(1)出逢い

スポンサーリンク

少しずつ暑くなり始めた7月。

ビールが美味しい季節が来たなー
なんて、今日は親友の賢司と二人で飲んでる。

賢)あ~~もうどうしよ~~
臣)あはははw
賢)いや、笑い事じゃねぇんだって!!
臣)だって…w

賢司には今、
片思いしてる子がいるらしく。

最近その子に、キャバクラから
出て来るところを目撃されて
連絡が取れなくなってるらしい。

臣)もう嫌われたんじゃね?w
賢)おい!!!
臣)まぁまぁ、飲めってw
賢)あ~もうビールおかわりー!

賢司が店員さんを呼んで
注文したその時だった。  

さ)あれ?賢司じゃん!
♡)わ!賢司くん!
賢)おわ!!!
さ)何してんのー!!w
賢)すげぇ偶然!!
♡)びっくりしたぁ!!
賢)こっちのセリフ!ww

突然現れた女の子二人は
賢司の知り合いみたいで。

つーか…

すげぇキレイな子だな…

さ)あ、臣くんだ!!
臣)え!
さ)まだ仲良かったんだー!w
賢)だから親友なんだっつーのw
さ)あはははww

俺のこと知ってる?

賢)お前覚えてないしょ?w
臣)え??
賢)前にお前が店来た時、
  一回挨拶してんだけど…  
臣)え!!
さ)覚えてないっかー
臣)あ!わかった!!
  えっと…、さ…んちゃん??
賢)さくちゃん!!w
さ)惜しい~~!!
賢)桜井だからさくちゃん。
臣)あ、そっか!でも覚えてるわ。
さ)わーい♪
  ってか一緒に飲もうよ!
  すごい偶然だし!!
賢)お!!マジ?

賢司が一応確認するように、俺を見てきた。

臣)全然いいけど。
賢)じゃあどうぞどうぞー?
さ)お邪魔しまーす♪

俺が賢司の隣に移動すると、

賢司の向かいにさくちゃんが座って
俺の向かいには
名前の知らない女の子が座った。

賢)ここの二人は初めてだよな?

そう言って
賢司が俺とその子を交互に見ると、

♡)あ、♡です。
  初めまして!!

彼女は笑顔で俺に挨拶してくれた。

賢)あ!そういや♡さ、
  EXILE好きだったよな?
臣)え!!
賢)三代目は?
♡)好きだけど…
  あんまり詳しくはないです。
  ごめんなさい。
臣)あ、いや……

素直だな…w

大体いつも
「三代目も大好きです~!!」
とか適当に言いながら
大して知らない奴の方が
多いんだけど…

賢)広臣はわかる?
♡)え!!わかるよ!!!
賢)だよなw
♡)うん!!!
臣)どうも…
♡)えっと…
  なんて呼んだらいいですか?
臣)え?
賢)なんでもいいよ。
  バカ臣でもエロ臣でも。
臣)おい!!ww
さ)あはははww
  普通に臣くんでいいじゃん♪
  あたし勝手にそう呼んでるしw
臣)うん。
  何でもいいし、敬語じゃなくていい。
♡)えっ…、えっとじゃあ…
  …臣くん♡
  ……えへへ///
臣)…っ

え、何、今の…っ

初めて笑った…

ヤバい…可愛い…///

なんだこの破壊力。
ただ名前呼ばれただけなのに…

なんか…
胸がバクバクしてる。

賢)バカ臣じゃなくていいの?
♡)あははは♡
さ)こんなイケメン
  そんな呼び方出来っか!w
臣)あ、何か飲みますか?
賢)って、なんでお前が
  敬語になってんだよ!w
臣)あ!そっか…
♡)あはははw
  ありがとー♡

俺がメニューを渡すと
彼女は笑いながら受け取って
二人ともカクテルを注文した。

臣)♡ちゃんも…
  賢司たちと同じバイトしてたの?
♡)あ、うん!そう!!
さ)で、あたしと♡は大学も一緒♪
臣)そうなんだ!
賢)つーかお前、一回しか
  食いに来てくんなかったよな。
臣)だってあの店、高ぇんだもん!
さ)あはははw 確かに~~
♡)臣くん…食べに来たことあったんだ。
臣)うん。一回だけ。
賢)でもあん時学生で貧乏だったからさ、
  メニュー見てどれも高ぇ高ぇって
  文句ばっかりw
さ)あはははw
賢)で、さくちゃんが
  「賢司の友達めっちゃイケメンじゃん!」
  とか言ってサービスしまくってくれたw
臣)うん。だから覚えてたw
さ)やった~~w
♡)あはははw
  そうだったんだー♡
さ)まさかあの時のイケメンが
  三代目になるなんて
  思ってなかったけど!
臣)あはははw
さ)知ってたらもっと
  サービスしたのにな~♪
臣)あはは!マジ?
賢)いや~でもほんと懐かしいな~
♡)ねー♡もう一回働きたいもん♡

