[225]夜這い

スポンサーリンク

あ〜〜〜〜ムラムラする。
 
 
飲んで帰ってきて、もう朝方。
 
当たり前だけど♡は寝てて。
 
 
俺がいない時はいつも
にゃんこと寝てるんだよな。
 
 
その寝顔が可愛くて。
 
柔らかそうな身体が俺を誘ってる。
 
 
めっっっっっちゃ襲いたい。
 
 
俺酔ってんのかなーー
相当飲んだもんなーー
 
襲ったら起きるかなーー
 
 
こいつの今日の予定は…、っと。
午後から撮影か、ふむふむ。
 
午前中は何も入ってないみたいだし…
襲っていいよな?
 
ちゃんと確認するあたり、
俺ってば優しい彼氏じゃない?
 
 
臣)♡ーーーー
 
 
一応呼んでみるけど反応ナシ。
そりゃそーだ。
こいつはのび太だもん。
 
すぐ寝るし、寝たら起きないし。
 
 
……よし!襲おう!!
 
 
ナイトウェアの裾をペラッとめくると
♡が少し動いて、
抱きしめてるにゃんこの上に
脚を投げ出した。
 
 
臣)……///
 
 
エロいなぁ…この脚。
 
 
……ギシッ。
 
 
ベッドに乗り上げて
柔らかそうな太ももを見下ろす。
 
裏からそっと撫でても
起きる気配、ゼロ。
 
そのまま上まで撫で上げて、
柔らかいお尻にたどり着く。
 
 
やわやわと触りながら
腰をかがめて、太ももにキス。
 
 
指で触れても
唇で触れても
 
どこもかしこも柔らかくて
気持ち良くて。
 
 
臣)はぁ…、///
 
 
徐々に興奮が高まってくる。
 
 
彼女の寝込みを襲うとか…
俺、大丈夫かな?
 
いや、今更そんなんどうでもいいや。
 
 
だって…
食べてくださいと言わんばかりに
無防備に目の前にあるんだもん。
 
 
なめらかな肌に舌を這わせて…
 
下着の上から唇を押し当てたり
優しく歯を立てたり。
 
 
臣)全然起きねぇ……
 
 
脱がせていいかな…?
 
 
……はぁ、ヤバイ。
寝てるのに俺にこんなことされちゃってる♡が
可愛いんだけど…///
 
 
最初は遠慮がちにめくったスカートの裾も
腰までたくし上げて。
 
肩紐をほどけば、
柔らかい膨らみが、俺を誘う。
 
 
臣)……は、ぁ///
 
 
酒のせいかな。
 
もう我を忘れて、♡の身体に夢中。
 
 
触れて、舐めて、あじわって。
 
 
ようやくうっすら目を開けた♡は
まだ夢見心地。
 
 
♡)…臣…くん…?
臣)……ん。
 
 
優しく頬を撫でれば
ふにゃんと目を閉じた。
 
 
臣)眠い…?
♡)…う…ん……
臣)……寝てていいよ…。
 
 
寝てても俺が勝手に愛してるだけだから。
 
 
臣)♡……、
♡)……ん…ぅ……
臣)好きだよ…。
♡)……
 
 
こんな見境ないくらい、お前が好き。
 
 
臣)♡……、
 
 
溶け込むように、繋がって。
 
 
♡の熱に、どうにかなりそう。
 
気持ち良すぎる。
 
 
♡)!!!
 
 
あ、さすがに起きた…w
 
 
♡)…何…してる…の…?///
臣)……夜這い…w
♡)…朝…だよ…?///
臣)あ、そっかw
 
 
目を覚ましたばかりの♡は
頬を染めながら、
徐々にその唇から甘い吐息を漏らす。
 
 
臣)さっきまで寝てたのに
  もう気持ちイイの…?w
♡)…っ、違う…もん///
 
 
ああ可愛い。
 
身体はこんなに正直なのに。
 
 
♡)あ、あっ、あっ…!ダメ…っ///
  やっ、待っ…、って///
臣)気持ち良くないって言うから。
♡)や、や、ち…がっ
  んっ、激し…っ…、!///
 
 
もう喋れないくらい、深くまで。
 
 
すがりついてくる、可愛い身体。
 
 
背中に食い込む爪の感触。
その痛みさえ、快感にすり変わる。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
朝なのに、夜這いされました///
 
