(16)初デート?

スポンサーリンク

今日は臣くんとご飯を食べに行く日。

お店に行くのは
お店を辞めて以来だから
楽しみだなー♡

何着て行こう…

♡)……

クローゼットを開けて
色々服を選んでると

あっという間に1時間が経過。

わわわ!!どうしよう…!!

えっと…えっと…

これだとカタすぎるし…
これだとふわふわしすぎてるし…
え~~どうしよう~~

でも…

なんかいっつも臣くんには
子供扱いされてる気がするから…

ちょっと大人っぽい服にしようかな…

うん!これにしよー!♡

…ってあれ??

なんで私…
こんな一生懸命、服選んでるんだろ…
別にデートじゃないのに…

♡)……///

臣くんは友達!友達!!///

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

健)なんか今日臣そわそわしてへん?
臣)え??
E)どうしたのー?
臣)…何も?
健)ふーん…
N)じゃあそろそろ解散しますかー
直)ですねー
健)あ~~腹減った~~
隆)飯食いに行くー?
岩)あ、行きたい!
N)俺今日用事あるからお先~~
直)俺も。
E)俺も今日はごめん。お先~
健)なーんや…
  ほんなら4人で行くー?
臣)あ、俺も無理。ごめん。
健)なんでやねん!!奢ってや!!
臣)なんで!!w
  用事なくても奢んないし!!w
岩)用事あんの?
臣)うん。じゃ。
健)なんでちょっとニヤけてんねん。
臣)え?!うそ!!
隆)デートでしょーー
臣)えっ!!
岩)え、誰と??
臣)ちげーし!じゃーな!お疲れ!!//

俺はそのまま逃げるように事務所を出て、
タクシーで真っ直ぐ店に向かった。

タクシーを降りると
ビルの1Fで♡が待っててくれて。

♡)あ、臣くん来たー♡
臣)ごめん、待った?
♡)ううん、今来たとこだよー♡
臣)そっか。
♡)お仕事お疲れさまー♡
臣)ありがと…///

…ってゆーか…

何だ今日…
めっちゃ大人っぽいんだけど…///

髪型もまた違うし…
服も…
なんかすげぇ色っぽい。

臣)なんか…
♡)え?
臣)雰囲気違う。
♡)え??

俺の言葉に♡が振り向くと、
またふわっとイイ匂いがした。

臣)あ…。
♡)??
臣)お前…なんかいっつもイイ匂いしない?
♡)え?ほんと?
臣)香水?
♡)香水はつけてないよー?
臣)え…なんだろ…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

♡)トリートメントかなぁ?

なんだろう?
そんな匂いするかな??

私が自分の髪をくんくんしてると
臣くんも鼻を近付けてきた。

臣)あ、そうだ。髪だ。

わ…わ…、近い…///

臣)あれ?
  でもまたなんか違う匂いする…
♡)え?え?
臣)なんか甘い匂い…
♡)甘い…?
  あ…ボディクリームかな??
臣)え?

今度は臣くんが
私の首筋に顔を近付けてきた。

わっ…わっ///

臣)あ、そうかも。
♡)……///
臣)どうした?
♡)えっと…///
  あ!臣くんもいっつもイイ匂いするよ?
臣)え?
♡)香水?
臣)これ?

臣くんが自分の手首を
私の鼻に近付けてきた。

♡)あ!そう!これ!
臣)うん。香水。
♡)この匂い、私好きー♡
臣)そ?
♡)うん♡

なんだろう。
なんか安心する匂いなの。

臣)♡ってどんなテイストが好きなの?
♡)え?
臣)服。
♡)えー!なんだろ…、、何でも好き。
臣)何でも?
♡)色んなの着たいかな…
  同じテイストだと飽きちゃうから。
臣)そうなんだ。
♡)臣くんはどんなのが好きー?
臣)…何でも似合ってるけど…
  今日のもいんじゃない?
♡)え?
臣)大人っぽい。
♡)え…、あっ、ありがとう///

臣くんは自分の服だったら
どんなテイストが好き?