あ、また笑った。

可愛い……

さ)いや、今もう店長替わったから
  ♡はダメだわ。
♡)え!!
賢)だよな~~
  あんだけ割っても怒んないの
  前の店長ぐらいだぞw
臣)え?割るって??
賢)♡さ、3日に1回は
  グラスやら皿やら割るんだよw
臣)え!!!
♡)あわわ…
さ)「恐怖のクラッシャー」っていう
  キャッチコピーついてたよねw
賢)一番ヤバかったのアレ!
さ)一枚3万円の大皿!!
臣)えーー!!
♡)はわわ…
賢)あれ割った時の料理長の顔…!
さ)真っ青になってたよねw

鈍臭い子なんだろうか…

臣)それ…、弁償になったの?
賢)なりませんです。
さ)そうなんです。
賢)すげー物壊しまくるんだけどさw
  でも…それでも一生懸命頑張ってるから
  店長が許しちゃうんだよな~w
さ)店長♡に甘かったよねーw
賢)まぁ♡に会いに来てる客も
  たくさんいたからな。
臣)そうなの?
賢)セレブなじぃちゃんばぁちゃんw
さ)「♡ちゃんと話してると
   元気になれるのよ~~」
  って大人気だったよねw
♡)……///
賢)お客さんからいっつもなんか
  もらってたしw
さ)お土産とかねー!!
賢)それをみんなで食う!っていう…
さ)食べたねー!!
♡)あははは♡
臣)ふーーん……

そうなんだ。

でもなんか…わかる気するかも…。

最初はキレイな子だなって思ったけど…
笑うとすげぇ可愛い。

この子が笑うと
そこだけ春が来たみたいに…
花が咲いたみたいに…

やわらかい雰囲気になる。

店)お待たせしましたー!

注文した料理が次々に来ると、
♡ちゃんが手早く取り分けてくれて。

なんか…
私こーゆーの出来るんです♡って
アピールしてくる女はすぐわかるけど

そーゆーんじゃなくて
普通にやってる…

♡)はい♡臣くん。
臣)あ、ありがと。

わ~~~
なんだろ…

可愛い子が取り分けてくれただけで
なんか美味しく感じるんですけど…

♡)わ!わ!美味しい~~♡♡

自分も一口頬張った彼女が
満面の笑みを見せた。

さ)ほんと美味しいね♪
♡)うんっ!!♡♡
  このお店にして良かったね~♡
  さくちゃんありがとう♡♡
さ)どいたまーw
♡)美味しい~♡幸せ~♡
臣)ぶっww
♡)えっ……
臣)ほんと幸せそう…ww
♡)……///

あまりにもニコニコ笑うから
思わず俺も笑っちゃった。

賢)ほんとお前、美味そうに食うよな~~
さ)それが♡の良い所ですからw
賢)こっちまで美味く感じるわw
さ)ねっww
賢)そーいや料理長もさ、
  ♡が賄い食う時は
  絶対側にいんだよなw
さ)そうそう!!w
賢)で、♡が「美味しい~♡」って言ったら
  いっつも笑わないクールな料理長が…
さ)にやって一瞬笑うんだよねーww
賢)あはははw
  あれ俺好きだったなーww
臣)そうなんだww
♡)は、恥ずかしい…//

すげぇ美味そうに食うんだけど…
でも箸使いとか
めっちゃキレイだよな~

グラスの持ち方もキレイだし…

って、なんで俺こんな見てんだ!

