[133]彼女バカ

スポンサーリンク

♡)ん……、
 
 
ゆっくり瞼を上げると、
首の下に臣くんの腕があって。
 
 
コロンと隣を向くと、
仰向けで寝てる臣くんが
スヤスヤと寝息を立ててる。
 
 
♡)……ふふ…♡
 
 
臣くんの腕にそのまま頬を寄せて
すりすりすると…
 
 
臣)………ん…、
 
 
ゴロンとこっちを向いた臣くんに
ぎゅっと抱きしめられた。
 
 
♡)……///
 
 
こうしてたまに…
寝てるのに私をぎゅってしてくれる時、
すごく嬉しい。
 
 
寝てても、無意識でも、
好きだよって、大事だよって、
言ってもらえてるみたいで…
 
 
とくん…
 
とくん…
 
 
♡)……だいすき…///
 
 
愛しい気持ちで
胸がいっぱいになるの。
 
 
臣)……ふへへ…っw
♡)えっ……
臣)……スー……スー……
♡)……???
 
 
今、笑ったよね!??
 
寝言???
 
夢見てるの!??
 
 
びっくりした……。
 
 
何の夢見て笑ってたんだろう…
 
 
♡)ふふ…っw
 
 
可愛いなぁ♡
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
すりすり…
 
すりすり…
 
 
柔らかい髪の感触を、胸元に感じて。
 
 
なんだかフワフワ、気持ちいい。
 
 
甘くて柔らかい宝物を…
抱きしめてるみたい。
 
 
ああ…なんか…美味しそう。
 
 
食べたいな……
 
 
臣)ん………、
 
 
……はむっ。
 
 
♡)わっ!
 
 
ん……?
 
 
♡)食べ…られた…///
 
 
ん……?
 
 
臣)……
 
 
ゆっくり目を開けると…
 
 
ほっぺを押さえて
俺を見上げる♡がいて。
 
 
俺の両腕はそんな♡を
しっかりと抱きしめてる。
 
 
♡)ほっぺ、食べられた…///
臣)……
 
 
あれ?
俺…ほんとに食った…?
 
 
臣)なんか…美味そうな夢見てた。
♡)え!ご飯の夢見てたの?
臣)ご飯っていうか…
  
 
なんだっけ。
 
なんか…
甘くて…柔らかくて…
 
すげぇ愛しくて……
 
 
臣)……
 
 
あれ?
 
それって♡か?
 
 
臣)お前のこと食べる夢かも。
♡)何それ!w
 
 
♡が俺の腕の中で
きゃっきゃきゃっきゃ笑ってる。
 
 
……はぁ、可愛いな…。
 
 
臣)いただきます……。
♡)えっ!…っ、ちょ…っ、えっ!///
 
 
そのまま肩をはむっと食んで、
ずるずると下へ潜り込んで…
 
 
♡)あっ、や…んっ///
臣)……
 
 
その声で、一気にスイッチが入るのは
いつものこと。
 
 
♡)あ…っ、んっ…んっ…///
 
 
♡の可愛い声は甘いスパイス。
 
朝だろうが夜だろうが
いつだって俺を欲情させる。
 
 
♡)……は…ぁ…っ///
 
 
やわらかい肌に吸い付くように、
♡の身体を味わって。
 
 
♡)や…だ、…エッ…チ…///
 
 
たまに小さく抵抗してくるのも
余計に可愛い。
 
 
♡)は…ぁっ…
 
 
♡の顔が見たくて
タオルケットから這い出ると、
 
 
♡)……なんで…見るの…///
 
 
♡が恥ずかしそうに顔を隠した。
 
 
臣)その顔、見たかったから。
♡)……や、だ…っ///
 
 
俺しか知らない、可愛い顔。
 
俺に感じて、溶けそうになってる顔。
 
 
♡)…H…するの…?///
臣)しないの?
♡)////
 
 
チュッ。
 
 
♡のおでこにキスをして。
 
 
臣)やめていいの?
 
 
チュッ。
 
 
今度はまぶたにキス。
 
 
臣)ん?
 
