[227]浄化された心

スポンサーリンク

♡)キャーー!!
  カッコイイ〜〜〜!!♡♡
◇)うわっ!今の見た!?///
♡)見た見た!///
 
 
今日はうちで
昨日のa-nationの鑑賞会。
 
 
後からNETで観ようと思ってたのに
リアルタイムじゃないと
観れなかったみたいで。
 
◇ちゃんに聞いたら
録画してるから一緒に観ようって言ってくれて
うちまで来てくれた♡
 
 
◇)いや〜〜〜最高だな。
♡)ほんとカッコイイよぉ〜〜
◇)まず衣装がいいよね!
♡)うんっ!カッコイイ!
◇)あのトルコ絨毯みたいなやつは
  封印してほしいもん。
  毎回こーゆーカッコイイの
  着ればいいのに。
♡)あ、トルコ絨毯って…サママド?
◇)そうそう!
♡)あれは私もイマイチかも…
◇)だよね!全然良さがわからん!
♡)あはははw
 
 
もう一通り観たんだけど
また頭から観直してる私たち。
 
 
◇)ねぇねぇ、この臣さんの髪型は
  ぶっちゃけどうなの?
♡)えっ…
◇)なんか宝塚みたいじゃない?
  やだーーー
♡)宝塚!!
◇)うん。全然カッコ良くないーー
  もっと違う髪型の方が
  絶対カッコイイのに!
  …って、人様の彼氏をごめんなさい…
♡)あはは、全然いいよw
◇)♡ちゃん的にはどうなの?
♡)うーん…私もこの髪型はそんなに…
◇)でしょ?!
♡)私はツンツンヘアが一番好きなの♡
◇)わかる!あれカッコイイ!
♡)えへへ♡
  あとね、イニミニヘアも好き♡
◇)あれは超絶カッコイイ。
  色気がすごい。
♡)てへへ♡
◇)あーあ、折角イケメンなのに…
  なんでこんな宝塚をチョイスしたんだ…
♡)あはははw
 
 
そんなこんなで二人で盛り上がってると
◇ちゃんに岩ちゃんから電話が来た。
 
 
◇)もしもし?
  あ、終わったの?お疲れさまー。
  うん、うん、あ、あたしまだ外だよ。
  外ってか、♡ちゃん家。
  ……なんでって…a-nation鑑賞会。
  え、楽しそう?w
  は?今から来る?
  なんでやねん!
  一緒に鑑賞するの?自分を?w
  いや、来なくていいよ。
  いや、別にひどくないでしょw
  へ?合鍵あるんだから
  普通に入ればいいじゃん。
  いや、別に冷たくないし。
  は?ほんとに来る気?
  ……臣さんはまだ帰ってきてないけど。
  え、え、……は?
  あ、切れた。
 
 
困ったように電話を見つめる◇ちゃん。
 
 
◇)なんかあいつ…
  今から来るって言って
  勝手に電話切っちゃった…
♡)えー?ほんとに?w
◇)ごめん、迷惑だよね…
  入れなくていいから。
♡)ひどい!w
  全然いいよ!
◇)何しに来るんだ…
  あたしと♡ちゃんの楽しい時間を…
♡)あはははw
 
 
それから10分後くらいに
ほんとにやってきた岩ちゃん。
 
 
岩)ただいまーー♡
◇)あんたの家じゃないでしょ!w
岩)たーだいまっ♡
◇)ぎゃあっ///
 
 
いきなり◇ちゃんを抱きしめた。
 
 
岩)ぎゃあって…お前色気ねぇなw
◇)剛典がいきなりこんなこと
  してくるからでしょ!!
  離してよ!///
岩)やーだねーーー
◇)離せーーー!!///
岩)ぜってぇ〜〜やだ!!
 
