[165]好きだから(隆二&♧Side)

スポンサーリンク

♧は顔を真っ赤にして唇を噛んで。
 
 
虫刺されって、なんだよ!!
 
 
そりゃ…
一人で勝手に暴走した俺も悪かったけど…
 
あのキスマークを
ただの虫刺され扱いされるのは
さすがに納得いかない!!
 
 
隆)俺、蚊じゃないし!!
 
 
子供みたいな抗議をすると
♧が涙目で俺を見た。
 
 
♧)だって…私…覚えてないもんっ!///
隆)…っ
 
 
覚えてない覚えてないって…
 
 
隆)気持ちいいって言ったじゃん!!
♧)!!???
隆)もっとしてって言ったの、♧だもん!!
♧)!??////
 
 
あ、もっとしてとは言ってないか…。
 
 
♧)な…に…それ……///
隆)……
♧)気持ちいいって…何が…?///
隆)…それは……知らない…///
 
 
♧は今にも泣きそうな目で
真っ赤になってる。
 
 
隆)とにかく…っ
  俺も悪いけど、♧も悪いんだからね!
♧)…っ////
 
 
あんな可愛く
俺のこと誘惑してきたくせに…
 
全部覚えてないなんて、
そっちの方がずるい。
 
 
♧)私が…気持ち…いいって…言ったから…
  エッチなこと…したの…?///
隆)えっ…
 
 
ええと…///
 
 
♧)私が…悪いの…?///
隆)……///
 
 
だって…
 
そんなの好きな子に言われて…
止めれると思う…?
 
 
♧)もう私…二度とお酒飲まない…///
隆)…っ
 
 
♧は唇をきゅっと結んでそう言った。
 
 
…そんなに…嫌だったの…?
 
 
♧)…虫…刺されだもんっ///
隆)…っ
 
 
まだ言い張るか…!!
 
 
隆)虫刺されじゃない!!
♧)…っ
隆)俺がつけたキスマーク!!
♧)…っ////
 
 
悔しくて言い返せば
♧も真っ赤になって俺を睨む。
 
 
♧)知らないっ!///
  もうやだっ!!
隆)…っ
♧)こんなの…知らないもん…っ
  初めてだもん!///
隆)…っ
♧)隆二くんはいろんな人に
  してるのかも…しれないけど…っ
隆)は?!!
 
 
さっきから何言ってんの!?
 
俺が慣れてるとか…
いろんな人にしてるとか…
 
 
隆)なんで俺が
  そんなチャラい話になってんの?
♧)…っ
隆)俺が誰にでもキスマーク付けるとか
  思ってんの?
♧)…っ
 
 
なんだよそれ。
んなわけあるか!!
 
 
♧)だって…
 
 
だって、なんだよ!!
 
 
♧)隆二くん…遊んでるって言ったもん…。
隆)……
 
 
え…?
 
 
♧)昨日…言ったでしょ…。
隆)……
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
「……うーん…と…、それなり…に。」
 
 
あの言葉がショックで
今日もずっと頭から離れなかったんだもん…。
 
 
隆)言ったけど…
  その後のこと、覚えてないの…?
♧)え…?
 
 
そのあと…?
 
 
隆)もうしないって…言ったじゃん…。
♧)え…?
隆)二度としないって約束したじゃん。
♧)…っ
 
 
なに…それ…。
 
 
隆)てゆーか俺…
  ♧が思ってるほど遊んでないし
  チャラくないから。
♧)…っ
隆)好きな子にしかしないって
  前にも言ったじゃん。
♧)……
 
 
それは…
♡ちゃんの…誕生日会の時…?
 
 
「隆二くんだって…
 女の人とイチャイチャしてたもん!」
 
 
私がMVのことを言ったら…
 
 
「あんなの仕事だもん。
 プライベートであんなことしないもん。
 好きな子にしかしない。」
 
 
隆二くんはそう言った。
 
 
隆)ええと…だから…
  遊んだりとかは…してたけど…
  それはどうでもいいやつで…
♧)……
隆)気持ちがあって
  触れたりするのは…
  好きな子だけって…こと。
♧)……
 
 
じゃあ…
遊びには…気持ちはないの…?
 
