[185]My precious

スポンサーリンク

監)はいカットーーー!!
 
 
とりあえずワンシーン撮り終えて
次の準備が出来るまで、一旦休憩。
 
 
臣)ふぅ。
T)お疲れ、登坂っち。
臣)お疲れさまです。
 
 
こんな真夏に革ジャンとか、死ぬ。
 
 
俺もTAKAHIROさんも
すぐにジャケットを脱いで
屋内に避難した。
 
 
T)昨日a-nation出たんでしょー?
臣)ああ、はい。
  2曲だけですけど。
T)ELLYとだっけ?
臣)はい。出させてもらいました。
T)夏フェスってアガるよね〜
臣)ですねw
T)ツアーは次どこ?
臣)来週京セラです。
T)また京セラ?!
臣)はいw
T)今度は新幹線で帰ってこいよw
臣)ぶっ
 
 
そうだった。
京セラといえばタクシー事件。
 
 
T)♡ちゃん連れてかないの?
臣)平日だから仕事で。
T)ああ、そっかー。
臣)あ、そういえば今日引っ越しました。
T)ええ?!!
  いやいや、引っ越しって結構
  一大イベントじゃん?
  そんなあっさり報告しないでよ!w
臣)ああ、すいませんw
T)今日って…さっき??
臣)はい。午前中に。
T)マジか。遊びに行くわ。
臣)いつでも来てください。
 
 
引っ越しの後片付け終わったかな…?
 
Kたちが手伝いに来てくれるって言ってたし
ほとんど業者がやってくれたから
心配ないと思うけど…。
 
 
臣)……
 
 
暇になった俺は、ポチポチといつものエゴサ。
 
 
『最新号の姫、めっちゃ可愛い😍😍』
『姫が着てるワンピ欲しい😭可愛すぎ💕』
 
 
臣)なぬ!!
 
 
そうか!もうあいつの雑誌出てんじゃん!
最新号まだ見てないしっ!
 
……帰ったら見せてもらお。
 
 
ってか…
トリちゃんとの特集のやつも
もう出たんじゃねーの?
 
 
『トリちゃんと姫ちゃん可愛すぎる…
 マジ天使…何この二人…🙈💕』
『姫とトリちゃんのツーショ神すぎる✨』
 
 
やっぱり!もう出てる!!
 
 
『姫とトリちゃんの対談、
 めっちゃ恋バナしてる😳💓』
『姫が彼氏のことたくさん喋ってる!!』
『姫の彼氏、ヤバイ!!😭💗』
 
 
臣)…っ
 
 
その内容が気になりすぎて
検索しまくったら…
 
ご丁寧に記事のスクショをあげてる奴がいて。
 
 
__彼氏のどんなところが好き?
「……全部…好きです…(照)」
 
 
__誕生日はどうしたの?
「彼がサプライズでパーティーしてくれて
 家族や友達が沢山集まってくれました。」
 
 
__プレゼントは何かもらった?
「プレゼントは…内緒…です…(照)
 でも、宝物だよって…
 世界で一番大事だよって言ってくれたのが
 一番嬉しかったです(照)」
 
 
臣)……///
 
 
ヤバイ…。
読んでる俺が照れる。
 
 
『終始照れながら
 ラブラブな彼の話をしてくれた姫ちゃん♡
 次号はスペシャルインタビュー!
 姫ちゃん特集をお届けします♡』
 
 
臣)おおお…
 
 
そっか。特集はまた次なのか。
……楽しみ。
 
 
T)なんか登坂っちがニヤけてる〜〜
臣)えっ…///
T)休憩中にエロサイト見るの
  やめてください〜〜
臣)見てないっす!!ww
 
 
…って言いながら、また検索。
 
 
『トリンドルと姫ほんとに仲良し🙌💕』
『トリちゃんと姫の特集またやってほしい‼』
 
 
ふむふむ、反響はいいみたいだな。
 
 
『姫の彼氏うらやま…😭💗
 世界で一番大事とか言われたすぎる…』
『姫って彼氏いたんだね😳しかもラブラブ💕』
『姫の彼氏…お弁当も作ってくれて
 サプライズもしてくれて…どんだけ🙈💖』
 
 
臣)……///
 
 
そっか。
弁当作ったのもバレてるんだった。
照れる…。
 
 
『姫の彼氏って同じ会社の人らしいよ‼』
『彼氏と社内恋愛とか姫うらやましい💕』
 
 
臣)は?!!!
 
