[19]朝H(岩&◇Side)

スポンサーリンク

目が覚めて
窓の外に広がっていたのは

昨夜の夜景とは全然違うけど
同じくらい綺麗な、朝陽だった。


こんな高い場所から見るのは、初めて。


部屋のあちこちにある
可愛いバルーンアートは
眩しい朝陽を浴びて、キラキラ光ってる。


甘ったるい朝の気だるさを
もうちょっと味わっていたくて

少し起こしていた身体を
またベッドの中に潜り込ませた。


剛典を起こさないように
そっと近付くと

あたしの気配を察して
自然と伸びてきた腕に、腕枕された。


ハッキリとは起きていないだろうに
あたしのために差し出された腕も
あたしを抱きしめるもう片方の腕の重みにも

胸がキュンキュン、嬉しくなる///



剛典の胸に、顔をうずめて…
鼻を押し当てる。


あたし…剛典の匂い、大好き///


んんん〜〜〜///


岩)なーに……w
◇)!!!


起こしちゃった!!!


◇)ご、ごめん//
  寝てていいよ?
岩)……


あたしがそう言うと、剛典はクスッと笑って


岩)そんなんされたら…目ぇ覚めるわw


愛おしそうに、あたしの頬を撫でた。


◇)////


寝起きで少し掠れてる声が…
ひどく甘く、あたしの耳をくすぐる。

それに加えて、この甘い甘い瞳。


ああ…あたし…
朝から溶かされちゃいそう///


岩)……なぁに…それ…w
◇)…っ///


顔を隠していた手を、解かれた。


岩)お前は夜でも朝でも可愛いな…w
◇)////


そんな甘ったるい言葉に
本当に溶けてしまいそうで…

もう…この甘すぎる瞳を…
見ていられなくて…


◇)うううっ///


ぱしっ


岩)?!!!


剛典の目を、両手で覆った。


岩)ぶはっっwww
  何してんの!ちょ、ウケる!ww


大笑いしだす、剛典。


岩)ヤバい、あははははっww


そんなに…笑う?///


◇)だって…//
岩)あはははww
◇)恥ずかしいんだもん…//
岩)うん…、ぶくくくww


笑いすぎだし//


岩)だから俺の目、隠したんでしょ?w
  その発想が…もう…www
◇)////


バカにされてる…


岩)可愛すぎ…www


そう言ってまた、愛おしそうに
あたしを抱き寄せた。


岩)はぁ……♡♡
◇)////


ああ…どうしよう。


なんか…
幸せすぎて…

ほんと…どうにかなっちゃいそう。


岩)なんか俺…どうにかなりそう//
◇)!!!!


なぬっ!!

以心伝心ですか?!!


岩)ねぇ……


あ、すごく甘えた声。

剛典って…こんな風に甘えたりするの?

可愛い///


頭をなでなですると…


岩)朝H、しよ?///
◇)…っ


前言撤回。


可愛いと思って油断してたのに。

「朝H」って何!!
そんな単語、知りません!///


恥ずかしくなって
ぷいっと背中を向けると

後ろからふわっと、包み込まれた。


岩)なんでそっち向くの……
◇)……//
岩)朝H、していい?
◇)ダメ…//
岩)……なんで。


あ、一気に声が拗ねた。


◇)昨日…いっぱいシたでしょ//
岩)うん。だからもっとシよ?♡
◇)////


出た。
言葉が通じない、剛典ワールド。


◇)シすぎだから…ダメ//
岩)なんでぇ……


そんな甘えた声出しても、ダメだもんっ


岩)お前今日、休みでしょ?
◇)そうだよ…?
岩)じゃあいいじゃん。


「じゃあ」って…どういうこと?


岩)多少、足腰立たなくなったって
  休みならいいじゃん♡
◇)!!!!


そういう意味かーーー!!!!


◇)ダメッ!!!///
岩)なんでー!
◇)…そんなっ…
  足腰…立たなくなったことなんか…
  ないもん…っ///


ないけど…
剛典とだったら…本当にそうなりそうで
こわい///


岩)じゃあこれも俺らの
  「こんなの初めて」じゃん?♡
◇)……


ぐぬぬ…///

言いくるめる気だなー?!


岩)大体お前、自分で言ったこと忘れたの?


へ??


岩)「新しい彼氏できたら
   いっぱいHするもんっ!!!」
◇)……!!!!


ハッと振り向くと
ニヤリと上がる、剛典の口角。


岩)思い出したー?w
◇)////


思い出したし…

確かに…言ったけど…


岩)新しい彼氏♡♡


嬉しそうに自分を指差して
にんまり笑う剛典。


◇)し、知らないっ!///


あたしはまた、背中を向けた。


岩)あーあ、ずるいんだーー
◇)////


ずるいのは…剛典だもん…


岩)◇……


そうやってまた…後ろから抱きしめたり…
耳元で…そんな声…


岩)ね、シよ…?

◇)あっ…ん、ダメっ…//

岩)何今の色っぽい声///

◇)////


剛典が触るからでしょ!!



◇)…っ、やぁ、ダメだってば…//

岩)そんな可愛い声出しといて
  ダメとか言われても、説得力ない。

◇)////


あたしの防御をかいくぐるように
剛典の指先が、あたしの身体に触れて…


◇)ね、ダメ…だって…ば…//
岩)……やだ。
◇)ん…っ、///


指先一つに、
簡単に火照らされてしまうあたしの身体は
一体どうなってるの…?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


俺の動きに、敏感に反応する
小さな身体が可愛くて…


◇)ん…っ、ゃぁ…っ///


◇の息が上がれば
俺はもう

食べてしまいたい衝動を
抑えるのに必死。


◇)剛典…っ、も…ぉ…やぁっ///


やっとこっちを向いた◇は
また目を潤ませて、俺を見る。

この顔が、たまんない。


岩)何がやなの…?
◇)…っ

岩)気持ちくない?
◇)////


ばしっ


岩)いてっw
◇)エッチ!!///
岩)……ww


何それ。

すげぇ可愛いんだけど///


◇)あっ、あっ!…やぁっ!///


◇の瞳が、また潤んだ。


◇)どう…して…?//
岩)……え?


……◇の手が、俺にそっと触れた。


◇)どうして…剛典に触られると…
  こんな風になっちゃうの…?///
岩)…っ


ええと…

それは…///


◇)ダメって…思ってたのに…
岩)…っ///

◇)H…したくなっちゃう…///
岩)////


だからさ、それほんと何なの?///


抵抗したり、怒ってみたり…

なのにいきなりそうやって
素直になってみたり…


どこまで可愛いんだよ、ほんと…///


チュッ……


岩)シたくなったの…?
◇)……(こくん)///
岩)////


はぁぁぁぁ……///

可愛すぎて…死にそう…///



一つ落としたキスに、さらにキスを重ねて…


何も纏っていない俺たちの身体は

簡単に一つに溶け合った。



甘ったるい快感が…

とろけそうな幸せが…


身体の隅々に、染み渡るように…

俺たちを侵していく。




ー続ー

スポンサーリンク

コメントを残す