[212]新たなトラブル

スポンサーリンク

朝起きたら♡が隣にいなくて。
 
リビングに出ると、朝ごはんのいい匂い。
 
 
♡)あ、臣くん、おはよ♡
 
 
キッチンから可愛い顔が覗いて
俺はすぐに後ろに回って、むぎゅっ。
 
 
♡)あはは♡おはよー♡
臣)おはよ…。
 
 
……はぁ、落ち着く。
 
 
♡)今ご飯作ってるからねー♡
臣)……
 
 
それより、ずっとこうしてたい。
 
 
♡)先にシャワー浴びてきたら?
臣)……
 
 
やだ。離れたくない。
 
むぎゅ…っ。
 
 
♡)臣くん…動きにくいよ…//
臣)……
 
 
それでもむぎゅ。
 
 
♡)もう…どうしたの…?//
臣)……
 
 
わかんない。
なんだろ。
 
昨日一日、不安だったせいかな…?
 
 
その反動なのか、
♡に触ってたくて仕方ない。
 
 
臣)♡……?
♡)んー?
 
 
はぁ…、柔らかい…。
 
 
臣)……シたい。
♡)え…っ
 
 
なんだろ。
ほんと離れたくない。
 
♡ん中に入りたくて仕方ない。
 
 
♡)何…言ってるの…?
  時間ないからダメだよ//
臣)……
 
 
こんなくっついてんのに…?
 
全然我慢できない。どうしよう。
 
 
臣)好き…。
♡)…あ、ダメだってば//
 
 
♡から、離れられない。
 
 
臣)俺の手がお前に吸い付いて
  離れないんだもん。
♡)何言ってるの、ばかっ//
 
 
ぺちっ!!
 
 
臣)…っ
 
 
服の中で好き勝手してた手を
叩かれた。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
臣)ううう……
♡)……///
 
 
服の中から出て行った手は
今度は私をぎゅっと抱きしめてて…
 
臣くんは後ろから
私の肩先に顔を埋めてうなってる。
 
 
臣)好き…。
♡)……///
 
 
どうしたんだろう。
寝起きだから甘えんぼモードなのかな?
 
臣くんがくっついて離れない。
 
 
臣)H…ダメ…?
♡)…ダメ…///
臣)ううう……
♡)……///
 
 
そんなにしたいのかな…?
昨日したのに…
 
 
♡)今日の夜、しようね?
臣)絶対…?
♡)うん。
臣)約束…?
♡)うん。
臣)……(こくん)
♡)……///
 
 
どうしよう。
臣くんがすっごく可愛い。
 
 
臣)じゃあ今は我慢するから
  触ってていい…?
♡)え…っ
 
 
そう言って、また服の中に侵入してきた
臣くんの右手。
 
 
臣)はぁ……///
♡)……///
 
 
触ってたくて仕方ないっていうみたいに
後ろからいっぱいすりすりして
なでなでしてくる。
 
 
臣)好き…。
♡)////
 
 
こんなに可愛い臣くん、
どうしたらいいのかな///
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
♡)じゃあ行ってくるね♡
 