 
返事を催促するように、
赤く染まったその頬を
優しく撫でれば…
 
 
♡)……や…だ……、
 
 
♡が甘えるような瞳で
俺を見上げる。
 
死ぬほど可愛い。
 
 
♡)やめ…ないで……
 
 
目を潤ませて、吐息混じりにそう言われて…
 
 
臣)////
 
 
やめられなくなるのは、俺の方。
 
 
♡)…あっ…、や…、…っ///
 
 
いつも恥ずかしそうにするくせに
俺が意地悪すると
ちゃんと素直に甘えてきて…
 
 
臣)してほしい…?
♡)……(こくん)///
臣)////
 
 
ほら、ほんと可愛い。
 
もうどうしよう。
 
朝からこんなメロメロにされて
俺、どうすんの?
 
 
♡)…あ…っ……臣く…っ///
臣)……っ
 
 
熱くなる身体。
 
もう、どっちの体温かわからない。
 
 
甘く溶け合って、
 
激しくぶつかり合って。
 
 
臣)……は…っ、ぁ…っ、♡…っ
 
 
もう、♡しか見えない。
 
 
臣)♡…っ、……っ
 
 
夢中で抱いて、♡を感じて。
 
 
♡)臣…く…っ、ん…っ///
 
 
朝から幸せすぎて、どうにかなりそう。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
♡)////
 
 
汗だくになった身体をシャワーで流して、
寝室に戻ると。
 
 
臣くんが乱れたベッドの上でまだ眠ってて、
なんだかエッチ///
 
 
肩の筋肉とか…
はだけた胸元とか…
 
さっきまでこの人に
抱かれてたんだなぁって思うと…
 
 
♡)わわわっ///
 
 
一気にドキドキが戻ってきて、
変な気持ちになっちゃう。
 
 
♡)朝ごはん作ろっと///
 
 
エッチなモヤモヤをポポポイッてして
私は一人、キッチンに向かった。
 
 
今日…臣くんLIVEなのに…
こんな朝からHして大丈夫だったのかな…
 
だって…なんか…
激しかったし……
 
 
♡)はっ!///
 
 
また考えちゃってた!!
私のエッチ!///
 
 
ポポポイッ!!!
 
 
 
……
 
 
 

 
 
 
♡)よっし、出来たーー♡
 
 
エプロンを外して
寝室のドアを開けると、
 
気配で気付いたのか
臣くんがゆっくりと目を開けた。
 
 
♡)ご飯できたよーー♡
臣)……あれ…。
  俺また寝てた…?
♡)うん!
  H終わったらすぐ寝てたよ!
臣)……
♡)……はっ!
 
 
なんか今のって…
すごく激しかったよって言ってるみたい!?
 
わわわっ///
 
 
♡)えっと…えっと…///
臣)……
♡)身体、大丈夫…?
臣)え…?
♡)あの…えっと…
 
 
だって…
さっき…あんなに…
 
 
臣)あと10回はお前のこと抱けるくらい
  全然元気。
♡)!??///
 
 
10回?!!??
 
 
♡)それは私が死んじゃいます…///
臣)あははっw
 
 
臣くんは起き上がると、
私の腕を引いてぎゅっと抱き寄せた。
 
 
臣)おはよ♡
♡)…おは…よ…///
 
 
わ、わ、臣くんは裸のままだから…
なんか……
 
 
臣)ん…?
♡)////
 
 
そんな…
顔…覗き込まないで……
 
 
臣)何照れてんの?w
♡)…だ…って……
 
 
臣くん、裸なんだもん!///
 
 
臣)お前って…
  こんなにHしてんのに
  まーだ恥ずかしがるよね?w
♡)////
 
 
だって…だって…
 
 
♡)変かな…?
臣)んー?可愛いw
 
 
チュッ♡
 
 
♡)////
 
 
なんか…すごく甘やかされてる…!
恥ずかしいっ!///
 
 
♡)と、とにかく…っ
  ご飯できたからねっ!///
 
 
慌てて立ち上がると、
後ろからぎゅむってされて…
 
 
臣)一緒に行くーーー♡
 
 
そう言って、ずるずるついてくる臣くん。
 
 
後ろからぎゅってしながら
たまに耳にチュッてしてきたり、
うなじにチュッてしてきたり…。
 
 
♡)くすぐったい…///
臣)なんかさーー
♡)……なぁに?
臣)彼女が朝からすっげぇ可愛くて…
  離したくないんだよねーー
♡)えっ…
臣)朝から俺のこと
  可愛く誘惑してきて…
  やめちゃやだぁって。
♡)!!!
臣)Hしたい〜〜って。
♡)////
臣)……ぶはっ、耳真っ赤w
♡)もう、意地悪!///
臣)あはははっ♡
 
