[174]すりすり(隆二&♧Side)

スポンサーリンク

隆二くんの家に来てからもう一週間。
 
 
あの一件で3kg落ちた体重は、2kg戻って。
身体は元気だし、仕事も元通り。
 
 
少し驚いたのは、
連休明けに施設に行った時に
皆が隆二くんを私の彼氏だと思ってたこと。
 
 
「いつの間にあんな素敵な彼氏見つけたの!」
「瞬くんに片想いしてたと思ってたのに〜!」
「ほんとびっくりしたよー!」
 
 
口々にそう言われて…
 
慌てて、彼氏じゃないんですって言ったら
 
 
「そうなの?今市くんは♧ちゃんのこと
 大事な人だってハッキリそう言ってたよ。」
 
 
そう言われて。
 
 
嬉しさと恥ずかしさで、
一気に顔が熱くなった。
 
 
それに…
 
連休のお礼を伝えたら、
今市くんからも連絡もらってたよ。
って言われて。
 
 
隆二くんは私の知らないところで…
私の体調が良くなったこと、
もう心配いらないこと、
それと、お休みありがとうございますって
わざわざ電話してくれてたみたいで…
 
そんな隆二くんの優しさに、
胸がじーんと熱くなった。
 
 
休みの日にでもまた連れておいでって
みんなそう言ってくれて…
隆二くんはもう大人気。
 
 
「今度ゆっくり案内して。」
 
 
そう言ってくれてた
隆二くんの言葉も思い出して…
 
心がほっこりあたたかくなった。
 
 
 
……そんな隆二くんは…というと…
 
 
♧)……///
 
 
今日もまた、
私をぎゅってしながら
スヤスヤ寝息を立てていて。
 
 
こうして抱きしめるの…
隆二くんの癖なのかなって思ってたけど
三日前に聞いてみたら、
 
 
「俺、寝相いい方だし
 寝てる間に無意識でそんなこと
 しないもん!!」
 
 
そう言われた。
 
 
じゃあどうして私のこと、
毎日ぎゅってしてるのかなって思ったら…
心を読まれたみたいに、
 
 
「好きだからじゃない。」
 
 
そう言われて。
 
 
びっくりして、聞こえないフリをしたら
もう一度同じセリフを言われて…
 
恥ずかしくて、
いっぱいいっぱいになった私は…
 
 
「……知ら…ない…///」
 
 
そんな返事しか返せなかった。
 
 
隆二くんは…
ほんとに私のことが好きなのかな?
って…
 
ドキドキして…
 
 
それからも毎日、
起きたら抱きしめられてて…
 
朝、お見送りする時の儀式も
相変わらずで
 
夜、お出迎えする時の儀式も
そのままで
 
 
いっぱいいっぱい、ぎゅってされる。
 
 
♧)////
 
 
私は隆二くんが好きだから…
 
ぎゅってされるのも
おでこにチューされるのも
キッチンですりすりされるのも
 
全部全部、ドキドキするけど嬉しくて…
 
 
でも。
 
 
「好き」とかそれっぽい言葉は
あの日以来、全く言われないから…
 
自分からは、聞けない。
 
 
聞いて、違う答えが返ってくるのが
怖いから。
 
 
今は、こうして側にいられるだけで
信じられないくらい幸せで…
 
毎日毎日、本当に幸せで。
 
 
だから…このままでいたいの。
 
 
ドキドキ…
 
ドキドキ…
 
 
抱きしめられてる腕の中を
少しだけよじのぼって
隆二くんの顔を見上げた。
 
 
♧)……///
 
 
……大好き。
 
 
毎日、気持ちが溢れそうになる。
 
 
…まだ、寝てるから…
 
少しだけ…すりすりしてもいいかな…?
 