って聞いたつもりだったんだけど…
なんか恥ずかしい…///

私が下を向いてると
臣くんが急に手をつかんできた。

♡)え??///
臣)あ、良かった、治ってる。
♡)え?え?何?
臣)タバコの痕。
♡)あ!!…うん!もう治ったよ!!
臣)良かった。

そう言って私の手を離すと、
臣くんは優しく笑った。

♡)……///

え…なんだろう…
なんかドキドキする…。

マ)いらっしゃいま…っ
  え!! ♡??!

エレベーターを降りると、
フロントにいたマネージャーが
私を見て目を丸くした。

♡)お久しぶりですー♡
マ)おわ!!びっくりした!!
  何だよお前!!
  めっちゃ久しぶりじゃん!!
♡)えへへ♡
マ)何だよ!食いに来たの?
♡)はい♡
臣)あ、予約してた登坂です。
マ)わ!!いらっしゃいませ…
  ご予約の登坂さまですね?
  え…登坂…??って…

予約台帳と臣くんの顔を
交互に見たマネージャーの目は、
さらにまんまるになった。

マ)え??え!!?登坂さん!??
臣)はい。
マ)わ!わ!!本物ですか?!
臣)はいw
マ)うわ!!びっくりした!!
  あ、早く案内しないとまずいですよね…
  見つかっちゃうな…
  こちらです。どうぞ。
臣)ありがとうございますw

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

個室に通してもらった俺たちが
席について飲み物を選んでると
マネージャーがまじまじと♡を見てる。

マ)お前…大人っぽくなったなー?
♡)え??
マ)ここにいる時なんて
  ちんちくりんだったのに。
♡)えー!!ひどーい!!
臣)あははははw
  ちんちくりんって…!ww
♡)もう~!!
マ)いや、まぁそれは冗談だけどさw
  でも…昔から可愛いけど
  なんか大人になったなーって。
♡)何も変わってないですよー?

そう言って♡は笑ってるけど、

今日は本当に服も髪型も大人っぽい。

ちょっと俺もドキドキしてる。

マ)あ、そっか!
  今日デートだからそんな雰囲気なの?
♡)え!!///
  違います!!デートじゃないです!!
臣)…っ

♡が顔を真っ赤にして即答した。

え!!
デートじゃねーの!??

マ)え?違うの?
  彼氏なんじゃないの??
♡)え!違います!臣くんは友達です!!
臣)…っ

またハッキリ友達って言われた!!

マ)まぁどっちにしても…
  登坂さんと飯食いにくるって
  お前すごいな…w
♡)え…っ
マ)お前来てるって皆にも言っとくわ。
♡)はい♡
マ)で、何飲むの?
♡)カシオレー♡
臣)俺はレモンサワーで。
マ)生絞りになりますけどいいですか?
臣)あ、はい。
マ)では少々お待ちくださいませ。
♡)はーい♡

オーダーを取って
マネージャーだという40代くらいの男性は
部屋を出ていった。

♡)わぁ~なんか不思議なカンジ♡
  懐かしいな~~♡

♡は周りを見渡して、ニコニコしてる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

臣)あのさ。
♡)え?
臣)デートじゃないの?
♡)え?
臣)今日。
♡)え…っ

急に真顔になる臣くん。

♡)デートじゃ…ない?
臣)いや、それを俺が聞いてんのw
♡)え…っ//
臣)違うの?
♡)え…、えっと……
臣)……
♡)……
臣)デートの定義って何?
♡)え…っ

わ…わ…
臣くんの目が…なんだか真剣で…

直視できない///

♡)えっと…

デートの…定義…?

♡)付き合ってる…時とか…
  えっと…
  好意がある人と…二人で出かけるのが…
  デート…だと思う。
臣)……
♡)……
臣)じゃあデートじゃん。
♡)え??
臣)何食うー?
♡)え…っ

臣くんはそう言うとメニューを開いて
料理のページをパラパラめくって。

え?

え?

なんかサラッと言われたけど…

え???

♡)…っ

「じゃあデート」ってことは…
好意があるって…こと??

好意…??

ってそもそも何??

えーと…えーと…

あ!!そっか!!

私は臣くんのこと
友達として好きなんだもん!!

それも「好意」だよね??

あれ?

でも…

友達なのに「デート」っていうのかな??

あれ…

マ)お待たせしましたー。

私がパニックになってると、
マネージャーが飲み物を持ってきてくれた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

臣)料理適当に頼んでいい?
♡)あ、うん!!

