[58]食べられた朝

スポンサーリンク

あふれる愛しさを、抱いたまま眠って。

朝目が覚めると

臣くんの素肌に閉じ込められていた。

それだけでまた、きゅぅぅ…って
愛しい気持ちでいっぱいになる。

とくん、とくん…って

ゆっくり音を立ててるその胸に
頬を寄せて。

すりすりしたらもっと愛しくなって
今度はそっと、唇で触れる。

胸にキスをしたら、もっとしたくなって。

狭い腕の中を臣くんを起こさないように
よじよじ這いのぼって…

肩先に、キス。

首元に、キス。

少し起き上がっても、
臣くんはまだ寝てるから…

その瞼にもそっと、唇を落とした。

♡)……

どうしよう。

大好きだよぅ……

スヤスヤ眠ってる臣くんの
目元のほくろにチュッてキスして。

スッと通った鼻筋にも
チュッてキスして。

柔らかいほっぺ、耳たぶ、
最後にはぷくっとした唇に

チュッて、キスをした。

♡)……

昨夜も思ったけど、不思議なこと。

愛しいからキスするのに
キスすればするほど、また愛しくなるの。

どうしたらいいんだろう。

気持ちも熱も
止め方がわからない私は

そのまま、また
臣くんの身体に唇を這わせて。

大好き、って…
いっぱいいっぱい伝えるように
飽きもせず口付けてると…

臣)…♡……?

かすれた声で
ぼんやりと私の名前を呼ぶ臣くん。

起きちゃった。

それでも布団の中から出ない私に、

臣)何…してんの…?//

少し戸惑ったような声。

それでも私は、止まらなくて…

臣)……っ、///

布団をばふっとめくられて…

臣)♡?!///
♡)////

見つかっちゃった。

臣)何してんの?///

もう一度聞かれたから、
またよじよじ這いのぼって…

臣くんのほっぺにチュッてした。

♡)臣くんのこと、食べてた///
臣)////

私がそう言うと、
臣くんはぎゅっと私を抱き寄せて…

臣)朝から…何、可愛すぎ…///
♡)////

耳元で、そう言われた。

♡)だって……

臣くんのこと、大好きすぎるんだもん。

♡)臣くん、どうしよう……

臣)……ん?

♡)…H…したいよぅ…///

臣)?!!////

臣くんが欲しくて、仕方ないの。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その言葉に
自分の耳を疑って。

寝起きだし、
俺もしかして寝ぼけてんのか?!って…

でも。

甘く潤んだ瞳で俺を見つめる♡を見て…

夢じゃないって、思った。

臣)////

可愛くて、嬉しくて、ニヤける。
どうしよう。

♡)…ダ…メ…?///

♡のおかげで
起きた時から戦闘態勢なんだけど…

返事をしない俺に、
♡はまた…

俺の身体に唇を這わせて…

臣)……は…ぁ、……

♡の甘い吐息と
柔らかい舌の感触が

俺の身体に、熱を移していく。

臣)……っ、

興奮が高まった身体で
そっと♡に手を伸ばすと…

♡)……臣くん…、お願い…///

潤んだ瞳に
可愛く甘えられて…

臣)////

ああ、もう。
爆発しそう。

臣)……ほら、おいで…

熱い熱い、♡の身体。

♡)っ……、…ぁっ…///

もう甘く、とろけてしまいそうで…

臣)ん、いいよ……
♡)……っ///

そのままゆっくり、一つになれば

俺も♡も、気持ち良くて…

臣)は、ぁ…っ

その感触を、目を閉じて堪能してると…

♡)…は…、っ…ぁ…//

♡の身体がへにゃへにゃと
俺の上に、落ちてきた。

臣)…、どうした…?

