[169]抑えられない二人

スポンサーリンク

今日は一週間ぶりに臣くんが帰ってくる日。
 
 
夕方には帰れるから
一緒にご飯食べようってLINEが来て。
 
私は定時で上がってご飯の用意♡
 
 
お風呂ももう用意したし、
臣くんを出迎える準備は万端です♡
 
 
♡)早く帰ってこないかな〜♡
 
 
臣くんは海外を満喫してきたみたいで
写真もいっぱい送ってくれたけど、
帰ってきたらPCで全部見せてもらうんだ♪
 
 
__ガチャッ
 
 
♡)!!!
 
 
帰ってきたぁっ!♡
 
 
♡)臣くんっ!!!
 
 
すぐにドアを開けて玄関に飛んでいくと、
臣くんが両手を広げて
ぎゅむっと抱きとめてくれた。
 
 
臣)ははは、ただいま♡
♡)おかえりーっ♡おかえりーっ♡
臣)またイノシシになってる、この子w
♡)イノシシでもなんでもいいもんっ!
  臣くーん♡臣くーん♡
臣)はいはい、わーかったからw
♡)おかえりなさーいっ♡
臣)よしよし♡
 
 
はぁ…
一週間ぶりの臣くんだ♡
 
 
臣)……靴脱いでいい?w
♡)まだぎゅーー!!
臣)はいはい…w
 
 
臣くんにしがみついて、胸にすりすり。
 
 
♡)えへへへ♡
 
 
臣くんだー♡
臣くんだー♡
 
 
臣)あの…そろそろ家に入れてw
♡)もっとぎゅー!!
臣)あとでいっぱいしてやるから!w
♡)……むぅ。
 
 
仕方なく離れて、一緒にリビングに戻った。
 
 
臣)これお土産な。
 
 
ドサッ。
 
 
♡)わぁ!いっぱいある!
臣)みんなにも買ってきたし。
  お前のはー、これとー、これ。
♡)わーーい♡
 
 
なんだろ♡なんだろ♡
 
 
♡)えへへ♡ありがとう♡
 
 
むぎゅっ。
 
 
臣)また抱きついてきたw
♡)臣くん♡臣くん♡
臣)も〜〜〜〜〜
  どんだけ寂しかったの、お前はw
♡)だって…
 
 
一週間もいなかったんだよ?
離れたくないもん。
 
むぎゅぅ…っ
 
 
臣)わかったからw
  ほら、お土産はあとにして
  ご飯食べよ、ご飯。
♡)あ、お風呂もあるよ?
  ご飯先に食べる?
臣)あーー、じゃあ風呂入っちゃおうかな。
  ずっと飛行機で疲れたし。
♡)うん♡
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
はぁ、久しぶりの我が家は
やっぱり落ち着くなー♪
 
鼻歌を歌いながら身体を洗い流して。
 
 
久々に会えた♡が可愛すぎるから
いつ襲おうかな、なんて
るんるん考えてる俺。
 
 
臣)ぷはーーーっ♪
 
 
お風呂に浸かって深呼吸。
ああ気持ちイイ。
 
 
……カタン。
 
 
臣)ん…?
 
 
物音がしてドアの方を見ると…
♡の影。
 
 
臣)♡ー?
♡)……
臣)何してんのー?
♡)……
 
 
俺が声をかけると、
ドアがゆっくり開いた。
 
 
♡)寂しいからここにいてもいーい?
臣)…っ
 
 
ちょこんと可愛く覗いて
そんなことを言って。
 
 
臣)何それw
 
 
俺が思わず笑うと、
ほっぺを膨らませた。
 
 
♡)近くにいたいんだもん…//
臣)……
 
 
どんだけ可愛いんだよお前は。
 
 
臣)じゃあ一緒に入ればいいじゃん。
♡)ううん、いい。
臣)なんで!w
 
 
そこにいるなら入れよ!w
 
 
♡)近くにいたいだけだから
  ここでいい。
  ここでもお話できるもん。
臣)入ったらイチャイチャできるよ?
♡)……いい。
 
 
なんでやねん!
 
 
臣)早く来いw
♡)やだ。
臣)なんで!
♡)だって…
  私が後に入ったら
  全部見えちゃうもん…。
臣)……
 
 
なるほど、そういうことね。
 
一緒に入る時は
お前がいっつも先だもんね。
 
で、必死に身体隠してるもんね。
 
 
臣)じゃあ絶対見ないから。
♡)……
臣)お前が洗ってる間、
  俺ずっと目ぇ閉じてる。
♡)……
 
 
って言っても、
疑いの目で俺をじーっと見てる。
 
 
臣)ほんとだって!w
  見ないから!早く入んなさいw
♡)……ほんと…?//
臣)うん!
 
