[258]無意識のキュン(岩&◇Side)

スポンサーリンク

◇)んっ、ダメ!…剛典…っ!///
 
 
アルコール混じりの甘いキスは
それだけで理性を溶かしていってしまう。
 
 
◇)…あ、…だ…め、っ
 
 
あたしの言葉なんて耳に届いてないのか
熱い瞳に愛おしそうに見つめられて…
 
あたしの身体と頭が必死に戦ってる。
 
 
このまま流されたいって思ってる身体と、
他人様の家で絶対ダメ!って思ってる頭。
 
 
臣さんはあっという間に♡ちゃんを抱いて
寝室に消えちゃって。
 
臣さんの許可をもらった剛典も
あっという間にあたしを抱き上げて
客間のドアを閉めた。
 
 
そして…
 
 
岩)好きだよ…
◇)////
 
 
ベッドの上で始まった攻防戦。
 
 
◇)ね、ほんとダメだってば…
  帰ろ…?
岩)ん……、
◇)あっ、///
岩)◇……、すげぇ可愛い、ほんと。
◇)////
 
 
ダメ、絶対ダメ!!
 
 
◇)ここじゃ出来ないから帰ろ…?///
岩)待てない。
◇)あっ!…んんっ///
 
 
ダメ、このままじゃ…
 
 
◇)や、っ剛典!……あっ///
 
 
必死に抵抗しても、力じゃ敵わない上に
あたしの身体も
言うことをきかなくなってきて…
 
 
岩)ほら、おとなしく感じてて…
◇)////
 
 
そうしたいのはやまやまなんだけど…
 
 
◇)あっ、!…ん、ん…っ///
 
 
ダメ、ほんとこれ以上は…
 
 
◇)や…、ぁっっ///
 
 
勝手に反応してしまう身体。
 
 
……もう……、もう……
 
いっそ…このまま……
 
 
……って、思いかけたけど、
 
 
◇)やっぱりダメーー!!///
 
 
必死に理性を呼び戻して、
剛典の下から逃げ出した。
 
 
◇)帰るよ!///
岩)無理!今すぐしたい!!
◇)////
 
 
そんなの…あたしも一緒だもん…
 
ここまでされたら足に力が入らなくて
立つのもやっとなのに…///
 
 
◇)ここはね?他人様のおうちなの。
岩)いいじゃん!!
◇)ダメ!!///
 
 
急いで浴衣を仮留めして部屋を出ると
臣さんと♡ちゃんは寝室から出て来てなくて…
 
 
岩)ぜってぇヤッてる!
  今絶対真っ最中!!
◇)うるさい!帰るよ!///
 
 
酔っ払って収拾つかなくなってる剛典を連れて
なんとかタクシーに乗り込んだけど…
 
 
◇)!!!
 
 
今度は車内であれこれしてくる、ど変態。
 
 
◇(ちょっと!!///)
岩(シッ、)
 
 
シッ、じゃねーよ!あほ!!///
 
 
◇(あ、っ…)
岩(……いい…?)
◇(////)
 
 
いいわけねーだろ!あほ!!///
 
 
岩(声、我慢して……)
 
 
そんなとんでもない囁きに…
 
 
◇)だーーーーー!!!!///
 
 
絶叫して誤魔化した。
 
 
運)どうしました!お客様!
◇)すみません、なんかむしゃくしゃして。
運)ええ?!!
 
 
って、これでやり過ごせたと思ったのに
また浴衣の中に入ってこようとする
ど変態の手。
 
 
◇)いい加減にして!!///
運)はい!?
◇)あ、いえ、なんでも。
 
 
もぉっ!!!
 
 
◇)すみませんでした、
  ありがとうございます。
 
 
やっと家について車を降りたと思ったら…
 
 
◇)や、んんっ!///
 
 
今度はエレベーターの中で
浴衣を脱がそうとしてくる剛典。
 
なんとか抵抗して、家のドアを開けたら…
 
もう……。
 
 
◇)待って!!///
 
 
待ってくれないことはわかってるけど…
 
 
岩)ごめん、ほんともう無理。
 
 
そうだよね。
 
 
岩)ほら。
◇)////
 
 
こんなにずっと我慢してたの?
 
