【179】ソフレ?キスフレ?(◇Side)

スポンサーリンク

どうしよう…

もうほんとに…わけがわかんない。


今日もまた裏倉庫にて
絶賛サボリ中です。


だって…

だって…


何も手につかないんだもん!!!


◇)うわーーーん!!///


昨日剛典がまた無理矢理泊まっていって…

さっきまで一緒にいて…


◇)////


何なの?!!
あれ何なの!!??


朝起きてもまだ
抱きしめられたままで…

ゆっくり目を開けると
すごく優しい顔でニコッて笑って

またおでこにチューされた///


今までの彼氏にも…
あんなことされたことないのに!!


◇)ううう…///


思い出しただけで恥ずかしい!!!


昨夜だって…

おでこにもほっぺにもチューしてきて…

なんであんなにチューするの?!///


「お前が…可愛いから」


◇)…っ


うああああっっっ///

誰か助けて!!!
何あれっ!!!


可愛いからってチューするの?!

てゆーか可愛いって何!!

あたし可愛くなんかないしっ!///

おかしい!!
剛典の目はおかしいんだ!!!


きっと毎日
美人なモデルさんとか女優さん見てるせいで
目がおかしくなってるんだ!!!


家出る直前にも…


岩)今日もたぶん早く終わるから
  来ていい?
◇)えっ!!
岩)明後日から忙しくなるし
  大阪行きもあるし
  しばらく会えなそうだから…
◇)……
岩)今日も来るから。
◇)……
岩)じゃ、行ってきます。
◇)……
岩)チュッ
◇)!!!!
岩)あははは♡


……


いいなんて…
あたし一言も言ってないのに…!

来るからとか勝手に決めて…
最後には……


◇)////


またほっぺにチューされて…

「あははは♡」じゃないしっ!!!!


◇)うわーーーん!!///


剛典のばかっっ!!!!

もうやだ!無理っ!!

わけわかんない!!!

これ以上あたしの中をかき乱さないで!!


◇)……っ


こんなサボってばっかじゃダメだ。
仕事しないと…!!!

頭がはちゃめちゃなまま
デスクに戻ると

みんなパラパラと立ち上がって…
お昼の音楽が流れた。


◇)あれ…


もうそんな時間??
あたしまた給料泥棒だった?!!
勝山社長!!ごめんなさい!!
一度ならず二度までも……


多)あ、◇ちゃんいたいたー!♡
◇)あ…、多田さん……
多)お昼食べましょーー♡
◇)あ、あの…あたしまた今日
  お弁当作れなくて…
多)私も今日は作ってないのよーー
◇)あ、ほんとですか?
多)天気も良いし、何か買って外で食べない?
◇)いいですね♡
多)行きましょ行きましょ♡


結局二人で、おにぎりとスープを買って
近くの公園へ。


◇)はぁ……
  本当に天気良いなぁ……
多)ねっ♪
◇)……


こんな雲ひとつない青空なのに…
あたしの頭の中はパニック中で…


◇)はぁ……
多)どうしたのよーーw
◇)いえ……
多)じゃあ、◇ちゃんが元気になるように…
◇)え??
多)最近の私の、イチオシ岩ちゃん
  見せてあげるーー♡
◇)!!!!


ひぃぃっっ!!!
今はやめてください!!!
見たくないぃ〜〜!!!


多)ほーら、この写真♡
  カッコイイでしょーーー♡
◇)……


多田さんが見せてくれた写真は
花を持ってカッコつけてる剛典。

なんじゃこりゃ!!

お前なんか…お前なんか…
昨日Tシャツ裏返しだったくせにー!!


多)見てるだけで癒されるでしょー♡
◇)……


全っっ然!!!


◇)はぁ……
多)……
◇)……
多)◇ちゃん……
◇)……
多)最近、恋してるでしょ。
◇)……
多)……
◇)…はぁ?!///
多)やっぱり……
◇)してません!!!
多)……
◇)恋なんか…してません!///
多)いいのよいいのよ、隠さなくたって♡
◇)……//


剛典に…恋なんか
するわけないじゃん!!!
絶対してないもん!!!


多)だてに48年も生きてないんだから
  私で良かったら相談に乗るわよー♡
◇)……
多)……
◇)……


相談って…
一体何を相談すれば……


◇)あの…
多)うん。
◇)あたしじゃなくて…
多)うん。
◇)あたしの妹の話なんですけど…
多)うんうん。


桜、ごめん!


