【216】嘘つき

スポンサーリンク

M)ええと…皆さん…
  札幌、神戸、福岡、名古屋…
  まぁいたるところで
  遊んでらっしゃいます。
♡)…っ
M)大体はクラブやら何やらを貸し切って
  女の子集めてわいわい。
先)わいわい?
M)両脇に女はべらしてベタベタ触って
  酔っ払ってノリノリだったそうです。
♡)……
先)そうかぁ…
  お酒入っちゃってんだもんねぇ…
M)で、そのままお持ち帰り。
先)えっ!!
M)キャバ嬢とか…
  まぁその場にいる女の子をお持ち帰り。
♡)……
先)お持ち帰りって…ホテルに??
M)ホテルに戻ってから
  部屋に呼び出すらしいですよ。
先)ええっ!!
先)何それ、デリヘルじゃん…
M)まぁ大差ないですよね。
K)……
M)で、まぁ遊び方は人によって
  多少違うでしょうけど…
  登坂さんの場合は部屋に入ってきたら
  即行で意思確認するそうです。
♡)意思…確認??
M)「ヤるしょ?」って。
先)ひぇぇっっっ
先)それ断ったらどうなるんだろ…
先)チェンジじゃない?w
先)まぁでも部屋にまで行ってるなら
  女もその気だよね。
M)で、用が済んだら
  全く連絡取れなくなるらしいです。
K)えっ…、わかりやす。
先)ヤッたら用済みってこと?
先)ひぇぇ……
M)そうみたいですねーー
  メールとかも全部シカトらしいですよ。
♡)……
M)でも岩田さんとか山下さんとかは
  ちゃんと返信してくれるそうです。
  まめ情報。
先)なるほど、人によって違うのか。
先)でもさ、そんな下手に優しくしてるより
  登坂くんの方がスパッとしてて良くない?
K)うーーん……
♡)……


どうしよう…
なんか…頭がついていかない…


M)あとは…地方以外のネタも
  上がってきましたよーー
♡)……え?
M)これも聞きますか?
♡)……
K)地方以外のネタって?
M)普段のネタです。
  あ、先輩と付き合う前ですけど。
K)……
♡)……
K)もういいんじゃない?聞かなくて。
♡)聞く。
K)…っ


もう…全部知りたい。


M)じゃあ全部言いますね?ええと…
♡)……
M)モデルとかアナウンサーにも
  手を出してるみたいです。
♡)えっ
M)結構手当たり次第。
先)うっそ……
M)あとは一般人も。
先)え、一般人も?
M)はい。
  優しかった〜とか、自分勝手だった〜とか
  いろんな感想があるので
  その日の気分で結構適当みたいです。
先)わぁ……
先)まぁ…遊びの相手だしねぇ…
♡)……
M)とにかく、飲み会があれば大体お持ち帰り。
  彼女がいても普通に他の子にも
  手を出してたみたいです。
♡)えっ…
先)彼女って…
  ♡ちゃんの前の彼女ってことかな?
M)うーん、多分そうじゃないですかね?
  それかもっと前か。
♡)…っ
先)え、要は浮気しまくりだったってこと?
M)はい。
K)……
先)……
♡)……


彼女が…いるのに…?


M)でも最近のネタは全くないんで
  先輩と付き合ってからは
  本当にないと思いますよ!
♡)……
先)じゃあ登坂くんはやっぱり
  生まれ変わったってことなのかな。
先)うん……
♡)……
先)まぁ昔悪さしててもねっ、
  今真面目ならそれでいいじゃない。
先)そうだよね。
M)これだけ遊び人だった人が
  今は真面目ってことは
  それだけ先輩のことが
  大好きだってことだと思いますよ。
♡)……
先)うん!それってすごいことだよね!
先)♡ちゃんのことは本気なんだよ!
♡)……
K)ダメだ…何も聞こえてない。
先)え…っ
M)先輩っ!
  登坂さんは今は真面目ですってー!
♡)……
M)他の人なんて
  未だに遊んでるみたいだし。
先)えっ
M)岩田って人とかNAOTOさん?
  って人とか…ついでにいっぱい
  ネタ出てきましたもん。
先)最近の?
M)昔も最近も。
先)あらら…
M)結構ひどいのがわんさか。
  メンバー内で同じ女使いまわしてたり…
先)は?!!
K)何それ……
M)唯一出てこなかったのは
  直己って人だけです。
  まぁそのへんは詳しく調べてないから
  わかんないですけど。
先)真面目な人…一人くらいいてほしいねw
先)確かにw
先)でもあんな仕事じゃ無理なのかなー
M)ですよねーー
  ケーキにたかる蟻のように
  女が群がってきますもん。
先)うわーーやだなーーー
♡)……