 
ドキドキ…
 
ドキドキ…
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
うっすら目が覚めてきて
でもまだ眠気もあって。
 
 
そんなまどろみの中で
腕の中のぬくもりに気付いて…
 
 
隆)……
 
 
ああ、俺…
ほんとに♧のこと抱きしめてる。
 
初めて自覚した。
 
 
「朝…起きたら…
 毎日…ぎゅって…されてる…///」
 
 
数日前に♧にそう言われたけど…
 
俺ってばほんとに毎日
こんなことしてたんだ…。
 
 
隆)……
 
 
でも…気持ちいい…。
 
このまま…離したくない。
 
 
そんなことを思ってたら、
♧が少し動いて。
 
 
起きたのかな?って様子を窺ってると…
 
♧の顔が、すごく近くまで来た気配。
 
 
俺がじっと寝たフリをしてると…
 
 
……すりすり…
 
 
隆)?!!///
 
 
首元に感じた、♧のおでこの感触。
 
なんか可愛くすりすりされてて…
 
 
♧)んん…、///
 
 
すりすり……
 
 
隆)!!!////
 
 
今度は…
 
♧が俺の首元に顔を埋めたのがわかった。
 
 
この子…
何してんの?!!///
 
 
バクバク…
 
バクバク…
 
 
寝てるフリがバレそうなくらい
心臓が音を立て始めて…
 
 
すりすり…
 
 
♧はそのまま俺の首元に顔をすり寄せた後、
 
 
♧)……はぁ…///
 
 
小さく息を吐いて、
俺の腕からすり抜けていった。
 
 
……パタン。
 
 
隆)…っ///
 
 
寝室から出て行ったのがわかって、
ようやく開けた瞼。
 
 
心臓はまだ…バクバクしてて…
 
 
♧にすりすりされた感触が
すげぇリアルに残ってる首を
 
思わず手のひらで覆った。
 
 
隆)////
 
 
……今の…、何?!///
 
 
そ、そ、そりゃー…
俺だっていっつも…
 
キッチンに立ってる♧を後ろからハグして
勝手にすりすりしたりしてるけど…
 
 
するのとされるのとじゃ、全然違う。
 
違いすぎる…!!!
 
 
隆)……はぁ///
 
 
朝から刺激が強くて、思わず息を吐いた。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
ドキドキ…
 
ドキドキ…
 
 
寝てる隆二くんに…
勝手にすりすりしちゃった。
 
 
♧)……///
 
 
隆二くんにたまにされるけど…
 
されるのとするのとじゃ、全然違う。
 
違いすぎる…!!!
 
 
♧)はぁ…、///
 
 
隆二くんの生肌の感触が
リアルに蘇って、
 
なんだか顔が熱くなる。
 
 
私はそれを誤魔化すように顔を洗って
いつも通り、朝食の準備を始めた。
 
 
今日は仕事はお休み。
 
隆二くんは生放送のお仕事があるみたいで
♡ちゃんも来るから
良かったらおいでって言ってくれて
私も一緒に行く予定。
 
 
隆二くんのお仕事は
私とは全然ジャンルが違うし
知らないことばかりの未知の世界で
なんだか楽しい。
 
邪魔にならないように
端っこからこっそり見てるんだ。
 
 
 
……
 
 

 
 
 
隆)……おはよ。
 
 
ご飯が出来て、そろそろ起こしに
行こうかなって思ってたら
 
先に起きてきた隆二くん。
 
 
♧)……///
隆)……///
 
 
さっき勝手にすりすりしちゃったから…
なんだか恥ずかしくて、顔が見れない。
 
 
♧)えっと…、おはよ…///
隆)……うん///
 
 
小さく返事をすれば、
隆二くんは真っ直ぐ顔を洗いに行った。
 
 
ドキドキ…
 
ドキドキ…
 
 
ご飯とお味噌汁を装って…
テーブルに並べて。
 
戻ってきた隆二くんと向かい合って
手を合わせる。
 
 
隆♧)いただきます…//
 
 
……なんか、今日の隆二くん…
少し変だな…。
 
 
いつもはもっと元気で
「いただきまーす!」
ってニコニコしてるのに…。
 
 
私が意識してるせいで
そう見えちゃうのかな…?//
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
なんか…
♧が俺をチラチラ見てきて…
 