注文し終えて、二人で乾杯して。

♡)美味しい♡

♡はカシオレを一口飲んで
ニコッと笑った。

臣)うん、美味い。
  酒飲むの、この間ぶりだわ。
♡)え?ほんと?
  一週間飲んでないの?
臣)うん、珍しく。
♡)あははw
臣)でもこの間ほんと楽しかったなー♪
♡)ね♡子供たち可愛かったもんね♡
臣)ほんとに!
♡)でも…私次の日ちょっと
  筋肉痛になっちゃった。
臣)え?サッカーで?
♡)うん。臣くんは全然?
臣)全然。
♡)えーーーーさすがだなぁ…
臣)♡も鍛えてるんじゃなかったの?w
♡)鍛えてるけど…脚は盲点だった…
臣)あはははw

悔しそうにほっぺを膨らませてる。

臣)いつも何やってんの?
♡)ストレッチとか簡単な筋トレとか…
  腹筋は毎日最低100回はやってるよ♡
臣)え、すげぇじゃん!!
♡)えへへ♡
臣)なんでそんな頑張んの?
♡)だって…太りたくないし…
  若いうちからちゃんとやっておかないと
  あとで後悔しても遅いよーって
  ママが言ってたから…
臣)そうなんだ…w

ストイックなお母さんなのかな。

♡)それに…
  いつか好きになる人に
  ちゃんとずっと好きでいて
  もらえるように…
臣)……
♡)頑張れることは
  今から何でもしておきたいんだもん♡
臣)…ふーん…

出た。

「いつか好きになる人」。

♡)あ。
臣)え?
♡)今、「まだ出逢ってないくせに~」
  って思ったでしょー!
臣)いや?思ってないよw
♡)ほんとー?
臣)うん。

それが俺だったらいいのにとは
思ったけど…。

♡)なんかね…弟がこの間…
臣)あ、そういえば弟いるんだっけ?
♡)うん!瞬っていうの♡
臣)同じ名前だって言ってたもんね。
♡)うん♪
  それでね、弟が…
  彼女が付き合って半年で15kg太ったらしくて
  詐欺だ!!って怒ってたの。
臣)え??15kg?!
♡)うん。
臣)それは詐欺でしょ!!w
♡)やっぱりそうなんだ…
臣)うん。

そんなん超絶デブじゃん!

♡)だから…
  やっぱり絶対太れないなって
  余計思ったんだ。
臣)いきなり15kgも普通太んないしょ!
♡)そうかなぁ?
臣)うん。
♡)でも…15kgってことは…63kgか…
  やっぱり詐欺だよね…
  うわーーんっ
  好きな人に詐欺とか
  絶対思われたくない~~
臣)ん?48kgってこと?
♡)え??
臣)今。
♡)え!!なんで?!///
  わっ!!
臣)今自分で言ったじゃん。
♡)わわわ!間違えた!忘れてー!!!
臣)あはははw

ポロっと言って、今更慌ててる。

臣)身長は??
♡)私…162cmだよー。
臣)ふーん。
  162cmで48kgでCってことー?
♡)え!?C?!!!
  な、なんでわかったの!??
  え??え!??////

今度は真っ赤になって
自分の胸を必死に隠してる。

臣)ごめん…、冗談だったんだけど…w
♡)えーーー!!///
  ひどい!!ばかぁ!!
臣)あはははw

簡単に引っかかったなw

♡)もう~~~~
臣)ごめんごめんw
♡)むーーー
臣)あ、ふくれてる…
♡)…だもん…
臣)え??
♡)頑張れば…Dだもん…

すねたように膨らんでるほっぺ。

臣)あははは、何それ…ww
  頑張り次第で変わんの?w
♡)そうだよっ///
臣)あはははw
♡)臣くんのエッチ。ばか。きらいっ//
臣)……

嫌いって言われても…

赤い顔してふくれてんのが
すげぇ可愛くて…ww

臣)エッチな男が嫌いなんですかー?
♡)えっ?!///
  臣くん…ほんとにエッチなの?
臣)何その質問ww
♡)だって…
臣)男だからねー?w
♡)えーーー

エッチじゃない奴なんていません。

臣)あとは?
♡)え??
臣)どんな男が嫌いなの?
♡)え…、あとは…っていうか…
  エッチな人、別に嫌いじゃないよ?
臣)え?
♡)え、あ、なんか違う!!//
  変な意味じゃなくて…
臣)好きなの?
♡)わ!違うよ!!///
  エッチな人が好きなんじゃなくて…
  わ、なんかもう変になっちゃった…
  わわ…っ///
臣)ぶははははww
♡)もう~~!!//