 
一緒に朝ごはんを食べて
会社に向かう♡を玄関で見送るけど…
 
 
むぎゅっ。
 
 
♡)臣くん…?//
臣)……
 
 
あ〜〜〜〜もう…
離したくない。
 
ずっとこん中にいればいいのに。
 
 
♡)臣くーーん…//
臣)……
 
 
困ったように腕の中から見上げてくる
♡が可愛くて…
 
いい加減、解放してやんなきゃって思ったら…
 
 
♡)えへへ、だいすき♡♡
 
 
チュッ♡
 
 
臣)……///
 
 
可愛くチューされた。
 
 
♡)臣くんもお仕事頑張ってね♡
臣)うん…
♡)じゃあ行ってきます♡
臣)行ってらっしゃい…。
 
 
バタン。
 
 
臣)……
 
 
はぁ、行っちゃった…俺の癒し…。
 
 
迎えが来るまで暇だから
ソファーにごろんと寝転がって
昨夜の♡を思い出す。
 
 
「Hしたいなぁ…///」
 
「ね、いーい…?///」
 
 
ねだるように俺の上に乗ってきて…
死ぬほど可愛かった。
 
 
その後も…
俺のこと可愛くじっと見てて…
 
ヤキモチ妬いて…
 
 
何度も俺のこと好きって繰り返しながら
溶けていった♡。
 
 
臣)はぁ…///
 
 
ほんと可愛すぎる。
 
てゆーか俺が♡のこと好きすぎる。
 
 
臣)あああ〜〜〜〜///
 
 
ダメだ。
思い出したらムラムラしてきた。
 
頭切り換えよ。
 
 
……ええと、、
 
 
スマホを手に取ってメールを確認。
 
あ、そういえば。
その後どうなってんだろ。
まだ炎上してんのかな。
 
 
ぽちぽちエゴサしてみると…
 
 
『普通にインスタ更新してるし!😭
 なんなの臣ちゃん!説明してよ!』
『臣、このままファンのこと無視するの?😢
 こんな炎上してるのに。何か言ってよ…』
『何のんきに写真あげてんの😡
 信じらんない!弁解してよ!臣のバカ!』
『臣くん私たちのことなんて
 どうでもいいんだね…ひどいよ😭』
 
 
臣)……
 
 
昨日エリケンと撮った写真を載せてみたら
それはそれで叩かれるらしい。
 
でもなんか、どうでもいいや。
 
 
♡を充電出来たからかな…?
(全然足りないけど)
 
なんかもう、すっかりポジティブ。
 
 
否定コメント出すなって言われたら
俺に出来ることなんてもう何もないし。
 
放置するしかねぇもん。
 
コツコツ仕事するしかねぇじゃん。
 
 
臣)……あ。
 
 
『臣くんなんでこんな下品な女がいいの!
 全然可愛くないじゃん!
 姫の方が断然可愛い😭😭』
『姫みたいな子だったら良かったのに…😢』
 
 
俺と♡の雑誌の写真を引っ張り出してきて
今回のCとの写真と比べて載せてる人が
結構いる。
 
 
『臣に彼女いたら死にたいけど
 もしいるならこんな巨乳バカじゃなくて
 こういう純粋そうな子がいい😢』
『でももし姫が相手だったら
 それはそれで凹む😭
 性格良さそうすぎて辛い😭😭』
 
 
臣)ぶっww
 
 
結局誰が相手でもダメなんかーい!
ってつっこんでみるけど…
 
 
『臣ちゃん😢恋愛するならこういう子にして…
 あんな女やだよ…』
『この雑誌みたいに
 臣くんが幸せそうな顔してるなら
 彼女作るなとは言わないけど
 Cだけは嫌!無理!!』
 
 
臣)……
 
 
相手が♡だったら
ファンの反応も違ったのかな…?
 
 
最近見なくなってた俺と♡の雑誌の写真。
もうこれを機に
じゃんじゃん出回ればいいのに。
 
 
俺の彼女はあんなバカ女じゃなくて
♡なんだって…
 
声を大にして言いたい。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
M)ふぅっ!
  今日も忙しいですね!
K)昨日よりはマシだけどね。
先)夏休みの余波が憎い…
先)ほんとにねw
♡)よし!できたーーー!
 
 
今日も朝から仕事の山で、みんなバタバタ。
 
でも今日はさすがに
ご飯はまともに食べられそう。
 
お昼の音楽が流れて、手を止めると…
 
 
女)ひっ!猿田さんだ!
男)……げっ
 
猿)お疲れさま。お昼行ける?
 
