[135]チュッチュ禁止

スポンサーリンク

♡)岩ちゃん…
  ちゃんと話せるといいね…
臣)うん…。
 
 
泣いてた♡が
ようやくそう言ってくれて…
 
そっと腕を緩めて顔を覗くと、
綺麗な瞳がまだ少し潤んでキラキラしてる。
 
 
臣)……
 
 
涙の跡を指先で拭って、
もう一度抱きしめた。
 
 
「好きな人のこと…
 信じれなくなっちゃうのが…
 一番悲しいもん…っ」
 
 
さっきの♡の言葉は、
俺にも痛かった。
 
 
♡が家出した時のことを…思い出して…
 
 
♡)…臣くん、ありがとう…
臣)……
 
 
♡が俺の背中をトンと叩くけど
まだ、離したくない。
 
 
臣)♡……、
♡)……
臣)俺、絶対…お前のこと…
 
 
ガチャッ!!
 
 
浦)おお〜〜〜〜
  ほんとにイチャついてるw
 
♡臣)松浦さん?!!
 
 
突然現れた松浦さんに、
俺たちはなぜか慌てて離れた。
 
 
浦)ラブラブだねぇ〜〜〜
♡)えっと…///
浦)噂はほんとだったか。
臣)え?
 
 
噂ってなんだ??
 
 
浦)今日さ、E-Girlsと一緒に
  LIVE観てたんだけど…
  あいつらが「臣様ヤバイんです!」って
  すげぇうるさくてw
臣)え…?
浦)姫さんとすっごくラブラブで
  楽屋でチューしたりしてるんです!
  って…w
臣)!!!
浦)あいつそんなキャラかぁ?って
  俺は言ったんだけど…
臣)……///
浦)ほんとにイチャイチャしてた。
臣)えっと…///
♡)////
 
 
E-Girlsめ。
変なこと松浦さんに言うなよ…。
 
 
浦)元気か?
♡)あ、はいっ!!
浦)気が変わったりはしてない?w
♡)……してないです。
浦)あはははw
臣)……
 
 
そういえば♡は
松浦さんの話を断ったんだっけ。
 
 
浦)お前からも言ってやってよーー
  ほんとこいつ頑固だからさーー
臣)ええと…
  俺が口挟むことじゃないので…
浦)少しは俺の味方しろよー!
  ああ、そうだ。
  総動員数歴代最多賞、おめでとう。
臣)ああ、ありがとうございます!!
 
 
さっき、さいたまスーパーアリーナから
表彰してもらった俺たち。
 
 
浦)今年は絶好調だねぇ、お前たち。
臣)ありがとうございます。
浦)頑張れよ。
臣)はい!!
浦)……で、♡ちゃん。
  気が変わったらいつでも…
♡)変わりません。
浦)そんなのわかんねぇだろw
 
 
そう言って松浦さんは
♡の頭をわしゃわしゃして
またなと笑いながら部屋を出て行った。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
帰りの車の中。
 
 
頭の中は岩ちゃんと◇ちゃんのことで
いっぱい。
 
今頃ちゃんと話せてるかな。
仲直り…できたかな。
 
 
臣)今日は大人しいじゃん。
♡)え…?
臣)昨日はずーっとLIVEの感想言ってたのにw
♡)あ…っ
 
 
そうだった!!
 
 
♡)あのね!今日はね!
臣)いや、無理して言わんでええぞw
♡)違うのー!聞いてーー!
臣)どうせ俺がカッコ良かったんでしょ?
♡)何それーー!!w
臣)違うの?
♡)……違わない…です…。
臣)ぶはっww
 
 
臣くんは吹き出して、
私の頭を自分の肩に乗せた。
 
 
臣)可愛いヤツ…w
♡)……///
 
 
だって…
今日もカッコ良かったもん…
 
 
♡)……ねぇ臣くん…。
臣)んー?
♡)さっき、何言いかけたの?
臣)……
 
 
松浦さんが入ってくる前。
 
 
♡)絶対…お前のこと…、って。
臣)……んーー、なんでもない。
♡)???
 
