(8)飛んできてくれた彼

スポンサーリンク

危なっかしい♡を先にのぼらせて
通路に出ると、

帰る人の波で大混雑。

賢)つーか出るタイミング間違えた?
さ)すっげー人だな〜〜〜っ
臣)はぐれんなよ?
♡)はぐれないよ!
さ)いや、♡ははぐれる!
♡)えーー!
さ)ちゃんとついてきてねw
♡)むぅ……//
臣)あはははw

ほんとは…

危なっかしいし、心配だから
手でも繋ぎたいんだけど…

♡)わっ、眩しい…っ

スタジアムの外に出ると、
夏の陽射しが強く照りつけてきた。

賢)うわ~~
  日陰じゃないとくそ暑いなーー
さ)焼けちゃう~~~
賢)あ~〜また喉かわいてきた。
さ)ジュース買いに行くー?
臣)……

あれ?
なんかタバコくせーな。

周りをキョロキョロ見渡すと、
前の方にこんな人ごみの中で
タバコを吸ってる男がいて。

臣)え…っ

つーか危ねぇんだけど!
タバコを持ってる手が隣の子供に近い!

と思った瞬間、
♡が走り出してた。

臣)えっ!!

うわ!!
危ねぇッ!!!

男のタバコが
子供の目に触れそうになった瞬間、

♡が子供の顔を手で庇った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

♡)熱っ!!!!!!
男)えっ!!!

タバコの火があたって
手の甲に熱い痛みが走った。

子供は…
私が急に顔を触ったから、
びっくりしてる。

♡)ごめんね?
子)え?え…っ?汗

臣)ばっか!!
  何やってんだよ!!

走ってきてくれた臣くんは、
私の手の甲を見て周りを見渡すと
私の腕を引っ張って、走り出した。

♡)え、え…っ、臣く…っ
臣)いいから来い!
♡)…っ

ジュースを売ってる屋台まで
走ってきて…

臣)すいません!氷水ください!
  早く!!

臣くんがそう言うと、
お姉さんがすぐに
BOXに氷水を入れてくれた。

臣)…っ

臣くんに掴まれたままの私の手は、
そのまま氷水の中に沈められて…

臣)何してんだよもう…
♡)……ごめんなさい。
臣)痛くない?大丈夫?
♡)うん…、熱かったけど…大丈夫。
女)大丈夫ですか?
臣)あ!!急にすみませんでした。
  ありがとうございます。
女)いえいえ!
  氷まだ必要だったら言ってください。
臣)すいません。
♡)……

臣くんが…
すごく心配そうな顔をしてる。

賢)おいおい、どうした?
さ)急にいなくなるからびっくりしたよ。
♡)あ、ごめんね?

男)あの…

あ、さっきのタバコの人だ!

男)すみませんでした…

男の人がバツが悪そうに謝ると、
臣くんが立ち上がって
その胸ぐらを掴んだ。

臣)こんな人多いとこで吸ってんな!!
男)わ…わ…っ
臣)子供に当たったらどうすんだよ!!
  お前責任取れんのかよ!!
男)あ…あの…本当にすみませんでした…

♡)…っ

わ…わ…
臣くんがすごく怒ってる…
どうしよう…っ

臣)ふざけんな!!

臣くんがそのまま突き飛ばすと
男の人は逃げるようにいなくなった。

さ)え?え?どゆこと?
  ♡もしかしてタバコで火傷したの?
♡)火傷ってほどじゃないよ!
賢)大丈夫?
♡)うん…っ

臣)は~~〜っ
  お前あんな無茶…すんなよ…

目の前にしゃがみこんだ臣くんが
心配そうに、そう言った。

♡)でも…、子供危なかったから…
臣)そうだけど…
さ)痕残ったらどうすんのーー
♡)あ…何も考えてなかった…
さ)えーー!
♡)でも…っ
  子供の目が見えなくなるくらいなら
  私が火傷した方が全然いいもん!
さ)もう~~
  ♡らしいけどさ…。
賢)痕残ったら
  広臣が嫁にもらやーいいじゃん。
臣)いや、いいけどさ。
  ほんとあんま無茶しないで…
  心配だから。
♡)え…
賢)え…
さ)え…
臣)え?

みんなが思わず臣くんを見た。

賢)嫁にもらってもいいんだw
臣)え!!あ、違う、間違えた!
  いや、もらってもいいんだけど…
  って、そうじゃなくて!
♡)……///
臣)俺…何言ってんだ…///
さ)あははははww
賢)うろたえすぎだしww
臣)……ごめん…///
♡)ううん……

びっくりした…///

臣くんの顔が…
少し赤い…。

♡)もう大丈夫だよ。
さ)ほんとー?
♡)すぐ冷やしたから
  ちょっと赤くなっただけで
  大丈夫だった。
賢)良かった良かった。
♡)臣くんありがとう。
臣)いや全然。
さ)臣くんすごい勢いで飛んでったもんねw
賢)あんなキレてる広臣も久々に見たわ~~
臣)いいだろ、もう。
賢)はいはいw
♡)……