 
画面をスクロールしていくと
またこの間のTとのツーショットが出てきて。
 
 
『お弁当作ってくれる姫のラブラブな彼氏😭
 イケメンすぎてほんともう…😭💗』
『このイケメンがサプライズとか
 してくれちゃうの?もう鼻血…🙈💕』
 
 
臣)はぁ!!?怒
 
 
『こんなイケメン彼氏に
 世界で一番大事とか言われたすぎ😍😍✨』
 
 
なぜか♡の記事の内容と
Tとのツーショットをリンクさせてる奴も
いっぱいいて。
 
 
臣)…っ
 
 
………すっげぇムカつく!!
 
なんであいつなんだよッ!!
 
 
「嫌な態度、取らないでくださいっ…」
 
 
海璃ちゃんにはそう言われたし…
 
 
「今まで…色々…すいませんでした。」
 
 
あいつにも謝られたし…
 
 
俺も大人になって和解したつもりでいたけど…
……やっぱりムカつく!!
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
最後のダンボールも片付け終わって、
荷ほどきも全部完了!!
 
 
♡)わーい!終わった〜〜!!
K)案外早かったな。
ポ)業者さんがほとんどやってくれてたしね。
♡)みんなが手伝ってくれたからだよー!
  ありがと〜〜っ♡
M)じゃあお茶しましょーー♡
♡)うんっ!!
 
 
臣くんのオランダのお土産の紅茶を開けて。
 
Mちゃんたちが買ってきてくれたケーキで
まったりタイム。
 
 
M)今日の先輩はどうしようかな〜♪
♡)ん?
M)ケーキ食べてるとこは前に載せたし〜
K)今日は撮るならこれでしょ!w
 
 
Kちゃんが真っ白なグランドピアノを
指差した。
 
 
M)そっか!これだぁっ!
  じゃあ今日は久々に動画にしましょっ♡
♡)えっ!
M)この素敵なピアノで何か歌ってください♡
♡)…っ
 
 
急にそう言われても…
 
 
K)臣広へのラブソングにしたら?w
♡)えっ!
ポ)ピアノのお礼にね♡
♡)……///
 
 
そっか…、どうしよう。
何がいいかな。
 
 
M)どこから撮ろうかな…
 
 
素早いMちゃんはもう撮影位置を探してて。
 
 
M)よし、アングルはここだ!
  いつでもOKですよー♡
 
 
そう言われて、
ピアノの前にゆっくり座った。
 
 
♡)……
 
 
そういえば前に…
クリスタルのピアノとか…
いろんな色のピアノの写真を見てて…
 
 
「お前ならどれが欲しい?」
 
 
そう聞かれたけど…
 
あれは、そういう意味だったのかな?
 
 
私は…LIVEの隆二くんのピアノの
色当てクイズだって思ってたけど…
 
 
あんなに前から
ピアノをプレゼントするって
考えてくれてたのかな…。
 
 
♡)……
 
 
臣くんの想いに、胸がきゅってなる。
 
 
M)何歌うか決めましたー?
♡)…っ
 
 
そう言われて頭に浮かんだのは、
前にも歌ったことがある
『Happiness』。
 
 
臣くんにせがまれて歌った夜、
なんだか愛しい気持ちが溢れて
二人で泣いて…
 
あの日初めて臣くんが、
「愛してる」って言ってくれた。
 
 
何回思い出しても
心があったかくなるあの夜。
 
 
この歌なら、
臣くんへの歌だって…気付いてくれるかな?
 
