[161]今はこのままで(隆二&♧Side)

スポンサーリンク

新生活四日目。
 
 
ドキドキドキ…
 
ドキドキドキ…
 
 
♧)////
 
 
実は…
悩んでることがあります…。
 
 
朝。
 
私が目を覚ますと…
 
私はいつも、隆二くんの腕の中で…
 
 
♧)////
 
 
毎日、抱きしめられてます。
 
 
ドキドキドキ…
 
ドキドキドキ…
 
 
「勝手に…抱きしめたりして…
 ほんとに…ごめんなさい…///」
 
 
初めてここに来た日の朝、
目が覚めると同じように抱きしめられてて…
 
隆二くんは慌てたように
私にそう言ったけど…
 
 
あの夜は手を繋いでもらえて安心したし…
私を慰めるためにそうしてくれたのかなって
そう思ってた。
 
 
でも…
手を繋いで寝たのは、あの日だけ。
 
 
なのに…
 
タオルケットで
顔とドキドキを隠しながら眠った二日目も…
 
隆二くんに歌を歌ってもらった三日目も…
 
朝起きると、隆二くんの腕の中だった。
 
 
この状況は、寝起きの頭と身体には
刺激が強すぎて…
 
私は隆二くんを起こさないように
慌ててその腕をすり抜けて、
寝室を出るんだけど…
 
 
♧)……///
 
 
昨夜は先に寝ててって言われて
私は一人でベッドに入って。
 
その後、隆二くんがいつ来たのか知らない。
 
 
でも…
今日も同じように目が覚めると
こんな風に抱きしめられてて…
 
 
とくん…
 
とくん…
 
 
あたたかい胸から聞こえてくる
規則正しいリズム。
 
 
今日だって…
早くここから抜け出せばいいのに…
 
 
♧)////
 
 
まだ、こうしてたい。
 
 
隆二くんに…
抱きしめられていたい。
 
 
ドキドキするのと同じ分だけ、
隆二くんを愛しいって思う気持ちが
胸いっぱいに広がって…
 
 
♧)ううう///
 
 
好きで好きで、たまらなくなる。
 
 
こんなに好きになっちゃって…
私…どうするんだろう。
 
 
隆二くんは…
どうしてこんな風に…抱きしめてくれるの…?
 
 
♧)……っ
 
 
…もしかして…
 
一緒に寝る女性はいつもこうなのかな…?
 
今まで付き合った彼女、とか…
 
 
♧)……
 
 
こうして抱きしめて眠る癖がついてて…
 
だから私のことも
彼女じゃないけど、一緒に寝てるから
ついついいつもの癖で…
 
…って、そういうこと…?
 
 
♧)…っ
 
 
そんなことを思うと、
なんだか一気に切ない気持ちになった。
 
 
私の知らない誰かのことを
こんなに大事そうに…
抱きしめてたのかなって。
 
こんな風に隆二くんに大事にされるのは
どんな人なんだろう…って。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
目が覚めると、ベッドには俺一人。
 
いつも俺が起きる頃には
♧はいなくなってて
その代わりにご飯の良い匂いがするんだ。
 
 
♧)隆二くんおはよーー♡
 
 
リビングに出れば
エプロン姿の♧が笑いかけてくれて…
 
顔を洗って戻って来れば
美味しそうな料理が
テーブルに並んでる。
 
 
ああ…
今日も幸せな朝だなぁ…♡
 
 
隆)へへ、これ美味しいっ♡
♧)ほんとー?良かったー♡
隆)これ、何?
♧)それは赤魚の生姜煮だよ。
隆)めっちゃ美味しい!♡
  これはー?
♧)それはレンコンの昆布和え。
  レンコンは身体に良いんだよー。
隆)そうなんだ!
 
