[70]Wイチャイチャ(◇Side)

スポンサーリンク

岩)めっちゃ可愛い♡♡
◇)////
♡)◇ちゃんが着ると…
  おっぱいはみ出ちゃう…
◇)いや、はみ出てはないよ!//
♡)いいなぁ…おっぱい…

つん。

♡ちゃんはあたしのおっぱいを
つんつんした後、
ハッとして臣さんを振り返った。

♡)臣くん!◇ちゃんのおっぱい
  見てたでしょ!!
臣)はぁ?!見てねぇわ!//
♡)エッチ!!
臣)見てないっつーの!!
♡)うわーんっ!ばかーーっ!!
臣)ちょ、俺が変態だと思われるから
  やめなさい!//
♡)やっぱり大きいおっぱいが
  好きなんだーーっ!
臣)こら!!//

臣さんは少し気まずそうにあたしを見て、

臣)いや、見てないッス!//

そう言って♡ちゃんの後を
追いかけて行った。

岩)可愛い〜〜♡
◇)……
岩)やっぱり似合う、こーゆーの♡
◇)……

♡ちゃんに借りたナイトウェアは
誕生日に剛典からもらったのと似てる。

剛典はこーゆーのが好きなのかな。
♡ちゃんはいっぱい持ってていいな。

…って、その前に。
なんでこんなことになっているかと言うと。

♡ちゃんが臣さんの彼女ってわかって
嬉しくなっちゃったあたしは
♡ちゃんと話したいことが尽きなくて。

帰りたくない〜〜なんて言えば
泊まって行きなよ!なんて流れになって。

だったら俺も泊まりに行く!!
って、もちろんついてきた剛典。

で、お風呂も借りて、現在に至るワケで。

◇)もっとこーゆーの買おうかな。

可愛いナイトウェアの裾を翻すと、

岩)いやいやいや!!
  パジャマはパジャマで
  脱がせんの興奮するから!
  あれはあれでいいのよ!!
◇)……は?
岩)これは脱がせやすいし可愛いけど、
  パジャマにはパジャマの良さもあるの!
◇)……

なんか力説しとる。

岩)おっぱい大きくていいなー♡

つん♡

◇)何しとんねん。
岩)♡ちゃんの真似w
◇)触るな//
岩)なんで!!
◇)他人様の家でおっぱいを触るな//
岩)彼女のおっぱい触るのに
  場所関係あんのかよ!
◇)あるでしょ!
岩)いいじゃん!!
◇)だめ!

両手をエア揉みしながら近付いてくる剛典。
変態かよ!!

◇)てゆーか♡ちゃん達どこ行ったの?
岩)……覗いてみる?
◇)……

寝室かな?
ドアが少し開いてて、剛典と覗くと…

臣)◇ちゃんのおっぱいは見てません!
♡)ほんと…?
臣)ほんと!
♡)臣くんはおっぱい大好きだから…
臣)おい!何やそれ!!w
♡)はーあ……
  私ももう少し…大きかったらなぁ…
臣)いや、十分でしょ。
♡)……
臣)満足してます♡
♡)ほんと…?
臣)うん♡
♡)……
臣)だから触ってい?♡
♡)それはダメ。
臣)なんで!
♡)お客様がいるからです。
臣)いいじゃん!ちょっとだけ!
♡)ダーメ。
臣)……
♡)ね、その代わりにチューしよ?♡
臣)何それーー
♡)ねっ、んー♡
臣)////

チュッ。

♡)えへへ♡
臣)な、もちょっとだけチューしとこ♡
♡)うん♡

チュッ。

臣)……もっかいだけ♡
♡)うん♡

チュッ。

◇)////
岩)////

ゆっくり静かに、扉から離れて
リビングに戻ってきた。

どうしよう。
すっっっっっげーーーイチャついてた!///

あの二人も結構飲んでたし
酔ってるのかな……

岩)ずるい!!
◇)は?!

いきなりぎゅむっと、
後ろから抱きついてくる剛典。

ここにも酔っ払いがいた!