 
やっと俺を信用したのか、
服を脱ぎ始めた様子の♡。
 
…シルエットが…なんかエロい。
 
 
♡)…えっと…入るよ…?
臣)おう。
♡)目、閉じてる?
臣)閉じてるよ。
 
 
……キィ…。
 
バタン。
 
 
♡)閉じてる??
臣)閉じてんじゃん!!w
♡)絶対開けたらダメだからね!?//
臣)はーい。
♡)絶対だよ?!//
臣)俺を信用しろw
♡)……わかった//
 
 
そう言って♡はシャワーをひねった。
 
もちろん俺は…
 
目、開けるよね〜〜〜
 
 
臣)…っ
 
 
たまに用心深い♡が
こっちを向いて俺をチェックするけど…
 
その時はちゃんと目を閉じて
鼻歌を歌いながら誤魔化して。
 
 
気配を伺いながら、
またうっすら目を開ける。
 
 
臣)……
 
 
……ほんと…綺麗な身体。
 
って、思わず見とれて。
 
 
背中のラインとか…
ウエストのくびれとか…
 
脚もほんと綺麗だし…
 
 
♡)見てなぁい?
臣)おう。
 
 
ああーーーー
正面から見たい。
 
でもこの見えるか見えないかくらいが
またエロい。
 
 
はぁ…触りたい。
すっげぇムラムラしてきた。
 
 
♡)目、閉じてる?
臣)閉じてるってw
 
 
しつこい奴だな!
そんなに俺が信用ならんか!w
 
まぁ実際、ガン見してんだけど…
 
 
♡)ふぅ……
 
 
キュッ。
 
 
♡がシャワーを止めたから
慌てて目を閉じた。
 
 
♡)入ってもいーい?
臣)どうぞーー
♡)目、開けちゃダメだよ?//
臣)わかってるってw
 
 
今開けたらさすがにバレるし。
 
 
……ザパーーッ
 
 
臣)……
 
 
♡が入ったのがわかったから
ゆっくり目を開けると…
 
 
♡)……//
 
 
♡は目の前でちょこんと膝を抱えてる。
 
身体はお湯の中に、全部隠して。
 
 
臣)もっとこっち来ないの?w
 
 
いつもは俺が後から入って
背中から抱っこするんだけど…
 
♡は向かい合って
俺をじーっと見てる。
 
 
♡)顔見てたいんだもん…//
臣)何それ…w
♡)久しぶりの臣くんだから。
臣)……
 
 
ほんと可愛いな…。
 
 
♡)でも…やっぱりくっつきたい…//
臣)ははは、来る…?w
♡)うん…っ
 
 
結局、いつもの体勢。
 
後ろから腕を回して
抱きかかえてやると…
 
 
♡)もっとぎゅってして//
 
 
そんな可愛いわがままを言う。
 
 
臣)ぎゅーーーー♡
♡)えへへ♡
臣)満足ですか?w
♡)全然足りない♡
臣)はー?w
♡)もっともっとぎゅってして♡
臣)はいはい♡
 
 
ぎゅーーーーっ
 
 
♡)えへへ…臣くんだぁ♡♡
 
 
♡は嬉しそうに俺の腕にすりすりしてる。
 
 
♡)やっぱり…顔見たい…
臣)どっちやねん!w
♡)だって…っ
  好きすぎて足りないんだもんっ!
 
 
♡が無理やり身体をひねって
俺に抱きついてきた。
 
 
臣)なーに、もう…w
♡)臣くん……///
 
 
可愛くぎゅぅっと俺にしがみついて。
 
こんなん…
俺がニヤけるわ。
 
 
♡)臣くん…大好き…///
臣)ん♡
 
 
はぁ、可愛い♡
ほんと何なのこいつ。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
久々に会えた臣くんに
大好きが止まらなくて…
 
