[277]優しい秘密

スポンサーリンク

臣)♡ーーーー
♡)……
臣)♡ーーーー
♡)……
 
 
臣くんが私を呼んでる。
 
どうしたのかな。
なんか甘えた声だな。
 
 
臣)♡ーーーー
  起きてんのわかってんだぞーーー
♡)……
 
 
まだ眠たい朝。
 
ベッドの中で臣くんにしがみついて
目を閉じてる私。
 
 
臣)♡ーーーー
 
 
あ、また声が一段と甘くなった。
 
 
臣)……ん♡
♡)……
 
 
やっぱり…。
 
胸元に忍び込んできた臣くんの手。
 
 
臣)……はぁ♡
 
 
なんだか幸せそうだから
知らないフリしてもう少し寝たい。
 
……って、思ったのに…
 
 
臣)ん……♡
 
 
耳たぶをカプッてされて…
 
うなじにチュッてされて…
 
 
そのまま…いろいろ……、、、
 
 
♡)……んもぅ…っ///
 
 
くるっと振り返ったら、
ニヤニヤ臣くんが嬉しそうに
私のおでこにキスをした。
 
 
臣)……しよ♡
♡)……///
 
 
いいよ、なんて言ってないのに
臣くんはあっという間に……。
 
 
♡)……あ、ん…っ
 
 
何も着てなかった私たちは
とっくに同じ体温で…。
 
 
♡)……ん、んっ…///
 
 
溶け合うのが当たり前かのように
一つに繋がる身体。
 
 
臣)……はぁ、朝からやべぇ…///
♡)……///
臣)ほんと好き…。
♡)……Hが…?
臣)なんでだよ!w
  お前が、だろ!
♡)……えへへ///
臣)お仕置き。
♡)え、ちょっ!待って…っ、やっ///
 
 
甘いぬくもりに
二人でたっぷり溶け込んだら
 
 
真っ白なシーツの上。
 
 
何も考えられなくなって
また眠くなっちゃうの。
 
 
臣)♡ーーーー
♡)……
臣)♡ーーーー
♡)……
 
 
……あれ。
 
また臣くんが私を呼んでる。
 
どうしたのかな。
 
 
臣)♡ーーーー
  そろそろ起きないと。
♡)……
 
 
やだ。
 
動きたくないもん。
 
 
臣)朝だぞーーー
♡)……
臣)遅刻するぞーーー
♡)……
臣)朝からこんなんにしてごめんな?w
♡)……
 
 
臣くんは私の前髪を
指先で優しくよけながら
またおでこにチュッて、キスをくれた。
 
 
♡)ん…ぅ……
臣)起きれるか?
♡)……やだぁ。
臣)え。
♡)まだぎゅってしててぇ……
臣)……///
♡)ぎゅぅ……
臣)ん、///
 
 
はぁ…気持ちぃなぁ…
裸でくっついてると安心する。
 
 
♡)もっと…して…
臣)え?!///
♡)ん、もっと……
臣)も、もっかい!?///
 
 
ん…?
 
 
臣)……わかった///
 
 
ん…?
 
 
♡)…っ
 
 
ちょ、ちょ、ちょっ
 
 
♡)ちょっと待って!!
臣)えっ
♡)////
 
 
臣くんの手を慌てて止めた。
 
 
♡)何…してるの…?///
臣)もっかいしたいんでしょ…?
♡)……違います。
臣)そう言ったじゃん!
♡)もっとぎゅってしてって意味だもん!///
臣)はぁ?わかりづれぇよ!
♡)わかるでしょ!
  朝から2回するわけないでしょ///
臣)わかんねぇよ!
  いいじゃん!何回したって!
  あったまきた。こうしてやる。
♡)わっ!きゃっ!///
臣)うりゃ〜〜〜〜!!
♡)きゃはははっw
  やめて!くすぐったい〜!
臣)俺を弄んだ罰だ。
♡)弄んでない〜〜〜!!
 