 
♡)服…返して…///
 
 
臣くんの腕の中、
ようやく息が落ち着いた頃
脱がされたナイトウェアに手を伸ばしたら…
 
 
臣)まだダメーーw
 
 
ポイッと床に落とされた。
 
 
♡)…にゃんこ…返して…///
 
 
今日は臣くんがいないから
にゃんこをぎゅってして寝てたはずなのに。
 
 
臣)こっちもダメーーw
 
 
にゃんこは臣くんの背中に隠されちゃった。
 
 
臣)もうちょっとこのまま♡
♡)……///
 
 
満足そうに私を抱きしめる臣くんの身体が
すごく熱い。
 
 
♡)背中…すごい汗だよ…?
臣)激しい運動したからねーー
♡)……ばか///
 
 
恥ずかしくなって、
臣くんの胸に顔を埋めた。
 
 
臣)んー?もう一回?
♡)違うよ!///
臣)あははは♡
 
 
冗談を言いながらも
頭を撫でてくれる手がすごく優しくて
心地いい。
 
 
♡)大好き…///
 
 
朝から幸せ。
 
 
臣)大好きなの…?
♡)うん…。
臣)寝込み襲っちゃうような彼氏でも?w
♡)……
 
 
それはちょっと困るけど…
でも…
 
 
♡)……(こくん)///
 
 
大好きだもん。
 
 
臣)はぁ、バカだなぁ…
♡)……///
臣)はぁ、可愛いなぁ…
♡)……///
 
 
甘やかすような手つきで
ほっぺを撫でられる。
 
 
♡)大好き///
 
 
今度は目を見て伝えた。
 
 
臣)……///
 
 
臣くんは照れたように口を尖らせて
 
 
臣)もっかいしてい…?///
 
 
おでこをコツンと重ねてきた。
 
 
♡)もう…ダメ…///
 
 
もういっぱい溶かされちゃったもん。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
はぁ、ほんと可愛い。どうしよう。
 
 
臣)好き。
 
 
抱きしめながら
♡のおでこにスリスリ。
 
 
♡)私も大好き♡
 
 
♡も俺の首元に潜り込んできて
スリスリ。
 
 
臣)へへへw
♡)えへへ♡
臣)俺たち朝からバカップルじゃない?w
♡)いーのっ!
  だって臣くん大阪行っちゃうし。
臣)そっか、いっか!
♡)うん!
臣)ははははw
 
 
裸のまま、飽きずにイチャイチャ。
 
 
臣)今日は撮影、午後からでしょ?
♡)うんっ!
  今日はね、ママと撮影なんだよー
臣)おお!言ってたやつか!
♡)うんっ!
 
 
佐伯さんが
♡とレイコさんが親子だってわかって
即行企画を考えたらしい。
 
 
臣)婦人誌なんて初めてじゃんw
♡)うん!だから楽しみなのー♪
臣)レイコさんによろしく。
♡)はーい♡
 
 
どんな仕上がりになるか
俺も楽しみ。
 
 
♡)明日はねっ、
  ハルくんに英語教えてもらうんだー♡
臣)え!??
♡)楽しみーー♡
臣)……
 
 
初耳です。
いつ決まったんですか。
 
 
臣)明日…仕事じゃないの?
 
 
日曜だから会社は休みだし
ほんとはa-nation観に来て欲しいところを
撮影とか入ってるから諦めたのに。
 
なのにハルくんと英会話だと?
 
 
♡)仕事は夕方に終わるから
  その後ハルくんのところ行くんだー♡
臣)は?家??
♡)ううん、会社だよ。
  ハルくんの会社の会議室で
  教えてくれるんだってー♡
臣)……
 
 
すげぇご機嫌なんですけど、この子。
 
 
臣)瞬もいるんだもんな?
 
 
二人じゃないならまぁ…
 
 
♡)ううん。
臣)!!!
♡)瞬は明日は仕事らしくて。
  また今度なの。
臣)は?
♡)だから明日は私一人で行ってくるー♪
臣)……
 
 
おい。
じゃあ会議室で二人っきりってこと?
どうなの?それ。
 
 
臣)明日のa-nationさ、
  ネットで配信されんだよ。
♡)え!そうなの?!
 