岩)俺だってイチャイチャしたい!
◇)はぁ?!//
岩)んーーー
◇)ちょ、コラ!!!//
岩)へへ…♡
◇)どこに手ぇ入れてんねん!!
岩)いいじゃん、少しだけー♡
◇)このど変態!!///

剛典を突き飛ばして、
ソファーに逃げてきた。

岩)俺、明日から忙しくなるのに!
◇)……
岩)明日クランクインなんだから!
◇)あ、そうなの?
岩)そうだよ!
◇)……

ジリジリ距離を詰めてくる剛典。

岩)だからさ?
  ほんとは今日、充電したかったのに。

口を尖らせて拗ねてる。

充電って…Hしたかったってこと?

岩)だから…せめて…
◇)……
岩)ん!
◇)……

両手を広げて、あたしを待ってる。

岩)俺だってチューくらいしたい!
◇)……//

口をんーーって突き出して
拗ねてるのが可愛くて。

後ろを確認しても、
まだ二人も出てきそうにないから…

ススススッと距離を詰めて、
ぴとっと、くっついた。

岩)……なに、これ//
◇)……//
岩)こんな可愛くくっついてきて
  なんですか。
◇)……わかるでしょ//
岩)チューしていいってこと?
◇)……(こくん)///
岩)////

隣に並んだあたしは
剛典に肩を抱かれて、正面を向かされて。

近付いてきた唇に、目を閉じたら…

チュッ。

優しく触れた、キス。

……目を開けようとしたら…

チュッ。

また、触れて。

◇)……///

柔らかくて、気持ち良くて…

◇)ん…、もちょっと…だけ…///

剛典の腕を掴むと…

岩)……///

チュッ。

もう一度触れたキスの後、

岩)あ。

剛典がそう言うから
目を開けて、その視線を辿ると…

♡)////
臣)////

◇)!!!!

一瞬で、我に返る。

あたしったら、他人様の家でなんてことを!!
穴があったら入りたい!///

一番の酔っ払いは、あたしかよ!!

慌てて剛典から飛び退いたけど、
時…すでに遅し。

♡)ラブラブだ…///
臣)な…///

いやいや!
あなた達に言われたくないです!///

臣)俺ら邪魔みたいだなーー
♡)邪魔だったのか///
臣)じゃあ俺らはもう寝よっか♡

臣さんが♡ちゃんの肩を抱くと、

♡)え!!今日はこうだよ?

臣さんの手を肩から外して
あたしの隣に来た♡ちゃん。

臣さんと剛典の前に線を引いて
このペアで寝るんだと主張した。

臣)は?!
岩)え、俺、臣さんと?!
♡)うん。
臣)なんで!!
♡)え、じゃあどうやって寝るの?
岩)俺、普通に◇と寝るつもりだった。
◇)え!!
岩)え、違ったの?
臣)俺もそのつもりだったけど。
♡)だって折角泊まりに来てくれたのに
  ◇ちゃんといっぱいお話したいもんっ!

腕を組まれながらそう言われると
なんだか嬉しい♡

あたしだって、
まだまだ話したいこと…たくさんあるし。

岩(どうする臣さん。)
臣(なんで俺が岩ちゃんと寝るんだよ。)
岩(だよね。)

なんか男二人が肩組んでヒソヒソ話してる。

臣(俺、帰国してからずっと
  おあずけなんだからな!)
岩(は?!ちょっと待ってよ、ヤる気?!)
臣(……防音だし。)
岩(ちょ、ずりーじゃん!!)
臣(ほんとは我慢するつもりだったけど
  チューしたらスイッチ入った。)
岩(イチャイチャしてたもんね…)
臣(は?!見てたの!?)
岩(ハイ。)
臣(岩ちゃんだってしてたじゃん。)
岩(俺だってほんとはシたいもん!)
臣(じゃあお互い好きにするってことで。)
岩(いやいや!
  他人様の家でさすがに申し訳ねーわ!)
臣(なんで?別にいいけど。)
岩(え……、マジ?)

よくわかんないけど
ニヤニヤしながら振り向いた二人。

うん。
やっぱりまだ酔っ払いの顔。

あたしも人のこと言えないけど。

臣)ってことで、さ、寝よ♡
♡)えっ!!
岩)じゃあこっち借りるねーー♡
◇)えっ!!

♡ちゃんは臣さんに連れていかれて
あたしは剛典につかまえられて…

結局このペアなの?
って思ったら…

♡)だめぇっ!

♡ちゃんが臣さんの腕から脱走してきて
あたしに抱きついた。

そしてそのまま…

バタン!