我に返って、彼女から視線を外した。

賢)♡はさ、EXILEで誰が好きなの?
さ)あたしTAKAHIROー!!♡
賢)え!さくちゃんもEXILE好きなの?
さ)EXILEっていうかTAKAHIRO!
賢)ただの面食いかよw
臣)あはははww
♡)私はHIROさん♡♡
賢)へ~~~~
臣)そうなんだ!!
さ)なんでHIROさん?
♡)なんかカリスマなカンジがして…
  それに…なんかお父さんみたいだから♡
賢)お父さん???
♡)うん♡
  EXILEのっていうか…
  LDHのお父さんってカンジ♡♡
臣)わはははw 確かに…ww
賢)それ、HIROさん嬉しいかぁ?
臣)微妙だねw
賢)じゃあ三代目は??
♡臣)え!!
さ)ハモったしww
賢)三代目は誰が好きなの?
♡)えっ…
臣)……

♡ちゃんが俺の顔をじっと見てきて…

え…

え……///

何?
ヤバい、何これ…

そんな見られたら…
なんか照れんだけど…///

臣)だ、誰でもいいじゃん別に!
賢)何だよ~!
  折角だから聞きてぇじゃん。
臣)いや、誰でもいいって!
  ほんとに!!

なんか…

俺って言われても上手く反応出来ないし
他の名前出されてもなんかショックだし

俺は慌ててその話題を終わらせた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たまたまさくちゃんと飲みに来たお店で
賢司くんにバッタリ会って。

そこにいたのは三代目の臣くん。

仲良いっていうのは
聞いたことあったけど…

初めて本物を見て、少しびっくりして。

普段は臣くんって呼んでるけど
なんて呼んだらいいのかなって思ってたら

なんでもいいし
敬語じゃなくていいよって言ってくれた。

そしたら急に賢司くんに
三代目では誰が好きなのって聞かれて…

私が好きなのは直己さんなんだけど
今目の前にいるのは臣くんなのに
そんなこと言ったら失礼かなって…

オロオロしてたら…
その話は終わった。

さ)♡は三代目は詳しくないんでしょ?
  全員わかるの?
♡)それはわかるよー!w
さ)そうなんだ。
  それだけで十分詳しいと思うけど。
  あたしは臣くんと隆二くんしか
  わかんないしw
♡臣)え!!
賢)またハモったw

そう言われて、また臣くんと目が合ったけど…
視線はすぐに逸らされた。

臣)はぁ…俺らまだまだだな~~
  頑張るわ。
さ)え、あ、ごめん!!ww
臣)いやいやw
賢)ははははw
さ)でもさ、やっぱり芸能人って大変?
臣)え?
さ)一般人と会話合わなくなったりしないの?
臣)しないよ!w
賢)俺と親友なくらいだぞ。
さ)そっか!!
賢)って、そこで納得かよ!w
さ)あはははww
臣)でも…ほんとに。
  俺らは…職業がアーティストなだけで
  何も特別じゃないよ。全然普通。
  企業に勤めてる人たちと
  何にも変わんないし。
♡)……
さ)そうなんだぁ…
臣)そう。

私…EXILEが好きとか
三代目が好きとかより
LDHの考え方が好きなんだけど…

臣くんもやっぱり
LDHで働いてるから
謙虚な人なんだなぁ…

私が臣くんの顔を見てると
またバチッと目が合って…

さっきから何回も目が合うんだけど
なんていうか…
目力がすごくて…
逸らしちゃいけないような気がして…

そのままじっと見てると、
臣くんから先に逸らされる。

さ)そういえば賢司さ、
  例の子とどうなったの?

さくちゃんが唐揚げを頬張りながら
賢司くんに聞いた。

賢)あ…
臣)あ…
さ)ん?
臣)それでさっきまでヤケ酒してたんだよ。
♡)え!!どうしたの??

ヤケ酒って……

さ)フラれた??
賢)そうじゃないんだけど…

俯いた賢司くんは…
この世の終わりみたいな顔をしてる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さ)どーれどれ♪
  あたし達に話してみなさい♪
賢)なんで楽しそうなんだよ…
さ)だって人の恋バナって楽しいじゃんw
賢)はぁ…
臣)キャバクラから出てくるところを
  その子に見られたんだって。
♡さ)え!!!