◇)付き合ってないのに…
  一緒に寝るって…何なんですかね?
多)……
◇)一応「友達」らしいんですけど…
多)…それは…「ソフレ」かしら?
◇)ソフレ???
多)セフレならぬ、ソフレ。
  添い寝するだけの友達。
◇)……


何だそれ。


多)最近若い子の間で
  流行ってるらしいわよー
◇)……
多)最近性欲のない若者が増えてるから
  ソフレは手軽でいいんですって。
◇)……


多田さん…
なぜ48歳にして若者事情に詳しいのだ……


多)ソフレを作る男の子は
  ほとんどが草食男子だっていうけど…
◇)草食…男子……


剛典って…どうなの?
見た目はワンコみたいだし…
もしかして草食なのかな??


◇)ソフレって…キスするんですか?
多)あら、それはキスフレね!
◇)キ、キスフレ?!
多)そうそう。


知らない単語が多すぎる!!
一体どうなってるんだ!!


多)妹ちゃんは…ソフレもキスフレもいるの?
◇)……
多)……
◇)よくわかんないんですけど…
  一緒に寝たりしてて…
  キスしたいって…言われたり…
多)ふむふむ。
  ソフレじゃ物足りなくなって
  キスしたくなったのかしらねーー
◇)……


ダメだ。
全然意味がわからない。
余計に迷子!!!


多)あーあ、私も岩ちゃんとキスしたいわーー
◇)ええっ!!!!
多)私がもう少し若かったらなーーー
◇)……
多)岩ちゃんとキスできたら
  死んでもいいわっ♡♡
◇)……


そんなことで多田さんに死なれちゃ困る。


◇)多田さんは…
  岩ちゃんの何が好きなんですか?
多)あらっ♡
  興味持ってくれたのぉ?♡
◇)興味っていうか…
多)嬉しいっ♡
◇)……
多)岩ちゃんはね、
  見た目はあんなイケメンでしょ?
◇)……
多)今はあんな王子様キャラで
  頑張ってくれてるけど、
  あれは本当の岩ちゃんじゃないの。
◇)えっ!!
多)本当のファンならみんな知ってるわ。
◇)……


知ってるんだ!!
ほんとはとんでもないおっちょこちょいで
ガサツで…どうしようもないって!!


多)でもね、ファン層が広がるように
  グループの可能性が広がるように
  王子様役を買って出てるのよ。
◇)……


「俺、三代目に入れて良かったなぁって
 いつも思う。」

「まだまだ恩返ししたいし
 グループの役に立ちたいって思う。」


そういえば…
そんなこと言ってたっけ…


多)本当はワイルドでオレオレなのよ〜♡
◇)えっ!
多)え?
◇)草食じゃ…ない?
多)岩ちゃんは超肉食よ〜〜♡
◇)なんと!!
多)さっき言ってたような
  ソフレやキスフレなんて
  ありえないタイプだと思うなーーw


なぬっ!!!


◇)……


余計こんがらがってきた…


多)大手に内定ももらってたのに
  それを蹴ってダンスの道を選んだのよー♡
◇)えっ…
多)男らしいわよねーー♡
◇)……


そうなんだ…

あたし…
何も剛典のこと知らないや…


多)もう岩ちゃんのことなら
  なんでも聞いてーー♡
◇)……


多田さんに聞いたら
なんでも教えてくれそうだけど…
それもちょっと違う気がして…

知りたいなら…
ちゃんと本人に聞いて
自分で知ろうって思った。


◇)ありがとう…ございます。
多)いいえーー♡
◇)……
多)◇ちゃんが興味持ってくれたのは
  すごく嬉しいけど…
◇)え?
多)岩ちゃんはダメだからね♡
  推すなら健ちゃんとかにして♡


「臣くん」じゃなくなったw


多)岩ちゃん以外なら
  誰でもオススメするから♡
◇)はい……w


今度は「健ちゃん」を
オススメされたって言ったら…
また…だめ!!!って言うのかな…w


「お前は俺!!」


◇)……


お前は俺ってそもそも何だよっ//
偉そうにーーー!!
ばっかやろーーー!!!//



お昼から戻って
歯磨きをしにトイレに行くと
姫さんがいた。


♡)あっ
◇)……
♡)お嬢…っ
◇)……
♡)さん。
◇)……
♡)あれ…?//
◇)ぶっww
♡)お嬢さんって…
  何か変ですね…恥ずかしい///
◇)あははは♡