絶対ずっと変わらない気持ち。
臣くんのことが大好きで…
臣くんが私の幸せなんだよ、って…。
 
 
どうか伝わりますように…。
 
 
♡)じゃあ歌うね…♡
M)はい、どうぞ♡
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
監)いや〜〜〜
  広斗いいの出てたね〜〜w
臣)あざっす…。
 
 
ムカムカしてた気持ちをぶつけるように
撮影したら
 
広斗っぽい鋭い眼光が撮れたみたいで
なんか褒められた。
 
もうこの勢いで乱闘シーンもやりたいくらい。
 
 
臣)ふん…っ。
 
 
とりあえず俺のシーンは終わったから
TAKAHIROさんも終わるまで待ってよう。
 
 
それまで…ポチポチ。
 
 
T)まーた携帯見てる。
臣)わっ!びっくりした!終わったんすか?
T)うん。
 
 
早いな!
 
 
T)登坂っちってばエゴサばっかりして。
  自分大好きか!w
臣)……
 
 
そういえば俺、
最近自分より♡の検索ばっかりしてる。
 
彼氏のくせにストーカーか?
 
 
T)引越し祝い、なんか欲しいもんあるー?
臣)えっ、いいですよそんな!
T)いやいや、手ぶらでは行けんでしょw
臣)いや、ほんと大丈夫です!
T)え〜〜〜〜
 
 
不満そうに口を尖らせるTAKAHIROさん。
 
 
T)家電とかだったらかぶっても困るし…
  食いもんにしようかな。
臣)…っ
T)前に高級肉持ってった時も
  ♡ちゃん喜んでたし。
臣)ああ、ごちそうさまでしたw
T)じゃあ今度二人で行くわ!
臣)はい!
 
 
そんなこんなで撮影も終わって。
 
 
帰りの車に乗り込んでまた携帯を開けば
♡がホームページを更新してた。
 
 
臣)あ、今日は動画だ。
  ……ピアノ…!!!
 
 
真っ白なグランドピアノの前に
♡が座ってて。
 
 
俺は慌ててタップして再生した。
 
 
〜♪〜〜♩♫〜〜♬♪〜〜
 
 
臣)……この曲…っ
 
 
♡の綺麗な歌声と、
ピアノの柔らかな音色。
 
 
『I’m always gonna be with you
 守りたいの
 世界中で一番 キミのことが 大切なの』
 
 
臣)…っ
 
 
思い出すのは、
♡が初めてこれを歌ってくれた夜。
 
 
俺への気持ちを
たくさん言葉で伝えてくれて…
 
 
自分は一番じゃなくていいって…
 
 
「臣くんは私の幸せなんだよ♡」
 
 
そう言って、笑ってくれた。
 
 
俺は…愛しさがあふれて…
初めて♡に、「愛してる」って言った。
 
 
『大好きすぎて 上手く言えないけど
 キミがいる それだけでいい
 ‘Cos いつでも
 You are my Happiness』
 
 
♡の優しい歌声で、
あの夜が一瞬で蘇った。
 
 
S)お、♡ちゃんの歌声が聞こえるーー
臣)……うん。
S)もっと大きくしてよー。
  俺も聞きたい。
臣)……
 
 
これはきっと…
♡が俺に歌ってくれたんだ。
 
 
動画のコメントには
「My precious」
そう書かれていた。
 
「私の宝物」。
 
 
臣)……
 
 
さっきまで嫉妬でいっぱいだったことも忘れて
俺の心はもう
あったかい気持ちでいっぱいで…
 
 
ああ…早く会いたい。
♡の笑顔が見たい。
 
思いきり、抱きしめたい。
 
 
臣)はぁ……好きだ…。
 
 
目を閉じてしみじみ言えば、
 
 
S)ん?俺のこと?
 
 
そんなのんきな声が運転席から返ってきた。
 
 
臣)なんでだよ!!w
S)あれ、違うのー?
臣)…いや、Sさんのことは好きだけどさ。
S)えー照れるーーやめてよーw
臣)そっちが振ってきたんだろ!w
S)俺も臣好きだよー。
臣)……そりゃどーも。
 
 
…って、なんじゃこりゃ!!
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
Kちゃん達にお礼を伝えて見送って。
 
