[168]辿り着いた答え(◇Side)

スポンサーリンク

『今日は生放送の27時間TVに出ます。
 絶対見て。
 俺あんまり映らないかもだけど
 全力で踊ってきます!!』
 
 
今日のお花はカモミール。
 
 
◇)……
 
 
近所のカフェで
一人でランチして帰って来たら
ポストに入ってた。
 
 
今日は日曜日。
 
♡ちゃんは今日も朝から撮影で
早い時間に出て行った。
 
 
あたしは今日は…
読書でもしてようかな。
 
そんなことを考えながら
カモミールを花瓶に挿した。
 
 
ガラスの花瓶の中には
いろんなお花がひしめき合ってる。
 
 
◇)……
 
 
剛典と離れて、もう10日。
 
 
距離を置いたら
少しは自分の気持ちも整理できるかなって
そう思ってたのに
 
まだ答えは見えない。
 
 
「離れてても、電話もLINEもする。
 嫌なら無視していいよ。
 でも、俺はするから。」
 
 
剛典はそう言ってたけど、
電話もLINEも一度も来ない。
 
その代わりに、毎日こうして
お花と手紙がポストに入ってる。
 
 
◇)はぁ……。
 
 
ピロリロリロ♪ピロリロリロ♪
 
 
◇)…っ
 
 
電話の音に、慌てて携帯を手に取ると、
着信は優助だった。
 
 
◇『もしもし?』
優『◇?今何してる?』
◇『あ、えっと…、ぼーっとしてた。』
優『ははは、何それw
  せっかくの日曜なのに。』
 
 
そうだよね。
 
 
優『今日の夜、空いてない?』
◇『…えっと……』
 
 
今日の夜は…
 
 
優『なんか予定ある?』
◇『……』
 
 
予定は…ないんだけど…
 
……生放送が……
 
 
優『桜ちゃんとビアガーデン行こうって
  話してて。』
◇『は??桜???』
 
 
意外な展開に少しびっくり。
 
 
◇『二人で行くの??』
優『あ、ううん、違う違うw
  桜ちゃんが誰か紹介してって言うから
  うちの会社の奴らも誘って。』
◇『あ、そうなんだ…。』
優『桜ちゃんも友達連れてくるって。』
◇『そっか。
  合コン的なやつね?』
優『合コン…?うーん、
  みんなにとってはそうかな。』
◇『……』
優『俺は◇に会いたいから電話したの。』
◇『…っ』
 
 
えっと…
 
どうしよう…
 
 
優『一緒に飲もうよ!』
◇『……』
優『今日天気も良いし、
  外で飲んだら気持ちいいよ。』
◇『……』
 
 
そうだよね…
そう思うんだけど…
 
 
◇『あたしは…いいや…』
優『……』
◇『優助、普通に合コン楽しんできなよ。』
優『は…?』
◇『桜の友達も来るんでしょ?』
優『…だから…
  俺にとっては合コンじゃないって
  言ってるじゃん。』
 
 
あ、優助の声のトーンが少し下がった。
 
 
優『てゆーかさ、
  俺が合コン行っても全然いいの?
  そんな勧めちゃう感じなの?』
◇『…っ』
 
 
そう言われて、ハッとした。
 
あたし…
自分のこと好きって言ってくれてる人に
合コン楽しんできなよとか…
無神経だった…?
 
 
優『俺は…
  ◇が合コン行くかもしれないって時、
  すっげぇモヤモヤして
  絶対やだって思ったのに…』
◇『……』
優『◇は少しも思ってくんないの…?』
◇『……』
 
 
……思わなかった…。
 
 
◇『……』
優『……』
◇『……』
優『…ごめん。
  ええと……、もし来れるなら来て。』
◇『……』
優『待ってるから。』
◇『……わかった。』
優『…急に…ごめんな。』
◇『ううん…。』
 
 
少し気まずいまま、電話は切れて。
 
 
◇)……
 
 
あたし…
優助のこと好きかもって
少し思ってたのに…
 
どうしてヤキモチ妬かないのかな。
 
 
桜の友達だから…?
……ううん、そんなの関係ないよね…。
 
 
優助に新しい出会いがあって
他の人を好きになるなら
それはそれでいいって、思える。
 
 
でも…
それは剛典も一緒。
 
剛典も他の人好きになるならなればいいって
そう思ってる。
 
 
◇)はぁ……。
 
 
あたし…もう…
自分の気持ちがわかんないや…
 
 
一生一人でいいかも。
 
 
 