 
どれを食べても美味しくて…
 
 
隆)これはー?
♧)それはピーマンの焼き浸し。
隆)こっちは?
♧)それはお芋のそぼろ煮だよ。
隆)へへへ♡
 
 
もう両手に箸を持ちたいくらい。
 
 
隆)ほんとに料理上手だね♡
♧)……ありがとう///
隆)ね、ね、これは?
♧)それは…
  玉子焼き。見たらわかるでしょー?w
 
 
♧がふふっと笑った。
 
 
隆)だって…
  なんか緑入ってるもん…//
♧)それはほうれん草だよw
隆)へへへ♡
 
 
美味しく頬張る俺を
♧はくすくす笑いながら眺めてる。
 
子供みたいに
これは何って連発する俺に
呆れてるのかな…?
 
 
はっ!
 
まさか…また俺…
園児扱いされてる…?!
 
 
♧)ちゃんと噛んで食べてね?
 
 
……やっぱり!!!
 
 
隆)……ハイ。
♧)うん、良い子♡
隆)……
 
 
ダメだ。完全に園児だ。
なんとかして大人の男に戻らなきゃ。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
今日も仕事に向かう隆二くんを
玄関でお見送り。
 
 
隆)終わったら連絡するね♡
♧)うんっ
隆)多分健ちゃん拾って
  一緒に帰ってくると思う。
♧)わかったよー。
隆)むーちゃんは早くから来るんでしょ?
♧)うん、お昼過ぎには来るって。
隆)じゃあ待っててね♡
♧)うん♡
 
 
今日は4人で流しそうめん。
楽しみだな♡
 
 
隆)じゃあ行ってきます。
♧)行ってらっしゃい。
隆)……ん!
♧)…っ
 
 
これは…っ
 
お見送りの…儀式だよね…?
 
 
隆二くんが両手を広げてるから
そーっと半歩前に出ると…
 
 
むぎゅっ!!
 
 
♧)////
 
 
腕の中に、抱きしめられた。
 
 
隆)へへへ♡
♧)////
 
 
ドキドキドキ…
 
 
隆)ご飯本当に美味しかった♡
  ごちそうさま♡
♧)さっきも…聞いたよ…?//
隆)何回でも言いたいんだもん。
♧)……///
 
 
隆二くんの優しい声が、
耳元にくすぐったい…。
 
 
♧)行ってらっしゃい!///
 
 
胸のドキドキが恥ずかしくて
そう言ったのに…
 
 
隆)…まだ…ダメ…。
♧)////
 
 
全然、離してくれない。
 
しばらく…ぎゅーってされて…
 
 
隆)はぁ…///
 
 
ようやくそっと、身体が離れると…
 
隆二くんは優しく笑って
私のほっぺを撫でて…
 
 
♧)…っ///
 
 
お見送りの儀式のもう一つ。
 
おでこにチューが迫ってきて…
 
私は思わず、半歩後ろに下がった。
 
 
隆)…っ
♧)……///
 
 
だって…
 
だって…
 
 
隆)…や…なの…?
♧)…っ
 
 
どうしよう。
隆二くんがほんの少し傷ついた顔をしてる。
 
 
♧)えっと…っ
 
 
嫌とかじゃなくて…
 
 
隆)……ごめん、ね。
  行ってきます…。
♧)…っ
 
 
隆二くんはそのまま
しょんぼり顔で、家を出て行った。
 
 
♧)……
 
 
どうしよう。
 
嫌とかじゃ…なくて…
 
だって…
 
だって…
 
 
おでこにチューされたら
なんだかぽわわわんってなって…
 
しばらくここで動けなくなるんだもん///
 
 
♧)……ごめんなさい…///
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
M)おはよう。
隆)おはようございます…。
M)くらっ!朝から暗いよ!
  どうした!w
隆)……
 