 
一人になってからも
私は飽きずにピアノを弾き鳴らした。
 
 
これからはこうして
好きな時に弾いて歌えるんだ♡
すっごく嬉しいなぁ♡
 
 
明日は瞬と一緒に施設に行く日だから
その練習もたくさんして。
 
 
るんるん歌ってると、
突然背後からふわっと抱きしめられた。
 
 
♡)…っ、臣くん…?!
臣)ただいま…♡
 
 
振り向くと、
ニッコリ微笑む臣くんがいて…
 
 
♡)おかえりなさいっ!
  全然気付かなかった!!
臣)ピアノの音で聞こえなかったんでしょ?w
♡)うんっ!
臣)ずっと弾いてたの?
♡)うんっ♡
 
 
私が元気に頷くと、
臣くんも嬉しそうに笑った。
 
 
臣)……動画、見たよ。
♡)あっ…
 
 
見てくれたんだ。
 
……あれは……
 
 
臣)……ありがと。
 
 
またふわっと抱きしめられて…
 
 
♡)……///
 
 
説明なんてしなくても
ちゃんと伝わったんだ、って…
胸がじーんとした。
 
 
♡)臣くん……、
 
 
もっとちゃんとぎゅってしたくて
私は立ち上がって臣くんに両手を伸ばした。
 
 
臣)ん♡
 
 
優しく包み込んでくれる大きな腕。
臣くんの匂い。
 
 
♡)臣くん…大好き…///
臣)……俺も大好き。
♡)……///
 
 
どうしよう…
また気持ちがあふれてきちゃった。
 
 
♡)ううう〜〜!///
臣)出た!グリグリ攻撃!w
♡)だって〜〜!///
 
 
足りないよぉっっ!!
 
 
♡)帰ってきたらくっついていいって
  言ったもんっ!!
臣)ああ、そうだったなw
♡)ううう〜〜〜///
臣)可愛がってやるって約束したもんな♡
♡)……はっ
 
 
それは忘れてた。
 
 
臣)今すぐHしたいけど…
  先に風呂入ってくるわ。
♡)…っ
 
 
やっぱりあれはエッチな意味だったの?!///
 
 
臣)何赤い顔してんの。
♡)えっと…///
臣)なーに。我慢できないのー?
♡)えっ
臣)今すぐ欲しいんですかー?
♡)ち、違うよっ!///
臣)あはははw
♡)……ばか…えっち…///
 
 
臣くんは私のほっぺをなでなでして
お風呂に向かった。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
風呂から上がって戻ってくると
♡はリビングでストレッチしてて。
 
 
臣)Hに向けての準備体操ですか?
♡)!!!…違うってば!///
 
 
俺の冗談に口を尖らせて怒ってる。
ほんとからかい甲斐のあるヤツw
 
 
臣)でもほんとすっかり片付いたなー
♡)うんっ!
臣)Kにお礼言っとくわ。
♡)Mちゃんもー!
臣)はいはいw
 
 
ダンボールは綺麗にまとめられてて
俺がいない間にすっかり完成してた家の中。
 
 
臣『引っ越し手伝いありがとうね🙌』
M『今度お泊まりさせてくださいっ😆💕』
臣『いつでもどうぞ笑』
 
 
Mちゃんからはすぐに返事が来て…
 
 
臣『今日は手伝ってくれてありがと✨
  ポールにも伝えといて🙏』
 
 
Kにも送ると…
 
 
K『お礼ならピアノでいーよ👍🎹』
 
 
そんな返事が返ってきた。
 
 
臣『破産するわ!😂』
K『♡以外にはケチだなオイ。』
臣『今度何かご馳走します…🙏』
K『👍』
 
 
Kは相変わらずLINEも男前だな…。
 
 
臣)……さて。
 
 
キッチンで
明日のご飯のタイマーをかけてる♡。
 
 
臣)おーい。
♡)なぁにー?
 
 
呼んだらニコニコ飛んできた。
 
 
臣)彼氏の全部が大好きな♡さん。
  最新号見せてよ。
♡)えっ!!
 