その度に俺はさっきのすりすりを
思い出しちゃって…
 
 
隆)……///
 
 
あれは何だったんだろうって
ご飯を食べながら頭の中はそればっかり。
 
 
♧)お魚…どうかな…?
隆)えっ?あっ!うん!美味しい!!
♧)本当…?
隆)うん!ほんとに美味しい!
  毎日美味しい!全部美味しいっ!!
♧)……ふふっw
  それは褒めすぎだよーw
隆)だってほんとだもん!!
♧)……ありがとう…//
 
 
♧の朝ごはんを食べるようになってから
なんかほんと、身体も調子良くて。
 
毎日ありがたいなぁなんて
すげぇ感謝してんだから…!
 
 
♧)今日は何時出発なのー?
隆)あ、んっとね、11時過ぎに
  マネージャー迎えに来る。
♧)そっか。
隆)一緒に乗ってこうね♡
♧)うん♡
 
 
へへへ…
今日は♧と一日一緒だ♡
 
 
それから時間まで、
俺は今日の歌の声出しとかをして
喉を開いて。
 
時間通り迎えに来たマネージャーの車に
♧と一緒に乗り込んだ。
 
 
♧(今日はSさんじゃないんだね…)
 
 
♧が小さな声でそう言うから
マネージャーは今は6人いるんだよって
教えてあげたら
すごくびっくりしてた。
 
6人いても足りないんだけどね。
 
 
今日の会場は代々木体育館。
 
楽屋に入ると
臣がメイクしてもらってる最中で。
 
その後ろで雑誌を読んでる♡ちゃんが
俺たちに気付いてニッコリ笑った。
 
 
♡)♧さーーん!♡
♧)♡ちゃーん!♡
 
 
なんだかいつの間にか仲良しだな…。
 
 
臣)おはよ。
隆)おはよ。
 
 
俺も先にメイクしてもらっちゃおう。
 
 
隆)お願いしまーす。
 
 
鏡の前に座ると、
後ろから俺をじっと見つめる♧が映ってて。
 
 
隆)どうした?w
  座ってていいよ?
 
 
俺がそう言うと、
 
 
♧)男の人もお化粧するの…?
 
 
なんて驚いてて…
 
 
臣)あはははw
♡)するんですよー♡
 
 
メイクさんもみんな笑ってる。
 
 
♧)ヘアセットだけだと思ってた…
  知らなかった…
 
 
♧は目を丸くして
まだ俺をじーっと見てて。
 
 
女)はい、登坂くん完成。
臣)あざーっす。
 
 
臣が立ち上がると
鏡の中の♧の視線は臣の方を向いて…
 
 
♧)わ…お肌が…つるつるに…
 
 
なんて言って、驚いてる。
 
 
リアクションがいちいち初々しくて
面白くて可愛いw
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
女)はい、今市くんも完成。
隆)ありがとうございます。
 
 
ヘアメイクを終えて
こっちを振り向いた隆二くんは
なんだかキラキラ。
 
 
隆)終わったよー♡
♧)……///
 
 
お肌がつるつるだ。
 
 
隆)カッコ良くなったー?
♧)……(こくん)///
 
 
私が頷くと、
隆二くんはへへって嬉しそうに笑った。
 
 
別にメイクしてなくても
カッコイイんだけど…
 
髪型もビシッとしてて
寝起きの可愛い隆二くんとは
また違って…
 
ドキドキドキ…///
 
 
N)おはよーーー
健)おはよーございまーす。
  お!♧ちゃん!おはよ!
♧)健ちゃん!おはよう!
岩)おはようございまーす。
 
 
それから続々パフォーマーも到着して。
 
 
♡)あ、Sさーん!
  パン焼いて来ましたよー♡
S)おおお!♡ちゃん!ありがと〜〜!!
 
 
Sさんは♡ちゃんからパンを受け取って
ニコニコ嬉しそう。
 
 
私も何か作って来た方が良かったのかな?!
 
 
健)なんでSさんにパンあげてんの。
♡)お家探してもらったお礼だよー♡
健)ああ、引っ越すんやっけ?
♡)うんっ♡
 
 
はっ…
もしかして…
私のお家を探してくれてるのも
Sさんなのかな?!
 
