【227】本物のお嬢様(岩ちゃんSide)

スポンサーリンク

そのままタクシーで事務所に向かうと
もうみんな着替えてた。


健)おい!主役が遅いやろ!w
岩)えーー
  遅刻じゃないっすよーー
隆)いや、岩ちゃんが主役ではないでしょw
健)ああ、そうかw
岩)あれ?臣さんは…
健)まだ来てへんねん。
隆)大丈夫かな…
岩)……


♡ちゃんと…和解できたのかな…


ガチャッ


隆)あ!臣!おはよ!
臣)……はよ…
岩)…っ


ひどい…顔…


岩)臣さん…寝てないの?
臣)……ああ。
隆)え、一睡も??
臣)……ん。
健)大丈夫なん??
臣)……


本当に…顔色が悪い。

荷物を置いて…
何も言わずに、静かに着替えてる。


健)なぁ…
臣)……
健)昨日…どうやったん?
臣)……
隆)♡ちゃんと…話せた?
臣)……
隆)……
臣)その話は…いいや…
隆)えっ…?
臣)今日は…折角おめでたい席だしさ。
隆)……
臣)岩ちゃん、おめでと。
岩)…っ


無理矢理笑う臣さんが
すげぇ痛々しい…


臣)よっしゃーーー
  R.Y.U.S.E.I.かますかーー
隆)…っ
健)……


あまりの無理矢理感を
誰もが感じてるけど…

みんな、臣さんに合わせた。


健)せやなーー!!
  ぶちかましたろーー!!w
隆)っしゃーー!!
健)キレッキレで踊って
  新婦惚れさせたろw
臣)いやいや、それはダメでしょw
隆)岩ちゃんに怒られるよw
健)あはははっw
岩)……


♡ちゃんとどうなったんだろう…
仲直りできなかったんだろうか…

臣さんの様子が気になりつつも
俺らはみんなで会場に向かった。


健)おわぁ……
隆)すごいねぇ。
健)なんか…お偉いさんたちが
  むっちゃおるなぁ。
隆)うん。
岩)あ、じゃあ俺、席あっちなんで。
隆)あ!そっか!じゃあまた後でね!
岩)うん!


席に着くと
もうみんな揃ってた。


母)あら、ネクタイ曲がってるわよ。
岩)え、うっそ!
母)ほら…
岩)ありがと。
父)仕事はどうだ。
岩)え?
父)頑張ってるのか?
岩)うん。今は毎日リハしてるよ。
父)そうか。
岩)楽しみにしててw
母)ドームだと剛典が遠くてね…
岩)トロッコでちゃんと周るからw
母)手振ってね!
岩)はいはいw
母)ドラマもちゃんと見てるわよ〜
岩)あ、ほんと?
母)お父さんも一緒に。ねっ♡
父)ああ。
岩)…あざーーっす//
母)そういえば昨日、
  健二郎くんのラジオ聞いてたら
  剛典のこと話してたわよ。
岩)えっ!!何それ!!
母)ビーフシチューが言えないってw
  面白かったわ〜〜w
岩)……


くそーーー
健二郎さんめ…
公共の電波でいじったな〜〜〜


母)ねぇねぇ、あのドラマ、
  最後はどうなるの??
岩)聞いてどうすんだよ!w
母)気になるじゃな〜い!
岩)引き続き、放送を見てくださいw
母)いや〜ん、ケチね〜〜
岩)ケチって…ww
父)三代目も全員来てくれたんだな。
岩)ああ、うん。


親父が嬉しそうに
メンバーの方に目をやった。


母)あらっ!!今市くん…
  今日もカッコイイわぁ♡♡
岩)はいはいw
母)ねっ、まだ時間あるし
  お母さん、挨拶してこようかしら//
岩)はい?w
母)ね、剛典、ほら一緒に♪
岩)も〜〜〜w