俺が腹をかかえて笑ってると
♡はまたほっぺを膨らましてる。

♡)男の人は…みんなエッチだと思うから
  標準レベルだったら
  許容範囲ってことー!
臣)ふーん?w
♡)なにー
臣)標準レベルってどんくらい?w
♡)え?!! 
  ……もう!わかんないよそんなのー!///
臣)あははははww
♡)むーーー
臣)で?
♡)え?
臣)嫌いな男はどんなん?
♡)え…嫌いな…?うーーん…
  変態な人とか
  セクハラな人とか…じゃなくて?
臣)いや、もっと標準レベルでw
♡)えーーなんだろう…
  うーんと…
  あ!!
臣)ん?
♡)付き合ってない人に
  いきなりチューしようとする人!
臣)えっ!!

この間俺がチューしたいと思ってたの、
バレてた?!!

♡)そんなチャラい人やだもん!
臣)……

やっぱりトリちゃんの言ってた通りだった…

トリちゃん…ありがとうございます…。

臣)それってチャラいの?
♡)え…だって…
  付き合ってないのにチューだよ?
臣)付き合ってなくても
  好きなんじゃ…ない?
♡)え…、好きとかじゃ…ないと思う。
臣)え?
♡)そんなんじゃ……

ちょっと待て。
何の話してんだ??

もしかして…

臣)誰かにされそうになったの??
♡)え!!!!
臣)キス。
♡)え!!!!
  ち、違う!!////

って言って顔真っ赤なんだけど…
マジかよ…。

絶対そうじゃん!!

♡)えっと…違うよ!!
  友達の話!!!
臣)……

女子が友達の話って言う時は
大体自分の話だって、なんかで聞いた。

臣)未遂??
♡)え??
臣)されたの?
♡)……
臣)どっち?
♡)…友達の…話だよ?
臣)で、どっち?
♡)…走って…逃げた…って…言ってた…
臣)……

ほっ、未遂だった…。

つーか…友達友達って…
絶対お前の話だろうがーー!!

どこのどいつにキスされそうに
なったんだよ!!

あ~~~もう!モヤモヤする……

くそーーーー!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんか臣くんが怖い顔してる…
なんでだろ…???

マ)お待たせしました~!
♡)あ!お料理来たー♡

マネージャーが次々お料理を運んできてくれて
臣くんが全部手際良く取り分けてくれて…

臣)どうした?
♡)え??
臣)口開けて見てっから。
♡)え!!口開いてた?!
臣)あはははw
♡)臣くんが…全部やってくれるから…
臣)え?
♡)すごいなぁ…って…
臣)こーゆー店だったら
  男がやんのがマナーなんでしょ?
♡)え??
臣)え、ちげーの?
♡)あ!!そっか!!
臣)なんだそれw
  働いてたんじゃねーのかよw
♡)そうでした…//
臣)変なの…w

だって…

臣くんがあんまりスマートに
やってくれるから…
びっくりしたんだもん…//

臣)はい。
♡)ありがとう…//
臣)いやー…でも…
♡)え?
臣)ここの料理ほんと美味いよなー?
♡)あはは♡ねっ♡
臣)うん。
♡)賄いも毎日ほんとに
  美味しかったんだよー♡
臣)いいな~~働きてぇ~~
♡)あはははw

コンコン。

チ)失礼しまーす。
♡)あ!!チーフ!!
チ)おお、ほんとに来てる!
♡)お久しぶりです♡♡
チ)ちょっと〜元気にしてたー?
♡)はいっ!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今度は40代くらいの女性が入ってきて、
♡と仲良く話してる。