ほんとに…
すぐに飛んできてくれた。

臣くん……

臣)すいません。
  これありがとうございました。
女)あ、いえいえ!!
♡)ありがとうございました。
賢)あ、じゃあ俺ジュース買おっと。
女)ありがとうございます。

BOXを返して、飲み物を買って…

さ)よっし、じゃあ行こっか。
賢)うん。

駅に向かって歩く二人の後について、
前を歩く臣くん。

私はその後ろを歩きながら…
臣くんの背中を見つめてた。

♡)……

臣くんにすっごく心配かけちゃった。
申し訳ないな…

臣くん…
ありがとう……。

そんなことを考えてたら…

私の手は、無意識に
臣くんの服の裾を掴んでた。

臣)どうした?
♡)え?あっ…!!わっ!!
臣)??
♡)ごめんなさい!
臣)え…??
♡)////

わ!わ!
なんで私、掴んじゃったんだろ…っ

何してるの??///

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

急に後ろから、服をクイッと引かれて。

振り返ると、
♡の手が可愛く俺の服を掴んでた。

♡はごめんって…
慌てたように謝って…

臣)…別に…いいけど。
♡)え?
臣)はぐれそうだから、掴んでても。
♡)あ…、……うん///

とか、カッコつけて言ったけど…

臣)……///

俺のシャツの裾を少し掴んで
うつむきながら少し後ろを歩く♡が
可愛くて……

あ~~もう!!///
いっそ手ぇ繋ぎてぇっ!!

何これっ!///

さ(ちょっとちょっと兄さん。)
賢(ん?)
さ(なんなんすかね、あの二人。)
賢(え!手繋いでんの?!)
さ(いや、微妙に違うんすよ。)
賢(あ、ほんとだ。つーか何あれ。
  見てるこっちがキュンキュンするわ!)
さ(ほんとっすよね!)

臣)あ、サッカーしてる。
♡)あ、ほんとだ!!

スタジアムの隣にある芝生の広場で
サッカーをしてる子供達の姿が見える。

賢)うわ、ちっちぇーなーー
さ)幼稚園くらいかな?
賢)小学生じゃない?
臣)かわいーなーーw
  一緒にやりて~~
さ)やりたいね~~
♡)やりたい!!
臣)え?
♡)聞いてみよー♡♡
臣)え???
さ)え?
賢)え?

♡)すみませーーん!!
  一緒にやってもいいですかー??

♡が大きな声で呼びかけると、
子供たちが手を振ってくれた。

♡)わ!!いいって♡♡
  行こ行こーーっ!!

♡は嬉しそうに
芝生に向かって走っていった。

♡)一緒にやってもいーい?
子)いいけど姉ちゃん出来んのかよw
♡)出来るもん!!
子)じゃあリフティングやってみなよ。
♡)え!!リフティング?!
子)何この姉ちゃん。
子)なんか一緒にやりたいって。
子)サッカー出来んの?
子)わかんね。
♡)えいっ!あれ?
子)えっ、超ヘタじゃん!!
子)やべぇ!!あはははww
♡)ちょっとぉ…笑わないでよー!//
子)リフティングはこうやるんだよ!
♡)え!もう一回!
子)だからこう!!
♡)え!!出来ないよー!!

臣)なんかあっという間に
  子供に囲まれてんだけど…
さ)人気者ですわw
賢)ほんとあいつにはいっつも
  子供とかじいちゃんばあちゃんが
  集まるよなーww
さ)なんか和みオーラが出てんだろねw
臣)……

うん、わかる気がする。

賢)子供とかじいちゃんばあちゃんに
  好かれる子に悪い子はいねーよなー
  あ~ほんと好きだな~~
臣)え?!!
賢)以上、広臣の心の声でした。
臣)なんだよそれ!!w
賢)そんな顔して見てたからw
臣)~~~っ

別に、そんなんじゃないしっ///

♡)何してるのーー??
  みんなも早くーー!!

賢)はいはいw
さ)じゃあ混ざっちゃいますか♪
臣)マジで?w

そのまま俺たちも芝生に入ると、
子供たちがわらわら寄ってきた。

子)兄ちゃんたち
  サッカーできんのー?
臣)おう、出来るよ。
子)ほんとかよーw
  あの姉ちゃん、めっちゃヘタなんだぜ?
♡)ちょっとー!!
  今悪口言ったでしょー!!
子)だってほんとにヘタじゃん!w
♡)もう~~!!
  ほら!ちょっと出来るように
  なったんだからー!!
子)お!お!!姉ちゃんやるな!!
♡)でしょっ?ふふんっ♪♪
臣)ぷっww

めっちゃドヤってるしww

子)お!いいぞいいぞ!
♡)できたよ!見てっ!♡
子)おおお!w
臣)……

なんか…

私子供大好きなんです~
みたいなアピールしてくる女って
よくいるけど…

♡の場合ほんとに
仲良くなってんだよなーw

同じ目線で会話してるからかな…

ってことは…
♡も子供ってことか?w

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

♡)私下手くそだけど、このお兄ちゃん
  すっごく上手なんだからねー!!
子)え!!そうなの??
♡)そうだよ!!
臣)って、なんでお前がドヤるんだよw
♡)だって~!!
子)リフティングやってみてよ!
臣)おう。ボール貸して。
子)はい。

臣くんがリフティングを始めると、
子供たちの目が点になった。

…もちろん、私の目も…。

子)すっげぇぇ!!!!
子)おい!この兄ちゃんすげーぞ!!
子)うわぁ!!!
子)めちゃくちゃ上手いじゃん!!
♡)…っ

臣くんは…
本当に上手だった…!!