 
E)こっちのパンは何ー?
♡)それは余って臣くんにあげたやつだよー。
E)えーー食べたい。
♡)いっぱいあるからいいよー♡
直)俺も食べたい。
♡)どうぞー♡
隆)俺もーーー
 
 
美味しそうな♡ちゃんのパン。
 
私も食べたいなって思ってたら
最後の1個は岩ちゃんの口の中へ。
 
 
岩)美味ーい!
♡)へへ、良かった♡
隆)半分こしよ♡
♧)うん♡
 
 
ふかふかのバターロールを
隆二くんが半分分けてくれた瞬間、
 
 
臣)あーーーー!!!
 
 
臣くんの絶叫が楽屋に響いた。
 
 
臣)なんで!??
  パン1個もねぇじゃん!!!
 
 
あ……、
 
 
臣)食べようと思って
  カフェオレ買ってきたのに!!
皆)……。
 
 
空っぽの袋を見て
ショックを受けてる臣くん。
 
みんなは気まずそうに
手に持ってる食べかけのパンを
急いで口の中に入れた。
 
じとーっと周りを見る臣くんと
目を合わせないようにして。
 
 
♧)えっと…臣くん…ごめんね…
 
 
私がまだ食べてない半分を
返そうとすると…
 
 
♡)あ、いいんです!
  ♧さん食べてください!
 
 
♡ちゃんがそう言ってくれて…
 
 
♡)臣くんにはまた焼いてあげるからね♡
 
 
口を尖らせてる臣くんに
ニッコリ笑いかける♡ちゃん。
 
 
臣)俺一個も食べてないのに!
♡)だってなくなっちゃったもん。
健)早い者勝ちや!w
E)へへへ、ごめんw
 
 
みんなは笑ってるけど
臣くんの口は尖りっぱなし。
 
 
♡)また焼いてあげるってば〜
  ねっ?
 
 
♡ちゃんがそう言っても
臣くんは拗ねてて。
 
 
なんだか臣くん…
この間の隆二くんみたい…。
 
 
♡)もぉ〜〜〜
  今回はSさんに焼いたんだから
  臣くんにじゃないよっ
 
 
ああああ!♡ちゃんっ!
 
拗ねてる子供にそんな言い方したら…っ
 
 
臣)何それ。ムカつく。
 
 
ほらーー!!
 
 
臣)…っ
 
 
臣くんはガタンと立ち上がると
隣に立ってた♡ちゃんの後頭部を
グイッと引き寄せて、
 
強引にキスをした。
 
 
♧)!!??///
 
 
いきなりの光景に言葉を失ってると…
 
 
健)お前はムカついたらチューするんか!!
N)どんなんだよ!!
岩)チューしたいだけでしょ…w
直)ほんとにもう…w
 
 
みんなは普通に笑ってて…
 
びっくりして固まってる私に、
 
 
隆)いつものことだからw
 
 
隆二くんが笑いながらそう教えてくれた。
 
 
♡)ばか…っ///
臣)はぁ?誰がバカだこんにゃろ!
♡)やーーっ、離して〜〜!///
 
 
二人は仲良くじゃれ合ってて…
 
 
♧)……///
 
 
そうか、いつものことなのか…。
 
ちょっとドキドキしながら
自分にそう言い聞かせた。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
リハも簡単に済ませて
挨拶回りも終えて
 
楽屋での待機時間。
 
 
臣)この棚いいじゃん!
♡)ほんとだー!オシャレ!
臣)使いやすそうだよ、ほら。
♡)ここ開くんだね!
  ……あ、でも…高い。
臣)そんな変わんないじゃん。
  どうせ買うならいいの買おうよ。
♡)そっか!
 
 
臣と♡ちゃんは
新居の家具を一緒に選んでて
なんだか楽しそう。
 
 
♡)このテーブル可愛い♡
臣)あー、お前好きそう…w
♡)でもリビングには合わないかぁ…
臣)お前の部屋には合いそうだけどね。
 
 
そんな二人を見て、
 
 
♧)……いいなぁ…。
 
 
♧がボソッと呟いた。
 
 
隆)…っ
 
 
今、「いいなぁ」って言った?!!
 