お風呂にまで無理やり一緒に入っちゃって…
こんなぎゅってしてるのに
まだ足りなくて…
 
 
♡)ううう…///
 
 
私、やっぱり臣くんのこと
大好きすぎるんだ。
 
 
臣)♡……、
♡)……っ
 
 
身体を離されて、
くっついたおでことおでこ。
 
 
臣)んーー♡
♡)////
 
 
おでこをぐりぐりされて…
ほっぺを撫で撫でされて…
 
 
♡)うわーーんっ///
 
 
ぎゅむっっ
 
 
臣)わははっww
 
 
思わずまた抱きついた私を
臣くんは笑いながら受け止めてくれた。
 
 
♡)好きーーっ///
臣)うん♡
♡)大好きーーっ///
臣)うん♡
 
 
もう、爆発しそう。
 
 
臣)……♡、
♡)…っ
 
 
また離された身体。
 
臣くんの声が…グンと低くなって…
 
 
臣)♡……、
♡)…っ
 
 
私を呼ぶ声が、より一層甘くなった。
 
 
♡)え…っと…///
 
 
その声でわかる。
 
もう…
 
 
臣)♡……、
♡)……///
 
 
目と目が合ったら…
 
急に空気が甘さを纏うの。
 
 
♡)ちょ…っと、待って…///
臣)ん……、
♡)…っ
 
 
私の言葉を無視して…
私を見つめる視線に、色が差す。
 
 
さっきまで無邪気にじゃれ合ってたのに
急にそんな顔、しないで…
 
 
♡)や、…臣く…ん…///
臣)今日はさ…、
♡)ん…っ//
臣)ベッドまで我慢しようと
  思ってたんだよね…
♡)え…?
臣)なんか…いつも俺、
  がっついてるみたいじゃん?
♡)……あ…っ、や…っ//
臣)だから…
  今日はちゃんと
  ベッドまで我慢しようと
  思ってたんだけど…
♡)……っ
 
 
けど、何…?///
 
 
臣)可愛い彼女が
  猛烈に誘惑してくるから
  無理だった♡
♡)////
 
 
誘惑なんて…してないもん…
 
 
臣)俺のこと、
  好きで好きで、仕方ないみたい♡
♡)////
 
 
それは…そうだもん…
 
 
♡)…あ、っ……や、だ…め…っ///
臣)……は…ぁ…、
♡)んんっ…//
臣)♡…、可愛い……
♡)やっ、恥ずかしい…っ
臣)恥ずかしくないよ。
♡)んっ、や…っ、あっ…
臣)可愛いから。
♡)////
 
 
上がっていく息。
 
熱くなる肌。
 
 
♡)や、やだ…っ、臣く…んっ///
臣)んー?
♡)…っん、……あっ…んんっ///
臣)はぁ…かわい…///
 
 
二人の息遣いが…
お風呂の中に響いて…
 
 
♡)は…ぁ…っ///
 
 
もう…ダメ…。
 
 
臣)はぁっ…、♡…っ
♡)んんっ///
 
 
濡れた肌が、ぶつかり合って。
 
甘く甘く、溶けていく……。
 
 
 
……
 
 

 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
臣)お前休んでていいよ♡
♡)……///
 
 
少しのぼせちゃった♡を
ソファーで休ませて、水を渡した。
 
 
臣)これ、あっためればいいんでしょー?
♡)うん…
臣)おっけーおっけー♪
 
 
♡が用意してくれてたご飯を
テーブルに並べて。
 
 
臣)ふんふふん〜♪
 
 
はぁ、幸せだなー♡
 
 
♡)どうしてそんなご機嫌なの…?
臣)ん?
 
 
どうしてって…
 
 
臣)Hしたからー♡
♡)…っ
 
 
そんなん、決まってんじゃん♡
 
 
♡)////
 
 
あ、プイッと顔を逸らした。
 
 
我慢出来なくて
風呂でやっちゃったけど
あとでもっかいシようなー♡
 
って言ったら
絶対バカとかエッチとか言われるから
言わない。
 
けどする。
 
 
臣)できたよーーー。
♡)はーーい。
 
 
全部並べて、
久々に向かい合って食べるご飯。
 
 
臣)美味い♡
♡)……
臣)和食多めにしてくれたんだ?
  嬉しい。
♡)……
臣)やっぱ日本食が一番だなー♡
♡)……
 
 
ん…?
 
全然返事をしない♡を見ると…
 
なんかもじもじ恥ずかしそうにしてる。
 
 
臣)どうした?
♡)…別に…どうもしないもん…//
臣)……
 
 
もしかして…
 
 
臣)Hした後だから照れてんの…?
♡)////
 
 
あ、一気に赤くなった。
 
 
臣)ぶくくく…w
♡)笑わないで…っ//
 
 
だって…
 
もう散々Hしてんのに
なんでお前ってほんとそんな
恥ずかしがんの?
 