俺がそう言うと、
女子二人がひいたのがわかった。

さ)賢司バカじゃないの?
賢)え!!
さ)行くならバレないように行けよ~~
臣)てゆーかすげぇタイミングだよなー
  そこをピンポイントで目撃されるって。
さ)確かに!ついてね~~ww
賢)笑えねぇんだって~~
♡)賢司くんの好きな女の子は
  どんな反応だったの?
賢)俺のこと二度見して…店見て、俺見て
  「うわ、最低!!!」
  って顔して…
  何も言わないでいなくなった。

シーーーン。

さ)終わったね。
臣)やっぱそうだよね。
  そっから連絡取れないらしいし。
さ)うわ、決定。
賢)わ~~~~泣
♡)賢司くんは好きな子がいるのに
  どうしてキャバクラ行ったの??
賢)え!
さ)ごもっともだ。
賢)なんでって…
  友達が行きたいって言うから…
臣)付き合いで?
賢)うん。
♡)好きな子いるのに?
賢)うん。今は俺の片思いだし
  付き合ってるわけじゃないから
  いいかなって…
さ)あ~あ。
♡)やだ!
賢)えっ……
♡)付き合ってない時なら
  何してもいいみたいな考え方、私嫌い。
賢)…っ
臣)……

♡ちゃんにキッパリ嫌いって言われて
賢司がショック受けてる。

っていうか…
なんかほわんとしてんのに
こんなハッキリ物言う子だったんだ…

賢)「浮気」じゃないのにダメなの?
♡)うーん…
賢)彼女いない時でも
  女と遊んじゃダメなの?
さ)遊ぶってヤっちゃうってことでしょ?
臣)ぶっ!!

さくちゃんがストレートに言うから
俺はレモンサワーを吹きそうになった。

賢)まぁ時には。
♡)えー!!!好きじゃない女の子と?
賢)時には勢いで。
さ)男なんて酒入れば
  女なら誰でもいいんでしょ?
臣)それは語弊あるっしょ!

誰でもはよくねーよ!w

♡)やだなぁ……
賢)え…っ
さ)うーん。
  まぁフリーの時に誰とヤろうが
  その人の自由だとは思うけど…
♡)確かに彼氏彼女がいないからって
  適当に遊ぶ人はたくさんいるけど…
賢)……
♡)考え方とか価値観とかは
  人それぞれだと思うけど…
  でもいつか絶対
  好きな人が出来るでしょ?
さ)うん。
♡)大事な人が出来るでしょ?
さ)うん。
♡)今はまだ出会ってなくても…
  いつか自分が好きになって
  自分のことを好きになってくれる人に対して
  私は胸を張れる自分でいたいから
  その人に対して恥ずかしいことは
  私はいつだってしたくない。
臣)……

そうキッパリ言い放った彼女の瞳が
すごく綺麗で…

ふわふわ柔らかい雰囲気と
しっかりした強い意志のギャップに
俺は思わず見とれてた。

♡)っていうのは私の価値観だけど…
さ)それでいうと
  賢司はアウトってことでしょ?
♡)アウトっていうか…
  理解できない。
さ)あはははw キッパリ!!ww
賢)なんかトドメ刺された気分…
臣)……

未来の好きな人に対して
胸を張れる自分…か…。

この子、そんな考え方するんだ…。

臣)……

彼女の言葉がスーッと胸に入ってきて…
気付いたら。

それが自分だったらいいのにとか
無意識に思ってる自分がいて

俺はびっくりした。

さ)諦めれば~?
賢)やだよ!だって久しぶりに
  ほんとに好きになったんだもん!
さ)じゃあキャバクラ行くなよw
賢)それとこれは…
臣)もう玉砕覚悟で告れば?
賢)そっか…こんなグダグダ悩んでても
  どうにもなんねぇもんな。
さ)でも連絡取れないんだっけ?
賢)あ、そうだった……
臣)じゃあどうもできねぇのか…
♡)大事な話したいからって
  ちゃんと伝えてみたら?
賢)……
さ)そしたら返事来るかな…
♡)一回で来なくても
  何回も送ったらいいよ!
賢)え!!
♡)本当に本当に好きなんでしょ?
賢)……うん、すげぇ好き。
♡)だって…行動しなきゃ
  何も始まらないんだし
  そんなに好きなら尚更!
  行動する前に諦めちゃだめっ!
賢)…っ
♡)ちゃんと伝えたら
  気持ちは伝わると思う!!
賢)ほんと?
♡)振り向いてくれるかは別だけど…
臣)ぶっw ははははww

すっげぇ励ましてたくせに
いきなり現実的!w

さ)ま、言ってみないとわかんないしね。
♡)頑張って!!賢司くん!!
賢)わかった!!
  俺もう一回連絡してみる!!
  よっしゃー!!!