♡ちゃんの部屋に入って、ドアを閉めた。

♡)これでよし、っと。

♡ちゃんはニコッと笑って…

♡)いっぱいお話しよーー♡
◇)////

ああ、可愛い♡

◇)うん♡

二人でベッドに入ると…

ガチャッ!

ドアが開いて…
恨めしそうな、男が二人。

臣)めっちゃキャピキャピしてる…
岩)可愛い女子二人で…楽しそうですね…
臣)俺らむっさいだけなんですけど…

♡)へへっ、知らなーいっw
◇)ねーー♡
♡)うんっ♡

臣)……
岩)……

ベッドの上でるんるんしてるあたし達を見て
男二人はしょんぼり戻っていった。

バタン。

◇)ぶふっw
  臣さん、♡ちゃんと
  寝たかったんじゃない?w
♡)だって臣くんとは毎日一緒だもんっ
  今日は◇ちゃんと話したいー♡
◇)あたしもー!♡

♡ちゃんの部屋は、家具が全部白くて
THE・女の子!
って感じで、すごく可愛い。

◇)この家すごく広いよねーー
♡)うん!
◇)一緒に住んでてもお互いの部屋があるって
  なんかいいなーー
♡)でもほとんどリビングにいるよ?
◇)そうなんだ。
♡)うん!

あたしは…
付き合ってても、
自分の時間も大事にしたいから

部屋が別って、すごく助かる。

剛典はどんなタイプなんだろ…?

たぶんあの性格だから…
あの子も自分の時間大事にする感じだと
思うんだけどな…

◇)いつから一緒に住んでるの?
♡)ちょうど一年前くらいかな?
  元々臣くんが一人で住んでて
  私が引っ越してきたの。
◇)そうなんだ!

こんな広い家に元々一人で住んでたって…
すげーな臣さん!
稼ぎ頭なだけあるぜ…

◇)家賃高そう……

思わず本音が漏れると…

♡)でもね、全部臣くんが出してくれてるの…

♡ちゃんがそう言った。

♡)光熱費とかも何もいらないって言われて…
◇)あらら、男前。
♡)この間もね、モデルのお給料が
  初めて入ったから
  私にご馳走させてって言ったんだけど…
◇)それも要らないって?w
♡)うん…
◇)臣さんらしいねw
♡)え、そう?
◇)うん。

あの人、女には絶対お金出させなさそう。
ましてや♡ちゃんになんて、絶対。

♡)だから私はせっせと貯めているのです。
◇)おお!いいじゃんw
♡)私ね、いつか発展途上国とかに
  学校建てたりするのが夢なの。
◇)え!!そうなの??
♡)うん!だから…
  お仕事が増えたら嬉しいし、
  少しでもお金貯めたいんだ♡
◇)……

これまた、♡ちゃんらしいというか…

♡)ホームページも…手伝ってくれて
  本当にありがとう♡
◇)あ、全然だよ!!
  あたしにできることがあったら
  なんでも言ってね!
♡)……なんか…
  色んな人に…助けてもらってばかり…
◇)いーのっ!♡
  あたしは♡ちゃんのためなら
  なんでもやるよー♡
♡)……
◇)だってね、あたし、
  ♡ちゃんのファンなんだもん!
♡)え…?
◇)だから、♡ちゃんのこと応援したい!
♡)◇ちゃん……
◇)♡ちゃんの夢、応援してるね!
♡)……好き///

あ、甘えてきた。

♡ちゃんがぴとっとあたしに寄り添って。

◇)甘えんぼだーーw
♡)えへへ♡
  ◇ちゃんもさっき岩ちゃんに甘えてた♡
◇)!!!
  そ、それは忘れてくれる?!///
♡)忘れない〜〜〜w
  可愛かったもん♡
◇)あ、あたっ、あたし…っ
  別にいっつもあんなんじゃ…っ///
♡)なんでぇ?
  いつもあんなんでいいと思うなっ♡
◇)////
♡)岩ちゃん、◇ちゃんのこと
  大好きで仕方ないんだねぇ…♡
◇)え…?
♡)今日見てて、そう思っちゃった♡
◇)……

そんな風に…見えたのかな…?