仕方なくおふくろを連れて
みんなのテーブルへ。


N)あっ!!どうも!
  この度はおめでとうございます。


すぐに気付いたNAOTOさんに続いて
みんなが立ち上がった。


健)おめでとうございます!
隆)おめでとうございます!
母)どうも〜〜//
  うちの剛典がいつも
  お世話になってます〜♡


とか言いながら
隆二さんしか見てないしw


隆)こちらこそ〜
母)ああっ…///


おふくろが無理矢理出した手に
隆二さんが握手してくれて
おふくろ、大喜びw


隆)お母さんはLIVEいらっしゃるんですか?
母)はいっ♡観に行かせてもらいます♡
隆)お待ちしております♡
母)////
岩)ほら、戻るよ。
母)////
岩)おふくろw
母)あっ、はいはい…//
岩)すいません。
  ありがとうございましたw
N)あいよ〜〜w


テーブルに戻ってからも
ご機嫌なおふくろ。


母)ね、ね、今市くんに
  「お母さん」って呼ばれちゃった♡
岩)はいはいw
母)相変わらず好青年だったわ〜///
岩)はいはいw


それから式も始まって
ちょこちょこお偉いさん方にも
挨拶してまわって…


三代目の出し物も無事終わった。


N)ああ、これで心おきなく飲めるわ。
直)いや、散々飲んでたでしょw
N)何言ってんの!抑えてたんだよ!
  酔っ払いランニングマンになったら
  困るから!
隆)俺ちょっと足もつれちゃったw
E)あはははっw
岩)じゃあまた後でーー
健)あいよーー
臣)……


やっぱり臣さん…ぼーっとしてる。
大丈夫かな…


それから式も滞りなく終わって
招待客の見送りも済ませて

メンバーが待ってるロビーに向かおうと
エレベーターに乗ったら…


◇)えっ!!!!
岩)はっ??!!


一瞬、時が止まった。


岩)…っ


エレベーターの中には
綺麗なドレスを身にまとった、◇の姿。


岩)な、な、…何…してんの?!!
◇)え、剛典!???


二人で目をぱちくりさせる。


◇)なんでこんなとこにいんのー!!
岩)いや、それはこっちのセリフ!!
  なんでいんの?!
◇)あたしは…イトコの結婚式!
岩)俺は兄貴の結婚式!
◇)……
岩)……
◇岩)あはははっw


俺らは思わず笑った。


◇)何これ!すごい!
岩)何この偶然ww
◇)びっくりしたぁっ!!w
岩)俺もだよw


まさかこんなすぐ会えると思わなかった。


岩)あ、じゃあ蓮と桜もいたの?
◇)うん!もう行っちゃったけど…
岩)マジか〜〜


それにしても…


岩)……
◇)なに…?
岩)すっげぇ可愛い…
◇)えっ…
岩)てゆーか綺麗。
◇)///
岩)似合ってるじゃん♡
◇)///


あ、照れてる。可愛いw


◇)剛典…もっ
岩)え?
◇)カッコイイじゃんっ//
岩)…どーもww
◇)……//
岩)…てゆーか…
◇)え?
岩)これ…ない方がもっといいかも…


俺が◇のショールを外そうとすると
バシッと叩かれた。


岩)何すんだよ!
◇)これがなきゃ見えちゃうのっ//
岩)何が!
◇)何が…って…//
岩)……


……あ!!!

俺がこの前つけた、肩のキスマーク?!


岩)…ごめん……//
◇)ばか…//


そっか…まだ…消えてないんだ…


岩)あ、折角だから一緒に写真撮ろうよ!
◇)えっ…
岩)そのドレス、すげぇ可愛いから♪
◇)……//


エレベーターから降りて
◇の肩を抱いた。


岩)もっとこっち♪
◇)……//
岩)ほら、撮るよーー
◇)うん。
岩)3、2、1…


カシャッ


岩)いえーい♪撮れた〜〜♪
◇)見せて〜〜
岩)めっちゃ可愛い♪
◇)///
岩)待ち受けにしよっかなー
◇)はぁ?//
岩)なんちゃって♡
◇)ばかっ//


そう言って俺の腕を軽く叩いて
きゅっと掴んできた。


◇)あたしにも送って//
岩)欲しいの?w
◇)……//
岩)待ち受けにするならいいよw
◇)はぁ?何言ってんの!?//
岩)しないならあげないw
◇)〜〜〜//
岩)どーすんの?(ニヤニヤ)
◇)しないっ!ぷんっ//


二人で楽しく戯れてると、


男)◇、何しとんねん?


