[72]朝の欲情

スポンサーリンク

◇ちゃんと…岩ちゃんが…

すっごく仲良しで…ラブラブで…

見てて私まで嬉しくなった。

◇)♡ちゃんだってラブラブじゃん!

え……///

岩)そうだよ〜〜〜
  臣さんのこと大好きなくせに〜〜〜

うん…大好き…///

臣)お前、俺のこと大好きだもんな?

うん、そうだよ…

私は…臣くんのことが…

臣くんの…ことが……

……

♡)ん………

ぽわぽわする意識の中で感じるのは…

大好きな臣くんの匂いと…

あったかいぬくもり。

♡)……

あれ……?

……私…臣くんに抱きしめられてる…?

昨夜は…◇ちゃんといっぱい話して…
一緒に寝てたはずなのに…

あれ?

夢じゃ…ないよね…?

臣)……ん…
♡)あ、臣くん……

起きた…?

♡)ねぇ…◇ちゃんと岩ちゃんは…?

うちに…泊まりに来てたよね?

夢かな?

臣)ぁーー……、寝室。

臣くんの眠たそうな、掠れた声。

♡)寝室…?

そっか。
じゃあお泊まりしたのは夢じゃないんだ。

でも…

いつの間に◇ちゃんと臣くんが
入れ替わったんだろう。

携帯を見ると、まだ早いけど
起きてもいい時間。

ゆっくり身体を起こすと、
大きな腕がにょきっと伸びてきて
またベッドに沈められた。

臣)…いいから……
♡)え?
臣)ん…!
♡)……

ここにいろ、ってこと…?

臣くんが…
ぎゅっとくるんでくれたから

そのまま臣くんの胸に頬をすり寄せた。

♡)えへへ♡

臣くんはまだ眠そうなのに
それでもゆっくり、私の頭を撫でてくれて…

それがすごく気持ちいい♡

♡)臣くん…だいすき…♡

いつもより狭い、シングルベッド。

でもぎゅってすればどこでも同じ。

背中に腕を回して、抱きしめると…

♡)…っ

臣くんの唇が、肩先に触れた感触。

そのままその唇は、肩紐を咥えて…

♡)え、だ…めっ…//

おろされた肩紐を、慌ててかけ直した。

びっくりして臣くんを見ると
目は開いてないのに…

その手も私の身体を滑り始めて…

♡)…え、っ…臣く…ん?//

二本の腕が、唇が…

次々と身体に触れるから
どこをガードしていいのかもわからなくて
オロオロしてると…

耳元で低く掠れた声。

臣)……シて…い?
♡)////

起きたばかりの身体が
思わず熱くなるような、色っぽい声。

♡)え、臣くん…?// するって…、え…?

臣)……抱いていい?……ってこと。

♡)えっ!///

だって…

だって…

◇ちゃんと岩ちゃん、いるんだよね?!

♡)あっ、待っ…て…、ダメ…だよ//
臣)なんで。
♡)なんで…って…、あっ、だって…//

抵抗しようとした手は
起き上がった臣くんの手に、抑えつけられた。

臣)毎日するって言ったじゃん…
♡)え…?

私を見下ろす臣くんは…
眠たそうな感じはもうどこにもなくて

その代わりに。

細める眼に、色気を宿してる。

臣)帰ってきても、毎日Hするって言った。
♡)…っ
臣)なのに…最後にシたの、LAだよ?
♡)……

そういえば…そうかも。

臣)もう…我慢も限界なんだけど…
♡)あ…っ、

臣くんの顔が…真っ直ぐに首筋に降りてきて…

♡)んっ、// ダ…メ…、っ
臣)ダメじゃねぇよ……
♡)あ…っ、ほん…と…にっ……
臣)静かにすれば大丈夫だって…
♡)……///

そんな吐息混じりに言わないで。
ずるいよ///

♡)二人がいるから…ダメっ!
臣)……瞬がいた時はシたじゃん。
♡)瞬は…瞬だもん…//
臣)何それ!
♡)……//
臣)じゃあ今だっていいじゃん!
♡)…それはダメなのー//
臣)その境界線がわからん。
♡)……//

私にも、よくわかんない。

でも今は絶対ダメなの。

臣)どーせあの二人もヤッてるって。
♡)ええ?!!