 
猿田さんにポンと肩を叩かれた。
 
 
♡)猿田さん♡お疲れさまです♡
猿)ちょっと話したいことあるんだけど。
♡)わかりました!
  Mちゃんお昼行こ〜〜
M)はーい…。
 
 
それから3人でエレベーターを上がって
ビルの食堂へ。
 
 
♡)いただきまーす♡
 
 
新鮮なイチゴを口の中に放り込んだ。
 
 
M)デザートから食べるんですか?w
♡)へへへ♡
  だってイチゴちゃん♡
M)今の載せちゃおうっと。
♡)撮ってたの?!!
M)もちろんです♡
♡)……
 
 
Mちゃんって…隙がない…。
 
 
♡)えと、話したいことって何ですか?
 
 
猿田さんの方を見ると、
少し険しい表情。
 
 
猿)最近、アンチがいるのよねぇ…
♡)アンチ???
M)猿田さんのですか?
猿)違うわよ!
  そんなどうでもいい話じゃなくて!
  私なんて嫌われてるんだから
  アンチだらけに決まってるでしょ。
 
 
その言葉に固まるMちゃん。
 
 
猿)そうじゃなくて、あなたに。
♡)私…ですか…?
猿)そう。
  一応毎日SNSをパトロールして
  いろいろ調べてるんだけど…
♡)ありがとうございます。
猿)最近変なアカウントが増えてきて。
M)変なアカウント…
猿)♡ちゃんの悪口ばかり書いてるの。
♡)えっ…
猿)これ。
M)見せてください!
 
 
印刷してくれた紙を見てみると…
 
 
『モデルの姫はただの男好きww』
『姫はモデルを始めてから調子乗りまくり。
 会社でも天狗になってる。』
『モデルの姫は
 男がみんな自分を好きだと思ってる
 ただの勘違い女www』
『姫は近くで見ると全然可愛くない。
 ただの性格悪いブスwww』
 
 
M)はぁ?!何これ!!怒
♡)……
猿)まぁフォロワーも全然いないから
  影響力もないし
  ただの自己満なアカウントっぽいけど…
M)ムカつく〜〜〜!!
猿)でしょう。
  だから色々調べ上げたら
  発信源がうちの会社なのよね。
♡)えっ…
  そ、そんなの調べられるんですか?
猿)情報課ですから。
 
 
猿田さん…すごい…っ
 
 
M)うちの会社って…
猿)営業部。
M)ええっ!!
♡)…っ
 
 
それって…
 
 
M)じゃあ営業部の誰かが
  こんなこと書いてるってことですか?
猿)そういうこと。
♡)……
M)そんなの絶対あいつらだ。
  あの女たち。
猿)心当たりあるの?
M)先輩のこと僻んでる連中ですよ!
猿)どうする?潰す?
♡)えっ!
猿)いくらでも潰せるけど。
M)すごい…
♡)いいです!
猿)あら。
 
 
だって…
証拠があるわけじゃないし…
 
そんな大きな被害に遭ってるわけじゃないし…
 
 
猿)まぁこういうバカな連中は
  こういう捌け口を残しておいてあげないと
  次は何をするかわからないしね。
M)そっか…。
  一旦野放しにしといた方がいいのか…。
猿)まぁ、また違う動きを見せるようなら
  すぐに報告するわ。
♡)ありがとう…ございます…。
M)猿田さん…なんか頼もしい。
猿)ふふんっ。
♡)……
 
 
今は…
悪口書かれてるのが私だけだからいいけど…
 
これが広がったり
他の人に迷惑かけるようなことになったら
すごく嫌だな…。
 
しゅん…。
 
 
猿)ああ、あともう一つ。
M)え?
猿)元彼の写真、出回ってるわよ。
M)先輩のですか?!
猿)そう。はい、これ。
♡)…っ
 
 
見せられた写真は、
初めて付き合った△△くんと
大学の時に付き合ってた年上の□□さん。
 
 
♡)なんで…こんな写真…っ
M)こっちの方が大事件じゃないですか!
猿)あら、そう?
  まぁ有名になったら
  こういう写真が出てきちゃうのって
  あるあるかと思って。
M)これ、どっから出てきたんですか?
猿)この元彼たちのmixiとかFacebookとか
  過去のSNSを見つけて
  そこから持ってきたっぽいわよ。
♡)…っ
猿)変な写真じゃないからいいじゃない。
M)そう…ですけど…
♡)……
 
