[20]サンストーン(岩&◇Side)

スポンサーリンク

足腰立たなくなったらどうしようなんて
あたしの心配は

ギリギリセーフで

でも、あたしの身体より
かなり大きいガウンを羽織って
ベッドを降りると

シャワーに向かうあたしの後ろ姿を見て、
剛典が笑った。


岩)生まれたての子鹿かよ…ww
◇)////


誰のせいだと…//



……キィ…


バスルームに射し込む朝陽が
明るくて眩しい。


可愛い形の蛇口をキュッとひねって
ふにゃふにゃの身体を
シャワーで包んだ。


立ち上がる蒸気に
ほっと安らいだのも束の間。

ふと鏡を見れば
身体の数カ所に、紅い印。


◇)…っ///


いつの間につけられたんだろう、なんて
思い返してみても

一度につけられたのか…
何度かに分けてつけられたのか…

夜も朝も、
何度も愛し合ったせいで

予想もつかない///


あの時あの瞬間につけられたんだ、なんて
思い出せるほどの理性もなかったし

ただただ…
愛し合うのに夢中だったから。


◇)……はぁ////


顔が…熱い///



ーーー



なんとかシャワーを浴びて

部屋に戻ると


あたしのバッグの横に
プレゼントの箱が置いてあって…


◇)え…?


昨日こんなのあったっけ…?


慌ててベッドルームに行くと
箱を抱えたあたしを見て、ニヤッと笑う剛典。


岩)やっと気付いたの〜?
◇)えっ!こ、これっ…
岩)プレゼント♡
◇)…っ///


一体…何個あるの?!!


◇)開けても…いいの…?//
岩)いいよー?♡
◇)……///


ドキドキドキ…


リボンを解いて、箱を開けると…


◇)わぁぁっっ♡♡


すっごく可愛い、メイクアップコフレ!!


◇)え、え、すごい!!///
  わぁ!可愛いっっ!!♡♡
岩)気に入ってくれたー?
◇)////


ここのブランド、あたしが大好きなの…

なんで知ってるの…?

昨日のバスグッズもそうだし…


◇)……


剛典をじっと見つめると
あたしの考えてることがわかったのか


岩)何回お前の家、泊まったと思ってんのw
◇)……///


あたしの家のアイテムを見て
いろいろ覚えててくれたってこと…?


◇)このコフレ…欲しかったの…


夏限定の、すっごく可愛いやつ///


岩)ほんと?やったぁ♡
◇)////


無邪気に笑う笑顔は、やっぱり子犬みたい。


◇)もう…ないよね…?//
岩)ドキーー!!w
◇)え!!!


まさか…
まだあるの?!!


岩)実はあともう一個だけw
◇)えーーーっ!!!
岩)俺シャワー入ってくるから
  その間に見つけといて♡


剛典はにんまり笑って
あたしの頭をポンポンすると
ガウンを羽織って、バスルームに向かった。


◇)……


もう一つって…一体どこに…//


こんな広いスイートで何かを探すのも大変で
一通り見たけど何も見つからない。


◇)むむむ…一体どこに…


見当もつかないあたしは、一旦諦めた。


剛典が戻ってくる前に
メイク終わらせちゃおう。

そう思って、ポーチを取り出そうと
バッグを開けると…


◇)あああああ!!!!!!


あった!!!!!
最後のプレゼント!!!!!


◇)何…これ…


白くて小さな箱に
薄いピンクのベールのリボン。


……アクセサリー?


◇)どうしよう…開けても…いいのかな…


ドキドキドキ。


手のひらに乗せて、パカッと開けると


◇)わぁっ……///


キラキラの、ブレスレットだ。


◇)…これ…、何だろう……


繊細なチェーンのところどころに
綺麗なオレンジ色の石…?
が、キラキラしてて…


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


俺がシャワーから上がると
もじもじした様子の◇が

俺に近付いてきた。


岩)あれ、もうメイクしてる。
◇)うん…//
岩)素早いですなぁw
◇)……これ…//


あ、もうつけてくれてる。


◇)すごく可愛いんだけど//
岩)気に入ってくれた?♡
◇)…(こくん)///
岩)ははっw


可愛いなぁ…♡


岩)この石、わかる?
◇)わかんない。なぁに?
  オレンジ色…
岩)うん。
  「サンストーン」っていうの。
◇)サンストーン?
  初めて聞いた。
岩)お前の誕生石だよ?
◇)えっ!!
  あたしの誕生石、
  ムーンストーンじゃないの?!
岩)ふっふっふw


知らないんだなー♪


岩)それは6月の誕生石。
◇)え、うん。
岩)サンストーンは
  6月1日の誕生石。
◇)えっ…6月1日って…
  日にちで誕生石があるの??
岩)そうだよ。
◇)えー!知らなかったー!