 
ベッドの中で、二人じゃれ合って。
 
クスクス笑いながら
そろそろ起きようかって
それぞれガウンを羽織った。
 
 
♡)……なんか…さみしいな。
臣)何が??
♡)……
 
 
さっきまで裸でくっついてたのに
ガウンを羽織っちゃったら
ぎゅってしても布が邪魔する。
 
 
ほら。
 
 
♡)邪魔でしょ?これ…。
臣)……
 
 
抱きついて、ガウンをヒラヒラして見せたら
 
 
臣)なんなのお前。
  ほんと可愛いなもう///
 
 
臣くんが二人のガウンをほどいて
もう一回ぎゅってしてくれた。
 
 
♡)えへへ…///
 
 
肌と肌がくっついて気持ちいい。
 
 
臣)さっきいっぱいぎゅってしたのに。
  まーだ足りないのー?w
♡)うん♡
臣)しょーがねぇな〜〜w
♡)大好き♡
臣)ん?
♡)臣くん大好き♡
臣)……はいはい///
 
 
どんなにぎゅってしても
離れる時はやっぱりさみしくて。
 
名残惜しくガウンの紐を結んだら
 
 
チュッ。
 
 
臣くんが今度はほっぺにキスをくれた。
 
 
 
……
 
 
 

 
 
 
臣)あ、今日だっけ?お食事会。
♡)うん!そうだよー♪
臣)どこでやんの?
♡)六本木の和食屋さんだよ。
臣)へ〜〜〜
 
 
二人で向かい合うダイニング。
臣くんは朝からパックパク食べてる。
 
 
臣)美花って兄弟いんの?
♡)うん、お兄ちゃんと妹がいるんだってー
臣)へ〜〜〜
 
 
今日は仕事が終わったら
瞬と美花ちゃんのお食事会。
 
両家の顔合わせなんだけど、
そこまで堅苦しい感じじゃなくて
みんなで一緒にご飯食べよう〜〜
みたいな感じなんだって。
 
 
♡)美花ちゃんの家族に会うの
  楽しみだなー♡
臣)……兄ちゃんって結婚してんの?
♡)え、知らないよ。
臣)……気を付けろよ?
♡)何に??
臣)狙われないように。
♡)え〜〜〜!
  そんなことあるわけないでしょ、もう。
臣)そんなことあるから言ってんの。
♡)臣くんは心配性なんだから…
臣)俺の心配を上回るくらいモテるのは
  どこの誰ですかーー
♡)……
臣)もし変な男だったら急所蹴れよ。
♡)そんなこと出来るわけないでしょ!w
 
 
もう、臣くんってば。
 
 
♡)美花ちゃんのお兄ちゃんなんだから
  きっといい人だよ♡
臣)美花ってレイコさんにはもう
  会ったのかな?
♡)うん、この間会ったみたい。
  瞬が言ってた。
臣)どうだったんだろw
♡)最初緊張してたみたいだけど、
  最後は仲良く話してたみたいだよー♡
  ママも美花ちゃんのこと
  明るくていい子だねって。
臣)おお!よかったな〜〜〜w
♡)うん♡
 
 
それから臣くんに
行ってらっしゃいのチューをしてもらって
私は会社に向かった。
 
 
今日は午前中はいつもの仕事じゃなくて…
来年度の企業PRのムービー撮影。
 
 
♡)おはようございます♡
  よろしくお願いします♡
 
 
広報部の人たちがもう準備をしてくれてて…
私は流れを確認して、スタンバイ。
 
 
社)おはようございます。
  良かったですね、天気が良くて。
♡)あ、社長!おはようございます!♡
男)社長どうしたんですか、わざわざ。
社)無理に♡くんに頼んだから
  ちょっと覗きに来てみましたよw
女)あはははw
社)孫も見たいって言うんでね。
孫)お姉ちゃーーん!♡
♡)あ!♡ちゃん!!
 
