(52)移り香

スポンサーリンク

家に帰ってきて、
会社に行く準備をしながら…
 
一度外したストールを、
もう一度巻いてみた。
 
 
…これ…つけていっちゃダメかなぁ…?
 
 
♡)……///
 
 
だって…
この匂い…なんか安心するんだもん///
 
 
貸してくれたし…
臣くん…怒んないよね?
 
 
♡)えいっ!///
 
 
つけて行っちゃおう!
 
 
私はそのまま家を飛び出して
会社に向かった。
 
 
昨日早く帰らせてもらったし…
今日は頑張らなくっちゃ!!
 
 
M)せんぱぁい!
  おはようございますっ♡
♡)あ!Mちゃん!おはよーー!
M)あ…ストールしてるー
  珍しいですね?
♡)えっ!!///
  そ、そうかな…
 
 
早速気付かれてしまった。
 
 
M)すっかり寒くなって
  きましたもんね~~
♡)うん…///
T)ういーっす。
♡)あ、Tくんおはよ!
M)あ!Tさんのスーツ新しい♡
T)え、よく見てんね!
  誰も気付かねぇと思った。
M)見てますよぉ♪
  特にオシャレな人とかイケメンは
  要チェックしてますw
T)それ喜んでいーの?w
M)だってTさんいっつもオシャレに
  スーツ着こなしてるんだもん。
  好きですー♡
T)ありがと…w
♡)似合ってるー!
T)え!!!ほんと?!!
♡)うん♪
T)……めっちゃ嬉しい///
M)くすくすw
T)つーかお前何これ。
  こんなんあんましないじゃん。
♡)わっ
 
 
ストールの裾を掴まれた。
 
 
T)あれ?
  つーかこれ男もんじゃねぇの?
♡)えっ!!!
M)あ、ほんとだ。
T)……
M)……
♡)……///
 
 
えっと…///
 
 
T)なぁ。
  お前Xmas、何してんの?
♡)えっ?!Xmas??
M)ああそっかぁ~
  もう来月ですねぇ。
 
 
そっか、もうそんな時期だもんね。
 
 
♡)今年…確か平日だよね?
  普通に仕事してると思うけど。
T)夜は?
♡)夜も仕事。
T)そっか…
  お前最近めっちゃ忙しそうだもんな。
♡)何だったの?
T)…飯でも行きたいなって。
♡)あ!みんなで?♪
T)え?
♡)わ~いいな~~
  みんなでパーティーしたーい♡
T)えーと…みんな?
♡)え、同期のみんなで。
T)……
M)二人でですよ。
♡)え?
M)Xmasなんだから。
♡)え?
 
 
二人…?
 
 
T)お前と二人で行きたいの!!
♡)え、どこに??
T)だから飯!!
♡)え、いつ??
T)だからXmas!!
♡)え、なんで??
T)~~~~///
K)おっはよーー!!
♡)あ、Kちゃんおはよー♡
K)あれ。なんかオシャレなん
  巻いてるじゃん。
♡)あ…えへへ///
 
 
M(ハッキリ言わないと伝わんないですよ。
  先輩鈍いんだから。)
T(え…、俺かなりハッキリ言ってない?)
M(足りないですねぇ~)
T(えーー!!)
M(お前が好きだから
  Xmasは二人で過ごして
  朝まで離したくない~!!
  って言わなくっちゃ♡)
T(あ、あ、朝まで?!////)
M(過ごしたくないんですか?先輩と♡)
T(あ、あ、朝までって…、ちょ、えっ///)
M(はぁ…もう。)
T(……///)
M(Tさんはピュアすぎます~~)
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
今日は夕方まで撮影で、
終わってすぐにテラハの収録に向かった。
 
 
山)あ!臣くん来た!おはよーー!
臣)おはようございます。
Y)はい、臣はコレ♪
臣)え?!
ト)今日クラッカー鳴らすんですー♡
臣)お、トリちゃん!帽子可愛いねw
Y)馬場ちゃんなんて
  めっちゃXmasカラーだし♪
臣)あ!ほんとだ!可愛い!
馬)臣くんもXmasっぽいやんねw
臣)はい、衣装コレでしたw
徳)今日珍しく一本録りなんやな~
山)そうみたいっすねぇ。
ト)楽しい♪楽しい♪
Y)トリンドルが浮かれておりますw
ト)こーゆー雰囲気すっごく
  楽しくないですかぁ?♡
馬)楽しい楽しいw
ト)えへへー♡
 