……
 
 
 

 
 
 
♡)ただいまーーっ♡
◇)おかえりーーー
  お疲れさま♡
♡)えへへっ
M)お邪魔しまーす♡
◇)どうぞ〜〜〜
 
 
夕方、撮影を終えた♡ちゃんが
Mちゃんを連れて帰って来た。
 
あたしの家にステイしてるって言ったら
遊びに行きたいって言い出したみたいで。
 
じゃあ一緒にご飯食べようかって
冷やし中華を作ってみた。
 
 
♡)わーん!美味しそう〜〜♡
◇)ちょっと作りすぎちゃったw
M)そういえばこのマンションって
  Tさんも海璃ちゃんも同じなんですよね?
♡)あ、うん!
M)呼んでみます?
◇)うん、いいよー。
 
 
それからすぐやってきたのは海璃ちゃん。
 
♡ちゃんの誕生会の時に
少しだけ話したけど
なんか雰囲気が♡ちゃんに似てて
可愛らしい女の子。
 
 
M)今日はTさんとご飯の日じゃなかったの?
海)あ、今日は接待みたいで…
M)そうなんだ〜〜
◇)ご飯の日?なぁにそれ?
海)えっと…///
 
 
もじもじしながら教えてもらった話は
なんとも可愛い内容で。
 
 
◇)そっか…
  海璃ちゃんは王子が好きなのか…
海)……(こくん)///
 
 
そしてそんなに健気に頑張ってるのか…
なんかいいなぁ…。
 
 
M)あ、そーだ、先輩!
  来週の撮影なんですけど…
♡)はい!
 
 
Mちゃんと♡ちゃんは
ソファーで仕事の話をしてるみたいで
 
盛り付けは海璃ちゃんが手伝ってくれた。
 
 
◇)王子は海璃ちゃんの気持ちに
  気付いてたりするの?
海)……まったくです…。
◇)……
 
 
そっか、鈍そうだもんね、うん。
 
てゆーか…
鈍いとかの前に…
あんなに♡ちゃんのこと好きだったわけだし
そのへんはどうなってるんだろ…。
 
 
海)でも…今は…いいんです…。
◇)え…?
海)気付いてもらえなくても。
◇)……
海)気付いて欲しいっていう気持ちも
  もちろんあるけど…
  気付いてもらったからって
  好きになってもらえるわけじゃないし…
◇)……
海)Tさんには…まだ…
  忘れられない人がいるから…。
◇)…っ
 
 
それは…
 
その相手が♡ちゃんっていうのは…
きっとわかってるんだよね…?
 
 
◇)……
 
 
この子も切ない想いをしてるんだ…。
 
 
海)今は…Tさんが
  少しでも笑ってくれるだけで
  私は嬉しいから…
◇)……
海)そんな風にそばにいれたら…
  それだけでいいんです…。
◇)……
海)多くは望まないです…。
◇)……
 
 
なんて健気なんだろう…。
 
 
さっきまで荒んでた自分の心が
なんだか洗われた気分。
 
 
◇)好きな人が…笑ってくれるだけで…
  嬉しい、か…。
海)……
 
 
そんな言葉を聞いて思い浮かぶ笑顔は…
 
 
◇)…っ
 
 
__やめた、考えない。
 
 
 
◇)はい、できたよーーー
♡)わーいっ!ありがとう♡
 
 
それから4人でテーブルを囲んで
いただきますをした。
 
 
M)美味しい〜〜〜♡
  冷やし中華最高〜〜♡
海)夏って感じですね♡
♡)うんっ♡
 
 
みんな美味しそうに食べてくれて
ほっとしてたら…
 
いきなりぶっ込んできたのは、
Mちゃんだった。
 
 
M)私は◇さんの恋バナが聞きたいです〜♡
◇)ぶっ、ごほごほっ
M)いつから付き合ってるんですかぁ?
◇)…っ
 
 
えっと…
 
 
M)どっちから告白したんですかー?
  どんな風に付き合ったんですかー?
◇)……
 
 
どうしよう。
Mちゃんの目がるんるん楽しそう。
 
 
◇)ええと…
  もう…付き合ってるとも言えないような
  状況なんだよね…
M)えっ!別れたんですか?!
◇)…うん…そんな感じ…。
♡)別れてないもん!!
◇)…っ
♡)距離置いてるだけだもん!!
◇)……
 