あたしは逆に、
臣さんどんだけ♡ちゃん好きなんだよって
心の中で何度も突っ込んでたけど…

♡)私もね、そんなに岩ちゃんのこと…
  知ってるわけじゃないんだけど…
  でも。
  今日見る岩ちゃんは、なんだか
  初めて見る岩ちゃんだったよ♡
◇)……///

そう…なのかな…?

♡)こういう仕事してるから、
  なかなか中身をちゃんと
  見てもらえない…って
  岩ちゃん、前に言ってたんだけど…
◇)……
♡)◇ちゃんと付き合った時に…
  今の彼女は、自分をちゃんと
  一人の男として見てくれてる、って。
  そう言ってたの。
◇)……
♡)すごく照れながら
  嬉しそうに言ってたんだよー♡
◇)……///
♡)ちゃんと大事にしたいって。
◇)////

♡ちゃんから聞く、剛典の話に
思わず抱き枕を抱きしめると…

ニャー!

◇)わぁっ!!

鳴き声がして、びっくりした!

♡)あ、この子ね、鳴くの。
  可愛いでしょ♡
◇)あはははw

……なんか…
胸がとくんとくんって、あったかい。

ちゃんと大事にしたい。

剛典がそんな風に言ってくれてたなんて…

♡)私は、大好きな◇ちゃんと
  大好きな岩ちゃんが…
  この二人がカップルなんだーって
  それがわかってすっごく嬉しかった♡
◇)……っ
♡)えへへ♡
◇)あた…っ、し…も…
♡)ん?
◇)臣さんの彼女が、♡ちゃんで
  すっごく嬉しかった!///
♡)えっ、ほんと…?
  えへへ、なんか恥ずかしい///
◇)……

本当に本当に、嬉しい。

だって本当にお似合いだし。

◇)いつもね、みんなで
  姫の彼氏はどんな人なんだろう〜
  とか、話してて。
♡)え!!会社で?
◇)うんw
♡)えー!恥ずかしい!///
◇)で、あたしはJさん推しだから
  Jさんの方がお似合いなんじゃないかなー
  とか、勝手に思ってたの。
  臣さんにバレたら怒られるw
♡)え!
◇)あ、違うよ!
  今はもう断然臣さんが
  ダントツお似合いだと思ってます!
♡)あ、ううん…えっと…
  Jさん推しって…
◇)あ!それね?//
  あたし、Jさんのファンなの…//
♡)えーーー!!
◇)ずっとファンで…
  だから、この間♡ちゃんと一緒に
  お祝いに来てくれた時も…
  鼻血出すかと思った///
♡)そうだったの?!!
◇)うん…w

カミングアウトしちゃったぜ!
恥ずかしい///

◇)あ、マジ恋とかじゃないよ!
  ただの憧れ!芸能人みたいな!
♡)そうなんだ…
◇)Jさんが♡ちゃん好きなのも
  わかってるし!
♡)えっ!
◇)え…、そうでしょ?
♡)違うよ!
◇)えー!違わないよ!
♡)違うよ!
◇)……

♡ちゃん、鈍いの?

◇)それっぽいこと…
  言われたことないの…?
♡)……ある…けど…
◇)あるんだ!!
♡)うん…
◇)え、え、なんて言われたの!?
  ヤバい!ドキドキ!///

あのJさんが…
一体どうやって♡ちゃんを
口説いてたんだろう…

羨ましすぎる!///

♡)ずっと前だけど…
  結婚…してほしい…って…
◇)ええええ!!!!!

想像以上の回答に、目玉飛び出る。

◇)それって…プロ…ポーズ///

ぐはぁっ!///

Jさん…
そこまでガチだったのか。

◇)それ、なんて返事したの?
♡)好きな人がいるから、って…
◇)それが臣さん?
♡)うん。
◇)……

うーーん、やっぱり勿体ない感が
拭えないあたしは
Jさん贔屓すぎるのか。

◇)ね、ね、ちょっとぐらい
  いいなって思ったでしょ?
♡)え!Jさん??
◇)うん。
♡)……
◇)だってあんなにカッコよくてさぁ!
  紳士的だし!
♡)普段はそうだけど…
  たまに強引だったんだもん…
◇)え!どんな風に?!