 
岩)張ちきれそう…
◇)////
 
 
あっという間にはだけていく浴衣。
 
 
◇)あたしも…もう無理……
岩)え?
◇)我慢してたのは剛典だけじゃ
  ないんだから…///
岩)////
 
 
ぎゅっとしがみついたら、
ふわっと持ち上げられた身体。
 
 
岩)もう、いい?///
◇)……早く、///
 
 
欲しくて欲しくて
仕方なくなってる、お互いの身体。
 
どうしようもないこの熱を
早くひとつに溶け合わせよう?
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
臣さんちで寸止めされて爆発寸前だったのは
俺だけじゃなかったみたい。
 
 
極限まで昂ぶってた身体で
玄関でめちゃくちゃに抱き合った俺たちは
それでもおさまらない熱を
今度はソファーの上でぶつけ合った。
 
 
◇)はぁ、は…ぁっ、剛典…っ///
 
 
酒のせいなのか、浴衣のせいなのか。
 
 
いつもより激しく俺を求めてくれる◇に
俺の興奮は高まるばかりで
全く終わりが見えない。
 
 
……ほんと、気持ち良すぎて…
 
 
岩)マジでやべぇ……
 
 
◇の身体が心配になるけど
俺の身体ももうどうにもならなくて。
 
◇を抱き上げてベッドに運んだら…
 
 
◇)剛典、どうしよう…///
  なんか、身体が…へんなの…///
 
 
◇が可愛く俺にしがみついてきて。
 
 
◇)もっと…して…?お願い…///
岩)////
 
 
3回戦突入を少しためらってた俺に
これ以上ない、言葉。
 
 
岩)どうなっても知らねぇよ?
◇)……(こくん)///
岩)////
 
 
俺のことが欲しくて仕方なさそうに
甘く潤む、可愛い瞳。
 
 
◇のことが欲しくて仕方ない俺は
迷わずそこへ飛び込んだ。
 
 
ああ、もう……
 
……俺、ほんとダメ…。
 
離れらんない。
 
 
なんだっけ、これ……
 
性欲じゃなくて…
 
 
……そう、◇欲だ。
 
 
すげぇなぁ……マジで。
 
溺れてるよなぁ……俺。
 
 
ああ……ほんとに……
 
 
 
……
 
 
 

 
 
 
◇)剛典……、///
 
 
ん…?
 
 
◇)離して…。
 
 
ん…?
 
 
◇)起きれないから離して、///
 
 
ん…?
 
 
ゆっくり目を開けると
困ったように眉を下げた◇と目が合った。
 
 
岩)……あ。
 
 
なんか、もう。
俺ががんじがらめに抱きしめてたから、
動けなかったみたい、この子。
 
 
岩)起きんの…?
◇)……うん。
岩)…もうちょい……
◇)え…?
岩)ここいろよ…。
◇)…っ
 
 
なんかまだ、離したくない。
 
 
◇)お弁当…作らなきゃ…
岩)今日はいいよ…
◇)いいの…?
岩)うん。
  ……それより…こうしてたい…。
◇)……///
 
 
肌と肌が直に触れてる、幸せなぬくもり。
 
気持ち良すぎて、離れられるわけない。
 
 
◇)……ね、
岩)ん…?
◇)寝てる時…、ね?
岩)うん?
◇)あたしが寝返りすると…
  剛典もついてきて、
  ぎゅってしてくれるの。
  あれ…、意識あるの…?
岩)え?
◇)何回寝返りしても
  剛典がぎゅってしてくれるから…
  あたしは嬉しいんだけど…///
岩)////
 