 
私がぽかんと二人を見てると…
 
 
岩)あ、♡ちゃん、久しぶり〜w
 
 
◇ちゃんをむぎゅっとしたまま
岩ちゃんが私にヒラヒラ手を振ってきた。
 
 
♡)久しぶり…w
岩)誕生日パーティー以来だね、♡ちゃんの。
♡)あ、そっか!そうだね!
  その節はありがとうございました!
岩)ん?エッチな下着の話?w
♡)違うよっ!///
  お祝いしてくれたこと!
岩)ああ、そっちw
  でも下着も使ってくれてるんでしょ?♡
♡)////
◇)♡ちゃんにセクハラすんな!!
  てゆーかいい加減離せ!!
岩)やーーだーーー♡
 
 
岩ちゃんは◇ちゃんの背中に
へばりついたまま
ずりずりとリビングへ…
 
 
◇)重い〜〜!離せ〜〜〜!///
♡)◇ちゃん。
  岩ちゃんは久々に
  ◇ちゃんに会えたんだもん。
  嬉しいんだよ。
岩)そうそう、よくわかってるね♡ちゃんw
  嬉しすぎて迎えに来ちゃうくらいw
◇)……ばか///
 
 
とか言いながら
◇ちゃんも嬉しいんだろうなぁ…
ふふふふ♡
 
だって岩ちゃんは
EXILEのツアーリハもあったから
5日ぶり?とかだよね?きっと。
 
 
……はっ!!
そういえば…
 
仲直りしてから
まだHしてないって言ってたけど…
今日がその時なのでは…?!
 
はっ!!
だから岩ちゃん、こんなにご機嫌なの??
 
 
♡)////
 
 
早く帰らなくていいのかな…
ドキドキ…。
 
 
岩)で?二人で仲良く鑑賞会してたの?
◇)そっ!
岩)どうせまた二人で
  直己さんカッコイイ〜〜とか
  言ってたんでしょw
♡)はっ!バレてる!
◇)わははw
♡)でも岩ちゃんもカッコ良かったよ!
◇)うんうん!
岩)俺はオマケか!w
◇)あとはね、
  臣さんの髪が変って話をしてたの。
岩)わははは!w
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
臣)はっくしゅん!!
T)お?登坂っち風邪ひいた?大丈夫?
臣)全然大丈夫です。
T)じゃあどっかで噂されてんだわ。
  よ、色男!
臣)てゆーか…
  …マジで脇腹いてぇ…。
T)弟よ、俺もだ。
臣)マジで今日の撮影、容赦なかったっすね…
T)うん…。
 
 
ハイローの乱闘シーン。
 
当てれるところはどんどん当てていこうとか
意味わからんこと言われて。
 
あんだけの人数だし、結構食らった。
 
一応痛み止めは飲んだけど…
もう切れてきたかな。
 
 
T)しばらくエッチなこと出来ないね。
臣)痛くて腰振れねぇ…
T)♡ちゃんに振ってもらいなさい。
臣)……
 
 
だってあいつ…へたくそだしww
 
 
T)ま、とりあえずお疲れ!
臣)はい、お疲れさまでした!
 
 
帰りの車に乗り込むと
Sさんが心配そうに声をかけてきた。
 
 
S)週末のLIVE、大丈夫?
臣)うーん、まぁ痛み止め飲めば
  なんとかなるっしょ。
S)テーピングもしてもらいなよ?
臣)うん。
  それはしてもらわないとキツいかもw
 
 
ツアー中だってのにほんと厳しいよな。
 
 
S)あ、そういえばさー
  やっとマネージャー増えるよー
臣)え、ほんと?
S)うん。10月から採用できるように
  今動いてるみたい。
臣)おおお。
S)若手の子たちもチラホラ。
臣)えーー、若いのかー
S)やなの?w
臣)仕事出来なさそーじゃね?
S)そこは俺らがビシバシ仕込むよw
臣)あはははw
S)とりあえず少なくとも
  一人ずつは担当で付けれそう。
臣)ふーーん…。
  でも俺、新しい人入っても
  Sさんがいいなーー
S)えっ…
臣)俺の担当はSさんでよろしく。
S)ほんと臣ってば
  俺のこと大好きなんだからーー
臣)はいはいw
 
 
そんなこんなで家に帰ってきたら
玄関に男物の靴。
 
誰やねん!
 
