[131]浮気写真

スポンサーリンク

T)ついに来たな…
♡)うん…
 
 
ドキドキドキ。
 
 
昨日と同じ応接室に通されて、
Tくんと二人、部長を待つ。
 
昨日二人で作った資料を
テーブルの上に並べて。
 
 
……ガチャッ。
 
 
ドアが開いた瞬間に、
二人で立ち上がった。
 
 
T)本日はお忙しい中、
  お時間をいただきまして
  ありがとうございます!!
 
 
Tくんが名刺を差し出して
挨拶をしようとすると…
 
 
部)ははははww
 
 
部長が突然笑い出した。
 
 
♡)え…?
 
 
どうして…
 
 
部)やっぱり君かw
男)はははw
T)ええと……
部)毎回ストーカーのように
  うちの会社に顔を出しては
  手紙を置いていって。
T)あっ……
部)まぁ一度も読んではいないがね。
T)…っ
部)まぁ座りたまえ。
T)失礼します。
 
 
4人で椅子に座ると、
昨日とは違う女の人が
お茶を持ってきてくれて…
 
 
♡)……
 
 
部長をじーっと見てると、
 
 
部)なんだね!!!
 
 
怒られた。
 
 
♡)今日は…言わないんですか?♡
部)…っ///
 
 
部長は口元をモゴモゴさせながら…
 
 
部)………ありがとう。
 
 
また小さな声でボソッとお礼を言った。
 
 
女)…っ///
 
 
女の人は嬉しそうにトレイで顔を隠して…
 
 
女)ありがとうございます!
  失礼します!///
 
 
そう言って部屋を出て行った。
 
 
部)ふんっ…///
♡)ふふふ♡
男)こちらがご提案いただける内容ですか?
T)あっ、はい!!
 
 
Tくんが資料とiPadの画面を使いながら
昨日一生懸命考えた内容を
丁寧にわかりやすく説明していく。
 
 
部長は腕を組みながら
たまに鋭い目でTくんをギロッと見て…
わざとなのかな?
 
すごく威圧的な態度を取るんだけど…
 
でもTくんは最後まで頑張って
プレゼンをやり通した。
 
 
T)以上が、僕の方から今回
  ご提案させていただきたい内容です。
部)……ふんっ。
T)……
部)君は私のことをどう思っている。
T)えっ??…どう…とは……
部)正直に言いたまえ。
T)ええと……
  まだお会いしたばかりで…
  簡単には申し上げられないのですが…
部)端的に言いたまえ。
T)正直プレゼンはしにくかったですw
 
 
Tくんは苦笑いしながらそう言った。
 
 
T)部長の目が鋭いので…
  ドキドキハラハラしながら話してましたw
部)私が怖いのかね?
T)いえ、怖いというか…
  緊張はしましたけど…
部)怖くはないのかね。
T)はい。
部)初対面の人間は大抵私を怖がる。
  人相が悪いだの、睨まれてるだの。
T)僕はそうは思いませんでした。
部)……
T)多分、彼女から話を聞いていたので。
♡)えっ…
 
 
私???
 
 
T)彼女が言っていたんです。
  部長は優しい方だと思うって。
♡)…っ
部)彼女がそう言っていただけで
  それを信じるのかね。
  私から見たら彼女は能天気な
  お気楽お嬢さんで
  彼女にかかれば誰でも優しい人間に
  なるだろうよ。
T)あはははっw
  まぁ確かにそうかもしれませんが…
  僕は彼女の感性とか価値観を
  信じてるので。
部)…っ
T)彼女がそう言うなら
  きっとそうなんだと思いますし、
  実際に今こうしてお会いして
  自分でお話しさせて頂いていても
  同じように思います。
部)……ふんっ!!
 
 
部長は息を荒げて、今度は私を見た。
 
 
部)君はなんで彼を連れてきた!!
♡)えっ…
部)彼がうちのストーカーだと
  知っていたのかね!
♡)いえ!知りませんでした!
部)…っ
♡)えっと…
 
 
どうしよう!
Tくんを連れてきたくせに
Tくんをどう紹介するか考えてなかった!!
 