いきなり何言い出すの!?

♡)そんなわけないでしょ!
臣)いや、あるって。
♡)ないよ!!
臣)だって俺、いいって言ったもん。
♡)え?!!
臣)岩ちゃんに。
♡)ええええ!!!

いいって……何それ!!

臣)ほら、岩ちゃん忙しいしさ?
  充電させてやんなきゃ
  動けなくなったら大変じゃん?
♡)……//

うそ…

ほんとに…?

♡)◇ちゃんは…そんな子じゃ…ないもん//
臣)そんな子って?w
♡)……//
臣)他人様のおうちで
  Hしちゃうような子ー?w
♡)そうだよ!//
  絶対そんなことしないよ!
臣)でもさ、お前も見たじゃん?
♡)え…っ
臣)岩ちゃんとチューしてたの。
♡)…っ
臣)すげーラブラブだったじゃん?
♡)……//

そう言われると…確かに。

臣)ぜぇったい、ヤッてるって♡
♡)……//
臣)だから俺らも…、な?♡
♡)ダメーー!//

必死に臣くんの身体を押し返す。

♡)絶対◇ちゃんはしてない!
臣)いや、もうこの際あの二人は
  どうでもいいよ。
♡)え??
臣)あの二人はあの二人でいいから…
  お前は悪い子になってよ…
♡)…っ
臣)ね、俺に抱かれて…?
♡)////

また、エッチな声で…意地悪///

わざとなの…?
耳元で…そんな色っぽく囁くの。

♡)や…ぁ…っ、…だ…、めっ……
臣)ダメじゃないって…
♡)……あっ……///
臣)苛めるのは、夜に取っとくから。
♡)…っ
臣)今は苛めないから。な?
♡)……///

そういう問題じゃ…ないもん…///

臣)優しく…するから…
♡)…っ///

どうしよう…

どんどん臣くんに…

溶かされていっちゃう……

臣くんの…唇に…

指先に…

♡)ほんとに…ダメぇ…っ///

目をぎゅっと瞑ったけど…

臣)身体はダメじゃないってよ…?

そんな意地悪を言って…

♡)あっ…!///

どんどん私を、溶かしていく。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

♡)どう…して…、…は…ぁっ

♡の身体は、次第に熱くなって…

♡)どうして…朝から…そんな…っ
  意地悪…なの…?///

乱れる息の中で、俺を見上げるけど…

臣)これのどこが意地悪なの…?

俺が小さく微笑むと、

♡)////

♡は顔を真っ赤にして、唇をキュッと結んだ。

ダメだって言いながらも…
俺に感じて、甘く濡れていく肌。

いくら抵抗しても、それに反して
身体は俺を受け入れていく。

その矛盾が、可愛くてたまんねぇ。

♡)臣く…ん…、は…っ…ぁ

潤んだ瞳は、もうとろけそうで。

♡)……ダメ……だ…よ……///

もうダメだなんて、思ってないだろ?

♡)あ…っ、……んっ///

火照った肌も…

甘くて可愛い声も…

その全部が、俺に感じてる証拠。

臣)お前がこんな可愛いのが悪いんだろ?
♡)…っ

朝からこんなに、俺のこと…欲情させて。

臣)俺、もう…こんなだよ…?

さっきから小さく、震えてる手を
そこへ誘導すると…

♡)////

♡は一気に頬を染めて、視線を逸らした。

臣)こんなんで…今更止めれると思う?
♡)…っ///

もう止められないくらい、熱くなってるのは…

お互い様だろ?