才女でも知らないことがあったか。
よしよし♡


◇)なんか…
  月の誕生石より
  特別な感じがするー♡


そう言って
嬉しそうにブレスレットを眺める◇が
無邪気で可愛い。


◇)剛典……
岩)んー?
◇)こんないっぱい…ありがとう///
岩)……
◇)すっごく嬉しい♡♡
岩)…っ
◇)大切にするね♡♡
岩)……///


その全開スマイルはずるいから//


◇)えへへ…嬉しいなぁ♡♡


そう言ってるんるんしてる
小さな背中がやっぱり可愛くて

後ろから襲いたくなる。


でもさすがにこれ以上襲ったら
呆れられて嫌われそうだから

我慢、我慢。


岩)当日…さ、何か予定あんの?
◇)え、ないよ?
岩)ないんかい!w
◇)うん、普通に仕事。
岩)そっか…
◇)うん。


俺もびっしり仕事だけど…

でも…


岩)顔、見たいから
  一瞬だけでも…会いに行っていい?
◇)えっ…
岩)当日。
◇)……//


◇は俺を見て、はにかんだように俯いて
俺の前でちょこんと止まった。


◇)じゃあ…明日も会えるの…?//
岩)…っ


そう言って…
服のすそをキュッと掴む、小さな手。


◇)会える…の?//
岩)……会いたい…//
◇)…っ


ぎゅぅっ…


◇)……嬉しい///
岩)////


か、可愛いんだけど…っ

こんな…抱きついてきちゃったりして…


◇)剛典……


ぎゅぅっ…


◇)大好き…///
岩)////


俺の腰にしがみつく
小さな◇が…愛しくてたまんない。


……ひょいっ


◇)わっ///


◇を抱き上げて、ベッドに座らせた。


◇)…っ


俺は片膝だけ乗り上げて
◇の唇を奪う。


◇)んん、っ…///


甘く触れ合うキスは
何度したって、気持ち良くて

何度したって、
俺たちを欲情させる。


岩)ああ…もう…
◇)…は…ぁ…っ//
岩)感覚がバカになってるかも…//
◇)……///


何度だって

キスしたくなって

何度だって

抱きたくなって


岩)ほんと…帰したくなくなるから
  あんまり可愛い顔見せないで…//
◇)////


お前の…
可愛い言葉も…可愛い仕草も…

お前の全部が
俺を狂わせるから。


◇)あたしも…
  メーター…振り切れてるかも…//
岩)……え?


◇の小さな手が
またキュッと、俺の胸を掴んだ。


◇)キスしたいって…
  剛典に触れたいって…
  そう思う気持ちが止まんないんだもん//
岩)////


俺は◇を立ち上がらせて
ぎゅっと力いっぱい抱きしめた。


岩)ほんと、ダメ、そーゆーの!//
  やめてやめて!!//
◇)え…っ
岩)お前ね、昨日から俺のこと
  興奮させすぎ!!///
◇)…っ///
岩)今日の撮影で鼻血吹いたら
  どうしてくれんのっ
◇)鼻血?!!
岩)そーだよっ
◇)ぷっ、あははははっww
岩)……


冗談じゃないっつーの//

ちょっと思い出しただけでも
口元の緩みは抑えられないし…

こうして抱きしめてる時だって
デレデレしないように必死なんだからな!


◇)鼻血、出さないでね♡


ニコッと笑った◇の人差し指が
俺の鼻の頭に、軽くツンと触れた。


俺、これからもこうやって
こいつに転がされる気がして、ならない。



ーendー

スポンサーリンク

コメントを残す