 
夕方で仕事終わるんなら
そこから大阪来いとは言わないけど
ネットで観てくれたっていいじゃん。
 
ハルくんとの約束なんて
また今度でも…
 
 
♡)観たかったなぁ〜〜〜
  でも明日はもう約束しちゃったから
  仕方ないやー。
臣)……
 
 
ふーん。やめねぇんだ。
 
 
♡)大阪暑そうだよね!
  頑張ってきてねー♡
臣)……
 
 
てゆーかお前ってさ、
俺が大阪行ってる間にハルくんに会うの
好きだよな?
 
……ふんっっ!!
 
 
♡)どしたの…?
 
 
返事をしない俺の顔を
♡が不思議そうに覗いてきた。
 
 
♡)臣くん…?
 
 
チュ…♡
 
 
♡)臣くん…?
 
 
チュ♡
 
 
♡)臣くーん♡
 
 
チュ♡
 
 
臣)……何してんの?
♡)臣くんが大阪で頑張れるおまじない♡
 
 
チュ♡
 
 
臣)……
 
 
……はぁ、可愛くてムカつく!///
 
 
ドサッ!
 
 
♡)…っ
 
 
きょとんと俺を見上げる、無邪気な瞳。
 
 
♡)ん…ッ
 
 
その唇を塞いで
柔らかい肌にまた、手を滑らせる。
 
 
♡)あ、っ…待って、///
臣)待たねぇよ。
♡)…っ
 
 
抵抗しようとする♡の手を
シーツに押さえつけて…
 
その細い手首から肘に向かって
唇でなぞっていく。
 
 
♡)や、ん…っ//
臣)…こんなとこも感じんの…?w
♡)////
 
 
恥ずかしそうに顔を背けるから
そのまま腕から脇へ…。
 
 
♡)ん…んっ!//
 
 
身を捩りながら
俺の手を握ってくる。
 
 
臣)……はぁ、
 
 
お前の肌はどこをあじわっても甘い。
 
 
臣)なんか文句ある?
 
 
唇をひと舐めして見下ろせば。
 
 
♡)……(ふるふる)///
 
 
抵抗するのを諦めたような
素直な反応。
 
そう、それでいい。
 
 
臣)このまま大人しく
  俺に溶かされてろ。
♡)////
 
 
他の男のことなんか考えられないくらい
愛してやるから。
 
 
お前は黙って俺の腕の中で
溶かされてればいい。
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
結局時間ギリギリまで
臣くんは私を離してくれなくて。
 
 
散々熱を注がれた身体を
慌てて冷ますようにシャワーを浴びて
スタジオに向かった。
 
 
♡)おはようございますっ!
佐)あ、来た来た♡ちゃん!
レ)おはよw
 
 
ママはもう着替えてメイクしてもらってる。
 
 
佐)♡ちゃんからもお願い〜〜
♡)え?
佐)今ね、レイコさんを
  口説いてるところなんだけど…
レ)ははははw
佐)雑誌に載るのは今回限りって。
  もったいないと思わない?
♡)……
佐)毎月レギュラーでお願いしますよ〜〜
レ)いやいや、もう引退したんでw
佐)こんなに綺麗なのに!!
  宝の持ち腐れですよ!!
♡)……
 
 
佐伯さんが必死にママを説得してる。
 
 
その横で私も渡された衣装に着替えてると…
 
 
女)……あらっ///
 
 
スタイリストさんが私を見て
もじもじしてる。
 
 
♡)なんですか…?
女)あ、ええと…、ううん、大丈夫///
♡)???
 
 
背中に何か付いてるのかな?
って、くるっと振り向いて鏡を見ると…
 
 
♡)!!!
 
 
何これっ!!!///
 
 
レ)ぶはっww
佐)あらあらあら…w
レ)ヤンチャだねぇ〜登坂くんw
佐)まぁ背中だから見逃しましょうw
♡)////
 
 
恥ずかしすぎて、穴があったら入りたい。
 
 
なんでこんなにキスマークついてるの!!
臣くんのバカッッ!///
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
昼過ぎには大阪について、会場入り。
 
俺たちが出るのは明日だけど
今日は他のアーティストを観させてもらう。
 
 
隆)うあ〜〜〜
  くそあっちぃ!
E)大阪ヤバイね!
健)明日はもうちょい涼しいとええなぁ。
臣)だねーー
 
 
5時間を超える豪華LIVEを楽しんで。
 
夜には長野から大阪入りした
EXILE組3人と合流した。
 
 
倖)あ〜〜三代目や〜ん!お疲れさま〜!
臣)お疲れさまです。
倖)LIVE観てたん?
N)いや、俺たち3人はさっきこっち着いて。
倖)そうなんや!
  明日トリやろー?頑張ってな〜
直)はい!
 
