[45]癒しの歌声の正体(隆二Side)

スポンサーリンク

耳から優しく
身体に溶け込んでくるような

綺麗な歌声。


この歌声が気になりだしてから

俺は川沿いを通るたびに
その声の主を探してしまう。


この声は一体どこから聞こえるんだろう。

一体どんな人なんだろう。


女性だという事しかわからなくて…
いや、ひょっとしたら男ってことも
あるのかな。


気になって…気になって…



その歌声は外を歩いている時に
聞こえることもあるし

家のベランダからも
聞こえることがある。


間違いなく、発信源は川沿いのどこかなんだ。


何の歌か確定できるほど
ハッキリはしてなくて…

でも確かに聞こえる、澄んだ音色。


ものすごく可愛い子だったらどうしよう。

いや、もしかしたらおばあさんだったり…
はたまた子供かもしれない。

いや、いつも夜だから
子供はないか。


それに、男かもしれないんだってば。

いや、生きてる人間ならいいけど…
もしかして…


ひぃぃ…っっ



俺はその正体を
知りたいような、知りたくないような
そんな焦れったい日々を過ごして…


福岡公演から帰ってきたある夜。


__やっと、その正体を見つけた。



隆)…っ



見つけた瞬間、息を飲んだ。


だって…、そこにいる。


川を渡った向こう側。


ほら、よく川沿いにある屋根付きの小屋?
みたいなやつ!

そこに座ってる女の人のシルエット。


あたりに人がいないのを見ると
この鼻歌混じりの歌声は
彼女から発せられているに違いない。

どうする?俺。


ドキドキ…
ドキドキ…


時間は夜22時。


……話しかける…?

……怖がられるかな…?



恐る恐る、そちら側へ歩みを寄せて…


ドキドキ…
ドキドキ…


一応街灯はあるけど
こんな夜にいきなり話しかけたら
不審がられるに決まってる。


何か…ないかな…


隆)…っ


今の俺の所持品は
携帯と財布と、今買ってきた
ペットボトルのお茶と、ヨーグルト。


うーん……

よしっ!!


いざ!ペットボトルよ転れ!!

俺の手から落ちて、勢いよく転がっていけ!!


ゴトッ…、ゴロゴロゴロッ


それは、彼女の足元まではいかなかったけど
取りに行くには
彼女のテリトリー内に入らないと
無理な距離まで侵入成功。


よくやった!俺のお茶!!


隆)わぁ!落としちゃった!すいません!


……我ながら、マスオさんみたいな
情けない声だったと思う。

俺、絶対俳優にはなれない。


間抜けな小走りで小屋に近付いて
ペットボトルを拾い上げる。


隆)落としちゃって……
  転がっていっちゃって…///


言い訳がましい?!
嘘くさい!?
俺、怪しい!??


内心、冷や汗をかきながら
心臓をバクバクさせながら


椅子に座っている彼女を、見上げた。


重なり合った、まっすぐな視線。


隆)…っ


暗くてわからないけど…

そこに佇むその人は

男でもなければ
幽霊でもない。

おばあさんでもなければ
もちろん子供でもない。


それは確かで、

少なくとも「対象内」の女性であることは
確認できて…


隆)////


ドキドキ…
ドキドキ…


緊張で、言葉が出てこない俺を見つめて
彼女が口を開いた。


女)何か落とされたんですかー?
隆)…っ


初めて聞く、彼女の声。

わ、わ、わ…っ///


女)あの……、、
隆)////


歌声とは少し違って
でも話し声も魅力的。

柔らかくて、優しくて
澄んだ音色は、そのまま。


女)あの……?
隆)はっ!
女)何か落とされたんですかー?


返事ができない俺を
不思議そうに見つめて

彼女が椅子から立ち上がった。


女)一緒に探しますよー?


下をキョロキョロ見渡す彼女。


隆)いや、あの…っ///
女)小さいものですか?
隆)いや、だから…その…っ
女)携帯で照らした方がいいかな…
隆)あの!落としたのはこれです!///
女)え…??


俺がお茶のペットボトルを
彼女に見せると…


女)……


彼女はしばらく止まって…


女)もう拾い済みだったんですねー、ふふっ
隆)////


そんな柔らかい笑い声に
俺の胸はまた、高鳴ってしまう。


隆)すみません、なんか…///
女)いいえ……


彼女はニコッと笑うと
もう一度、椅子に腰掛けて…

まだここにいたい俺は
また、下手な芝居を打った。


隆)の、喉渇いちゃって…///
  ここで飲んでもいいですか…?