 
隆)そーゆーのも、全部やめるから。
  もうしないから。
♧)……
隆)昨日約束したじゃん。
 
 
そう言って隆二くんは
私をそっと抱き寄せた。
 
 
隆)♧が…
  泣きながらやだって言うから…
♧)え…っ
 
 
泣きながら…?!
 
 
隆)ごめんね…。
  ほんとにもうしない。
♧)……私…泣いたの…?
隆)…うん…。
♧)…っ
隆)全然覚えてない…?
♧)……
 
 
覚えてない。
 
 
隆)そういうことしちゃやだ、って。
  もうしちゃダメ、って。
♧)……
隆)泣きながら俺にしがみついてきた…。
♧)?!!///
 
 
ほんとに覚えてない…どうしよう…
 
私…
そんな子供みたいなこと…したの…?///
 
 
隆)だから…もうしないから…。
♧)…っ
隆)♧が泣くようなこと、絶対しない。
♧)…っ
 
 
私は…
隆二くんの彼女でもなんでもないのに…
 
私が嫌だって言ったら…
もうしないって…約束してくれるの…?
 
 
隆)でも…ほんと…
  そーゆーのじゃないから…。
♧)え…?
隆)昨日みたいに…
♧)……
隆)あんな風に…触れたりするのは…
  好きな子だけ…
♧)…っ
隆)♧だけだから…、///
♧)……///
 
 
そう言った隆二くんが
抱きしめる力をぎゅっと強めるから…
 
胸のドキドキも、音を増す。
 
 
今…私…
 
好きって…言われたの…?
 
 
隆)だから…
♧)////
 
 
なんかもう…
顔だけじゃなくて身体も熱いし…
 
頭はいっぱいいっぱいで…
何も入ってこない。
 
 
これは完全に
キャパオーバーだ…。
 
 
隆)俺は…
♧)わた…しっ……
  お風呂…入ってくる…!!///
 
 
隆二くんの言葉を遮って、
グイッと身体を押し返した。
 
 
隆)…っ
♧)////
 
 
恥ずかしくて、顔も見れなくて
私はそのままお風呂場に逃走した。
 
 
ドキン…
 
ドキン…
 
 
♧)…っ///
 
 
ええと…
 
ええと…
 
 
……必死に冷静になろうとしても、
胸がドキドキうるさくて。
 
鏡に映る私の顔は、真っ赤。
 
 
♧)////
 
 
こんな顔…してたら…
 
隆二くんが好き、って…
バレバレだよ…。
 
 
服を脱ぐと、やっぱり付いてる赤い跡。
 
……身体に…たくさん…。
 
 
「俺が…付けました…///」
 
 
だって…
 
こんな…ところに…
 
隆二くんが…キス…したの…?
 
 
鎖骨の下…とか…
 
胸の…下とか…横とか…
 
 
♧)////
 
 
さっきは虫刺されだと思ったそれを
もう一度見てみると…
 
ここに、隆二くんの唇が触れたんだって…
急に生々しく感じて…
 
身体が一気に熱くなる。
 
 
だって…
本当に覚えてないのに…
 
 
「あんな風に…触れたりするのは…
 好きな子だけ…
 ♧だけだから…、///」
 
 
そう言った、隆二くんの言葉。
 
 
あんな風って…なに…?
 
隆二くんは…
どんな風に…触って…
どんな風に…キス…したの…?
 
 
♧)////
 
 
どうして私、覚えてないのかな。
 
 
でも…覚えてたら恥ずかしくて
死んじゃうと思う。
 
だって…
こんなところに…
 
 
……はっ!!
 
もしかして…
 
 
起きた時、ブラが外れてたけど…
あれはもしかして
隆二くんが外したの…?!!
 
 
♧)////
 
 
うわーーーんっ!!!
 
 
もう恥ずかしくて、耐えられなくて、
私は服を全部脱ぎ捨てて
熱いシャワーを頭からかぶった。
 
 
やっぱり頭はパニックで
心臓はバクバクで。
 
 
「そういうことしちゃやだ、って。
 もうしちゃダメ、って。
 泣きながら俺にしがみついてきた…。」
 
 
♧)…っ///
 
 
そんなの…もう…
隆二くんのこと好きって言ってるのと
同じで…
 
やっぱり私の気持ちはもう
バレバレなんだよね…?
 