 
臣くんは笑いながら
最後に唇にチュッてキスをして
シャワーに向かった。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
ご飯を食べ終わって
♡が会社に行くまでの間、
ソファーで二人でイチャイチャ中。
 
 
♡)ね、臣くん、怒ってる…?
臣)激おこ!
♡)あはははっ♡
 
 
なんか知らないけど
♡は昨日からこれがお気に入りみたい。
 
 
チュッ。
 
 
♡)まだ怒ってる…?
臣)おこ!!
♡)きゃははは♡
 
 
チュッ。
 
 
俺が怒ってないのに怒ってるのが
なんかツボらしくて、
 
俺が怒ってるって言う度に
可愛くチューしてくるから
俺も俺で楽しいw
 
 
…って、俺たちバカップル?
 
 
♡)今日ね、LIVEほんとに
  楽しみなんだぁーー♡
臣)ほーー。
♡)だって今回、まだ一度も見れてなくて…
臣)うん。
 
 
仕事忙しかったもんね。
 
俺も早く見て欲しかったよ、お前に。
 
 
♡)臣くんカッコイイかなぁ♡
臣)どうでしょうw
♡)あははっ♡
  絶対カッコイイもんっ♡
臣)そうなの?
♡)うん!世界一だよっ!♡
臣)……
 
 
お前って…
ちょっと彼女バカだよね?
 
 
♡)臣くんは世界一カッコ良くて
  世界一素敵なんだもーん♡
臣)……///
 
 
そこまで言われると…
照れるんですけど…
 
 
♡)だぁいすき♡
 
 
♡が可愛く笑って抱きついてくるから…
 
 
臣)俺も大好きだよ。
 
 
♡のほっぺに、キスをした。
 
 
臣)お前だって、世界一可愛いよ。
♡)えっ…
臣)え?
♡)////
 
 
何その反応。
 
 
♡)そんな顔で…
  そんな恥ずかしいこと言わないで///
臣)何それ!!w
  先に言ったのお前じゃん!!
♡)だって…
臣)そんな顔ってなんだよ!w
♡)……王子様みたいな…顔…///
臣)……///
 
 
何言ってんの…?
 
 
臣)俺たちってバカップルだよな?
♡)うん……///
 
 
それでもいいんだ。
すげぇ幸せだから。
 
 
臣)世界一好きーー♡
♡)じゃあ私は地球で一番〜♡
臣)世界も地球も一緒だろw
♡)じゃあ宇宙一!!
臣)あ、ずるい!!
  じゃあ俺は銀河一!!
♡)宇宙も銀河も一緒でしょ!w
臣)ぶはっww
♡)あはははっww
臣)もうなんでもいいよ。
♡)うん。
  とにかく臣くんが大好きなの♡
臣)ありがと♡
 
 
俺も大好きだよ。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
今日は早めに会社を出て
目指すはさいたまスーパーアリーナ!
 
さくちゃんと待ち合わせて
一緒に電車に乗った。
 
 
さ)ファンだらけだな…
♡)だね。
 
 
ツアーTシャツを着てる子とか
双子コーデしてる子とかがたくさん。
 
 
さ)あ、いたいた!!
♡)賢司くーん!凪ちゃーーん!!
 
 
電車を降りると
すぐに二人を見つけた。
 
 
凪)もしかして同じ電車だった?
♡)そうかも!w
賢)すげぇ人だよな〜〜
さ)混み混みだったね。
 
 
それから4人で会場に向かいながら
土曜日の誕生会の話に。
 
 
さ)マジで豪華なパーティーだったわー
凪)7人全員いたもんねw
賢)主役はずっとイチャついてるしなw
♡)イチャついてないもんっ!//
凪)広臣くんってなんか雰囲気変わったよね。
♡)えっ
凪)賢司くんとも話してたの。
♡)そうかな…?
賢)うん。あんな人前で
  堂々とイチャつくとは…
凪)もう少しシャイなイメージだったけど…
  雰囲気柔らかくなったかなーって。
♡)……//
 
 
そうなのかな?
 