ほんと可愛いなぁ…♡


◇)◇です。
♡)え?
◇)名前。
♡)あっ、◇さん!!
◇)はい。
♡)私は♡です!!
◇)はい。


知ってますよー♡
だって隠れファンだもん。


♡)えへへ…♡
  よく会いますよね♡
◇)はい。


可愛いなぁ……
姫さんが笑ってるだけで癒されるよ。

もうずっとこの笑顔見ていたい。


♡)お嬢さんはあだ名なんですか?
◇)ほえっ??
♡)あっ、歯磨き中にごめんなさい!
◇)ひえひえ…


歯磨きを終えて返事をした。


◇)あだ名はお嬢さんじゃなくて
  「お嬢」ですw
♡)ほわぁ…
◇)勝手につけられたあだ名なんで
  嫌なんですけど…
♡)そうなんですね…
◇)姫さんは…
♡)姫さん?!!
◇)あっ


ついうっかりいつもの癖で…


◇)ごめんなさい。
♡)姫さんなんてやめてください〜//
◇)♡さん。
♡)はい♡♡


名前を呼ぶと嬉しそうに笑った。
可愛いぃぃぃ///


◇)結婚されるんですか?
♡)えっ??
◇)指輪……
♡)あ…っ


うちの部署の男どもが
嘆き悲しんでるんですが…


♡)いえ、これはペアリングなんです♡
◇)あ、そうなんだ。
♡)はい///
◇)……


すっごく幸せそうに笑うんだなぁ…
可愛いなぁ…

彼氏も幸せもんだなぁ、おい。


♡)それじゃ、お先に失礼します♡
◇)はい。


姫さんはにっこり笑って出て行った。
今日もすっごくイイ匂い。

ほわぁぁ……

あんな可愛くて性格も良くて
彼氏ともラブラブで


かたやあたしは…

こんなチビだし…
剛典には意味不明に振り回されっぱなしだし

なんて不公平なんだ!!
神様のばっかやろーー!!


◇)ぐすん……


あんな可愛く生まれたかったなぁ…
そしたら絶対人生違ったよなぁ…

別に芸能人になりたいわけじゃないけど…


◇)……


「可愛いから隠さなくていいよ。」


◇)…(にぃーーーっ)


ずっと嫌だった八重歯。

剛典が可愛いって言ってくれたから
嫌じゃなくなった…


この身長も…

「いや、可愛いって褒めてんだけど…w」


◇)……


可愛い可愛いって…何なの!!///
可愛くないし!!
可愛いわけないし!!!


◇)////


ばかーっ!!
剛典なんてあっち行けーー!!!




それからデスクに戻ると、課長に呼ばれた。


課)おい、これ下のフロアに
  持ってってくれないかーー
◇)はい。
男)下なら俺が行く!!!
男)俺が行く!!!
◇)……


こやつら…
姫さんを拝みたいだけだな?


◇)提出先、情報課だけど。
男)…っ
男)やっぱり…お前に譲るわ。
男)うん。
◇)……


わかりやすいな!

うん、でもやっぱりみんな
鬼猿コンビは苦手だよね。

あたしも嫌だけど、
近くにJさんの席があるのを知ってるから
下へのおつかいは嬉しいのだ♡


エレベーターを降りて
カードリーダーをかざす。

ピッ


◇)!!!


ガーン!!!

Jさんいないし!!!
ただの無駄足!!


ガッカリしながら猿田さんのところへ。


◇)お疲れさまです。
  これ、お願いします。
猿)……
◇)あの、猿田さん。
猿)聞こえてるわよ!そこ置いといて!
◇)…すいません。


感じわる〜〜!!!
くっそー!バーカバーカ!!!


◇)じゃあ失礼します。
猿)あら…
◇)……


振り返ると
猿田さんの嫌な視線が
あたしの身体を上から下までなぞった。


猿)あなた…
◇)……
猿)何なの?その格好。
◇)は?
猿)ここが会社だってわかってる?
◇)わかってますけど。


うわー!出たー!最悪!!
これにつかまると長いんだよ!!

あ〜〜もうマジでうざい!!


猿)会社は別にねぇ、
  オシャレをしてくる場所じゃないの。
  仕事をする場所なの。
◇)はい。
猿)わかってる?
◇)わかってます。
猿)わかってないから
  そんな服装してるんでしょう?
◇)……


前に絡まれた時は
Jさんが助けてくれたっけ。

はぁ。

今日はツイてないなぁ。


猿)ちょっと聞いてるの?
◇)はい。

K)あの。

猿)何っ!!
K)仕事の話があるんですけど
  もういいですか?
猿)今話してるでしょ!!
  待っててちょうだい!!
K)こっちも時間ないんすけど。


女王様だ!!!!