 
部)私は君が思う適任の人材を
  連れてこいと言ったんだ。
  なぜ彼を選んだ。
♡)えっと…えっと…
部)彼は社内での成績は?
♡)えっ…
部)どれくらいの営業マンなんだね?
♡)…っ
 
 
その答えに私が困っていると、
Tくんが笑いながら話してくれた。
 
 
T)僕はいつも2位止まりなんですw
  どうしても抜けないすごい先輩がいて。
部)……
男)でも…△△さんはかなりの大手ですから…
  そこでずっと2位というのは
  かなりすごいんじゃないですか?
T)いえ、僕はまだまだです。
  僕は……
♡)彼は…っ
  すごく真っ直ぐで誠実な人間なんです!!
T)…っ
♡)彼が成績優秀だから
  連れてきたわけじゃありません!!
部)…っ
♡)彼の仕事は…いつも一生懸命で…
  真心があるんです!
  私はいつもそれを近くで見ていて
  尊敬してるんです!
部)……
♡)だから彼なら…
  御社にきっとプラスになる提案を
  してくれると信じて
  今回仕事を依頼しました。
T)……
♡)彼の人間性も、仕事に向き合う姿勢も
  全部信頼しているから
  適任だと思ったんです。
部)……
 
 
私がそう言うと、
部長は今度は頭で腕を組んで
大きく息を吐いた。
 
 
部)君の会社は君みたいなのばっかりなのか、
  ほんとに…w
♡)え…?
部)こんな私相手に…そんなに真っ直ぐに
  目をキラキラさせて…
♡)……
T)……
男)なんだかお二人は
  似てらっしゃいますねw
♡)えっ……
男)お互いに仕事仲間として
  信頼し合っているのもよくわかりますし、
  素敵な関係なんだと思います。
T)…っ
男)実は部長、仕事を頼むなら
  Tさんがいいと言っていたんですよw
 
♡T)ええっ!!
 
男)大体の営業マンは
  門前払いしたらもう来なくなる。
  来たとしても2〜3度で終わり。
  でもTさんは毎月欠かさず
  うちに来ては資料と手紙を
  置いていってくれていました。
♡)…っ
男)部長は読んではいませんでしたが…w
  Tさんの名前だけは覚えていたんですよ。
T)…っ
部)おい、余計なことを言うな!
男)だから…
  今回♡さんが連れてきてくれたのが
  Tさんで…
  本当は嬉しいんですよね?
部)ふんっっ!!
  私がいつそんなことを言った!!
♡)……
T)……
 
 
私とTくんは、思わず顔を見合わせた。
 
 
部)これだけストーカーされたらな!
  契約の一つくらいしてやらないと
  恨まれそうだからな!!
T)え…っ
♡)それって……
部)早く契約書を出せ!
 
♡T)!!!
 
 
Tくんはその前に
深々と頭を下げて、お礼を伝えた。
 
 
T)ありがとうございます!!
部)……ふんっ
T)必ず最後まで全力で
  お手伝いさせていただきます!!
部)当たり前だ。
T)ありがとうございます!!
♡)……///
 
 
どうしよう。
すごく嬉しい。
 
 
♡)ありがとうございます♡♡
 
 
私がそう言うと、
 
 
部)君はそのヘラヘラした顔で
  私を見るのをやめろ!!
♡)えっ!!
 
 
また怒られた。
ガーン……
 
 
男)部長は♡さんの笑顔を見ると
  なんだか毒気を抜かれるらしいですよ…w
♡)えっ
部)お前はさっきから余計なことばっかり
  言うなっ!!!
♡)……
T)彼女はいつもこうなんですw
 
 
Tくんが契約書を用意しながら
優しく笑った。
 
 
T)いつも笑顔で、周りを明るくしてくれて。
  うちの会社の太陽みたいな
  存在なんですよ。
♡)……///
男)そうでしょうね…。
  先週、深くそう思いました。
T)あはははw
部)ふんっ!!
  そのうち悪い人間に騙されても
  知らないからな。
♡)ふふふ…♡
部)どうして笑う!!
♡)心配してくれてるのかなって…
  えへへ♡
部)〜〜〜ふんっ!///
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
S)臣ーーー
  そろそろ打ち合わせねーー
臣)あーーい!
 
 
事務作業を終わらせて、会議室に移動すると
みんなゾロゾロと集まってきて、
ハイローの台本が配られた。
 
 
監)よし、全員揃ったかな?
皆)はーーい!
 
監)とりあえず来月撮影する
  最初のシーンだけ
  説明しちゃうねーー
  あ、先に目ぇ通してーー
 
T)はーい。
  って俺セリフねーし!w
臣)え!
T)弟よ。セリフをよこせ。
A)いやいや、俺もないからw
T)え!AKIRAさんも??
 