 
「俺が誰にでもキスマーク付けるとか
 思ってんの?」
 
 
隆二くんは…そんな人じゃなくて…
 
 
「気持ちがあって触れたりするのは…
 好きな子だけって…こと。」
 
 
♧)////
 
 
隆二くんは…
私のことが好きだから…
 
こんなこと…したの…?
 
 
ドキドキ…
 
ドキドキ…
 
 
「気持ちいいって言ったじゃん!!
 もっとしてって言ったの、♧だもん!!」
 
 
♧)はっ…
 
 
そういえば、そんなことも言われたんだった!
 
 
気持ちいいって…
 
 
♧)////
 
 
私…ほんとにそんなこと言ったの…?
 
 
恥ずかしくて、死にそう…///
 
信じられない。
 
どうしよう。
 
 
私…自分が知らないだけで
本当はすごくエッチなのかな…?!!
 
酔っ払って好きな人に
そんなこと言うなんて…!!
 
 
もう…無理…ッ///
 
 
♧)ううう……///
 
 
熱が冷めない身体を
お風呂に沈めたけど…
 
なんだか色んな意味でのぼせそうで
すぐに上がった。
 
 
♧)……///
 
 
……隆二くんは…
 
本当に私のことが…好きなのかな…?
 
 
なんか…
今はいっぱいいっぱいで
 
頭がパンクしてるから
 
それをもう一度確かめる勇気もない。
 
 
♧)……///
 
 
今は……無理。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
「わた…しっ……
 お風呂…入ってくる…!!///」
 
 
そう言って、俺を押しのけて
逃げていった♧。
 
 
俺の気持ちはもうわかったと思うんだけど…
完全にスルーされた…。
 
 
隆)……
 
 
怒ってるのか泣きそうなのか
顔を真っ赤に染めてた♧は
 
たぶん色々いっぱいいっぱいな感じで。
 
 
…てゆーか俺…
 
 
「あんな風に…触れたりするのは…
 好きな子だけ…
 ♧だけだから…、///」
 
 
あんな言い方じゃ、
チャラいって思われたくないから
言い訳がましく好きって言ったみたいな
感じじゃない??
 
 
そうじゃなくて…
ほんとに好きなんだけど…
 
 
隆)はぁ……。
 
 
失敗した。
 
俺って…ほんと下手くそ。
 
 
そんなんじゃなくて、
ちゃんと好きって言いたかったのに。
 
なんでこうなるんだろ。
 
 
♧は…
どう思ったのかな…。
 
 
まだ俺のこと…
チャラいって思ってるのかな。
 
昨日のこと、怒ってるのかな。
 
あとでもう一回…
謝った方がいいかな…?
 
でも…
あんまりしつこく言っても
言い訳がましくてうざいかな?
 
 
隆)あああ〜〜〜〜
 
 
もう、わかんねぇ。
 
 
……ガチャッ。
 
 
隆)あ。
 
 
♧が戻って来た。
 
 
隆)……
♧)……///
 
 
ええと…
その視線は…何…?
 
やっぱり怒ってる…?
 
 
……すとんっ。
 
 
隆)…っ
 
 
♧は俺の隣に座って、
口をむぅっと突き出してる。
 
顔はやっぱり、赤いまま。
 
 
隆)♧……?
 
 
昨日はごめんね、って…
 
そう言おうとしたら、
♧の方が先に口を開いた。
 
 
♧)昨日のことは…忘れてっ!///
隆)え…?
♧)私、覚えてないから…っ
隆)……
♧)何も…覚えてないから…っ
隆)……
♧)だから全部、忘れて!///
隆)…っ
 
 
……ガーン…。
 
 
隆)…忘れなきゃ…ダメ…?
 
 
そんなに…嫌だった…?
 
 
♧)だって…///
隆)……
♧)…ほんとに…覚えてないんだもん…
隆)……
♧)隆二くんが…キスしてくれたこととか…
  全然…思い出せなくて…
隆)…っ
 
 
え…?
 