 
なんだったんだろう。
 
 
♡)……なんか…
臣)……
♡)眠く…なってきちゃった…
臣)いいよ、寝て。疲れたろ。
♡)疲れてるのは…臣くんだもん…
臣)いいから、ほら…w
♡)…っ
 
 
頭をなでなでされて…
 
臣くんの温度が…気持ち良くて…
 
 
ゆっくりと…
眠りの中に…落ちていく……。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
S)♡ちゃんまた寝ちゃったんだw
臣)うん。こりゃー着くまで起きないわ。
S)あはははw
 
 
俺の肩にもたれながら、スヤスヤ寝てる。
 
 
臣)……
 
 
はぁ。
 
いろいろ…どうしようかな。
 
 
臣)今まで駐車場でさ、
  そんな怪しい奴…いた?
S)いたらすぐに臣に言ってるよー。
臣)だよね。
S)リークしたの、C本人でしょ?
臣)多分ね。
S)臣が暴言吐いたりするからー。
臣)へ??
S)NAOTOに聞いたよ。
  Cにお前じゃ勃たないって
  言い放ったんでしょー?w
臣)ぶっ…
 
 
思わず隣の♡を見たけど…
 
良かった、まだ寝てる。
 
 
臣)ちげーもん…。
S)え?
臣)正確には
  ♡じゃないと勃たないって
  言っただけだもん。
S)一緒だし!!w
臣)だってほんとのことだし。
S)そりゃープライド傷つけるでしょー
  あの子枕してるので有名だし…
  臣のこと落とせる自信、
  あったんじゃない?
臣)そんな自信、勝手に持たれても困るわ。
S)あははは、まぁ確かにねーw
 
 
あんな女、冗談じゃねぇ。
ふざけた記事書かせやがって。
 
 
S)変な奴いるかなーー
 
 
車がマンションに入って。
 
Sさんと二人であたりを見渡すけど…
 
 
臣)いたらぶっ飛ばす。
S)いや、やめてw
  落ち着いて。
臣)いねーな。
  つーか暗くてわかんねぇ。
S)この暗闇に身を潜めてるのかもねー。
臣)怖いわ!!
 
 
ほんとうぜぇな、パパラッチ。
 
 
S)とりあえずここでは
  ♡ちゃんとチュッチュしないことだねー
臣)…もうしねーよ…///
S)家まで我慢出来なくても
  しちゃダメだよーー
臣)しません!!
S)だってさーー
臣)なんだよ。
S)写真俺も見たけど…
  全部臣が今にも
  襲い掛かりそうだったから…
臣)……
 
 
それは否定しません。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
♡)はぁ、気持ち良かったーー♡
臣)俺もーー♡
 
 
私がお風呂に入ると、
もうシャワーを浴びてた臣くんが
俺も入りたいって、入ってきて…
 
二人で仲良くお風呂タイム。
 
からの、ドライヤータイム。
 
 
♡)はい、乾いたよーー♡
臣)あんがとw
 
 
なんでもないことでも
二人で一緒にやると楽しいな♡
 
 
♡)明日もお仕事頑張るぞー!
臣)お前…車で寝たから元気だなw
♡)うんっ♡
  臣くんはもうねむねむー?
臣)いや、んなことないけど。
 
 
そのまま二人で
リビングのソファーに腰掛けた。
 
 
♡)……明日は…
  ◇ちゃん、ランチに誘ってみようかな。
臣)ああ、うん。
 
 
どうしても二人のことが、心配で。
 
 
♡)でも…
  私には話したくないかな…
臣)……
♡)……
 
 
私にはっていうか…
誰とも話したくない状況かもしれない。
 
 
私も家出してた時は
そのことを考えたくなくて
現実逃避ばっかりしてたし…。
 
 
臣)……あのさぁ…。
♡)なぁに…?
臣)…引っ越そうか。
♡)え?!!
 
 
びっくりして思わず臣くんの顔を見た。
 
 
♡)引っ越し???
  …って、私たちが?
臣)うん…。
♡)……
 
 
どうして…急に……
 
 
♡)…っ
 
 
もしかして……
 
 
「お前と会った直前に
 あの家に引っ越したばっかりだからない!」
 
 
さっきはそう言ってくれたけど…
 
ほんとは…
他の女の子、泊めたこと…あるのかな…
 
 
臣)違うから。
♡)え…?
臣)なんつー顔してんの。
♡)…っ
 
 
臣くんにほっぺをむにってされた。
 
 
♡)どんな顔してた…?
臣)こんな顔。
 
 
そう言って臣くんはむぅっと口を尖らせた。
 
 
♡)……
 
 
だって…
 
 
臣)この家にはお前と付き合う前も
  誰も泊めてないし
  女入れたことないから。
♡)……
 
 
…ほん…と…?
 