彼女の返事が怖くて
それを待たずに

強引に向かいの椅子に、腰掛けた。


隆)あーーー喉渇いたなっ////


ゴクゴクと、無理矢理お茶を流し込んで
彼女の視線が自分に向いてるかなんて
わからないのに

LIVEで5万人に見られてるよりも緊張する。


なんだこれ。


女)ふふっ…すごい勢い…w


ペットボトルを口から離して
顔を正面に戻すと

彼女は俺を見て微笑んでいた。


隆)////


ドキドキ…
ドキドキ…


一体君は何者なの…?

何歳なの?

このへんに住んでるの?

俺のことは、知らなそうだよね?

暗いからわからないだけ?


隆)……あの…
女)はい…?
隆)////


ダメだ。

彼女の言葉の一つ一つが
ふわふわと柔らかくて

どぎまぎする。


隆)俺、怪しい奴じゃないんで…
  ちょっと話しかけてもいいですか?
女)……


聞いた瞬間、後悔した。
俺、めっっちゃ怪しい。


女)ふふっ、なんですかー?
隆)////


よかった。
返事してくれた。


隆)それ、何作ってるんですか…?
女)……


器用に指先を動かしながら
彼女がさっきから縫い付けてる、それ。


女)うちの子たちの、アップリケです。
隆)あ……っぷり…け、、
女)ふふふっ、そんな珍しいですかー?
隆)…っ


いや、俺が驚いたのは
「アップリケ」じゃなくて…

今、「うちの子たち」って、言った?


隆)……お子さんの…ですか?
女)はい…♡
隆)……


ガーーン……

……終わった。



また相手がいる人だった。
しかも子供までいる。

俺ってどこまで、ついてないんだろ…


女)来週、お遊戯会があるんですー♡
隆)へ、へぇ……


自分で話しかけたくせに
もう完全に上の空な返事。


女)楽しみだなぁ……♡
隆)……


もうその笑顔からは
子供が愛しくて仕方ないって
伝わってくる。


隆)大好き…なんですね……
女)え、…子供ですか?
隆)……はい。
女)大好きですよー♡
  私の宝物です♡
隆)……


きっと素敵なお母さんなんだろうな。


はぁ……


もう主婦だとわかれば怖いものはない。


別にどうこうなるわけないんだし
せっかく話しかけたんだから
開き直っていっぱい話しちゃえ!

もういいや!!


隆)いつもこのへんにいません?w
女)えっ!!


彼女が驚いて俺を見たから
俺は慌てて訂正する。


隆)いや、いつも物陰から覗いてたとか
  そんな怪しい話じゃなくて…w
女)…っ
隆)歌。
女)……う…た?
隆)そう。歌ってるでしょ。いつも。
女)…っ


開き直った俺は
自分でも気付かないうちに
馴れ馴れしくタメ口になってて…


隆)何の歌、歌ってるの…?
女)え、え、わからない…です…//
  すみません、ご近所迷惑でしたね!
  恥ずかしいー///
隆)…っ


そう言って彼女は手を止めて
自分の顔を隠してしまった。


隆)いや、全然迷惑とかじゃ…


むしろ、もっと聴きたくて仕方なかった。


女)きっと…
  こういう作業しながら
  無意識に口ずさんでたんだと思います///
隆)そうなんだ…
女)アニメとかの歌が…
  ほとんどだと思います///
隆)アニメ…?
女)あっ、あの…っ
  子供たちと一緒に歌うから…
隆)ああ……


わかっていても
彼女が母親なんだって思い知らされると
少し胸が痛む。


隆)なんでこんなとこで作業してんの?w
女)えっ…
隆)暗いでしょ。
女)いえ!そんなことは…
  手元が見えるくらいには
  十分明るいですよー♡
隆)……


そう言ってニコッと笑った彼女は
可愛かったけど


隆)普通に考えて危ないでしょ。
  こんな時間にこんなところで
  女の子一人って…
女)えっ、女の子?!
隆)えっ…


はっ!!
主婦相手に「女の子」って失礼なのか?!


隆)ごめん…//
女)あ、いえ…
  そんな風に心配されること…
  普段ないので…なんか…すいません//
隆)…っ


なんでだよ…
旦那が心配するじゃん!


隆)家でやればいいのに…
女)家よりここの方が集中できるんです。
隆)……


まさか…
夫婦仲があまり良くないとか…?