 
それ、無意識です。
 
 
岩)え…、ほんと…?
◇)うん///
 
 
俺って寝てる時まで
◇のことが好きで仕方ないみたい。
 
 
◇)なんか…もし無意識なら…
  キュンてしちゃう…///
岩)////
 
 
嬉しそうに恥ずかしそうに
俺の胸に顔を埋めてくる、可愛い◇。
 
 
岩)キュンてしていいよ…///
◇)////
 
 
ぎゅっと抱きしめたら
ますます増す、愛しさ。
 
ああ、ほんと好きだなぁって……
しみじみそう思う。
 
 
岩)なんかすごかったよね…
◇)え…?
岩)昨夜の俺たち。
◇)……(こくん)///
 
 
なんかもう、お互い止まんなくて…
ほんと、すごかった。
 
 
◇)昨夜だけじゃ…ないもん…///
岩)え…?
◇)三日間も、すごかったもん///
岩)…っ
 
 
ツアー初日から三日間、
◇は京セラに観にきてくれてて…
 
同じ部屋に泊まってた俺たち。
 
 
LIVEはもちろん疲れたし…
 
さすがに今日はそのまま寝ようと思う日も
あるにはあったけど…
 
ベッドに入って◇を抱きしめたら、
もうダメ。
 
勝手にスイッチが入って、それが欲しくなる。
 
 
岩)だって…癒しなんだもん…
◇)え…?
 
 
こうして肌を合わせてるだけで
身体が回復していくような不思議な感覚。
 
 
岩)ほんと…気持ち良くてさぁ…
 
 
骨抜きなんだよ、俺。
 
 
◇)あたし…剛典とは……
岩)ん…?
◇)イマイチな夜が…一度もない…
岩)……
 
 
ん…?
 
それって…
 
 
岩)え…?
 
 
それって…
 
 
岩)////
 
 
ものすごい褒め言葉じゃない?
って思ったら、一気に顔が熱くなった。
 
 
岩)そう…なの…?///
◇)うん。
 
 
なんか…サラッとすごいこと
言ってくれてるけど…
 
 
岩)じゃあどんな夜なの…?
 
 
◇が我に返って恥ずかしがる前に
もっと聞きたい。
 
 
◇)どんなって…
  なんかね、全部すごいの…
岩)////
◇)普通ね、これだけしてたら…
  たまにはない?イマイチな時。
 
 
あります。
 
イマイチっていうか…
微妙に気分が盛り上がらない時とか、
中途半端なやっつけな時とか、
 
まぁぶっちゃけ、出せればいい時。
 
 
◇)でもね、剛典とは一度もないんだぁ…
 
 
だって俺、そんな手抜きでお前を抱いたこと
一度もないもん。
 
 
◇)いつもね、好きがいっぱいで…
岩)……
◇)すっごく気持ちぃの……
岩)////
 
 
ええと…、
 
………ヤバイ。
 
 
なんかすげぇ可愛くて
身体が反応してきちゃった。
 
 
だって…そんなふにゃふにゃな感じで…
可愛く気持ちぃとか言われたら…
 
 
◇)……だいすき。
岩)////
 
 
……もう、無理。
 
 
岩)あのさぁ!///
◇)……
岩)さっきからなん…
◇)……
岩)…っ
 
 
ね、ね、寝てるーーーーーー!!!
 
 
岩)おい…?
◇)……
 
 
スヤァ……って
寝ちゃってるんですけどぉぉぉ!!
 
 
岩)……はぁ、///
 
 
ほんとなんなのコイツ。
 
 
はいはい…。
 
相変わらず俺はコロコロ剛典ですよ。
転がされっぱなしですよ。
 
 
でもいいんだ、これで。
 
 
だってすげぇ可愛いし
すげぇ好きだし
すげぇ幸せだから。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
気付いたら二度寝しちゃってて
慌てて飛び起きたら、
ベッドの下が大変なことになってた。
 