 
臣)さっきも言ったろ。ほんと!
♡)……
 
 
そうだよね。
さっきもそう言ってくれたのに…
一瞬また不安になっちゃった。
 
……ごめんなさい。
 
 
臣)この家ももう2年以上住んでるしさ、
  そろそろ引っ越してもいいかなって。
♡)……
臣)もともと俺が一人で選んだ家だし…
  今度は一緒に選ぼうよ。
♡)……
臣)ベッドもさ、新しくしない?
♡)え…?
 
 
ベッド…?
なんで急に……
 
 
臣)もう1サイズ大きいのにしない?
♡)……
 
 
どうして…?
 
 
臣)え、ちょ、なんでそんな顔してんの。
♡)…っ
 
 
だって…
 
 
臣くんが今のベッドをいつから使ってるのか
知らないけど…
 
もしかしたらこの家に来る前から使ってて
他の人と使ってたこととかあるのかな、って…
 
だから新しくしようって
言ってるのかなって…
 
 
またそんなモヤモヤで
頭がいっぱいになっちゃう。
 
 
臣)あー……、あれも
  この家に引っ越した時に買ったやつだよ。
♡)……
 
 
……嘘だ。
 
 
臣)だけどもっと大きい方がいいかなーって。
♡)……
 
 
さっきと言い方が違うから
こっちは嘘ってわかる。
 
 
♡)…っ
 
 
ぎゅぅ…ッ
 
 
臣)どうした…?
♡)…っ
 
 
やだ。
 
 
臣)ん…?
♡)……
 
 
いきなり抱きついた私の背中を
臣くんは優しくトントンしてくれる。
 
 
♡)ベッド…新しいのがいい。
臣)ん、じゃあ一緒に選ぼ♡
♡)……
 
 
臣くん…ごめんなさい。
 
 
臣くんはいつもこうやって
私のこと優しく包んでくれて…
 
いつも私のこと想ってくれてるのに…
 
 
それでもこんなくだらないヤキモチで
勝手にモヤモヤしたりして…
ごめんなさい。
 
 
♡)うう……
臣)どうした…?
♡)……
 
 
独り占め、したいんだもん…
こんなワガママな自分、嫌いだけど…
 
 
♡)うう……
臣)なーにw
 
 
臣くんが優しくなでなでしてくれるから
どんどん甘えたくなって
ワガママになる。
 
 
♡)私のこと…好き…?
臣)……なに、今更…//
♡)だって……
 
 
そう言いかけた私の唇は、
優しく塞がれた。
 
 
……キスが…すごく優しくて…
 
唇から好きって、言ってくれてるみたい。
 
 
とくん…
 
とくん…
 
 
臣)……さっき言いかけたこと。
♡)え…?
臣)俺…、絶対…お前のこと、守るから。
♡)え…?
臣)この先、どんなことがあっても…
  絶対お前のこと守るから、安心して。
♡)…っ
 
 
急に…どうしたの…?
 
 
臣)お前を裏切るようなこと、
  絶対にしないし…、
♡)……
臣)…もし、俺たちが付き合ってることが
  バレたりする日が来ても、
  絶対にお前のことは守るから。
♡)…っ
 
 
でも…
そんな時がもし来たら、
 
臣くんには私より守らなきゃいけないものが
たくさんあると思う。
 
 
♡)臣くん、大丈夫だよ…。
臣)え…?
♡)私は臣くんのこと信じてるし、
  私が臣くんのこと、守るから。
臣)…っ
 
 
私は臣くんが一番大事。
 
だから絶対に臣くんのこと、守りたい。
 
 
臣)なんで……
 
 
臣くんはふっと笑って、
目を優しく細めて、私の頬を撫でた。
 
 
臣)お前って…
  おとなしく守らせてくれない女だよね…?w
♡)え…?
臣)ほんとにもう……
♡)…っ
 
 
またふわっと抱きしめられて、
 
 
とくん…
 
とくん…
 
 
臣くんの胸の音が聞こえる。
 
 
臣)好きだよ、ほんと…。
♡)……//
 
 
私だって…
大好きだもん……。
 
 
臣くんのこと大好きだし…
臣くんのこと、信じてるけど…
 
でもたまに過去のことにヤキモチ妬いたり
モヤモヤしたりしちゃって…
 
臣くんはこんなに想ってくれてるのに、って…
自己嫌悪に陥ったりするの。
 
 
でも、大事なのは今だもん。
 
 
今、私が…臣くんを大好きで…
今、臣くんが…私を好きでいてくれて…
 
それだけで、すごく幸せなことだもん。
 
 
私がむぅってしたら…
ほっぺなでなでしてくれて…
 
何かあったらいつもぎゅって
抱きしめてくれて…
 
 
♡)臣くん…。
臣)んー?
 