 
可愛いリボンをつけた♡ちゃんが
私めがけて走って来た。
 
 
♡)久しぶりだねぇ♡
孫)お姉ちゃんに会いたかったよぉー!
♡)きゃー♡ 可愛い〜♡
孫)今日ねっ、お姉ちゃんの撮影だって聞いて
  ♡も来ちゃったのーー!
♡)ふふふ、ありがとう♡
孫)あのねっ、♡ねっ、
  お姉ちゃんの雑誌ぜ〜〜んぶ見てるよ!
♡)わぁ!本当?嬉しい!
孫)お姉ちゃんのページだけ切り取ってるの!
♡)ええっ!
社)♡はすっかり♡くんのオタクみたいに
  なってるんですよ。
  ふぉっふぉっふぉw
♡)あははは♡
 
 
それからすぐにカメラテストが始まって
何度かセリフを練習して。
 
撮影中、♡ちゃんがニコニコしながら
見守ってくれてるのがすごく可愛くて
ほっこりしちゃう♡
 
 
男)やっぱ姫は撮られ慣れてるなぁ。
  全部一発OK。助かります。
♡)いえいえ!
女)社長!姫に頼んで大正解ですよ。
社)ふぉっふぉっふぉw
  これで入社希望者が増えると
  いいですねぇ♪
男)すっげぇ増えそう…w
  今でも十分多いのに…w
社)人材は社の宝ですからね。
  少しでも多くの人が集まってくれれば
  何よりです。
女)それだけ厳選できますもんね。
♡)お疲れさまでした!
  ありがとうございました♡
 
 
撮影を終えるとちょうどお昼の時間で
私は社長と♡ちゃんと3人で
ランチに出かけた。
 
 
孫)お姉ちゃん今日も可愛かったなぁ♡
♡)ありがとう///
孫)♡ねっ、お姉ちゃんみたいになりたい♡
♡)え?
孫)いっつも可愛くって素敵だもん♡
  ♡もそんな風になって
  博くんの心をずっとつかまえておくのー♡
 
 
♡ちゃん…
まだ博くんとラブラブなんだぁ…。
社長が困ったように笑ってるw
 
 
孫)ねっ、ねっ、お姉ちゃん!
  臣くんは元気?!
 
 
チャイルドランチについてるブロッコリーに
勢いよくフォークを刺して
♡ちゃんが私を見た。
 
 
♡)うん、元気だよ♡
孫)はぁ…会いたいなぁ…
社)登坂くんは忙しいんだよw
孫)そっかぁ…。
♡)臣くんも♡ちゃんに会いたがってたよ♡
孫)えっ!ほんとぉ!?
♡)うんw
孫)会いたい会いたい会いたいぃぃぃ!!
社)こらこらw
♡)じゃあ今度一緒に遊ぼっか♡
孫)うんっっ!!!
 
 
♡ちゃんは今日一番の元気な返事。
 
 
孫)絶対だよ!約束だよ!!
♡)うん♡
 
 
嬉しそうに笑う♡ちゃんと
指切りげんまんをして。
 
 
♡)社長、ありがとうございます!
  ごちそうさまでした♡
社)こちらこそありがとう。
孫)お姉ちゃん、またねっ!
♡)うん、またね♡
 
 
元気に手を振る♡ちゃんとロビーで別れて
私はオフィスに戻って来た。
 
 
M)あ、先輩!お疲れさまですー!
K)お、おはよ。
  撮影終わったの?
♡)うん!
 
 
よーし!
朝いなかった分、急いで仕事やっちゃうぞー!
 
 
って、気合いを入れて
パソコンをカタカタしてたら
 
あっという間に夕方で。
 
 
♡)ふぅ…。
 
 
目が疲れちゃった。
 
 
♡)お茶淹れてこようかな…。
  飲みたい人ーー!
皆)はーい!!
♡)全員だw
蒼)って、冗談ですw
  僕が入れてきますよ。
♡)え、いいよ!
蒼)先輩に入れさせるわけには。
♡)一緒にやっちゃうからいいよ。
  大丈夫!
 