…って、これはもしや…
 
 
ガチャ。
 
 
♡◇)おかえりなさーい!
岩)おかえりなさーい♡
 
 
やっぱり!!
 
 
臣)コブラ…こんなとこで何してんだよ。
岩)やだ、広斗こわい♡
臣)とっとと山王に帰れ!
岩)あははは!
♡)今日ハイローの撮影だったんでしょー?
臣)そうだよ。
  さっきまで殴り合ってたんだから!
◇)え!臣さんと剛典が?!
臣)そ。
◇)えーー!何それ何それ!楽しみ!!
岩)でしょw
◇)早く見たい〜〜!!
  どっちが勝つの?
岩)うーん、あのシーンは広斗かなぁ?
  俺ぶん投げられたしw
♡)えええ!
臣)オイ、ネタバレすんなw
岩)やべ!怒られた!w
 
 
三人で何してたのかと思えば
TVには昨日のa-nationが流れてる。
 
鑑賞会でもしてたのか?
 
 
◇)ほら、剛典!そろそろ帰るよ!
岩)えーーもう?
◇)臣さんも帰ってきたし。
  迷惑になるでしょ!
臣)いや、別に全然いいけど。
岩)って言ってるよ。
◇)だって!
  大阪から帰ってきたばっかりなんだから
  きっと♡ちゃんと
  イチャイチャしたいはずだよ!
岩)あ、そっか!
臣)いや、別にいいってw
 
 
どうせこの身体じゃHも出来ないし。
 
 
♡)別に…いいの…?
 
 
あ。
♡がしゅんとして俺の服を引っ張ってきた。
 
 
臣)……///
 
 
なんだよ、可愛いな。
 
 
臣)よくない♡
♡)わっ///
 
 
ぎゅーーーっ♡
 
 
臣)たーだいま♡
♡)おかっ、おかえり…なさい///
 
 
そうだよな。
Hは出来ないけどぎゅーはしたい。
チューもしたい。
 
 
岩)ほら、臣さんってのはな?
  誰がいようとどこだろうと
  平気でイチャつく男なんだよ。
◇)ほんとだ…//
 
 
そんなこと言われたら
期待にお応えせねば。
 
 
臣)んーーー♡
♡)ひゃぁぁっ///
臣)…っ
 
 
チューしようとしたら逃げられた。
 
 
岩)あ、そっか、そういうことか!
◇)へ?
岩)お前も早く俺とイチャつきたいから
  帰りたいんだろ?
  よーしよし♡
  じゃあ帰ろうな〜〜♡
◇)はぁ?!///
岩)そうならそうと早く言えよぉ〜〜♡
◇)違うし!!///
岩)素直じゃないんだからw
◇)違うってば!!///
臣)……
 
 
そういえば
この二人が仲直りしてから
二人一緒のとこって初めて見るかも。
 
 
岩)早く帰って色々しよ♡
◇)色々って何!///
岩)え、
◇)やっぱり言わなくていい!///
岩)何やねん。どっちやねん。
◇(てゆーかまだ出来ないからね!)
岩(はぁ?!なんで!)
◇(生理だって言ったでしょ!)
岩(そんなん俺が帰ってくる前に
  終わらしとけよ!)
◇(無茶言うな!)
 
バシッ!
 
岩)いてぇっ!!
 
臣)……
 
 
よくわからんが、すっかり元通り。
 
 
◇)あ、臣さん、そういえば先日は
  ありがとうございました//
臣)ああ、はいはいw
岩)そうだっ!
  ずるいじゃん臣さん!
  俺より先に多田さんに会うなんて!
臣)はい?w
  会うって言うのか?アレw
♡)私も行きたかったなーー
  居酒屋えぐざいるーー
◇)えー!誘えば良かったー!
  じゃあまた今度行こうよ!
♡)行きたーーい!♪
岩)じゃあそん時こそ俺が行く!
◇)へ?なんで?
岩)なんでって…
◇)別にいいよ。
岩)はぁぁ?!
◇)剛典なら家で見飽きてるし。
岩)こら!!!
◇)いたーーいっ!
岩)大好きな彼氏を見飽きたとか
  言うんじゃありません!w
◇)はぁ?//
臣)あはははw
 
