【11】隆二と彼女

スポンサーリンク

臣)ただいまー


シーン。


臣)あれ?いねーのかな…
隆)♡ちゃん?
臣)うん。
  でも居間の電気ついてんな。


ガチャッ…


リビングのドアを開けても
♡の姿がない。


臣)おーい?ただいまー


バタバタ…バタン!!


なんか寝室から聞こえてきた。


♡)臣くんおかえりなさい!!


寝室から出てきた♡は
制服姿で…


臣)は?!
♡)え!!隆二くん?!
隆)お邪魔…します…
♡)え!うそ!
臣)おまっ、なんでそんな格好
  してんだよっ
♡)あっ、えっと、だって
  隆二くん来るって知らなくて…
隆)あ、…ごめん。
  もしかして今日…
  そーゆー日だった?
臣)そーゆー日ってなんだよっ!w
♡)あ、あのねっ!
  今度の送別会で出し物やるんだけど
  それの衣装なの。
  一回合わせてみてって、今日渡されて…
隆)あ、そーゆーことか!
  びっくりしたぁ w
♡)えへへ…//


変な誤解をされずに済んで
安心したように♡も笑った。


臣)いきなり制服とかびっくりするわー
♡)ごめんねー?
臣)次、AKBだっけ?
♡)うん!そうだよー!
臣)あ、隆二わり。座って。
隆)うん!
♡)隆二くんごめんね!
  着替えてくる…!
隆)えっ?
  いいよいいよ!可愛いし!
♡)え!!ほんと??
隆)うん。めっちゃ似合ってるしw
♡)わーい♡ありがとう!
  ねっ、臣くん!可愛いって~♡
臣)……
♡)ね、可愛い?♡
臣)…別にふつー。
♡)ひどーい!


ほんとはすげぇ可愛いけど…

可愛いっつーかなんかエロいし//


しかも♡がちょこまか動く度に
短いスカートがひらひらして
なんか危なっかしい…


臣)お前は~もう
  ちょろちょろすんな!
♡)何それ~
臣)パンツ見えっから。
♡)あ、あのね、ちゃんと中に
  フリフリ履いてるんだよー♡


とか言っていきなりスカートをめくった。


臣)あほか!めくんな!


♡のでこをパシッと叩くと


♡)いたっ!なんで?もう~!


うらめしそうに俺を見上げた。


隆)あはははっ!ww


隆二もいんだろが…ほんとにもう…

そんな隆二はめっちゃ笑ってるけど。


隆)出し物とかって全員でやるのー?
♡)ううん、全員じゃないんだけどね、
  男子チームと女子チームに分かれて
  毎回何かやるんだー。
隆)毎回なんだ!
  めっちゃ楽しそうな会社だね~
♡)社長がお祭り好きでね、
  いつもそんなかんじなの。
臣)こいつの会社、変なんだよー
隆)あはははw
♡)毎回人数もバラバラで
  前はKARAとかモー娘やったんだけど
  今回はAKBだから20人くらいでやるの。
隆)すげ~!!
  ダンスももう覚えたの?
♡)ううん。これから!
♡)あ!でもね、サビは
  ワンフレーズだけ覚えたよ~
隆)あははww
  やってやって!


と隆二に言われて
踊り出した♡のダンスは
Kに聞いてた通り、相当ヤバかった。


臣)なにそれ!!
隆)あっはははは!!!
  やべぇ!www
♡)え?
臣)お前なんだよその気持ち悪い動き!
♡)ひどいっ!!
臣)AKBにそんな気持ち悪い奴いねーよ!w
♡)え~!なんで!!
  合ってるはずなのに…
臣)いや、気持ち悪いからもう踊んな!w
隆)マジヤバい!おもしれ~ww
♡)私、覚えたらちゃんと出来るんだけど
  覚えるまでがいつも気持ち悪いって
  みんなに言われる…
臣)うん、間違いねぇわ。
♡)もう!ひどーい!
  じゃあ臣くん教えてよ!
臣)なんで俺がAKBの振り
  知ってんだよ!w
隆)あ、でも俺その曲なら
  サビ少しわかるよ!
臣)なんでわかんだよっ!w
隆)いや、ここの振り面白~いって
  こないだELLYが真似してたから覚えてる。
♡)ほんとっ?
  ね、ここさ、こうだよね?
隆)いや、手はこっちじゃない?