 
なぜか♡ちゃんがムキになる。
 
 
M)あんなお似合いだったのになぁ…
海)はい…
 
 
ん…?
 
なぜか残念そうな二人。
 
 
あんなに…お似合いって…
 
 
◇)あああ!!
 
 
そっか!!!
 
♡ちゃんの誕生会の時に
一緒にいるところ見られてるんだった!!
 
 
◇)…っ
 
 
じゃあ…
相手が剛典ってバレてるのか…
 
でも…
あんなんで付き合ってるって…バレる…?
 
 
海)なんか…岩ちゃんが…
  すごくニコニコしてて…
  はっ!!
  岩ちゃんなんて呼んですみません!///
◇)…いや…、いいけど…
海)えっと…
  いつもの王子様スマイルとかじゃなくて…
  本当に楽しそうに笑ってたから…
◇)……
海)本当に◇さんのこと、
  大好きなんだなぁって…
  勝手にじろじろ見てしまいました…///
◇)……
M)そうですよぉ。
  あんなにラブラブに見えたのに。
  なんで別れちゃったんですか?
♡)別れてないってば!!
M)あ、なんでしたっけ。
  距離置いてるんでしたっけ…?
◇)……うん。
 
 
ほんと…
なんでこんなことになったのかな。
 
あの夜は…すごくすごく、楽しかったのに…。
 
 
海)もう…好きじゃないんですか…?
◇)…っ
 
 
わかんない。
 
 
◇)…今…気になる人が…いて…
海)えっ!
M)岩田さん以外にですか?!
◇)うん…。
M)きゃーーー!
  男の闘いだ〜〜〜♡
♡)Mちゃんっ!
  そんな面白がらないのっ!!
M)はーい…すいませーん…
◇)……
 
 
はぁ…
 
考えてたらまた気分落ちてきた…。
 
 
M)今のところどっちが勝ってるんですか?♡
◇)え…?
M)好きな気持ち♡
◇)…わかん…ない…。
M)その気になる人とは
  もうHしたんですかー?
◇)してないよっ!
M)え〜〜してみればいいのに〜〜
♡)Mちゃん!!
M)だってぇ…
  してみなきゃ
  わかんないじゃないですかぁ。
♡)何が!
M)どっちが相性いいか♡
♡)……
海)……
M)私だったら相性いい方選ぶなぁ〜♡
◇)……
 
 
まぁ…
確かにそれはそうなんだけど…
 
してみなきゃわかんないんだけど…
 
 
M)あとはもう流れに任せるとか!
◇)え…?
M)その人ともHしてみてぇ、
  岩田さんを忘れられたらその人にする!
◇)…っ
M)その人とHしたのに
  それでも岩田さんを忘れられなかったら
  岩田さんと戻る!
◇)……
M)気持ちでわからないことって
  案外、身体が教えてくれたり
  するじゃないですか〜〜
◇)……
 
 
そんなの…
試した事ないからわかんない。
 
わかんないけど…
答えが出るのかなって気もする…。
 
でも…
そんな暴挙に出るなんて選択肢は
さすがにない。
 
 
♡)さっきから変な事ばっかり言わないで!
M)え〜〜〜
  変な事じゃないですよぅ。
  先輩は登坂さんしか知らないから
  そういう発想が浮かばないだけです。
♡)…っ
M)もっとズルい女なんて
  世の中たくさんいるんだから。
♡)で、でも…っ
  岩ちゃんと別れたわけじゃないのに
  他の人とそんなことしたら…
M)それは綺麗事です。
♡)…っ
 