 
裏で演者の人たちと挨拶。
 
倖田さんには背中をバシッと叩かれて。
 
E-Girlsがわらわら挨拶に来たり
TRFと写真を撮ったり。
 
 
隆)BIG BANGマジでカッコ良かったな〜〜
臣)な!!
 
 
BIG BANGとも少し話せて
テンションが上がってると、
後ろから声をかけられた。
 
 
M)臣くん久しぶり。
臣)……あ。
M)もう来てたんだね。
臣)…明日出るから。
M)知ってるよw
 
 
MACOがクスッと笑った。
 
 
M)トリだもんね。すごいなぁ。
臣)……LIVE、観てたよ。
M)ありがと。
臣)……
M)……
 
 
何か言いたそうな目。
 
 
臣)何?
M)……臣くん、
  Cと付き合ってるの?
臣)!!!
 
 
出たーー!!
 
 
臣)付き合ってない付き合ってない!
  マジで違う!!
M)……
臣)ほんとに違う!!
M)……そんな全力で否定する臣くん、
  初めて見た…w
臣)え……
M)前と全然違うね…。
臣)……
 
 
少し寂しそうなMACOの目。
 
 
M)そんな必死になるくらい
  ちゃんと本気の人が別にいるってこと?
臣)…っ
 
 
こうやって一瞬で悟ってくるところが
女って怖ぇ。
 
 
臣)うん、そう。
M)そっか。
臣)……
M)……明日、頑張ってね。
  それじゃ。
臣)ん。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
♡)ママはどうしてもうモデルやらないの?
 
 
撮影が終わった後も
佐伯さんからのオファー攻撃は止まず。
 
ニッコリ断ったママと
久しぶりに二人でご飯中。
 
 
レ)今は自分がやるより
  若い子を育てる方が楽しいの。
♡)そっかぁ…。
 
 
そういえば臣くんも言ってたっけ。
 
 
レ)それに…
♡)ん…?
 
 
ママはグラスを持ったまま
少し遠くを見た。
 
 
レ)ママが撮ってほしいと思うのは
  パパだけなの。
♡)…っ
レ)パパね、いつかママの写真集
  撮ってくれるとか言ってたんだよー
♡)そうなの?
レ)うん。
♡)わぁ…見たかったなぁ…
 
 
懐かしそうに笑うママ。
 
私はママから聞くパパの話が大好き。
 
 
♡)パパが今も写真を撮ってたら
  どんなカメラマンになってたのかなぁ。
レ)ね〜〜〜
♡)パパが撮る写真ならなんでも大好き♡
レ)ママも〜〜〜♡
♡)あははは♡
 
 
パパの写真はなんだかあったかいんだもん♡
 
 
レ)でもねぇ、ママがまだ現役だった頃は
  パパにも女がうようよ寄ってきてて。
♡)えっ!!
レ)パパカッコイイからモテるんだもん。
♡)パパ…どうしてたんだろ?
レ)パパがどうこうする前に
  ママが蹴散らしてたけどね。
♡)ええっ!どうやって??
レ)あたしの男に
  手ぇ出してんじゃねぇぞ!!
  って。
♡)えーー!!あはははっw
 
 
さすがママ!たくましいなぁw
 
 
♡)臣くんもねっ、
  いっぱい女の子が寄ってくるんだよぉ!
レ)蹴散らせ蹴散らせw
♡)あはははw
レ)まぁ登坂くんはあんたにベタ惚れでしょ。
  他の女なんか見てなさそう。
♡)えっ、なにそれ//
レ)「愛してる」って言ってたし〜〜♪
♡)えっ!いつ?誰が!?
レ)登坂くんだってばw
♡)いつ言ってたの!?
  誰のこと!?
レ)あんた以外誰がいんのw
♡)えええっ!!
 
 
そんなの知らないもんっ!!
 