臣)お前だって…
♡)あ…っ、…んっ……
臣)…やめて…いいの…?
♡)////

甘く潤んだ瞳は、俺を真っ直ぐに見つめて…

♡)……や…、…だ///

可愛い声で、小さく呟いた。

臣)はぁ、…もう…無理///

汗ばんだ肌は、

そのまま混ざり合うように
重なって。

……こんな瞬間に、理性なんて要らない。

爽やかな朝に、不釣り合いな欲情を

一つに溶け合わせて。

ただ夢中で、求め合う。

それだけでいいんだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

誘惑に負けた私は悪い子。

甘い汗に包まれた身体を
シャワーで洗い流した。

♡)……///

今更反省しても、遅い。

だってもう…

臣くんにいっぱい、溶かされちゃった。

♡)ううう///

髪を結んで、着替えてメイクして。

部屋を覗いたけど臣くんは二度寝してて。

♡)よし、朝ごはん作っちゃおうっと///

キッチンに向かいかけて、ふと足を止めた。

◇ちゃんと岩ちゃんは…食べるかな?

まだ…寝てるんだよね?
起きてないよね?

いくら防音でも…
もし起きてたら…

なんか恥ずかしいし、
イケないことしちゃったような罪悪感もあるし
顔が見れない!///

♡)もぅ……臣くんの…バカ……///

熱くなったほっぺをペチペチしながら
寝室に向かった。

そのドアをノックしようとして、
思いとどまる。

「どーせあの二人もヤッてるって。」

「お前も見たじゃん?
 岩ちゃんとチューしてたの。」

♡)…っ

もし開けて…
二人がそんなことになってたら…どうしよう。

♡)////

恥ずかしい!無理っ!///

♡)も、も、もういいやっ///

余ってもいいし4人分作っちゃおうっと!

ーーー

臣)なんかイイ匂いするーーー

あくびをしながら臣くんが起きてきたのは

ご飯をテーブルに並べ始めた頃。

臣)朝の味噌汁の匂いっていいよねー♡

ご機嫌な臣くんはキッチンまで来て
私を後ろから抱きしめた。

♡)お、お、はっ…よ…///
臣)何それw
♡)////

こんな風に抱きしめられたら…
なんか……

臣)あんなHしたから、照れてんのー?♡
♡)…っ///

臣くんが覗き込むように
ほっぺにチューしてきた。

♡)あんなHって…なに…っ///

離れようともがくけど
両腕にがっしり閉じ込められて。

臣)ん?言っていいの?w
♡)いいいい言わなくていいっ///
臣)ぶはっw

顔が…熱いよぅ…///

臣)朝からすっげぇ可愛かったよ?♡
♡)言わないでぇっ!///

目の前の腕をポカポカ叩くけど
臣くんは離してくれない。

臣)じゃああの二人起こしに行くー?
♡)はっ!
臣)そろそろ起きてんじゃない?
♡)…っ

でも…

でも…

臣くんは私を後ろからぎゅってしたまま
ズリズリと寝室に向かった。

コンコン!!

臣)おーい。飯できたぞーー。
  …って、俺が作ったわけじゃねーけどw

シーン。

臣)おーい。起きろ〜〜!

コンコンコン!

♡)わっ、臣くん、やっぱりダメだよ///
臣)ん?なにが?
♡)だって…///

ガチャッ

臣)おーい。

開けちゃった!!

臣)無反応なんだけど…
♡)わわわっ!臣くんっ///

ベッドを覗き込む臣くんの腰にしがみついて
止めようとするけど…

臣)朝ですよ〜〜〜
♡)わ、わ、っ

私たちの視界に映ったのは…

◇ちゃんをすっぽり抱きかかえるようにして
スヤスヤ眠る、岩ちゃんの寝顔だった。

♡)ふ、服…着てるよね?///

私の言葉に、臣くんが振り返って…

臣)やらしーーーw
  何想像してんの?
♡)だって!///

臣くんが変なこと言うから!!