女)川の…水の流れる音が…
  すごく好きで…
隆)……


そう言って彼女はまたご機嫌な様子で
俺の知らない歌を奏でながら
器用に両手を動かしていく。


その細い指先や…華奢な手首。

ちょっと下がった目尻に
やりすぎ感のない、にんまりしたアヒル口。


彼女の歌声に耳を寄せながら
彼女のパーツパーツを
無言でマジマジと眺めてしまう。


ああ…俺…
すげぇ触りたい。

なんだろう、この感情。


ずっと探してた宝物が見つかって
触りたいのに触れない。
触りたいけど俺なんかの手で触りたくない。

自分でもよくわからない
なんだか不思議な感情で…


彼女に伸ばしたい自分の手を
ぎゅっと握って

声をかけた。


隆)ねぇ、やっぱり危ないって。
女)〜〜♪〜♫ ♬〜〜
隆)ちょ、聞いてる?
女)はっ!!


作業に夢中で
俺なんか眼中にない感じ。


隆)こんなところで一人は危ないって!
女)……大丈夫ですよーw
  今までも何もなかったですから。
隆)…っ


なんか…無防備で呑気な人だな。


隆)変な人いたらどうすんの?
女)変な人…?
隆)例えば俺が変質者とかだったら
  めっちゃ危ないじゃん!
  もう手遅れだよ?
女)…でも、怪しい人じゃないって…
隆)それはたまたま!!
女)…っ
隆)それに…自分は怪しくないって言って
  近付いてくる危険な人だって
  山ほどいるんだから!
女)……


そんなか弱そうなくせに
もっと警戒心持てよ…っ


女)でも…あなたは危険じゃない。
隆)…っ
女)私、子供じゃないから
  そういうのはわかりますよ…w


そう言って彼女は柔らかく笑った。


隆)だから…っ
  危険かどうかは判別できても
  力ずくで何かされたら
  どうにもできないでしょ!


なんで俺の話、通じねんだよ。
しかも彼女の危機察知能力だって
正直全然信用できない。


女)ふふ…っ
隆)え…?


笑うとこだった?


女)優しい方なんですね…


目尻を下げて
すごく優しい瞳で俺を見つめる彼女に…

俺はまた不覚にも、ドキドキしてしまう。


女)確かにもうこんな時間。
  そろそろ帰りますねー。


彼女が荷物をまとめ始めて…


隆)危ないから送る!


そう言った俺に、
また目尻を下げて…


女)自転車なんで大丈夫です。


そう言って笑って見せた。


隆)自転車??
女)そうですよーー


彼女は荷物をカゴに乗せると
こっちを振り向いてニッコリ笑った。


女)心配性の優しいおじさん…
  ありがとうございました♡
  おやすみなさい。
隆)…っ


そう言って彼女は
爽やかに夜の風を切って
俺を置いていってしまった。


隆)……


おじさん…?

俺、おじさんって言われた?


まぁもうすぐ30だし
おじさんじゃないとは言わないけど

でも…まだ20代なのに…
「おじさん」になんの…?


彼女の歳を判別できるほど
ハッキリ顔は見えなかったけど…

俺をおじさんって呼ぶほど
そんなに若くも見えなかったけど…


俺、おじさん…??



おじさんって言われたことが
ショックだったのか

彼女があっさりいなくなってしまったことが
ショックだったのか

はたまたようやく歌声の主を見つけられて
感動していたのか

それが自分とはどうにもならない
主婦だとわかって
やっぱりショックだったのか


色々パニックで自分でもわからないまま
俺はしばらくそこに一人で座っていた。







その夜__



思い出すのはもちろん、彼女のことばかり。


ずっと聴きたかった歌声。
すぐ向かいで聴いても、すごく綺麗だった。

話し声も、柔らかくて…
なんていうんだろ。

癒しヴォイス?


隆)……


なんかすごく大人っぽい子だったな。
落ち着いてるっていうか…


まぁ主婦なら当たり前か。


隆)はぁ……


顔は暗くて
そこまでハッキリ見えなかったけど
なんとなくタレ目なのはわかった。

目尻を下げて笑う姿は
ふにゃっと柔らかくて…

そう、なんか…綿あめみたい!!


笑った時、アヒル口になるのも
なんか可愛くて…


隆)……


でも、主婦。
子持ち。


そう何度、言い聞かせても
頭の中から消えていかない彼女。






次の日の夜。


もう一度彼女に会いたかった俺は
マネージャーに家まで送ってもらった後、
そのままその足で昨日の川沿いに向かった。


今日はいるかな…
何曜日に来てる、とか
法則性はあるのかな…


てゆーか
もし今日会えたら
やっぱり「おじさん」は訂正してもらおう!