強引なJさん?!たまらん!///

♡)無理矢理…髪に、キス…してきたり…
◇)か、髪に!??
  やだ!王子様みたい!///

……は!
いかんいかん!
暴走しすぎた///

◇)でも…さ、Jさん…
  ♡ちゃんに玉砕した割には
  今も仲良しだよね?
♡)あ、うん…
  もう昔の話だし…
  今は普通に良い人だよ。
  なんかね、お父さんみたい♡
◇)……

プロポーズまでしたガチの子から…
「お父さん」って言われちゃうJさん…

不憫でならん。

♡)困ってると…いつも助けてくれるし…
  いつか恩返ししたいなぁ…
◇)……

恩返しって…!!
鶴かよ!!

◇)ねぇねぇ…
♡)なぁに?
◇)……

聞いてもいいかな。
ずっと気になってたんだけど…

◇)Tくんとは…どうなったの?
♡)……
◇)家出から戻ってきて
  今は臣さんとラブラブってことは…
♡)うん…、ちゃんと話したよ。
◇)そうなんだ。
♡)うん。
◇)Tくんってば、あたしの前でも
  熱烈な告白してくれちゃうから
  あたしが照れちゃったよ///
♡)ふふふ…//

王子にあんな風に言われたい女子なんて
うちの会社に腐るほどいるだろーなーーって。

♡)Tくんも…
  いつもいつも…私を助けてくれた。
◇)……
♡)強くて…優しくて…
◇)……
♡)大好きだよ。
◇)……

♡ちゃんの笑顔は…
どこか少し、切なくて…

もし臣さんがいなかったら
普通にTくんとラブラブだったんじゃ…
って、思っちゃう。

それはそれでお似合いだし。

◇)よーし!じゃあ!
♡)え…?
◇)そんなJさんもTくんも敵わないほど
  ♡ちゃんの心を独り占めしてる
  臣さんの話を聞きましょうか!
♡)なぁに、それーー///

あ、いつもの可愛い笑顔になった。

◇)だって、どうやって出会って
  付き合ったのかとか、
  聞いたことないんだもん♡
♡)……えへへ///

♡ちゃんは少し照れながらも
すごく嬉しそうに、幸せそうに
二人のことを話してくれて…

ああ、本当に臣さんが
大好きなんだなぁって…

表情だけでも伝わってくるくらい。

付き合う前の
二人の初々しい話とか…

付き合ってからも色々あったこととか…

いろいろ聞いてると
二人の絆を、すごく感じて。
  

◇)そっかぁ…
♡)……
◇)いっぱい話してくれてありがとう♡
♡)……
◇)ん……?

隣を見ると、もう瞼が落ちてる♡ちゃん。

◇)あははw 寝ちゃってる。

起こさないようにそっと…
♡ちゃんに布団をかけて。

あたしはなんだか喉が渇いたから、

ベッドを降りてリビングに向かった。

ー続ー

スポンサーリンク

コメント

  1. のんちゃん より:

    マイコさん、早く臣君と♡ちゃんのラブラブしてるところみたい♡臣君、喉乾いたとか言ってたけど、♡ちゃんと一緒じゃなくて眠れなかった(笑)マイコさんの作品って臣君の優しさが本当に伝わってくるね♡臣君って本当にこうだろうなぁ〜って。本当にずっとずっと最終回まで読み続けます。マイコさん、臣君大好きです ♡ちゃん、♢ちゃんにいっぱい臣君のお話照れながらしたんだろうなぁ可愛い♡ちゃん❣️

    • マイコ より:

      そう言ってもらえると嬉しいですっ。゚(゚´ω`゚)゚。うおおんっっっ泣✨

  2. まおみ より:

    今回のいちばんの感想は…「続きがめっちゃ気になる!!」です(笑)マイコさんの小説はその話にのめり込めて本当に素敵です!マイコさんも小説も大好きです…♡
    ((((((/´З`)/チュチュチュゥウウウウ!!

    • マイコ より:

      にひっ(❁´ω`❁)のめり込んでもらえて嬉しいです✨
      いっぱいチューされてもーたww

  3. a__ichin.y より:

    彼氏とラブラブしてる2人も早く見たいな♡(笑)
    ほんまに心がほんわかする*.(๓´͈ ˘ `͈๓).*

    • マイコ より:

      彼氏とはいつも散々ラブラブしてますからねぇ、二人とも(ฅ¯ω¯ฅ )ニヤリ

コメントを残す