 
さ)♡の影響で丸くなったんじゃないw
賢)丸臣だな、丸臣w
凪)あははは♡
さ)あ!賢司それ、
  臣くんにもらったやつじゃん!
賢)そうそう、早速着てきたw
♡)ほんとだ!似合うーー♡
 
 
賢司くんは私と誕生日が近いから
この間臣くんが洋服をプレゼントしてた。
 
 
賢)あいつほんと毎年マメにくれるからなー
凪)優しいよね♡
♡)ふふふ♡
さ)あ、入り口あそこじゃない?
賢)ほんとだ。
♡)……ドキドキ。
 
 
三代目の初めてのドームツアー。
今日はドームじゃないけど…
 
ずっと見たくて見たくて
ウズウズしてたんだ。
 
 
♡)はぁ、楽しみだなぁ♡
凪)私もーーー♡
 
 
関係者受付から中に入ると
私たちの席は
アリーナのブロック最前列だった。
 
 
賢)ど正面じゃんw
さ)すごーーい!やったーーーw
凪)さくちゃん、アリーナで見たいって
  言ってたもんね♡
さ)うん!スタンドも見やすいけど
  一回くらいアリーナで見てみたくて♪
  臣くんにお願いして良かったー♡
賢)はははw
♡)……
 
 
ドームってこんなに広いんだ。
すごいな…
ドキドキしちゃう。
 
ここで今からみんながLIVEするんだよね。
 
 
さ)今日は裏にも入れちゃうんだもんね、
  楽しみ〜〜♪
♡)あ、そーだ!
 
 
お母さんたちって
どこの席なのかな??
またスタンドかな??
 
LAのお土産、ちゃんと持ってきたし
早く会いたいなーー♡
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
今日は♡も家族も観に来てくれてるから
やっぱりどうしても気合いが入る。
 
 
中盤でトロッコでまわると
さくちゃんはすげぇ元気に手を振ってくれて
♡はその横で両手を組んでポーッとしてた。
 
小さく手を振ってみたけど
それでもポーッとしてて。
 
ちゃんと俺のこと見てる??w
 
 
スタンド側を回った時に
母ちゃん達にも小さく手を振ったら
フラッグを振り返してくれた。
 
 
LIVEはあっという間に終わって
汗だくの身体をタオルで拭きながら
関係者に挨拶をして。
 
写真撮影を終えてから面会に向かった。
 
 
母)やーだ、本当にー?ww
♡)はいw
姉)めっちゃウケるww
父)あはははw
 
 
ん…?
 
なんか楽しそうな笑い声。
 
 
さ)お、来た来た!お疲れーー!
賢)おう!お疲れ!
臣)……どーも。
  遅くなってごめん。
凪)全然だよーー♡
臣)……
 
 
って、俺気付かれてないんですけど!
 
 
臣)おい!w
♡)わっ!!
母)あら、広臣!
姉)やっと来た。
父)お疲れさん。
臣)うん。
 
 
俺がいない間に
何そんな仲良くなってんの?
 
 
母)♡ちゃんからお土産もらったわよー♡
♡)ちゃんと渡したよー♡
臣)ああ、うん。
父)ありがとうな。
臣)うん。
母)今度広臣がいなくても
  うちに遊びにおいでって
  話してたのよーー♡
臣)いや、だから俺も行くって!w
父)お前は仕事忙しいんだろ?
母)広臣待ってたらいつになるか
  わかんないもの。
父)♡ちゃんだけでもいつでもおいで。
♡)わーーい♡
  あのね、お父さんと一緒に
  お酒飲む約束したのー♡
臣)そうなの?
♡)うんっ♡
 
 
♡に「お父さん」って呼ばれて
ちょっと嬉しそうな父ちゃんが可愛い。
 
 
♡)お姉ちゃんも
  いつでも泊まりに来てくださいね♡
姉)うん、ほんとに行くからよろしくー
臣)ん!?
 
 
「お姉ちゃん」?!
姉ちゃんとも仲良くなってる!?
 