そんなことを考えながら
俺の胸はまた、ドキドキ…ドキドキ…


……あ、聴こえてきた。


彼女の姿を見つけるよりも先に
俺の耳に飛び込んできた
澄んだ歌声。


ああ、今日もいるんだ。


緩みそうな口元を右手で隠して
俺は小屋に歩み寄った。


隆)……こんばんは。
女)…っ


彼女はびくっと肩を揺らして
俺を見つけて、昨日の男だと認識すると
安心したようにふにゃんと笑った。


女)昨日のおじさん……
隆)!!!


また言われた!!


女)こんばんはー♡
隆)……////


昨日よりも親しげな彼女の態度に
なんだかすごく、嬉しくなる。


隆)…昨日の…続き…?


さりげなく向かいに座って
彼女の手元を見ながら話しかけた。


女)そうですよーー
隆)なんか難しそう。
女)慣れたら簡単ですよ?
隆)そうかな…
女)おじさんがよっぽど
  ぶきっちょじゃない限りw
隆)……


またふにゃっと笑う彼女。


俺に心を開いてくれてるようで
嬉しい反面、

やっぱりその無防備さが
心配にもなる。


…てゆーか、
さっきから「おじさん」って…


隆)俺…、そんな老けて見える?
女)え…?


彼女が顔を上げて
目をパチパチさせた。


隆)「おじさん」……
女)ああ!…だって…
  名前知らないから…
隆)……
女)……


彼女の澄んだ瞳だけが
暗くてもハッキリとわかった。


隆)今市。


バカかな、俺。

自分から名乗るなんて。

でも…「おじさん」なんてやだし…


それに俺は
彼女の名前が知りたくて…


女)いまじさん?
隆)へ?!……今市!!
女)マーチさん?
隆)ぶっっww


なんでそこで外人になんの!!


隆)あはははっw


俺が笑うと、彼女は不思議そうに
首を傾げた。


女)マーチさん、笑うと怖くないですね♡
隆)え…っ


もしかして…


隆)俺、怖がられてたの!?
女)え…っ
隆)怖いおじさんだと思ってたの?!
女)……ふふっw
  そういうわけじゃないですけど…
隆)…っ


そう言って悪戯に笑う彼女も
なんだか可愛くてずるい。


女)だってこっちからだと…
  逆光で見えないんですもん…
隆)…っ


そう言われて後ろを振り向くと
確かに街灯は俺の背にあって

彼女から見れば
俺はただの黒いシルエットだったんだ。


女)暗いけどお髭は見えたんで
  おじさんなのかなーって。


全く悪気がなさそうに笑う彼女。

俺は立ち上がって場所を移動した。


女)?
隆)……


彼女の隣に座って、彼女の方を向く。


隆)(じーーーっ)
女)?!!////


彼女は慌てたように
俺から仰け反った。


女)ち、近いです!///
隆)……


それでも俺は、視線を外さない。


隆)これでもまだ、「おじさん」?
女)…っ


俺がそう聞くと
ゆっくり身体をこちら側に戻して
俺の顔を覗き込んでくる、小さな顔。


女)……
隆)……
女)おじさんって…失礼でした?
隆)いや、そう見えるなら。
女)えっと…よくわかりません…
隆)ふはっww


もういいやw


女)でももう名前わかったので
  マーチさんって呼びますね。
隆)いや!今市だから!!w
女)え??
隆)い・ま・い・ち!
女)いまいち……


俺は木の机に指で
「今市」って漢字でなぞった。


女)これでいまいちって読むんですね〜〜
隆)うん。こんしじゃないよ。
女)こ、こんし?!
  そんなのは候補にないですww
隆)だってよく間違われるんだから…
女)こんしって?!
隆)うん。
女)あはははっww
隆)////


彼女がこんな風に笑うところを
初めて見たけど…

普通に可愛い///


隆)そっちも教えてよ、名前。
女)あっ、そうですね!


彼女はアップリケを膝に置くと
自由になった右手で俺と同じように
木のテーブルになぞった。

その綺麗な指が綴ったのは…


隆)♧……?
♧)はいっ、正解です!
隆)いや、それしか読みようないでしょw
♧)あ、そっかw
隆)ふーーん……


俺は苗字じゃなくて
下の名前が知りたかったのに…

でもそれを言えば俺もフルネームで
名乗らないといけなくなりそうで…


隆)♧さん。
♧)はい。


俺が名前を呼ぶと、笑顔で返事してくれた。


隆)こんな帰り遅くて
  旦那さん、心配しないの?
♧)旦那さん???