もう…
Mちゃんが…何を言ってるのか…

全然…わからない……


先)でもそんな状況でも
  ♡ちゃんに一途な登坂くんは偉いよ!
M)そうですよ!!
♡)……
K)てゆーかあんたはどうやって
  そんなにネタ集めたわけ??
M)私…ミーハーなんで知り合い多いですし
  実はうち、ホステス家系なんです。
先)えっ!!
M)お姉ちゃんも妹もホステスやってるんで
  こんな情報すぐ集まりますよ。
K)マジか…
先)♡ちゃん…
♡)……
先)元気出して〜〜
先)そうだよ!昔の話だよ!
  付き合う前のことなんて
  気にすることないよ!!
M)そうですよ〜〜〜
♡)……


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「そんな付き合う前のこと
 どうこう言われたって
 どうしようもなくね?」

「今更どうにも出来ない過去のことを
 最低とか言われてもねぇ!」


臣)……


俺もそう思うけど
でも

♡に言われた「最低」って言葉は
すごく胸に刺さってて…


「ファンの子たちが…
 一生懸命お金ためて休み取って
 地方に遠征して…
 三代目を観に行ってる夜に
 みんなは好きでもない女の人と
 そういうことしてるの?」

「ファンの前で
 愛とか夢を伝えてる日に
 見えないところではそんなことしてるの?」


臣)…っ


俺のこと…軽蔑したかな…
そんな目…してたもんな…


「ちゃんと話せば
 わかってくれるんじゃない?」


臣)……


ちゃんと話そう。

今好きなのは♡で、
今は何も悪いこともしてないし
遊んでもいないって。


「じゃあちゃんと仲直りできるでしょ。」

「修復可能で良かったw」


臣)……


昨日の♡の表情と
あの涙を思い出すたびに

心臓が止まりそうになる。

早く…元に戻りたい。



時間は23時。
♡は全然帰ってこない。

今日も…
昼間は出かけたんだろうか…

昼間から出かけてて
こんな時間まで帰ってこないかな?


まさか…

家出とか…


嫌な予感がした瞬間、
玄関のドアが開く音がして

一気に安堵が胸に広がった。


ああ…良かった……



ガチャッ



臣)おかえり。
♡)……
臣)……
♡)……


♡は何も言わず
力なくソファーに座った。


♡)……
臣)……


俺も…隣に座る。


臣)あの…さ…
♡)……


♡が俺を避けるように立ち上がったから
俺も立ち上がった。


臣)……
♡)……
臣)あのさ、昨日の…
♡)現地妻…何人いるの?
臣)…っ
♡)そんなに何人も必要なの?
臣)……


俺と目を合わさずに
♡が静かに言った。


♡)彼女いても浮気してたの?
臣)……え?
♡)地方だけじゃなくて、普段から…
臣)……


いきなり…なんだ??


♡)モデルさんとか…
  誰でも良かったの?
臣)…っ
♡)彼女いてもそういうことするの?
臣)してない!!
♡)…っ
臣)お前と付き合ってからは
  一切してないって!!
♡)……
臣)……
♡)私と付き合う前は?
臣)…っ
♡)彼女がいても平気で浮気してたの?
臣)……


なんでそんなこと聞かれるのか
わかんないけど…

もう…全部知ってるんだなと思った。


♡)どうして…?
臣)……
♡)……
臣)そんな…過去の話、
  今、関係ある?
♡)…っ
臣)俺が過去に誰と付き合ってて
  その時どうしてたかとか
  今の俺とお前には関係ないじゃん。
♡)……