 
Mちゃんは…
恋愛経験多いのかな…。
 
なんかすごく割り切ってるように
見えるけど…
 
 
♡)でも!!
  同じこと、岩ちゃんがしたら嫌でしょ?!
◇)え…?
♡)距離置いてる間に…
  他の女の子とそんなことしてたら…
◇)……
 
 
その問いに、どこか冷めてる自分がいて。
 
 
◇)それならそれでいいよ。
  別れるだけ。
♡)…っ
 
 
別に強がりとかじゃなくて
本当にそう思った。
 
 
他の女のところに行くなら行けばいい。
 
逆に…
こんな風に毎日お花を届けられる方が
なんだか胸が痛む。
 
 
海)あっ…
  もうすぐEXILEが出るみたいですっ!
 
 
ずっと付けっぱなしにしてたTV。
 
 
M)え!じゃあ岩田さん出るの?!
海)たぶん…
 
 
思わずみんな無言になって、
TVを見つめた。
 
 
曲はChoo Choo TRAINから始まって。
 
 
♡)岩ちゃんどこぉ?!
海)新メンバーは後ろなのかも…
♡)もう!見えないよぉ!
  みんな邪魔ーー!!
◇)…っ
 
 
なぜか♡ちゃんが
剛典を探すのに必死になってる。
 
 
♡)全然映んないっ!岡村さんばっかり!
海)オカザイルだから仕方ないです…
♡)もぉっ!
◇)……
 
 
ほんとに剛典全然見えない…。
 
 
M)あ、次はRising Sunですねー
♡)もう!なんでずっと
  岡村さんが真ん中なのー!
海)それは…主役だから…
♡)岡村さんのばかーーっ!
◇)……
 
 
♡ちゃん…
岡村に罪はないよ…
 
 
♡)あーーっ!!!
  岩ちゃん来たーーー!!!♡♡
◇)…っ
 
 
途中でフォーメーションが変わって
新メンバーが前に来て…
 
剛典が、笑顔で踊ってる。
 
 
M)あ、岡村が小芝居してる。
海)マイク奪った!w
M)あはははw
♡)あーん!岩ちゃんまた後ろいっちゃった!
◇)……
 
 
最後の曲は『EXILE PRIDE』で
新メンバーはまた一番後ろで…
 
でもたまにチラッと映る剛典は
笑顔で踊ってた。
 
 
海)あっという間に終わっちゃった〜〜
♡)もっと岩ちゃん映してよぉ!
◇)なんでそんなに♡ちゃんが熱くなるのw
♡)だって…!!
  岩ちゃん、絶対◇ちゃんに
  見て欲しかったはずだもんっ!
◇)……
 
 
そうなのかな…。
 
 
あたしは…
ニコニコ踊る剛典を見て…
少しだけ遠く感じた。
 
 
剛典には剛典の時間が流れてて
仕事もこうして頑張ってて…
 
もうこれでいいんじゃないかなって。
 
 
このまま別の時間が流れていって…
そしたら自然と
忘れられるんじゃないかなって…。
 
 
 
……
 
 
 

 
 
 
それから一夜明けて、月曜日。
 
 
朝からせっせと荷物をまとめてる♡ちゃん。
 
 
今日の夜には臣さんが帰ってくるから
♡ちゃんがうちにステイするのももう終わり。
 
 
♡)ふぅっ、これで全部かなー?
◇)忘れ物、ない?
♡)多分大丈夫!
  もしあったら取りに来るーw
◇)うんw
 
 
なんだか…寂しいな。
 
 
♡)一週間、お世話になりましたっ♡
  ありがとう♡
◇)ううん、あたしこそありがとう。
  楽しかった。
♡)へへへー♡
 
 
♡ちゃんがいてくれて
本当に気が紛れたし、癒されたもん。
 
 
◇)ええと…♡ちゃん…。
♡)んー?
 