 
レ)この間あんたが帰ってきた時。
  あんた寝ちゃってたけどさ。
  瞬と一緒に話してて…
  サラッと言ってたよ、愛してるって。
♡)……///
 
 
なんか嬉しいけど恥ずかしい…
 
 
レ)まぁ背中にそんだけ
  キスマーク付けるくらいだしねぇw
♡)これは忘れて!!///
レ)あははははw
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
♡から返事来ないなーー
って思いながら
ホテルのベッドに身体を投げたら
丁度そのタイミングでLINEが鳴った。
 
 
『撮影終わった後、ママとご飯食べてきたよ🍴
 おやすみなさーい😴』
 
 
臣)おい!待て待て!
 
 
俺は慌てて電話をかけた。
 
 
♡『んーー、もしもしぃ……』
臣『もう眠そうやんけw』
♡『お風呂入ってもうベッドだもぉん…』
臣『俺も今ベッド。』
 
 
良かった、寝る前に声聞けて。
 
 
♡『眠たいからもうおやすみぃ…』
臣『えっ!』
 
 
冷たくない?!
せっかく電話したのに!
 
 
臣『ちょ、ちょ、ちょ!!』
♡『……』
臣『今日の撮影どうだったの?』
♡『……』
 
 
返事がなくて
まさか寝ちゃった?
と思ったら…
 
 
♡『……んにゃ…っ!
  そうだ!臣くんのバカっ!!』
 
 
なぜか急に怒られた。
 
 
♡『背中にいっぱい付けたでしょ!///』
臣『……あ。』
♡『ママにも佐伯さんにも見られたんだから!
  すっごく恥ずかしかったんだから!///』
臣『……』
 
 
レイコさんはさすがに俺も恥ずかしい…。
 
 
臣『なんか言われた…?』
♡『……ヤンチャだねって…。』
臣『ぶっw』
♡『何がおかしいの!もうっ!』
 
 
ぷんぷん怒ってる♡が可愛い。
 
 
臣『♡ーー?』
♡『なぁに!』
臣『好きだよ。』
♡『!!!』
 
 
俺の言葉の後、少し黙った♡は
しばらくして…
 
 
♡『私も…好きだもん…//』
 
 
少し拗ねた声で、そう言った。
 
 
臣『今から大阪来る?』
♡『なんで!』
臣『あはははw』
 
 
半分冗談で半分本気なんだけど。
 
仕事だから無理だよな。
 
 
臣『俺いなくて寂しくない…?』
 
 
なんて、寂しいのは俺なんだけど。
 
 
♡『寂しくないよ…//
  だって今朝までいっぱい
  一緒にいたもん。』
 
 
……あれ。
 
この子は足りてるみたい。
 
 
♡『にゃんことお留守番してるから
  大丈夫だよ…?』
臣『……』
 
 
またにゃんこと寝てんのか。
 
……はぁ、にゃんこと入れ替わりたい。
 
 
♡『ふぁぁ……、
  本当に眠くなってきたぁ……』
臣『はいはい、ごめんな。』
♡『また明日ね…?』
 
 
もう声が寝てるw
 
 
臣『ん、おやすみ。』
♡『おやすみ…なさぁい…。』
 
 
電話を切って
俺もバフッとうつ伏せになった。
 
 
臣)……
 
 
はーあ。
 
やっぱり俺の方が大好きだよな。
 
 
 
 
 
ーendー

スポンサーリンク

コメント

  1. ほのか より:

    え、臣くん!MACOちゃんとどんな関係なの!!
    気になりすぎる!!

  2. ユキ より:

    マイコさん(*´ω`)人(´ω`*)オヒサー♪です来月七夕の日にEXILEと三代目歌番組出ますね何歌うか楽しみですそれからEXILEライブ初めて観に行く事になりましたポメラニアン岩ちゃん生で見れるから嬉しいです( -∀・)

  3. のんちゃん より:

    おいおい、臣くん夜這いって寝込み襲うなんてどんだけぇ
    親にキスマーク見られるなんて1番恥ずかしいわ!相変わらずの甘々、ドSの臣くんですな〜。マイコさんは臣くんのソロコン参戦するの?私は、神戸、広島とも全滅だった

  4. さゆがん より:

    親にキスマークみられるのは
    公開セックとほぼ同じレベルの恥ずかしみ。゚(゚´ω`゚)゚。
    盛りつきすぎ絶倫臣さん絶好調ですね笑笑
    モニタリングの臣くん
    ちょっとビジュアル軌道修正かかってきた
    気がするのは気のせいですかねw

    • マイコ より:

      気のせいじゃない!ヾ(≧∇≦)ノ”カッコよかった!!♡♡

コメントを残す