今は…
こんなにお前が好きで
お前のこと大事にしてんのに…


臣)昔浮気してたら何なの?
♡)…っ
臣)今はしてない。
♡)……
臣)死んでもしてない。
♡)……
臣)信じられない?
♡)…そうじゃ…なくて…
臣)じゃあ何?
♡)…っ


ああ…違う。
こんな言い方がしたいわけじゃないのに…


♡)確かに…私には関係ないけど…
臣)……
♡)前付き合ってた彼女のこと…
  好きじゃなかったの?
臣)……
♡)……
臣)好きだったよ?
♡)…じゃあどうして浮気するの?
臣)……


どうしてって…


臣)それ聞いてどうすんの?
♡)…っ


上手い答えなんて出てこなくて
イライラする。


臣)前の彼女とお前は
  全然違うんだよ。
♡)……
臣)なのに…
  前の彼女と付き合ってる時に
  浮気してたって言ったら
  今も浮気してると思うわけ?
♡)そうじゃ…ないよ…
臣)俺のこと疑ってんの?
♡)そうじゃないよっ!!!
臣)…っ


♡が大きな声を出した。


♡)疑ってなんかない!!!
臣)…っ
♡)臣くんが…っ
臣)……


♡の瞳が
涙でいっぱいになっていく…


♡)臣くんがっ、私のこと
  好きって思ってくれてる気持ちも…
臣)……
♡)大事にしてくれてるのも…
  全部…っ、わかってる…もん…っ
臣)……


じゃあなんで…


♡)でも…臣くんがそんなにいっぱい
  女遊びしてたなんて
  知らなかったから…っ
臣)…っ
♡)気持ちが…追いつかないのっ
臣)……


ぽたぽたっ…


大きな瞳から
涙が次々にこぼれる。


なんで…

なんで♡を傷つけたわけじゃないのに
♡は泣くんだろう…


臣)…っ


怒られるより、泣かれる方が辛い……


♡)臣くんは…相手がどうとかじゃなく
  浮気とかしない人だって
  勝手に思ってたから…
臣)……
♡)平気でそういうこと
  してたんだって思ったら…
  すごく…悲しい…っ
臣)……


なんでそれでお前が悲しいんだよ…
なんでお前が泣くんだよっ


臣)……
♡)…っ


ぽたぽたと…こぼれ落ちる涙。


臣)……
♡)一つ…教えて…
臣)…っ


♡がやっと顔を上げて、俺を見た。


♡)あの時…
臣)……
♡)私に…嘘ついたの?
臣)……


あの時…?


臣)お前に嘘なんか…
♡)付き合う前に…私が…
  臣くんは遊んでるの?って聞いた時…
臣)…っ
♡)好きでもない人に
  チューとかしたりするの?って
  聞いた時…
臣)……


思い出した。
初めて…、♡についた嘘。


♡)「しない」って言ったの…
  嘘だったの…?
臣)…っ


ああ…また…
涙が♡の頬を伝っていく…

もう何も言えない。


臣)……
♡)……
臣)…ごめん…。
♡)…っ



そうだ。
昔のことだとか…過去の話だとか言っても
俺はあの時、♡に嘘をついたんだ。



臣)ごめん……
♡)……
臣)……
♡)嘘…つき…っ
臣)…っ



泣きながらそう言われて
自己嫌悪の闇に堕ちていく。

抜け出せないような、深い深い闇に…



♡)気持ち…悪い…
臣)え…っ
♡)好きでもない人と…
  平気でそういうことするの…
  私には理解できない。
臣)……
♡)気持ち悪い……
臣)……


昨日よりも深い、軽蔑の色。


それから♡は
口を閉ざしたまま涙をこぼし続けた。


臣)♡……

♡)……

臣)♡……

♡)……


俺の声なんて届いてない。


臣)♡……


震える肩にそっと触れようとした瞬間

昨日よりももっと強い力で
その手をはねのけられた。


♡)触ん…ないで…っ

臣)…っ

♡)今は…臣くんの顔…見たくない。

臣)…っ


バタバタバタ…ッ、ガチャン!!


……






臣)……



♡はまた
自分の部屋に閉じこもって…


俺はどうしていいのかわからずに

ただ呆然と立ち尽くすだけだった。




ーendー

スポンサーリンク

コメントを残す