チ)今日は割らないでね?w
♡)え?
チ)うちの食器。
  お願いしますよ~。
♡)割らないですっ!ひどい!//
チ)あはははw
  てゆーかもっと店来てよ~~
  ♡全然来てくれないんだもん。
♡)だって…
  来たいけど高いんですもん。
チ)ああ、だから今日は彼氏と来たの?w
♡)違います!!彼氏じゃないです!!
チ)あ、そうなの?
  イケメンじゃん♪すごーい!
  って思ってたのにw

あ、俺のこと知らなそう…。

♡)違います…
チ)良かったw
♡)え?
チ)♡が彼氏と来たなんてなったら
  料理長ショック受けそうだからw
臣)え??
チ)なんか♡のこと娘みたいに
  可愛がってるんでw
臣)あ、そうなんですか?
チ)はいw
  あ、料理長もあとで来るって言ってたよー
♡)わーい♡会いたいです♡
チ)うんw じゃあまたね。
♡)はい♡

チーフが出ていって
今持ってきてくれた料理を見ると、
グリーンピースが何個か乗ってて…

♡がハッとして俺の顔を見てきた。

♡)大変。宿敵がいる。
臣)あははw 宿敵ってww
♡)これは…どうします…?
臣)♡が食べるんでしょ?
♡)えー!やだぁー!!
臣)あははw
  全部乗せてやるわ。
  サービスサービス♪
♡)やめてー!!w
臣)あははw
♡)じゃあ…
  ジャンケンで負けた方が食べる??
臣)いや、俺嫌いなだけで
  別に普通に食えるよ?w
♡)え!!そうなの??
臣)うん。
♡)わぁ…臣くん偉いねぇ♡
  全部あげるー♡
臣)おいw
♡)いい子いい子ー♡
臣)って俺は子供か!!w
♡)あははは♡

♡がグリーンピースが入ってない方を
美味しそうに食べながら言った。

♡)そういえば賢司くん、どうなったかなぁ?
臣)どうって…恋愛?
♡)うん。そう。
  キュン作戦成功したかなぁ?
臣)あれ…?つーか…
  どうしたらキュンとするかって
  話になったけど…
  結論出ないで終わったよな?
♡)あ!そうだっけ?そうだー!!
臣)あいつ…どう頑張んだろ…
♡)ほんとだね…
  うわ~~~ん
  うまくいきますように~~
臣)…でも…実際、難しいよな~~
♡)何が?
臣)好きな子にさ?
  どうやったら振り向いて
  もらえるのかなんて…
  ほんと全然わかんねぇよなーって。
♡)……

そんな方法があるなら即実践するけど…

臣)キュンとさせるとか
  カッコイイとこ見せるっつったって
  そんなピンポイントで
  できるもんでもねーし…。
♡)……
臣)結局…、人として自分が
  成長してかなきゃなんねぇんだよな。
♡)人として…成長?
臣)うん。自分磨きっつーか…
♡)そっか…うん。そうだよね。
臣)難しいな~~
♡)臣くんも好きな人いるの??
臣)え??

何その質問!

何その無邪気な顔!!

臣)……

はぁ…。

もうこの際、♡の鈍さはおいといて…

ここで俺がいるって言ったら
「臣くんて好きな人いるんだぁ!」
とか、対象外にされそうだし…

でもいないって言ったら
余計気付いてもらえなくなりそうだし…

なんて答える!俺!!

♡)でも…
臣)え??
♡)大丈夫だよ。
臣)??
♡)大丈夫だと思う♡
臣)何が?
♡)臣くんのいいところは
  何もしなくても
  ちゃんと伝わると思うもん♡
臣)え…?
  何もしなくても?
♡)何もしなくても…っていうか
  自然に伝わると思う。
臣)……

自然に…?

♡)だってこの間だって私、
  臣くんカッコイイなぁって
  何回も思ったよー♡
臣)え!!!
  俺…なんかした??
♡)うーん…なんかっていうか…
  色々…いっぱい!
臣)いっぱい?!!
♡)うん♡
  カッコイイな~とか
  男らしいな~とか
  素敵だなっていっぱい思ったよ♡
臣)え……////

なんだそれ…///
急になに。

めっちゃ照れる…

そんなストレートに言われても…

臣)……///

そんな風に思ってくれてたんだ…
すげぇびっくりした…///

てゆーかそう思ったんなら
好きになってくれよ…!