 
乗り込んだ迎えの車。
 
マネージャーのMさんが
俺を見て豪快に笑ってる。
 
 
M)最近ずっとご機嫌だったじゃん!
隆)……
M)朝からハイテンションでさ〜?
隆)……
 
 
だって…
 
チュー…拒否されたんだもん…。
 
 
M)ま、いーや。行くよ〜〜
隆)……はーい…。
 
 
もんもんもん…
 
もんもんもん…
 
 
「こうされるの…嫌だったら言って…。」
 
 
昨夜、♧を抱きしめた時に
そう言ったら…
 
 
「…やじゃ……ない……///」
 
 
♧はそう言ってくれて…
 
 
「嫌じゃないなら…
 俺…いっぱいしちゃうからね…///
 
 俺…ワガママだし…
 したいと思ったら…我慢できないし…
 
 嫌なら護身術でもなんでもして。」
 
 
俺がそう言ったら、
♧は嫌じゃないけどドキドキするって
そう言ってた。
 
 
隆)……
 
 
じゃあ…さっきの拒否は…
嫌なわけじゃなくて…
ドキドキする…から…?
 
 
隆)……///
 
 
もし…そうなら…
拒否されても全然いいけど…
 
そんな都合の良い解釈して
大丈夫なのかな…。
 
 
そうじゃなくて…
本当に嫌で拒否したんだったら…
 
 
……ずーーーん。
 
 
真意がわからないから
簡単に浮かれるわけにもいかない。
 
 
隆)はぁ、もう…///
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
む)ふむふむ、
  この部屋を使わせてもらってるわけねー
♧)うん。
む)隆二くんの荷物も結構あるじゃん。
♧)あ、うん。
  でも私のためによけてくれたんだよー。
む)仲良く服並べちゃってw
♧)……///
 
 
隆二くんが空けてくれて
私が荷物を置いてる部屋は…
 
本当に荷物を置いてるだけで、
私がここで過ごすことは今のところない。
 
いつもリビングにいるから…
 
 
む)そっちは隆二くんの部屋なの?
♧)うん。仕事部屋って言ってた。
む)へぇ〜〜〜
 
 
前回来た時は
それどころじゃなかったから
 
今日はゆっくりと家の中を探索してるむーこ。
 
 
む)洗面所も広いし綺麗だしいいなぁ〜〜
♧)ふふ♡
 
 
こんなお家に居候させてもらって
私は本当に贅沢だなぁ…。
 
 
む)……
♧)……
 
 
寝室を覗いて、立ち止まったむーこ。
 
 
♧)どうしたの?
む)ベッド大きいね。
♧)うん、すごくフカフカなんだよー♡
む)一緒に寝てんの…?
♧)…っ
 
 
ええと…
 
 
♧)……うん…///
 
 
私が小さく頷くと、
むーこがニヤッと笑った。
 
 
む)だからそーゆー話を
  聞きたかったんだってば!
  こっちおいで!!
♧)……///
 
 
ソファーに連れていかれて、尋問体制。
 
 
む)毎日一緒に寝てんの?
♧)……(こくん)///
む)なのに何もしてないの?
♧)……
 
 
何も…とは…
 
 
む)だってまだHしてないんでしょー?
♧)してないよ!///
む)チューは?
♧)してない!!///
 
 
するわけないもんっ!
 
だって…
私と隆二くんは…
 
 
む)マジで何もしてこないの?隆二くん。
♧)…っ
 
 
ええと…
 
 
♧)朝…起きたら…
む)うん。
♧)……ぎゅって…されてる…///
 
 
そう言いながら、
熱くなった頬を、両手で覆った。
 
 
む)抱きしめられてんの?
♧)……(こくん)///
む)ふーーーん…
 
 
でもきっと…あれは…
隆二くんの…癖だから…
 
 
む)本人に聞いてみたら?
♧)えっ!何を…?!
む)なんでぎゅってしてんのー?って。
♧)そ、そんなの聞けないよっ!
  だって…隆二くんは寝てるし…っ
む)……
♧)いいのっ!
  そういうのは聞かないことにしたの!
む)え…?
 