とか一生懸命やってる二人。


臣)いや、二人とも
  気持ちわりぃから!w
♡)ひどーい!もう~!!
隆)あっはははww
♡)あれ?隆二くん…


♡がいきなり
隆二の匂いを嗅ぎだした。


♡)くんくん…あれ、やっぱり!
  隆二くん、臣くんと同じ匂いがする!
臣)お前は…人を嗅ぐなっ!


俺がまた♡の頭を叩くと


♡)もう!さっきからなにー!


♡がパシッと叩いてきた。


隆)えーよくわかったね!
  この香水さ、臣がつけてて
  めっちゃ良い匂いだから
  欲しいな~って言ったら
  臣が誕生日にくれたの。
♡)そうだったんだ!
  この匂い、いいよね♡
  私も大好き!
隆)俺も大好き~
♡)ねー♡
隆)ねー♡
臣)おい!仲良しか!w
♡隆)あはははw


笑い声までハモってるし。


♡)あ、二人とも何か飲む?
臣)何あんの?
♡)今日はね、色んなお茶が
  いっぱいあるよー!


♡がキッチンにパタパタ走って行った。

なんか家の中に
女子高生がいるみたいで
変なカンジ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


♡)あのね!
  烏龍茶、緑茶、玉露茶、
  ほうじ茶、ジャスミン茶、玄米茶と…


ソファーに座ってる二人に
お茶の種類を紹介すると…


臣)なんでそんなにあんだよ!w

♡)あと…よくわからない闇茶!
  今日韓国のお土産に
  後輩からもらったのー

隆)ヤミチャ??

♡)うん。
  怪しいパッケージなんだけど読めない…


なんだろうこれ…


臣)あ、ほんとだ。
  これだけハングル文字…


臣くんがキッチンまで見に来た。


隆)俺、緑茶がいいなー

♡)はーい!
  じゃあ臣くんはこの闇茶ね…
臣)なんでだよ!w
  これ見るからに怪しいじゃん!
♡)だからそんなの
  お客様に出せないでしょ?
臣)俺は毒味か!w
  お前にも無理矢理飲ませっからな!

隆)えっ!!

臣)え?

隆)いや…臣が言うから
  なんかやらしい意味かと思ったw

臣)は??

隆)いや、無理矢理って
  口移しで飲ませんのかなって…

臣)んなこと言ってねーだろ!w

隆)あははっw ごめん

臣)…って、お前もそこで
  赤くなんなっ!w
♡)…想像しちゃった//
臣)ばーか w


そう言ってまたおでこを叩いて

(してほしかった?)
って耳元で囁いてくる臣くん…


♡)違うもん!ばかっ//
臣)はははっw


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


♡は俺たちにお茶を淹れると
振り付けの練習するから!
と、自分の部屋に行った。


隆)なんか臣んち
  楽しそうでいいねw
臣)ちょっと…このお茶
  匂いもヤバいんだけど…
隆)あはは!!
  臣、飲んで飲んで!ww
臣)…あ、飲むとふつー!
  何これ。
隆)ちょーだい
臣)ん。
隆)…なんだろこれ??
  匂いと味が違う…
臣)ま、いっか!
  とりあえずさっきの
  打ち合わせの続きやろーぜ。
隆)うん。



それから俺たちはしばらく
ツアーでやる曲や演出について
色々話した。


めちゃめちゃ盛り上がって
あっという間に2時間くらい経ってて…


隆)いや~やべぇ、
  めっちゃ楽しみだな~
臣)大分アイディア出たな。
隆)うん。
  テンション上がってきた!
臣)だなー!
隆)うん!明日楽しみだわ。
臣)そうだな♪
  …ってかあいつ
  まだやってんのかな?