柔らかい髪を撫でて、そう聞けば

♡)…溶け…ちゃいそう…///

そんな可愛い言葉が返ってきて。

臣)もう動けなくなったの…?w
♡)……///

俺が少し動けば、

♡)…ゃ…ぁ…っ、/// ん…、っ

耳元で可愛い声が漏れる。

♡)や、…っ、ぁ…っ、臣く…っ

ああ、ダメだ。
我慢できねぇ。

♡)きゃ…ぁっ///

ドサッ…

♡)////

俺を見上げる、可愛い瞳。

臣)自分から襲ってきたくせに…w

♡の唇を、意地悪になぞれば…

♡)……襲いマシタ…///

恥ずかしそうに両手で顔を隠すのが
また可愛くて。

ニヤけそうになりながら、

臣)そんなに…欲しかったの…?

ゆっくりと動き始めれば

♡)……(こくん)///

素直に頷くのが、可愛くて。

臣)朝から俺のこと襲っちゃうくらい
  我慢出来なかったの?w

意地悪な質問を続けても、

♡)(こくん)///

また可愛く頷いて。

臣)////

こいつ、俺のことどうしたいわけ?
ほんとずりぃ……

臣)そんなに、俺のこと…好き?

最後にそう聞けば
俺に身体を揺らされながら…

♡)……(こくん)///

また素直に頷いて、

♡)大好き、なの…///

そう言った。

臣)////

朝から俺に
鼻血出させたいのかなって思うくらい

可愛いし、エロいし、
俺はもう止まんないし。

♡)や…っ、…は…ぁ…っ///

ずっと潤んでた瞳は
もう今にも泣き出しそうで…

♡)…ん…ゃっ、あ…っ!…だ…めっ///

息も切れ切れに、♡が叫ぶけど…

臣)欲しかったんだろ…?

俺がそう言えば

♡)…っ////

顔を赤らめて否定しない。

そうやってまた、俺を興奮させるんだ。

ヤバい、もう。

なんでこんな…可愛いんだよ…

臣)は…っぁ…、♡…っ

ぎゅっと抱きしめれば
♡も俺に、ぎゅっとしがみついて…

♡)あ…っ、…んんっ!…や…ぁ…っ///
臣)…っ、///

深く深く、繋がる身体は…

二人を甘く甘く、包み込んだ。

ーーーーーーー

朝から♡に骨抜きにされて。

意識を失うように眠りに落ちた♡を
腕の中に抱きしめて

俺もまた夢の中へ。

なんて幸せな朝なんだろうって…
ふわふわ夢見心地でまた目を覚ませば

丁度♡がバスルームから
出てきたところで。

♡)あ、…おは…よ…///

髪を拭きながら、
もじもじと視線を逸らした。

手招きすれば
少し恥ずかしそうに近寄ってきて

小さな手をグイッと掴んで
柔らかい腕に、キスをした。

臣)おはよ。
♡)……///

♡はもじもじとタオルで顔を隠して…

♡)お風呂、あるよ…///

そう言うから。

今度は立ち上がって、
こめかみにキスをして

俺もバスルームへ向かった。

ミルク色の風呂からは
バニラの匂いに混ざって、
オレンジの爽やかな香りが立ち込める。

ゆっくりと身体を沈めて、一息ついて。

頭の中に浮かべるのは、さっきの♡。

起きた瞬間はびっくりしすぎて
頭が追いつかなかったけど…

「臣くんのこと、食べてた///」

恥ずかしそうにそう言う♡が
本当に可愛くて。

臣)……///

マジで可愛い!!!

我慢出来なくなって
俺が欲しくなって

俺が寝てんのに、俺のこと食べちゃうって、
何?!!

何なの!??

「臣くん、どうしよう……」

ウルウルした瞳で、俺を見て…

「…H…したいよぅ…///」

臣)////

あれもマジで、破壊力満点すぎた。

ああ、やべぇ…
思い出したらまた興奮しそう。

でも…
ほんとに可愛くて…

だってさ。
昨夜だって割とあいつ、積極的だったよな?

あいつから色々してくれて…
俺すっげぇ嬉しかったんだもん。

なんかすげぇ、愛を感じたっていうか。

なのに…

朝起きてまで、あんな……

臣)////

のあああ!!
鎮まれ!!鎮まれ、俺!!!