♡)だから私が保証するーー♡♡

いやいや…
本人に保証されても…

お前は俺のこと
どう思ってんだよ!!

臣)お前さ…
♡)んー?
臣)俺のこと…

主)失礼しまーす。
♡)あ!主任!!
主)♡!!久しぶり!!
♡)お久しぶりですー♡♡
臣)…っ

だ~~~!!
今度は…主任??

割と若め…30代くらいの
コック服を着た男性が入ってきた。

主)元気だったかー?
♡)はい!元気です♡
主)あ…、えーと…

俺の顔を見て、何か言いたそう。

主)EXILEの方なんですか?
臣)いや、違いますw
主)あれ?
♡)三代目ですよ、主任!
主)三代目?
♡)もう~~!
臣)いや、全然いいですw
主)すみません…
臣)いえいえw
主)オーダー落ち着いたから
  ♡の顔見に来たんだよ。
♡)ありがとうございます♡
主)デート中にごめんなーw
♡)え!デートじゃな…
  あ…えっと…

あ…。

「デートじゃない」って言いかけて
俺の顔見てあたふたしてる。

さっきの…
ちゃんと意味伝わったのかな…。

臣)……

主任さんが部屋から出て行くと、

♡は少し気まずそうに
赤くなってうつむいた。

臣)……
♡)……
臣)昨日何してたのー
♡)え??
臣)土曜だったから。
♡)あ!えっと…、友達と遊んでた!!
臣)そっか。
♡)うん!臣くんは?
臣)俺は…昨日は逗子フェス。
♡)あ、昨日だったんだ!!
臣)うん。
♡)楽しかったー?
臣)めっちゃ。
♡)あはは♡
臣)でも…暑すぎて
  日射病で倒れてる人とか何人かいたわ。
♡)えー!うそー!!
  でも…昨日ほんとに暑かったもんね…
臣)うん。LIVE終わったら汗だくだった。
♡)みんな水着だったのー?
臣)お客さん?そうだね。
♡)ほわ~良かったね~
臣)はい?何が?
♡)え…だって…
  臣くん水着好きなんでしょ?
臣)は??
  なんで俺そんな水着好きなキャラに
  なってんの?!w
♡)え…だって…
  水着見たいって言ってたから。
臣)どんな解釈だよ!違うわ!w
♡)え?
臣)水着なら誰でもいいわけじゃねーし!
  そんなん俺ただの変態じゃん!
♡)あはははww
  違うのー?

俺をなんだと思ってんだよw

臣)俺はお前が着てるとこが
  見たいって言ったの!
♡)え??
臣)あ…、
♡)……っ
臣)違う…、いや、そうじゃなくて…

いや、違わねぇんだけど…
言葉は合ってんだけど…

ハッキリ言うとなんか俺、
ただのエロい奴じゃん!!

どうしよう!!

臣)ごめん、違う///
♡)え?
臣)忘れて///
♡)……///

え…っと…

えーと…えーと…
なんか話題…

臣)あーー…
  ♡ってテラハ観てんだっけ?
♡)あ…うん!観てるよ!
臣)えーと…トリちゃん好き?
♡)え?トリちゃん?
  うん!大好き!!♡
  なんでわかったのー?
臣)大好きなんだ…w
♡)うん♡いつもリアクションがかぶるし
  価値観が似てる気がするー♡

やっぱりそうなんだ!

……ふぅ、上手く話題変えられた。

♡)山ちゃんも大好きー♡
  あと…YOUさんも面白いし…
  みんな仲良しでいい人そうだし
  みんな好きー♡
臣)あははw ほんと?
♡)うん♡
臣)そっか…w

みんなが勝手に♡呼ばわりして
俺の恋路を楽しんでることなんて
知りもしないもんな…w

♡)そういえば…
臣)ん?
♡)一昨日テラハ観たけど…
臣)うん。
♡)すごい悲しかった…
臣)え?

え!え!!
いきなり泣きそうなんだけど!!
目にめっちゃ涙ためてるし!!

臣)えーと…大樹くん?
♡)うん……ぐすっ

わ!涙こぼれた!!