 
だって…
 
昨夜、あんな変なことを聞いて
すごく後悔したんだもん。
 
 
「私たちって付き合ってないよね?」
 
 
あの時固まった隆二くんの顔が
忘れられない。
 
 
♧)隆二くんは…私のこと…
  好きとかじゃないの…っ
む)……は?
♧)だから、いいのっ!
む)……
 
 
いっぱい…ぎゅってしてくれたり…
ドキドキさせられたり…
 
私の中は隆二くんでいっぱいだけど…
 
隆二くんの気持ちを追求したいわけじゃない。
 
 
それは少し…怖いから…
 
 
♧)今は…このままでいいの…。
む)……
 
 
一緒にいられるだけで、
私はすごく嬉しいし、幸せだから…。
 
 
♧)新しいお家が見つかるまでの
  少しの間だけでも…
  このままでいたいの…。
 
 
期間限定のわずかな時間。
 
少しでも…隆二くんのそばにいて…
あの笑顔を見ていたい。
 
 
♧)私…本当に…大好きなの…///
 
 
気持ちを言葉にしたら、
胸がぎゅってなった。
 
 
♧)だから…
  むーこも今日は…
  変なこと言ったりしないでね?///
む)え?
♧)隆二くんに…///
む)……
 
 
私がそう言うと
むーこはしばらく黙って
「わかったよ」って、言ってくれた。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
健)おっつーーーー♪
隆)お疲れーーーw
 
 
夕方の仕事を終えて、
別の現場にいた健ちゃんを
迎えに行って。
 
 
隆)すげぇ!これでやるの?!
 
 
健ちゃんが抱えてたのは
流しそうめんセットの大きな箱。
 
 
健)せやで!
  これでザーッてなってシュッて取んねん!
隆)へへっ、楽しみw
健)買い出しは女子がしてるらしいな。
隆)え?
健)むーちゃんからさっきLINE来とったで。
隆)あ、そうなんだ。
 
 
なんか…
ほんと仲良いよね?むーちゃんと…
 
 
隆)♧にも連絡しよっと。
 
 
『健ちゃん拾ったからこれから帰るよ😊
 30分くらいかな?』
 
 
そうLINEを送ると、
 
 
『了解しました😊
 気をつけて帰ってきてね💕』
 
 
すぐに返事が来た。
 
 
隆)へへへ…♡
 
 
こういう何気ないやりとりも、嬉しくて。
 
 
健)で、付き合うたんか?
隆)え?
健)昨日言うてたやん。
  好きって言うて。
隆)……
 
 
うん、そうなんだけど…
俺もそのつもりだったんだけど…
 
まぁ…色々ありまして…。
 
 
隆)まだ…言ってない…。
健)はぁ???
隆)…っ
 
 
そんな呆れた顔しないでよ。
 
 
隆)いーのっ!!
健)何が!
 
 
だって…
なんかまだ色々…曖昧なんだもん。
 
 
隆)急いだって焦ったって…
  いいことなんかないもん。
健)……
隆)今はまだタイミングじゃないの。
健)……
 
 
今は…
 
一緒にいられるだけで幸せだから、
それでいい。
 
 
健)タイミングって、なんの?
隆)……色々…あんのっ
健)……
 
 
無理して先を急ぐんじゃなくて…
 
ちゃんと好きになってほしい、俺のこと。
 
そりゃたまに俺も暴走しちゃうけど…
 
 
俺が強引に、
このままうちにいてよって
言うんじゃなくて…
 
♧にも、
このままうちにいたいって…
俺と一緒にいたいって…
 
そう思ってほしいから。
 
 
隆)ちゃんと…振り向かせるから。
健)……
隆)俺…頑張るから。
健)…ふーーん。
 
 
健ちゃんは微妙な顔。
 
 
隆)だから、健ちゃんも今日は
  変なこと言ったりしないでよ?
健)…へーーい。
 
 
そう言って前を向いた健ちゃんは
ぼそっと…
 
 
健)お前、色気足りないんちゃう…?
 
 
そんなことを呟いた。
 
 
隆)はぁ?!
 
 
色気ってなんだよ!
てゆーかいきなり何の話!!
 