 
むにむにとほっぺを引っ張り合ってる二人。
なんだか微笑ましい。
 
この二人はやっぱこうじゃなきゃ。
 
 
岩)じゃあ臣さん、また明日ねー
臣)おう。
♡)明日も一緒のお仕事?
臣)そ。明日は直己さんと3人で
  ポッキーの発表会。
岩)やっと情報解禁できるぜ!
◇)おおお!
♡)ポッキー♡ポッキー♡
臣)食べたいの?w
♡)ポッキー大好きだもんっ♡
◇)あたしもー♡
  いっぱいもらってきてね♡
岩)へ?!w
  もらえんのかな?w
臣)どうだろw
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
二人を見送って玄関のドアを閉めると…
 
 
むぎゅーーーっ
 
 
臣くんに抱きしめられた。
 
 
♡)どしたの…?
臣)どしたのって!
  さっきの続き!お前が逃げたから!
♡)あ、そっか!
臣)チューしようと思ったのに…
♡)お客様がいる時はダメです…///
臣)だから今する!!
 
 
ちゅーーーっ
 
 
♡)激しいチューですね///
臣)おう。
 
 
口を尖らせてる臣くんが可愛い。
 
 
♡)えへへ、おかえりなさい♡
  ぎゅ〜〜〜♡
臣)いってぇ!!
♡)えっ!!
 
 
そんなに強く抱きしめてないのに!
 
慌てて離れると、
脇腹を押さえてる臣くん。
 
 
♡)どしたの??
臣)今日の撮影でいろいろ負傷しまして…w
♡)ええっ!!
 
 
Tシャツをめくると
赤くなってるところとか
青くなってるところとか…
 
 
♡)すごく痛そう…
 
 
どうしよう。
 
 
♡)どうしてこんなことになるの?!
臣)まぁ頑張ったってことで。褒めてよw
♡)だって!LIVE大丈夫なの?
臣)大丈夫大丈夫。
♡)…っ
 
 
こんな痛そうなのに…踊れるのかな…?
 
 
臣)治るまではちょっと…
  Hは出来なそうだけど…
♡)そんなのどうでもいいよ!
  それより…
臣)どうでもいいのかよ!!w
 
 
すかさず突っ込まれてしまった。
 
 
♡)だってそれどころじゃ…
臣)それどころって何!w
  Hだって重要案件だろ!!
♡)……だって仕方ないもん。
  しばらくお休みです!
臣)えーーーーー!!
 
 
不満そうに口を尖らせる臣くん。
 
 
臣)お前が代わりに動いてくれても
  いいんだけど…
♡)……
 
 
それはダメです。
 
だって…
 
 
♡)私…へたくそだもん…。
臣)だから良い練習の機会ってことでw
♡)でも私が乗ったら痛そうだよ…?
臣)脇腹には乗らんだろ!w
♡)当たっちゃうかもしれないし…
臣)気をつけてよ。
♡)そんなハラハラしながらするの?
臣)うん。
♡)やだ。
臣)なんで!
♡)何か…違う。
臣)俺はお前とH出来るなら
  なんでもいいんですけど…
♡)……保留でお願いします。
臣)ご検討よろしくお願いします。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
結構ほんとに痛くて
自分の身体を洗うのも一苦労で。
 
明日は♡に洗ってもらっちゃおうかな〜
なんて思いながら、風呂から出た。
 
 
臣)ん?何してんの?
♡)お勉強!
 
 
テーブルにテキスト?を広げてる♡。
あ、英語だ。
 
 
♡)ハルくんに教えてもらったところ
  復習してるんだー!
臣)……
 
 
へぇ〜〜。
 
 
臣)そういえば飯ってどこ行ったの?
♡)え?
臣)昨日。三人で食いに行ったんでしょ?
♡)あ、ううん!
  アキさんはね、用事があるからって。
  結局ハルくんと二人で行ったの。
  イタリアンのお店だよ♪
臣)…っ
 
 
二人…だと…?
 