臣)な、泣くな…
♡)だって…ううう…っ、ぐすっ
臣)わ…わ…
♡)あんなに一生懸命頑張ってたのに…
臣)うん。
♡)絶対ツライよぉ…泣いてたもん…っ
臣)うん。
♡)ぐすん…ぐすっ…
臣)お前…観た時も泣いたろ…
♡)…うん…ティッシュなくなった…
臣)……

そんなポロポロ泣くなよーー

臣)大樹くんさ…
♡)うん。
臣)きっとまた新しい道探して
  新しい夢とか見つけるんじゃないかな…
♡)新しい夢…?
臣)うん。
♡)あ!!臣くんもう続き見たの?
臣)えーと…はい。
♡)大樹くん…笑ってた?
臣)うん。…笑ってたよ。
♡)ほんとっ??
臣)うん。
♡)うわぁぁんっ
  良かったぁぁぁーー
臣)あ~~もう、お前泣きすぎw
♡)ほんとに良かったぁ…
  私応援する…♡

あ、やっと笑った。

♡が泣いてるところ見んのは
初めてじゃないけど…

なんか目の前で泣かれると
めっちゃ焦る。

料)失礼します。
♡)あ!料理長!!
臣)…っ

おお…この人が料理長か!!

すげぇ恰幅のいい迫力あるおじさんが
入ってきた。

クールであんまり笑わないって言ってたけど…
ほんとそんなカンジの雰囲気。

料)♡、久しぶりだな。
♡)はい!お久しぶりです!!
料)お前…泣いてんのか?
♡)え?
料)……
臣)!!!

♡の涙を見て、
ものすごい目で俺を睨んできた料理長。

違う!違う!!俺じゃない!!!

料)お前が泣かしたのか。
♡)わ!わ!違います!!
料)違わねぇだろ…
臣)いや、えっと…違います。

めっちゃ怖ぇぇ!!汗

♡)私がTVの話で泣いちゃっただけで
  臣くんは関係ないです!!
料)ほんとか?
臣)ほんとです…
料)……

だから怖ぇって!!
睨むなよ~~~~汗

料)デザート持ってきたぞ。
♡)え??

そう言って料理長が
テーブルに置いたデザートは
ものすごい豪華な盛り合わせ。

フルーツやケーキやプリンが
綺麗にデコレーションされてる。

それを見た♡の目が、輝いた。

♡)キャーー♡♡
  なんですか?これ!!
料)サービスだ。
♡)え!!いいんですか???
料)お前が初めて来てくれたからな。
♡)わーいっ♡♡♡
  すっごく嬉しい~~!!
  料理長大好きー♡♡♡
料)ふっw

♡の笑顔を見て
料理長が少しだけ笑った。

料)料理は…どうだった?
♡)全部美味しかったです♡♡
料)そうか?
臣)あ、はい!!
  本当にどれも美味しかったです!!
♡)ね♡もう幸せ~♡えへへ♡

♡が笑いかけると
今度は料理長が優しい顔をして笑った。

さっきまであんな怖かったのに…
料理長、♡にメロメロやん!

ほんとに…可愛がってんだな…w

♡)食べてもいいですか?♡
料)おう、ゆっくり食ってけ。
♡)はい♡
  本当にありがとうございます♡♡
料)じゃあな。

そう言って料理長は出ていった。

♡)わーい!いただきまーす♡♡
臣)これ…ほんとすげぇな…
  めっちゃ豪華…
♡)わ!!すごく美味しいよぉ♡
臣)ほんと?いただきまーす。
♡)う~~ん♡幸せ~♡♡
臣)ほんとだ、めっちゃうめぇw
♡)でしょー♡
臣)うん。すげぇなw
♡)ふふー♡

相変わらず幸せそうに食べる♡。

臣)お前…ほんと皆に愛されてんなー?
♡)え?
臣)見てて思った。
♡)皆がいい人なんだよー♡

♡はそう言うけど…
みんな♡を見てすげぇ嬉しそうに笑ってたし。
きっと…

♡の笑顔って
みんなを笑顔にするんだろうな。

デザートも食べ終わって
俺が会計をすると、

♡)そーだ!!マフィン!!