 
こういうところは
ちゃんとしてるんだけどなぁ、蒼くん。
 
 
海)じゃあ私一緒に行きます!
  カップそんないっぱい持てないから。
♡)じゃあお願い♡
 
 
海璃ちゃんと二人で席を立って
お茶っ葉をいくつか持って
給湯室に向かった。
 
 
女)あれ、二人分足りないじゃん。
女)あーほんとだ。どうしよ。
♡)あ。
 
 
先客がいた。
営業の女子たち。
 
一人はこの間リレーで一緒だった子。
 
 
♡)良かったらこのお茶っ葉どうぞ。
女)は?
♡)いっぱいあるので。
女)…っ
 
 
足りないって言ってるから
おすそ分けしようと思ったんだけど
すごく嫌そうな顔されちゃった…。
 
 
女)別にいら…
女)もらっとこうよ。
女)…っ
女)ありがと。
♡)えへへ、はい♡
 
 
リレーの子が受け取ってくれた♡
 
 
T)うわ。なんかすげぇ混んでる。
♡)あ、Tくん。
 
 
Tくんが来ると
営業の子たちはすぐに出て行った。
 
 
海)お疲れさまです!
T)お疲れ〜〜〜
  タイミングいいじゃん俺のも入れて〜w
海)は、はいっ!ただいま!///
 
 
Tくんがスッと海璃ちゃんの横に立ったから
私はそーっと後ろに下がった。
 
 
海)ど、どれがいいですか?//
T)んー?美味しいやつ。
海)♡さん!どれが美味しいでしょうか!///
 
 
なんだかテンパり気味の海璃ちゃんが
慌てたように振り返ってきた。
 
 
♡)全部美味しいよぉ♡
海)だそうです!///
T)えーーー迷うなぁ。
 
 
あ、そうか。
Tくんの距離が近いんだ。
海璃ちゃんと肩と肩がくっついてて。
 
海璃ちゃんは落ち着かない手元で
お茶を入れてあげてる。
 
 
T)なぁ、今日何食うー?
 
 
きゃーーー
何そのカップルみたいな会話ーー!♡
 
 
T)この間TVで見たさぁ、
海)あのっ、今日は…
T)ん?
海)私、予定が…
T)あ、そうだっけ?
海)昨夜…言いましたょ…///
T)うっそ。聞いてなかった、ごめんw
 
 
きゃーーー
やっぱりカップルみたいな会話ーー!♡
 
 
T)怒ってんの?ごめんってw
海)おこおこおこってないです!///
 
 
Tくんが海璃ちゃんの顔を覗きこんで
頭をポンポンしたりするから
海璃ちゃんは耳まで真っ赤になってる。
 
 
♡)……
 
 
こんなにわかりやすくて可愛いのに
Tくんはやっぱり気付かないのかな…
 
ほんとに鈍いなぁ…。
 
 
T)じゃあ今日は久々に一人飯かぁ。
海)ごめんなさい。
T)いつも一緒に食ってるから
  一人だと寂しいんだけどw
海)////
 
 
Tくんってば!
彼氏みたい!彼氏みたい!
 
もうっ!海璃ちゃん!!
予定なんてキャンセルして
Tくんと一緒に食べればいいのにーー!!
 
 
T)さんきゅー。じゃ。
海)はい…///
 
 
Tくんはカップを受け取ると
ニコッと笑って出て行った。
 
 
♡)むふふふ♡
海)……なんですか///
♡)カップルみたいだなぁって♡
海)……全然です。
♡)ええっ!
 
 
普通に知らない人が見たら
絶対カップルだよ?!
 
 
海)Tさんは私のこと…
  妹みたいにしか思ってませんから…。
♡)……。
 
 
そうなのかなぁ。
 
そう思ってても
ある日気が付いたら…
みたいなことにはならないのかなぁ。
 
 
♡)今日何か大事な用事あるの?
海)あ、はい。
♡)そっかぁ。
海)ほんとは…
  Tさんと食べたかったんですけど…///
  今日は両家顔合わせで。
♡)両家?
海)お姉ちゃんが結婚するんです。
♡)わぁ!おめでとう!
海)それで相手のご家族とお食事会が。
♡)そっかぁ。それは外せないね。
  てゆーか私も今日お食事会なの!
海)え?
♡)弟が結婚するんだー。
海)瞬さんですか?おめでとうございます!
♡)へへへ、ありがとう♡
  同じ日にお食事会なんて
  なんかおめでたいね♡
海)あははは♡
 
 
それからデスクに戻って
お茶を飲んで一息したら、
またパソコンをカタカタカタ!
 