♡の部屋をノックすると
♡が勢い良く出てきた。


♡)どしたの??
臣)いや、まだ練習してんのかなーって。
♡)臣くんたちもう終わったの?
臣)うん。
♡)おつかれさまー♡
  私もね、もう完璧に覚えたんだよー!


と、自慢げな顔。


隆)うそっ!もう覚えたの?
  すごくない?
  見たい見たい!
臣)お前…ほんとに覚えたんだな?
  さっきの気持ち悪いやつ
  もう見せんなよ?
♡)ひっどい!ww


そう言って、一通り俺たちの前で踊った
♡のダンスは完璧だった…


隆)や、やべぇ!!www
  めっちゃ上手いし!


隆二がめっちゃ笑ってる。


臣)え、お前なんなの…?
♡)え?
臣)さっきのは誰だよ!w
♡)上手になったでしょー?


ドヤ顔してるし…


ってか普通にそのへんのアイドルより
全然可愛いし…//


隆)さっきのダンスがたった2時間で…
  いやーほんと♡ちゃんすごいよw
♡)ありがとー♪♪
隆)俺らのも覚えたら
  踊れるんじゃない?
♡)えっ!三代目?!
隆)うん。
♡)わぁ!考えた事なかった…!
  でも女子で三代目やったら面白いかも…
臣)男子は何やんの?
♡)男子チームはジャニーズが多いかなぁ
  あ、でも結構前に
  『Rising Sun』やってた!
臣)三代目はまだ出てねーの?
♡)うん。
臣)お、じゃあ次やって
  ファン増やしてきてよw
♡)三代目のダンスだったら
  臣くんと隆二くん教えてくれる?
臣)俺ら踊るとこならね w
隆)いや…俺…無理だ、ごめん w
  俺めっちゃダンス苦手なんだもん!w
♡)そうなの?
隆)うん。ほんと苦手。
  臣とかはそつなくこなすんだけどさ…
  一緒に教えてもらってても
  俺だけ全然覚えれなくて
  毎回苦戦してる…
♡)そうなんだ…
  ね!覚えるまでダンスって
  ほんと難しいよね!
隆)難しい!
♡)でもやっと覚えて出来た時
  めっちゃ嬉しいよね!
隆)わかる~!!


二人で首を傾げて
「ね〜」なんてやってる。


臣)だからお前らは仲良しかっ!w
  なんか似てるし!
♡)え?
隆)あ…
♡)そうかも!
隆)似てるかも!
♡)なんかね、同じ空気感、感じてた!
隆)それわかる!


二人で顔を見合わせて、笑い出した。


臣)なんなんだよ、ほんとにw
♡)あははw でもあれだね!
隆)あははw うん!
♡)一番似てるのは、
  臣くん大好きってとこだよね♡
隆)あっはは!そーだねw
臣)なんだそれ!//


でも…

今更だけどほんとに二人は
似てるとこがたくさんある。

素直で純粋で前向きで…
なんか天然入ってて

でもすげー努力家で
芯は強くてしっかりしてる。


一緒にいると居心地がいい。

俺にないものもたくさん持ってる。


隆)臣、あれでしょ。
臣)え?
隆)俺に似てるから♡ちゃんのこと
  好きになったんでしょ。
臣)は?!
隆)とか言ってw
♡)あはははw
隆)はははっw


もうなんなのこの二人…
無邪気かっ!w


隆)じゃあ俺そろそろ帰るわー
  こんな時間だし。
臣)おう。
隆)♡ちゃん、AKB頑張ってねw
♡)うん!頑張る。ありがとう♡
隆)じゃあ臣また明日なー
臣)ん。
♡)気をつけてねー。
隆)あ!臣!!
臣)なんだよ?
隆)♡ちゃんが
  そんなカッコしてるからって
  悪い事すんなよー?
臣)は?しねーし!
  じゃーな!w
隆)あははw じゃーねー♪