後ろから聞こえた男の声に、
◇が振り返った。


◇)あっ!お父さん!
岩)えっ!!


「お父さん」?!!


父)ああ剛典、お前まだいたのか。

岩)わっ!親父!

男)おや…、岩田さんじゃないですか!
父)ああ!〇〇さん!

岩◇)え…???

父)なんだお前、〇〇さんのところの
  お嬢さんと知り合いだったのか?

岩)は?!!


〇〇…?!!!


男)◇も…
  △△の岩田さんの息子さんと
  お友達やったんか?

◇)は!??


意味がわからなくて
思わず◇と目を合わせる。


父)ご無沙汰しておりますーー
男)いえいえ、こちらこそ。
  お元気でしたか?
父)はい、その後××の件はどうですか?
男)おかげさまで順調ですわ〜〜
父)そうですか!


岩)……
◇)……


まさかの…
父親同士が知り合い…???

てゆーか…
〇〇って、言った??

〇〇って…超大手の…


岩)…っ


◇って…お嬢様じゃん!!!


◇)剛典の家って…△△だったの?
岩)うん、そう。
◇)すごいね…
岩)いやいや、すごいのそっちでしょ。
◇)……


どっちも老舗だし。


岩)お嬢様じゃん。
◇)お坊っちゃんじゃん。
岩)……
◇)……


◇がお嬢様だってわかって…
なんとなく今までの謎が解けていった。


いつも姿勢が正しくて
食べ方も綺麗で

所作の一つ一つが女らしいのも…
そう育てられたからだ。


岩)……


そうわかって、改めて◇を見ると…

余計◇がキラキラして見える。


◇)なに…
岩)いや…
◇)……
岩)綺麗だなって思って…
◇)それはさっき聞いたっ//
岩)……
◇)何っ、ジロジロ見ないでっ//
岩)綺麗なんだから、見たっていいじゃん。
◇)…っ///


髪型も…ドレスも…
全部綺麗で…似合ってる。


◇)なんというびっくりな展開。
岩)うん。
◇)すごい盛り上がってる。
岩)な。


驚いてる俺らをよそに
父親同士が仲良く笑い合ってる。


◇)……
岩)……


◇が俺の顔を見上げた。


◇)…昨日……
岩)え…?
◇)朝まで飲まされたの?
岩)……


あ…忘れてた。


岩)うん、結構飲んだ。
◇)大丈夫…?
岩)……


心配そうに俺を覗き込む、無邪気な瞳。


岩)全然大丈夫。
◇)そっか、良かった♡
岩)お前は…
男)いや〜でも二人が知り合いやったとは
  びっくりやな〜〜
父)本当ですねw


父親二人が俺たちを見て、嬉しそうに笑った。


◇)と、友達っ//
男)ふーーん?w
◇)///
岩)◇さんとはいつも
  仲良くさせていただいております。
男)いや〜〜こんな娘と
  仲良くしてくれてありがとうw
  剛典くんはほんまに爽やかやな〜
岩)いえいえ…
男)うちもこんな息子が欲しかったですわw  
父)いえいえ、うちの愚息なんて…
男)またまた〜〜w
  こんなに大活躍して
  自慢の息子さんでしょう!
女)あなた、そろそろ…
男)ああ、もう時間か!
  それでは岩田さん、また!


◇のお母さんだ!!
すげぇ似てる!!!


男)剛典くんもまた!
  応援してるよ!頑張って!
岩)ありがとうございます!!