 
♡)よしっ!時間通り。
  お先に失礼しまーす!
K)おおっ早いな!お疲れーー
女)お疲れさまーー
課)お疲れーー
 
 
仕事を全部片付けて、定時に会社を出て。
 
電車に乗って
Google Mapを見ながら
なんとか約束のお店に辿り着いたら
私が一番乗りだった。
 
 
店)こちらでございます。
♡)ありがとうございます♡
 
 
中に一歩足を踏み入れて、ふと思った。
どこに座ろう??
 
こっちが下座だから…ええと…
どっちの家族が上座下座とかあるのかな?
 
えーん!わかんないよぉー!
 
 
♡)よし、調べよう。
 
 
「両家顔合わせ…、席順…」
 
 
兄)あれ。
♡)わっ。
兄)ああ、すみません。
♡)…っ
 
 
後ろから入って来たのは…
美花ちゃんのお兄ちゃんかな?
 
 
♡)すみません、立ったままで…
兄)いえ。
♡)あの…、
 
 
そう言って、顔を見た瞬間…
その人が目を見開いて、私を見た。
 
 
兄)…っ
♡)……?
 
 
なんだろう。
私の顔に何かついてるかな?!
 
 
♡)あの…、
兄)瞬くんの…お姉さん?
♡)あ、はい!ご挨拶遅れました!
  ♡と申し…
兄)どっかで会ったことない?
♡)えっ…
 
 
うそ!
初めましてじゃないの?!
 
どこかで会ってて忘れてるとしたら
私とても失礼なんじゃ…
 
 
♡)ええと…
 
 
でも思い出せない。
どうしよう!
 
 
兄)俺、海斗です。
♡)……はい。
兄)…「海斗」って書いて、海斗!
♡)はい…。
 
 
壁に漢字を指でなぞってくれたけど、
やっぱりわからない。
 
 
♡)……海斗…さん…
  海斗…くん……
 
 
呼んでみても、しっくりこない。
 
 
兄)海斗くんで!///
♡)えっ…
 
 
そう呼んで、ってことかな?
 
 
♡)ええと、海斗くん…
兄)うん///
♡)どこで…会ってましたか?
兄)わかんない。
♡)ええ?!
 
 
覚えてるんじゃないの!?
 
 
兄)わかんないけど、
  会ったことある気がして。
♡)……
兄)こんなビビッと来たの、俺初めて。
♡)……
 
 
どうしよう。
私、まったくわからない。
 
 
兄)名前…もっかい聞いていい?
♡)あ、♡です。
兄)♡ちゃん…
♡)はい。
兄)可愛い名前だね///
♡)……
兄)……///
♡)……
レ)何見つめ合ってんの。
♡)わぁぁ!!
 
 
いきなり後ろからヌッと現れたママに
びっくりして
変な声出しちゃった。
 
 
美)え、見つめ合ってたの?
  何してんのお兄ちゃん。
兄)いや、ええと…///
瞬)姉ちゃん一番だったの?
  なんで立ってんの?
♡)ええと…
  どこに座ったらいいかわかんなくて…
瞬)そーゆー堅苦しいのじゃないって
  言ったじゃん!w
美)好きなところに座ってください!
♡)はい…。
 
 
そう言われて
一番下座に小さく座ると
海斗くんが向かいに座って…
 
じーーーーっと、感じる視線。
 
 
美)ちょっとお兄ちゃんなんなの!
  ♡さんのこと見すぎなんだけど!
兄)いや、ええと…///
  なんかどこかで会ったことある気が…
美)やだ!変なナンパみたいなセリフ!
レ)ぶははは!w
美)恥ずかしいからやめてよ!
兄)うん、ごめん。
  でも可愛いから普通に見ちゃう。
♡)えっ
美)やだもぉ〜〜〜!!
  そりゃ♡さんは可愛いよ!
  もうお姫様みたいに可愛いよ!
  美花でも見とれちゃうよ!
  でも初対面でそーゆーの
  恥ずかしいからやめてよぉーー!
 