 
◇)荒地だ…///
 
 
二人の浴衣が散乱してる。
 
 
◇)クリーニング…出さなきゃ…///
岩)いろいろ汚れちゃったもんねー?w
◇)わっ!起きてたの!?
岩)おはよ♡
◇)ひゃっ
 
 
ぐいっと腕を引かれてぽすんと倒れたら
そのままほっぺにチューされた。
 
 
◇)もう…起きます…よ?///
岩)うん♡
 
 
もう一度起き上がって、周りを確認。
 
ええと…
 
 
岩)ああ、ごめん。昨日はさすがに…
◇)え…?
岩)どこいったかわかんねぇや、下着。
◇)…っ///
 
 
そう、ですよね…
あんなんでしたもんね…
 
 
岩)なんかもう夢中すぎて…
◇)言わなくていいから!///
 
 
あたしはシーツをぐいっと引き抜いて
身体に巻きつけてシャワーに直行…
 
……しようと思ったら、
 
カクンと膝がおれてそのまま倒れた。
 
 
岩)どうした!!w
◇)……
岩)なんかすまき状態になって
  転がってる子がいるんですけど…
◇)……
岩)おーーいw
◇)……
 
 
何これ。立てないんだけど。
 
 
岩)だーいじょーぶ?w
 
 
ベッドから降りた剛典が
あたしをシーツごと抱き上げてくれた。
 
 
岩)歩けないの?w
◇)力が…入んない…
 
 
腰から下がなんか…
 
 
岩)あーー、でも…
◇)え?
岩)俺も変だわ、なんか。
◇)え?
岩)だる〜〜〜
 
 
剛典は困ったように腰をさすりながら笑って、
 
 
岩)昨夜の代償だねーー
 
 
そう言ってあたしのおでこにキスをした。
 
 
岩)風呂まで連れてってやろっか?w
◇)…だい…じょうぶ…///
 
 
そっか、これは代償なのか。
 
お互いこんなになるまで
あんなにしちゃうって…
 
あたし達…困ったもんだね。
 
 
岩)フラフラじゃん!w
◇)歩ける…もん///
 
 
ヨタヨタと辿り着いたお風呂場で
お風呂に浸かりたいなぁと思いながら
熱いシャワーを浴びた。
 
 
なんか…
だるいというか重いというか
筋肉痛というか…
 
お酒もまだ残ってるし…。
 
 
◇)ふぅ…。
 
 
それから急いで出社の準備を済ませて。
 
 
時間がないからトーストでいいやって
コーヒーを淹れてると
剛典もシャワーから戻ってきた。
 
 
サクッ!
 
 
二人で焼きたてのパンにかじりつく。
 
 
◇)てゆーか…
岩)ん?
◇)何も言わないで帰ってきちゃったけど
  大丈夫かな?
岩)ああ、w
  うん、わかるでしょ。
◇)そっか。
岩)向こうもそれどころじゃないよきっと。
◇)え?
岩)俺らみたいに3回してるかもよ〜〜w
◇)////
 
 
♡ちゃんも筋肉痛かな…
 
 
岩)あ、そーだ。
  今日物件の資料もらってくるから。
◇)あっ
岩)俺ずっと大阪だったからさ、
  その間に揃えておいてくれたみたい。
◇)わぁ、楽しみ!
岩)夜、会食だから少し遅くなるけど
  もし起きてたら作戦会議しよ。
◇)起きてるーー!するーー!!
岩)ん?H??
◇)作戦会議でしょ!!
岩)ああ、びっくりした。
  可愛く「するーー!!」とか言うからw
◇)あほ!!///
 
 
さすがにしばらくいいです、ハイ。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
隆)お前ーー!
  やっぱ着てきてんじゃん!
臣)なんだよ!
  結局お揃いでもいいって話に
  なったじゃん!
隆)あ、そうだっけ。
臣)そうだよ!
隆)じゃあいっか、へへw
 