賢司が気合いを入れて、ビールを飲み干した。

♡)賢司くんのそーゆー真っ直ぐなところ、
  私好きだよ♡♡
賢)えっ…///

♡ちゃんは賢司を見つめてニッコリ笑顔で…

♡)頑張ってね♡♡

そう言った。

賢)うん……

♡ちゃんが
あんまり素直に好きだって言うから
賢司が少し照れてんのがわかった。

なんか…
感情表現が素直な子だなぁ…

賢)さくちゃんは?遠距離順調なの?
さ)順調だよー♡
  会えないのは寂しいけどね。
臣)あ、さくちゃん彼氏いるんだ!
さ)いるよー♡福岡に。
  月1で会いに行ってるー♪
♡)明日も行くんでしょ?♡
さ)うん♪♪

そっか…
さくちゃんは遠距離してんのか。

つーか…

♡ちゃんて彼氏いんのかな。

会話からなんとなく勝手に
いない気がしてたけど…

すげぇ気になる。

でもいるって言われたら
ショック受けそうな自分に
もう気付いてるから…

聞けない…。

賢)♡は?変わりなし?
臣)…っ
♡)うん。変わりなしー。
賢)そっか。

おい!
「変わりなし」ってどっちだよ!

いるのかいないのか、どっち!!

賢)お前理想高ぇんだもん。
さ)だよねーー
♡)そんなことないもん!!
賢)いーや、ある。
♡)えーーー

え、え、何この会話。

つまり、いないってことでいいのか??

さ)あ、そういえばさ、
  今度の太一の試合、賢司も行けるの?
賢)あ!行く行く!

彼女の恋愛事情が気になってる俺を無視して
あっさり話題が変わった…。

臣)試合って?
♡)サッカーの試合だよー♡
臣)え!!サッカー?!
賢)あ、そっか、お前も好きだよな。
臣)うん!!
さ)太一って友達がね、
  △△のコーチやってるんだけど
  来月の試合、観においでよって
  言ってくれてて。
臣)おわ~!いいなー!!
  俺、生の試合なんて
  久しく見てねぇわ!!
♡)臣くんもサッカー好きなの?
臣)俺ずっとやってたし!
♡)わぁ!そうなんだ!!
さ)♡もサッカー好きだよね~
♡)うん♡ルール詳しくわかんないけど
  小さい時からよくパパと試合観てた♡
臣)ルールわかんねぇのかよ…w
♡)あう……//
臣)俺もいっつもTVで観てたな~~
♡)私ね、小さい時、
  TVで観てた試合に夢中になりすぎて
  目の前にあった鉄板に
  思いきり手つけちゃって
  今でも火傷の痕、少し残ってるの…

そう言って♡ちゃんが
手のひらを見せてくれた。

臣)え…俺も。
♡)え?!
臣)夢中になりすぎて
  その時持ってた鉛筆握りしめて
  今でも芯、刺さってる。
♡)ええ!!

俺が手を開いて見せると
♡ちゃんは俺の手のひらに自分の手を添えて
マジマジと覗き込んできた。

♡)あはははww
  ほんとだ!一緒だねー♡

わ、わ、近っ!///

触られた手が柔らかくて
くすぐったくて…

いきなり顔を上げて笑うから…

臣)……///
賢)どれどれ見して。
さ)あ、ほんとだw
賢)似たもん同士かよw
さ)おっかしーww
♡)あははは♡
臣)……///

あーー
笑った顔がやっぱり可愛い。

なんつーか、
すげー無邪気…///

賢)じゃあお前も一緒に行く?
  来月の試合。
臣)えっ…
さ)あ、いいね!一緒に行こうよー♪
賢)日曜だから…LIVEとかある?
臣)いや、とりあえず
  先月の福岡で終わったから
  次は9月までない。

ツアーは終わったばかりだし。
俺は携帯でスケジュールを確認した。

臣)今んとこ仕事入ってない!
賢)お!じゃあ行こうぜー!
さ)じゃあ太一に4枚にしてって言っとくー!
臣)3人で行く予定だったの?
さ)うん。賢司無理なら
  ♡と二人で行こうと思ってた。
臣)ほんとに仲良いんだなー
さ)月一くらいで
  飲んだりなんだりしてるよね?
賢)だなーー
臣)そうなんだ。

とか話してると、
店の照明がいきなり暗くなって
ハッピーバースデーの音楽が流れた。

すだれの隙間から覗いてると
通路を挟んで隣のテーブルに
ケーキが運ばれてきて…

周りのお客さんもみんな拍手してる。

男)おわ!!びっくりした!!
男)おめでと~!!!w
男)サプライズ大成功~♪♪

学生かな?
男ばっかり6人くらい。

さ)おめでと~!!!
♡)おめでとうございまーす♡

周りのお客さんからも
次々におめでとうと言われて
主役の男の子はお礼を言うのに忙しそう。

男)写真撮ろうぜ写真!
男)だな!!
男)店員さんいるか?

