手ですかぁ?♡


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ヤバい…


トイレから戻って来たら
完全に入れない女子会になってる。

丸聞こえだし…


っつーか女子の会話…すげーな…


俺が廊下の壁にもたれて
ため息をつくと

リビングのドアが少し開いた。


K)やーい♪
  好青年、戻れなくなってやんの♪
臣)なんだ、Kかよ。
K)グラス片付けに来たら、影見えたからw
臣)女子の会話こえーんだけど…
K)あっはは!w
  Mとか暴走してっけど…大丈夫?
臣)うん。なんとか。
K)ははっ!臣くん苦手そ~~
臣)わかる?
K)わかるわ!w
臣)でも悪い子じゃねーんだろ?
  ♡が言ってたし。
K)♡にかかれば
  みんな悪い子じゃなくなるからね~♪
臣)ははっ そうかもw
K)ごめんね、こんな時間まで騒いで。
  そろそろ帰るわ。
臣)いや、全然いいけど。
K)…あの子、
  臣くんしか見えてないから安心してね?
臣)は?
K)他の男なんて
  目に入ってないってこと。
臣)……
K)王子様は不安になったり
  しないのかもしんねーけど♪
臣)なんだよそれw


そう言うとニヤッと笑って
みんなの所に戻っていった。


あいつ…

さっきの話に困ってた♡のことも
少し動揺してた俺のことも…
ちゃんと見てて
さりげなくフォローしてった。


臣)……


さっきの話は…
不安…とは違うけど…

モヤモヤっつーかムカムカっつーか
確かに胸は少しざわついた。

でも改めて思った。

他の男になんかぜってぇ渡さねーし。



先)いやー今日はありがとねー
先)ほんと!お邪魔しました~
M)先輩ほんとに
  泊めてくれないんですかぁ?
K)何言ってんだ、とっとと帰んぞ。
M)やだぁー
  Kさんこわいからきらい~~
K)うっせぇ!
臣)はははっw
♡)みんな気をつけてね?
K)うん!じゃあお邪魔しましたー!
M)あ、先輩、また遊ん…


バタン!


Kがぶりっ子を押しのけて
ドアを閉めた。


臣)あっはは!w
  あいつマジウケるw
♡)ほわ~~……
臣)嵐が去ったみたいだな?w
♡)ほんとだね…




ー続ー

スポンサーリンク

コメントを残す