 
お揃いのTシャツを着て
ニコニコしてるヴォーカル二人。
 
はぁ、平和だな〜〜〜。
 
 
今日はメンバー会議のあとに
何個か打ち合わせがあって。
 
昼になって隆二さんが弁当を広げると
NAOTOさんがピザをくわえながら
今日はお前らは弁当じゃないの?なんて
聞いてきた。
 
 
臣)……
岩)……
 
 
俺たちは目を合わせて、
今朝はそんな余裕が
お互いなかったであろうことを
納得し合った。
 
 
臣)…どうだったの、そっちは。
岩)そっちこそ。
 
 
プルコギピザとシーフードピザを皿に取って
俺たちはヒソヒソ話。
 
 
臣)……やっぱ最高だわ、浴衣。
岩)うん、間違いない。
臣)盛り上がった?
岩)……3回もしちゃった。
臣)ぶっ、やりすぎでしょ!w
岩)いやー、なんかねーー
  止まんなくてw
臣)すげーなオイ!w
岩)そっちは?
臣)俺は一回しかしてないよ、夜は!
 
 
ん…?
「夜は」ってことは…
 
 
岩)朝もしたパターンね?はいはい。
臣)…いや、だってさ…
  なんか…、うん…、///
岩)なに!w
臣)あいつ昨日…すげぇ可愛くて…///
岩)臣さん、それねー、いつも言ってる。
臣)いや、ほんと昨日はすごかったんだって!
岩)何がw
臣)……もっと…噛んでとか
  言われちゃった///
岩)ぶっww
 
 
今度は俺が吹き出した。
 
 
岩)そ、そーゆープレイしてんの?最近。
臣)違う違う違う!w
岩)だって噛んでんでしょ?
臣)違うって!w
  普通に甘噛みしただけ!
岩)そしたら目覚めちゃったんだ?♡ちゃん。
臣)いや、わかんない。
  なんか…興奮してたのかな?
岩)どのタイミングで言われたの?
臣)……真っ最中。
岩)ああ、じゃあもう
  わけわかんなくなってる時ね?
臣)いや、だからさ、
  朝起きて聞いてみたのよ。
岩)なんて?
臣)噛んでって言ったの覚えてる?って。
岩)うん。
臣)そしたら…すげぇ真っ赤になってさー
  覚えてるけど
  恥ずかしいからやめて、って。
岩)うん。
臣)で、そーゆーの好きなの?って聞いたら…
岩)聞いたら?
 
 
朝のピロートークで
さりげなく彼女の趣味を探ったわけね?
 
 
臣)なんかもう、臣くんに
  めちゃくちゃにされたくなっちゃったの、
  なんつって!!
岩)なんつって?!
臣)恥ずかしそうにスリスリしてくるから!!
岩)してくるから?!
臣)……ねぇ?///
岩)……。
 
 
そりゃ朝からしちゃうね、うん。
 
 
岩)なんかさぁ……
臣)うん?
岩)俺もすげぇこと言われちゃった。
臣)なになに?!
岩)……剛典とは……
臣)剛典とは?!
岩)イマイチな夜が、一度もない。
臣)……
岩)……
臣)何その殺し文句。
岩)でしょ!?
臣)イマイチじゃないならなんなの。
岩)……全部すごいんだって。
臣)……
岩)……
臣)岩ちゃんそんなすげぇの?
岩)わかんないw
 
 
言っててなんか照れてきた。
 
臣さんはすげぇなとか笑ってるけど。
 
 
臣)俺も♡に聞いてみようかな。
岩)なんて?
臣)イマイチな時ある?って。
岩)……
臣)……
岩)自信あるから聞けるんでしょ。
 
 
俺の言葉に臣さんはニヤッと笑って…
 
 
臣)だって俺、そのへんの女みたいに
  適当にあいつ抱いたこと
  一回もないもん。
 
 
すげぇドヤって言い切った。
 
 
臣)何笑ってんの。
岩)いや…?w
 
 
俺と同じこと言ってるなぁって。
 
 
隆)ねぇ、さっきから何ー?
岩)え?
 