♡)あ、良かったら撮りますよー♡

男)あ、マジっすか?
男)じゃあお願いします!

♡)はーい♡

♡ちゃんはすだれから出て行って
カメラを受け取った。

♡)はい、いきまーす!3、2、1!
  もう一枚撮りまーす!3、2、1!
男)あざーっす!!
♡)わ!ケーキ可愛いですね!
男)いや、野郎ばっかで
  恥ずかしいんすけど…w
♡)楽しそうですね♡
  ケーキも美味しそうだし♡

おい。
フレンドリーすぎね?

男)食べますか?
♡)え!!いいですいいです!
  すみません!!
  そういうつもりじゃ…

ほら、そうなる!

男)いいっすよ!!
  写真撮ってもらったし!
  良かったら一緒に…
♡)大丈夫です!w
  ありがとうございます。

あ〜〜〜もう……

さ)まーた仲良くなってるw
臣)え?
賢)あいつほんと誰とでも
  仲良くなるよなーw
臣)そうなの?
さ)昔からねー
  人見知りしないっていうか
  人懐っこいっていうか。
臣)……

うん、それはすげぇ感じる。

男)あ、お姉さん!待ってください!
♡)え?
男)あ、あの!!///
  逆に写真撮ってもらえませんか?
♡)逆???
男)あの、一緒に…
♡)え!!私ですか??
男)こいつ誕生日だし!!
  記念にお願いします///
♡)あははw いいですよー♡

あー!
なんかどさくさに紛れて
一緒に写真撮らされてんじゃん!

ていうか主役の子めっちゃ照れて
顔真っ赤だし…

あ!!!
主役じゃない男が調子に乗って
♡ちゃんの肩、抱いてるんですけど!

おい!!

♡)これは嫌です♡
男)え!!

♡ちゃんはニッコリ笑うと
男の手を掴んで離した。

臣)……

よく言った。偉いぞ。

♡)じゃあ失礼します。
  おめでとうございました♡
男)あ、お姉さん待ってよ!
男)あの…連絡先とか…///

賢)すんませーん!
  そろそろ返してもらって
  いいっすかー??

男)わ!!
男)やべ、男いんじゃん!
男)ほんとだ!
男)すみませんでした!!
♡)いえ、それじゃ♡

♡ちゃんは笑顔で頭をさげて
こっちに戻ってきた。

ふぅ……。

さ)おかえりー
  ケーキ見てたら
  あたしも食べたくなってきたw
♡)あ!デザート頼む?
さ)うん!♪
賢)ほい、メニュー。
♡)ありがとー♡
臣)……

♡ちゃんが嬉しそうに
デザートを選ぶ姿を見ながら…

あーゆーのは流されないで
ちゃんとあしらうんだなーとか

嫌なことはハッキリ嫌って
言うんだなーとか

でも空気壊さないように
笑顔だったよなーとか

色々考えながら
また気付いたらずっと彼女を見てる
自分がいて…

♡)臣くんもデザート頼む?
臣)えっ!!
♡)あ…、見てたから。
臣)あ、いや、いい。

見てたのはメニューじゃないし…。

♡)賢司くんはー?
賢)俺もう腹いっぱいw
♡)じゃあ女子だけで頼んじゃうよー♡
臣)……

なんだろ…
気付いたら目で追ってんだよな。

それから
ラストオーダーのドリンクを頼んで
さくちゃんと♡ちゃんは
デザートを美味しそうに食べてて。

さ)あ、賢司そういえば
  こないだ平山さんに会ったけど
  早く俺の服返せって言ってたよ。
賢)げ!!忘れてた!!
さ)俺の一張羅~!って言ってたw
賢)うっそだ!!
  一番どうでもいい服っつって
  貸してくれたのに!w
さ)あはははw

さくちゃんと賢司が二人で
身内ネタを話してて…

俺がデザートを食べてる♡ちゃんを
じっと見てると、
じっと見つめ返された。

臣)…っ

ヤバい。
見すぎた?!!

