【144】胸をくすぐる笑顔(岩ちゃんSide)

スポンサーリンク

◇ちゃんは本当に小さくて…

何cmだろ?
155くらいかな?


俺の服をワンピース代わりに着てるんだけど
そこからのぞく生脚が

なんかムチムチ柔らかそうで、触りたくなる。

触らないけど。
殺されそうだし。


大きい俺の服に隠れてるけど…
胸が大きいのもなんとなくわかる…
Eはありそう、うん。

当然触りたいけど触りません。
絶対殺されるし。


てゆーか
こんなこと考えてる時点で殺されそう。


亜麻色の長い髪からは
俺と同じシャンプーの匂い。


◇ちゃんが嫌々ながらも
うちでシャワーを浴びた理由は…

俺が汚したのはジャケットだけじゃ
なかったみたいで。

◇ちゃんは要らないって言ったけど
俺は強引に

ジャケットとワンピースと、バッグと靴…
全部一式、プレゼントした。


◇)こんなに…ありがとう。
岩)ううん、ほんとにごめん。
◇)……
岩)ついでに…
  こんなおじさんくさい店でごめん。
◇)……
岩)二日酔いだから
  胃に優しいもの食べたくてw


連れてきたのは、
女の子と来たことなんてない
お気に入りの常連の店。

もう散々醜態さらしてるし…
今更オシャレな店じゃなくても…
っていう気持ちと

本当に二日酔いで身体が弱ってるのと。


男)おじさんくさい店ってなんだよー!
岩)あ、おじさん…すみませんww
男)ほらよ、雑炊。
岩)ありがとうございまーす♡
男)女の子と来るなんて初めてじゃん。
岩)うん。
男)彼女か?w
岩)違うよw
男)なーんだよ、つまんねーなーw


そう言っておじさんは戻っていった。


岩)食べないの?
◇)食べる。いただきます。
岩)うん。味は絶対美味いからw
◇)……!!!!


一口食べた彼女の目が、大きく見開いた。


◇)美味しい!!!!
岩)でしょw
◇)んん〜〜♡


はふはふしながら
美味しそうに食べてる。


一緒に買い物してるうちに
俺への敵対心?警戒心?は…
少しずつ薄れていったように思えたけど

でもこんな笑顔は、今日イチだ。


岩)かわい…w
◇)は?!


俺が思わず本音をもらすと
すぐさま鋭い視線を俺に向ける。


岩)ちょ、なんで睨むのw
  可愛いって言っただけじゃん!
◇)チャラ…
岩)なんでも俺をチャラ男にして
  片付けんのやめてよ!
◇)……
岩)やっと笑ってくれたと思ったのに…
◇)え?
岩)◇ちゃんが。
◇)馴れ馴れしく呼ばないで。
岩)だって名前教えてくんないじゃん。
◇)……
岩)……
◇)あたし…そんなに今日、ひどい顔してた?
岩)え?
◇)やっと…笑ったって…
岩)……


ひどい顔っていうか…
まぁ俺のせいなんだけど…


岩)笑ってる顔…見たかったから。
◇)……
岩)……
◇)…ごめん。
岩)え??
◇)……


ごめんって…
別に◇ちゃんは何も悪くなくて

そんな顔にさせた俺が悪いわけで…


◇)ご飯、美味しい。


ポツリとそう言うと
顔を上げて俺を見た。


◇)ありがとっ
岩)……っ


今度は俺の目を見て笑ってくれて…


岩)……//


なんか…ずるいなこれ…//


岩)◇ちゃんは…
  なんでそんなチャラ男を毛嫌いすんの?
◇)はぁ??


彼女にとっては
わけのわからない質問だったのか、

さっき奇跡的に笑ってくれた可愛い顔が
一瞬で歪んだ。


◇)チャラ男が好きな女なんて
  いるわけないじゃん!
岩)……


そうかなぁ…
だって…いつもの女の子たちはむしろ…


◇)チャラ男がっていうか
  人に対して誠実じゃない人間が
  あたしは嫌いなの。
岩)……


「誠実」かぁ…


岩)俺もそれに入ってるの?
◇)え?
岩)「誠実じゃない人間」
◇)……岩ちゃんのことなんて
  何も知らないもん。
岩)……
◇)チャラ男ってことしか。
岩)だから俺、チャラくないって!w
◇)…ほんとに?
岩)……


そう聞かれると…
チャラいのか?