 
隆二さんがリスみたいに
口いっぱいにお弁当を頬張りながら
こっちを見てる。
 
 
隆)俺の話してたでしょ。
臣)は?
隆)今市、今市、って。
臣)その今市じゃねーよ!!w
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
♡◇)あ。
 
 
ランチ後の歯磨きタイムで、
今日も♡ちゃんとバッタリ。
 
 
◇)き、昨日はごめんね?!///
♡)ううん、私たちこそ…///
 
 
……やっぱり…
♡ちゃんも筋肉痛なのかな。
 
 
◇)あ、あの、っ…
  あの後すぐ帰ったから!!///
♡)え?
◇)ベッド…少しお借りしちゃったけど…
♡)うん、泊まっていくかなって思ってたら
  二人ともいなくなってた。
◇)さすがに泊まれないよ!///
 
 
必死の理性で、帰宅しました。
 
 
◇)し、してないからね?!///
♡)えっ
◇)ほんとにしてないから!///
 
 
最後まではしてません!
 
 
♡)えっと…別に大丈夫だよ?///
◇)いやいやいや!!
 
 
他人様の家で致すなんてとんでもない!!
 
 
♡)だってほら…、///
  男の人って止まらない時…あるでしょ…?
◇)……///
 
 
あります…よね。
 
 
♡)臣くんも…なんか…すごかったの///
◇)えっ!!
 
 
浴衣姿の♡ちゃんに興奮して
今度は何したの臣さん!!
 
 
◇)また…破かれたの…?///
♡)ううん、///
 
 
♡ちゃんは恥ずかしそうに俯いて、
「縛られたの」ってポツリ、呟いた。
 
 
◇)……
 
 
し、し、縛られ…た…?
 
 
◇)////
 
 
そんな二人の姿を思わず想像しちゃって、
あたしまで赤面してもーた。
 
 
♡)岩ちゃんは…大丈夫だった…?
◇)あたしは縛られてないよ!!///
♡)そうじゃなくて!w
◇)え?
♡)なんか最近、岩ちゃんすごいんでしょ?
◇)え!
♡)臣くんが言ってたから…
◇)////
 
 
えっと…
 
最近おかしいのは剛典だけじゃなくて
あたしもなんです、
 
なんて言ったら
ピュアピュア♡ちゃんに
ドン引きされそうだから言えない。
 
いや、ちょっと待ってよ?
臣さんに縛られてる時点で
もうピュアピュアじゃないんじゃ?!
 
 
◇)(じーーっ)
♡)なぁに?
◇)(じーーっ)
♡)どうしたのぉ?えへへ♡
◇)はう…っ
 
 
やっぱり眩しい、可愛すぎる笑顔。
 
うん。
♡ちゃんは臣さんに
どんだけエロいことされようとも
一生ピュアピュアだ、間違いない。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
ケ)へ〜〜〜
  岩ちゃん引っ越すんだー
岩)はい。
啓)女と?
岩)はい。
ケ)いい部屋ありそう?
岩)なんか…はい、いい感じです。
 
 
さっきいくつかもらった物件資料。
早く帰って◇と見たいな。
 
 
哲)こことかペットOKじゃん。
岩)ペットは買う予定ないかなー
 
 
みんな面白がって一緒に資料を見てる。
 
 
啓)俺も最近、彼女が転がりこんで来てるから
  もう少し広いとこ引っ越したいんだよなー
T)一緒に住むなら自分の部屋は欲しいよね。
啓)絶対欲しい。
哲)でも女の子って嫌がんない?
  なんで一緒じゃダメなのぉーとか言って。
N)わっかる!w
T)女の子ってさ、割と四六時中
  一緒にいたがるけど…
  男はやっぱ自分の時間てゆーか
  自分の空間は確保したいよね。
ケ)確かにそれはあるかも。
岩)……俺…、部屋もベッドも
  別がいいって言われました。
T)ええ?!w
哲)何それ!珍しいね!w
啓)へ〜〜〜、いいなそーゆー子。
  男に依存してない感じ。
N)◇ちゃんらしいねw
岩)はい。
 