 
臣)そんなもじもじしてたら
  余計思い出す。
♡)えっ!
臣)さっきの。
♡)…っ///
 
 
俺の言葉に、♡はほっぺを膨らませて…
 
 
♡)思い出しちゃダメっ!///
 
 
そう言って、口を尖らせた。
 
 
それから
会えなかった一週間の出来事を
お互いに話して。
 
 
ちょくちょくLINEはしてたけど…
 
友達の結婚式に行ってきたとか
護身術習ってきたとか
TAKAHIROさんと撮影してきたとか
 
そのへんの話を聞きつつ
俺も積もる土産話をいろいろ話した。
 
 
♡)じゃあ洗い物しちゃうから
  終わったら写真見せてねっ♡
臣)うん。
 
 
食器を一緒に片付けて…
 
俺はノートPCを広げて、データを整理。
 
すげぇいっぱい撮ったな。
500枚以上ある。
 
 
臣)用意出来たよーー
 
 
キッチンで洗い物をしてくれてる♡を
後ろからぎゅむっと抱きしめた。
 
 
♡)あはは♡
  もうちょっとで終わるから待ってねー♡
臣)うん♡
 
 
ぎゅむぎゅむ♡
 
 
♡)あはっ、くすぐったいw
  どうしたのー?
臣)別にーー
 
 
くっつきたいだけだもん。
 
 
♡)甘えんぼ臣くんだー♡
臣)……
 
 
お前だってさっきあんなに
甘えてきたじゃん。
 
 
臣)んん……
 
 
♡の肩に顔を埋めて
首筋にすりすりして
 
その柔らかさを堪能する。
 
 
さっきは…
なんか夢中すぎて…
こんな風に味わえなかったし。
 
 
はぁ…
やっぱり落ち着くなぁ…
 
この甘い匂い。柔らかい肌。
ほんとに癒される。
 
 
もっと…触りたい。
 
 
♡)臣…くん??//
臣)んーー
 
 
バスローブの隙間から手を突っ込めば
すぐに触れる生肌…♡
 
はぁ、柔らか〜〜〜〜///
 
 
♡)臣くん??
臣)んーー
♡)何してるの…?//
臣)触ってる。
 
 
お前が手を離せないのをいいことに
生肌を堪能しています。
 
 
臣)はぁ…すべすべ……
♡)んっ、くすぐったい…//
臣)…っ
 
 
なんでそんなエロい声出すかな。
 
 
♡)や、やっ、おっぱいダメっ//
臣)ちょっとだけ…。
 
 
やわやわ…むにむに…
 
 
♡)ダメだってば…//
臣)いいじゃん…
 
 
怒られる触り方、してないもん。
 
 
臣)んーーー
 
 
ぎゅぅぅ……
 
 
♡)苦し…い…//
臣)我慢して。
♡)……///
 
 
♡をめいっぱい抱きしめるけど
全然足りない。どうしよう。
 
 
♡)!??///
臣)ん?どうした…?
♡)な、何してるの?!
臣)ぎゅー。
♡)…っ
 
 
ぎゅーしながら
下半身を押し付ける俺に
♡がわたわたしてる。
 
 
♡)な、なんか…密着…してる…
臣)うん♡
 
 
わざとだもん。
 
 
♡)なんか…当たってる…
臣)アピールしてんの♡
♡)なんの?!
臣)Hしたいって♡
♡)…っ///
 
 
ぴったり密着させた身体。
 
後ろから少しつんつんしたら
「エッチ!」って怒られた。
 
 
♡)さっきしたでしょ!//
臣)したけど…
♡)なんでこんな…///
臣)触るー?w
♡)触んないっ!エッチ!///
臣)あはははw
 
 
それでも離さねぇもん。
 
 
♡)…臣くん、離して…//
臣)やだ。
♡)洗い物の邪魔です。
臣)ひっでぇ!!
♡)離して//
臣)ぜってぇやだ。
 
 
悔しくて、もっとむぎゅっ。
 
 
♡)あの…押し付けないで…
臣)なんで?
♡)…なんか変な気持ちになるから!///
臣)変な気持ちって何?
♡)…っ
臣)欲しくなるー?♡
♡)なんないっ!///
 
 
じゃあどんな気持ちだよ。
俺はこんなムラムラしてんのに。
 
 
臣)んっ♡
 
 
♡がスポンジを持ったまま
怒って振り返ったから
 
そのほっぺにチューしてやった。
 
 
臣)へへ♡
♡)……///
 
 
♡はまた前を向いて…
 
 
♡)今日の臣くん…エッチだ///
 
 
ぼそっとそう言った。
 
 
臣)俺はいつでもエッチです。
♡)堂々と言わないで///
臣)だって…
 
 
一週間も会えなかったんだから。
ずっと我慢してたんだから。
 
そりゃこうなるでしょ。
 
 
臣)お前だってさっきは
  あんなに可愛く甘えてきたくせに。
♡)……///
臣)一回ヤッたらヤリ捨てかよ。
♡)変な言い方しないでっ!//
臣)俺は全然足りないの。
♡)……///
 