 
それから俺たちはセットに移動して
しばらく談笑。
 
 
Y)徳井くんはXmasは
  どの彼女と過ごすわけー?
徳)うーん…
  てゆーかまだプレゼントも
  買ってないっすわぁ。
馬)臣くんは?
臣)え??
馬)プレゼント何かあげるの?
臣)え!!…考えてなかった…
徳)なんでやねん!w
  Xmas誘ってへんの?
臣)うーん…仕事なんすよねー。
ト)24も25も?
臣)うん。
 
 
誘いたいのはやまやまなんだけど…
 
 
Y)ちょっとの隙間時間くらい
  あんじゃーん♡
臣)え?
馬)その隙間時間に
  プレゼントだけでも
  渡しに行くってことですか?
ト)わぁ♡♡
  それいいっ!!♡♡
山)息切らせながらぁ?
  ごめん、俺すぐ行かなきゃなんねぇんだ。
  とか言っちゃってぇ?
  これだけ渡したくて…、とかぁ?
ト)いいっ!!!♡♡
Y)トリンドル大喜びでございます。
徳)なんかドラマみたいやなw
ト)臣くんやって!!
臣)ええっ!!!
 
 
トリちゃんの目が輝いてる。
 
 
……そっか、でも
 
一緒に過ごせなくても
プレゼント渡すくらい…
 
 
Y)てゆーかさぁ、
  その後♡とどうなんよ。
臣)…っ
山)もう付き合った??
臣)いや、まだっす。
徳)臣くん苦戦してんなぁw
山)そうなの?
徳)だって臣くんなら
  落とそうと思えば一日で落とせるやろw
山)うわ~~出た出た。
  違う世界の人たち。
徳)それをこんだけ時間かけてんねんから
  よっぽど好きやなかったら
  次いってるやろw
Y)でもアレじゃなぁい?
  普段簡単に女が落ちるからこそ
  落ちない女に燃えるとか~~
馬)そういうのもありますねぇ。
山)なるほど。そうなんだ。
臣)いや、ちょっと待ってくださいw
  別にそんなんじゃないっすw
 
 
そんな落ちる落ちないとかじゃなくて…
 
 
ト)でも…
  プレゼントはあげてほしいなぁ♡
臣)…っ
徳)隙間時間に?w
ト)はい♡
臣)…プレゼント…かぁ…
 
 
渡しに行く時間あったら
ほんとに行きたいな…
 
 
……つーか、そういえば…
 
 
臣)ランチしたんでしょ?
ト)え??
臣)あいつと。
ト)……
山)え!!トリちゃん
  ♡と二人で会ったの??
ト)はい♪
Y)え、ちょっと何それ!!
  天使同盟??
徳)♡なんか言うてへんかったん?
馬)臣くんのこと?
ト)そんなの内緒です♡
臣)え…っ
 
 
内緒?!!
 
 
山)うーわ、絶対なんか知ってる。
  めっちゃ気になる!!
臣)…っ
 
 
俺も…すげぇ気になんだけど。
めっちゃニコニコ笑ってるし…
 
 
臣)プレゼント…あげた方がいい?
ト)それは臣くんの気持ち次第です♡
臣)え?
ト)あげたいって思うならあげたらいいし♡
山)でもさっき
  あげてほしいなぁって言ったよね?
ト)知りませーん♡
 
 
急にはぐらかすトリちゃん。
 
 
徳)よっし!臣くん!まずはアポ取りや!
臣)アポ取り??
Y)そっかぁ、そうだよねぇ。
ト)他の人に先に誘われちゃったら
  そっち行っちゃうかもしれないし。
臣)えっ!!
 
 
他の人って…誰!!!
 
え…もしかしてトリちゃん…
何か聞いてる…?
 
 
臣)なんか言ってたの?あいつ…
ト)何がですかぁ?♡
馬)臣くん一気に不安になってるやんw
Y)とりあえずXmasは二日とも
  俺のために空けとけー!!
  で、いいんじゃない?
山)めっちゃ俺様!!ww
徳)ちょっと仕事押したりしたら
  アウトなカンジなん?
臣)そうなんすよね…
  結構ビッシリで…
山)臣くん忙しそうだもんなぁ。
臣)でも会いたい。
  とりあえずプレゼント買う!
山)おおっ!!
  臣くんがやる気になった!!
Y)何あげんの何あげんの♪
 