 
健)毎日一緒に寝てて…
  なんも言われへんて…
隆)なんもって…何!
健)Hしたーい、とか。
隆)はぁ?!///
 
 
♧がそんなこと言うわけないじゃん!!!
 
 
健)お前に色気ないから
  ♧ちゃんもその気にならへんのちゃう。
隆)違うしっ!!
  ♧はそんなこと言うような女じゃないし!
健)なんでわかんねん、そんなん。
隆)…っ
 
 
だって…
 
 
隆)彼氏いたこと…ないんだよ…?
健)は????
 
 
健ちゃんの目が見開いた。
 
 
健)そうなん?!処女!?あの歳で?!
隆)うん…。
健)えええ!!!
  どう生きてきたらそうなるん!!
隆)健ちゃんの周りの女と一緒にしないでよ。
健)どゆ意味やねん!
隆)いてっ!
 
 
どつかれた。
 
 
隆)なんか…
  職場だって女の人ばっかりだしさ。
健)ああ、保母さんやもんな。
隆)出会いがなかったんじゃない?
健)普通に可愛えのになぁ。
  妙に色気もあるし。
隆)……うん。
 
 
そうなんだよね。
 
あの癒し系な色気ってなんなんだろ。
今まで出会ったことないから、戸惑う。
 
 
健)男知らんのにあんな色気出すんか。
  怖いな。
隆)……
 
 
うん、なんだろう。
 
仕草とか表情とかが…
たまにすごく色っぽくて…
でも可愛い無邪気さも混じってて…
 
♧にしか感じたことない、不思議な感じ。
 
 
健)男知ったら
  もっとエロエロになるかもなーw
隆)ちょっと、変な想像しないでよ。
健)大事にしたりやー?
隆)……するもん///
 
 
だって…
あんなに可愛いんだよ…?
 
俺しか知らなくて…
俺以外に触られたら、やだ…って。
 
可愛すぎるでしょ…///
 
 
健)まぁなんか知らんけどちんたらしてるから
  そんな日もまだまだ先やろな〜〜
隆)…っ
健)毎日拷問ベッドで寝たらええわw
隆)健ちゃん!!!怒
 
 
 
 
 
ー続ー

スポンサーリンク

コメント

  1. ユキ より:

    健ちゃん隆二さんに色気が無いって言ってたけど私は色気あるのは臣君隆二君ポメちゃん(岩ちゃん)だと思いますピアノの先生も同じ事言ってましたからね(^^)昨日正月最後の初詣に行って来ました臣君の髪型がいつもの髪型にして欲しいってお願いしました私はPLANET SEVENの臣君が好きですマイコさんは三代目のアルバムジャケットはどれが好きですか?

    • マイコ より:

      うーん…どれがどれか全部覚えてない…( ;゚³゚);゚³゚);゚³゚)

  2. 美咲 より:

    健ちゃんウケる笑笑
    隆二くんの事弄りすぎ笑笑
    でも、弄られてる隆二くんも可愛い❤❤❤
    キュンキュン❤❤❤

    マイコさんいつも更新ありがとうございます
    楽しみに待ってます❤
    私にとって唯一元気を貰える楽しみなのです❤
    悲しいことがあったから、毎日気が狂いそうな毎日の中、STORYを読んで元気になってます。これからもずっと更新してください❤

  3. りおな より:

    あ〜どんどん付き合う日が遠くなっているきがするー!!
    2人気づかなすぎる!なんでそうなるねん!

    てか現実の今市隆二がカッコよすぎ!ってかエロい!歳を重ねるごとにどんどん大人の色気がやばくなっている!笑ったら可愛いし、でもエロいしなんなんだあの人わ…\(//∇//)\

  4. 明日花 より:

    最近健ちゃんいっぱい出てくる~。
    隆二は好きって言ってもらいたいけどその事が爆発しちゃうよ~。
    むーこと健ちゃん相談役でいいですね!

コメントを残す