 
俺のセリフは…
 
 
臣)よくもまぁ群れやがって?
T)いいなーー
A)いいなーー
T)なんか似合ってるし。
翔)うん。
T)まーたモテる気だよこの人。
臣)何がっすか!w
監)とりあえずね、
  もうガッシガシ殴り合ってもらうから。
臣)え、フリですよね?
監)いや、フリのとこもあるけど
  当てれるとこは当てて。
T)えーーー!!w
A)じゃあ登坂の綺麗な顔を
  一発やっちゃうかーー
臣)怖いっす!w
翔)やっちゃいましょう。
A)OK出ました〜〜w
臣)ええっ!!w
 
 
マジでこの撮影、ケガしそうだなーー
気をつけないと。
 
三代目はツアー中だし
EXILEもツアー始まるし
ほんとケガだけは出来ない。
 
 
T)MUGEN100人に突っ込んでくって
  俺らヤバくない?ww
臣)普通にやられますよね…w
監)そこはほら、無敵の雨宮兄弟だからw
T)無敵すぎる!w
臣)どんだけ!w
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
T)はぁ〜〜〜!
  契約決まった〜〜〜!
♡)やったね!♡
 
 
ビルを出て、思わずTくんとハイタッチ。
 
 
T)あーー、もう13時か。
  腹減ったな。飯食って帰るか。
♡)うん!そうしよー!
T)何食べたい?
♡)この辺だと…何あるかな…
T)あ、一本あっちに新しいカフェあるかも。
♡)ほんと?行ってみたーい!
T)じゃあそこにしよっか!
♡)うんっ♡
 
 
Tくんっていつもお店とかも色々知ってて
すごいなぁ。
 
 
T)じゃあお疲れーーw
♡)お疲れさまーー♡
 
 
ジュースで乾杯。
 
 
♡)素敵なお店だね。
T)うん。
 
 
店内は木目調の落ち着く雰囲気で
いたるところにグリーンが飾られてて
なんだか癒される。
 
 
T)……あの、さ。
♡)ん?
T)ほんとにありがとう。
♡)……
T)お前がああ言ってくれて、
  俺ほんとに嬉しかった…///
♡)……
 
 
さっき部長に言ったことは…
全部私の本心だもん。
 
 
♡)私も…嬉しかったよ…?
T)え…?
♡)Tくんが言ってくれたこと。
T)……
 
 
全部、全部、嬉しかった。
 
 
♡)ありがとう♡♡
T)……うん///
 
 
こんな風に一緒に仕事ができて
本当に嬉しい。
 
 
店)お待たせいたしました。
  彩り野菜のチキンボールです。
♡)わぁ…おいしそうっ♡
店)こちらはヘルシー甘辛ロコモコ丼です。
T)ありがとうございます。
♡)いただきまーす♡
  ……おいしぃ〜〜〜♡
T)うん、美味い。
 
 
頑張ったお仕事のあとのランチは
なんだか幸せだなーー♡
 
 
ピロピロ♪ピロピロ♪
 
 
T)あ、海璃だ。
♡)…っ
T)…お、どうしよっかなーー
♡)どうしたの?
T)明日何が食べたいですかって。
♡)……
 
 
えっと…
そういえば…
 
時間が合う時は
「料理の練習」っていう設定で
Tくんの家でご飯を作ってるって
海璃ちゃんが前に言ってたっけ。
 
 
♡)いつもリクエストしたもの
  作ってくれるの?
T)まぁ一緒に作る感じだけど。
♡)そっか。
T)あいつさ、結構上手になったんだよ。
 
 
そう言ってTくんは、嬉しそうに笑った。
 
 
T)不器用なんだけど、ほんと一生懸命でさ。
  なんかお前みたいw
♡)え…っ
T)好きな奴のためにあんな頑張って…
  健気だよなーー
♡)……
 
 
えっと…
その好きな人はTくんなんだけど…
ほんとに全然気付いてないのかな?
 
 
♡)海璃ちゃんって本当に頑張り屋さんで
  可愛いよねっ!
T)うん。
♡)すっごくすっごく可愛いよね!
T)うん、どうした急にw
♡)…っ
 
 
だって…
Tくんが鈍いから……
 
 
♡)私、海璃ちゃん大好きっ!
T)うん、俺も好きだけど。
♡)えっ!!
 