 
……どうしよう。
 
 
臣)徳井さん何あげるんすか?
徳)うーん…どうせバッグとか
  欲しがるんちゃうかな~
馬)欲しいって言ったものを
  あげるカンジですか?
徳)せやな~~
臣)トリちゃんだったら何欲しい?
ト)え~~~
Y)似てるところにリサーチ入れたw
ト)なんでも嬉しいと思いますけど…
山)イイ子な回答出た~!
ト)だって…好きな人からなら
  なんでも嬉しいですよ?
山)それは♡も臣くんを
  好きだったらの場合でしょ?
ト)あっ!!!
臣)何がいいかな…どうしよ…
 
 
Y(何今の。)
ト(えっと…///)
Y(♡、臣のこと好きなの?)
ト(…たぶん。)
 
 
Y)臣!!
臣)え?
Y)もうぶっちゅーーって
  かましてやれ!
臣)は、はい?!!
馬)それがプレゼントですか?!w
Y)そ。
  お前が好きだー!!つって
  ぶっちゅーー!!って。
徳)ぶははははww
  付き合えるか殴り飛ばされるか
  どっちかやな!!w
臣)あ…でも…、俺の友達…
  それやったって言ってました。
徳)え!!!
Y)好きだ!!っつって
  ぶっちゅーー???
臣)ぶっちゅーーかどうかは
  知らないっすけどww
徳)それで付き合ったん?
臣)はい。そうらしいっす。
 
 
俺もびっくりしたけど。
 
 
山)おお!まさかの成功者がいた!!
ト)すごい強引~~//
馬)あら…トリちゃんときめいてるw
ト)好きな人なら
  それくらい強引で全然いい~♡
  キュンキュンしちゃう!
臣)好きな人限定でしょ?
ト)当たり前です!
臣)あいつも言ってた。
ト)え?
 
 
「好きな人に言われたらって意味だもん///」
 
 
臣)……
山)ちょ、どうしたの!いきなり暗いし!
臣)思い出して凹んだ…
徳)なになに!
臣)その話してたら…俺…、
  絶対やだって突き飛ばされました。
Y)え!!チューしようとしたの?
臣)うーーん…
  いや…聞いただけですけど…
ト)え!!やだって言われたんですか??
臣)うん。
 
 
Y(ちょっと!!
  どうなってんのトリンドル!)
ト(え~~わかんないです!)
Y(チューされそうになって
  やっぱり嫌になったとか?)
ト(え~~~!!)
 
 
Y)臣!!
臣)え?
Y)ぶっちゅー作戦中止!!
山)どっちっすか!!ww
Y)くっそー、♡は難しいな。
  どうなってんだ…
徳)まぁ臣くんがこんな
  長期戦になってるくらいやからなw
馬)普通にお似合いやったんやけどね。
  この間。
徳)うん。思った。
山)悔しいけど思った。
馬)早く付き合えるといいね♡
臣)……///
 
 
俺、頑張る。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
♡)猿田さん、これお願いします。
猿)はいはい。
  あら…今日は元気ね?
♡)え??
猿)最近少し疲れてなかった?
♡)え!!顔に出てました??
猿)少しね。
  いつもピッチピチしてるのに
  おかしいなって思ってたの。
♡)え…
猿)別に心配してたとかじゃないけど!!
♡)ふふ…♡
  ありがとうございます♡
猿)何よ!
♡)優しいなって思って♡
猿)別にそんなんじゃないわよ!
  早く戻んなさい!
♡)はーい♡
 
 
鬼)あ、♡ちゃん、待って。
♡)え?
鬼)これ、あげる。
♡)わ!どうしたんですか?
鬼)母と旅行に行ってきたの。
  愛媛のお土産。
♡)わぁ♡ありがとうございます♡
鬼)最近忙しそうだけど…
  身体に気をつけてね?
♡)どうもありがとうございます!!
  加奈子さんも♡
鬼)ええw
 
 
みんな心配してくれて優しいなぁ♡
 
でも…私…、
そんな疲れてるように見えるのかな?
 
もっとシャンとしなきゃ!!
 
 
J)あ、♡ちゃん、ちょっといい?
♡)え?
 
 
そのまま戻ろうとしたら
Jさんに呼び止められて
すぐ裏のストレージに連れていかれた。
 
 
♡)何ですか??
J)♡ちゃんさ、…あ…、
♡)??
 
 
何か言いかけて、止まったJさん。
 
 
J)なんか…いつもと違う匂いする。
♡)え??
J)香水??
 