俺は深くお辞儀をして、
◇の両親を見送った。


◇)猫かぶり…
岩)はぁ?w
◇)剛典がいい子ぶってた。
岩)いや、そりゃ挨拶ぐらい
  ちゃんとするだろw
  しかもお前のご両親なんだから。
◇)……//


男)おや、◇ちゃん!
◇)…っ


今度は誰だ??
なんか…すげぇお偉いさんっぽいけど。


◇)□□さん!
  ご無沙汰しております。
男)いや〜!
  今日は一段と綺麗だね!♡
◇)ありがとうございます♡


なんだよこのおっさん。

◇も…
可愛くにっこり笑って

「ジロジロ見ないでよっ//」

とか言ってた俺の時とは、大違いだし。


男)いや〜〜ほんとうちに
  お嫁に来てほしいくらいだよー
◇)ふふふ♡
  いつもありがとうございます。
  先日も母がお世話になりました。
男)いやいや、いつでもいいんだよ。
  ◇ちゃんもまた来て!
◇)ではお言葉に甘えて♡
男)待ってるよ〜〜♡
◇)はい♡


よくわかんないけど
おっさんに適当に愛想を振りまく◇は
俺が知らない「お嬢様」の顔で…

なんか…気に入らない。


岩)猫かぶり。
◇)はぁ??
岩)お前だって猫かぶりじゃん。
◇)それは剛典でしょー!
岩)はぁ??
◇)お坊ちゃんぶって〜!
岩)お前だってお嬢様ぶってんだろー!
◇)なんなのー!!

父)ぶはっww

岩◇)はっ!

母)あらあら、仲良しなのねーw

岩◇)……//

父)なんか似てるな、二人ともw


気付けば家族みんな降りてきてた。


父)じゃあな剛典、仕事頑張れよ。
岩)あ、うん…っ
父)◇ちゃんも、また。
◇)は、はいっ//
母)ツアー楽しみにしてるわね。
岩)うん。


なぜか◇と両親を見送ることに…


◇)恥ずかしい…//
  岩田家に本性がバレた…//
岩)ぶはっw
◇)剛典はお父さんに猫かぶってたのに。
  くそーーー
岩)いいじゃんw
◇)え?
岩)お前はそのまんまで可愛いよ。
◇)はぁ?!///


◇が恥ずかしそうにぷいっと顔を逸らした。


臣)あ、岩ちゃん…何してんの?
岩)あ、臣さん!
◇)えっ


◇が振り向いた。


岩)ちょっと…話してた。
臣)……
◇)初めまして。◇です。


綺麗にお辞儀する◇。


岩)お前また猫かぶったろ。
◇)は?挨拶しただけだし!
岩)俺にはそんな挨拶したことねぇじゃん!
◇)当たり前でしょ!
  出会い方があんなんだったんだから!
岩)こんにゃろーー

むにっ

◇)やめろ〜〜っ

むにっ

岩)うりゃっ
◇)何を〜!!


臣)ぶはっww


岩◇)はっ!


臣)仲いいね…w
岩◇)……//
臣)岩ちゃん、先行ってるよ?
岩)あ、うんっ、すぐ行く//
臣)ん。


臣さんはそのまま戻っていった。


◇)ねぇ。
岩)ん?
◇)臣さん…めっちゃやつれてるけど
  大丈夫?
岩)えっ…
◇)なんか…こけてたよ。
岩)……


やっぱり…?


◇)初めて本物見たけど…
岩)うーん…昨日一睡もしてないらしいから。
◇)えっ、あたしと一緒だ!
岩)えっ!
◇)そっか…だからあんなやつれてたのか。
  びっくりしたーーー
岩)お前も寝てないの?
◇)え、あ、うん。


そうだ、さっき聞こうとしたんだった。


岩)昨日の「お客さん」って…
◇)……
岩)大丈夫だった?
◇)うん、無事うち来たよ。
岩)そっか…
◇)で、朝までずっと二人で起きてたの。
岩)……
◇)でもあたしは元気だよっ!!
岩)うん、それは見ればわかるw
◇)あはははw


女)あ!◇いたー!
男)お、こんなとこにいたか!

◇)あ、みんな!


なんだ??友達か?

俺はバレないように、思わず陰に隠れた。


女)ほら、二次会行くよーー
◇)うん!あ、先行ってて!
  すぐ追いかけるー!
男)早く来いよーーミス東大。
男)迷子になんなよーミス東大w
◇)その呼び方やめてってば!//
  迷子になんかなんないし!!
男)はいはいw
女)じゃあ先行ってるよーー
◇)うん!!


まさかの東大仲間?!!
ってゆーか…「ミス東大」って…!!!

あいつ、ミスなの?!!