 
こんな写真も出てきちゃうんだ…。
 
確かに変な写真とかじゃないけど…
もう別れてるのに…
 
△△くんも□□さんも迷惑だよね。
 
 
♡)はぁ……。
 
 
なんだか一気に気分が重くなっちゃった…。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
臣)おはよ。
隆)おはよーー
 
 
迎えの車に乗り込むと
ご機嫌そうな隆二が先に乗ってて。
 
 
臣)なんか最近お前、
  朝から調子いいよね。
隆)え?
臣)前はテンション低いわ寝癖ひどいわ
  顔色悪いわだったのに。
隆)だって…
  美味しい朝ごはん食べてるし//
臣)ああ、そっかw
 
 
健康的で何より。
 
 
S)俺も朝ごはん作ってくれる彼女が
  欲しいぃぃ〜〜〜〜
 
 
運転席で愚痴ってるSさん。
 
 
臣)どうなのその後、♧さんとは。
隆)うーん?別に…
S)サプライズの準備を
  着々としてるんだもんねーー♪
隆)余計なこと言わなくていいから///
臣)ふーん…
 
 
そういえば引っ越しサプライズ
するんだっけ。
 
 
臣)まぁなんだかんだ仲良いのね?
隆)うん…。
  ……あ、でも。
臣)ん?
隆)最近ちょっと様子変なんだよなーー
臣)変って?
隆)……
臣)……
隆)なんていうか…ええと…///
 
 
謎にもじもじする隆二。
 
 
臣)なんだよ。
隆)やっぱ…なんでもない///
臣)変な奴。
S)てゆーか臣さー、
  ♡ちゃん大丈夫だったのー?
臣)ああ!
  うん、全然大丈夫だった!
 
 
昨日ちゃんと仲直り(?)したし。
 
 
S)そっかそっか、良かったー。
隆)写真流出してんでしょ?大丈夫?
臣)うん。出たもんはしゃーないし。
S)結構まだ炎上してるよねーー
隆)そうなの?
臣)うん。
S)ほんとファンは好き勝手言うから…
臣)まぁ仕方ないよ。
隆)え?
臣)こういうことでさ、
  俺の歌聴きたくないとか
  ファン辞めるとか言われんなら
  俺がその程度ってことでしょ。
隆)…っ
S)臣…男らしいな…
臣)結局仕事で返すことしか出来ないし。
隆)…そっか…、そうだよね…。
S)わかってくれるファンだって
  いると思うし…
  元気出してね、臣!
臣)いや、別に凹んでないからw
 
 
あれこれ言われるのは慣れてるし。
 
 
S)てゆーかさーー
  C相当叩かれてるんだよー
  見た?
臣)へ?
S)あの子インスタやってるから
  昨日見てみたんだけど…
  臣のファンからボロックソに
  叩かれてんの。
臣)マジで??
隆)あちゃーーー
S)いや、全然アチャーじゃないよ。
  自業自得でしょ。
  ザマーミロだよ。
臣)Sさん…言うねぇ…w
S)俺だって今回のことは
  腹立ってんだから!!
臣)……
 
 
どんなこと書かれてんのかなって
インスタを開いてみると…
 
 
『今すぐ消えろ。目障り🔥🔥』
『巨乳すぎてキモい。死ねばいいのに💣💣』
『臣がお前みたいな下品な女、
 本気で相手するわけないだろ。
 勘違いすんな。』
『遊ばれてるってわかんないの?
 可哀想な女。鏡見ろよ。』
『二度と臣くんに近付かないで!
 芸能界から消えてください。』
 