臣)ちゃんと着てるから安心しろw
♡)ふぁぁぁぁ…///

焦ったよぅ。

臣)岩ちゃ〜〜〜ん。起きろ〜〜〜

岩)んん〜〜〜

臣くんがいくら声をかけても
二人とも起きなくて…

岩ちゃんはむにゃむにゃ言いながら
より一層ぎゅっと、◇ちゃんを抱きしめた。

それはまるで
大事な宝物を…優しく抱きしめるみたいに。

♡)……///

本当に…ラブラブだなぁ……

臣くんも…
こんな風に私を抱きしめてくれてたのかな?

臣)飯食わねーのー?
  先食ってるぞー?

岩)んん……
◇)……ん…ぅ…?

あ、◇ちゃんが起きた。

◇)ん……?

岩ちゃんの腕の中でもごもごして…

ぷはっと顔を出して。

私たちと目が合うと、大きな瞳は
パチパチと瞬きをして、

そのまますぐに布団の中に隠れちゃった。

◇)びっくりした!!///

臣)ああ、ごめんごめんw
  一応ノックもしたんだけどねーー
♡)朝ごはん、一緒に食べるー?

◇)えっ…

◇ちゃんはまたニョキッと顔を覗かせて…

◇)作って…くれたの…?
♡)うん♡
◇)……食べたい…//
臣)じゃあ岩ちゃん起こして連れてきてw
◇)はーい…//

そう言って、
私たちが寝室を出ようとした時だった。

◇)どこ触ってんだ!このど変態!!!///
岩)いってぇぇぇぇ!!!

岩ちゃんの声が、大きく響き渡った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

岩)ちょっと見てよ!
  まだ赤いんだけど!
臣)……

手の甲を見せつけながら
不服そうにテーブルに座った岩ちゃん。

◇)……バカ///

その横では、恥ずかしそうに
頬を膨らませる◇ちゃん。

♡)ふふふw
  じゃあ食べよっか♪
皆)いただきまーす!

なんか4人で朝ごはんとか新鮮だなー。

相変わらず♡のご飯は美味しいし♡

俺、人が家に来るの結構好きだから
こういう賑やかなのも楽しい。

岩)あーあ、痛いな〜〜〜
◇)しつこい。
岩)ひでぇ!
◇)ふん///
臣)何してつねられたわけ?
岩)……寝ぼけてたんだもん。
◇)嘘だ!起きてたくせに!
岩)別にいいじゃん!何だよ!ケチ!
◇)はぁ?!
岩)好きなとこ触らせろ!!
◇)なっ…///

◇ちゃんが口をパクパクさせてる。

こりゃー…
おっぱい触ったな、うん。

臣)俺さーー思うんだよねーー
♡)ん?
臣)付き合ってんだからさーー
  どこ触ろうが何しようが
  なんでもOKって法律できねーかなー
♡)はぁ?!///
岩)賛成〜〜〜!!
◇)どんな法律じゃい!///
臣)おっぱい触り放題♡
岩)いいと思いまーす♡
♡)何言ってるの…///
◇)バカじゃないの、朝から…///

女子二人は呆れ顔だけど。
男の本音だし。

岩)むしろさ、彼女から
  差し出してきてほしいね。
臣)あ、それいいね。
岩)一日一回。
臣)毎朝おっぱい。
岩)そしたらすぐ起きる。
臣)俺もーーw
♡)……
◇)……

あ、女子二人がほんとに呆れてる。

◇)なんで男ってそんなに
  おっぱいが好きなの…
♡)わかんない…
岩)おっぱいに触りたくない男なんて
  この世にいないね。
臣)いるわけねぇじゃん!
  いたら男じゃねーわ。
岩)いつでも触りたい!
臣)毎日触りたい!
◇)……
♡)……