 
名前を呼んだら、
こんなに優しく返事をしてくれる。
 
 
♡)大好き……。
臣)知ってるよ。
 
 
臣くんが思ってる以上に
大好きなんだよ…?
 
 
♡)臣くん…
臣)なーに。
♡)……Hしたい。
臣)……え?!
♡)////
 
 
こんなハッキリ自分で言うの、
すごく恥ずかしい。
 
言ってから
恥ずかしくて死にそうになってきた…
どうしよう///
 
 
臣)……なんで顔隠してんの…//
♡)だ…って…///
臣)可愛いから見せろ。
♡)や、だ…っ///
 
 
って言ってるのに、手を掴まれた。
 
 
臣)……///
♡)……///
 
 
そんな…じっと見ないで…
 
 
臣)もっかい言って。
♡)…っ///
 
 
臣くんの目が…
真っ直ぐに私を見てる。
 
 
臣)…もっかい。
♡)……や///
臣)……
♡)……
臣)言わなきゃしないよ。
♡)…っ
臣)……
♡)…ど…して…そんな…
  意地悪…言うの…?///
臣)……///
 
 
ぎゅっ……!
 
 
臣)うん、ごめん…
  可愛いからやっぱり俺が無理///
♡)えっ…///
 
 
また臣くんの腕の中に閉じ込められた。
 
 
臣)ああ…でも…
  ほんと可愛かったから…
  このままでいいから、もっかい言って…?
♡)……///
 
 
ドキドキ…
 
ドキドキ…
 
 
♡)…臣くんと…Hしたい…///
 
 
私がそう言うと…
 
 
臣)……はぁ…///
 
 
臣くんは満足そうに
私をぎゅむぎゅむした。
 
 
そのまま抱っこされて
ベッドに連れていかれて…
 
 
♡)ね、ねぇ…っ
臣)……ん?
♡)……///
 
 
もうエッチな目になってる……
 
 
♡)今週、毎日Hしてる……
臣)だから?
♡)……///
 
 
何か問題ある?みたいな顔で
ニヤッと笑う臣くん。
 
 
臣)最高の一週間じゃん♡
♡)……///
臣)シたいって言ったの、お前だよ?
♡)////
 
 
……うん、そうだよ。
 
 
♡)臣くん…大好き……///
臣)ん、知ってる♡
 
 
 
 
 
 
ーendー

スポンサーリンク

コメント

  1. Omilove Morning より:

    おみくんが♡ちゃんを思ってるぐらい♡ちゃんもおみくんの事思ってるんだなー。
    リア充いいなー(❁´ ︶ `❁)*✲゚* 引っ越しちゃえ!Cを事務所的にNGにしたらいいのに…。そういえばもうすぐクリスマスですねー!マイコさんはどのように過ごすんですかー?

    • マイコ より:

      Cがまた何をしてくるやらねーー(❁´ω`❁)
      クリスマスは旦那様とデートです♡

  2. さゆがん より:

    あーーなんか愛しさと切なさと心強さとでちょっと泣きそうになっちゃいました(。º̩̩́⌓º̩̩̀).゜♡絶対俺が守るからのとこやばすぎる///
    セキュリティばっちりでチュッチュ解禁できる物件みつかりますよーに(笑)

    • マイコ より:

      ぜひまたチュッチュしてもらいましょう(♥´꒳`*)(*´꒳`♥)

  3. マイコ より:

    引っ越そうが何しようがイチャイチャするに決まっとる(❁´ω`❁)

  4. NATSUKI より:

    臣くん絶対引っ越した方がいい❗またCが来そう、、、
    でも引っ越したお家にまたCが来たらどうしよう、、、、、
    臣くんたち素敵なお家に引っ越せたらいいな~❗
    しかしラブラブだな~
    でも今一番Cがムカツク❗

  5. のんちゃん より:

    臣くん引っ越した方が良い!Cにマンションバレてる以上また何か仕掛けてくるに決まってる。本当にそこまでして臣くんに近付きたいんか!臣くんCみたいな馬鹿女嫌いだよ!♡ちゃんとの事も、マスコミにバレちゃうのかなぁ〜(>_<)臣くん守るからってカッコ良い(≧∇≦)

    • マイコ より:

      Cの目的はもう臣くんに近付くことじゃないだろうなぁ…(ฅ¯ω¯ฅ )

コメントを残す