 
隆)うお……
  散々だね。女ってコワ……
臣)すげぇ数のコメント……
S)だってそいつ、
  匂わせコメントしてたんだよー。
臣)へ?
S)最初はさ、ファンからも
  登坂さんと付き合ってるんですか!
  どうなんですか!
  みたいなコメントが多かったんだけど…
  それに対して
  「私の口からは何も言えません♡」
  とか、わざと意味深な返信してて。
  それで一気に炎上。
臣)は…、バッカじゃねぇの…
S)うん、ほんとにバカなんだと思う。
隆)マジで自業自得だね…。
臣)はぁ……。
 
 
ほんとウザい。
 
 
臣)ねーねーーー
S)んー?
臣)俺、いつんなったら
  ♡と付き合ってるって言っていいの?
S)ぶっ、ごほっっ!!
 
 
赤信号で止まって
お茶を飲みかけたSさんが
ゴホゴホむせてる。
 
 
S)急に何言い出すのかな…?
臣)俺、いつんなったら
  ♡と付き合ってるって言っていいの?
S)誰が2回言えって言った…w
臣)大事なことだから2回言いました。
隆)あはははっw
 
 
まぁもちろん無理だって
わかってんだけどさ。
 
 
S)♡ちゃんが公表したいって言ってんのー?
臣)いやー?全く…。
S)だろうね…w
隆)臣は公表したいの?
臣)俺はいつでもしたい。
S)はぁ、もう。
  ダメだってわかってて言ってるから
  タチ悪いよねーー
臣)……。
 
 
今はダメだってわかるけど…
じゃあいつならいいわけ。
 
 
臣)だってさ、Cはすげぇ叩かれてるけど
  ♡ならいいって言ってるファンもいたよ!
S)へ??
隆)そうなの?
臣)うん。俺めっちゃエゴサしたもん。
  俺と♡の雑誌の写真、出てた!
S)うーん…
  でもそれも少数派なんじゃない?
臣)え…?
S)そんなの今だけだと思うよー。
 
 
今だけ…?
 
 
S)今はCっていう
  とんでもない比較対象がいるから
  こんな女なら♡ちゃんの方がマシー
  とか書かれてるだけでしょ。
臣)…っ
S)もし実際に♡ちゃんが相手で
  写真が出たら出たで
  今度は♡ちゃんが叩かれるんだって。
臣)……そうなのかな…。
S)そういうもん。
隆)俺もそう思うなーー。
臣)……
S)♡ちゃんのホームページが
  Cのインスタみたいに荒れたら嫌でしょ?
隆)うわーーー
  ♡ちゃんが死ねとか書かれんの?
  そんなの俺がやだ。可哀想。
臣)…っ
 
 
そんなん俺だってやだ。
 
 
S)こんな女と噂になるくらいなら
  俺の彼女は♡だーー!!
  って言いたくなる気持ちもわかるけど…
臣)……
 
 
お見通しですか…
 
 
S)そのうちほとぼりも冷めるから。
  今は我慢してーー
臣)……はーい…。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
とりあえず、これ以上写真が出てこないように
元のデータをSNSから
消してもらった方がいいってことになって。
 
△△くんと□□さんに電話したけど、
繋がらなかった。
 
 
K)ラーメン頭…
  こんなんmixiに載せてたんかいw
♡)……
 
 
『やっと付き合えた!!
 一生大事にする。
 生きてきて今日が一番幸せ。』
 
『♡と初デート。
 絶叫系苦手だけど頑張った。
 お化け屋敷で泣き出す♡、可愛すぎた笑』
 
 
K)あいつほんとにあんたのこと
  好きだったもんねぇ…
♡)……
 
 
△△くんは写真だけじゃなくて
日記をスクショしたのまで
少し出回ってて…
 
なんだか本当に申し訳ない。
 
 
K)てゆーかこの写真、
  臣広が見たら怒りそ〜〜w
♡)えっ!
K)怒るっていうか、拗ねそう。
♡)…っ
 
 
臣くんは…
まだ見てないと思うけど…
 
 
♡)臣くんに…話した方がいいかな?
K)うーん…w
  気付かないなら気付かないままで
  いてほしいよね。
  面倒臭そうw
♡)……
 
 
どうしよう。
そんな大ごとになってるわけじゃないし
変に心配かけたくないから
言わなくていいかな…?
 