 
ママと瞬は笑ってて、
美花ちゃんは海斗くんの腕を
バシバシ叩いてる。
 
 
美)そういえばお兄ちゃん、
  名乗ってなくない?
兄)え?
美)レイコママ、ごめんなさい。
  兄の海斗です。
兄)あ、ご挨拶遅れました!すみません!
レ)カイト…?
兄)はい。
レ)……
瞬)妹はまだ?
美)あの子、究極の方向音痴だからなーー
  迷ってるのかも。
瞬)マジで?姉ちゃんみてぇ。
♡)ちょっとぉ!
瞬)だって方向音痴じゃん!
♡)そうだけど…
美)お父さんとお母さんは
  車が混んでて少し遅れるって。
  ごめんなさい。
レ)全然いいよ。
兄)……
♡)……
 
 
どうしよう。
向かいからの視線が痛い。
 
 
でも。
それよりさっきから気になってるのは…
 
 
♡)ねぇ。
瞬)ん?
♡)なんで瞬も美花ちゃんも
  そんなに目が腫れてるの?
 
 
まぶたがパンパンで。
泣きはらしたような目をしてる。
 
喧嘩かな?って思ったけど、
全然二人、仲良しだし…
 
 
♡)あれ。
 
 
よく見たら、ママもちょっと目が赤いかも。
 
 
瞬)これはねぇ、レイコのせい。
♡)えっ
 
 
ママと喧嘩したの?!
 
 
美)ダメだ…思い出したら
  美花また泣きそう…っ
瞬)おいおいおい!w
美)だってぇ〜〜〜
レ)これ以上泣いたらブスんなるよ。
美)レイコママのせいだもん…っ
レ)ははははw
瞬)ほんとなんで今日なんだよ、もうw
  てかお前が泣くから
  俺まで泣きそうになんじゃん!やめろ!
美)そんなこと言ったってぇ!
♡)……
 
 
全然話が見えないけど、
喧嘩とかではないみたい。
 
 
瞬)姉ちゃんもそのうちわかるよ。
♡)え?
瞬)結婚する時に。
♡)……
 
 
結婚前になると泣きたくなるのかな…?
 
 
瞬)すげぇプレゼントがあるから。
♡)プレゼント…?
 
 
誰から???
 
 
レ)しゅーんーー
瞬)はいはい、w
 
 
ママが瞬を口止めするように笑った。
 
 
♡)なぁに?
レ)なんでもないよ。
♡)気になる!
瞬)だからそのうちわかるって。
♡)ママからのプレゼント?
レ)秘密。
♡)え〜〜〜〜!!
 
 
すっごく気になる!!
 
 
兄)あ、LINE来た。
  やっぱりあいつ迷ってるわ。
美)ええっ!
兄)迎えに行ってくる。
美)うん、お願い。
 
 
それからしばらくすると、
廊下をバタバタ歩いてくる足音が聞こえて…
 
 
海)遅くなってすみません!///
♡)えっ
海)えっ
瞬)えっ
 
 
私と、海璃ちゃんと、瞬と。
 
お互いがお互いをそれぞれ見て、「?」顔。
 
 
♡)海璃ちゃん…なんで…
 
 
はっ!もしかして!
海璃ちゃんも今日お食事会って言ってたから
同じ店なのかな?!
 
 
♡)部屋間違えてるよ海璃ちゃん!
海)わわわっ!ごめんなさい!!
美)え?
海)え?あっ!お姉ちゃん!
  あれ?部屋合ってる?え…?
♡)え?
瞬)え、海璃ちゃん…だよね?
美)なんで二人とも海璃のこと知ってんの…?
海)♡さん…、と…瞬さん……
 
 
海璃ちゃんは不思議そうに私と瞬を見てて、
私も頭がパニック。
 
あ、海璃ちゃんの後ろに海斗くんがいる。
 
海斗くんが連れて来たのが…
海璃ちゃん??
 