 
姉)彼女と同棲してるっていうから
  遠慮してたんだけど…
  今度から終電逃したら
  お邪魔するから、よろしく。
臣)別に…いいけど…。
♡)お姉ちゃんとも飲みたい♡
姉)あたし強いよ。
♡)あはははw
臣)お前はテキーラはダメだからな。
♡)わかってるってばー!w
 
 
母ちゃんが♡のこと大好きなのは
わかってたけど
 
父ちゃんも姉ちゃんも
いつの間にか仲良くなってて。
 
 
S)じゃあ写真撮りますよーー
父)♡ちゃんも一緒に撮ろう。
母)入って入って♡
♡)え、でも…
姉)入んなよーーー
 
 
そう言われて
もじもじこっちに来た♡の腰に手を回して
家族写真を撮り終えたら
 
 
姉)どこ触ってんの。
 
 
後ろから姉ちゃんに膝カックンされた。
 
 
臣)何すんだよ!w
姉)あんたの手がなんかいやらしいから。
母)え、やだ広臣…
  ♡ちゃんに何したの…
臣)なんもしてねーよ!w
 
 
人を変態扱いすんな!w
 
 
母)じゃあ♡ちゃん、またね♡
♡)はいっ♡
賢)広臣もまたなーー
臣)おう!
 
 
みんなと別れて、
俺はそのまま♡を連れてった。
 
 
臣)シャワー浴びてくっから待ってて。
  一緒に帰ろ。
♡)うん♡
臣)……
♡)ん…?
臣)……
 
 
なんだろ。
♡がいるのがすごく嬉しい。
 
 
臣)LIVEどうだった?
♡)すっごくカッコ良かったよ!♡
臣)なんかお前、ポーッとしてなかった?w
♡)え、見えたの?!
臣)手振ってんのに気付かねんだもん。
♡)え、あれ私に振ったの?!
臣)そうだよw
♡)えーーー!!
 
 
気付いてなかったんかいw
 
 
♡)なんかね、いろいろすごくて
  見とれちゃって…
  ぽわーってしてたの。
臣)うん、なんかアホな顔してたw
♡)ひっどい!w
臣)あはははw
 
 
控え室に入る手前で、
♡をぎゅっと抱き寄せた。
 
 
♡)……どしたの?//
臣)充電。
♡)疲れたの…?
臣)いや?
♡)……
臣)……
 
 
ただ、抱きしめたいだけ。
 
 
臣)観に来てくれてありがとな。
♡)ううん♡
 
 
LIVE終わりに
こうやって♡をぎゅってできるだけで
すげぇ嬉しいし…
 
疲れも全部吹き飛ぶ感じ。
 
 
♡)あのね、あのね!
  イニミニがすごくカッコ良くてね!
  Linkが…
臣)あーー、ストップ。
  帰ったら聞くからw
♡)えーーー!!
 
 
LIVEの感想を語りだすと
こいつは長いからなw
 
 
♡)いっぱいカッコ良かったんだもん!!
臣)わかったからw
 
 
♡が興奮しながら
俺の腕を掴んで見上げてくる。
 
 
臣)あとで聞くから待ってて♡
 
 
チュッ♡
 
 
♡)////
 
 
おとなしくなった♡を控え室に入れて
俺はそのままシャワーに向かった。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
E)あ、♡ちゃんだーー!
  おつかれーー♪
♡)ELLY!お疲れさまーー♡
  ね、ね、エプロンありがとう!
  嬉しかった♡
E)ああ、気に入ってくれた?
♡)うんっ!
  すっごく可愛かった♡
E)へへ、良かったー♪
 
 
ドンッ
 
 
♡)わっ、
岩)あ、すみません。
  …っ、♡ちゃん!
♡)あ、岩ちゃん!お疲れさま!
岩)…っ
♡)……??
 
 
どうしたんだろ。
なんか私の顔をじっと見てる。
 
 
♡)あ、そうだ!
  そういえば今日、
  ◇ちゃんも来てたんだよね?
岩)……
♡)どこの席だったんだろー♪
 
 
そういえば◇ちゃんとは
誕生日会以来、会ってない。
 
いつも歯磨きタイム重なるのになー
 
 
岩)…あの……さ、
♡)ん?
岩)なんも…聞いてない…?
♡)え??
 
 
何が??
 
 
岩)……いや、ごめん。
  なんでもない。
♡)???
 
 
岩ちゃん…
さっきはキラキラしてたけど
近くで見ると少し顔色が悪い。
 
体調良くないのかな?
 
 
♡)大丈夫?
岩)え、何か聞いてる?!
♡)えっ…
  えっと…なんのこと…?
岩)……
♡)……
岩)ごめん、なんでもない。
♡)???
 