あ、何その冷たい目。

岩)お前だって二人の時だったら
  怒んないくせ…っ、いってぇ!!
◇)黙って食べろ///
岩)暴力反対!!
◇)ふん///

怒りながらも赤くなってる◇ちゃんは
やっぱり可愛いw

岩)♡ちゃんのご飯、美味しい♡
♡)え、ほんと?ありがとう♡
臣)うん、美味い。
♡)えへへ♡
  ◇ちゃんの家に泊まった時はね、
  ◇ちゃんが作ってくれたんだよー
臣)お、そうなの?
♡)うん♡美味しかったー♡
岩)二人とも料理上手で素晴らしいですよ。
臣)やっぱり料理は出来てほしいよなーー
岩)うん、間違いない。
◇)もし♡ちゃんが料理全然出来なかったら
  惚れなかったんですか?
臣)…っ

いきなりストレートな質問。

臣)……うーーん……

とは言ったものの、悩むまでもない。

臣)惚れてます。
◇)あはっww

笑われちゃった。

岩)だって臣さん、♡ちゃんなら
  なんでもいいんだもん。
◇)なんでもって!あはははw
臣)否定はしない。
◇)せんのかい!ww
  愛されてるね、♡ちゃんw
♡)……//
岩)てゆーかさぁ!

岩ちゃんがでっかい口を開けて
玉子焼きを放り込んだ。

岩)なんで俺んとこに◇がいたの?
  臣さんと寝てたのに。
臣)ああ、それね。

昨夜は女子二人に締め出されて
仕方なく岩ちゃんとベッドに入って。

二人でぶーぶー文句を言ってたら
岩ちゃんが先に寝ちゃって。

♡)私も起きたら◇ちゃんが
  臣くんになってたー!
岩)え、マジ?
♡)うん。
岩)……

あ。

岩ちゃんが俺をじっと見てる。

岩)臣さん…まさか……
臣)……

ヤッたの?って、
目で聞いてくる岩ちゃん。

しらばっくれる俺。

臣)ごちそうさまーー
岩)ちょ、臣さん!
臣)美味しかったーー
  ありがとな♡

ポンポン♡

♡)……///

♡の頭を撫でて、
俺はそのまま食器を片付けた。

ー続ー

スポンサーリンク

コメント

  1. のんちゃん より:

    マイコさんごめんなさい。ここにまたまたコメントします。MVで少し凹んだけど、あれは、臣くんだから出来たし、臣くんの楽曲だなぁと思った^ – ^でも、♡ちゃんになった気がして、J.S.BdreamのMV観るの辛かった♡ちゃんの気分だった。マイコさんのストーリーでまたまた癒されよう❤️本当に臣くんの事が大切で、大好きなんだね♡ちゃん。絶対、臣くん、こんな嫁欲しいって思ったよね〜マイコさん!絶対、チビ臣くんのストーリー作って(⌒▽⌒)3日間も、名古屋で離ればなれで、臣くん、♡ちゃん可哀想。夜遅くのお買い物、♡ちゃんに何も無く良かったです。変な妄想ストーリー想像してた(≧∇≦)

    • マイコ より:

      夜のお買い物、意外とみんな心配してたみたいで…心配かけてすんませんでした。゚(゚^ω^゚)゚。
      臣くんのMV衝撃だったもんね…、♡ちゃんが見ちゃったらどうしようと今から考えてますw

  2. 結良 より:

    いつか直人のお話も見てみたいですっ!
    これからのお話も楽しみにしています!

    • マイコ より:

      NAOTOさん……。゚(゚^ω^゚)゚。
      ありがとうございます♡

  3. のんちゃん より:

    マイコさん、やっぱり臣君暴走しちゃったんだね(≧∇≦)♡ちゃんと一緒だから我慢出来なかったんだ(笑)臣君も、岩ちゃんもおっぱい好き過ぎだし(笑)やっぱり兄弟みたい(^_^)ハルくん出てきたら、臣君の独占欲と、嫉妬でまたまた♡ちゃんが大変!でも、ワクワクが止まらないの私だけ?早く続きが楽しみ❤️こんなストーリー書けるマイコさん、やっぱり凄い❤️大好き。臣君、干からびないで良かったぁ(^_^;)

コメントを残す