昨日だって……


でも…あんなのは、
俺たちの間じゃ普通だし…


◇)嘘つきじゃないのはわかった。


答えられずにいる俺を見て
彼女がそう言った。


岩)◇ちゃんは…さ、
◇)……
岩)チャラ男が嫌いなんでしょ?
  でも…さ、もし自分の周りに
  チャラ男しかいかなかったらどうすんの?
◇)……は?
岩)……


俺、何聞いてんだろ……


◇)あたしの周りに
  もしチャラ男しかいないとしたら
  それはあたしのせいだもん。
岩)え?
◇)自分がその程度の人間ってこと。
岩)……
◇)自分が誠実でいれば
  ちゃんとそういう人が
  周りにもいるはずだって
  あたしはそう思ってるから。
岩)……


じゃあ…

俺の今の状況は自業自得ってこと?


俺が…適当に遊んでるから
周りにもそんな女しかいないって…


岩)……
◇)こぼしてる。
岩)あっ…


俺は慌てておしぼりで拭いた。


◇)もう…子供みたい。
  …岩ちゃんのどこが王子様なの?
岩)え?
◇)そう思える要素が
  全く見当たらないんだけど。
岩)……だよねw
◇)変なのw
岩)……


そう言ってくすくす笑ってる。

子供みたいとか呆れられてるのに
笑ってくれるとなんかすごく嬉しくて…

ちらっとのぞく八重歯が可愛い。


なんか…この子は…
素の俺を見てくれてる気がする…

こんな普通の出会いが…
最近なかったから…


岩)◇ちゃん…
◇)んー?
岩)また二人で…ご飯とか行こうよ。
◇)行かない。
岩)即答かよ!w
◇)うん。
岩)なんで?彼氏いんの?
◇)いない。
岩)……


今…俺、すげぇほっとした。


岩)じゃあいいじゃん。行こうよ。
◇)行かない。
岩)俺がチャラ男だから?
◇)ぷっww
岩)え…っ
◇)自分で認めたしw
岩)今のは…そーゆーんじゃ…
◇)はいはいw
岩)友達になろーよ。
◇)え?
岩)友達なら…
  普通にご飯食べに行ったって
  別に普通じゃん。
◇)うん。
岩)だから…友達になって。
◇)……


◇ちゃんが俺をじーーっと見る。

「友達」になる価値があるのかどうか
見極められてるみたいで…ドキドキする。


◇)あたしと友達になりたいの?
岩)うん。
◇)友達なんていっぱいいるでしょ?
  なんであたし?
岩)なんでも!!
◇)……


わかんないけど…
今日で終わりにしたくないし。


岩)大丈夫!下心とか全然ないから!
◇)……
岩)変なこともしません!
◇)……
岩)…ってなんで俺こんな
  女の子ホテルに連れ込むみたいな
  言い訳してんだ…
◇)ふーーーん…
岩)え?
◇)そう言って女の子
  ホテルに連れ込むんだ?
岩)いや、そうじゃなくて…
◇)やっぱり…
岩)チャラ男じゃない!!
◇)……


こんな堂々と言っときながら…

多分…
普段の俺は彼女の
「チャラ男」の枠に入れられるって…
それくらいわかってる。


でも…


岩)友達!!
◇)……
岩)……
◇)友達って…何すんの?
岩)だから…ご飯食べたり…
◇)……
岩)相談に…乗ったり…?
◇)あたしの相談に乗ってくれるの?
岩)え!!なんか悩みあるの?!
◇)何それ。失礼。
岩)いや、そういう意味じゃなくて…
◇)あるとしたら
  岩ちゃんが聞いてくれるの?
岩)聞く!!俺でよければ聞くよ!!
◇)……


予想外に飛び出した、◇ちゃんからの言葉。


岩)何か…あるの?
◇)別に、ないよ。
岩)……
◇)で、あたしも岩ちゃんの相談に乗るのね?
岩)え?
◇)友達になったら。
岩)…うん?
◇)何かあるの?
岩)……


そう言われると…
俺って…悩みあるのかな??


岩)……本当の自分を…
◇)……
岩)わかってもらえない時って…
  ◇ちゃんならどうする?
◇)……
岩)……


なんでこんなこと聞いたんだろ。


◇)それはわかってほしい相手なの?
岩)…え?
◇)「本当の自分」を。
岩)……


いきなり出た言葉だし
これが俺の悩みかもわかんないから

そう聞かれると…


◇)わかってほしいなら
  わかってもらう努力を
  するしかないんじゃない?
岩)え…?
◇)人間なんて…恋人でも…たとえ家族でも
  結局は相手のことなんて
  100%わからないでしょ?
岩)…うん。
◇)心の中なんて見えないんだし
  言葉だって本心かわからないんだし。
岩)……
◇)だから…わかってほしいなら…
  わかってほしい相手なら…
  自分からちゃんと伝える努力を
  しないといけないんだと思う。
岩)……


伝える…努力…


◇)なんて…
岩)え…?
◇)今のは自分に言った言葉かも。
岩)……
◇)ごちそうさま。
岩)……


◇ちゃんがどんな子で

なんであんな時間に
あんな場所にいたのかとか

知らないことは山ほどあるけど…
でも


俺みたいな酔っ払いを
見捨てずに家まで送り届けてくれた
その優しさが嬉しいし…
それに…


「わかってほしい相手」


この子がそうなのかわからないけど

もっと俺を知ってほしいって
なんとなく思ってる自分がいる。


だから…


岩)次…、いつ会える?