 
そう言って
Jさんの鼻が首元に近付いてきて…
 
私は思わず一歩後ろに下がった。
 
 
香水…?
なんだろう……
 
 
♡)あっ…
 
 
そっか!
臣くんの…匂いだ!
 
 
ストール巻いてたから
服に少しうつったのかな…?///
 
 
J)♡ちゃん、香水なんかつけないよね?
♡)はい…。
J)……
♡)……///
 
 
えっと…
 
 
♡)何…ですか?
J)ああ、そうだ。
  ♡ちゃんさ、24日空いてる?
♡)24日??
J)そう。
♡)24日は…
J)食事行かない?二人で。
♡)え??
 
 
えっと…これは…
Xmas、誘われてるのかな??
 
 
♡)24日は多分…夜も仕事です。
J)……
 
 
でも、仕事じゃなくても私は…
 
 
♡)あの…、ごめんなさい、私…
J)あ、言わないで。
♡)え??
 
 
途中で言葉を止められた。
 
 
J)忘れた?俺が言った言葉。
♡)……あ、っ
 
 
YES以外…いらないって…
 
 
♡)でも…
J)25日も仕事?
♡)あ…えっと、はい。
J)最近前みたいに働いてるよね?
  朝から晩まで。大丈夫?
♡)はい、大丈夫です!!
J)って言うと思ったw
♡)え…?
J)まぁいいや。作戦変更。
♡)え??
J)また後日ね。じゃ。
♡)???
 
 
作戦変更ってなんだろう。
 
 
私の頭をポンポンして
席に戻ろうとするJさん。
 
 
私は思わずその腕をつかんで、
呼び止めた。
 
 
♡)待ってください!!
J)??
♡)あの…っ
 
 
YES以外…いらないって
そう言われたけど…
 
ちゃんと言わなきゃ…っ
 
 
♡)私、好きな人がいるんです!!
J)あら。
♡)だから…
J)だから言ったでしょ?
♡)え??
J)俺はそんなの関係ないんだって。
♡)え??だって…
J)誰を好きになろうと
  誰と付き合おうと
  別に報告してくれなくていいよ。
♡)えっ…
J)そんなん関係なしに、俺は好きだから。
 
 
そう言い切ったJさんの眼は
すごく真剣で…
 
 
J)じゃあね。
♡)あ…っ
 
 
そのままJさんは席に戻っていった。
 
 
♡)…っ
 
 
どうしよう…
 
関係なしにって…そんな…
 
 
♡)……
 
 
Jさんは…どうしてそんなに
私のことを想ってくれるのかな…。
 
 
私は…
 
私は…
 
 
__臣くんが好き。
 
 
 
♡)……
 
 
もうすぐやってくるXmas。
 
 
臣くんは…
Xmasもやっぱりお仕事だよね…?
 
 
私…
 
ちゃんと…好きって…
伝えたいな…。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
テラハの収録が終わって
家に帰ってきたのは0時前。
 
 
あいつ帰ってきてるかな…?
 
 
電話してみよ。
 
 
プルルルル…、プルルルル…、
 
 
♡『はいっ!!!』
臣『おつー。』
♡『お疲れさま!!
  え、もうおうち??』
臣『うん。』
♡『わ!珍しいね!!』
臣『うん。だから電話した。』
♡『あ…ありがとう///』
臣『うん。』
 
 
ありがとう?
何でお礼言われたんだ??
 
 
♡『昨日…あ、今日か!
  えっと…あの後、寝れた?』
臣『うん。寝た。』
♡『そっか…///』
臣『……』
 
 
そうだ。
俺…あんなこと言ったんだった。
 
 
早く俺のこと好きんなれって…
 
思わず…強引すぎたよな、きっと。
 
 
♡『あの…ストールありがとう///』
臣『ああ、うん。全然。
  ……あれ?お前今、外?』
 
 
なんか風の音が聞こえる。
 
 
♡『うん。今帰ってるとこ。
  もうすぐ着くよー!』
臣『そうだったんだ。お疲れ。』
♡『ありがと♡』
臣『相変わらず仕事遅いんだな。』
♡『もう慣れっこだよーw』
臣『…そっか。』
 
 
♡も頑張ってんだな…。
 
 
♡『えっとこれ…いつ返したらいーい?』
臣『え?ストール?』
♡『うん。』
臣『いつでもいいよ?次会えた時で。』
♡『えっと…じゃあ…あの…』
臣『?』
♡『それまで…使ってちゃダメ?///』
臣『……え??』
 
 
……どーゆー意味だ??
 