 
♡)ハルくんがデザインしたお店でねっ、
  内装もすごくオシャレで
  素敵だったのー♡
臣)……
 
 
へぇ〜〜〜。
 
 
臣)二人になったんならなったって言えよ。
♡)え?
 
 
二人だったらそれってさ、
デートじゃねぇの?
 
 
♡)三人も二人も変わらないでしょ?
臣)……
 
 
へぇ〜〜〜〜。
 
 
お前はそういう感覚なわけね。
 
そうだよな。
 
 
「ハルくんは私にとって
 家族と同じような感じだし…
 家族みたいに育ったし…
 本当に大事な人なの。」
 
 
そうだよそうだよ、そう言ってたもんな。
 
 
だから俺もハルくんのことは
♡の兄ちゃんくらいに思おうって
そう決めたんじゃん。
 
大人になるんだ、俺!!
 
 
臣)そっかそっか、イタリアンか。
  美味しかった?
♡)うんっ!すっごく!♡
 
 
……ん?
ちょっと待てよ?
 
まさかお前…
 
 
臣)酒は飲んでねぇよな?
♡)うん!飲んでないよ!
 
 
ほっ………。
 
 
♡)だって臣くんと約束してるもん♡
臣)……お前もしかして…
  それ、ハルくんに言った?
♡)うんっ!
臣)!!!
 
 
アホか!!
 
そんなん言ったら
俺が超絶ヤキモチ妬きで心配性で過保護な
小っっっせぇ男だと思われんだろが!
 
そんな俺を嘲笑ってんだろ!
そうだろハルくん!
 
そんな小さい男やめて俺にしろとか
♡をそそのかす気じゃ…
 
 
♡)臣くんが心配するからって言ったら
  私のことが大事なんだねって…
  素敵な人だねって言われたの///
臣)…っ
 
 
なんだと?
 
 
……ハルくん…、どこまでいい男なんだ…。
 
疑った自分が情けないわ。
 
 
♡)そう言われて嬉しかったんだぁ///
臣)ん?
♡)大事…?
臣)何が?
♡)もう!話聞いてたー?
臣)聞いてたけど…
♡)私のこと…、大事…?///
臣)…っ
 
 
なんだよその可愛い上目遣いは。
 
 
臣)んなの言わなくてもわかんだろ。
 
 
どんだけ大事だと思ってんだよ。
 
 
♡)えへへー♡
 
 
む…ぎゅ……っ
 
 
抱きつこうとした♡は
俺の怪我を思い出したのか
遠慮がちに腕を回してきた。
 
 
臣)こうなら大丈夫。
 
 
ちゃんと抱きしめてやると
嬉しそうに俺の胸に頬を寄せた。
 
 
♡)すりすり♡
臣)……w
 
 
可愛いな。
 
 
よし、ハルくんは♡の兄貴!
そうだ!
 
♡が毎日つけてるこのネックレスだって…
 
 
「家族があげるネックレスは
 迷子にならないようにとか
 道を見失わないようにとか
 そんな意味だって言わない?」
 
 
直己さんがそう言ってたから
気にしないって決めたんだし。
 
 
……まぁハルくんからもらったのかどうかは
なんとなく確かめられてないけど。
 
 
よし!!
こんなモヤモヤを吹き飛ばすには
♡の歌だ!
 
 
臣)なんか歌って♡
 
 
俺の心を浄化してください。
 
 
♡)あ!結婚式の練習しようよ!
臣)あ!そうだな、まだ合わせてねぇもんな!
♡)うんっ♡
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
ちゃんと練習したから
もう完璧に弾けるようになったんだー♡
歌詞ももう覚えたし!
 