 
それって…
 
 
T)あんな可愛い妹が良かったなーって
  いつも思うw
♡)えっ…
T)うちの妹、クソ生意気だからさーー
♡)……
 
 
もうっ!
そうじゃなくて!!
 
 
でも……
 
 
♡)海璃ちゃん可愛いなって思うんでしょ?
T)うん。妹みたいな感じ。
♡)海璃ちゃんは妹じゃなくて女の子だよ?
T)へ?わかってるよ?
♡)……
 
 
もぉ〜〜〜
 
 
T)あいつさ、ほんと良い子だから…
  絶対上手くいくと思うんだよなー
♡)え…?
T)好きな奴とさ。
♡)…っ
T)なんかあいつには…
  笑っててほしいな。
♡)……
 
 
そう言ったTくんは
すごく優しい顔をして笑ってて…
 
もう海璃ちゃんのこと
好きなんじゃないのかなって思うのに…
 
当の本人が鈍いせいで
私からは何も言えない。
 
 
もうっ!
 
もどかしいよぅっ!!!
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
臣)はぁ??何これ!!
T)ん…?
 
 
仕事が一区切りついて、携帯を見ると…
 
 
『♡ちゃん浮気してんで〜〜』
 
 
健ちゃんから来てたLINE。
 
 
T)あら…誰このイケメン。
臣)……
T)仲良さそ〜〜〜〜
臣)……
T)…あ、怒ってる怒ってる…w
臣)……
 
 
なんでTとこんな仲良さそうに
飯食ってんだよ!
 
なんだよこの写真!!!怒
 
 
T)そんなプリプリしないのーー
  ジャケット着てるし
  仕事中のランチとかでしょ、どうせ。
臣)……
 
 
確かに今日は
あいつと商談だとか言ってたけど…
 
なんで二人でランチしてんだよ。
 
 
T)でも…なんか絵になる二人だねーー
  お店もオシャレだし。
臣)……
 
 
Tなんか…
一人で吉野家でも入ってろっ!!
 
 
T)岩ちゃん見て見てぇ〜〜〜
  ♡ちゃんの浮気写真w
臣)あ、ちょっ!
 
 
TAKAHIROさんは面白がって
俺の携帯を岩ちゃんに見せた。
 
…てゆーか、今日岩ちゃんいたのね?
 
なんか…亡霊みたいで…
 
 
岩)浮…気……?
T)そうそうw
岩)浮気なんて…してな…っ
T)へ?
岩)あ、…すいません…なんでも…
T)……
臣)……
 
 
昨日から様子がおかしい岩ちゃん。
 
いや、正確にはいつからかわからん。
 
♡の誕生会の時は元気だったはず。
 
 
臣)なんかあったの?
岩)……いや……
  あ、すいません。
  俺この後、別の撮影なんでもう行きます。
臣)あ、うん…。
T)行ってらっしゃい。
岩)お疲れさまです……
 
 
そう言って岩ちゃんは会議室を出て行った。
 
大丈夫かな…?
 
 
T)ねぇねぇ。
臣)え?
T)♡ちゃん、写真撮られすぎじゃない?
臣)へ???
 
 
携帯を返してもらうと、
健ちゃんから追加の写真がたくさん来てた。
 
 
『Twitterで拡散されてんで。
 盗撮した奴はもう元データ消してるけど。』
 
 
臣)……
 
 
そう言われて検索してみると、案の定。
写真はいっぱい出回ってて…
 
あ、多分こいつが最初に載せた奴だ。
 
 
『こんなプライベートな写真載せるなんて
 犯罪だと思います。』
『姫がかわいそう。消してください!』
『自分が同じことされたらどう思いますか?』
 
 
ありがちな感じで叩かれてる。
 
 
でもそれ以外は
みんな好き勝手に面白がってて…。
 
 
『姫のデート写真めっちゃ可愛い!😍💕』
『姫とこの人お似合いすぎるー!💓』
『この人、姫と雑誌載ってる人だよね?
 ほんとに付き合ってたんだ!👏
 美男美女カップル💕✨』
『姫の彼氏すごく優しそう〜〜🙈💞』
 
 
臣)……
 
 
デートじゃねぇし!!
彼氏でもねぇし!!
 