 
いいなぁって…何が!?
 
ラブラブな二人が?
 
それとも
♡ちゃんが可愛いって言ったテーブル?!
 
 
俺がオロオロしてると
♧はこっちを向いて…
 
 
♧)引っ越すんだね、♡ちゃんと臣くん。
 
 
そう言って羨ましそうに笑った。
 
 
隆)…っ
 
 
もしかして…
「いいなぁ」って、引越しのこと?!
 
 
♧…、引っ越したいの!?
 
今の家、やなの?!!
 
 
隆)…っ
 
 
確かに…臣んとこみたいに
♧の部屋を
ちゃんと用意してあげたわけじゃないし…
 
クローゼットに俺の服も
かかっちゃってるし…
 
やっぱり自分の部屋が欲しいのかな?!
 
 
もう俺も引っ越す?!!
 
 
♡)新しく作るスタジオも楽しみだね♡
臣)うん。
 
 
はっ!そうだ!!
 
俺もスタジオ作りたいんだった!!
 
 
隆)…っ
 
 
こうなったら…
やっぱり俺も引っ越すか。
 
 
そしたら…
ちゃんと♧の部屋も作ってあげられるし。
 
 
♧がこのまま俺の家にいたいって
自分からそう思ってくれたらいいなって
思ってたけど…
 
 
「このまま俺の家で一緒に暮らそう?」
 
って言うより…
 
「新しい家で二人で一緒に暮らそう?」
 
って言う方が、
カッコ良くない!?
 
 
隆)あっ!
 
 
そうだ…!!
 
♧が欲しがってたもの…、
なんだっけ!!
 
 
前に…宝くじが当たったらって
むーちゃんと話してた時に…
 
 
「本棚が欲しいです…
 あとは…お洋服ももう少しだけ
 欲しいかな…」
 
 
そう言ってた!!
 
 
それから…
  
 
「ミシンが欲しい!
 そしたらもっといっぱい
 色んなもの作れるし…」
 
 
……これだ!!!
 
 
隆)……よしっ!!
 
 
俺、決めた!!!
 
 
♧が喜んでくれるような新居を探して
♧の部屋に♧が欲しがってたもの
全部用意しよう!!
 
 
本棚も買ってあげて、
洋服…は、俺が勝手に選んじゃおう。
 
♧に似合いそうで…
俺が着てほしいやつ。
 
 
それから、
ミシンは使いやすくて高性能なやつ!
 
いっちばんいいやつを買ってあげよう!!
 
 
隆)…っ
 
 
そう決めたら、なんだかわくわくしてきて
いてもたってもいられなくなってきた。
 
 
全部全部用意して…
 
そうだ、その時にちゃんと告白しよう。
 
 
好きだから、一緒にいたいって。
 
これから先もずっと
俺のそばにいて、って。
 
 
隆)決めた…っ!!!
 
 
思わず立ち上がると、
♧が驚いたように俺を見上げた。
 
 
♧)隆二くん…どうしたの?
隆)…っ
 
 
ごめん…。
脳内で一人で大暴走してた。
 
 
でも…、でも…、
 
 
隆)待っててね!!♡
♧)え…っ?
 
 
もう俺の心はウキウキして止まらない。
 
 
 
 
ー続ー

スポンサーリンク

コメント

  1. さゆがん より:

    えーー隆二くんかわいい
    みてるこっちもぽやぽやしちゃいます♡♡
    でも全部用意してから告るの大丈夫かな^^;
    ♧ちゃん困らないかな(笑)

    • マイコ より:

      ♧ちゃんどんな反応するかな…。゚(゚^ω^゚)゚。

  2. 明日花 より:

    隆二sideだ!!!!!ドキドキしっぱなしで可愛いかった!!もう、付き合っちゃえ!!!

  3. ☆SHIORI☆ より:

    臣が最近、大胆になってきた気がするわ〜wwラブラブやなー

コメントを残す