 
臣『…全然…いいけど……』
♡『ほんと?…えへへ///
  ありがとう♡♡』
臣『……』
 
 
電話の向こうで、嬉しそうな声。
 
 
今朝貸してやった俺のストール。
 
俺の匂いがするとか言って
可愛く笑ってたけど…
 
え…?
 
 
だから…
 
 
…って、んなわけねぇか。
また調子に乗るとこだった。
 
 
♡『あのね、怒んない?』
臣『ん…?』
♡『ほんとは今、巻いてるの。』
臣『え?!』
♡『勝手に借りちゃった///』
臣『……』
 
 
そんなん…全然いいけど…
 
 
♡『怒って…る?』
臣『なんで!そんなんで怒んねぇし!w』
♡『よかったぁ♡』
 
 
でも…
 
 
臣『…なんで?』
♡『え…?』
臣『そんな気に入ったの?それ。』
♡『えっと…///』
臣『……』
♡『////』
 
 
なんで黙ってんだ??
え???
 
 
♡『きょ、今日、
  テラハどうだったのー??』
臣『…っ』
 
 
急に話題替えてきたし…。
 
 
臣『テラハー?』
♡『うん!』
臣『……浮かれてた。』
♡『えー?何それw』
臣『みんなでクラッカー鳴らして
  Xmas感満載だったw』
♡『わぁ!楽しそう!w』
臣『うん。』
♡『あははは♡』
 
 
そうだ…Xmas。
 
 
アポ取るったって…
俺が時間作れるかわかんないし…
 
どーしよ…。
 
 
臣『…Xmas…さ…、』
♡『うん?』
臣『……』
♡『……』
臣『……何…してんの?』
♡『Xmasは仕事だよーー』
臣『遅くまで?』
♡『うん、多分。』
臣『そっか…』
 
 
じゃあ他の男と出かける心配はない?
 
 
♡『臣くんは??』
臣『俺も仕事。』
♡『そっか…』
臣『うん。』
♡『……』
臣『……』
 
 
…って、オイ!
 
 
普通に終わっちゃった!!
これじゃダメじゃん!!
 
 
どうしよう…
 
 
♡『次…いつ臣くんに会えるんだろ…』
臣『え…?』
♡『今年…もう会えないのかな…』
臣『え!!そんなんぜってぇやだ!!』
 
 
思わずそう言った。
 
 
♡『私も……やだ///』
臣『え…?』
♡『……///』
臣『……///』
 
 
思いがけない返事に、
自分の口元が緩んだのがわかった。
 
 
何それ…
 
俺、期待していいの?
 
 
俺に…会いたいってことだよな??
 
 
ドキドキ…
 
ドキドキ…
 
 
臣『時間できたら…
  絶対…会いに行く…。』
 
 
俺がそう言うと、
 
 
♡『うん…会いたい///』
 
 
また素直な返事が返ってきて…
 
 
臣『////』
 
 
……ヤバイ。
めっちゃニヤける。
 
可愛すぎる、どうしよう///
 
 
いや、でも…
ちょっと待てよ…?
 
こうやって俺を上げといて
突き落とすのがこいつの得意技だからな…
 
 
まさか俺に会いたいって、
ストール返したいだけとかじゃねぇよな?
 
 
ガチャン。
 
 
臣『あ、家着いた?』
♡『あ、聞こえた? 今着いたよー。』
臣『そっか。
  てっぺんまわってお疲れさん。』
♡『あ、ほんとだもうこんな時間。』
  えっと…じゃあ…
  明日もお仕事頑張ってね?』
臣『うん。お前も。』
 
 
ああ…電話切りたくねぇな…。
 
 
♡『……臣くん…?』
臣『んー?』
♡『…電話くれて…ありがとう。
  嬉しかった…///』
臣『…っ』
♡『それじゃあ…おやすみなさい///』
臣『……うん、おやすみ…。』
 
 
ピッ。
 
 
♡は最後の最後まで可愛くて。
 
俺は電話を切った後も
♡の声を反芻してた。
 
 
臣)はぁ……
 
 
「私も……やだ///」
 
「うん…会いたい///」
 
「…電話くれて…ありがとう。
 嬉しかった…///」
 
 
甘えた声で
そんな可愛いことばっかり連発して…
 
 
もし目の前にいたら、
俺絶対我慢できなくて抱きしめてる。
 
 
はぁ……///
 
 
臣)……早く…会いてぇ……
 
 
 
 
 
ーendー

スポンサーリンク

コメントを残す