 
俺の言葉に♡は一瞬目を丸くして…
 
 
♡)もう…見たの…?///
 
 
少し照れたようにそう言った。
 
 
臣)ネットで少しだけねー。
  ちゃんと見たいから見せて。
♡)……///
 
 
俺がそう言うと
もじもじしながら部屋から持ってきてくれた。
 
 
臣)どれどれ〜〜
  どんだけ俺のことノロけてんのかな〜
♡)恥ずかしい…///
  やっぱり見ないでっ!
臣)あ、返せこのやろっ!!
♡)やだーーっ///
 
 
恥ずかしがる♡から雑誌を奪い取って、
二人の特集ページを開いた。
 
 
臣)あ、この写真は初見です。
♡)……
臣)トリちゃんと色違いなんだ?
  可愛いじゃんw
♡)……
臣)「大好きが爆発したら
   彼に猛突進しちゃうんです。」
♡)はわわっ…///
臣)「彼は呆れながら
   ぎゅむぎゅむしてくれます。」
♡)もうやめてーーっ!///
臣)ぶはっww
 
 
隣で顔を真っ赤にしてる♡が可愛くて。
 
 
臣)今日も何回突進されたことか…
♡)…っ///
臣)ほんと激しいからな〜うちの彼女。
♡)////
 
 
♡は俺の腕におでこをすり寄せて
何も喋らなくなった。
 
 
臣)愛されすぎて困っちゃうな〜〜
 
 
調子に乗ってほっぺをつんつんすると…
 
 
♡)…っ///
 
 
♡がほっぺを膨らませて
俺をキッと見上げた。
 
 
臣)おわぁっ!!
 
 
ドサッ!
 
 
臣)…イノシシに…押し倒された…っ
 
 
俺に跨ってる♡を見上げると…
 
 
♡)臣くんのことが…
  大好きだからだもんっ///
 
 
そのまま唇を塞がれて。
 
 
やけくそみたいなチューは、
俺が♡の髪に手を差し込んだら…
 
甘いキスに変わった。
 
 
何度も降ってくる♡の可愛いキスを
受け止めながら…
 
髪に絡めた指先で、もっと引き寄せて。
 
 
キスが濡れて、深くなる頃には…
 
 
♡)…は…ぁ…、…///
 
 
♡の甘い吐息と身体の温度に、
俺もとっくに欲情してた。
 
 
臣)……ベッドじゃなくていいの…?
 
 
頬を撫でてそう聞けば…
 
 
♡)もう…止まんないよ…///
 
 
そんな可愛い言葉と♡の身体が
胸の上に落ちてきて。
 
 
甘い夜の、帳も下りた。
 
 
 
 
 
ーendー

スポンサーリンク

コメント

  1. kニャン より:

    二人は籍入れますかね?(╹◡╹)

  2. ユキ より:

    臣君新しい家になってもイチャイチャモードになりましたね私マイコさんのストーリー見ながら癒されます隆二君の新曲MVますますカッコ良くなりましたね(*^^*)

  3. さゆがん より:

    この動画のちに
    臣のSNSの画像とかから
    姫の撮影場所と一緒!?
    とかなったりします♪⁇
    ♡ちゃんなら公認カップルありだなぁー
    現物も浄化してほしい。。。笑

    • マイコ より:

      敏腕Mちゃんがいるので、そんな凡ミスは起きない予定ですぜ(❁´ω`❁)たぶん…笑
      公認カップルになれるかどうかは…まだまだ遠い先のお話でございます…(早く書きたい!w)

  4. のあ より:

    初コメント失礼します!いつも楽しみに読ましてもらってます(๑•ᴗ•๑)♡

    臣くん&♡ちゃんstoryラブラブすぎてみてていつもニヤけてます*ˊᵕˋ)੭
    はやく公表して、外でラブラブしてほしいです(ᐥᐜᐥ)♡ᐝ

    • マイコ より:

      のあさんヽ(*^ω^*)ノ初コメありがとうございます♡
      私も早くこの二人には堂々とラブラブしてほしいです〜〜
      待っていてください♡

  5. さゆれ より:

    どんだけこの二人はラブラブなんだぁ〜(*´艸`)恥ずかしくなってきました(笑)
    二人が思いやってるからなんだろうけど、こんだけ好きになった人なんて、今までいないかも( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)

  6. ららちゃん より:

    臣くん♡ちゃんに癒され癒され
    毎日ニヤニヤして寝れます。(笑)

    岩田の暗黒期は泣けてきちゃうし
    今市さんのそわそわモヤモヤキュンは
    心臓がついていかないし

    臣くんカップルだいすきだいすき
    ありがとうございます!

コメントを残す