 
♧)なんだか…もったいなくて…
  悔しいから…
隆)…っ
♧)隆二くんも…忘れて…っ///
 
 
その言い方とか…表情で…
 
♧は嫌がってるんでも
怒ってるんでもないって、わかって…
 
 
隆)////
 
 
ニヤけそうになる口元を
手の甲で隠した。
 
 
…だって…それって…
 
 
♧)絶対…忘れてね…?///
隆)……///
 
 
あんなに可愛かった♧を
忘れるわけないじゃん。
 
でも…
 
真っ赤になって必死でそう言う♧が
可愛くて…
 
 
隆)うん、わかった…。
 
 
仕方なく嘘をついてあげた。
 
 
そう言えば♧は、
ほっとしたような顔をして。
 
 
♧)じゃあ私…っ、もう寝る…っ///
 
 
俺の隣から逃げるように立ち上がるから
俺もその後をついていった。
 
 
♧)隆二くんも…寝るの…?
隆)うん。ダメ?
♧)……///
 
 
♧はいいともダメとも言わずに
ベッドに潜ってタオルケットで顔を隠した。
 
 
隆)……
 
 
俺が反対側からベッドに入ると…
 
 
♧)私…布団買おうかな…///
 
 
そんなことをいきなり呟くから、
俺だって焦る。
 
 
隆)え、なんで?!!
♧)……///
 
 
俺のせい!!??
 
 
隆)俺、なんもしないから!!
  もうしないから!絶対…!!
 
 
慌てて必死の言い訳。
 
 
♧)おやすみなさい…///
隆)えっ…
 
 
布団の案件は…??
 
買わないよね?
買わせないよ?
 
 
タオルケットから覗いてる
可愛いおでこをじーっと見てると…
 
そこからチラッと目が出てきた。
 
 
♧)ねぇ……
隆)ん?
♧)……///
隆)……
 
 
なんでそんなじーっと見てんの…?
 
 
♧)隆二くんって…
隆)うん…?
♧)……
隆)……
♧)…なんでも…ない…///
隆)え!!
 
 
何それ!
めっちゃ気になるやつ!!
 
 
隆)何?言ってよ!
♧)……///
 
 
あ、また隠れた。
 
 
隆)ねぇ。
 
 
♧が両手で掴んでるタオルケットを
ずらそうとすると、
 
 
♧)や…っ///
 
 
余計グイッと顔を隠された。
 
 
隆)……
 
 
触るなってこと…?
 
しょぼん……。
 
 
隆)……俺が…なに…?
♧)……
隆)……
♧)…寝てる時……
隆)…うん…?
 
 
寝てる時…?
 
なんだ?
 
俺、なんかした??!
 
 
♧)…ぎゅって…するの…
隆)……??
♧)隆二くんの…癖なの…?///
隆)え…???
 
 
ぎゅって…する…?
 
俺が…?
 
 
隆)ええと…何を…?
♧)……私、を……///
隆)……
 
 
………は!??///
 
 
♧)朝…起きたら…
  毎日…ぎゅって…されてる…///
隆)!!!
 
 
うっそ!!??
 
 
隆)ほんとに…!?
♧)……(こくん)///
隆)…っ
 
 
全然知らないんだけど…
何それ。
 
 
だって…
初日は手を繋いで寝たから…
 
無意識にやっちゃったのかなって
思ってたけど…
 
 
隆)毎日って…昨日も…??
♧)……(こくん)///
隆)…っ
 
 
うそ…
 
だって…昨日は…
 
あんなにムラムラしてたから
ちょっとでもくっついたらヤバイと思って
絶対触んないように
めっちゃ離れて寝たのに…!!
 
 
俺、無意識で抱きしめてたの?!
 
 
…てゆーか…毎日って…
 
 
♧)そういう癖が…あるのかな…って…
隆)……は?
 
 
癖…???
 
 
♧)一緒に寝てる人を…
  抱きしめる…癖……
隆)……
 
 
何それ。
 
そんなん言われたことないけど。
 
 
♧)女の人と…寝てる時…
  いつも…そうなのかな…って…
隆)…っ
 
 
ちょっと待った!!!
 