このままじゃ俺、……

♡に悩殺されるんじゃなかろうか…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

髪も乾かして、メイクも終えて。

バスローブをほどいて、着替えてると…

__ガチャ。

臣)あ。

お風呂から戻ってきた臣くんと
バッチリ目が合って。

♡)きゃぁぁ///

慌てて身体を隠した。

♡)ちょっと待って!着替えてたの!///
  あっち向いて!!

そうお願いしたのに…
臣くんはニヤニヤ近付いてきて…

ドサッ

臣)あ、この下着、見たことない。

なんて、私を押し倒して
私が握ってた服を取り上げた。

♡)ちょ、よけて!!///
臣)新しいやつ?

ブラをツンツンされて…

♡)エッチ!///
臣)お揃いだーー

今度はパンツをツンツンされて…

♡)やだぁっ!エッチ!ばかぁっ!//

足をバタバタさせると…

臣)だって彼女が下着姿で
  俺のこと誘惑してくるんだもん♡

って、またニヤニヤしてる。

♡)…なんで…新しいのって、わかるの?//
臣)だって見たことないもん。
♡)……///

私の下着、全部覚えてるんですか…?

臣)俺に脱がされるために
  新しいの買ったのー?
  可愛い〜〜♡
♡)違う〜〜!//

臣くんが背中に手を入れようとして、
ピシッと叩いた。

♡)せっかくの旅行だから…
  新しいの欲しいなって思って…
  買ったんだもん…///
臣)……だから、俺に脱がされるためでしょ?
♡)違うってば!//

なんでそうなるの!!

♡)服着たいから離して!恥ずかしい!//
臣)水着だと思えばいいじゃん。
♡)水着は裸と同じだって言ったの誰!
臣)…っ

しまった、みたいな顔してる。

臣)じゃあ…ちょっとだけ触らして…?
♡)え…っ

「じゃあ」の意味が、わからない。

♡)ん、っ…、や…ぁ…、///

臣くんの下で、身じろぎすると…

臣)ああ…ヤベ…/// マジで脱がせたい…

臣くんの目が、エッチな目になってる!!
危険!!!

臣)H…しよっか///
♡)さっきしたよ!

臣)もっかい、しとく?///
♡)しない!///

臣)いいじゃん…
♡)ダメ、グランドキャニオン行くんだから!

臣)間に合うって…♡
♡)あ、…っ///

臣くんの唇が、胸に近付いてきて…

♡)…っ

私はくるっと、うつ伏せになった。
防御、成功!!

臣)何これ…、外してくれって意味?w
♡)!!!

しまった!!

パチン、って音が聞こえて…

背中に伝わる、臣くんの唇の感触。

♡)や、…っ、……だめ、…っ//

そう言ってるのに…

臣)は…ぁ……、すっげぇ綺麗…、///

背中をなぞる指先が、くすぐったくて…

♡)ほんとにだめぇっ!///

またぐるんと仰向けになると…

臣)……ダメ?

臣くんが拗ねたような顔で
おっぱいをふにふにしてきて…

♡)ダメ!///

その手を払いのけると…

臣)じゃあ、いつものやつ、言って。
♡)え…?
臣)いつもの。「夜シよ」ってやつ。
♡)…っ

「いつもの」って…
いつの間にか定番化されてる。

臣)じゃないと、今する…

臣くんの手のひらが、また肌に乗って…

♡)夜っ!///

私は慌てて、声を上げた。

♡)……続きは…夜、シようね?///

そう言うと…

臣)……///

臣くんは、むぅっと口を尖らせて…

臣)じゃあ早く服着て!

また拗ねたように、そう言った。

臣)お前の生肌触ってたら
  興奮おさまんないから!
  とっとと服着ろ!!
♡)着ようとしてたのに邪魔してきたのは
  臣くんでしょー!///
臣)ふんっ///

ー続ー

スポンサーリンク

コメントを残す