 
ムカムカムカ……!!怒
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
T)はぁ?!マジっすか!!?
J)ごめんねーーw
 
 
会社に戻ると、
Jさんがもっと大きな契約を取ってきてて…
 
ガッカリうなだれるTくん。
 
 
T)今度こそ抜けたと思ったのに…
J)あはははw
♡)……
 
 
Jさんって…ほんとにすごいんだなぁ…
 
Tくんに1位取らせてあげたかったな。
 
 
男)てゆーかお二人さん、
  なんかTwitterに写真出てるよーー
 
♡T)えっ!??
 
男)デート写真とか書かれてる。
男)盗撮されたの?
 
♡T)えええっ!!
 
 
慌てて携帯を見せてもらうと…
 
さっきのランチの写真が
いっぱい出回ってて…
 
 
T)隣の席の人かな……
♡)……
 
 
アングル的にはそうかも。
 
 
♡)ごめんねTくん……
T)なんで。お前のせいじゃないじゃん。
♡)でも……
 
 
こんなの勝手に撮る人がいるんだ…。
 
 
T)俺別になんも困んないからいいけど
  お前はあいつにちゃんと言っとけよ。
  うるさそーだから。
J)はははw
♡)……
 
 
そっか。
臣くん…見てるかな。
 
でも…
臣くんなら誤解したりしないから
大丈夫だよね。
 
 
女)また営業部来てるんだけど…w
女)ほんとうざーーーw
♡)…っ
 
 
後ろからこそっと聞こえてきた声に
振り向くと…
 
 
女)早く自分の島戻れっつーの。
女)ほんとほんと。
♡)……
 
 
前にビルの前で
私にぶつかってきた女の子達だった。
 
 
女)えーーーー
  今睨まれたんだけど〜〜〜
女)こわ〜〜〜w
女)ぶりっ子すんのは
  男の前でだけなんじゃないw
女)やだやだ〜〜〜〜
♡)……
 
 
睨んでなんかないのに。
 
 
♡)お疲れさまです。
 
 
私はそのまま、自分の部署に戻った。
 
 
 
……
 
 
 

 
 
 
それから予定通りに会社を出て、
MちゃんとTくんと会食。
 
 
男)実は11月にベストアルバムを
  リリースする予定でして。
♡)わぁ!♡
女)その特典として、
  MVのない曲に映像をつけようかと。
男)オマケみたいな感じです。
T)なるほど。
男)西野のMVは本人が出てるものが
  ほとんどなんですが、
  今回は西野は一切出演せずに、
  Story仕立てにしたいと
  考えてるんです。
♡)Story…仕立て…
女)はい。
  『Rainbow』という曲で
  幸せなカップルの日常シーンを
  Story仕立てで撮りたいと思っています。
♡)カップル??
女)ええ。事前にお伝えしていた通り。
男)柔らかい雰囲気のカップルを
  イメージして探していたら、
  ちょうどお二人の雑誌を拝見しまして。
女)イメージにピッタリだったんです!
T)…ありがとうございます…//
♡)……
 
 
事前にお伝えしていた通り…?
私…何も聞いてないけど…
 
 
M)……
 
 
チラッとMちゃんを見ると、
フイッと目を逸らされた。
 
 
女)あの…失礼ですが…
  お二人は本当に
  お付き合いされてるんですか…?
T)えっ!!
女)先ほどSNSでお写真を拝見しまして…
♡)あ…っ
 
 
嘘…っ
 
あれってそんなに出回ってるの?
 
 
男)もしそうならそうで
  全然良いんですけどね♡
♡)え?
男)いつも通り仲良くしてもらえれば
  イメージ通り撮れると思いますので。
女)お似合いですね♡
♡)えっと…
M)どうぞよろしくお願いします♡
♡)…っ
 
 
ここで、
付き合ってません!って…
否定するのも変なのかな…?
 
Mちゃんに言葉を遮られて
それ以上は何も言えなかった。
 
 
男)それで、Storyの内容なんですが…
  今回は男性が主役で。
T)えっ!!じゃあ…俺ですか?
男)はい。
女)いつも西野メインなので
  少し違うテイストにしたいんです。
M)なるほど……
男)幸せなカップルの日常を
  男性目線で捉えた映像で…
  彼女のことが大事で仕方ない、みたいな
  そんな雰囲気を撮りたいと思ってます。
T)……はい…//
女)一応資料をお渡ししておきますので
  事前に目を通しておいてください。
♡)わかりました!
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
明日から二日間、BP玉アリ公演。
 
 
母『いつも通り入ればいいの?』
臣『そうそう。
  関係者入り口で名前言ってね。』
母『明日は♡ちゃんいるの?』
臣『ああ、うん。
  友達と観に来るって。』
母『また席近いかしら?』
臣『どうだろ。なんで?』
母『お父さんが♡ちゃんに会いたいって。』
臣『へ??』
 
 
父ちゃんが??なんで??
 