♡が思い出したようにバッグを開けた。

♡)はい♡作ってきたよー♡
臣)ああ!ほんとに作ってくれたんだ!
♡)だって約束したでしょー!
臣)そうだけど…ありがとw
♡)うん♡
  この間はごちそうさまでした♡
臣)うん。
♡)今日もありがとう♡♡
臣)うんw

なんか…すげぇ美味そうだな、
このマフィン。

ほんとに得意なんだな、こーゆーの。

臣)じゃあ行くか。
♡)うん。

部屋を出て、店の人たちに挨拶をして
出口に向かうと

♡が柱に頭をぶつけた。

♡)いたぁい!!

ゴンと鈍い音がして…

臣)お前はま~た…
  ほんと鈍臭いな~w

♡の前髪を上げると、でこが赤くなってる。

♡)うう~~
  おでこ痛いよぉ…
臣)大丈夫か?
  ちゃんと前見て歩けよー
♡)はい…。

涙目になってるし。
ほんとしょうがねぇ奴…w

俺が出口の方に振り返ると、

横にいた年配の夫婦が
♡を見て驚いた顔をした。

女)♡ちゃん?!!!
♡)え?
男)おお!♡ちゃんじゃないか!!
♡)あ!!里山さん!!♡
  お久しぶりです!!
女)いや~~~
  会いたかったわよ~~
男)本当に!!
♡)わぁ♡嬉しい♡

マ)うちの常連さんです。
臣)あ、そうなんですか?
マ)あいつの大ファンだったんですよw

マネージャーが教えてくれた。

そういえば…
♡に会いたくて来てるお客さんが
たくさんいたって言ってたっけ…。

男)♡ちゃんに会えなくなって
  本当に寂しくてねぇ…
女)本当に!!
  元気にしてるの??
♡)はい♡元気ですよー♡
  里山さんは?
女)元気よぉ!
  うちね、やっとこの間
  店を出したのよ~!
♡)え!!本当ですか??
  イタリアンのお店??
男)そうそう!自由が丘にねー
♡)わぁ!!すごい!!
  やっと夢が叶ったんですね♡♡
女)♡ちゃんご馳走するから
  今度食べに来てちょうだいよ。
♡)行きたいですー!!♡
男)彼氏さんも一緒にね!
臣)え??俺っすか?
女)うんうん!
  一緒に来てちょうだい♡
臣)えーと…
男)彼氏さんじゃないのかい?
臣)あ…違います…
女)なぁんだ!
  仲良さそうだったから
  てっきりそうだと思ったのに…
♡)えっ!!
男)まぁなんでもいいやw
  君も良かったら一緒に来てよ!
臣)あ、はい!
  ありがとうございます。

俺たちはお店のショップカードを受け取って
そのままエレベーターを降りた。

♡)わぁ~♡すごいな~♡
  本当にお店出せたんだぁ♡

ショップカードは
カラフルで可愛いデザイン。

臣)夢だったんだ?
♡)うん!ずっと出したいって
  言ってたんだよー♡
臣)すげぇなー
♡)ね♡
  …でも…、なんか今日…臣くん、
  いっぱい彼氏と間違われて…ごめんね?
臣)え…全然いいけど…

むしろありがたいけど…

♡)このお店…、一緒に行ってくれる?
臣)え、行く行く!!全然行く!!
♡)あはは♡良かったぁ♡
  じゃあ今度一緒に行こうね♡
臣)うん!!

やった!!
また次の約束ができた!!

とか喜んでるうちに、
エレベーターが1Fに着いて…

臣)えーと…どうしよっか。

まだ…22時前か。

なんかあっという間だったな。

全然まだ一緒にいたいんだけど…
2軒目どっか行きたいなーー

臣)明日仕事だっけ?
♡)そうだよー。
臣)…もう帰る?
♡)うん!!
臣)え…っ

すげぇ元気に即答されたんだけど…

つーか…

なんで俺、
「もう帰る?」とか聞いたし!!

あ~~~も~~~~

♡)もうお腹いっぱーい♡
臣)ええと…じゃあ…帰りますか…
♡)うん♡

そんな元気よく返事しないで……泣。

臣)…タクシー乗ってこ。
♡)え?タクシー?
臣)うん。ここからなら♡ん家、先に着くし。
♡)はーい♡

ー続ー

スポンサーリンク

コメントを残す