俺、まだチャラ男疑惑あんの?!!
 
 
隆)しません!!!!
♧)…っ
 
 
なんだよそれ。
 
 
隆)俺、寝相いい方だし
  寝てる間に無意識でそんなこと
  しないもん!!
♧)…っ
 
 
俺がそう言うと、
♧はタオルケットからそーっと顔を出して…
 
「じゃあ…なんで?」
って顔をしてる。
 
 
隆)……
 
 
そんなの、俺だって知らないけど…
 
 
隆)好きだからじゃない。
 
 
ちょっとヤケクソで答えた。
 
 
♧)////
 
 
俺の答えに、♧はまたスススと
タオルケットをおでこまで上げて。
 
 
隆)好きだからじゃない。
 
 
俺はわざと♧の耳元まで近付いて
もう一度答えた。
 
 
♧)……知ら…ない…///
隆)……
 
 
…知らないって何。
 
……くそぅ。
 
 
いいもん。
 
そんなに俺の「好き」をスルーするなら
しばらく封印するもん。
 
 
俺は横に向いてた身体を戻して
仰向けになった。
 
 
…てゆーか…
 
毎日俺が抱きしめてたなら…
迷惑だったのかな…?
 
腕重かったりとか…
そのせいで寝れてなかったりとか…
 
 
隆)……あの、さ。
♧)……
隆)やだった…?
♧)え…?
隆)……ぎゅー…。
♧)…っ
 
 
心配になって
顔の見えない♧に問いかけると…
 
 
♧)ううん…///
隆)……
♧)やじゃ…ない…。
 
 
返ってきた返事に、ほっとした。
 
 
♧)……嬉しい…もん…///
 
 
……は!??
 
 
隆)…っ
 
 
なんて言った??
 
 
隆)……///
 
 
なんで…
そういう可愛いこと…言うのかな。
 
なんでそんなに…
思わせぶりなのかな。
 
 
俺の「好き」はスルーするくせに
そうやって俺のこと振り回すんだ。
 
 
くそぅ…///
 
 
隆)そんな可愛いこと言ってたら…
  襲うよ…?
 
 
悔しくて、そんなことを言えば…
 
タオルケットをほんの少し下げて
可愛い目をチラッと覗かせて…
 
 
♧)……ダメ…///
 
 
そう言って、また隠れた。
 
 
隆)////
 
 
可愛すぎて、腹が立つ。
 
なんなのほんと。
 
 
隆)……おやすみッ!///
 
 
俺もバフッとタオルケットをかぶって
目を閉じた。
 
 
♧とは距離が空いてるけど…
 
もし寝てる間にまた抱きしめてても、
もう知らないからな!!
 
 
 
 
 
ーendー

スポンサーリンク

コメント

  1. さゆがん より:

    あーーーかわいい♡
    一家に一台隆二くん配置してほしい
    amazonで買えないかな(笑)

    • マイコ より:

      買えたら何台売れちゃうんだろう。゚(゚^∀^゚)゚。笑笑笑

  2. 夜空☆ より:

    マイコさんこんばんは!
    久しぶりのコメントです。隆二さん祭り笑
    臣くんのストーリーも読みたいし、岩ちゃんのストーリーも気になります!

  3. みー より:

    この2人もどかしいけど可愛すぎ

  4. ユキ より:

    隆二君の関係も徐々に良い関係になってきましたね久しぶりにポメちゃんのstory再開するのですねポメちゃんはどうなるのか楽しみにしてます(*^^*)

  5. さゆれ より:

    あぁ、本当にこの二人は可愛い。
    現実の隆二も♧ちゃんみたいなコと上手くいってたらいいのに。。。
    いよいよ、岩ちゃんstoryあるんですね。。。気になる、気になるけど、私耐えれるかな。
    マイコさんお手柔らかにお願いします。岩ちゃんに愛の手を、、、。

  6. 明日花 より:

    おおっ!!!!二人が良い感じになってきた~~。もどかしい距離がキュンキュンです。

コメントを残す