 
臣)俺もう覚えたよ。
  新幹線で覚えた。
♡)えっ!臣くんも?
臣)ん?お前も?
♡)うんっ!
臣)おおお!俺らってば優秀じゃん?w
♡)あははは♡
 
 
二人で笑いながら
ピアノの前にスタンバイ。
 
 
♡)じゃあ弾くよ?
臣)うん。
 
 
ゆっくり深呼吸をして
鍵盤に指を乗せた。
 
気持ちを歌に集中させて…
 
 
♡)〜♪池の水が鏡みたいに
  空の蒼の色を真似てる♪〜
 
 
目を閉じたら広がるのは、綺麗な景色。
 
 
色、音、匂い、、
五感を研ぎ澄ませて感じる、
自然の息吹。
 
 
私がAメロを歌い終えると
臣くんが音を重ねてきてくれて…
 
そのまま二人で歌うサビ。
 
 
♡臣)〜♪誰かを通して 何かを通して
  想いは繋がっていくのでしょう
  遠くにいるあなたに
  今言えるのはそれだけ♪〜
 
 
ああ…
織りなす音色が、心地いい。
 
優しく柔らかく重なって、
身体に染み込んでくる。
 
 
♡臣)〜♪悲しい昨日が 涙の向こうで
  いつか微笑みに変わったら
  人を好きに もっと好きに なれるから
  頑張らなくてもいいよ♪〜
 
 
あたたかく溶け込むような臣くんの声は
歌に息を吹き込んでくれるような、
そんな感覚。
 
 
一緒に歌えることが、幸せで嬉しい。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
やっぱり俺は♡の声が好きで。
 
 
深く、深く、優しく響く声。
 
透き通るような、凛とした声。
 
 
何回聴いても、心を掴まれる。
 
 
声を重ねると、
俺の心も身体も浄化されるみたいな
心地よさ。
 
一緒に歌えることが、幸せで嬉しい。
 
 
♡)えへへへ♡
 
 
最後まで一緒に歌い終えると
♡がにっこり笑って…
 
俺は気付いたら♡を抱きしめてた。
 
 
♡)どうしたのー?
臣)んー?
 
 
なんだろうな…。
 
 
臣)いい感じじゃない?
♡)ねっ♡
  あとは練習を重ねればOKだー♡
臣)うんw
 
 
なんだろう、この感覚。
 
 
♡)臣くんっ、もっとぎゅーしたい♡
 
 
後ろから抱きしめてた俺の腕を
優しくほどいて立ち上がった♡は
俺にむぎゅっと抱きついてきた。
 
 
♡)臣くんだいすき♡
臣)……
 
 
俺も大好きだよ。
 
 
なんだろう。
 
ハルくんのこと、
ちょっと嫉妬してたのに…
 
今は全然大丈夫。
 
 
むしろ…
♡の大事な人なら
俺も同じように思いたいって
 
そんな風にさえ思ってる。
 
 
臣)お前の歌って…すげぇな…w
♡)え…?
 
 
何もわかってなさそうな無邪気な瞳が
俺を見上げた。
 
 
臣)愛してるよ。
♡)…っ
 
 
自然と優しい気持ちになって
自然と出てきた言葉。
 
 
こつんとおでこを重ねると…
 
 
♡)どうしよう///
 
 
♡が俺の腰をきゅっと掴んだ。
 
 
臣)ん…?
♡)……///
 
 
ぽすん…。
 
 
♡)だいすき…///
臣)うん。
♡)……大好きが…
  いっぱいになって…
臣)うん?
♡)…H…したく…なっちゃった…///
臣)えっ!
 
 
その言葉に思わず顔を覗くと…
 
 
♡)////
 
 
可愛い瞳はもう熱を持って潤んでて…
 
 
臣)////
 
 
ああ、もう、どうしよう。
 
 
ほんとに大好きだ。
 
 
 
 
 
ーendー

スポンサーリンク

コメント

  1. aio より:

    臣くん今は浄化されたかもしれないけどまたしばらくしたらジェラ臣になりそう
    究極のヤキモチやきだもん笑

  2. ☆SHIORI☆ より:

    臣最近やばい!
    岩ちゃんと◇ちゃんも仲良しすぎるわー

  3. W.M より:

    臣くん大丈夫かな、?

コメントを残す