ごめんなさい!!

♡)臣くんも食べたい…?
臣)え?
♡)ケーキ……
臣)え、いや…っ
♡)じっと見てたから…。
臣)…っ

見てたのはケーキじゃないんだけど…

つーか欲しいって言ったら
くれんのかな。

臣)食べたい。
♡)え!!
臣)……
♡)じゃあ一口だけね。はい。

え!!!
♡ちゃんがフォークにさして
ケーキを一口分差し出してきた。

こ、これを食えと?!
まさかのあーんですか!?
恥ずかしすぎるんですけど!!///

臣)…っ///

しかもなんか、
困った人~〜みたいな顔されてるし!!

臣)いや、嘘。大丈夫w
♡)ほんと?
臣)うん。
♡)なんだぁ、良かったぁ♡
臣)え??
♡)だって臣くん、
  さっきいらないって言ったのに
  食べたそうな顔してたから
  もう~~って思って。
  じゃあ一人で食べちゃうもーん♡

そう言って♡ちゃんはニッコリ笑って
残りのケーキをパクッと食べた。

ほんとはあげたくなかったんかい!ww

ってか俺…
そんな欲しそうな顔してたのかな…

ピロピロ♪ピロピロ♪

臣)ん?
賢)LINE招待しといたー
臣)わ。

LINEを開いたら
4人のグループが出来てた。

わ、わ、マジか!!

賢司、ナイス!!!!!!

さ)ありがとーー♪
  これでサッカーん時も連絡取れるねー♪
♡)臣くんのアイコンのマーク…
  なぁに??
臣)これは…ロゴっていうか…
♡)TAKAHIROさんの
  太陽マークみたいなカンジ?
臣)あ、そうそう!よく知ってんねw
♡)そうなんだー
臣)……

♡ちゃんのアイコンは可愛い花で。
いかにも彼女っぽいなって思った。

最後のドリンクを飲み干して
♡ちゃんが席を立つと

賢司がニヤニヤ顔を近付けてきて…

賢)タイプでしょ?w
臣)えっ!
賢)あいつ。
さ)え!!♡のこと??
臣)……
賢)俺グッジョブだったっしょー?
  LINE。しようと思えば出来んじゃん。
さ)あ!そっか!!
  それでグループ作ったの?
臣)…っ

俺…何も言ってねぇのに…
なんでわかったんだろ…

賢)見てたらまるわかりだしw
臣)うそ!!
さ)え、あたし全然わかんなかった。
賢)何年親友やってると思ってんのw
臣)……別に…
さ)いいんじゃない?
  ♡今彼氏いないしー♪
臣)別に俺、好きとかじゃねぇし…//
賢)はーいはいw
さ)でもタイプなんでしょ?
臣)……
賢)ぶはははw
臣)すいませーん。
  会計お願いします。
店)かしこまりました。
賢)あ、ごまかした。
臣)別にそんなんじゃねーし。

好きとか…そんなんじゃ…

店)お待たせいたしました。
臣)これでお願いします。
賢)え!嘘!出してくれんの?
さ)えーー!
臣)今日元々そのつもりだったし。
賢)なんで?
臣)お前こないだ誕生日だったから。
賢)プレゼントくれたじゃん。
臣)それとは別。
さ)うわ~~臣くん、カッコイイね~~
賢)ほんとサラッとこーゆーこと
  すんだよな~~
臣)……
賢)さんきゅ。

賢司がニカッと笑った。

さ)あたし達までいいの??
臣)女の子に出させる気ないしw
さ)え~!!
  ごちでーす♡ありがとー♡

会計が終わって
俺がカードを受け取ると
丁度♡ちゃんが戻ってきた。

♡)あれ??
さ)今日ね、臣くんが奢ってくれたのー♪
♡)え!うそっ!!

あ…
払うとか言われんのかなー

♡)ほんとに?
臣)うん。
♡)いいの?
臣)うん。
♡)やったぁ♡♡ありがとう♡♡
臣)え?
♡)嬉しい♡♡ごちそうさまです♡♡
臣)…うん……///

なんか素直に喜ばれた…
予想外のリアクション。

いいよいいよ払うよー!
とか言われるかと思ったけど…

そっか…
この子は素直なんだった…。

こんな喜んでくれたら
普通に可愛い…///

賢)じゃあそろそろ行くー?
さ)だね~

賢司とさくちゃんが先に出て
俺は♡ちゃんが出るのを待ってんだけど…

♡)あれ?あれ?
臣)どうした?
♡)リップがない…
臣)え?
♡)あ!落としてた…

ゴツン!!