 
あんなんで足りるかよ。
 
 
……ぺろ。
 
 
♡)ひゃっ…///
 
 
赤く染まった耳を後ろから舐めると
♡が首をすくめた。
 
 
それが可愛くて
耳の淵を甘噛みすると…
 
 
♡)や、んっ…///
 
 
またそんな声出して。
 
 
臣)はぁ…、
 
 
そんな反応されたら…、無理。
 
 
もう一度手を滑りこませて、
生肌を堪能する。
 
もうむにむにだけじゃ足りません。
 
 
♡)あっ、やっ、…ダメ…、ん…っ///
 
 
ああ…もうダメだ…
一気にスイッチ入った。
 
 
♡)ダメ、臣くん…っ
臣)なんでダメなの…?
♡)…んん…っ、あ…っ///
 
 
こんな可愛いのに。
 
 
♡)や、…ダメ…、っ…
  意地悪…しない…で…っ///
 
 
ごめん、無理。
 
ダメって言いながら感じちゃってんのが
可愛すぎるから。
 
 
♡)や…だ、エッチ…///
臣)うん…
♡)…あ、だめ…っ
臣)触りたい。
♡)そっちはダメ!///
臣)……
 
 
ダメって言われれば言われるほど
興奮するし、触りたくなる。
 
 
♡)や…ぁっ、…んんっ…///
 
 
♡を苛めながら、
片手で♡の手を流してやって
タオルをかぶせてやった。
 
 
♡)や、臣くん…っ、だ…め…っ///
 
 
さっきもしたからかな…
 
♡の身体は、簡単に熱くなって。
 
 
臣)♡……、
♡)だめ…っ///
 
 
ダメって言う言葉に、説得力はもうない。
 
 
♡の言葉を無視して
俺が身体を繋げると、
 
♡はぎゅっとタオルを握った。
 
 
臣)はぁ……、///
 
 
……ヤバイ。…溶けそう…。
 
 
臣)♡……、
 
 
後ろから覆いかぶさるように
襲いかかってる俺は、
まるで獣。
 
 
臣)♡……、
♡)…や……、っ…ダ…メ、っ///
 
 
いくら名前を呼んでも
ダメしか言わない♡が可愛くて。
 
 
臣)何がダメなの…?
♡)あっ、…や…っ、///
 
 
赤く染まった耳に、キスをして。
 
 
臣)ちゃんと捕まって。
♡)ん…っ、や…っ///
 
 
抱え込むように、身体を揺らして。
 
 
臣)はぁ…、っ
♡)んんっ、や、…ダメ…っ///
臣)♡……、
♡)…臣く…ん…っ
臣)……ん…?
♡)ベッドが…いい…っ
臣)……
 
 
うん。
俺もベッドでする予定だったんだけど…
 
なんでこんなことになってんだろな。
 
 
♡)連れてって…?///
臣)…っ
 
 
そんな可愛く甘えられたら
うん、って…言いたくなるけど…
 
 
臣)ダメ。
♡)あ、っ…やっ…!///
 
 
ごめんな。
 
 
♡)やぁ…っ、どう…して…っ
臣)…は…ぁっ
♡)んんん…っ///
 
 
こんなとこで
俺にこんなことされちゃってるお前が
可愛すぎるから…
 
今日は連れてってやんない。
 
 
♡)意地悪…しない…で…っ///
臣)……ダメ。
 
 
可愛いから苛めたい。
 
 
♡)や、だ…めっ、…臣く…っ///
臣)……っ、///
 
 
もうこんな溶け合ってんだから…
 
 
最後までこのまま…
 
受け止めてよ。
 
 
 
 
 
ー続ー

スポンサーリンク

コメント

  1. さゆれ より:

    ダメだぁ( ;∀;)
    岩ちゃん、♢ちゃんstory、いや今は優助と♢ちゃんstoryで精神的にやられて、臣君と♡ちゃんのstoryが頭に入ってこない。
    ただ、二人は今は仲良しだから良かったなぁ〜。

  2. さゆがん より:

    フル充電ターンきた(笑)
    もうAVの世界ですねw
    そして、バスローブ持ってたんですね
    そりゃそうなるわ
    あ、タカノリの使うタイミング失ったセクシー下着はお蔵入りですかねw

コメントを残す