 
最後の朝ごはんを一緒に食べながら…
せめて今の段階でのあたしの気持ちを
ちゃんと報告した方がいいのかなって…
 
重たい口を開いた。
 
 
◇)えっと…
  いっぱい…心配かけて…ごめんね?
♡)…ううんっ!
◇)気持ちも…ずっとモヤモヤしたままで…
♡)うん…。
 
 
こんな自分、自分でも嫌だし…
なんか…疲れてきちゃった…。
 
 
◇)あたし…
  優助のことは…
  ちゃんと考えようって思ってる…。
♡)うん…。
◇)…剛典の…ことは…
♡)……
 
 
どうしても、考えたくなくて…
現実逃避してるって、わかってる。
 
時間が欲しくて…
 
でも…
 
 
◇)もう…お花持ってこないでって…
  言おうかな…。
♡)どうして?!
◇)…っ
 
 
だって…
 
 
◇)なんか…申し訳ないっていうか…
♡)何が申し訳ないの?
◇)剛典…忙しいのに…
  わざわざあたしなんかのために…
♡)迷惑とかじゃないでしょ?!
◇)…うん…。
 
 
迷惑なわけない。
 
 
◇)お花は…嬉しいけど…
 
 
ポストを見るたびに、嬉しくなる。
 
でもその後すぐに、
申し訳ない気持ちになる。
 
 
◇)忙しいのに…
  わざわざうちまで…毎日…
♡)嬉しいなら、
  そんなこと考えなくていいと思う!
◇)え…っ
♡)そんな風に気にしなくていいと思う!
◇)でも……
♡)岩ちゃんの気持ちは…
  私にはわからないけど…
  きっと、◇ちゃんに笑ってほしくて…
  少しでも気持ちを届けたくて…
  お花を届けてるんだと思うの。
◇)…っ
 
 
その言葉に…
なんだか目の奥が熱くなった。
 
 
♡)忙しいのに無理して…とか
  そんな風に◇ちゃんに
  思って欲しいんじゃないよ!
◇)…っ
♡)岩ちゃんの…気持ちだから…
  嬉しいって思うなら
  普通に受け取ってあげて…
◇)……
 
 
♡ちゃんが…
そんな悲しそうな顔…しないで…。
 
 
♡)あ、でも…っ
  岩ちゃんの味方をしてるとかじゃ
  なくて…っ
◇)……
♡)優助くんも良い子だと思うし…
◇)……
♡)そんなに急がなくてもいいと思う!
◇)…っ
♡)◇ちゃんがゆっくり考えて
  答えを出せばいいと思うから…
◇)……
♡)私は、◇ちゃんの味方だよっ!
  どんな答えになっても…
  ずっと友達だもんっ!!
 
 
一生懸命そう言ってくれる♡ちゃん。
 
 
◇)ありがとう…。
 
 
あたしには
勿体ないくらいの友達だよ…。
 
 
 
……
 
 

 
 
 
それから♡ちゃんと二人で一緒に出社して。
 
いつも通りの月曜日。
 
また同じ一週間が始まる。
 
 
男)お嬢の反抗期は終わったの?w
◇)は?
男)サングラス、カッコ良かったのに。
◇)……ふんっ。
男)なんだよ!w
男)やっぱりまだ反抗期だw
 
 
もう…
あんなになるまで泣かないもん。
 
 
多)ね、ね、◇ちゃんっ
◇)はい?
多)今日の夜、何か予定あるー?
◇)ええと…
 
 
今日は♡ちゃんもいないし
何もないけど…
 
 
多)居酒屋えぐざいる、
  一緒に行かない?♡
◇)……
多)昨日生放送の後、
  メンバー全員来たらしいのよぉ!
  もう悔しくって〜〜!!
◇)……
 
 
そうだったんだ…。
 
 
多)全員よ?全員!
  信じらんないっ!!
◇)……
男)多田さんの好きな岩ちゃんも
  来てたんですか?w
多)そうよぉ!もぉ〜〜〜ッ!!
◇)……
多)だから今日も来てくれないかしら…
  なんて♡
男)二日連続でなんて来るんすか?w
多)……可能性は限りなく低いわね…。
男)あはははw
多)でも昨日岩ちゃんがいた空間に
  行くだけでも価値があるわっ♡
  ね、◇ちゃん、良かったら一緒に…
◇)ごめんなさい、今日は予定あるんです。
多)あら!そうなの?残念〜〜!
◇)……
 