 
ピロリロリロ♪ピロリロリロ♪
 
 
♡)あ、折り返し来た!
K)ラーメン頭?
♡)ううん、□□さん!
K)出な出な!
♡)うんっ!
 
 
ピッ。
 
 
♡『もしもし!』
□『♡?俺だけど。』
♡『折り返しありがとうございます!』
□『ははっw 久しぶりだね。』
♡『はい…。』
□『懐かしいな。元気にしてた?』
♡『はい。□□さんは…?』
□『元気だよー。
  ♡から電話きてたからびっくりした。
  どうした?』
♡『あの、えっと…』
 
 
なんだか言い出しにくいな…。
 
 
♡『□□さんが昔Facebookに載せてた
  私との写真が…』
□『ん?Facebook?』
♡『はい。』
□『♡との写真…?
  ああ、そういえば載せてたっけ!』
♡『はい。それが…えっと…
  Twitterとかに流れてて…』
□『え、ほんとに?!』
♡『はい…ごめんなさい…。』
□『参ったな…。
  あまりに前の写真だから
  俺もそのままにしてたし…』
♡『迷惑かけてごめんなさい。』
□『そうか。♡もモデルの仕事してるし
  そういうの良くないよな。』
♡『えっ…』
 
 
知ってくれてたんだ。
私の仕事のこと…。
 
 
□『じゃあさ、その件も合わせて…
  明日時間取れない?』
♡『え?』
□『夜。仕事終わった後でも。
  予定ある?』
♡『ないけど…』
□『じゃあ決まり。
  久々にご飯でも食べて
  ゆっくり話そうよ。』
♡『えっ…』
 
 
えっと…どうしよう。
 
 
□『写真の件も話したいし。』
♡『あの…』
□『じゃあまた。』
♡『あっ…』
 
 
……切れちゃった。
どうしよう。
 
 
K)おじさま、なんてー?
♡)えっと…
  明日ご飯行こうって言われて
  切れちゃった。
K)えっ。
♡)どうしよう…
K)写真の件は?
♡)それも明日話そうって言われて…
K)マジか。
  ま、いいんじゃない?ご飯くらい。
♡)……
 
 
写真消して欲しいってお願いする手前…
なんだか断りにくいし…
 
本当にどうしよう。
 
 
 
 
ー続ー

スポンサーリンク

コメント

  1. マイコ より:

    臣くん一択(❁´ω`❁)隆二すまんw

  2. NATSUKI より:

    ♡ちゃんどうなるの?
    Twitterは怖いね、、、、、、すぐに何でも流れるからね。
    Cはちょっとバカすぎだね、、、笑笑
    次も楽しみにしてます!

  3. Morning sea より:

    いぇーーい!もっとCのインスタ荒れろーー!!
    あっ怖いこと言ってしまった。すみません笑笑
    ♡ちゃん!ご飯行ったら何かされるかも。。。行かないで!!!

  4. のんちゃん より:

    ♡ちゃん、絶対ご飯だけでも駄目だよ!
    臣くんがイライラ拗ね臣くんになるから
    Cの馬鹿女っぷりが笑える
    臣くんは、こんな馬鹿女相手にしないから。
    隆二storyも少し待ち通しくなってきた(^_^)

    • マイコ より:

      臣くんの嫉妬深さをいまだに理解していない♡ちゃん。゚(゚^∀^゚)゚。笑
      隆二はもう少し待ってね…( ;゚³゚);゚³゚);゚³゚)次は岩ちゃん…

コメントを残す