店を出てそうたずねると
振り返って俺を見上げる大きな瞳。


◇)これ、洗ったら。


貸してあげた俺の服。

俺が持って帰るよって言ったのに
借りたからちゃんと洗うって言われて…

そしたらまた会えるって思って
俺もそれ以上言わなかった。


岩)じゃあ明日?
◇)なんで。
岩)今日洗ったら明日乾くじゃん。
◇)あ、急いでるの?
岩)いや、そうじゃなくてw
◇)??
岩)それくらい早く、会いたいってこと。
◇)……


あ、やべ…
今の…「チャラい」になんの??

本心だったんだけど
めっちゃじっと見られてる。


◇)じゃあ…急いで洗うね。
岩)え…っ


それは…
俺の「早く会いたい」を…
受け入れてくれたって…こと??


◇)ありがとう。
岩)え?
◇)いろいろ…
岩)いや、だってこれは…
◇)ううん、これだけじゃなくて…
岩)え…?
◇)……
岩)……
◇)ありがとう。
岩)……


他に…なんのありがとう??


◇)ありがとね、岩ちゃん。
岩)……


またニコッと笑ってくれた。

笑うと小さくのぞく八重歯。
クリクリと俺を見上げる大きな瞳。


睨まれすぎたせいか
笑ってほしいと思ってるせいか

彼女が笑うたび
「今日イチ」が更新されてく勢いで
嬉しくなる…


最後にその笑顔は反則だよ…//


岩)じゃあ…
◇)……


ふわっと風になびいた亜麻色の長い髪…


岩)洗ったら…連絡してね♡


ぽんぽん。


◇)ちょっと!!!
岩)えっ…


また◇ちゃんの顔が怖くなった。


岩)な、なに??
◇)頭ポンポンとかすんな!!
岩)えっ…


あ、今したか!
無意識だった…


◇)軽々しくこーゆーのしちゃダメ!
岩)はい…ごめんなさい。


そんな…
怒られることなんだろうか…


◇)こーゆーことすんなら
  「友達」やめるからねっ!
岩)しませんしません!
  もうしません!!


そう慌てて言ったけど
ぷくっと膨らませた頬が可愛くて

実は笑いを堪えるのに必死だったりする。


◇)なに。
岩)いや…?
◇)じゃあね。
岩)うん。
◇)仕事頑張ってね。
岩)うん、行ってきます。
  今日は…付き合ってくれてありがとう。
◇)なぁに、それw
岩)え?
◇)ありがとうはあたしでしょ?
岩)え…
◇)ありがとね!


そう言って荷物を少し持ち上げて
ニコッと笑った。


俺が無理矢理いろいろ買ったせいで
持って帰るの絶対大変そう。


岩)待って。
◇)…え?


俺はタクシーをとめて、1万円を渡した。


あれ…?
なんか既視感…


岩)荷物多いから、タクシーで帰って。
◇)え、いいよ!こんなお金!
岩)いいから。
◇)いいって!
岩)お詫びの気持ちだから…
◇)……
岩)迷惑かけてほんとにごめんね?
◇)それはもういいってば…
岩)……
◇)……
岩)送ってあげられないから
  タクシーで帰って?
◇)……
岩)……
◇)うん、ありがとう。


半ば無理矢理お金を握らせると

クリクリした大きな瞳が
また俺を見上げた。


◇)仕事…頑張ってね。
岩)さっき聞いたよw
◇)あ、そっか。
岩)うん、ありがと。
◇)…うん。
岩)気をつけて帰ってね。
◇)ありがとう。


バタン。


ドアを閉めて
車が走り出すのを見送ると

最後に窓から小さく手を振って
ニコッと笑ったのが見えた。


岩)……//


また更新された「今日イチ」が
俺の胸をくすぐる。


そういえば最後はもう…

彼女の声のトーンは
「戦闘モード」から「可愛い女の子」に
戻ってた気がする…


岩)「友達」か……


「友達」に見せてくれる笑顔が
あんな可愛いなら

「彼氏」に見せてくれる笑顔は
どんなに可愛いんだろう…


なんて

そんな下心はしばらく隠しておこう。



ーendー

スポンサーリンク

コメントを残す