彼女の瞳が大きく見開いた。


♧)旦那さんなんていないですよ?///
隆)え、いないの!?
♧)はい。
隆)…っ


まさか…
シングルマザーだったなんて…


隆)大変だね……
♧)えっ…心配してくれてるんですか…?
隆)…いや…、、
♧)私、そんな可哀想な感じに
  見えますか…?
隆)いや、ごめんっ!そういうわけじゃ…っ


俺、失礼だった?!

どういう理由で別れたかもわからないのに
「大変だね」なんて一言で…


隆)失礼なこと言ってごめん!
♧)ほんとですよ〜〜もうっ


そう言って彼女は頬を膨らませたけど
目は優しく笑ってて…


隆)////


はぁ…可愛いな…

可愛いっていうか…なんか癒される。

彼女の声に…

彼女が持つ、この独特の雰囲気に…


♧)でも確かにもうこんな時間ですね。
  そろそろ帰ろー。
隆)あ…っ


帰り支度を始める彼女に
余計なことを言ってしまったと、少し後悔。


隆)今日も…チャリなんだ…
♧)そうですよー♪
隆)ははっw


ドヤ顔でサドルに跨る彼女。


♧)じゃあ今市さん、おやすみなさい♪
隆)……おやすみ。


俺の名前を知っても
あの距離で顔を見ても

気付かないってことは
三代目を知らないんだな、うん。


それなら…フルネームを聞けばよかった。


♧さん。
下の名前はなんていうの…?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


彼女と会ったのは2回。


旦那がいないってわかって
少し罪悪感は薄れたけど
連絡先とか…聞いてもいいのかな…

てゆーか俺は
シングルマザーとどうなる気だ?


隆)はぁ……


別に今すぐどうこうなりたいとかじゃなくて

だからって別にそのうち
どうこうなりたいとかでもなくて

ただ、不思議と会いたくなる。


なんだろう…


まだ明るい場所では見てないけど
昨夜は至近距離で、彼女を見た。


彼女は別に
特別美人でもなければ
すごく可愛い顔をしてるわけでもない。

至って普通…、って言ったら失礼だけど
まぁ普通な感じで。


でも…
俺にとっては…なんていうか…
可愛いっていうか…
ドキドキさせられるっていうか…

彼女の仕草の一つ一つに
胸が高鳴るし


なんかとにかく、気になるんだ。


隆)はぁ……


……シングルマザーかぁ……



健)何回ため息つくねんw
隆)えっ!


俺、ため息ついてた??


健)どないしたんよ。
隆)……
健)……
隆)…彼女、できた?
健)いきなり俺の話かい!w
隆)うん。
健)ええ感じの子はおるけど
  一人やないから様子見。
隆)二股?
健)いや、三人。
隆)え、健ちゃん…黒いね。
健)別にまだ誰とも付き合うとらんわ!w
隆)何もしてないの?
健)そんなわけあるか。
隆)……はぁ…、黒いね。
健)まっくろくろすけで〜〜〜〜すww
隆)ふん。


そんなまっくろくろすけに比べて
俺の今の状態なんて

中学生かよって思うようなレベルで…


健)ええ感じの子、出来たん?
隆)……いやーー?
健)なんやねん、おらんのかい。
隆)……


だって…

まだ会ったのたった2回だもん。


隆)ねぇ健ちゃん。
健)んー?
隆)シングルマザーってどう思う?
健)はぁー?
隆)……


健ちゃんが俺の顔を覗いてきたから
俺は視線をずらして誤魔化した。


健)むっちゃ燃えるやん♡
隆)……は?
健)一人で苦労して子供育ててんねやろー?
隆)うん……
健)男と遊ぶ暇もなく…
  女の悦びも忘れて…
隆)いや…そのへんは知らないけど…
健)それをまた開花させてやりたく
  なるやーーん?♡
隆)……


うーん…なんか違う。


隆)もういいや。
健)はー?!!
隆)健ちゃんじゃなかった。
健)何がやねん!!
  失礼なやっちゃな!!!
隆)ふぅ。


あの子は…そういうんじゃなくて…
俺の中ではもっと…

そう、聖域。

……みたいな感じ。


馬鹿にされそうだから言わないけど。




ー続ー

スポンサーリンク

コメントを残す