 
ごめんなさい、多田さん。
 
あたし…
多田さんに嘘ばっかりついて…
もうやだな。
 
 
はぁ……。
 
 
今日は帰ったら一人かぁ。
 
一人で飲みにでも行こうかな。
 
友達とワイワイする気分でもないし…
 
 
ああ…なんかもう…
遠いところに行きたい。
 
 
あ、来月の夏休み…どうしようかな。
もう一人で海外とか飛んじゃおうかな…。
 
 
カタカタとキーボードを打ちながら
そんなことを考えてたら
デスクの上で揺れた携帯。
 
LINEを送ってきたのは、優助。
 
 
『今日、仕事早く終わりそうなんだけど
 飲みに行かない?🍻』
 
 
◇)……
 
 
そういえば昨日…どうなったんだろ…。
 
 
◇『またビアガーデン?』
優『違うよ笑
  どこでもいいよ🍷』
 
 
会いたいのに…会いたくない。
 
もうわかんないや…。
 
 
◇『行かない。ごめんね。』
優『予定あった?』
 
 
そのメッセージに、返事を返せずにいると…
 
 
優『予定ないなら行こっ!!
  ◇に会いたい。』
 
 
ストレートな言葉が届いた。
 
 
どうしようか迷ってるうちに
またメッセージが来て…
 
 
『美味しいお酒飲もっ!🍷🍸』
 
『美味しいもの食べよ!🍖🍝』
 
『終わったら迎えに行くから!』
 
 
◇)…っ
 
 
結局あたしは断れないまま、
 
定時で上がって、優助と合流した。
 
 
優)良かった〜〜来てくれてw
◇)……
 
 
だって…
 
 
優)へへへ♡
◇)……
 
 
そんな嬉しそうに
無邪気に笑わないでよ。
 
 
優)何か食べたいものある?
◇)…なんでもいい…。
優)よっし!じゃあ俺のオススメの店行こ!
 
 
そう言ってあたしの手を引く優助。
 
そのまま付いていくと
なんだかスタイリッシュなお店に
辿り着いた。
 
 
◇)なんの…お店…?
優)うーん…創作料理…?
  和食が多いかな?
◇)そっか。
 
 
テーブルにつくと、
優助がジャケットを脱いで。
 
前から思ってたけど…
 
 
◇)優助ってスーツじゃないんだね。
優)ああ、うん。
  うちの会社、オフィスカジュアルだから。
  ジャケットっぽいの羽織ってれば
  それでOKなんだ。
◇)そうなんだ。
 
 
あたし…
スーツよりこういう方が好きだな。
 
楽な感じなのに、ちゃんとオシャレで。
 
 
優)◇も私服なんだね。
◇)あ、うん。
  あたしは内勤だから。
  外に出ることがある人は
  オフィスカジュアルだよ。
  あ、男はスーツだけど。
優)へぇ〜〜〜〜
 
 
そんな話をしながら
最初のお酒で乾杯をした。
 
 
優)昨日は何してたの?
◇)あ、…っ
 
 
「もし来れるなら来て。」
 
 
そう言われてたのに、行かなかったんだった。
 
 
◇)昨日は…♡ちゃんと…
優)あ、そっか!
  まだ♡さんいたんだ!!
◇)うん。今日帰っちゃったけど…
優)そっか!
  ごめんな、誘ったりして。
◇)ううん、全然いいんだけど…
 
 
断ったのは…
♡ちゃんがいるからじゃないし…
 
 
優)昨日さ、すげぇ気持ち良かったよ。
  外で飲むビールは最高!
◇)そっか。
  桜どうだったー?
優)ああ、桜ちゃんねーー
  うちの会社の奴らが気に入ってたよ。
◇)おおっ
優)素直で良い子だよねーって。
◇)素直…、うん、確かに……
 