 
美)海璃、瞬ちゃんのこと知ってるの?
瞬)姉ちゃんの…誕生会、来てたよ。
美)えええっ!!
瞬)姉ちゃんの会社の子。
美)えええっ!!
海)瞬さんが…お姉ちゃんの…彼氏なの…?
美)何それ!うそっ!
  早く教えてよ!!
瞬)俺も今知ったんだって!!w
♡)……
 
 
私たちはしばらくきょとーーんとして、
もうとにかくびっくりして。
 
こんなことあるんだね、って皆で笑った。
 
 
瞬)世間狭すぎでしょw
海)名前聞いとけば
  ピンと来たかもしれないのに…
美)美花、「瞬ちゃん」って
  言ってなかったっけ?
海)聞いてないよぉ!
♡)ほんとすごい偶然…
 
 
今日給湯室で海璃ちゃんと笑ってたのが
嘘みたい。
 
まさか同じお食事会だったなんて。
 
こんなビッグニュース、
帰ったらすぐ臣くんに報告しなくっちゃ!!
 
 
レ)カイリ…っていうの?名前。
海)はいっ!
  先日はご挨拶もできずすみませんでした。
瞬)いやいや、あの誕生会めっちゃ人いたしw
美)まさか海璃がそのすんごい誕生会に
  ちゃっかり出席してたなんて…
海)うん、豪華だった///
美)ずるすぎる!!許さん!!
海)きゃーー!やめて、やだー!
 
 
美花ちゃんが海璃ちゃんの首を絞めてて
二人で笑ってて。
 
ほんとに姉妹なんだなぁ…
なんて、眺めてたら。
 
ママは隣で海璃ちゃんをじーっと見てる。
 
 
♡)どしたの?
レ)んー…、いや。
 
 
何か考えてるような顔をしてるママと
向かいからの視線が気になりつつ
お店の人が持って来てくれたおしぼりで
手を拭いた。
 
 
美)先に飲み物頼んどこうか。
兄)あ、父さんたち着いたってよ。
美)ほんと?
兄)うん。LINE来た。
美)じゃあ待ってようか。
レ)……あのさ。
兄)はい?
レ)お父さんとお母さんの名前って…
兄)名前??
♡)……
 
 
どうしてそんなこと聞くのかな、って
ママの顔を見たら…
 
部屋の扉が開いて…
 
 
父)遅くなってすみません。
母)ごめんなさいね。
 
 
入って来た美花ちゃんのご両親を見て、
ママは固まった。
 
 
レ)……う…そ……、
 
 
ママの反応を見て、
もう一度ご両親を見たら…
 
 
母)…っ、……嘘でしょ…?
父)まさか……、
 
 
二人も口を開けて、固まってる。
 
 
 
 
 
ー続ー

スポンサーリンク

コメント

  1. *** より:

    キャー!↑↑
    やっぱりレイコさんのストーリーに出てきたあのお二人なんですね!
    マイコさん凄すぎます!

  2. のんのん より:

    きゃーー♡
    鳥肌が止まんないんですけど!笑
    素敵だな…♡

  3. みぃ より:

    朝からドキドキ
    マイコさんにとって、実り豊かな1年になります様に…♪
    今年も楽しく読ませて頂きます^^

    • マイコ より:

      みぃさんありがとうございます(っ≧ω≦)っ
      今年もどうぞよろしくですー!!♡♡

  4. さゆがん より:

    あーーーほらやっぱり♡
    マイコさんの伏線の張り方も回収の仕方も
    すばらしすぎます。゚(゚´ω`゚)゚。
    この世の中狭いねパターンで
    我が家と三代目の誰かしらも繋がってほしい。。笑笑

  5. あやらん より:

    はっはーん・・・これはこれは、レイコさんストーリーのあの二人ですかな(*Ü*)

  6. きよママ より:

    キャーーー❤
    ドキドキする‼
    初コメントです(^_^)
    いつも楽しみに読ませてもらってます☆

    • マイコ より:

      きよママさんヾ(≧∇≦)ノ”初コメありがとうございます!嬉しい♡♡
      どうぞこれからも読んでやってください〜〜♡♡

コメントを残す