◇)あれ…


友達がいなくなって
◇が俺を探してる。


◇)あ、いた!!
岩)ごめん、隠れた。
◇)うん!
岩)……
◇)じゃああたし行くね!
岩)……
◇)??
岩)お前って…「ミス」だったの?
◇)えっ!聞こえた?!//
岩)うん。
◇)む、昔の話ね!!//
岩)……


昔って…
大して昔じゃないだろが…


岩)ふーーん…
◇)なに…
岩)すごいね〜〜〜
◇)別にすごくないしっ//
岩)さぞモテたでしょーねーー
◇)モテてない!!
  モテてたのは剛典でしょ!
岩)……


なんか…
こんな短い時間の間に
知らない一面がたくさん出てきて…


岩)てゆーかなんで大学の友達がいんの?
◇)あ、あのね、あたしが友達を
  イトコに紹介したの!
岩)へ?
◇)そしたら無事付き合って結婚、
  っていうw
岩)すげーな…
◇)あたしもびっくりw
岩)……
◇)じゃあまたね!
岩)……


俺に背中を向けようとする◇の腕を
咄嗟に掴んだ。


◇)えっ
岩)……っ


わかんない。

わかんないけど

そんなにあっさりいなくなんなよ。


◇)ちょ、剛典…っ!


裏まで手を引いて
小さな身体を壁に押しやった。


◇)な…に?//
岩)……


黙ってキスしようとすると
◇の手が俺の唇を塞いだ。


◇)ちょっ…//


ぐいっ


俺はその小さな手を掴んで
壁に押し付けた。


◇)何…するのっ//
岩)キス。
◇)見られちゃうよ…っ
岩)誰も来ないよ、こんなとこ。
◇)…っ//


なんだろう…
すげぇキスしたい。

このまま…帰したくない。


◇)剛典…、離し…て…//
岩)嫌だ。
◇)…っ


綺麗なグロスのついた
やわらかい唇に

強引に自分の唇を押し付けた。


◇)ん…っ//


ゆっくりキスをして…

左手をそのまま絡めて繋いだ。


右手は◇の手を離したけど

◇が抵抗しないことがわかって
そのまま腰にまわす。


◇)…ん……、っ//


細い腰を抱き寄せて
何度もキスを重ねる。

ああ…もう…

このままここで、抱きたいくらいだ…


◇)剛…典…っ、はぁっ…//
岩)…っ
◇)リップ…ついちゃうよ…//
岩)……
◇)///


目を潤ませて、俺を見上げてくる。


岩)いいよ、ついても。
◇)…っ
岩)(ぺろっ)
◇)///


俺のキスのせいで
◇の唇から少しはみでた赤い色を
親指でぬぐった。

ぐいっ…


◇)///
岩)もっと…する?
◇)しないっ!!!///
岩)……


ダメだ…

したい…


◇)や…っ、んん…っ///


俺…こんなとこで…
何してんだろう…


◇)ん…ぅ…っ、ふ…っ///


抑えられなくて…
夢中で…

こんな…無理矢理…


◇)ん…っ…、はっ、はぁっ…


子供みたいな、独占欲。


◇)剛…典……っ


ああ…また…
甘く潤んだ、熱い瞳…


岩)はぁ…っ//


ぎゅっ……


岩)止まんなく…なりそ…
◇)…っ///


このまま…さらっていきたい。


◇)あた…し…っ、もう…行かないと…
岩)……
◇)……//
岩)じゃあ…


絡み合っていた左手をほどいた。


岩)続きは今度ね。
◇)は、はぁっ!?///


両手で◇の頬を包んで
最後にもう一度…

kiss……


◇)////
岩)引き止めてごめん。じゃあね?
◇)…っ///


真っ赤になってる◇の頭を撫でて
俺は車に戻った。


岩)……


もしかしたら◇は…
俺なんかの手の届かない女なのかもしれない。

「才色兼備」
本当にその通りで…


でも…
こんな俺に笑ってくれて

こんな俺に頬を赤く染めてくれて


岩)……


絶対振り向かせたい。


お前がどんなお嬢様でもいい。

俺の前では
可愛い一人の女の子にさせてみせるから。



ー続ー

スポンサーリンク

コメントを残す