 
岩ちゃんはそのまま部屋を出て行った。
 
 
臣)ただいまーー♡
♡)わっ///
 
 
シャワーから戻ってきた臣くんに
後ろからぎゅむっと捕まえられた。
 
 
臣)どうした?変な顔して。
♡)あ…、うん…。
臣)ん?
♡)岩ちゃん体調悪いのかなって。
臣)……ああ、
  なんかちょっと変なんだよね。
♡)え!どこか悪いの?!
臣)いや、わかんないけど…
  ほら、誕生日会の後?らへんから…
  なんか少し様子が変。
♡)…っ
 
 
どうしたんだろう。
 
 
臣)◇ちゃんとなんかあったのかな?
♡)えっ!!
 
 
体調じゃなくて??
◇ちゃんと…??
 
 
♡)だってパーティーの時
  ラブラブしてたよね?
臣)うん。
♡)……
 
 
何か…あったのかな?
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
帰りの車の中は
思う存分熱く語る♡の話を
うんうん頷きながら聞いてやって。
 
どこがカッコ良かったとか
どこの演出が好きだとか
 
目をキラキラさせながら
嬉しそうに話す♡が可愛くて。
 
 
臣)ありがと。
  お疲れさまでした。
S)あーい。じゃあまた明日ねーー
 
 
バタン。
 
 
車を降りてからも
♡のはしゃぎっぷりは止まらず。
 
 
♡)それでねっ、それでねっ♡
臣)わーかったから♡
 
 
チュッ♡
 
 
♡)////
 
 
チューするとおとなしくなるのが
また可愛いw
 
 
臣)早く帰ってイチャイチャしよ♡
♡)えっ…///
 
 
♡の手を引いてエレベーターを上がって
玄関に入って二人になれば、
 
 
♡)んんっ…///
 
 
すぐにキスを始めて
服に手を滑り込ませる俺に
 
♡が抵抗を見せる。
 
 
♡)玄関は…ダメ…///
臣)……
 
 
そっか。
俺また暴走するとこだった。
 
 
臣)じゃあベッド行こうな♡
 
 
♡を抱き上げて強引に連れていって。
 
 
♡)わわわっ!おろしてー!//
臣)はい♡
 
 
ぼすんっ
 
 
♡)////
 
 
なんでか胸の前で腕をクロスさせてる♡を
見下ろしながら
Tシャツを脱いだ。
 
 
♡)なんで脱ぐのっ
臣)え?着てた方がいい?
♡)そうじゃ…なくて…っ
臣)ん…♡
♡)あっ、待って…だめ…っ///
 
 
ベッドに膝を乗せて押し倒そうとすると
♡の手が俺の肩を押し返した。
 
 
♡)お風呂入りたいもん!
臣)あとで入ればいいじゃん。
♡)Hはお風呂の後…っ!///
臣)やだ。今。
♡)…っ
 
 
そのまま♡をベッドに寝かせて
上に跨った。
 
 
♡)ダメ…っ///
臣)ダメじゃない。
♡)あ、や…ん…っ
臣)風呂なんか待ってらんない。
♡)…いっぱい…汗…かいたもん…っ
臣)大丈夫。甘い匂いしかしないから。
♡)だめ…っ
臣)ダメじゃない。
♡)…あ…っ、///
 
 
♡の首元に顔を埋めて
柔らかい肌に口付けて。
 
いつもの甘い匂いと甘い声に
どんどん欲情して、止まらない。
 
 
♡)や…、っ…臣く…ん…っ///
臣)Hしたら一緒にお風呂入ろうな♡
♡)……///
臣)んで、お風呂上がったら
  またHしような♡
♡)!!??
臣)で、朝起きたらまたHしような♡
♡)しすぎだよ!!///
臣)あはははw
 
 
いいじゃん。
いくらしても足りないんだもん。
 
 
♡)明日もLIVEなんだから
  ダメだよっ///
 
 
そんなことを言う♡の唇を
またキスで塞いだ。
 
 
臣)だから言ったじゃん。
♡)…っ///
臣)お前抱く体力なんか無限にあるって。
♡)////
 
 
むしろ抱かないと
明日のLIVE、頑張れません。
 
 
臣)♡ーーー
♡)あ、…っん///
臣)LIVE…どうだった…?
♡)カッコ良かったって…言ったもん…
臣)惚れ直した…?
♡)ん…っ、あ、っ…///
臣)なぁ。
♡)惚れ直さなくたって…
  臣くんのこと…好きすぎて…
  困ってるもん…っ
 
