夏祭りデート 〜short story〜

スポンサーリンク

今日は隆ちゃんと、夏祭りデートに行く日。


あたしは昨日からドキドキで
すっごく楽しみだった♡♡


隆ちゃんに少しでも可愛いって
思ってほしくて

浴衣を着て…髪も可愛くして…
びっくりさせようと思って…

でも…
待ち合わせ場所で隆ちゃんの姿を見つけて
びっくりしたのは、あたしだった。


隆)あ、来た。
〇)……///
隆)どうした?


思わず立ち尽くすあたしのところへ
隆ちゃんが歩いてきてくれた。


隆)〇〇ー?
〇)……///
隆)何ぼけっとしてんのw
〇)…だ…って…///


隆ちゃんも浴衣を着てきてた。


〇)浴衣…///
隆)うん。
〇)びっくりして…
隆)お前も着てくるだろうなって
  思ったからw
〇)え…っ///


バレてた…///
なんか…恥ずかしい///


%e5%a4%8f%e7%a5%ad%e3%82%8a%e9%9a%86%e4%ba%8c1


戸惑ってるあたしの手を取って
いつもよりゆっくり歩いてくれる隆ちゃん。

胸が…ドキドキする…///


隆)花火までまだ時間あるから
  色々食おうぜー♪
〇)うん。
隆)なーにお前w
〇)え?
隆)なんで大人しいの?w


隆ちゃんが顔をのぞきこんできた。

顔が近いよ…//


あたしが思わずうつむくと
ほっぺにチュッと軽くキスをされた。


隆)へーんなのw
〇)……///


今日は…
あたしが隆ちゃんをドキドキさせたかったのに
あたしばっかりドキドキさせられてる…///


そのまま手を繋いで歩いてると
ちらちらと視線を感じた。


〇)??
隆)それ…、さ…
〇)??
隆)自分でやったの?着付け。
〇)うん…//
隆)そっか。
〇)どこか…変…?
隆)いや…?


隆ちゃんはそう言って
下唇を少し噛んで、逆の方を向いた。


〇)隆ちゃん…?
隆)なに。
〇)……


こっちを向いてほしくて
繋いでる手を少し引っ張ると

ちらっとこっちを見た。


隆)なに!//
〇)え…っ
隆)……//
〇)えっと…、可愛い?浴衣…
隆)……
〇)……
隆)ん!
〇)……//


照れてる隆ちゃんが可愛くて
手にぎゅっと力をこめた。


隆)浴衣も…可愛いし
  髪もめっちゃ可愛い。
〇)え…っ//
隆)つーか…
〇)……
隆)お前が可愛い//
〇)……っ//


どうしよう…
すっごく嬉しい///


あたしは…
繋いでる手を2回ぎゅっぎゅっ
って握った。

すると隆ちゃんも
ぎゅっぎゅって2回、返してくれた。


〇)ふふーー♡
隆)なに。
〇)これね、「す」「き」って
  意味だもん♡♡
隆)はぁ?w
〇)あたしが作った合図ー♡♡
隆)なーにそれw
〇)えへへ///


隆ちゃん…好き…♡♡

もう一度手を、ぎゅっぎゅってすると
隆ちゃんもまた
ぎゅっぎゅってしてくれた。


〇)え…好きって意…
隆)好きって意味だよ?


あたしの言葉を遮って、
隆ちゃんがそう言った。


〇)え…っ///
隆)何その顔。
〇)だって…//
隆)〇〇ーー
〇)……//
隆)おい、こっち向けってw
〇)……//
隆)お前が言い出したんだろ、これw


また手をぎゅっぎゅってされた。


〇)そうだけど…//
隆)ほんとお前は…w
〇)だって…//


嬉しくて恥ずかしいんだもん//


隆)可愛い奴w
〇)えっ…


隆ちゃんの顔を見ると
すごく優しい顔であたしを見てた。


〇)////


どうしよう…
すっごく好き…///


隆)あ、俺あれ食いたい。
〇)焼きそばー?
隆)うん。
〇)いいなー♡
  あ、あたしあれも食べたい!
隆)お、たこやき?
〇)うん!
隆)よっし、じゃあ一緒に食お♪
〇)うん♪


それからベンチに座って
半分こずつ食べて…
甘いものが食べたくなって
いちご削りをまた半分こして…


隆)これめっちゃ美味いな〜〜
〇)ね♡美味しい♡
隆)家で今度作ろっかな。
〇)えーー!出来るのー?w
隆)食べたい?
〇)うん!食べたい!
隆)じゃあやってみるw
〇)え?
隆)〇〇が食いたいって言うから。
〇)……//
隆)いちご凍らせれば…できるよな…


隆ちゃんがブツブツ一人言を言ってる。


隆)あ、なくなりそう。
  最後の一口食べたい人〜〜
〇)……
隆)いらないの?w
〇)え…隆ちゃん食べていいよ?
隆)だ〜〜もう、口開けて。
〇)え??