 
裏表ないのがあの子のいいところではある。
 
 
優)桜ちゃんの友達もなんか似てたなw
  みんないい子だったよー。
◇)そうなんだ。良かったね。
優)え?
◇)みんな素直な可愛い子で。
優)……
 
 
あたしがそう言うと
優助はふっと笑って…
 
 
優)でも俺は、素直じゃない子を
  好きになっちゃったからねーー
 
 
そう言ってあたしの頭を撫でた。
 
 
優)素直じゃなくて意地っ張りなのに…
  でも甘えんぼな可愛い子。
◇)は…?!///
優)◇のこと。
◇)……///
 
 
そんな優しい顔で…
なでなでしないで…。
 
 
優)◇は…
  長女で育ってきたから
  自然とそうなったんでしょ。
◇)え…?
優)困ってる人をほっとけなくて、
  無意識に世話焼いちゃって。
◇)…っ
優)しっかりしなきゃ、って
  甘えるのが苦手で。
◇)……
優)でもほんとは誰よりも甘えんぼ。
◇)……何…それ…//
優)昨日桜ちゃんから聞いた話w
◇)は???
 
 
あいつ、何を言ったんだ!
 
 
優)昔からお姉は
  桜とお兄の面倒見てくれて
  厳しいけど優しいんだって。
◇)…っ
優)お姉が作るご飯が大好きって。
  お手伝いさんが作るより
  美味しいんだって。
◇)……
優)そう言ってたよ。
◇)……
優)◇のこと、大好きなんだなって。
◇)……
優)俺も◇みたいな姉ちゃん
  欲しかったなーーw
 
 
優助はニコッとイタズラに笑った。
 
 
優)なんてね。嘘だけど。
◇)え?
優)◇は姉ちゃんじゃなくて彼女がいい。
◇)…っ
優)じゃないといっぱい甘えさせて
  やれないもん。
 
 
ほっぺをくすぐる、優しい指先。
 
 
優)なーー?♡
◇)……///
 
 
なんなのっ!!
 
 
◇)酔っ払い!!
優)いやいや!酔ってねぇし!!
  まだ一杯目だし!!
◇)…っ
 
 
……ふんだっ///
 
 
優)ほら、これ食ってみーー
◇)ん?
優)めっちゃ美味しいから。
  一番のオススメ。
◇)……
 
 
優助がお皿に取り分けてくれたのは
白身魚のあんかけ。
 
 
◇)……っ!!
  美味しいっ!!!
優)でしょー?w
◇)何これ!!
 
 
絶妙な甘さと
パリパリに香ばしいお魚!!
 
 
◇)美味しい〜〜〜♡
優)ふはっw
◇)ん?
優)連れてきて良かったなーって。
◇)……
優)笑ってくれるだけで嬉しい。
◇)……
 
 
そういえばあたし…
 
なんだか心が荒んでたのに…
 
今は普通に笑ってる。
 
 
優)はい。これも食べなさい。
  美味しいから。
◇)……
優)ちゃんと噛むんだぞ。
◇)……お母さんみたい…
優)誰がお母さんや!w
◇)あはははw
 
 
目の前には
優しく笑ってくれる優助がいて…
 
一緒にいると、心が和むの。
 
 
なんか…安心する…。
 
 
優)◇んとこはさ、
  夏休みどんくらいあるの?
◇)えっと…今年は一週間くらいかな?
優)おお!長いね!いいな〜〜
◇)優助は?
優)俺は5日間くらい。
  有給足すか迷ってるけど。
◇)足しちゃえ足しちゃえw
優)でも墓参り以外、特に予定もないしさw
  ◇はどっか行くの?
◇)うーん…
 
 
あたしも奈良には帰るけど…
それ以外は。
 
海外行きたいけど…
ハイシーズンだから高いかなぁ…
 
 
優)一緒にどっか行く?
◇)えっ…
 
 
一緒に?!!
 
 
◇)え…っと……
優)そんな困んないでよ…w
◇)…っ
優)もし良かったら。
◇)……
優)どこでも連れてってやるから言って。
◇)……
 
 
何それ…
なんでそんな男前なの。
 
 
優)せっかくの夏休みだからな〜〜
  楽しまないと!♪
◇)……
 
 
優助と一緒だったら…楽しそう。
 
自然とそんなイメージが湧いた。
 
 
 