♡ちゃんは床に落ちてた
リップを拾おうとして
思いきりテーブルに頭をぶつけた。

臣)ぶっwww
♡)いたぁ~い!!!泣
臣)大丈夫??
♡)思いっきりぶつけたぁ~
臣)うん、いい音してたw

♡ちゃんはリップを拾って席を立つと、
痛そうにでこをおさえてて…

ほんと鈍臭ぇんだな…ww

♡)なんで笑ってるのー!
臣)いや?w

今度はほっぺを膨らませてるw

♡)もう~!
臣)あ、でこ赤くなってんじゃん。
♡)ほんと?
臣)うん。

俺が♡ちゃんの前髪をあげて
そう言うと、

♡ちゃんがじっと俺を見上げてきて…

その目を見て、我に返った。

俺、何してんだ!!

臣)ごめん!
♡)??
臣)行こっか!

無意識に触ってた…///
うわーびっくりした…

♡)きゃあ!!
臣)おわ!!

今度はなんだよ!!

後ろからいきなり激突されて…

臣)…っ

ああ、通路の段差に躓いたのね。

♡)びっくりした!!
臣)大丈夫?
♡)うん、ごめんね?
臣)うん。

あ…
めっちゃイイ匂いする…

俺につかまってた♡ちゃんが
俺から離れた瞬間…
ふわっと香った、甘い匂い。

なんだろう、これ…

店)ありがとうございましたぁ!

店を出ようとすると
店員さん達が入口まで見送ってくれて…

♡)ごちそうさまでした♡
店)あ、ありがとうございます!
♡)美味しかったです♡♡
店)あ…また…
  お待ちしております!///
♡)また来ます♡♡

♡ちゃんが笑顔でそう言うと
店員さん達は照れたように喜んでた。

この子のこれは…
天然なのか??

ぶりっ子ってカンジでもねーし…
素直で無邪気っつーか…

その笑顔で男のこと、
悩殺しすぎじゃない??

賢)おせーよ!w
臣)え?
さ)全然出てこないんだもんw
♡)あ!私がリップなくしちゃって!
  ごめんね?
さ)全然いいけどw

賢(送ってけば?)
臣)え?
賢(同じ方向だよ、確か。)

賢司がニヤニヤしながら
言ってきた。

賢)じゃ、俺そこから乗るから。
さ)あたしJRー!
  じゃあまたねー!
  臣くんごちそうさまでしたー!
臣)あ、うん。
賢)じゃあなー。
♡)うん♡またねー♡

え、え、同じ方向って??
家どこなんだろ。

♡)臣くん、ごちそうさまでした♡
臣)え?あ、うん。
♡)じゃあね♡
臣)え!!ちょ、家どっち?
♡)こっち。
臣)え?なにで帰んの?
♡)歩いて。
臣)え!!近いの??
♡)うーん…歩いて30分くらい。
臣)え!遠いじゃん!
♡)でも…地下鉄だと
  遠回りになっちゃうし…
臣)……
♡)それに雨上がりで
  空気が気持ちいいから歩きたい♪
臣)え。
♡)じゃあね♡
臣)ちょ、待って!送る!
♡)え??
臣)あ、えっと…俺もこっちだし。
♡)え?臣くんも歩いて帰るの??
臣)うん。ここから10分くらいだし。
♡)わ!!近いね!!
臣)♡ちゃん家ってどこ?
♡)ここ真っ直ぐ行ってね、
  △△通りを左に曲がって
  真っ赤なレストランあるでしょ?
臣)うん。
♡)そこの通りを右に入って
  公園の隣のマンションだよー。
臣)あ、わかるわ。
♡)うそー!!
臣)つーか俺んち通り道だわw
♡)え!!ほんと??
臣)うん。
♡)じゃあ途中まで一緒に帰ろー♡
臣)うん。

一緒に帰ろーって…
小学生みたいに無邪気に言われたけどw

でも…
もう少し話せると思うとちょっと嬉しい。

いや、ちょっとじゃないかも。

ー続ー

スポンサーリンク

コメントを残す