%e5%a4%8f%e7%a5%ad%e3%82%8a%e9%9a%86%e4%ba%8c2

〇)え、え…//


あたしが口を開けると
最後のイチゴを隆ちゃんが
口の中に入れてくれた。


〇)甘い…//…ありがと…///
隆)んー。
〇)?
隆)やっぱ俺も食いたい。
〇)え??……んっっ///


隆ちゃんの手が頭の後ろにまわってきて
唇を塞がれた。


〇)んっ…んんっ…///


キスのあとに
ぺろっと唇を舐められて…


隆)あーまw
〇)〜〜〜///

隆)なんだよ。
〇)ばか…///

隆)え?もっかいって?w
〇)言ってない!//

隆)しょーがねぇなぁ〜〜w
〇)ちょっと!
  言ってないってば!//
  あっ…//…んんっっ///


しばらく激しいキスが続いて…


〇)はぁ…っ、は…ぁ///
隆)かーわいー
〇)え…っ///
隆)顔、真っ赤…w
〇)〜〜〜///


隆ちゃんが…
こんなキスするからだもん///


隆)なんか…我慢できなく
  なりそうなんだけど…
〇)えっ!!///


隆ちゃんはそう言って立ち上がると
あたしの腰を抱き上げて
あたしを向かいに立たせた。


ぎゅっ…


〇)……///
隆)はぁ…
〇)隆…ちゃん…?//
隆)〇〇が…花火楽しみにしてたから…
〇)え…?
隆)ほんとは今すぐ連れて帰りたいけど…
  今はこれで我慢。


ぎゅーーー


〇)隆ちゃん…っ、苦しいよ…///
隆)なんだよーー
〇)……///
隆)我慢してんだからこれぐらいさせて…
  …って、お前まだ顔赤いしw
〇)だって…//
隆)ほら、花火見に行こっ。
〇)…うん//


隆ちゃんに優しく手をひかれて
湖のほとりまで歩いた。


隆)こっち穴場なんだよなー♪
〇)全然人いないね。
隆)みーんなあっちの混み混みんとこで
  ごった返して見てんだよ。
〇)ほんとだ!あっちすごい人!
隆)俺らはこっちでゆっくり見よ?
〇)うん♡
隆)人いないからって
  エッチなことしてこないでねー
〇)何それ!!//
隆)あはははw
〇)しないもん!//
隆)うん、したいのは俺だった。
  ごめんw
〇)え…っ//


ヒューーーーーーッ
バーーン!!!


隆)お、上がった!!
〇)わ!!すごい!!


次々に打ち上がる、色とりどりの花火。


隆)すっげぇキレイじゃん!♪
〇)うん!すごーい!♡♡


ふと隆ちゃんの横顔を見ると
目をキラキラさせながら
花火を見上げてる。

可愛いなぁ…♡♡


横顔…キレイだなぁ…

今、隆ちゃんと一緒に
手を繋いで、花火を見てること…

あたし、一生忘れない。


〇)……


あたしが隆ちゃんを見つめてると
隆ちゃんが振り向いた。


隆)ん?
〇)……
隆)見てた?
〇)うん。
隆)なんでw  花火を見ろよw
〇)だって…
  カッコイイんだもん…//
隆)はぁ?w


ヒューーーーーーッ
パン!パン!パパン!!!


最後の花火が打ち上がった。


隆)ほら、終わっちゃったよ?
〇)うん。
隆)〇〇…?