それからはお酒を飲みながら
お互いの仕事の話をしたり
家族の話をしたり
 
料理はどれも美味しくて。
 
楽しい時間は
あっという間に過ぎていった。
 
 
◇)ごちそうさまでした…。
優)うん。
 
 
いつもご馳走してくれる優助。
年下なのにな…。
 
 
優)顔赤いよ…w
◇)え……
優)酔った…?
◇)酔って…ないもん…
 
 
ほんとは少し…ふわふわしてるけど…
 
 
優)もう帰る…?
◇)……
 
 
まだ帰りたくないけど…
明日も仕事だし…
 
 
◇)うん…帰る。
 
 
エレベーターの前。
 
そう返事をして俯くと、
きゅっと握られた右手。
 
 
優)…ほんとは…帰したくないし…
  連れて帰りたいけど…
◇)……
優)我慢…するから…
  少しだけ…こうさせて。
◇)…っ
 
 
そう言って、ふわっと閉じ込められた
優助の腕の中。
 
 
とくん…
 
とくん…
 
 
安心する、ぬくもり。
 
 
優)◇……、
◇)……
 
 
優しい声が、名前を呼ぶ。
 
 
優)……好きだよ…。
◇)……
 
 
とくん…
 
とくん…
 
 
あたし…
この腕の中にいたい。
 
 
だって…
 
こんなにほっとするの。
安心するの。
 
 
もう考えるの疲れちゃったよ…。
 
こんなに安心して…
離れたくないって思うんだもん…。
 
 
あたし…
優助のことが好きなんだよね?
 
そうだよね…?
 
 
◇)…優…助……
 
 
………もう、いいや。
 
あたし、決めた。
 
 
優)そんな顔で…見ないで…///
◇)え…?
優)…キス…したくなる…///
◇)……
 
 
しても…いいのに…。
 
そう思って、あたしも優助の背中に
腕を回した。
 
 
優)……はぁ、…好きだよ…///
◇)ありがとう…。
 
 
あたし…
ちゃんと剛典と別れる。
 
 
そしたらもう…
苦しい気持ちもきっとなくなって…
 
この腕の中で
安心していられるんだよね…?
 
 
◇)優助……
 
 
ちゃんと…
剛典と別れるから…
 
それまで、待っててくれる…?
 
 
……好き。
 
きっと、間違ってない。
 
 
この気持ちは…
ちゃんとけじめをつけたら、伝えるから。
 
 
◇)優助、ありがとう…。
優)……
 
 
あたしの言葉に、
優助は愛おしそうな瞳で
あたしの頬を撫でた。
 
 
 
 
 
ーendー

スポンサーリンク

コメント

  1. ゆいたん より:

    初コメですが何気三年前ぐらい(小6の頃)から読まさせていただいています!
    いつも更新楽しみにさせていただいています!岩ちゃんと♢ちゃん別れちゃうんですかね…作者さんどうかまた二人をくっつけてください(T^T)

    • マイコ より:

      初期から読んでくれてるのね!(灬ºωº灬)どうもありがとう!♡
      岩ちゃんの行く末を見守ってあげてね♡

  2. さゆがん より:

    結論出たのかと思いきやの♪
    振られてボロボロになって取り戻そうと奮闘するタカノリがみたい。。
    タカノリふぁんだけど鬼畜ですw
    そして臣が帰ってくるとゆーことは///
    フル充電ターンきますね(笑)

  3. みーみ より:

    こんばんわ
    またまたコメントします
    イゃゃゃゃ
    がんちゃんと別れないで
    がんちゃん推しとしては別れたらいかん❗と思う
    私やっぱり優助嫌い
    がんちゃん、優助に負けたらいかんよ❗
    ◇ちゃん、優助はダメだよ❗
    マイコさん どうかがんちゃん達を元に戻して-
    マイコさん、今年って三代目のライブありますかね?
    あったら嬉しいですね
    コメント長々書いてすいません

    • マイコ より:

      優助はダメかい( ;゚³゚);゚³゚);゚³゚)
      私なら優助にするけどな〜〜〜w

  4. W.M より:

    岩ちゃんとよりを戻しなさい。
    優助はやめなさい

  5. ひな より:

    はじめてコメントさせてもらいます!
    絶対岩ちゃんと別れちゃダメです!!!まだ好きだと思います〜
    これからも楽しみにしてます!

    • マイコ より:

      初コメありがとうございます(♥´꒳`*)(*´꒳`♥)
      どうなるでしょうねぇ…

コメントを残す