すごーーいっ!!!
プロみたいっ!!!

♡)なんでそんなに出来るのー?!!
臣)あはははw
子)兄ちゃん!試合しよ!!
臣)お、やるかー?
子)俺もーー!!
子)俺もやるーー!!
♡)私もーー!!
子)えーー!!
  姉ちゃん下手だもん!!
♡)私も入れてよぉ!!
臣)あはははww

さ)あーらら…なんかあっちで
  試合が始まりましたよ。
賢)元気だなーーあいつらw
さ)何あれ、青春?
賢)陽も落ちてきたし?
さ)夕陽の中で爽やかな汗を流す子供たち。
賢)あははw
さ)♡と臣くん、隠し撮りしてやろーっと♪
賢)ほんとあいつら仲良いなーーw
さ)もう付き合えばいいのに。
賢)♡が広臣のこと、どう思ってんのか
  わかんねぇからなー
さ)そこだよね。
賢)広臣は気付いてると思うとか
  言ってたけどさぁ。
さ)あの♡だよ? 鈍さNO.1の。
賢)ですよね~~

太)おお!二人ともお疲れー!!

賢)あ!太一!!どうした??
太)子供たち見にきたw
賢)おお、マジか!
  試合良かったな、勝って。
さ)おめでとー!♡
太)ありがとw
  あれ?試合してる?
賢)ああ、遊び半分なカンジでね。
太)うわ!!
  登坂くんめっちゃ上手いな!!
さ)経験者らしいよー?
太)え、ちょっと待って!
  あれほんとに上手いって!!
賢)え?そんなすごいの?
太)すげぇ!!!
さ)顔も良くて歌も歌えて
  サッカーも上手いとか…
太)あははは!ずるいね!!
さ)ずるいっすわ~~w

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

♡)あ!!太一くん!!
  お疲れさまー!♡
太)おうw
♡)試合勝ったね♡
太)どうも♪
臣)今日はありがとうございました。
太)いえいえ!また時間あったら
  いつでも観に来てください♪
臣)マジっすか??来たいです!!

久々に生の試合見て、すげぇ楽しかったし!

太)いやー、それにしても登坂くん
  サッカーほんとに上手いね?
臣)ああ、ありがとうございますw

見られてたのか…//

♡)臣くんほんとすごいなぁ…。
臣)お前はほんとに下手だなw
♡)ひどーい!!
臣)ほんとに足は速かったけどw
♡)でしょーー♡
太)♡は登坂くんと付き合ってんの?
♡)えっ!違うよ!!
太)ああなんだ、違うの?
♡)臣くんは友達だよ!!
太)そうなんだ。
  なんかそんな風に見えたからw
♡)えっ!!
太)さっきも…見てて、なんとなく。
臣)…っ

それって…
俺が好きなカンジが…
バレバレってことか…??汗

てゆーか…

一瞬で否定されて…
あっさり「友達」って言われたんですけど…

子)あ!コーチだ!!
子)ほんとだー!!コーチー!!
太)おう!お疲れー!!
子)この兄ちゃん、
  めっちゃサッカー上手なんです!
太)うん、見てた見てたw
子)この姉ちゃんは下手だよ。
太)うん、見てた見てたw
♡)ちょっとぉ!//
太)あはははw
子)兄ちゃんまたサッカーやろうね!
臣)おう!
子)俺兄ちゃんに必殺技
  教えてもらったもんねー
子)なんだよそれ!ずりぃじゃん!
子)今度俺にも教えてよぉ!
臣)おう、今度なw
子)しょうがねぇから姉ちゃんもまた
  遊んでやってもいいよ。
子)そうだな。
♡)ちょっとぉ!!
  しょうがないからって何ーー!ww
臣)あはははww

子供たちが面白がって
♡をいじってて。

♡はほっぺを膨らませてる。

賢)よっし。
  じゃあ晩飯食いに行くかー!
さ)そうだねー♪
♡)私、お腹ペコペコ…
さ)あんだけ走ればねw
臣)……

確かに俺も…
すげぇ腹減った。

久々にこんなにサッカーしたな。
すげぇ楽しかった。

♡)太一くん!!
  今日はありがとね♡
太)おう!じゃあまたなー!
賢)おう!じゃあなー!

ー続ー

スポンサーリンク

コメントを残す