ぎゅ…っ

あたしは隆ちゃんに抱きついた。


隆)……
〇)好き…//
隆)知ってるよ?
〇)……//


隆ちゃんがあたしの身体をぎゅっと
抱きしめてくれた。


隆)なーに…甘えんぼ?w
〇)違うもん…//
隆)こんな抱きついといて?w
〇)……//


ぎゅっぎゅっ…


〇)えっ…


隆ちゃんがあたしの身体を
2回ぎゅってした。


〇)今の…っ
隆)伝わったー?w


「す」「き」って…合図…


〇)……っ///


ぎゅ〜〜〜〜っっ


隆)おい!苦しい苦しい!!
  ギブギブ!ww
〇)もう〜〜///


隆ちゃんのことが好きすぎて
力いっぱいぎゅって抱きしめた。


隆)お前はどんだけ
  俺のこと好きなんだよーw
〇)……//
隆)しょうがないなぁ…w


隆ちゃんが優しく頭を
ぽんぽんしてくれた。


〇)……//
隆)何その顔…
〇)…え?
隆)そんな可愛い顔してたら襲うよ?
〇)え!!
隆)ぷっw


チュッ♡


〇)!!!
隆)今はこれで我慢〜♡
〇)……


きゅっ


〇)隆ちゃ…ん…


大きな手を、きゅっと掴んだ。


〇)もっかい…//
隆)チュー?
〇)うん///
隆)////


隆ちゃんが両手であたしの顔を包んだ。
優しく頬を撫でられて…


ぴくんっ…


隆)おい。
〇)……//
隆)こっち向いてw
〇)……//
隆)〇〇。
〇)……//
隆)チューして欲しいって言ったの、誰w
〇)……//


だって…
こんな優しく触れられたら…


あ…
おでこがコツンてぶつかった…


あたしがゆっくり顔を上げると
隆ちゃんの唇がそっと触れた。


〇)……////


目を閉じて隆ちゃんのキスに応えていると
キスはどんどん深くなっていく…


やわらかくって
溶けちゃいそうなキス…


隆)ヤバ……きもち…//
〇)…は…ぁ……//
隆)あ〜〜〜〜〜もう…//
〇)…隆ちゃ…ん?
隆)やっぱ今日…、連れて帰っていい?
〇)え??
隆)帰したくない。
〇)え…っ///
  でも…明日も仕事だし…
隆)いいじゃん、もう無理…
〇)え…っ///
隆)お前…可愛すぎんだもん//
〇)……///
隆)お願い。


今度は真剣な顔をして見つめてくる…

ずるいよ…//


〇)明日…、朝早いよ?
隆)俺も一緒に起きるから!
〇)ほんと…?
隆)うん。
〇)6時起きだよ…?
隆)え…
〇)……
隆)うん、いいよ。
〇)え…
隆)お前といれんなら
  いくらでも早起きする。
〇)……//
隆)だから…連れて帰っていい?
〇)////


あたしが小さく頷くと

隆ちゃんはすごく喜んで、ニッコリ笑った。

ㅤㅤ
隆)あ〜〜もう好き!!
  chu♡
〇)……//
隆)chu♡
〇)ちょ、ちょっと…//
隆)chu♡


隆ちゃんがほっぺや首や鎖骨に
次々キスしてくる。


〇)もうっ…///
隆)はいはい、ごめんなさい〜w
〇)……///
隆)じゃあ…行こ…?
〇)…うん///


またお祭りを通って、二人で歩く。


隆)もう食いたいもんないの?
〇)あっ…
隆)なに?
〇)りんご飴…食べたいっ!
隆)あいよw


隆ちゃんがりんご飴を買って
あたしに渡してくれた。


〇)ありがとう♡♡
隆)ん。
〇)美味しい♡♡えへへー♡♡
隆)…ほんっと…
〇)え?
隆)可愛いなぁ…w
〇)だって美味しいんだもん♡♡
隆)……w
〇)今日…いっぱい買ってもらっちゃった。
  ありがとう、隆ちゃん//
隆)いーよー?
  あとで体で払ってもらうし。
〇)え??
隆)なんちゃってw
〇)あっ


りんご飴を取られた。


隆)俺にも食わせて。
〇)いいよー♡

隆)あまーー
〇)うん♡えへへ♡

隆)何笑ってんのw
〇)なんか…幸せだなぁって♡

隆)何いきなりw
〇)だって…♡

隆)俺も幸せだけど。
〇)え?

隆)〇〇が隣にいて…
  無邪気に笑ってんのが。
〇)え……//


隆ちゃんがすごく優しい目で
あたしの顔を覗いた。


隆)大好きだよ?
〇)////


りんご飴よりもずっと甘い、
隆ちゃんの笑顔に

あたしは今夜も、溶かされる。




ーendー

スポンサーリンク

コメントを残す