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


笑いながら帰っていった隆二くん。


鍵をかけて振り返ると
臣くんと目が合った。


♡)悪い事ってなんだろね??
臣)……
  んなん決まってんじゃん。
♡)え?
臣)こーゆーことでしょ?
♡)えっ


臣くんの手で
シュルシュルとほどかれる、制服のリボン。


♡)ちょ、ちょっと!
  何するのー!//


慌てて取り返そうとするけど
届かない高さまで上げられて…


油断してた私の首筋に
チュッと音を立てて、キスする臣くん。


♡)やっ…//


首筋を押さえると
臣くんがニヤッと笑った。


臣)こんなエロいカッコしてる
  お前が悪いんじゃん?
♡)エロくないもん!可愛いもん!
臣)可愛いけどエロいだろ!
♡)えっ…


今…


♡)可愛いの…?
臣)は?
♡)だってさっき…


「可愛い?」って聞いたら…


♡)別にふつーって…言ったもん。
臣)隆二いただろ!w
♡)いたらダメなの?
臣)いる前で可愛いとか言えっか!ばか!//
♡)……//


臣くんが照れてる。


♡)へへー♡嬉しい♡
  可愛いって言ってくれた~♡
臣)なんなんだよもう!w


嬉しいなっ♡


♡)でもリボンは返して~
臣)だめ~
♡)あ、ちょっと…っ//


シャツのボタンが
外されていく…


臣)だって今からこれで
  悪い事すんでしょ?
♡)これで??悪い事??
臣)なんだろね~w
  縛ったりとか?
  目隠ししたりとか?


リボンを人差し指で振り回しながら
悪い顔して笑う臣くん。


♡)な、何それ!変態っ!//
臣)なんで変態なんだよっ!!w
♡)そんな変なことするなんて
  変態だもん!!
臣)しねーけど別に
  変態じゃねーだろ!w
  これくらいしてる奴いるって。
♡)そ、そうなの…?
臣)…したくなった?
♡)やだー!!
臣)はいはいw
  そう言うと思ったw
♡)臣くん、そんな変なことしたいの?
臣)しねーって!w
  しかもこれくらい
  変態って言わねーっての。
♡)うそだー
臣)ほんと。
♡)明日…会社でみんなに聞いてみよ…
臣)やめろっ!あほか!w
♡)なんで~
臣)俺が変だと思われんだろ!!w
♡)だって…
臣)もういいから行くぞ。


そう言うと臣くんは私を軽々担いで
そのまま寝室まで歩き出した。


♡)わっ!わっ!
  ちょ、ちょっと~!//
臣)おま、暴れんな!
♡)だって!
  どこ触ってるの!えっち!!
臣)はぁ?!
♡)おろしてよぉ~//
臣)どこって…
  これから全部触るっつーの。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


♡をベッドに降ろして
自分のシャツのボタンも外しながら

♡へのキスは止めない。


♡)ちょ、待って…やっ//
臣)喋んな…


ギシッ…


♡)んっ…//


唇から時折漏れる吐息が
余計に俺を興奮させて…


臣)♡……
♡)は…ぁ…//


また深く、口付ける__





ピンポーン!



臣)は?!
♡)え??


熱いキスから覚めるように
思わず顔を見合わせる。


臣)なんだよ…?
♡)こんな時間に誰だろ…?こわい…
臣)……隆二かな?
  俺出てくるわ。お前はここにいろ。
  …逃げんなよ?
♡)はい…


ったく誰だよ?邪魔しやがって…


臣)あ。


玄関に行く途中
ソファに目をやると

隆二の携帯があった。


臣)やっぱあいつかよーー
  も~~


俺が玄関のドアを開けると


隆)あ!ほんっとごめん!
  それ忘れた!!
臣)お前いろんなとこに
  携帯忘れ過ぎ!
隆)いやーほんとごめん。
  ありがと!
臣)ん。


手を合わせて拝む隆二が
じっと俺を見た。


臣)なに。
隆)……ってか…ほんとごめん。
  俺、邪魔したしょ?
臣)は?
隆)臣がエロい…
臣)は?


隆二のその言葉と視線で、
自分がシャツを脱ぎかけ状態だったことを
思い出す。


隆)めっちゃはだけてっし…
臣)ち、ちげーよ!//
隆)はいはいw ほんとわり。
  じゃーなw




ーendー

スポンサーリンク

コメントを残す