K)若い子にイチャモンつけんのが
  仕事の話より大事なんすか?
猿)なっ…
K)それなら待ってますけど。
猿)……


女王様…強すぎる…!!!


猿)もういいわよ!行きなさい!!
◇)はい、失礼します。
K)これ、今月中に通してください。
猿)そんなの無理よ!!
K)無理じゃないです。
  出来るスケジュールで組んでるんで。
猿)…っ
K)事前に確認済みです。
  出来る出来ないじゃなくて
  やってください。
猿)…っ
K)それじゃ、失礼します。


陰から女王様を覗いてるあたし。
カッコ良すぎて惚れそう///


しばらく見惚れた後、
上に戻ろうとドアを開けると

エレベーターからタイミング良く、
Jさんが降りてきた。


◇)ひょわぁ…っ


恥ずかしい!!
変な声出しちゃった!///


J)あ、お嬢だーーお疲れさん。
◇)お、お、お疲れさまですっ///
J)(ニコッ)
◇)////


この笑顔の破壊力!!どうしよう!!


◇)あ、あのっ…!!
J)ん?
◇)「お嬢」って…やめてください//
J)ああ、嫌なの?w
◇)……名前…
J)◇ちゃん♡
◇)えっ!!!


名乗ろうとしたら
先に名前を呼ばれてびっくりした。


J)◇ちゃんでしょ?
◇)は、は、はいっ///
J)くすくすw
◇)////
J)じゃーね、お疲れさん♡

ポンポン。


◇)!!!!


Jさんに…
あのJさんに…!!!!
頭ポンポンされた!!!!

どうしよう!!////


しかも、しかもっ
あたしの名前知っててくれた!!!!


どうしよう…
もうあたし死んでもいいや…



男)お嬢が下から戻ってきてから
  様子が変なんだが。
男)猿田さんにいびられたか?
多)◇ちゃん、大丈夫?
◇)ほぁ……
多)ダメだ、聞こえてないわ。
男)お嬢、死亡のお知らせ。
男)猿田さん、恐るべし。


気付けば定時になって
Jさんの笑顔と頭ポンポンを
何度も思い出しながら

夢見心地でエレベーターに乗ると
今度は王子がいた。


◇)!!!!
T)あ、お嬢……、さん。
◇)えっ
T)あ、すいません、あれ、
  「お嬢さん」って…変ですよね!
  わ、すいません///
◇)……
T)お嬢って呼び捨てにするのも
  あれだったんで…//
◇)いえ…w


姫さんと同じ反応。
王子…可愛いな…


T)もう上がりですか?
◇)はい。
T)お疲れさまです。
◇)これからアポですか?
T)はい。
◇)お疲れ様です。
T)稼いできますわ。
◇)あはははw


王子…良い人だな…
この間は怖かったけど、すごく話しやすいし…

近くで見るとやっぱりイケメンだし…


チーン。


途中でエレベーターが開いて…


男)あっ
◇)!!!


元彼が乗り込んできた!!
最悪!!!!


男)久しぶり。
◇)……


話しかけんな!!


男)もう上がり?
◇)……
男)…飲みに行かない?
◇)は???


耳を疑った。

意味がわからん。

なんで別れた男と
飲みに行かなきゃなんねーんだよ!


男)ちょっと…話したいし…
◇)行かない。
男)……
◇)……
男)ほんと…可愛くねぇ。
◇)!!!


はぁ?!!!

何なのこいつ!!!
ムッカつく〜〜!!!!!


チーン。


男)あのさ、


早く降りろよ!!
お前が押した階だろが!!


T)とっとと降りろよ、しつけぇ男だな。
男)えっ

ウィーーン。


王子が「閉」を押して
憎たらしい元彼の顔は見えなくなった。


T)ごめん、つい。
◇)ぶっww
T)えっ
◇)あはははw
  ありがとうございますww
T)…なんか、イラッときて。
◇)助かりましたw


そのままエレベーターが地上について
あたしは王子に頭を下げて駅に向かった。


◇)ふぅ…っ


今日はなんだかんだで
王族の皆さん全員と絡んでしまった。

すごい1日だなぁ。


あたしもし下のフロア勤務だったら
身体がもたないや。
上で良かった。


◇)よし。


スーパーに行って買い出ししなきゃ。

剛典との戦いに備えて。



ー続ー

スポンサーリンク

コメントを残す