 
ベッド別の件に関しては
まだ保留にしてるけど。
 
 
T)ベッド別はありがたいよな〜〜
岩)え?
T)ほら、俺ら時間不規則だしさ?
  お互いに安眠妨害になっちゃうじゃん?
直)それあるねー。
T)それになんだかんだ
  毎日一緒に寝てるとさー
  その気も起きなくなってくるよねー
N)TAKAHIROくんでも?w
T)いや、俺はいつでもいけるけどさー
哲)いけるんかい!w
T)なんてゆーか、女の子によるけど
  だんだんだらしなくなってく子って
  いるじゃん?
啓)いる!
T)寝顔も寝姿も
  毎日可愛いわけじゃないしさー
啓)ひどい時ひどいよねw
T)そうそう。
  そーゆーの見て幻滅するくらいなら
  ベッドは別の方が新鮮さを保てるかなー。
岩)Hする時どうすんだって言ったら
  その時だけ一緒に寝ればいいじゃんって
  言われましたよ俺。
N)めっちゃいいじゃん、それ!
哲)そうだよ、理想だよ!
啓)なんなら俺、済んだら別で寝たい。
T)つめたっっ!w
啓)一緒に寝たら疲れ取れねんだもん。
N)それあるよねーー
岩)……
 
 
もしやあいつも…
ベッド別にしたいって言うくらいだし
ほんとはHの後も別で寝たいとか思ってる?!
 
…って、いやいや、まさか。
 
今朝だって俺が無意識にぎゅってしてるの
キュンてするとか可愛いこと言ってたし。
 
 
……へへへw
 
 
T)でもなんか男寄りな思考だねー
  岩ちゃんの彼女。
岩)そうですね。
  男友達多いからかな…。
啓)男友達多いんだ?
岩)はい。めっちゃいますよ。
ケ)いい子なんだねーー
岩)え?
ケ)異性とちゃんとした友情築けるって
  信頼関係あってこそじゃない?
岩)……
啓)俺ねぇ、酒入ったら
  すーぐ手ぇ出しちゃうからダメw
T)ゲスい!w
啓)えーーだってさーーー
  ちゃんとした女友達いる奴なんて、いる?
岩)……
 
 
俺らはお互いを見合って…
みんな微妙な表情。
 
 
直)俺いるよ。
T)うん、直己はいそうw
  …って、俺もいるけどね!
啓)直己はいそう、確かに。
哲)うん。
N)そういえば俺、この間
  〇〇ちゃんに文句言われたよー
  岩ちゃんが全然連絡取れないって。
岩)え?
T)〇〇ちゃんて誰?
N)ほら、アナウンサーの。
T)……ああ!
啓)なに、岩様シカトしてんの?w
岩)いや、シカトっていうか…
  そーゆーの全部消したんで…
  わかんねーな。
哲)全部消したの!?
岩)はい。
T)遊び相手の連絡先全部ってこと?
岩)はい。
 
 
なんかすげぇびっくりされてる。
 
 
啓)なになに、どうしちゃったの岩ちゃん!
  遊びたくなったらどうすんの!
岩)いやぁ…
 
 
そんな日、もう来る気がしない。
 
 
岩)俺…あいつ以上に気持ちイイ女なんか
  いねぇもん…。
T)そうだった!
  岩ちゃんは今、彼女の身体に
  夢中なんだった!
N)あ、そうだった!w
哲)そんなすごいの?!岩ちゃんの彼女!
啓)どうすごいの!ねぇ!!
岩)いや、ええと…///
 
 
……ただ俺が、大好きなだけです。
 
 
 
 
 
 
ー続ー

スポンサーリンク

コメント

  1. さゆがん より:

    イマイチちがいのくだりの隆二かわいい♡
    着々とプレイのバリエーションを増やす
    オミカップルたのしみです笑笑
    そのうち撮影しだしたりしてw

コメントを残す