 
母『だってこの間のお寿司の時も
  ♡ちゃん来れなかったし…』
臣『……』
 
 
あの時は家出してたからね。
ごめん…
 
 
母『ちゃんと話したことないから
  話してみたいんだって。』
臣『ふーーん……』
 
 
何話すんだろ。
 
 
母『お姉ちゃんも話してみたいって!』
臣『……』
 
 
何話す気だよ、オイ。
 
 
臣『近いうち家にも行こうって
  ♡と話してたんだけどさ、
  なかなか時間なくて。』
母『あら!そうなの?!
  早く連れてきてよ〜〜!!』
臣『まぁ、うん、そのうち…w』
母『別に広臣いなくてもいいわよ。
  ♡ちゃんだけ遊びに来ても。』
臣『なんでだよ!w』
母『いつでも大歓迎です♡』
臣『あーー、じゃあとりあえず明日はさ、
  裏来る時に♡もいるようにしとくわ。』
母『あら!ほんと?』
臣『うん。』
母『やだ〜楽しみ〜〜♡』
臣『じゃあ明日気をつけて来てね。』
母『はいは〜〜い♡』
 
 
ピッ。
 
 
臣)あとは…
  あ、そっか。賢司にも電話しとこ。
 
 
プルルルル…、プルルルル…
 
 
賢『へいよーー!』
臣『元気だなw』
賢『どうした?』
臣『ああ、明日のことで。』
賢『LIVEだろ?
  うちの凪ちゃんが楽しみにしてますよ〜♡』
臣『あはは、ありがとw
  土曜日もありがとな、来てくれて。』
賢『ああ、俺もありがとな、プレゼント。』
臣『うん。』
賢『で?明日なんかあった?』
臣『ああ、明日さ、裏来てくれない?』
賢『へ?』
臣『母ちゃんたちが♡に会いたがってて。』
賢『裏って、バクステ?』
臣『そっちじゃなくて、面会の方。』
賢『え、俺どうしたらいいの?』
臣『スタッフに言っとくから
  LIVEの終盤に迎えに来ると思うから
  そのまま裏来て。』
賢『じゃあ最後まで見れないってこと?』
臣『ああ、うん…、それはごめん。』
賢『了解。凪にも言っとく。』
臣『うん。じゃあよろしく。』
賢『おう!明日な〜〜〜!』
 
 
ピッ。
 
 
臣)ふぅ。これでよし、っと。
 
 
さて。
時間は22時。
 
風呂の準備はしたし
あとは♡が帰ってくるのを待つだけ。
 
 
まだ会食終わんねぇのかなぁ。
 
 
臣)……
 
 
暇だからソファーに寝転がりながら
またエゴサ。
 
 
『姫の彼氏ジャニーズにいそう😭💕
 イケメンすぎる…✨』
『彼氏とこんなにラブラブだから
 姫ってあんなに可愛いのかな💓』
『彼氏が姫を見つめる目が優しすぎて🙈❤️』
 
 
臣)……怒。
 
 
だから!!
彼氏じゃねぇっつーの!!
 
 
相変わらず出回ってる昼間の写真。
 
♡と一緒にランチしながら
デレデレ嬉しそうなTの顔にイライライラ…。
 
 
臣)…っ
 
 
迎えに行こ。
 
一秒でも早く引き離したい。
 
 
ふんっっ!!!
 
 
 
 
ー続ー

スポンサーリンク

コメント

  1. ゆっこ より:

    臣くんの嫉妬ストーリー大好きです。健ちゃんナイス!(ごめんなさい)
    続きが気になります(๑˃̵ᴗ˂̵)
    Tくん、姫にあいつにちゃんと説明しておいて〜って優しい♡

    • マイコ より:

      ふふ(❁´ω`❁)優しいよねぇw
      ジェラ臣、どんどん暴走しちゃえ〜〜w

  2. 三代目妄想love より:

    ちょっとマジであの「早く自分の島戻れっつーの」って言ってる人たち腹立ちますね!あの写真を見て臣くんが怒るのも愛してるからなんでしょうねー
    ツイッターフォローありがとうございます‼️

コメントを残す