 
何それ。かわい。
 
 
♡)あ、…んん…っ、///
 
 
ああ、もうダメだ。
我慢できね…。
 
 
臣)♡……、好き…?
♡)…臣くんの…こと…?///
臣)うん。
 
 
わかってても…
もっと言って欲しくて…
 
 
♡)大好き…だよ…///
臣)……///
 
 
その言葉だけで、すげぇ満たされる。
 
 
♡)ほんとにほんとに…
  カッコ良かったもん…っ
臣)…っ
♡)世界一カッコイイもん…///
臣)……
 
 
やっぱりお前、彼女バカだよな?
 
 
♡)臣くん、大好き…///
 
 
はぁ、もう…///
 
 
臣)つかまって。
♡)……あっ…、///
 
 
言葉で、身体で、
 
♡を何度も感じて。
 
 
深く深く、繋がって。
 
 
♡)臣…く…っ
 
 
もっと呼んで、俺のこと。
 
 
♡)や、っぁ…っ臣く…ん///
臣)……///
♡)…だい…すき…っ
臣)////
 
 
俺だってこんなに好きだから。
 
 
臣)……は…ぁ…///
 
 
ほんとに、幸せ。
 
 
 
♡を抱く度に、
身体中が…甘く満たされていくようで。
 
 
俺はその幸せを何度も何度も感じながら、
 
♡を抱いた。
 
 
 
 
 
ーendー

スポンサーリンク

コメント

  1. a__ichin.y より:

    出逢い編からまたまた読み直してたら追いついた
    ほんっっまにマイコさんの書く臣くん好きすぎる(笑)

    岩ちゃんと隆二…
    どうなるん?(˚ ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )
    早く◇ちゃんと仲良くなってほしいけど…

    • マイコ より:

      おおお!┣¨‡ (♡°ω°♡)┣¨‡
      読み直し…ありがとうございますっ!!嬉しいです!!

      みんな最後はきっとHAPPYだから大丈夫ですっ!\(°∀° )/ ←無責任な作者w

  2. 明日花 より:

    臣くんのおこ好き。岩ちゃんテンションダウンですね。◇ちゃんライブ楽しめたかな?

    • マイコ より:

      おこ臣かわゆだよね(❁´ω`❁)♡
      岩ちゃんは…ねぇ……
      ふぅ…

  3. さゆがん より:

    はぁーーラブラブすぎてお腹いっぱい♡
    ◇ちゃんが来るライブこれだったんですね!!多田さんに合わせるのとかいろいろどうしたんだろー(´・o・`)
    がんちゃんも隆二くんもどうなるやら♬

    • マイコ より:

      お腹いっぱいでもまだまだイチャつきますのでどうぞよろしく(ฅ¯ω¯ฅ )笑

  4. Omilove Morning より:

    おみくんヤりすぎだよー!ラブラブ過ぎてやばい///
    LIVEカッコいいだろうなー!♡ちゃんいいなー(❁´ ︶ `❁)*✲゚*
    リクエストしたいんですけどどこでしたらいいですかー?

  5. ちえ より:

    臣くんのお盛んぶりにもビックリですが、そんな臣くんにちゃんとついていってる♡ちゃんもある意味すごい(笑)2人のやりとりは本当に可愛くて幸せいっぱいで、読みながらニヤケてしまいますwww
    そしてそして、いよいよ岩ちゃんのお話かなっ⁉️ドキドキ…(*_*;
    楽しみにしてます☆

    • マイコ より:

      確かに!!。゚(゚^∀^゚)゚。
      ♡ちゃんもすっかり臣くん色に染まってしまいましたw

  6. のんちゃん より:

    怒ってる?にはまってる♡ちゃん可愛い(≧∇≦)臣くんも、自分がしたいくせに、♡ちゃんに、してほしい?って聞くあたりがSだね〜。♡ちゃんライブ観れて良かったね(^_^)臣くんの御家族とも仲良しで、本当に臣くんのお嫁さん候補だね。しかし、臣くん、あなたやり過ぎですから(≧∇≦)しかも、後10回って・・・やっぱり絶倫かよ〜(≧∇≦)

    • マイコ より:

      ほんともういつ結婚してもいいなこの二人は(ฅ¯ω¯ฅ )ほっこり笑

コメントを残す